ドラえもん新のび太の日本誕生。 楽天ブックス: 映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生

『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』公式サイト

ドラえもん新のび太の日本誕生

解説 国民的アニメ「ドラえもん」の長編映画36作目。 1989年に公開され、シリーズ歴代1位の動員数420万人を記録した「映画ドラえもん のび太の日本誕生」をリメイク。 7万年前の太古の日本を舞台に、のび太とドラえもんたちが繰り広げる大冒険を描く。 家でも学校でも叱られてばかりののび太は家出を決意。 ドラえもん、しずか、ジャイアン、スネ夫もそれぞれの理由で家出することを決めるが、今の時代、どこへ行っても所有者のない土地などなく、一同は行き場に困って途方に暮れる。 それならば、まだ誰も住んでいない太古の日本へ行こうと思い立ち、のび太たちは7万年前の日本へとやってくるが……。 2016年製作/104分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト これは良いリメイク。 中盤までほぼ変えていないが、 そこ気になるよな、ていうオリジナルの短絡的だった終盤部分の展開を変えてる。 タイムパトロールは登場すると全解決になりストーリーの緊張感はそこでプツンと切れる。 オリジナルは中盤まで素晴らしいがこの登場が早く終盤が呆気なかった。 そこをペット3匹の有効活用をメインにラストのひっぱりを演出している。 ほぼ自力解決。 締めとして登場するタイムパトロールもドラミで伏線を張るので筋が通っている。 先にこっちを見ている子供は、オリジナルを見るとガッカリするかもしれない。 と思うくらいナイスアシスト。 もちろんほとんどの部分は原作あってこそできる完成度、ということでオリジナルと同点に。 人生ゲームより面白そうな気がする。 多分、のび太くんと一緒にゲームをすれば、彼の人生が変わるかもしれない・・・などと、つまらないことを考えながら見てしまった。 オリジナル作品 1989 よりも映像は立体感もあり美しい自然に囲まれていた。 タイムマシーンを隠すシーンは、もしや『バック・トゥ・ザ・フューチャー』からか?などとも考えつつ、ペットのペガサス、グリフォン、ドラゴンのみならず、花を植えたりするだけで生態系を中心とした歴史を変えてしまうんじゃないか?などともぼんやり考えてしまった。 終盤へと向かうにつれ、以前見たやつよりも脚本が上手いんだとも思えたし、0点のテストまでアイテム表示されることに大笑い。 そしてクライマックスのギガゾンビとの戦いは迫力満点でした。 算数のテスト、次回の点数が楽しみです・・・ しずかちゃんのヌードなし。 Powered by• 2020年• 2020年• 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 2004年• 2004年• 2003年• 2002年• 2002年• 2001年• 2001年• 2000年• 2000年• 1999年• 1999年• 1998年• 1998年• 1998年• 1997年• 1997年• 1996年• 1996年• 1995年• 1995年• 1994年• 1993年• 1992年• 1991年• 1990年• 1989年• 1988年• 1987年• 1986年• 1985年• 1984年• 1983年• 1982年• 1981年• 1981年• 1980年 映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー•

次の

ドラえもん 新・のび太の日本誕生

ドラえもん新のび太の日本誕生

「ドラえもん」50周年記念企画! 2015年公開の「のび太の宇宙英雄記」から2018年公開の「のび太の宝島」まで、映画ドラえもん全4作がスーパープライス商品で発売! 【ストーリー】 「決心したぞ!僕は家出する!!」家でも学校でも叱られてばかりののび太は、家出をしようと思い立つが、どこに行っても持ち主のいない土地はないことを知る。 そして、ドラえもん、しずか、ジャイアン、スネ夫もそれぞれの理由で家出を決心。 みんなで行くところがなく途方に暮れていた。 それならばいっそのことまだ誰も住んでいない原始時代の日本へ行こうと思い立ち、史上最大の家出へと出発することに。 たどり着いたのは7万年前の日本。 自分たちだけのパラダイスを作り、たっぷり遊んだのび太たちは、いったん家に帰ることにしたが、なぜか現代で原始人のククルと出会う。 どうやら時空乱流に巻き込まれて現代に来てしまったらしい。 そして、ククルの家族がいるヒカリ族は、精霊王ギガゾンビとクラヤミ族に襲われたという…。 ククルとともに原始時代に戻った5人は、ヒカリ族を救うため立ち上がる! 史上最大の家出から、史上最大の冒険が始まる!!• 【スタッフ】• 原作:藤子・F・不二雄• 監督・脚本・絵コンテ:八鍬新之介• 演出:岡野慎吾• 総作画監督:丸山宏一• 美術監督:清水としゆき• 撮影監督:末弘孝史• 編集:小島俊彦• 録音監督:田中章喜• 効果:糸川幸良• 音楽:沢田 完• 【キャスト】• ドラえもん:水田わさび• のび太:大原めぐみ• しずか:かかず ゆみ• ジャイアン:木村 昴• スネ夫:関 智一• のび太のママ:三石琴乃• のび太のパパ:松本保典• ジャイアンのママ:竹内都子• ドラミ:千秋• ククル:白石涼子• ギガゾンビ:大塚芳忠• ツチダマ:家中 宏• クラヤミ族:棚橋弘至• クラヤミ族:真壁刀義• クラヤミ族:小島よしお.

次の

『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』公式サイト

ドラえもん新のび太の日本誕生

解説 国民的アニメ「ドラえもん」の長編映画36作目。 1989年に公開され、シリーズ歴代1位の動員数420万人を記録した「映画ドラえもん のび太の日本誕生」をリメイク。 7万年前の太古の日本を舞台に、のび太とドラえもんたちが繰り広げる大冒険を描く。 家でも学校でも叱られてばかりののび太は家出を決意。 ドラえもん、しずか、ジャイアン、スネ夫もそれぞれの理由で家出することを決めるが、今の時代、どこへ行っても所有者のない土地などなく、一同は行き場に困って途方に暮れる。 それならば、まだ誰も住んでいない太古の日本へ行こうと思い立ち、のび太たちは7万年前の日本へとやってくるが……。 2016年製作/104分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト これは良いリメイク。 中盤までほぼ変えていないが、 そこ気になるよな、ていうオリジナルの短絡的だった終盤部分の展開を変えてる。 タイムパトロールは登場すると全解決になりストーリーの緊張感はそこでプツンと切れる。 オリジナルは中盤まで素晴らしいがこの登場が早く終盤が呆気なかった。 そこをペット3匹の有効活用をメインにラストのひっぱりを演出している。 ほぼ自力解決。 締めとして登場するタイムパトロールもドラミで伏線を張るので筋が通っている。 先にこっちを見ている子供は、オリジナルを見るとガッカリするかもしれない。 と思うくらいナイスアシスト。 もちろんほとんどの部分は原作あってこそできる完成度、ということでオリジナルと同点に。 人生ゲームより面白そうな気がする。 多分、のび太くんと一緒にゲームをすれば、彼の人生が変わるかもしれない・・・などと、つまらないことを考えながら見てしまった。 オリジナル作品 1989 よりも映像は立体感もあり美しい自然に囲まれていた。 タイムマシーンを隠すシーンは、もしや『バック・トゥ・ザ・フューチャー』からか?などとも考えつつ、ペットのペガサス、グリフォン、ドラゴンのみならず、花を植えたりするだけで生態系を中心とした歴史を変えてしまうんじゃないか?などともぼんやり考えてしまった。 終盤へと向かうにつれ、以前見たやつよりも脚本が上手いんだとも思えたし、0点のテストまでアイテム表示されることに大笑い。 そしてクライマックスのギガゾンビとの戦いは迫力満点でした。 算数のテスト、次回の点数が楽しみです・・・ しずかちゃんのヌードなし。 Powered by• 2020年• 2020年• 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 2004年• 2004年• 2003年• 2002年• 2002年• 2001年• 2001年• 2000年• 2000年• 1999年• 1999年• 1998年• 1998年• 1998年• 1997年• 1997年• 1996年• 1996年• 1995年• 1995年• 1994年• 1993年• 1992年• 1991年• 1990年• 1989年• 1988年• 1987年• 1986年• 1985年• 1984年• 1983年• 1982年• 1981年• 1981年• 1980年 映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー•

次の