土用の丑の日 土いじり。 土用の丑の日に土いじり禁止はなぜ?うっかりしたときの方法も解説!

【2020年版】土用とは? 年に4回もある?

土用の丑の日 土いじり

土用の間は土を掘ったり動かしたりしてはいけない。 と昔から聞いたことがありました。 15cmほどですがブロックの高さをそろえるために手シャベルを使って土を削りました。 この作業は禁忌でしょうか?また,禁忌を犯してしまったとしたら,どうすればよいのでしょうか?家族の障りがあったら・・・と思うと気になって仕方がありません。 知らなければ気にしないのでしょうが,土用の間の禁忌について,私は昔から聞いたことがあったことなので,気になります。 質問者のお話はたぶん、古代中国の五行説から来ているのではないかと思います。 古代中国では自然哲学の思想で、万物は火・水・木・金・土の5種類の元素からなる、 という考えが伝わっており、現代の暦のようにも使われていました。 現在でも日曜~土曜という形で残っていますが、古代ではもっと違った形だった訳です。 そして五行説の一部にこの土曜の日というのがあるのですが、 簡単に言えば「土を休ませる日」という事で土いじりなどをせず、 畑や田んぼ・水牛などを休ませる日、という風習があったのです。 日本でも、「土曜の丑の日」=うなぎを食べる日、 という様な解釈が一般的になっていますが、 これもこの五行説が発端で、 古代中国では土曜の日は土や牛を休ませて黒い物を食べる、 という風習になっていた為、ごぼうやどじょう、うなぎ、鯉など黒い物を食べるていたのですが この習慣を平賀源内がうなぎ屋に教え、そのうなぎ屋の宣伝文句「土曜は丑の日」が 現在のように日本に広く広まったとも言われています。 そのように、古代中国の暦では、土曜の日は土いじりをしない日、 という風習があった為、現代でもそのなごりがあるのだと思いますが、 現代では、考え方も常識も昔とは大きく異なっている為、 この風習に従うか、信じるかどうかは、もはや個人の問題になると思います。 一応、土曜の日は土いじりを禁忌としているので これを犯してしまった、として反省する気持ちも大切だと思いますが、 そもそもは、普段、田んぼや畑の恵みによって生かされている、 という事への感謝の気持ちと、お礼の意味を込めて行なう風習、という事なので 本来のその様な意味を把握し、日頃忘れがちな土への感謝の気持ちを抱く事が 「本筋」となるので、「祟り」や「罰」的な物を恐れるのではなく 感謝する気持ちを抱く事が一番大切なことになると思います。 気休めかもしれませんが、以後はその様な本当の意味を大切にし 土だけでなく、身の回りの様々な事に感謝していくようにしてみてください。 A ベストアンサー 古くから土用の期間に土を動かさないと言う風習は確かにあります。 うちのおかん(母)も言います。 cgi? htm 尚、工事などで作業が複数日になるときは初日に土用に入っていなければOKとみなします。 それから田畑や山林での作業は土用は気にしません。 人家(屋敷)の敷地内での作業は注意します。 とは言え日常生活に影響が出るので間日なら作業してもいいんじゃないかな。 で、土用の土いじりが影響あるか、ないかって事ですが個人的には影響あるかもしれないけど 全員には出ないと思います。 (影響が出る人と出ない人が居ると思います) A ベストアンサー こんにちは! kattinさん! [ 困り度3:直ぐに回答ほしいです ]なので間に合わないかも 知れませんが一応回答させていただきます! 土用というのは立春・立夏・立秋・立冬の前日までの18日間を 土用と言います! 今年の夏の土用の入りは7月20日 金 [ 海の日 ]からですね! 土用の明は8月7日(火)[ 立秋 ]になります! 余談ですが 鰻を食べる土用丑の日は7月25日(水)ですが、今年は二の丑が 8月6日(月)にあります! そうです! 今年は2回あります! 「 ほんでなんな? 」と言われると ・・・・・ 本当に余談でした! 質問にあります 「 土用の期間に土を動かすのは良くないと聞きますが、なぜ良くないのか? 」 下記にあります上段の参考URLより抜粋します! サイト名 : 【 有限会社 吉田技建のホームページ 】 地鎮祭・上棟祭・竣工祭・新宅清祓式・古井戸厠清祓式・解体清祓式等の お祭りに付いてのQ&Aのぺーじです! Q 土用の期間中に、土を動かす工事をするのは良くないと聞いた事が ありますがそれはどうしてですか? A 昔から土用の期間中は避けるようにしています。 皆さんは土用と言えば、最近では鰻を食べるということで、聞いた事が あるとは思いますが、夏ばかりではなく、年4回あります。 つまり、 立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれ前18日間を土用と言いまして、 土用とは、はたらきのことで、土気が物を変化させる意味から名付けら れています。 この期間中は、土公神(どこうしん)という土地の神様 が、すべての事を支配するため、神様の気持ちを害さないように土を動 かしたり、土木工事に着手すること、壁を破る事を避けなければならな いと言われてきました。 れが今日までいたっているのです。 但し土用 でも行っても良い日があります。 土公神は地上に決まった方角へ遊行し、 何日か後に地中へ入るということを繰り返す神とされています。 その 遊行日が土用でも土を動かしてよい日と言われていて、春は巳・午・酉の日 夏は卯・辰・申の日、秋は未・酉・亥の日、冬は卯・巳・寅の日にあたり ます。 暦をみれば各々の日にちの下に十干(じっかん)と合わせて十二支 が書いてありますのですぐ分かります。 と書かれてます! もう1つの参考URL下段のありますアドレスのページより抜粋します! ページ名 : 【 土用丑の日(ウナギの日?) 】 「土用」には季節の交代を円滑に進めるという意味もあるそうです。 土は、死んだものを「土に還す」性質と「命を育成する」二つの性質を 兼ね備えた存在のため、異なる季節の間に「土用」を置くことで、消滅する 古い季節とまだ、充分に成長していない新しい季節の性質を静かに交代 させる働きをするそうです。 shirakawa. vis. htm こんにちは! kattinさん! [ 困り度3:直ぐに回答ほしいです ]なので間に合わないかも 知れませんが一応回答させていただきます! 土用というのは立春・立夏・立秋・立冬の前日までの18日間を 土用と言います! 今年の夏の土用の入りは7月20日 金 [ 海の日 ]からですね! 土用の明は8月7日(火)[ 立秋 ]になります! 余談ですが 鰻を食べる土用丑の日は7月25日(水)ですが、今年は二の丑が 8月6日(月)にあ... A ベストアンサー 直接の因果関係が判らないのですから、迷信と言ってしまえばそれまでです。 古来より林業に携わる人たちには切り出しの日、或いは切ってはいけない日があると聞いています。 でも、これはあくまでも生業での話だと私は思っています。 日常の庭の木を、家の建て替えや庭の手入れで切る場合など 私は気学の立場で考えています。 それによれば、基本的に誰にでも共通なのは「土用」の期間中には木を切ったり(幹も枝も)、土を掘り起こさない(私達は1m以上としています)ことです。 また現在お住まいの家であれば「五黄」が真ん中(中宮)に居る年月日、時間は避けます。 一般には時間は無理かもしれませんが、日にちくらいは市販の暦にも載っています。 場合によっては地元の氏神様や菩提寺から送られてくる場合もあります。 市販の暦には神明館や高嶋易断など幾つかあるので注意して下さい。 (どれでもいいのですが、書いてある事に差異があります。 またちょっと高額になりますが、巻末に庭いじりや建て替えなどの吉事凶事の書いてあるものもあるので、参考にしてみてください。 買わずとも読んでみるも好し、気の効いた図書館では毎年置いているところもあります。 ) 個別では家の中心から見て、切る木の方角が凶方に当っている場合は避けます。 個別の見方はかなり多くの方法に別れており、さらに木の立っている位置に因っても鑑定が異なるので、専門家を信じるしかありません。 そこまで考えなければ、共通の事項だけで充分です。 このほかにも、土地によって地元の言い伝えがあるかもしれませんが、これは地元の造園業者や古老に聞くしかありません。 直接の因果関係が判らないのですから、迷信と言ってしまえばそれまでです。 古来より林業に携わる人たちには切り出しの日、或いは切ってはいけない日があると聞いています。 でも、これはあくまでも生業での話だと私は思っています。 日常の庭の木を、家の建て替えや庭の手入れで切る場合など 私は気学の立場で考えています。 それによれば、基本的に誰にでも共通なのは「土用」の期間中には木を切ったり(幹も枝も)、土を掘り起こさない(私達は1m以上としています)ことです。 また現在お住まいの家で... A ベストアンサー 山の木なら土用の時期は梅雨明けと重なって 大雨になることも多いのでこの時期に伐採したり 根を抜いたりして地盤を痛めると地滑りや山崩れの 原因になるのでいけないというのも解りますが 庭の木でしたら問題はないと思いますよ ただ庭木の場合 土用は一年で一番樹勢が盛んな時期で樹木の枝はグングン伸びて 混み合ってきますからつい剪定をしたくなりますが土用に剪定を すると「土用芽が吹く」といって又すぐに勢いよく芽吹いてしまいます その上この時期に枝を切り詰めると来春に咲く花木は折角の花芽を 失ってしまうことになるのでその戒めとして土用に剪定をしてはいけないと言う事はあります この場合も伐採や引き抜くことには当てはまらないので やってはいけないという根拠は見当たりませんよね 気にすることは無いでしょう Q 家を建てて、丸二年経ちました。 もともとあった敷地の有効利用と使い勝手優先での設計でした。 敷地は、一般的に路殺と言われる 突き当たりの土地です。 西道路のため、玄関は西側で道路からまっすぐの所に位置します。 西側ですが、ポーチ部分をへこませて 玄関扉は南を向いています。 (ポーチ部分が欠けている感じ) ・年収が激減 ・今まで順調だった仕事がうまくいかない(対人も含めて) ・実家が原因不明の火災で全焼 ・火災の一ヵ月後に父親が他界 ・夫が倒れ、常に体調不良 温和だった夫がすぐきれるようになる ・妊娠したが先天性異常が疑われる ・車が故障多発 莫大な修理費用の挙句、買い換える羽目に。 ・家のあちらこちらのガラスが割れる ・全てに共通して出費がかさみ、貯金がゼロ 上記はほんの一部なのですが 細かいことまで考えると気が狂いそうです。 先日 誰も使っていない、お腹の子の為の部屋で突然照明器具のカバーが外れ落下しました。 主電源が入っていないので点灯するはずが無いのに 点灯・・・ 霊みたいなものを信じない主人が「なにか居る、絶対おかしい」と言います。 私には感じないのですが。 でも、何かがおかしいのだけは確かな気がします。 家相が悪いのか?土地に何かあるのか?私たち本人が悪いのか?霊がいるのか? それとも悪い物が家の中に持ち込まれているのか?全然分かりません。 家を建てる際には地鎮祭もしました。 一階の北西にお風呂、その東となりに洗面所、その東となりに階段、お風呂の南にトイレ、玄関とトイレに魚類の水槽があります。 二階は北側の真ん中にトイレと洗面所があります。 もう一箇所、二階の西側に洗面台があります。 夫婦の寝室は二階の西側全面、子供部屋は南東に上の子の部屋、 その北にお腹の子の部屋です(その部屋の照明が落ちました) キッチンはよくある南向き対面キッチンで家の東寄り。 外水道は南東に設置。 家全体が、少し東に向いて建っています。 自分なりに調べてみたのですが、とにかく分からないことだらけで 何から調べたらいいのかすらも分かりません。 お願いします、何かお分かりになられる方がいらっしゃいましたら教えてください。 家を建てて、丸二年経ちました。 もともとあった敷地の有効利用と使い勝手優先での設計でした。 敷地は、一般的に路殺と言われる 突き当たりの土地です。 西道路のため、玄関は西側で道路からまっすぐの所に位置します。 西側ですが、ポーチ部分をへこませて 玄関扉は南を向いています。 (ポーチ部分が欠けている感じ) ・年収が激減 ・今まで順調だった仕事がうまくいかない(対人も含めて) ・実家が原因不明の火災で全焼 ・火災の一ヵ月後に父親が他界 ・夫が倒れ、常に体調不良 温和だっ... A ベストアンサー 家を建てて3年以内に、ある事をしないと、不幸が起こるとよく言われています。 これは新築でも中古でもリフォームでも引越しでも同じことだそうです。 我が家もそうですが、友人やご近所、親戚など、同じように家を建てたり購入したりして、3年以内に何か良くない事が起こっている家ははっきり言って多いです。 友人は方位学など全くと言って信じていませんでしたが、中古の家を購入してから立て続けに悪い事(ご両親が倒れたり、姉妹が精神的病にかかったり、飼い犬が病気になったり、友人本人が足を骨折したり。。。 )が起こったので、流石に家にまつわる事だけは信用すると今は言っています。 >西道路のため、玄関は西側で道路からまっすぐの所に位置します。 質問者さんの家のように、霊現象が起こることもあるそうです。 道路から悪い気が直接家に入ってきてしまうので、入って来る悪い気を跳ね返すために、道路に向って鏡を置くと良いようです。 玄関は真西ですか?それとも南西? 南西は裏鬼門に当たりますので、万が一玄関が南西なら大凶の位置です。 やはりこまめに掃除をし、塩で清めるといいと思います。 >北西にお風呂 北西の水場はご主人の仕事や健康に影響するようです。 毎日お湯を抜き、綺麗に掃除&換気をされ、盛り塩を置かれると良いと思います。 >二階は北側の真ん中にトイレと洗面所があります 北側の真ん中というのは、鬼門(北東)にかかっていますか? 昔から鬼門のトイレは大凶と云われています。 今はほとんど水洗なので、ダメージもそんなに大きくないという人もいますが、経験豊富な設計士さんならこの位置は普通はずします。 とにかく毎日トイレ掃除をして綺麗にし、やはり盛り塩をされたらいいと思います。 >家を建てる際には地鎮祭もしました。 何か大きな事を起こす時は先祖供養をしないといけないんだそうです。 地鎮祭は家を建てる前は必ずといって良い程行いますが、先祖供養をされる方はあまりいないのでは? お墓参りに行って、報告をするだけでもいいそうです。 今後平穏無事な生活を送るためにも、お墓参りに行かれたらどうでしょうか? 家を建てて3年以内に、ある事をしないと、不幸が起こるとよく言われています。 これは新築でも中古でもリフォームでも引越しでも同じことだそうです。 我が家もそうですが、友人やご近所、親戚など、同じように家を建てたり購入したりして、3年以内に何か良くない事が起こっている家ははっきり言って多いです。 友人は方位学など全くと言って信じていませんでしたが、中古の家を購入してから立て続けに悪い事(ご両親が倒れたり、姉妹が精神的病にかかったり、飼い犬が病気になったり、友人本人が足を骨折し... 建築工事では 今は殆ど 迷信的な 言葉になってますが・・・ 夏と冬の土用は 高温と乾燥、低温と凍結 が 建築では コンクリート打設や左官工事で問題となりますので この時期の施工では 気を付けます。 大いに工事を進められるのが 良策と想います。 wikipedia. <下記URL> *我が家を立てた時に占い?にくわし~い方に聞いた話を少し。 夾竹桃(キョウチクトウ・夏に綺麗な花を咲かせますよね)毒があるから庭木には向かない! 沈丁花(ジンチョウゲ・春に良い香りするんですよね) これも毒があるから向かない。 どうしても植えたいのなら南東の目立たない所に植える。 南西(女鬼門?)高くなる木は植えない。 陰で家を暗くする。 (ちなみに西側に増築するのも昼からの日差しを遮るから良くないとか) 女鬼門に棘のある植物植えないように。 (その家の女性が婦人科系の病になる!) piro11さんもおしゃってますがビワも根が張って家の基礎を壊すから家の近くには植えたらいけないとも言われました。 まぁ言い出したらキリがないのですが・・・毒がある、日差しなどは昔からの千恵?教え?なんでしょうね。 infoseek. <下記URL> *我が家を立てた時に占い?にくわし~い方に聞いた話を少し。 夾竹桃(キョウチクトウ・夏に綺麗な花を咲かせますよね)毒があるから庭木には向かない! 沈丁花(ジンチョウゲ・春に良い香りするんですよね) これも毒があるから向かない。 どうしても植えたいのなら南東の目立たない所に植える。 南西(女鬼門?)高くなる木は植えない。 陰で家を暗くする。 (ちなみに西側に... Q 庭の生きてる木を抜いても大丈夫ですか?何か迷信とか、たたり・・・なんて、聞いたことある方、いらっしゃいますか? 中古で家を購入しました。 前の方が植木好きだったらしく、やたらと木が植わっており、この季節じめじめ&薄暗いです。 また、剪定などもやっていましたが、庭の割には植木が多く、一層の事、抜いて殺風景な庭・・・ 風通しの良い庭にしたいです。 それと、子供が小さいので、遊べるような庭にと思っています。 作業は植木屋さんに頼みました。 それを、実家の父に相談。 近所という事もあり、時々手伝ってくれていたので、一言伝えておきたかったのですが、 相談した途端、「生きている木はちゃんと残しておかなければ、ダメなんだよ。 怒 前からある木はちゃんと残しておかないと、ダメだ~」 でした。 確かに木にも命はありますが、今のままだと生い茂っていて・・・ 自分達の家なので、好きなようにしたいです。 スッキリと変えてしまっても大丈夫ですよね・・・ アドバイスをお願い致します。 A ベストアンサー >自分達の家なので、好きなようにしたいです。 スッキリと変えてしまっても大丈夫ですよね・・・ 大丈夫だと思いますけどね。 だって前の人が植えた樹でしょ?家を手放した時点で庭木と旧家人との縁は切れてる訳ですから、 仮に樹に人を呪うような能力があったとしても、怨むならあなたより旧家人を怨むのでは? それに、そうだとしたら雑草はどうなんです?除草をしない人って居ないでしょ? 草と樹木の境界って、たぶんあなたが思っているより相当曖昧ですよ。 草は抜いても、樹を抜いたら駄目って…そんな道理は無いでしょうwww 是非親父さんに聞いてみてください 『竹だとしても切ったら駄目なの?』…と。 竹も駄目だというなら雑草も抜けませんね(竹は草なので) 「竹は増えるから・・」的なことを言ったなら、 今のあなたの憂いと同じ意味ですので、親父さんの「ダメだ~」と矛盾します。 >作業は植木屋さんに頼みました。 いま良い方法を思いつきました! 業者に依頼する予定があるなら、最低限の要望を伝え、 後はすっかり任せてしまえば良いじゃないですか? 「お任せしますので利用できるものは利用してください」といえば、 呪いは全部植木屋に掛かるでしょう。 www (売れそうなモノなら他所で生きられるかも知れないし) 親父さんには「利用してくれと言ったのに植木屋が勝手に切っちゃった」といえばよろし。 まさか植木屋にクレームつけやしないでしょ?自分の家じゃ無いんだから… >自分達の家なので、好きなようにしたいです。 スッキリと変えてしまっても大丈夫ですよね・・・ 大丈夫だと思いますけどね。 だって前の人が植えた樹でしょ?家を手放した時点で庭木と旧家人との縁は切れてる訳ですから、 仮に樹に人を呪うような能力があったとしても、怨むならあなたより旧家人を怨むのでは? それに、そうだとしたら雑草はどうなんです?除草をしない人って居ないでしょ? 草と樹木の境界って、たぶんあなたが思っているより相当曖昧ですよ。 草は抜いても、樹を抜いたら駄目って…そんな道理... Q こんにちは。 家の着工のことについての相談です。 家の地鎮祭を15日に控えていまして、16日に着工の運びになっていました。 ところが工務店の工事担当の都合で着工が21日に変更になってしまったのです・・・。 工務店の担当には何度か土用の着工は避けて欲しいと頼んでいたにもかかわらず、この有様です。 曰く、地鎮祭は土用の前に済ますから大丈夫です、それに今の世の中ではあまり関係ありませんよ(手作業の昔に夏の作業はまずかったけど今の時代には即しません)という事でした。 そこでご相談というのは、「地鎮祭さえ土用の前に済ませれば本当にオッケー」なんでしょうか(地鎮祭はもちろん着工も土用を避けるべきなのか)、ということです。 それと「そんなの気にしなくてオッケー」な体験談やお話などありましたら教えて下さい。 なんだか気になってます。 変な質問ですみませんがよろしくお願いします。 「土用に土を動かすな」と父が言っておりました。 そのため,どうしても土用に着工しなければならない時は,土用に入る前に形だけの着工をしました。 例を挙げるならば,コンクリートの一部をはつる,スコップでちょっとだけ土を掘るなどです。 地鎮祭で盛った土に鍬入れをするのであれば,宗教的にはそれが着工ということになりますから,実際の工事が土用であろうと良いのだそうです。 工事現場で地鎮祭をする場合はそれで良いのですが,最近は経費節減のために施主と工事関係者が神社に赴いて地鎮祭をする場合があります。 このような場合は,土用に着工するのは差し控えた方が良いそうです。 どうしても気になるようでしたら,土用に入る前に形だけの着工をしてもらうか,土用が過ぎてから着工されてはいかがでしょうか。

次の

土用期間の土いじりはアウト 丑の日にうなぎを食べるのはなぜ?

土用の丑の日 土いじり

土用と言うと「土用の丑の日」のイメージがあります。 夏の土用の丑の日は鰻をはじめ「う」のつくものを食べる日として知られています。 そもそも土用の丑の日の「 土用」となぜ「丑の日」なのか、その意味が気になります。 ちなみに 2019年の土用の丑の日は「7月27日」です。 「土用」というのは季節の変化を読み取れないので、それを補助するために日本独自で考えられた暦のことです。 期間として立春、立夏、立秋、立冬の直前約18日間を指します。 2019年は、• 冬土用:1月17日~2月3日• 春土用:4月17日~5月5日• 夏土用:7月20日~8月7日• 秋土用:10月21日~11月7日 その土用には「 やってはいけないことがある」と昔からの迷信があります。 そうは言っても、土用におすすめできないことも、やらねばならない時もあります。 一方、それは迷信なので気にしないと考える方もいるでしょう。 そこで、土用の時期に避けた方が良いことは何なのか、土用にやってはいけないことは迷信なのか、「土用」について詳しく見ていきましょう。 土用の間日は大丈夫!貴重な間日はいつ?何をする? 土用にやってはいけないこととして、 【 土に関すること、新しいこと、方角に関すること】が挙げられます。 その期間中ずっとそれらをやらないと、生活に支障をきたします。 そもそもなぜ、土用の日にやってはいけないことがあるのかといえば、土用の時期には土の中にいるとされる土の神様「 土公神」のせいです。 土に関することを行うと騒がしくなってしまい土公神が静かに過ごせず、怒ってしまうため、特に土に関することは行ってはいけないと言われてきました。 特に、不動産や建築関係者、農業従事者のあいだでは嫌われています。 しかし、この 迷信を回避するための方法も当然あります。 この土用の期間の中で「 間日」と呼ばれる日があります。 間日は土公神土の中から出て、天上界に行っているので間日は土に関することを行っても大丈夫だと考えられています。 間日は春の土用は巳、牛、酉の日、夏の土用は卯、辰、申の日、秋の土用は未、酉、亥の日、冬の土用は寅、卯、巳の日となり、土用の時期の中で4日間から6日間あります。 具体的には、• 冬土用の間日:寅・卯・巳の日 2019年は1月17日・18日・20日・29日・30日、2月1日• 春土用の間日:巳・午・酉の日 2019年は4月18日・26日・27日・30日• 夏土用の間日:卯・辰・申の日 2019年は7月22日・29日・30日、8月3日• 秋土用の間日:未・酉・亥の日 2019年は10月25日・27日・29日、11月6日 特に春の土用の時期だと新しい植物を植えたりなど行うのに適している時期でもあるので、土用の期間約18日間ずっとに土に関わることはできないというのは辛いものです。 そこで、土用の時期の間にある土公神が土の中から外に出ている「間日」に、土をいじったり、畑を耕したりなど土に関することを行うのが良いとされています。 土の神様がいる間は土の中にいて静かに過ごしていますが、土用の期間に土に関することが何もできないとなると土に関する仕事をしている方やそれで生計を立てている方にとっては辛いものです。 そのため、土の神様が土の中から天上に行き、地上からいなくなる間日に土に関することを行うのが良いとされています。 (鬼の居ぬ間に・・・みたいな) 気にしない?土用の迷信とやってはいけないこと 土用の時期にやってはいけないこととして「 土に関わることをしてはいけない」と言われています。 土に関わることとして挙げられるのは、 【 土いじり、草むしり、井戸や穴を掘ること、増改築、地鎮祭など土を触ったり、土の上に何かを建てる】など土と密接に関わることです。 土用の時期は季節の変わり目でもあるので、身体がかかって体調を崩したり、事故を起こしやすくするので、土に関することは避けた方が良いとされています。 土に関することの他に、【 新居購入、就職や転職、結納や結婚、開業や開店】など 新しいことを始めるのも土用の時期は避けた方が良いと言われています。 土用の時期は季節の変わり目で、体調を崩しやすかったりと変化に敏感に感じやすい時なので、土用の時期は新しいことを始めるよりも静かに過ごすことが良いと言われるようになりました。 さらに、土用の時期はどの方角も良くないと言われているので、旅行や引越しなど方角に影響することも避けた方が良いです。 土用の迷信についてのまとめ 土用と言うと土用の丑の日に鰻を食べると言うイメージが大きいですが、実は土用は1年間に4回あり、どの時期も季節の変わり目となっています。 季節の変わり目は体調を崩しやすかったり、自分の心身に大きな変化を及ぼしてしまう可能性もあるので、土用の時期は心機一転な大きな出来事は避けることと言われています。 さらに土の神様である土公神が土の中に眠っているので土に関することも行ってはいけない日としています。 しかし、現在では科学的根拠がないからと、土用の時期に土に関することを行ってはいけないというのは迷信だという説もあります。 土用の時期だからと考え過ぎてしまうことはないですが、季節の変わり目なので普段以上に体調に気を付けて注意して過ごすことは必要だと言えます。 それを教えてくれるのが「土用」の迷信といえます。

次の

2020年の土用が一目でわかる!今年の土用と丑の日は一覧まとめ表でチェック!!

土用の丑の日 土いじり

土用とは? 土用は、季節を表す名称を指す雑節の一つです。 季節を表す名称には、二十四節気や七十二候がありますがこれらが中国発祥なのに対し、雑節は日本独自のものです。 二十四節気は一年を24等分に、七十二候は24等分にしたものをさらに3つずつに分けて、それぞれに季節にちなんだ名称をつけているものですが、それらを補う形で雑節は存在します。 雑節と言うとあまり耳慣れないかも知れませんが、節分や彼岸なども雑節になります。 より具体的に表示すると、次のようになります。 冬の土用 1月18日から2月3日(立春の前日) 春の土用 4月16日から5月5日(立夏の前日) 秋の土用 7月19日から8月7日(立秋の前日) 冬の土用 10月20日から11月7日(立冬の前日) 参照記事:国立天文台 令和元年(2020年)暦要項 参考URL: 土用の丑の日とは? 土用の丑の日とは、土用の期間内に訪れる丑の日という意味になります。 昔は日付を十二支と十干の干支で表していました。 干支は十二支のみと思っている方が多いですが、正確には甲乙丙・・などの十干と組み合わせたものになります。 つまり、丑の日とは甲丑や丁丑のように十干と丑の組み合わせが回ってくる日ということになります。 土用は立春や立夏の約18日前からの期間を指すため、土用の丑の日は季節ごとに計4回あるというわけです。 また、季節ごとに土用の丑の日が回ってくるのは1回程度(2回あることもあります)なので、一年で4~5回程度は土用の丑の日となる日がやってきます。 土用の丑の日の由来や意味!なぜ「うなぎ」を食べるの? 土用の丑の日と言えば、うなぎですよね。 しかし、上記で説明した通り、土用の丑の日は年に4回あるはずですが、うなぎを食べるのは暑い夏だけではないでしょうか。 そもそも、土用は立春、立夏、立秋、立冬の約18日前の期間を指すものですが、立春や立夏などの「立」には季節に入るという意味があります。 つまり、立春や立夏は、今日から春です、今日から夏ですということになり、土用は季節が変わる大きな節目の時期になります。 季節が変わる時は、暑さに体がついていかなかったり、逆に急に寒くなったりで体調を崩しやすいですよね。 そのため、土用の丑の日には「う」がつくものを食べて、英気を養う風習がありました。 「う」がついていれば何でもよかったので、うどんや梅干し、うり科のきゅうりなどでもOKでした。 時は江戸時代、夏になると売れなくなるうなぎをどうにかして売りたいと考えていたうなぎ屋の店主が、蘭学者の平賀源内に相談をしたところ、「本日、土用丑の日」というチラシを配るように言いました。 「うなぎ」以外にも土用の丑の日に食べたほうが良い食べ物は? 土用の丑の日は、うなぎ以外にも「う」が付く食べ物を食べるとよいと言われているので、うどんや梅干し、きゅうり(ウリ科)の他にも、牛(うし)肉や馬(うま)肉なんかもよいと言われています。 しかし、土用に食べるとよいと言われているのは、「う」の付く食べ物に限りません。 例えば、土用餅と呼ばれるあんころ餅は、材料に使われる小豆に昔から厄除けの効果があると言われていることや、お餅=力持ちから、夏の暑さを吹き飛ばして健康に過ごせるという意味があると言われています。 さらに、夏が旬のしじみは土用しじみと呼ばれ、栄養価が高く、滋養強壮によいとされています。 このように、土用の丑の日はうなぎ以外にも、多くの食べた方がよいと言われるものが存在していることから、毎回高いうなぎを買うのではなく、他の物を食べて英気を養ってみるのもよいでしょう。 土用には「土いじり」や「引っ越し」や「旅行」などは要注意!その理由は? 土用は土を司る神様である「土公神(どくしん、どくじん)」の力が最も強まり、土を支配する期間と言われています。 そのタイミングで土をいじること、例えば、新築で家を建てるための地鎮祭や上棟などは避けた方がよいとされ、実際に建築関係でも時期をずらして行うことが多いようです。 (なお、土用に入る前に家を建て始めていた場合などは、問題ないようです) 土いじりは広い範囲で言うと、引っ越しや結婚、就職、旅行、ガーデニングなども含みます。 とにかく、土用の期間は新しいことを始めるのは控えた方がよさそうですね。 ただし、年に4回ある土用の期間内はいつも上記のことができないとなると、生活に支障が出てしまいます。 そこで、「間日(まび)」と呼ばれる日は、土公神が地上から離れているため、土いじりをしてもよいと言われています。 土用の間日は季節ごとに違い、春の土用は巳、午・酉の日、夏の土用は卯、辰、申の日、秋の土用は未、酉、亥の日、冬の土用は寅、卯、巳の日となっています。 参照元記事:土用に引っ越しや結婚は要注意!土用の時期に気をつけたいこと 参考URL: 逆に「土用」にしたほうが良いことは何? 土用は、季節の変り目になるので、衣替えをしたり、寝具などを季節物に入れ替える、部屋を掃除するとよいと言われています。 夏の土用干しと言って、衣服や本の虫干しを行うのも、昔からの風習となります。 また、季節の変り目は体調を崩しやすいため、敢えてこの時期は何もせずゆっくりと過ごすのもお勧めです。 夏の土用の丑の日には、丑湯と言ってドクダミやセンブリなどの薬草が入ったお湯に使う習慣もあったそう。 江戸時代からは桃の葉もここに加えられるようになったそうなので、これらが配合されている入浴剤を入れて、お風呂にじっくりと入るのもよいかも知れませんね。 まとめ 土用は、立春、立夏、立秋、立冬の前の約18日間の期間を指すもので、本来は年に4回あるものですが、夏の土用の丑の日にうなぎを食べる風習が有名になったことから、現在では土用=夏の土用の丑の日を指すことが多くなっています。 土用には、土いじりを控え、ゆっくりと過ごすことがお勧めと言われています。 季節の変わり目で体調を崩しやすい時期なので、「う」のつく物を食べて英気を養いましょう。

次の