ウーマ ナイザー ブログ。 川崎フロンターレ 人気ブログランキングとブログ検索

【楽天市場】【ポイントバック】【正規品】ウーマナイザー プロ W500 ドイツ発・女性に優しいマッサージャー /// ウーマナイザー2 Womanizer Pro ラブグッズ マッサージ器 吸引 バイブ 吸い付く マッサージ ハンディ 小型 電マ 女性 静音 電動マッサージ 電気マッサージ器:kanalia 楽天市場店

ウーマ ナイザー ブログ

こんにちは。 ナースまみです。 夫は突然、ハマるものがあるんですけど、今ハマっているのが、 はちみつなんです~。 😁 はちみつには、いろんな効果があるとテレビでもやっていますよね。 ウイルスや細菌を撃退するとか・・・。 動脈硬化の予防とか・・・。 骨粗しょう症の予防とか・・・。 でも、一番食い付いたのは、なんと、 認知症の予防だったんですよ~。 😅 はちみつに含まれるフラボノイドやプロポリスが脳細胞の炎症を防ぎ、認知症予防に繋がっているらしいのです。 🤔 そんな事聞かされたら、私も食べるに決まってますよね。 😁 あんまり、はちみつの甘さが主張しているのは苦手なんですが、この夫が選びに選んだはちみつは、ほ… 「犬ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順•

次の

川崎フロンターレ 人気ブログランキングとブログ検索

ウーマ ナイザー ブログ

Womanizer ウーマナイザー とは Womanizer ウーマナイザー はドイツ生まれのアダルトグッズです。 最近ドイツのWomanizerとカナダのWe-Vibeが一緒になり、WOW Tech Groupとして設立されました。 2014年に世界初の吸引式バイブ「Womanizer」を開発したメーカーとして知名度が高く、「Womanizer」は販売と同時に世界的に爆発的にヒットしました。 Womanizerを日本訳にすると「女たらし」になります。 余談ですがウーマナイザーの取扱説明書は日本語版もついていますが、日本語版の「Womanizer」の部分が直訳のまま「女たらし」になっていました。。 Womanizer ウーマナイザー のクリトリス吸引の仕組み ウーマナイザーの普通のアダルトグッズとの違いは女性のクリトリスを空気の力で真空状態にしつつ吸引しながら振動します。 具体的には振動しながらキャップ内の「圧力」空気圧を変化させ、クリトリスに直接触れずにマッサージできます。 実は 真空状態で直接触れないのがポイントで、直接クリトリスに触れるか触れないあの繊細な刺激を実現していることになります。 従来のアダルトグッズでのクリトリスの刺激はローターも電マも振動刺激がメインでしたが、実際のセックスでの刺激 指・クンニ等 の場合、振動の刺激ほど強くはありません。 むしろWomanizer ウーマナイザー のクリトリス吸引バイブの刺激のほうがリアリティに近い刺激になると思います。 ウーマナイザーの利用者のレビューにも「優しい感覚がとても心地良い」「吸い付くというよりもクリを優しく包み込みながら空気を伝って振動がくる」等従来のアダルトグッズ刺激のレビューとは異なるレビューが多いです。 クリトリスに直接触れずにマッサージしてくれるので従来のアダルトグッズでは味わえない、直接クリトリスに触れるか触れないあの繊細な刺激を実現! Womanizer ウーマナイザー を使用した感想 ウーマナイザーを使用した感想としてはコツ 自分のツボを覚えれば を掴めば快感が倍増する感じです。 クリトリスに当てる角度が自分の好みがわかれば快感が倍増します。 また従来の振動によるクリトリス刺激は長時間だと痛くなることがあるのと飽きが来るのですが、ウーマナイザーの場合吸われる感じを味わえるので 長時間使っていても飽きが来なく、クリトリスをずっと吸われたりクンニされている感じです。 ちなみに私の場合は吸引レベルが小~中くらいでずっと吸われている感じがで好きです。 小~中でもかなり気持ちいいです。 アダルトグッズは長い期間使うこと 所有すること が多いので飽きがこないパートナーで有ることが大事です。 ちなみにウーマナイザーはWomanizer Pro40からWomanizer Libertyを愛用しています。 最初、Womanizer Pro40の後継機種のWomanizer Classicを購入しようと検討しましたがWomanizer Libertyのほうが軽くコンパクトなので選びました。 特にひとりエッチ場合、クリトリスの垂直ではなく、上側からあてがうことになるので、 手が小さい方は長時間持っていても疲れないのがポイントです。 逆に強く握るグリップ感が好みの人はWomanizer ClassicやWomanizer Premiumを選ぶといいかもしれません。 長時間使っていても飽きがこなく、クリトリスをずっと吸われたりクンニされている感じが持続! Womanizer ウーマナイザー のおすすめの使い方 Womanizer ウーマナイザー の音が気になる人 Womanizer ウーマナイザー のレビューを見ていると多いのがボボボボって音が気になるというレビューがちらほら見かけます。 空気の負圧技術なので少しでも空間が開くと音が出ると思います。 クリトリスに当てた状態で音を大きく感じる時は正しい位置に納まっていない状態なので、 密着度を高めるため、最もぴったりする位置を探しだすことが重要。 空気を挟まないようにぴったり吸い付いた状態では音は気にならないほど小さくなります。 またウーマナイザープレミアムではタッチセンサー機能が搭載されていて、吸引口部分を肌に当てるだけでボタンを押さなくても吸引が始まり、肌から離すだけで振動が停止する機能が搭載されているので肌から離しているときの不快音がありません。 空気の負圧技術を利用するので、密着度を高めるため、最もぴったりする位置を探しだすことが重要 Womanizer ウーマナイザー をローション併用すると気持ちよさが倍増! Womanizer ウーマナイザー 使用時に水やローションを使うとより吸着性が増して密着度が高まり快感が倍増します。 一方でシリコン製ヘッド部分にダメージになる場合があるので ローションをシリコンベースの物を避け、水溶性タイプ・ウォーターベースの物を利用したほうがいいでしょう。 終わったあともきちんと洗浄する必要があります。 Womanizer ウーマナイザー と他のクリトリス吸引バイブとの違い Womanizer ウーマナイザー 他のクリトリス吸引バイブとの違いは下記になると思います。 吸引機能 Womanizer ウーマナイザー のおすすめポイントとしてはやはり吸引機能ではないでしょうか。 クリトリス吸引バイブが多数出ていますが、吸引機能はウーマナイザーが優れています。 吸引機能は強さに注目しがちですが、実はそうではなく、 真空タイプの直接触れない繊細な刺激が従来のアダルトグッズにない感覚を生み出していると思います。 吸引部分が交換可能 Womanizer ウーマナイザー は吸引キャップは取り外し可能で別売で購入できます。 例えばクリトリスへの使用時や乳首への使用時等吸引キャップの大きさを交換することができます。 吸引キャップの大きさは重要でより密着度が高ければ吸引能力が高くなります。 最近では低価格帯のモデルも販売開始 以前はウーマナイザーは試してみたいけど値段が高いという意見が多かったですが、ライバルのサティスファイヤーがロープライスで販売して人気を博しているのに対抗して最近ではウーマナイザーの低価格帯のモデルを販売開始をしたので気軽に試せるようになっています。 また商品モデルバリエーションもサティスファイヤー同様に増やしています。 Womanizer ウーマナイザー の購入方法 AmazonでWomanizer ウーマナイザー が購入できます! 実は意外と知られていないのがアマゾンで購入するのが一番穴場です。 Amazonだと定価より割引されて販売されているのと型落ちモデルはかなり割引されているのでお得だと思います。 ただ在庫限りになると思うので早めに購入したほうがいいでしょう。 ちなみにAmazonでアダルトグッズを購入するとダンボールは同じですが中身は普通の梱包より厳重に梱包されています。 楽天で購入する場合は「kanalia楽天市場店」 ギフトラッピングもOK 楽天でサティスファイヤーを購入するお店はkanalia楽天市場店をおすすめします。 メリットは送料無料でギフトラッピングしてくれるのと楽天ポイントを活用できるのと、しっかりした店舗なので個人情報等安心して購入できます。 女性だけで運営している女性向けアダルトグッズ専門店「ラブトリップ」 アダルトグッズショップは多数ありますが、その中でも女性だけで運営してるラブグッズショップ「ラブトリップ」をおすすめします。 商品点数も多く、無店舗型性風俗特殊営業届出済なので安心して購入できます。 商品発送時も「バレない!安心梱包サービス」や「宅配伝票の商品表示の配慮」や「カード引き落とし先の配慮等」細かい点まで配慮してくれます。 アダルトグッズ初めての方向けの用途別セット販売もあります。 コラムも面白いので見るだけでも価値はあります。 Womanizer ウーマナイザー の各モデル Womanizer 記念すべきファーストモデル 2014年販売されたWomanizer ウーマナイザー のファーストモデルになります。 パット見たところ美顔器のような従来のアダルトグッズのデザインを覆すデザインと吸引機能という新たな刺激方法を搭載した画期的なモデルです。 機能的には5段階の強弱機能で好みに合わせて強弱をコントロールできます。 シリコンヘッドは取り外し可能になっており丸洗いが可能です。 クリトリスの吸引と振動で、使い始めるとすぐにイッちゃいます。 そのまま使い続けてると、自分でも分からなくなるほど連続でイッちゃうほどです。 性能も見た目も女の子のためのアダルトグッズって感じでお気に入りです! 私は、クリを弄る方法でオナニーするのが好きです。 でも、週に何度もクリばかり弄っていると飽きてくることも・・・・・・そんな時、このウーマナイザーを使うと新しい刺激を味わえて自分でもびっくりするほどイッてしまいます。 クリを吸引するものなので、私も初めて使う時はちょっと怖いなって思いました。 でも、強さも調整できるようになっているし、人の手では味わえない新鮮な快楽を味わうことができました。 見た目も「アダルトグッズです! 」って感じじゃないし、ケースも付いてくるので収納にも便利です。 高かったですがかってよかったです。 Womanizer2 2世代目ウーマナイザー Womanizer2 ウーマナイザー2 は従来のモデルに比べてガラリとデザインが変わり、より使い勝手が良くなりました。 また本体重量が約40gも軽くなり、プレイ時に手でホールドしつづける負担を軽減しています。 強弱の調整も前モデルに比べて5段階から8段階へとパワーアップして微妙な調整が可能になっています。 サラサラしたマットな質感の本体は握り心地が良く 手に吸い付くようになじむので厚みがあっても落としたり握りづらさを感じないようにできていて、かなり完成度が高くなっています。 欠点としては値段が高めということだと思います。 Womanizer2はWomanizerW500と言う名称でも呼ばれています。 飽きることなくずっと使えるアダルトグッズです。 お値段だけあってすっごい高級感! 電源ボタンもとてもキレイですが、ただ、押し心地がすっきりしないです 笑 Womanizer Pro40 初代ウーマナイザーの後継モデル Womanizer Pro40 ウーマナイザーPro40 はWomanizer ウーマナイザー2 のリーズナブルのモデル 廉価版 になります。 初代ウーマナイザーの形に似ていて後継モデルに該当すると思います。 吸引の強さは5段階&生活防水仕様になっており、2種類のサイズのシリコンヘッドが付属しています。 Womanizer2 ウーマナイザー2 が2万円台のことを考えると強弱が5段階ですが、ウーマナイザーPRO40のほうがコストパフォーマンスはいいと思います。 ウーマナイザーPro40から本体も防水仕様になったのは大きいです。 Womanizer PRO40 ウーマナイザープロ40 の吸引力はWomanizer2 ウーマナイザー2 の半分くらいですが、一番の微弱モードでもソフトタッチぽい感覚を味わえるので、充分にイクことができます。 使い方としては強いモードで快感を得るより、一番の微弱モードでじっくりと刺激をするほうがいいかなと思います。 クリトリスに触れる部分はシリコン製でできていて人肌感覚で柔らかく・優しい素材でできています。 シリコン製の部分は、取り外し自由で衛生面でも安心できます。 またウーマナイザーはローターの振動音に比べるとかなり静かで静音性おすすめポイントです。 持続時間、吸引力などは劣るそうですが、お値段に惹かれました。 あと、届いてから知ったのですが、防水機能もあるとの事。 バイブは多数持っているのですが、クリ攻めのおもちゃは初めて。 USB充電してから、ローションを塗って使ってみると、足ガクガク、喘ぎ声ではなく、変な声が出てしまいました。 足ピンでやると、吸引力が増して気持ち良かったです。 振動は、弱めだと音があまりしないのですが、強めにすると結構、音がします。 見た目もスタイリッシュで、その辺に置いていても美容器だと誤魔化せます。 廉価版でこれなので、お値段2倍する、ウーマナイザー2も、欲しくなっちゃいます。 Womanizer 2GO 口紅の形をした吸引バイブ 本物の口紅のようなデザインのWomanizer 2GO ウーマナイザー2GO。 キャップを閉じると一見アダルトグッズには見えません。 キャップを外してもわからないかも。。 ただサイズ的には栄養ドリンクサイズで口紅のように小さくはありませんが、ウーマナイザーPRO40に比べて全 長125mm・横幅は35mmまで小型化になっていウーマナイザー2は非防水でしたが、ウーマナイザー2GOは生活防水対応になっています。 先端はシリコン素材で柔らかく2種類のキャップが付け替え可能です。 重さは110gで従来のウーマナイザーに比べて30g軽くなっています。 形はなだらかなカーブのボディなので女性の手のひらにフィットして持ちやすくなっています。 吸引強弱8段階で形的には Womanizer Premiumと似ていて、オートパイロットモード機能がない分安いかと思います。 ただそれほどWomanizer Premiumとプライス的に変わらない Amazon価格で4000円ほど のでWomanizer Premiumのほうが満足感は高いと思います。 Womanizer Premiumの特徴としては「オートパイロットモード機能」と「タッチセンサー機能」になります。 このオートパイロットモード機能は秀逸で ボタン操作をしなくても、吸引の強弱を自動でコントロールしてくれます。 毎回予測できないユニークな振動を楽しめるのと今まで微妙な調整が面倒でしたがそれが解消されています。 レベルは弱・中・強の3段階からセレクトできますが、長く快感を楽しむために全体的に弱めに設定されています。 また タッチセンサー機能は吸引口部分を肌に当てるだけで、ボタンを押さなくても吸引が始まり、肌から離すだけで振動が停止します。 ボタン操作の煩わしさから開放だけなく、クリトリス吸引ローターの欠点としては吸引していない状態・クリトリスした状態の動作音大きいという欠点があります。 このオートパイロットモードはその欠点をクリアにしたのが大きいと思います。 プライスは高めですが、完成度が高いので正直勝手損はないモデルです。 サイズは全長15. 5cm・幅は5cmになります。 なだらかなカーブのボディなので女性の手のひらにフィットして持ちやすくなっています。 重さは135gなのでスマートフォンの平均重量と同じくらいではないでしょうか。 静音性もウーマナイザー2に比べて格段に進化しています。 一言でいうとオートパイロット機能とタッチセンサー機能は特に タッチセンサー機能はボタン操作が必要なくて、押さなくても吸引が始まり、肌から離すだけで振動が停止するので便利です。 ずっと一人エッチ中クリトリスにウーマナイザーを当てっぱなしというわけではないのでいちいちボタンを押す必要がないタッチセンサー機能は重宝します。 お値段の価値があります! 振動は他のウーマナイザーに比べて12パターンありますが、私の場合、弱振動でも気持ちいいのであまり気にならなかったです。 良かったなと思うのは機能もさることながらWomanizer Pro40に比べて10gしか軽くなっていないの に本体の重さを感じさせないのは手で握りやすい グリップしやすい のでクリトリスにあてがったときの安定感がある=気持ちよさにつながっているのかと思います。 ちなみに吸引キャップ部分はすこし縦長のデザインになっていてクリトリス添いやすくなっています。 本体の重さを感じさせないのは手で握りやすさとタッチセンサーは一度使うと辞められない便利さ シリーズ愛用者です。 極めて優しいが、確かに捉える巧みな仕事。 Womanizer Liberty Satisfyer Pro Travelerのライバル Womanizer Liberty ウーマナイザーリバティー はパカッと割れて・収納できるケースのデザインなのと、90gという圧倒的なコンパクトさは手のひらに収まるサイズで使い勝手もとてもいいです。 またウーマナイザーは吸引キャップが交換可能なので、吸引キャップが劣化しても交換すれば新品同様に戻ります。 コンパクトでも吸引力は高くボタン操作も簡単なので初めてクリトリス吸引バイブを試したい人にはおすすめです。 ちなみにWomanizer LibertyのライバルモデルはSatisfyerProTravelerになるかと思います。 Womanizer Libertyを購入時に比較検討する人も多いです。 もSatisfyerProTravelerと同様です。 Womanizer Liberty ウーマナイザーリバティー のコンセプトは外出先での利用もできるようにというコンセプトだと思います。 SatisfyerProTravelerと比べると価格面では高いですが、性能面はWomanizer Libertyは上で静音性もSatisfyerProTravelerより高いです。 ウーマナイザーの従来モデルと比べても静音性も高くなり肌に当てるとほとんど気にならないレベルになっています。 Womanizer Liberty ウーマナイザーリバティー のメリットしては、SatisfyerProTravelerはノズルが一体型で交換できませんでしたが、Womanizer Libertyのほうが 予備キャップが1個付属し簡単に交換可能です。 手が小さい方なのでコンパクトさと軽さは助かります。 また サクッと毎晩寝る前のルーティワーク「ひとりエッチ」をこなしたいときの気軽さにぴったりなのです。 ボタンスイッチもシンプルでマグネット式の充電タイプだったりと電マに代わる手軽にイキたい時に最適なアダルトグッズです。 吸盤キャップは柔らかすぎず硬すぎず、程よい柔らかさです。 形も少し縦長になっていてクリトリスに吸着しやすいデザインなっています。 ウーマナイザーは他のクリトリス吸引バイブとの出来の違いはこの吸盤キャップだと思います。 小さくても吸引力は強力で、クリトリス・乳首両方ともしっかり刺激してくれます。 クリトリス全体を包み込みながら、しっかりと吸われる感じでクリイキを体感できます。 騒音は生活音より少し大きいくらいか同じくらいですかね。 前にも書いたとおりしっかりと吸着していると静かです。 少し強めくらいにあてがうのがポイントかも知れません。 ただ自然と力が入るのであまり気にしたことないです。 Womanizer Starlet 初めての方におすすめ!ウーマナイザー最安価モデル! Womanizer Starlet ウーマナイザースターレット はウーマナイザー最安価モデルになります。 従来のウーマナイザーは決して高プライス帯のモデルが多かったですが、Womanizer Starlet ウーマナイザー・スターレット は1万円以内の手に届きやすい価格帯のモデルになっています。 シリーズ最小・最軽量で機能もシンプルでとても扱いやすいです。 他のモデルに比べて吸引強弱が4段階等、性能面では劣りますが、吸引ローターの機能面は遜色が無いので吸引ローターを試してみたい方に最適なモデルです。 1万円以内で変えるウーマナイザーの最安価モデル位置づけは変わらず、 シリーズ最小・最軽量で機能もシンプルな使い勝手は継承しています。 進化した部分は充電部分がクイックチャージに変更されて、 完全防水仕様になりました。 大きさはスターレットに比べて若干大きくなってグリップした時のフィット感が上がりました。 他のモデルに比べて吸引強弱が4段階等、性能面では劣りますが、吸引ローターの機能面は遜色が無いので吸引ローターを試してみたい方に最適なモデルです。 [製品仕様] ・サイズ:11. ひとりエッチするときに使いやすさを考慮してだと思いますが、日本人のサイズとしてはちょっと大きい感じがします。 電マを使うような感じでの利用になるかと思います。 吸引力などの機能性はWomanizer2とほぼ同等レベルになります。 クリトリスは吸引機能で刺激を味わいつつ、バイブ機能でGスポットを刺激を味わうという贅沢なモデルになっています。 Womanizer Duo ウーマナイザー・デュオ にはSmartSilence Technologyを搭載しており、スタンバイ状態から吸引口にクリトリスをあててみると自動的に吸引が始まります。 バイブ本体部分は見た目は硬そうですが、フレキシブルな仕様で柔軟性が高いです。 使い方的にはまずはバイブを挿入してから、吸引機能を使うという流れだと思います。 Advertisement 関連する記事• 2018. 14 リモコンが付属して遠隔操作できるリモコンバイブやリモコンローターは野外プレイの利用として人気ですが、最近では装着式 挿入できる のバイブのアダルトグッ[…]• 2016. 03 シルクラボ SILK-LABO とは国内大手のAVメーカーであるソフト・オン・デマンド(SOD が手掛ける女性向けAVレーベルです。 プロジェクトスタッ[…]• 2016. 01 milky ミルキー は「女性が安心して楽しめるアダルトサイト」をコンセプトに、厳選したアダルトコンテンツを無料で閲覧することができます。 目次 1. […]• 2018. 22 今回はスマホ スマートフォン で操作できる遠隔ローター「バッハスマート」の紹介です。 アダルトグッズのブランド「RENDS」から発売されているバッハスマ[…]• 2019. 10 目次 1. 「LOVENSE」海外では有名なアダルトグッズメーカー1. チップバイブとは1. LOVENSEは取扱説明書が英語版が欠点ですが中[…].

次の

Womanizer・ウーマナイザー全モデル(11種類)の徹底比較・レビュー

ウーマ ナイザー ブログ

Womanizer ウーマナイザー とは Womanizer ウーマナイザー はドイツ生まれのアダルトグッズです。 最近ドイツのWomanizerとカナダのWe-Vibeが一緒になり、WOW Tech Groupとして設立されました。 2014年に世界初の吸引式バイブ「Womanizer」を開発したメーカーとして知名度が高く、「Womanizer」は販売と同時に世界的に爆発的にヒットしました。 Womanizerを日本訳にすると「女たらし」になります。 余談ですがウーマナイザーの取扱説明書は日本語版もついていますが、日本語版の「Womanizer」の部分が直訳のまま「女たらし」になっていました。。 Womanizer ウーマナイザー のクリトリス吸引の仕組み ウーマナイザーの普通のアダルトグッズとの違いは女性のクリトリスを空気の力で真空状態にしつつ吸引しながら振動します。 具体的には振動しながらキャップ内の「圧力」空気圧を変化させ、クリトリスに直接触れずにマッサージできます。 実は 真空状態で直接触れないのがポイントで、直接クリトリスに触れるか触れないあの繊細な刺激を実現していることになります。 従来のアダルトグッズでのクリトリスの刺激はローターも電マも振動刺激がメインでしたが、実際のセックスでの刺激 指・クンニ等 の場合、振動の刺激ほど強くはありません。 むしろWomanizer ウーマナイザー のクリトリス吸引バイブの刺激のほうがリアリティに近い刺激になると思います。 ウーマナイザーの利用者のレビューにも「優しい感覚がとても心地良い」「吸い付くというよりもクリを優しく包み込みながら空気を伝って振動がくる」等従来のアダルトグッズ刺激のレビューとは異なるレビューが多いです。 クリトリスに直接触れずにマッサージしてくれるので従来のアダルトグッズでは味わえない、直接クリトリスに触れるか触れないあの繊細な刺激を実現! Womanizer ウーマナイザー を使用した感想 ウーマナイザーを使用した感想としてはコツ 自分のツボを覚えれば を掴めば快感が倍増する感じです。 クリトリスに当てる角度が自分の好みがわかれば快感が倍増します。 また従来の振動によるクリトリス刺激は長時間だと痛くなることがあるのと飽きが来るのですが、ウーマナイザーの場合吸われる感じを味わえるので 長時間使っていても飽きが来なく、クリトリスをずっと吸われたりクンニされている感じです。 ちなみに私の場合は吸引レベルが小~中くらいでずっと吸われている感じがで好きです。 小~中でもかなり気持ちいいです。 アダルトグッズは長い期間使うこと 所有すること が多いので飽きがこないパートナーで有ることが大事です。 ちなみにウーマナイザーはWomanizer Pro40からWomanizer Libertyを愛用しています。 最初、Womanizer Pro40の後継機種のWomanizer Classicを購入しようと検討しましたがWomanizer Libertyのほうが軽くコンパクトなので選びました。 特にひとりエッチ場合、クリトリスの垂直ではなく、上側からあてがうことになるので、 手が小さい方は長時間持っていても疲れないのがポイントです。 逆に強く握るグリップ感が好みの人はWomanizer ClassicやWomanizer Premiumを選ぶといいかもしれません。 長時間使っていても飽きがこなく、クリトリスをずっと吸われたりクンニされている感じが持続! Womanizer ウーマナイザー のおすすめの使い方 Womanizer ウーマナイザー の音が気になる人 Womanizer ウーマナイザー のレビューを見ていると多いのがボボボボって音が気になるというレビューがちらほら見かけます。 空気の負圧技術なので少しでも空間が開くと音が出ると思います。 クリトリスに当てた状態で音を大きく感じる時は正しい位置に納まっていない状態なので、 密着度を高めるため、最もぴったりする位置を探しだすことが重要。 空気を挟まないようにぴったり吸い付いた状態では音は気にならないほど小さくなります。 またウーマナイザープレミアムではタッチセンサー機能が搭載されていて、吸引口部分を肌に当てるだけでボタンを押さなくても吸引が始まり、肌から離すだけで振動が停止する機能が搭載されているので肌から離しているときの不快音がありません。 空気の負圧技術を利用するので、密着度を高めるため、最もぴったりする位置を探しだすことが重要 Womanizer ウーマナイザー をローション併用すると気持ちよさが倍増! Womanizer ウーマナイザー 使用時に水やローションを使うとより吸着性が増して密着度が高まり快感が倍増します。 一方でシリコン製ヘッド部分にダメージになる場合があるので ローションをシリコンベースの物を避け、水溶性タイプ・ウォーターベースの物を利用したほうがいいでしょう。 終わったあともきちんと洗浄する必要があります。 Womanizer ウーマナイザー と他のクリトリス吸引バイブとの違い Womanizer ウーマナイザー 他のクリトリス吸引バイブとの違いは下記になると思います。 吸引機能 Womanizer ウーマナイザー のおすすめポイントとしてはやはり吸引機能ではないでしょうか。 クリトリス吸引バイブが多数出ていますが、吸引機能はウーマナイザーが優れています。 吸引機能は強さに注目しがちですが、実はそうではなく、 真空タイプの直接触れない繊細な刺激が従来のアダルトグッズにない感覚を生み出していると思います。 吸引部分が交換可能 Womanizer ウーマナイザー は吸引キャップは取り外し可能で別売で購入できます。 例えばクリトリスへの使用時や乳首への使用時等吸引キャップの大きさを交換することができます。 吸引キャップの大きさは重要でより密着度が高ければ吸引能力が高くなります。 最近では低価格帯のモデルも販売開始 以前はウーマナイザーは試してみたいけど値段が高いという意見が多かったですが、ライバルのサティスファイヤーがロープライスで販売して人気を博しているのに対抗して最近ではウーマナイザーの低価格帯のモデルを販売開始をしたので気軽に試せるようになっています。 また商品モデルバリエーションもサティスファイヤー同様に増やしています。 Womanizer ウーマナイザー の購入方法 AmazonでWomanizer ウーマナイザー が購入できます! 実は意外と知られていないのがアマゾンで購入するのが一番穴場です。 Amazonだと定価より割引されて販売されているのと型落ちモデルはかなり割引されているのでお得だと思います。 ただ在庫限りになると思うので早めに購入したほうがいいでしょう。 ちなみにAmazonでアダルトグッズを購入するとダンボールは同じですが中身は普通の梱包より厳重に梱包されています。 楽天で購入する場合は「kanalia楽天市場店」 ギフトラッピングもOK 楽天でサティスファイヤーを購入するお店はkanalia楽天市場店をおすすめします。 メリットは送料無料でギフトラッピングしてくれるのと楽天ポイントを活用できるのと、しっかりした店舗なので個人情報等安心して購入できます。 女性だけで運営している女性向けアダルトグッズ専門店「ラブトリップ」 アダルトグッズショップは多数ありますが、その中でも女性だけで運営してるラブグッズショップ「ラブトリップ」をおすすめします。 商品点数も多く、無店舗型性風俗特殊営業届出済なので安心して購入できます。 商品発送時も「バレない!安心梱包サービス」や「宅配伝票の商品表示の配慮」や「カード引き落とし先の配慮等」細かい点まで配慮してくれます。 アダルトグッズ初めての方向けの用途別セット販売もあります。 コラムも面白いので見るだけでも価値はあります。 Womanizer ウーマナイザー の各モデル Womanizer 記念すべきファーストモデル 2014年販売されたWomanizer ウーマナイザー のファーストモデルになります。 パット見たところ美顔器のような従来のアダルトグッズのデザインを覆すデザインと吸引機能という新たな刺激方法を搭載した画期的なモデルです。 機能的には5段階の強弱機能で好みに合わせて強弱をコントロールできます。 シリコンヘッドは取り外し可能になっており丸洗いが可能です。 クリトリスの吸引と振動で、使い始めるとすぐにイッちゃいます。 そのまま使い続けてると、自分でも分からなくなるほど連続でイッちゃうほどです。 性能も見た目も女の子のためのアダルトグッズって感じでお気に入りです! 私は、クリを弄る方法でオナニーするのが好きです。 でも、週に何度もクリばかり弄っていると飽きてくることも・・・・・・そんな時、このウーマナイザーを使うと新しい刺激を味わえて自分でもびっくりするほどイッてしまいます。 クリを吸引するものなので、私も初めて使う時はちょっと怖いなって思いました。 でも、強さも調整できるようになっているし、人の手では味わえない新鮮な快楽を味わうことができました。 見た目も「アダルトグッズです! 」って感じじゃないし、ケースも付いてくるので収納にも便利です。 高かったですがかってよかったです。 Womanizer2 2世代目ウーマナイザー Womanizer2 ウーマナイザー2 は従来のモデルに比べてガラリとデザインが変わり、より使い勝手が良くなりました。 また本体重量が約40gも軽くなり、プレイ時に手でホールドしつづける負担を軽減しています。 強弱の調整も前モデルに比べて5段階から8段階へとパワーアップして微妙な調整が可能になっています。 サラサラしたマットな質感の本体は握り心地が良く 手に吸い付くようになじむので厚みがあっても落としたり握りづらさを感じないようにできていて、かなり完成度が高くなっています。 欠点としては値段が高めということだと思います。 Womanizer2はWomanizerW500と言う名称でも呼ばれています。 飽きることなくずっと使えるアダルトグッズです。 お値段だけあってすっごい高級感! 電源ボタンもとてもキレイですが、ただ、押し心地がすっきりしないです 笑 Womanizer Pro40 初代ウーマナイザーの後継モデル Womanizer Pro40 ウーマナイザーPro40 はWomanizer ウーマナイザー2 のリーズナブルのモデル 廉価版 になります。 初代ウーマナイザーの形に似ていて後継モデルに該当すると思います。 吸引の強さは5段階&生活防水仕様になっており、2種類のサイズのシリコンヘッドが付属しています。 Womanizer2 ウーマナイザー2 が2万円台のことを考えると強弱が5段階ですが、ウーマナイザーPRO40のほうがコストパフォーマンスはいいと思います。 ウーマナイザーPro40から本体も防水仕様になったのは大きいです。 Womanizer PRO40 ウーマナイザープロ40 の吸引力はWomanizer2 ウーマナイザー2 の半分くらいですが、一番の微弱モードでもソフトタッチぽい感覚を味わえるので、充分にイクことができます。 使い方としては強いモードで快感を得るより、一番の微弱モードでじっくりと刺激をするほうがいいかなと思います。 クリトリスに触れる部分はシリコン製でできていて人肌感覚で柔らかく・優しい素材でできています。 シリコン製の部分は、取り外し自由で衛生面でも安心できます。 またウーマナイザーはローターの振動音に比べるとかなり静かで静音性おすすめポイントです。 持続時間、吸引力などは劣るそうですが、お値段に惹かれました。 あと、届いてから知ったのですが、防水機能もあるとの事。 バイブは多数持っているのですが、クリ攻めのおもちゃは初めて。 USB充電してから、ローションを塗って使ってみると、足ガクガク、喘ぎ声ではなく、変な声が出てしまいました。 足ピンでやると、吸引力が増して気持ち良かったです。 振動は、弱めだと音があまりしないのですが、強めにすると結構、音がします。 見た目もスタイリッシュで、その辺に置いていても美容器だと誤魔化せます。 廉価版でこれなので、お値段2倍する、ウーマナイザー2も、欲しくなっちゃいます。 Womanizer 2GO 口紅の形をした吸引バイブ 本物の口紅のようなデザインのWomanizer 2GO ウーマナイザー2GO。 キャップを閉じると一見アダルトグッズには見えません。 キャップを外してもわからないかも。。 ただサイズ的には栄養ドリンクサイズで口紅のように小さくはありませんが、ウーマナイザーPRO40に比べて全 長125mm・横幅は35mmまで小型化になっていウーマナイザー2は非防水でしたが、ウーマナイザー2GOは生活防水対応になっています。 先端はシリコン素材で柔らかく2種類のキャップが付け替え可能です。 重さは110gで従来のウーマナイザーに比べて30g軽くなっています。 形はなだらかなカーブのボディなので女性の手のひらにフィットして持ちやすくなっています。 吸引強弱8段階で形的には Womanizer Premiumと似ていて、オートパイロットモード機能がない分安いかと思います。 ただそれほどWomanizer Premiumとプライス的に変わらない Amazon価格で4000円ほど のでWomanizer Premiumのほうが満足感は高いと思います。 Womanizer Premiumの特徴としては「オートパイロットモード機能」と「タッチセンサー機能」になります。 このオートパイロットモード機能は秀逸で ボタン操作をしなくても、吸引の強弱を自動でコントロールしてくれます。 毎回予測できないユニークな振動を楽しめるのと今まで微妙な調整が面倒でしたがそれが解消されています。 レベルは弱・中・強の3段階からセレクトできますが、長く快感を楽しむために全体的に弱めに設定されています。 また タッチセンサー機能は吸引口部分を肌に当てるだけで、ボタンを押さなくても吸引が始まり、肌から離すだけで振動が停止します。 ボタン操作の煩わしさから開放だけなく、クリトリス吸引ローターの欠点としては吸引していない状態・クリトリスした状態の動作音大きいという欠点があります。 このオートパイロットモードはその欠点をクリアにしたのが大きいと思います。 プライスは高めですが、完成度が高いので正直勝手損はないモデルです。 サイズは全長15. 5cm・幅は5cmになります。 なだらかなカーブのボディなので女性の手のひらにフィットして持ちやすくなっています。 重さは135gなのでスマートフォンの平均重量と同じくらいではないでしょうか。 静音性もウーマナイザー2に比べて格段に進化しています。 一言でいうとオートパイロット機能とタッチセンサー機能は特に タッチセンサー機能はボタン操作が必要なくて、押さなくても吸引が始まり、肌から離すだけで振動が停止するので便利です。 ずっと一人エッチ中クリトリスにウーマナイザーを当てっぱなしというわけではないのでいちいちボタンを押す必要がないタッチセンサー機能は重宝します。 お値段の価値があります! 振動は他のウーマナイザーに比べて12パターンありますが、私の場合、弱振動でも気持ちいいのであまり気にならなかったです。 良かったなと思うのは機能もさることながらWomanizer Pro40に比べて10gしか軽くなっていないの に本体の重さを感じさせないのは手で握りやすい グリップしやすい のでクリトリスにあてがったときの安定感がある=気持ちよさにつながっているのかと思います。 ちなみに吸引キャップ部分はすこし縦長のデザインになっていてクリトリス添いやすくなっています。 本体の重さを感じさせないのは手で握りやすさとタッチセンサーは一度使うと辞められない便利さ シリーズ愛用者です。 極めて優しいが、確かに捉える巧みな仕事。 Womanizer Liberty Satisfyer Pro Travelerのライバル Womanizer Liberty ウーマナイザーリバティー はパカッと割れて・収納できるケースのデザインなのと、90gという圧倒的なコンパクトさは手のひらに収まるサイズで使い勝手もとてもいいです。 またウーマナイザーは吸引キャップが交換可能なので、吸引キャップが劣化しても交換すれば新品同様に戻ります。 コンパクトでも吸引力は高くボタン操作も簡単なので初めてクリトリス吸引バイブを試したい人にはおすすめです。 ちなみにWomanizer LibertyのライバルモデルはSatisfyerProTravelerになるかと思います。 Womanizer Libertyを購入時に比較検討する人も多いです。 もSatisfyerProTravelerと同様です。 Womanizer Liberty ウーマナイザーリバティー のコンセプトは外出先での利用もできるようにというコンセプトだと思います。 SatisfyerProTravelerと比べると価格面では高いですが、性能面はWomanizer Libertyは上で静音性もSatisfyerProTravelerより高いです。 ウーマナイザーの従来モデルと比べても静音性も高くなり肌に当てるとほとんど気にならないレベルになっています。 Womanizer Liberty ウーマナイザーリバティー のメリットしては、SatisfyerProTravelerはノズルが一体型で交換できませんでしたが、Womanizer Libertyのほうが 予備キャップが1個付属し簡単に交換可能です。 手が小さい方なのでコンパクトさと軽さは助かります。 また サクッと毎晩寝る前のルーティワーク「ひとりエッチ」をこなしたいときの気軽さにぴったりなのです。 ボタンスイッチもシンプルでマグネット式の充電タイプだったりと電マに代わる手軽にイキたい時に最適なアダルトグッズです。 吸盤キャップは柔らかすぎず硬すぎず、程よい柔らかさです。 形も少し縦長になっていてクリトリスに吸着しやすいデザインなっています。 ウーマナイザーは他のクリトリス吸引バイブとの出来の違いはこの吸盤キャップだと思います。 小さくても吸引力は強力で、クリトリス・乳首両方ともしっかり刺激してくれます。 クリトリス全体を包み込みながら、しっかりと吸われる感じでクリイキを体感できます。 騒音は生活音より少し大きいくらいか同じくらいですかね。 前にも書いたとおりしっかりと吸着していると静かです。 少し強めくらいにあてがうのがポイントかも知れません。 ただ自然と力が入るのであまり気にしたことないです。 Womanizer Starlet 初めての方におすすめ!ウーマナイザー最安価モデル! Womanizer Starlet ウーマナイザースターレット はウーマナイザー最安価モデルになります。 従来のウーマナイザーは決して高プライス帯のモデルが多かったですが、Womanizer Starlet ウーマナイザー・スターレット は1万円以内の手に届きやすい価格帯のモデルになっています。 シリーズ最小・最軽量で機能もシンプルでとても扱いやすいです。 他のモデルに比べて吸引強弱が4段階等、性能面では劣りますが、吸引ローターの機能面は遜色が無いので吸引ローターを試してみたい方に最適なモデルです。 1万円以内で変えるウーマナイザーの最安価モデル位置づけは変わらず、 シリーズ最小・最軽量で機能もシンプルな使い勝手は継承しています。 進化した部分は充電部分がクイックチャージに変更されて、 完全防水仕様になりました。 大きさはスターレットに比べて若干大きくなってグリップした時のフィット感が上がりました。 他のモデルに比べて吸引強弱が4段階等、性能面では劣りますが、吸引ローターの機能面は遜色が無いので吸引ローターを試してみたい方に最適なモデルです。 [製品仕様] ・サイズ:11. ひとりエッチするときに使いやすさを考慮してだと思いますが、日本人のサイズとしてはちょっと大きい感じがします。 電マを使うような感じでの利用になるかと思います。 吸引力などの機能性はWomanizer2とほぼ同等レベルになります。 クリトリスは吸引機能で刺激を味わいつつ、バイブ機能でGスポットを刺激を味わうという贅沢なモデルになっています。 Womanizer Duo ウーマナイザー・デュオ にはSmartSilence Technologyを搭載しており、スタンバイ状態から吸引口にクリトリスをあててみると自動的に吸引が始まります。 バイブ本体部分は見た目は硬そうですが、フレキシブルな仕様で柔軟性が高いです。 使い方的にはまずはバイブを挿入してから、吸引機能を使うという流れだと思います。 Advertisement 関連する記事• 2018. 14 リモコンが付属して遠隔操作できるリモコンバイブやリモコンローターは野外プレイの利用として人気ですが、最近では装着式 挿入できる のバイブのアダルトグッ[…]• 2016. 03 シルクラボ SILK-LABO とは国内大手のAVメーカーであるソフト・オン・デマンド(SOD が手掛ける女性向けAVレーベルです。 プロジェクトスタッ[…]• 2016. 01 milky ミルキー は「女性が安心して楽しめるアダルトサイト」をコンセプトに、厳選したアダルトコンテンツを無料で閲覧することができます。 目次 1. […]• 2018. 22 今回はスマホ スマートフォン で操作できる遠隔ローター「バッハスマート」の紹介です。 アダルトグッズのブランド「RENDS」から発売されているバッハスマ[…]• 2019. 10 目次 1. 「LOVENSE」海外では有名なアダルトグッズメーカー1. チップバイブとは1. LOVENSEは取扱説明書が英語版が欠点ですが中[…].

次の