みのろう くみちゃん。 [B! book] くみちゃんとみのろうの部屋

[B! book] くみちゃんとみのろうの部屋

みのろう くみちゃん

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます くみちゃんとみのろうの部屋はてなブックマーク - くみちゃんとみのろうの部屋 プレビュー くみちゃんとみのろうの部屋 「!」 「ナハナート?ここにあの大が全力で向かってくると……」 1個護衛隊は間に合うが、他の... 概要を表示 「!」 「ナハナート?ここにあの大が全力で向かってくると……」 1個護衛隊は間に合うが、他の護衛隊群は今ではとても間に合わない。 3ーC爆撃や、は間に合うが、現地のが不足する。 最悪のとなる。 数のが同島のについているが、の戦力は少ぎると言わざるを得ない。 何よりも敵の数が多すぎる。 そして、がナハナートでは無かったの……。 場が……凍り付く。 「なお、敵侵攻、グラ・バルカスは戦力。 リーム竜隊も、航空戦力もすべてをした」 場がに包る。

次の

『日本国召喚』漫画の2巻を無料で読む方法は?漫画村?zip?

みのろう くみちゃん

くみちゃん 自分の波乱万丈人生にあきらめにもにた不安と怒りを覚え、もう人生どうでもよくなった時、私の続く不幸を見かねた友人が同情心から勝手に人気占い師の鑑定を予約。 人生初めて、占い師の先生に出会いました。 占いに対する偏見と誤解が解け、私自身が占い師にスカウトされ、日本易学院に入学。 学院長 金澤光叡氏に師事。 占い師を本業に。 よくない時期こそ何をどうしたらいいのか?実践してみてわかったことは数知れず、これのノウハウを教えて差し上げたいと思っています。 悩む事より行動が何かを必ず導いてくれます。 人から見られている自分を知ることが一番の開運のコツなんです。 気づきの中にあなたの開運があるのです。 出会いのご縁が何かのお役に立てますように。 人には多くの出会いがあってまた別れがある。 予期できない出会いもあれば別れもある。 人生はあなたにも私にも それぞれの生きているからこそ経験できる それぞれにすばらしい人生のドラマが必ずありますよね。 普通で普通のままの方は それが当たり前になってしまって それほど幸せなものはないと言っても 上を見て比べてしまうものなんですね。 いい意味での上を見ることは必要ですけれど 大切なことは、自分にしかできないことで 自分自身がオンリーワンの存在になれることが 最高の幸せなのかもしれませんね。 当然ですが努力は必要なんですね。 オンリーワンを達成した人は 不思議と普通の人が見たらびっくりするような努力を 当たり前だからやっていて 苦痛だとは思ってはいないものなんですね。 苦痛を感じるのは無理をしているからなんです。 どんなことも慣れるまでは苦痛を感じるものですが。 慣れてしまうと当たり前になっていくことって 意外と多く存在しているものなのです。 いい意味でも悪い意味でも。 素直な気持ちでかかわっていれば 早く芽を出しますし ちょっとひねくれていると くみちゃんのように気がつくのに 少しだけ時間がかかる時だってあります。 気がついた時から土と仲良くなって 自然に成長していけるようにもなっていけます。 少しだけ時期がほかの人より遅かっただけですね。 気がつかないで一生終わっていく人だって たくさんいらっしゃるのです。 人間ですから 甘えたりサボったりしたくないなんていえば 絶対に嘘になりますよね。 絶対に見たらだめと言われれば 見てしまうのも人間なんですよね。 今日まで生きてきて 今のこんな普通で普通の生活をすることができる。 そんなことはきっと無理!なんて思っていた時も くみちゃんにはあったんです。 夢を追って家を出て 若気の至りといえばそこまでですけどね。 自分の予想をはるかに超えた生活に いつの間にか夢を失い、生きることの意味すら 全くわからなくなった時もあったんですね。 ひたすら真面目に生きてれば報われるって それだけを信じて。 でも、そそんな自分すらも信じられなくなってしまいました。 がけっぷちに追い込まれたるたびに 何で?何で私なの!って。 そんな信じられない状況を横で見ていた友人の おせっかいともいえる行為のおかげさまで 素敵な人との出会い またそれが運命学との出会いのきっかけにもなったのです。 ただ、3人の子供たちへの責任感だけで生きる そんな惰性ともいえる生きるだけの生活に 大きな転機がやってきました。 出会いが人生を変えるというのはこの事でした。 一生懸命だから逆に見えていないものが多すぎたこと。 過去の人生がもたらした失敗から学びはあっても その学びの捕らえ方を間違えていて 人を信じられないそんな人になってしまっていたのです。 初めて心を開くことができて 同じものを見ても見え方が違って見えることにも気がつきました。 すべてどんな経験も生かすことができる 種を作っていた時期でもあったんですね。 経験したからこそ気持ちがわかる だから、本気なのか口先なのかは 話をすれば間違いなくわかるんですね。 大地で出ることができなくて 養分だけをしっかり蓄えた種は これから少しずつ成長してきて 綺麗な自分だけのお花を咲かせてくれることでしょう。 そんな失敗の見本帳のようなくみちゃんですが 普通で普通の幸せってとてもいいものですよ。 最後まで読んでいただいてありがとう。 よろしければぜひ読者になってくださいね。 読んで頂いたあなたとの出会いに感謝です。 日宣 拝。

次の

グラ・バルカス帝国

みのろう くみちゃん

一応日本のことも調査はしているが、「日本も自国と同じ、転移国家であること」には気付いていながら、「日本には自国の常識が通用しないこと」に気付かないという、大失策を犯している。 ( 「異世界の存在に自国の常識が通用しないのは当たり前」であること、そのものに気付いていないと思われる。 ) 自国の常識で判断した結果、戦闘機の保有数が少ないことやを植民地化しなかったこと を根拠に、「日本の国力は大したことがない」と、致命的な誤認識をしている。 日本が、部分的に自国の技術力を超えていることも一応認識してはいるものの、距離のせいで情報量が足りていなかった模様。 結果として見れば、敗戦に向けて自ら突き進んでいるような状態である。 一方で「次世代を追及する力」に欠けており、誘導弾の概念が無いなど致命的な部分もある。 おそらく転移前にが一国しかいなかったこと、その一国も十分勝てる相手だったことなどから発展の必要性に迫られなかったのだろう。 (周りがライバルだらけの地球が異常なのかもしれないが) 加えて、地球では第二次世界大戦で驚異的な発展を遂げたロケットエンジン技術やジェットエンジン技術は全く実用化されていない。 ロケット弾自体は存在しているようだが、それを使った兵器が開発・運用されている形跡は今のところ見られない。 ジェットエンジンは「未だ構想段階(5巻71P)」とされ、実験段階ですらない模様。 もっともどちらも第二次世界大戦の発展、特にロケットは第一次世界大戦時点で「命中率がすこぶる悪い旧世代の装備」という扱われ方をされていたせいで、戦間期にそれ以外の兵器開発が制限されていたナチスドイツによって一気に開発された地球独自の経緯があるためであり、他国より国力が圧倒していた彼の国では省みられていなかった可能性がある。 傘下組織• 政府組織• 情報局• 技術部• 正規軍• 監査軍• 民間企業• - 軍需系企業• - 軍需系企業• - 軍需系企業• - 軍需系企業 登場する主な兵器• ハインフェッツ君は伏線やチェーホフの銃という言葉も知らんかね。 - 名無しさん 2019-09-01 12:23:03• というか、なんでいつまでも誤りだったことにされ没にされ黒歴史となり闇に葬り去られ二度と続きを書かれることのない展開に固執しているんだろう - 名無しさん 2019-09-03 23:24:08• この人(木主ではない)いろんなところで問題起こしてるのね。 規制食らったのに同じ事してるのって問題だと思う。 以前も何一つ根拠となるソースを出さずに言いたい放題言って「ソースを出してくれ」と言われると誹謗中傷に走ってたし。 - 名無しさん 2019-10-21 07:13:11• 南方ルートを考慮したとしても日本に辿り着くのは不可能。 それにグ帝とア皇が繋がってる描写は無いし、そもそも全く接点が無くお互いに閉鎖的な国どうしがどうして日本相手に急に結びつく事になったのかが分からないし説明もしていない。 まあ何を言っても君にとって都合に良い説や解釈に拘泥するあたり、君はグラ・バルカス人かな?日本相手に負けて悔しかったから都合の良い妄想に耽ってしまったのね。 - 名無しさん 2019-09-01 12:27:59• ほんで、相手が日本近海にすら辿り着かずにどうやって殴り合いするん? ・・・君の方こそ、コレがフィクションのお話だって事、補正でも何でもかけてヒールにリングに上がってもらわにゃ何も始まらんって事を忘れてないか? 現に、そこんとこでどうやって辻褄を合わせるかに制作サイドは頭を捻ってるわけだしな。 - ハインフェッツ 2019-09-01 21:33:18• フィクションでもきちんと構成を考えなきゃお話になりませんがな。 それとも頑張って辻褄合わせた結果がワープですか…魔帝ならまだしも完全科学オンリーのグ帝がいくら魔法技術を導入したと考えても短期間で作れる代物でも言うのかねむしろそれでこそフィクションが崩壊してるじゃありませんか。 そしてグ帝が日本へ侵攻するには第二・一文明圏の地理情報を基に東へ進むだけであって全く航路が不明な南側を行くには何もかもが不可能だという事を軍事学的に見て普通に考えられるのではないでしょうか。 君は他のコメントの通り、自分にとって都合の良い展開しか認めがらないのは問題ですし、主張も全く軍事的考証にお粗末以下ですよ。 - 名無しさん 2019-09-02 00:34:54• そういう文句はまず作者に言いなさいね。 ・・・そもそも、魔法が存在する時点で理屈が通用しないのがむしろ当たり前なのに、理屈倒れのシュターデンを演じるとか興醒めどころの騒ぎじゃないからさ。 - ハインフェッツ 2019-09-02 23:28:14• 残念ながらグ帝が努力した所で日本本土はおろか第三文明圏で大量の艦船と戦闘機を失う事はほぼ確定的 - 名無しさん 2019-09-02 00:37:35• パル・キマイラの攻撃でな。 最新話のIFF積んでないパルキマイラが有難迷惑参戦って、ありゃどう見てもその為の伏線でしょうに。 - ハインフェッツ 2019-09-02 23:31:54• キマイラが来て困るのは近くにいる航空機を相手する時だけなんですがそれは - 名無しさん 2019-09-03 08:29:15• で、メテオスさんにマイカル沖海戦の再演を見せようと対艦ミサイルを斉射したら、褒章狙いの海賊船も誤爆しましたってか? ・・・普通にそうなるのを嫌がって不利な有視界戦闘に引き込まれるか、航続力の関係で無能な味方がグ帝艦隊から引き離されるのを待ってからミサイル攻撃を始めるって展開になるんじゃねーのか? - ハインフェッツ 2019-09-03 23:35:33• グ帝が最初から平和主義だったみたいな書き方は変じゃないかな、昨日修正したように最初は喜んで容赦なく侵略してたって本編にも書いてあるし - 名無しさん 2019-09-04 08:31:08• それにしてもこの国、あんだけの艦隊動かす燃料やら資源やら、どこから持ってきてるんだろう。 自国に油田とか鉱山が一通りあるチート国土なのかねえ。 まあ日本もすぐ近くにクイラってスーパーチート資源国があるんだけど。 - 名無しさん 2019-09-13 01:21:00• 自分の勝手な妄想考察なんだけど、グ帝やムーが日本の軍艦そっくりな船を持ってるのって、もしかして対魔帝のために日本のかわりに用意されたんじゃないかと。 最初はムーを当てにして大日本帝国の武装や科学知識をあたえたけど、ムーは転移後、自己完結しちゃって閉じこもる。 で、グ帝に知識を与えたんだけど、捻くれてグレた。 しょうがないんで本家が召喚されたじゃねーかなーとw - 名無しさん 2019-09-30 21:06:05• 現在日本に向けて進行中のグ帝ですけど、この作戦って無謀過ぎません?日本を攻撃するといっても、世界の反対側にある国の首都とか工業地帯の場所を把握できているんでしょうか?下手したら日本の正確な場所すら不明なのでは。 そもそも下手に首都攻撃したら肝心の皇太子も吹っ飛ばしてしまうのでは。 - 名無しさん 2019-10-08 17:30:02• ていうか、この作戦って戦略的に見てどうなんだ。 仮に日本の首都を灰燼にしても日本が即降伏するわけじゃないだろうし、工業地帯をすべて破壊できるとは思えん。 逆に工業地帯に大損害を与えられてしまったらまったら日本の超技術がムーに流れてしまうのでは。 しかも消耗した帰りにはグ帝とそれなりには戦えるミ帝の艦隊とパルキマイラが待ち構えてる。 このクソ作戦を考えたのは誰だ! - 名無しさん 2019-10-08 19:42:28• 戦略的に見たら、非常にダメです。 そもそも大軍団で補給線の長距離航海をしているだけでも非常に財政や物資に負担を掛けているハズ。 どっちかというと、この世界に敵なしという解放感とグラ・カバルを捕虜にしたという怒りで完全に暴走状態としか。 勢いに任せて少数派の慎重論を黙殺しているのも間違いないし、一度顔面に冷水をぶっかけられんとこの『酔い』は醒めないと思う。 - 名無しさん 2019-10-09 21:28:31• 単なる報復という意味が強すぎる。 戦略的目標を欠いたまま、勝てば何とかなると思っている感じ - 名無しさん 2019-10-09 21:29:36• ムーの多数派がフォーク海峡海戦を経験したにも関わらず本気で勝てると信じてバルチスタ沖大海戦に艦隊派遣したノリと同じなんでしょうね - 名無しさん 2019-10-21 15:06:11• そりゃフォークの場合はミ帝の戦力が少なかったし - 名無しさん 2019-11-27 15:15:14• そう言えば日本焦土化作戦として結構戦力割いてるよね。 愚帝本土には最低限防衛出来る程度の戦力を残して… - 名無しさん 2020-03-28 04:00:07• どうでもいい話ですけどやっぱり初代皇帝の名前はグラ・バルカスなんでしょうか? あと姓名の順番も日本とかのと同じですがそれについてもやっぱり何かあるんでしょうか? - 名無しさん 2019-10-31 18:50:47• グ帝って正直もう終わってるよね。 - 名無しさん 2019-11-01 12:37:21• グ帝が日本に壊滅的被害を受けるのは決定として、ミ帝は空中戦艦運用可能4隻、空中要塞パルカオン(未登場)ムーは次から次へと日本から技術を吸収しており将来的にグ帝を超える。 もう許される道ないじゃん。 - 名無しさん 2019-11-01 12:42:26• 問題なのは、どうも完全制圧するにはデカすぎてめんどくさい存在ぽいってあたり。 日本単独じゃ頭数たらんし、ムーとミ帝の全面協力あってもその労力に見合うか?っつーと疑問 - 名無しさん 2019-11-19 09:16:55• ボツになった話の奴だけど、グ帝ってアクティブソナー持ってるんだな。 潜水艦がアレな事になってるから無いかと思ったよ。 - 名無しさん 2019-12-10 07:40:12• 開発中。 もしかしたら試作品は有るかもだけど。 ミラが日本近海でたかなみに沈められた時、艦長(?)が誘導魚雷のピンガーを聞いて「帝国でまだ開発中のものを日本ごときが~~」って言ってるし。 - 名無しさん 2019-12-23 22:40:59• 皇族の血を残し、国と国民を守るのにはこれしかないのだとか言って - フェンダー 2019-12-13 17:15:47• それこそエスコン6のアイガイオンみたいなのを持ってこないときつそう。 え、パルキマイラ改造すれば何とかなりそう? うん、そうね……。 まあ、それこそ爆撃用の艦と護衛用の飛行空母に改装したのが必要になりそうだけど。 - 名無しさん 2019-12-23 22:48:04• ハーメルンの『日本外人部隊』という二次創作小説の感想欄で、にしなさとるが wikiの記述を引き合いに出して自説を補強していたので、気になってこちらの記事を確認しに来ましたが、この記事の内容、特に太線で強調されている箇所って、あまりにも編集者の偏見や価値判断が入り込んだ主観的な内容になっていませんか? というか、にしなさとるが引き合いに出しているのって、他ならぬにしなさとる本人が編集した内容じゃないかな、これ……? タイミングよく2019-12-29のタイムスタンプで記事の内容が更新されているようですし、にしなさとるがハーメルンで感想を付けるのに前後して記事内容を改変(改悪)した可能性すらあるのではないでしょうか……? 腹立つなあ……。 - 名無しさん 2019-12-29 17:25:03• 編集は自由に出来るから改変してもええんやで - 名無しさん 2020-03-02 19:47:16• グラ・バルカスってstg44を大量配備してるって聞いたけど、これって本当? - 名無しさん 2020-01-18 23:33:30• ごめん勘違いだった、Twitterでちゃんと言われてた。 - 名無しさん 2020-01-19 00:58:13• 今まででの暴走で個人的に大分フラストレーション貯まってたしはやく慌てるグ帝のメンツが見たい - 名無しさん 2020-02-23 12:11:26• 小説だと何となく講和しそうなんだけど、日本国の攻撃で帝国を解体、あるいは滅亡させてほしいし、できれば本土爆撃もやってほしいわ - 名無しさん 2020-03-15 22:27:44• その後どうすんの? 国を解体しても人は残るんだよ? そして解体した側には、残った人をどうにかする責任があるんだけど。 そしてそれは日本の手に余るわけでな。 それとも何か? グ帝国民を赤子の一人に至るまで皆殺しにせよとでも? - 名無しさん 2020-03-17 23:26:47• 魔帝戦前の景気づけと練習兼ねて、グ帝本国に核ブッパ二次もそこそこあるね - 名無しさん 2020-04-05 13:54:23• なんだろ、損害のひきあいに出された運命戦争の話といい、ケイン神王国の最新戦闘機に匹敵するという評価といい、思った以上に生温くない戦いをしているような・・・。 単純に国力差による力押しということか?? - 名無しさん 2020-04-02 09:41:41• 兵器の性能的にもケインよりグ帝の方が頭一つ以上上でほぼ圧倒~優勢みたいな描写されてたけど、にしてはダイジェストとは言え日米の戦争記録を見た時の反応が「自国の経験と同等かそれ以上」って、どう言う状況だろうな、これ - 名無しさん 2020-04-11 12:41:05• 言うて前線に居なかった皇子が一回ダイジェストで見た程度じゃ運命戦争との違いは分からんだろ - 名無しさん 2020-04-14 13:29:18• ケインの戦闘機はレシプロであのエルペシオ3に匹敵なんだから雑魚だろ - 名無しさん 2020-04-14 13:27:41 名前:.

次の