キングドラ 調整。 雨パ構築論と高耐久キングドラの調整【ダブルバトル】

キングドラ育成論

キングドラ 調整

どうも、こんにちは。 今日はたぶんトップメタのの調整を考えます。 自分が使うかどうかは別として、対策するのにも想定される調整を考えておきたいので。 持ち物 ・こだわり眼鏡 火力 is 最強理論。 天候ターンに制限があるので、早めに決着を付けたいという心理から採用されやすい。 ・命の珠 技選択の自由、補助技の採用 具体的には身代わり が可能になる。 代償として耐久を失うのでこれを持たせるなら耐久調整する意味は薄い。 両刀なら筆頭。 ・神秘の雫 基本的に雨下の水技が最強なので、耐久を下げずに火力を強化出来る。 ・ラムの実 普段のレートであればの電磁波を防ぐ為に採用される。 今大会においてはの電磁波、威張る対策として、あるいはカイリキーと対面した際に耐久に振られると確一が取れないので爆裂パンチされてもに持ち込まれない為に。 また、物理型の場合の逆鱗の混乱対策。 ・突撃チョッキ 技選択の自由を確保しつつミラー意識。 ちょっと振れば眼鏡竜波なら耐えるようになる。 ・ピントレンズ スナイパー急所型における実質火力強化アイテム。 ・ 再生連打で雨上がるまで回復しようとするポリゴン2に「あれ?なんか火力上がってんだけど!」とビビらせる為のアイテム。 それ以外でも波乗りなど三発以上連続して撃つなら意味はある。 技 ・ 雨下最高火力。 基本的に外す理由は無い。 ・波乗り タイプ一致命中安定。 雨パならとの両採用がほぼ必須。 こっちで事足りるなら積極的にこっちを使い、は撃たなければ勝てない場面で勝ちを拾う技と考えるべき。 ・流星群 もう一つのタイプ一致。 撃ち逃げが強いので眼鏡と相性が良い。 スナイパー急所型の場合はメインウェポンになる。 ・竜の波動 命中安定技、連発可能。 これに関しては流星群とどちらを採用するか、あるいは両採用するのかは個人の好みで。 眼鏡なら技枠余ってると言えば余ってる。 ・冷凍ビーム 正直、今大会での採用価値は薄い。 ・吹雪 対を考えると、採用するとすればこっち。 控えめ眼鏡でD4振りマルチスケイルがぴったり確定一発。 ・ラスターカノン 雨下では等倍波乗りの方が威力が出るが、積んだピクシー相手に急所待ちするのであれば。 ・ 対ピクシーピンポイントならこっちも視野に入ると思う。 ・滝登り 物理型のメインウェポン。 威力の低さは怯みで補うよ! ・逆鱗 物理型の ry フェアリーが少ない環境なのでわりと有効。 ・身代わり とりあえずの様子見から状態異常回避に。 のんびりしてると雨が上がってしまうのであまり使う暇は無いが、技枠があるならば入れて損は無い。 ・毒々 単体では突破不可能なラッキー、などに入れる為のもの。 ・雨乞い 雨が上がった後に積み技感覚でセルフ雨。 ・竜の舞 物理型の積み技。 雨が上がった後でも引かずに継戦出来るのがgood。 ・気合溜め スナイパー急所型の積み技。 耐久調整ライン ・H68D68 159-124 16n-1かつ臆病ゲンガーのシャドボ確定二耐え=臆病サンダースの10万ボルト確定二耐え。 襷所持率が高いと考えられるゲンガー、サンダースに対して最悪雨が上がっても勝てる調整。 ・H68B188 159-139 16n-1かつ意地っ張りの成功追い討ち 噛み砕く 確定二耐え=意地っ張り鉢巻の神速確定二耐え。 死に出しや後投げされた際にトノに二回引いたりラス一対面で殴り会える調整。 砂ダメ食らうと崩れるのでオススメしない。 に関しては眼鏡冷凍ビームでは無振りケで確定耐えされてしまうので耐久に振ってないと神速二連打で突破される可能性があるので意味はある。 ・H68D4 159-116 orH4D60 151-123 控えめC252持ち物補正無しの竜の波動確定耐え調整。 前者は16n-1、後者はが8少なく達成出来る。 ミラーを意識しているが、火力か素早さから削ることになるのでやる意味があるのかは謎。 上取れるなら取った方が良いし、こちらからも流星群でないと勝てなかったり。 チョッキを持てば眼鏡竜波まで耐える。 素早さ調整ライン ・無補正252 137 基準となる数値。 ここから耐久に振る場合は削ったりミラー意識なら上を取る為に火力を削って性格補正をかけていく。 ・無補正236 135 最速70族抜き。 殻を破ったを雨下で抜ける。 竜舞型の場合は一舞で最速130族抜き抜きになる基準点。 ・無補正100 118 最速抜き。 ここまで落としてミラーは耐久振りでなんとかする調整。 雨下で最速スカーフ91族、準速スカーフ105族までは抜けるので、有りと言えば有り。 ・補正有り180 140 上記のH68D4振りをした上で余りを振ったもの。 無補正同族に対しては確実に上を取れる。 但し竜の波動だと確定二発。 ・補正有り252 150 最速。 長々と書いて「結局どれが良いのかわかんねーよ!」ってかんじかもしれないですが、結局は個人の好みと組み合わせなので。 特に何も考えないのであれば控えめCSで安定だと思います。 今大会、ほぼ唯一の強力な先制技持ちであるには強いので普通に使うのであれば耐久調整するより火力で範囲拡げる方が良いです。 まあ、私が使うとすれば控えめCぶっぱして残りで耐久調整しますが、パーティの他の奴らとの兼ね合いですね。 PokeYuki.

次の

【キングドラ】第51回ポケモントレーナーなら全てのポケモンについて語れる説【トノグドラ?ニョログドラ?】

キングドラ 調整

だーれだ 「今回のやつは高さ1. 8mでー」 (キングドラかな…?) 「重さが150kgぐらいでー」 (キングドラかな…?) 「そうそう海に関係するんですよ!」 (キングドラだ…!) 「名前にドラゴン要素もあって」 (キングドラだ!!) 「大関になったんですよ」 「「「 千代大海だ!!!」」」 というわけで今回は力士・千代大海!! すいすいすいすい 間違えました。 第51回はキングドラです。 千代大海とキングドラ、めちゃくちゃ共通点が多いんだよね。 キングドラはたかさ1. 8mおもさ152. 0kg 千代大海は身長180cm体重152kg 2012年度調査時 そして千代大海は本名が龍二さんなので、 名前に海要素と龍要素がある。 まあ身長体重は見る時によって変わるので最新のデータだと変わってたけど(なんと人間は体重が変化するのだ!)、名前に海要素と龍要素まであるのはすごい。 雨の降っている日だけ土俵の上で倍速で動いてたりするのかな。 雨といえばキングドラ キングドラといったらやっぱり雨! キングドラは雨の時に素早さが2倍になる特性「すいすい」を持つポケモンの中で圧倒的な種族値の高さを持つポケモン 540。 メガラグラージ 635 は例外として、グドラ 540 の次点がニョロボン 510 という差の付き具合。 ちなみにルンパッパは480。 うーん、やっぱグドラは種族値高いなあ。 というかニョロボンお前すいすい種族値ランキング3位だったんか…。 五世代のキングドラ 三世代からずっとすいすいで、第4世代でもすいすいを生かした戦い方はしていたけれど、やっぱり覚醒したのは… 第五世代のあめふらしニョロトノ解禁 これよ。 当時のあめふらしは 雨状態が永続で続くという、今考えると やばすぎて卒倒しかねない仕様だったのでそれとキングドラを合わせた構築はどのルールでもとにかく強かった。 いや、雨状態が 永続で続くの、やばくない? 何ターン経過しても後続のキングドラがすいすい発動状態のまま控えてるんやぞ!? そりゃあ「トノグドラ」か「ニョログドラ」かで喧嘩が巻き起こりますわ…。 あっこらコメント欄喧嘩しないの!! シングルだと雨パ偽装で龍舞キングドラがいた記憶がある。 ダブルではすいすい状態から放たれる ジュエルドロポンがとても気持ちいい。 トリプルだと隣にヤミラミを置いて重力濁流をぶっぱ! 一時期最も使われていたBW2初期のトリプル環境がこの重力雨構築だったので、とにかくキングドラとは連戦に次ぐ連戦だった思い出 同じ人と連戦しただけでは?) ローテとシューターは詳しい人に任せたいと思う 適当言って間違ってたら恥ずかしい為 まあようするに すいすいして水技を撃っていましたね、ええ。 六世代のキングドラ 六世代のキングドラも雨下ですいすいしながら水技を撃つポケモンだった ですよね。 特殊技の威力が下がったこととか、天候ターンに制限が付くとか、ここらへんの調整はある意味キングドラの強さを抑えるため、みたいなところがあったと思う。 キングドラの場合フェアリータイプの追加も含めて向かい風だったからね…。 けれどそれでも強さ衰えずって感じで、相変わらずドロポンを撃ったり濁流を起こしたりしていた印象。 ズッコケ三人組ぐらい安定感がある。 ただ、 ニンフィアとかいうDお化けかつフェアリータイプの範囲技をぶっ飛ばしてくる天敵中の天敵が使用率1位に君臨していたので、ニンフィアを中央に置かれてハイボをされるだけでニョロトノもルンパッパもキングドラもまとめてぶっ飛ぶ、という時代が始まってしまったので、ズッコケてる場合ではなくなってしまった。 特に一緒に入れられるメガシンカが分かりやすいのでいくつか紹介を…。 例1:メガクチート メガ枠に鋼タイプのクチートを置くことでニンフィアをワンパン出来るぞ! クチート入りの場合はトリル要員が一緒に入ってくるのですいすいorトリルで。 例2:メガゲンガー フェアリー半減といえば毒タイプ。 ゲンガーを入れた場合は滅びの歌のギミックで相手を刈り取ることも出来るようになるので強い。 ニンフィアがハイボを使える前 バンク解禁前 はそこそこ雨ライボルトいたんだけどなあ。 七世代のキングドラ Z技ですいすいしながらZドロポンを撃てるようになった。 やることが一貫していて偉い。 水で攻めて攻めて攻めまくることがポリシーなんだろうなあ。 キングドラ自体はそんなに変化はなかったものの、あめふらし要員としてペリッパーが登場したことで相性の良いラグラージがすいすい要員として使用率が上昇。 いや、本当にキングドラ見なくなったなあ…ルンパッパはこれまで通り見かけるんだけど…。 動画もあるよ 懐かしの動画 あれ…以上…? いっぱいある!!って見出しに書いちゃったんだけどどうすればいいんだ… 消せばいいのでは?。 その他 すいすい以外のキングドラ スナイパーキングドラなんてのも一応いたわね。 きあいだめをしてスナイパーを発動させるんだけど、流星群のC下降を無効化出来るということで一応スナイパーポケモンの中では実用的な部類。 「キングドラは はりきっている!」のメッセージから雨がなくても頑張るぞ!って気持ちが伝わってきて嬉しくなっちゃうな。 えーとあとは…あ、しめりけ。 いや、わざわざ夢タッツーを進化させてりゅうのウロコ消費してまでゲットするか!?>しめりけグドラ そういう意味ではしめりけグドラめっちゃレアなポケモンかもしれないけど、湿っててもなあ…。 じめじめしたやつが6匹も集まってグループ形成してるの、もうただのクラスの隅っこなんだよな。 俺か? 意外と豊富な技 はねる…コイキング以外で覚えるだと!?みたいな印象あった オクタンほう…これオクタン以外に使えるのダメでしょって子供ながらに笑ってしまった たつまき…イメージだけなら流星群より似合うよね。 一応すいすいで上取ってひるませるみたいなことが出来なくはないけど…。 この法則はマジです。 かなしばり…トノのアンコと合わせて楽しいことが出来る。 なんでタツノオトシゴが金縛りしてくるんだろうか…? えんまく…ほかの煙幕使いは炎とかガスとかによる煙なんだけど、 キングドラのえんまくだけは全然別のメカニズムで発生するの良いよね…。 え?ゴニョニョのは何かって?わ、わからん。 イブキのキングドラ 金銀の最後のジム戦のボス。 あとイブキがりゅうのいぶきを渡すというネタが出来なくなってしまった。 悲しい。 進化方法 りゅうのウロコを持たせて交換で進化する。 このシリーズやってると「改めてよく見ると〇〇ってめっちゃかっこいい かわいい な」ってなることばかりだけど、いやそれにしてもやっぱキングドラかっこいいよね…。 ドラミドロと並べるとちょっと面白いなと思った。 ミ・3・ミ<では! 前回の記事.

次の

【キングドラ】第51回ポケモントレーナーなら全てのポケモンについて語れる説【トノグドラ?ニョログドラ?】

キングドラ 調整

トノグドラ構築とは? ニョロトノが特性により雨を降らし、キングドラの 「すいすい」で素早さ2倍+ 火力が1. 5倍になった水技で 相手を突破する構築です。 雨ターンをできる限り減らさずに雨エースを出すために、脱出ボタンをニョロトノに持たせることが多い。 特性:すいすい発動状態であれば、スカーフ持ちよりも早く行動できるため 相手のポケモンに負担かけていきやすいです。 雨下での威力1. 5倍での「ハイドロポンプ」「熱湯」などであっさり沈めることができます。 相手にキングドラの攻撃を受け切れるポケモンがいない場合は、あっさりサイクルを崩壊することができます。 そのため、 選出段階で相手はキングドラを止めることのできるポケモンを必ず選択するでしょう。 一方、使用者としては 相手が選びそうなポケモンにメタを張る必要があります。 そういった意味で、強い選出縛り能力があり、選出段階で勝敗をわけます。 そのため、キングドラはSを最小限にしつつ 耐久振りをすることがメジャーです。 特にメガガルーラは、「ふいうち」「猫騙し」を採用することが多く採用率も高いポケモンのため結構重たい。 の流行している環境を考慮すると「ふいうち」は要警戒。 裏エースに、バシャーモに強い駒を置きたい。 キングドラは火力を上げるために、「拘りメガネ」を持たせるのが一般的。 XY「ポケモンの村」で群れバトルをすると、夢特性のニョロモが出てくることがあります。 石の洞窟、目覚めのほこら、チャンピオンロードで入手しよう。 「クチートナイト」は、117番道路:シダケタウン側下で拾う。 35で『ヒノヤコマ』から進化。 XYフレンドサファリで隠し特性「はやてのつばさ」のヒノヤコマが出現します。 ニョロトノに交代して、脱出ボタンを発動し「キングドラ」を降臨します。 雨ターンが伸びる「湿った岩」も候補ですが、交代先に負担をかけることが必要であるためタイミングが難しく 逆にターンを無駄にしがちです。 ハイドロポンプを当てるのがメインのお仕事です。 ニョロトノが重たい、フェアリーにも強いです。 キングドラをエースとして採用できない時に、選出することが多いです。 採用率の多い、ガルガブに強くなれる。 とんぼがえり・ボルトチェンジなどは、先にこちらがだっしゅつボタンを消費しての交代を行い、とんぼがえりを使った側は交代しないままターンが終わるという特徴があります。 「とんぼがえり」をしてきそうなポケモンとも、対面を固定することができます。 脱出ボタンを発動するクッションが発動しなかった時は、「アンコール」「滅びの歌」で起点になることを回避しましょう。 先生技に強くなり、殴り合いで有利に立つことができます。 ニョロトノの雨の恩恵や「アンコール」「滅びの歌」によるサポートのおかげで、「剣の舞」を積む機会も多い。 S4振りはミラー意識。 雨下だと水ポケモンは受けれなくなるものの、トノグドラが呼びやすい「草」や「特殊受け」を嵌めるのがお仕事。 HP252振りで、個体値Vの場合 実数値185(奇数)になる。 ステロを意識した、奇数調整は礼儀。 特性:威嚇の発動から、「ニョロトノ」や「クチート」につなげるのは大切なお仕事。 耐久ポケモンを倒した後も、特性:いたずらごころにより、電磁波を先制で打てるため腐りにくい。 積みポケモンの起点作り、相手のエースのストッパーが役割です。 トノグドラの重たいバシャーモにも強く、メガクチートの起点も作る優秀なサポートです。 選出について 基本選出 or 先発ランドロスからの雨展開が基本の動きです。 ガルガブにも優位に振る舞えるので、にもこの選出が安定します。 草ポケモンが見える場合は、ファイアローを選出します。 トノグドラが出せない時 トノグドラが重たいポケモンが相手のPTに多い時には、メガクチートを軸に戦います。 ランドロスで威嚇を撒き、ボルトロスで「電磁波撒き」、メガクチートで「剣の舞」をねらいます。 相手はトノグドラを意識した選出が多く、そういったポケモンにクチートが仕事をしやすいです。 VS 天候パ 天候パと戦う時は、ニョロトノ+メガクチートの選出が刺さります。 キングドラだと、非天候下だと 火力不足に感じることが多々あるからです。 代用できるポケモン メガ枠 トノグドラで人気のあるポケモンは下記の3匹です。 キングドラの重たい、ナットレイを殺すために「炎のパンチ」を採用することが多い 物理流し枠 ランドロスの代わりに、ジャローダが考えられます。 キングドラの重たい マリルリに強く、リフレクターによるサポートや蛇にらみによるサポートも可能です。 最後に 天候パは自体は、天候ターンの減少により見かける機会は減りました。 しかし、雨下でのキングドラを止めれるポケモンは多くありません。 対戦中の読みは苦手だけど PT構築力には自信があるという人が使うと 高い勝率を得られるかもしれません。

次の