秋篠宮 傘 投げる 映像。 【悲報】秋篠宮さま、差していたびしょぬれの傘を宮内庁職員にぶん投げる「おい、しまっとけ」

【議論】【悲報】秋篠宮さま、差していたびしょぬれの傘を宮内庁職員にぶん投げる「おい、しまっとけ」

秋篠宮 傘 投げる 映像

秋篠宮殿下が職員に対して厳しい対応をなさるという話は、これまで何度も報じられてきたことではある。 先日某週刊誌でも、平成の時代、天皇陛下(当時の皇太子殿下)のお誕生日の祝宴などの際に、東宮職らに荒々しい態度を取られたという内容が報じられたばかり。 また、御代替わりに伴う秋篠宮家付き職員の組織編成を巡っては、相次ぐ皇嗣職の離職が報じられるなど、職場環境を懸念する声もあった。 「今回は雨が降り荒び天候が危ぶまれる中というのもありましたし、重大な式典を控える中とあって、殿下も非常に緊張されていたのだと思います。 そういった状況で、皇嗣ご一家としてのお役目の重みを感じられ、張り詰めたお心持ちでおられたのでしょう。 当日の早朝、殿下と紀子さまとの間で些細な諍いがございまして、ややお心が乱れておられたところはあったように思います」(秋篠宮家関係者) 紀子さまとの諍い 秋篠宮ご夫妻の諍いについては既に日常のこととなり、職員らも滅多なことでは驚かなくなるほどだとも聞く。 この日も、朝から準備で目まぐるしく動かれる中、ご夫妻ともに気が立っておられたとのことだ。 「まず紀子さまが、お召し物に関して職員の不手際をご指導なさっておられました。 その様子を見て、殿下が厳しい口調で 『こんな時にまでキーキー騒ぐんじゃない!』と制されたのです。 紀子さまもその剣幕に押され、キッと口を噤んで矛を収められたのですが…。 緊迫した状況の時ほどそういった事が起こりがちなのです」(同前・秋篠宮家関係者) 殿下の気性と紀子さまの気性が、時に水と油のように交わらず、そのことで周囲の職員らも心が休まる時が無いのだとか。 「やはりこういった諍いは、眞子さまの問題があってからというもの、尋常では無い頻度で起きています。 皇嗣ご一家として、国民からの敬愛を一日も早く取り戻されるよう願ってやまない。

次の

秋篠宮殿下の傘の渡し方が投げる様?即位の礼での激怒動画を調査!

秋篠宮 傘 投げる 映像

Contents• 今回、依願退職したのは、警察庁から出向していた30代の男性宮務官X氏だ。 さる関係者は次のように語る。 「Xさんは秋篠宮殿下と折り合いがよくありませんでした。 昨年10月22日の『即位礼当日賢所大前の儀』で、秋篠宮殿下が傘を乱暴にXさんに放り投げた様子がテレビに映され、 『あのような乱暴な渡し方はないのではないか?』と宮内庁にご意見いただきました。 そのことを秋篠宮殿下に報告したところ 『あの男の配慮不足だ』『しっかり傘をキャッチするように教育しておく』『なぜ私が責められるのか解らない』の逆ギレ状態で…。 全く反省されない秋篠宮殿下に対し、Xさんは自分のどこが足りないのか大変気にされていました。 今回の依願退職も、おそらくそういった心労が重なった結果だと思います」(宮内庁関係者) 秋篠宮殿下の「傘投げ事件」の裏には様々な人間模様があったようだ。 紀子さまからのプレッシャーも… また秋篠宮殿下からのみならず、紀子さまからのプレッシャーも強かったという。 「眞子さまと小室圭さんの結婚問題で秋篠宮ご夫妻のはとてもナーバスになっています。 Xさんは警察庁から出向していることもあり、両殿下に近しいところで働いていました。 そのため、両殿下の『小言』や『教育』を何度も受けておられたようです。 また紀子さまは職員を名前で呼ばず、『大根』や『こけし』などモノで呼ばれます。 Xさんも『メガネ3号』などと呼ばれており、そのことを大変気にされていました」(同前、宮内庁関係者) 秋篠宮家付き職員である「皇嗣職宮務官」の定員は10名だが、退職者が相次ぎ、いまだ定員を満たしていない異常事態が続いている。 さる宮内庁幹部は次のように問題を指摘する。 ですが、こういった問題は平民である我々から皇族方に忠言するのもはばかれまして…。 秋篠宮殿下と紀子さまの意識改革からしていただかないことには…」(宮内庁幹部) 悠仁さまの教育環境に懸念も このような秋篠宮家のブラック環境について、別の観点から苦慮する声もある。 秋篠宮家に出入りする関係者は次のように危惧する。 「秋篠宮家の家庭環境は最悪です。 また、職員をモノ扱いし極度にプレッシャーを与える構造は、独裁者と奴隷の関係にも似て見えてしまいます。 我々職員は、どんな無理難題を押し付けられても『かしこまりました』と答えなければならず、成功すれば秋篠宮殿下と紀子さまの手柄に、失敗すれば我々の責任になります。 こういった歪な上下関係のある環境で、悠仁さまの教育が正常に進むのか危惧する声もあります。 宮内庁からは、陛下と雅子さまの元に預けてはどうかと提案があるほどです。 一体どうすればよいのか…」(秋篠宮家関係者) 秋篠宮ご夫妻の心が落ち着き、職員に人権が与えられることを祈って止まない。 それこそが悠仁さまにとって最良の「帝王学」になるだろう。 今更悠仁さまを天皇皇后両陛下に預けても手遅れだと思います。 噂では悠仁さまは「俺は天皇になるんだぞ」と学友たちに豪語しているとか。 本当かどうかは分かりませんが。 いずれにせよ、ひとつ屋根の下に暮らせばたちまち秋篠宮夫妻に毒された悠仁さまの本性が出て、天皇皇后両陛下、特に皇后雅子さまが苦労されるでしょう。 敬宮さまもどんなとばっちりを食らうか分かりません。 雅子さまは一人娘である敬宮さまの子育ても一段落し、皇后に即位され、これからやっと海外公務などで本領発揮出来るようになられたのです。 これ以上余計な苦労をかけないでいただきたいですね。 悠仁さまに不満があるのなら、敬宮さまを立太子するか天皇制を令和で終わりにしてください。

次の

秋篠宮家が傘投げる動画?傘の渡し方が批判&5つの謎やうわさを解明!

秋篠宮 傘 投げる 映像

解決へ向けた動きは何も見られず、秋篠宮家が抱える難題は持ち越されることに。 さらには、ご一家を支える職員が逃げ出すというご苦難も……。 かねてより秋篠宮家は、宮内庁きっての「ご難場」とされ、その激務ぶりは広く知られていた。 紀子妃が職員にお求めになる仕事のレベルは高く、 「重責に耐えかねた職員が赴任早々、身体に失調をきたす、あるいは依願免職を申し出るケースがこれまでしばしば見受けられました」(事情を知る関係者) 昨年5月に皇嗣家となられてからも、身の回りのお世話をする宮務官の人数は、本来10人のところ8人と定員以下。 体調不良での休職や急な辞職などで「わずか半年ほどで顔ぶれは目まぐるしく入れ替わってきました」(同)。 今年1月24日には、警察庁から出向していた30代の男性宮務官が依願免職となってもいる。 東大法学部を卒業したキャリア官僚の彼が着任してから、わずか8カ月余りでの退職だ。 にもかかわらず、殿下と親しい学者は同行される異例のご旅行となった。 さる10月22日、雨の降る中で行われた「即位礼当日賢所大前の儀」での出来事だ。 「両陛下の拝礼が終わったのち、秋篠宮殿下をはじめ妃殿下、眞子さまや佳子さま、他の皇族方も続いて宮中三殿の賢所に入られたのですが、 秋篠宮殿下はその際、差していた傘をたたまれ、脇に控えていたこの警察庁出身の宮務官らに、まるでボールを投げるかのように無造作に手渡されたのです」(同) 宮務官らは傘を落としかけ、慌てて掴んだのだが、 「その間、殿下は一貫して険しい表情で、この男性と目を合わせようともなさりませんでした」(同) 男性が職を離れることになったのは、こうしたことが重なった心労の結果か。 3月18日発売の週刊新潮で混迷つづく秋篠宮ご一家を特集する。 67 ID:5wJXvR3Jd 秋篠宮家ってメディアから標的にされてるらしいな。 48 ID:mmrJSFt70 宮内庁への出向ってキャリア官僚からしたら出世コース脱落という事でええんよな?.

次の