さいたま 市 北 区 ハザード マップ。 埼玉県さいたま市緑区の防災ハザードマップ一覧

さいたま市/ハザードマップをご確認ください

さいたま 市 北 区 ハザード マップ

さいたま市でのペーパードライバー出張・講習は、さいたま市を熟知するサワムラガクにお任せください。 さいたま市(西区・北区・大宮区・見沼区・中央区・桜区・浦和区・南区・緑区・岩槻区)の地理に精通した、経験豊富なインストラクターが担当。 初歩の初歩からキメ細かく、安心丁寧な教習でペーパードライバーの皆さまをご案内します。 出張型のペーパードライバー講習とは? ペーパードライバー向けの運転講習は、大きく分けて2つの種類があります。 1つは自動車教習所が行っている講習(初心運転者講習)で、もう1つは出張型の講習です。 自動車教習所のペーパードライバー講習は、原則として教習所が所有する教習車を使い、初めは所内のコースで行われ、路上では近隣の指定コースを周回します。 一方、出張型は皆さまがお住まいの場所まで私たちが出張し、付近の路上で講習を実施。 普段使っているマイカーでも教習を受けられることから、 現場に即した実践的な運転技術を学ぶことができます。 サワムラガクの特徴 教習車両は、下記の4タイプからお選びいただけます。 さいたま市は関東平野のほぼ中心部にあり、全国でもトップレベルの人口を誇ります。 街全体が区画整理されているため、さほど難しい道はなく、走りやすいエリアが多数あります。 まずは周辺の住宅街で運転に慣れてから、駅の周辺や国道に挑戦しましょう。 さいたま市でよくお待ち合わせをする駅 さいたま市の近辺で初期走行時に適した、安心環境エリアが近い駅はこちらです。 屋上駐車場の奥の方に行けば、落ち着いて駐車できるでしょう。 的確で分かりやすい説明でした」 さいたま市(西区・北区・大宮区・見沼区・中央区・桜区・浦和区・南区・緑区・岩槻区)のまとめ さいたま市内はオールラウンダー的エリアですが、新大宮バイパスから国道16号に入る道以外は難しくありません。 ですが、住宅街には狭いエリアが多く存在し、すれ違いの瞬間がたくさんあります。 まずは、しっかりと基礎を練習してからチャレンジしましょう。 ここまで見て頂いてありがとうございます! 当社のペーパードライバー教習では、さいたま市へ出張し教習車やお客様のマイカーで初歩の基礎的なことから、始めさせていただきます。 ご自宅周辺の道路事情や注意点なども踏まえた上で、お客様への感謝の気持ちを込めた質の高いサービスをご提供させていただきます。 さいたま市のペーパードライバー出張教習は、是非サワムラガクにおまかせください!.

次の

さいたま市に住むなら公園の多い西区がおすすめ~生活危険度を知っておこう

さいたま 市 北 区 ハザード マップ

さいたま市が発行する、洪水や浸水、土砂災害警戒区域、地震に関するハザードマップの情報をまとめました。 お住まいの地域の状況について事前に確認いただき、いざというときの備えとしてご活用ください。 拡大・縮小等が行えるため、特定の箇所についてわかりやすく確認することができます。 (2)確認したいハザードマップ名称と同じ行にある「地図表示」ボタンをクリックしてください。 (3)「利用上の注意」を確認し、「同意する」をクリックすると、地図画面へ遷移し、ハザードマップを確認できます。 なお、 荒川の想定最大規模のシミュレーションについてはで確認できます。 なお、洪水(外水はん濫)は、河川の水位が高くなり、堤防を越えて水があふれたり、決壊したりすることです。 過去に市民の皆様から通報があった浸水情報をもとに、地形情報を考慮して想定される浸水の深さにより区分し着色しており、平成18年度から平成27年度の10年間の浸水情報をもとに浸水想定区域を作成しています。 また、平成13年度から平成17年度の間の浸水履歴についても記載しています。 土砂災害ハザードマップは、市内の土砂災害警戒区域等を5つの地図に分けて作成しています。 また、土砂災害の種類や前兆現象、避難情報の伝達系統など、普段から市民のみなさまに知っていただきたいことを記載しています。 見沼区内では下記の地域が指定されています。 これらの地震における震度分布を示したマップ(揺れやすさマップ)を作成しましたので公表します。

次の

洪水ハザードマップ

さいたま 市 北 区 ハザード マップ

マップの更新について 平成23年10月より公表の「さいたま市浸水(内水)防災マップ」について、 平成23年度から平成27年度までの最新の浸水履歴等を反映することにより、 浸水想定区域や関連情報の更新、多言語表記を行い、充実を図りました。 このマップは、市民の皆様に、内水による浸水が想定される区域、降雨時の 行動の目安や避難時の注意点など災害時に役立つ情報を提供し、もしもの時 のため、日ごろからの備えと対策をしていただくためのものです。 降雨時の行動の目安 平常時:このマップや洪水ハザードマップを確認し、日頃から備える 降雨前:気象情報や浸水想定区域を確認し、避難や土のう等の準備を行う 降雨中:むやみに避難せず、近くの丈夫な建物の2階以上などで待機する 降雨後:河川の水位情報や洪水ハザードマップを確認し、洪水に備える 内水による浸水とは 雨の量が下水道の能力を超えるときや、河川の水位が高くなったときに、雨水 を排水できなくなり浸水することです。 なお、洪水(外水はん濫)は、河川の水位が高くなり、堤防を越えて水があふ れたり、決壊したりすることです。 浸水(内水)防災マップにおける浸水想定区域とは 内水により、浸水が想定される区域のことです。 過去に市民の皆様から通報があった浸水情報をもとに、地形情報を考慮して、 想定される浸水の深さにより区分し着色しています。 平成23年10月に公表のマップでは、平成13年度から平成22年度の10年間の浸水 情報をもとに浸水想定区域を作成しました。 平成28年8月に公表のマップでは、平成18年度から平成27年度の10年間の浸水 情報をもとに浸水想定区域を作成しています。 また、平成13年度から平成17年度の間の浸水履歴についても記載しています。 浸水被害が発生した時は、各区役所の代表番号へご連絡ください。 配布(公表)場所 各区役所の情報公開コーナー 10箇所 支所及び市民の窓口 25箇所 公民館 59箇所 生涯学習総合センター 1箇所 図書館 25箇所 なお、縮小版をダウンロードファイルからご覧いただけます。 また、下記より多言語ページをご覧いただけます。 In addition, you can see the multilingual page from the following. 또한 아래에서 다국어 페이지를보실 수 있습니다. 此外,您还可以在下面看到一个更加多语言页面。 英語(English) 韓国語(한국어 번역) 中国語(中文) お問い合わせ (マップ関連について)下水道計画課、河川課 (浸水情報について)防災課 【電話番号】下水道計画課:048-829-1566、河川課:048-829-1585、防災課:048-829-1126 【ファックス】下水道計画課:048-829-1975、河川課:048-829-1968、防災課:048-829-1978 関連ダウンロードファイル.

次の