可愛い メダル の 作り方。 折り紙 メダル 作り方 簡単

折り紙でメダルの作り方!簡単で中にメッセージや名前が書けますよ

可愛い メダル の 作り方

【材料】 ・折り紙 ・紙テープ(首からぶら下げるもの) ・ノリ ・ハサミ 【作り方】 1. 折り紙を準備します。 折り紙を半分に折ります。 一度折り紙を開き、 4. 向きを変え、中心に向かって内側に折ります。 上の部分を写真のように折れ線をつけ、開くように折ります。 しっかりと折り目を付けた方がキレイです。 下の部分も同じように折ります。 4つの角を袋折りします。 4つの角すべてを折ったところです。 写真のように折り目をつけます。 4つの角すべてを折るとメダルですが、今回は動物の形なので3つの角にして下さい。 折り目を付けた所から開いていきます。 3ヵ所の角すべてを開いたところです。 余った角は反対側におります。 あまった1つの角を、写真の線のところで切ります。 切った折り紙は三角の部分はそのまま顔に貼り、 四角の部分は動物の耳になるように切って下さい。 紙テープをつければかわいい動物メダルになります。 他にも折り紙の色や耳を工夫するだけでいろんな動物ができちゃいますよ。 折り紙は格安で子供と一緒に楽しめるとても良い遊びです。 こちらの本を参考に、色々作ってみましたよ^^ 一冊持っていると、たくさん楽しめていいですね。

次の

【100均・DIY】手作りメダルを作ろう!簡単にできるメダル10選!

可愛い メダル の 作り方

花・花束を折り紙で作る難易度は簡単?子供・大人向け? 簡単で可愛い花は子供と一緒に折れる 小さい頃、折り紙を三角形に折って、チューリップを作ったことがある方も多いのではないでしょうか。 また、三角形に折った折り紙を3等分に折った花もあります。 このように折り紙の花は、簡単な作品もたくさんあり、今も昔も子供たちを楽しませています。 お子さんがいる方は、簡単な作品から順に、一緒にチャレンジしてみてもいいかもしれません。 たくさん折って花束を作ることで、花や色の話をするなど、コミュニケーションも取れることでしょう。 大人向けの難しい花もたくさんある 創作折り紙の花のなかには、幾何学的なモチーフが意識されている作品がたくさんあります。 複雑な作品であれば、単色の折り紙で折っても見栄えがすることでしょう。 また、折ったときの達成感も大きなことかと思います。 頭の体操の一環として、お気に入りの花を折ってみてはいかがでしょうか。 普段、部屋に花を飾らないという方も、折り紙の花であれば、ずっと飾っていられます。 花束やアレンジメントのように飾ることはもちろん、複雑な作品は、一輪挿しに挿すように飾ってみても素敵です。 十字に入った模様は、折り紙の表裏が活かされていて素敵ですね!折り方が少し複雑に見えますが、折り紙の表裏を入れ替える際は、その前につけた折り筋にしたがって折れば良いでしょう。 動画の3分55秒辺りの花びらの裏側を折る際は、紙が2枚重ねの部分を折るようにしましょう。 紙が4枚重ねの部分を折ると、真っ白な朝顔になってしまいます。 1つ飛ばしで折り紙の端を折り、全部で4箇所折りましょう。 ピンクや青の折り紙でいくつか折って、壁一面に装飾にすると、涼しげですね。 下のほうに金魚を足すと、より夏らしくなることでしょう。 金魚の折り方については、参考記事をご覧ください。 花びらと花の中心を合計9枚の折り紙で作ります。 花の中心のに使う折り紙は、花びらの4分の1の大きさのものを用意しましょう。 均等に広がった花びらが美しいですね。 花びら1枚1枚の折り方は簡単なので、均等に組み合わせて糊付けすることが、この作品のポイントになります。 中心は少し分厚くて折りにくいかもしれませんが、最初の折り筋をきっちりつけていれば、すぐに折れることと思います。 正方形の折り紙を正八角形にカットしてから折っていきます。 中心を立ち上げて折り畳む際は、折り筋に注意して、丁寧に畳みましょう。 その後の中心など、細かい部分も多いのですが、その分出来上がった時の喜びは格別でしょう。 花びらとがくが、合計5枚の折り紙で作られていて、花びらは、【平面編】で紹介したあじさいと同じ折り方です。 折り紙の端を切るときは、なるべくギザギザになるように切りましょう。 ご家庭にピンキングバサミがあれば、安心ですね。 また、花びらを貼り付けてから広げるときは、大きく広げすぎず、4つの花びらが均等になるように気をつけましょう。 組み合わせる折り紙は単色でもインパクトがあって素敵ですが、下の動画のように、2色の折り紙を2枚ずつ組み合わせても、表情豊かになります。 華やかな印象がある上簡単なので、たくさん折って母の日のプレゼントとして贈ってみてはいかがでしょうか。 正八角形に切った折り紙を使います。 動画の8分50秒辺りからは紙が分厚いので、折り筋は強めにつけましょう。 紙を裏返して紙の端を出す時も、慎重に行ってください。 また、15分10秒辺りの、折り目を立ち上げる部分は細かいので、ピンセットでつまんでも良いかもしれません。 紙が破れるかもしれないので、注意して折りましょう。 花束に欠かせないリボンは、作品の花と合うように色を選びましょう。 もちろん、お気に入りの紙で折っても花束の良いアクセントになることでしょう。 中心の部分を折る時は紙が少し硬いですが、引っ張りすぎないようにしましょう。 裏面が少しだけ見えているのが可愛いですね。 リボンの下の部分を、しっかり広げることも仕上げのポイントです。 花束を贈るときは是非、一言メッセージを添えてみてはいかがでしょうか。 この折り紙は、伝承折り紙の風車を元にして作られているので、作りやすいと思います。 中に入れる紙の表に名前などを描き、裏にはしっかりメッセージを書きましょう。 立体的な仕上がりになるので、花束に添えることがおすすめです。 カーブをつける部分も多いので、ゆっくり丁寧に折っていきましょう。 花・花束の折り方・作り方をマスターしよう ここまでで、平面や立体の花の折り方を合わせて15種類と、花・花束に合う折り紙の作品を紹介しました。 これで、四季に合わせて花を折って、組み合わせることを楽しめることと思います。 あなたのお気に入りの花を折ることはもちろん、たくさん花を折ってシーンに合わせて花束を贈ってみても良いでしょう。

次の

折り紙でメダルの作り方!簡単で中にメッセージや名前が書けますよ

可愛い メダル の 作り方

花・花束を折り紙で作る難易度は簡単?子供・大人向け? 簡単で可愛い花は子供と一緒に折れる 小さい頃、折り紙を三角形に折って、チューリップを作ったことがある方も多いのではないでしょうか。 また、三角形に折った折り紙を3等分に折った花もあります。 このように折り紙の花は、簡単な作品もたくさんあり、今も昔も子供たちを楽しませています。 お子さんがいる方は、簡単な作品から順に、一緒にチャレンジしてみてもいいかもしれません。 たくさん折って花束を作ることで、花や色の話をするなど、コミュニケーションも取れることでしょう。 大人向けの難しい花もたくさんある 創作折り紙の花のなかには、幾何学的なモチーフが意識されている作品がたくさんあります。 複雑な作品であれば、単色の折り紙で折っても見栄えがすることでしょう。 また、折ったときの達成感も大きなことかと思います。 頭の体操の一環として、お気に入りの花を折ってみてはいかがでしょうか。 普段、部屋に花を飾らないという方も、折り紙の花であれば、ずっと飾っていられます。 花束やアレンジメントのように飾ることはもちろん、複雑な作品は、一輪挿しに挿すように飾ってみても素敵です。 十字に入った模様は、折り紙の表裏が活かされていて素敵ですね!折り方が少し複雑に見えますが、折り紙の表裏を入れ替える際は、その前につけた折り筋にしたがって折れば良いでしょう。 動画の3分55秒辺りの花びらの裏側を折る際は、紙が2枚重ねの部分を折るようにしましょう。 紙が4枚重ねの部分を折ると、真っ白な朝顔になってしまいます。 1つ飛ばしで折り紙の端を折り、全部で4箇所折りましょう。 ピンクや青の折り紙でいくつか折って、壁一面に装飾にすると、涼しげですね。 下のほうに金魚を足すと、より夏らしくなることでしょう。 金魚の折り方については、参考記事をご覧ください。 花びらと花の中心を合計9枚の折り紙で作ります。 花の中心のに使う折り紙は、花びらの4分の1の大きさのものを用意しましょう。 均等に広がった花びらが美しいですね。 花びら1枚1枚の折り方は簡単なので、均等に組み合わせて糊付けすることが、この作品のポイントになります。 中心は少し分厚くて折りにくいかもしれませんが、最初の折り筋をきっちりつけていれば、すぐに折れることと思います。 正方形の折り紙を正八角形にカットしてから折っていきます。 中心を立ち上げて折り畳む際は、折り筋に注意して、丁寧に畳みましょう。 その後の中心など、細かい部分も多いのですが、その分出来上がった時の喜びは格別でしょう。 花びらとがくが、合計5枚の折り紙で作られていて、花びらは、【平面編】で紹介したあじさいと同じ折り方です。 折り紙の端を切るときは、なるべくギザギザになるように切りましょう。 ご家庭にピンキングバサミがあれば、安心ですね。 また、花びらを貼り付けてから広げるときは、大きく広げすぎず、4つの花びらが均等になるように気をつけましょう。 組み合わせる折り紙は単色でもインパクトがあって素敵ですが、下の動画のように、2色の折り紙を2枚ずつ組み合わせても、表情豊かになります。 華やかな印象がある上簡単なので、たくさん折って母の日のプレゼントとして贈ってみてはいかがでしょうか。 正八角形に切った折り紙を使います。 動画の8分50秒辺りからは紙が分厚いので、折り筋は強めにつけましょう。 紙を裏返して紙の端を出す時も、慎重に行ってください。 また、15分10秒辺りの、折り目を立ち上げる部分は細かいので、ピンセットでつまんでも良いかもしれません。 紙が破れるかもしれないので、注意して折りましょう。 花束に欠かせないリボンは、作品の花と合うように色を選びましょう。 もちろん、お気に入りの紙で折っても花束の良いアクセントになることでしょう。 中心の部分を折る時は紙が少し硬いですが、引っ張りすぎないようにしましょう。 裏面が少しだけ見えているのが可愛いですね。 リボンの下の部分を、しっかり広げることも仕上げのポイントです。 花束を贈るときは是非、一言メッセージを添えてみてはいかがでしょうか。 この折り紙は、伝承折り紙の風車を元にして作られているので、作りやすいと思います。 中に入れる紙の表に名前などを描き、裏にはしっかりメッセージを書きましょう。 立体的な仕上がりになるので、花束に添えることがおすすめです。 カーブをつける部分も多いので、ゆっくり丁寧に折っていきましょう。 花・花束の折り方・作り方をマスターしよう ここまでで、平面や立体の花の折り方を合わせて15種類と、花・花束に合う折り紙の作品を紹介しました。 これで、四季に合わせて花を折って、組み合わせることを楽しめることと思います。 あなたのお気に入りの花を折ることはもちろん、たくさん花を折ってシーンに合わせて花束を贈ってみても良いでしょう。

次の