ネクスト モバイル。 ネクストモバイルの通信量確認、自動でリセットされない時の設定変更は?管理画面の確認方法も合わせてチェックを

【NEXTmobile口コミ・評判】料金改定後のネクストモバイルをガチレビュー

ネクスト モバイル

ネクストモバイル「使い放題プラン」でやってみたいこと 自宅でも固定回線の代わりに使いたい 2019年11月より、ネクストモバイルから待望の「使い放題プラン」が提供開始されました。 そもそも、ネクストモバイルはWiMAXのように「3日で10ギガ」という短期での使いすぎによる速度制限などが一切ない高速通信サービスです。 これが「使い放題」になったことで、「自宅でもネクストモバイルを使いたい」「できれば固定回線 光回線 は解約したい」という思いが出てきます。 モバイルルーターのバッテリー劣化を防ぎたい しかし、外出先でも自宅の中でもネクストモバイルのモバイルルーター FS030W を使っていると、ずっとバッテリー充電中となりバッテリーの劣化が気になります。 モバイルルーター「FS030W」はバッテリーを外した状態でもUSB給電しながら通信することができますが、これも少し面倒・・・ また、自宅内ではモバイルルーターよりも安定して電波がつかめるAC電源を使ったホームルーターで使いたいものです。 また、有線LANポートも2ポートあるし、Wi-Fi機器の接続台数も最大40台までと性能も十分です。 この「Speed Wi-Fi HOME L01s」をネクストモバイルで利用できれば、外出先でも自宅でも安定してネクストモバイルで運用できます。 白い円筒状の少しおしゃれなデザインで、「置くだけ簡単WiFi」として自宅ネット回線の代わりとしても人気のホームルーターです。 「Speed Wi-Fi HOME L01s」がソフトバンクのプラチナバンド「BAND8」に対応しているかどうか、非常に気になる所です。 この点を考慮しながら、ネクストモバイルの「ソフトバンクマルチUSIM」を「Speed Wi-Fi HOME L01s」で検証していきます。 このSIMをネクストモバイルの「ソフトバンクマルチUSIM」に差し替えます。 一方で、「Speed Wi-Fi HOME L01s」をネクストモバイルで使用する場合、ネクストモバイルの「ソフトバンクマルチUSIM」用のAPN アクセスポイント 情報を設定する必要があります。 「ソフトバンクマルチUSIM」のAPN情報は、ソフトバンクの公式ホームページで公開されており、以下のようになります。 プロファイル名 任意の名前 Softbank4G など APN 接続先情報 plus. SIMを差し替え、APN情報を登録すると準備は完了です。 接続ステータスの確認 管理画面の「ステータス」を見ると「接続ステータス」が「接続」となっており、ちゃんとネクストモバイルのSIMを認識して通信できる状態になっていることがわかります。 これで準備完了、通信オッケーの状態です。 ネクストモバイルをWiMAXホームルーターで使ってみる ハイスピードモード では、早速WiMAXホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」でネクストモバイルを使ってみましょう。 まずはそのまま「速度測定」してみました。 上り:25~30Mbps程度 下り:30Mbps程度 下り速度は変わりませんが、上り速度は10Mbps程度から25~30Mbpsへと大きく改善されました。 このように、通信モードが「ハイスピードモード」の時よりも 上り通信速度が大きく改善されています。 「ソフトバンク4G AXGP 」の上り最大速度は10Mbpsなので、今回の速度測定での結果が「上り10Mbps程度」というのはそのせいでしょう。 「ソフトバンク4G AXGP 」は大容量データ通信向けの通信サービスで、ソフトバンク・エアーやワイモバイルのPoket Wi-Fi アドバンスモード でも使われている通信サービスです。 つまりネクストモバイルをWiMAXルーターの「ハイスピードモード」で使う場合、ソフトバンク・エアーやPocket Wi-Fi アドバンスモード 相当の通信サービスと言えます。 ネクストモバイルの場合は 「ソフトバンク4G AXGP 」に加えて、繋がりやすいスマホの電波「ソフトバンク4G LTE」も一緒に使っていると想定されます。 この場合、おそらくですが「au 4G LTE」と「ソフトバンク4G LTE」の同じ周波数帯であるBAND1 2,100MHz帯 を使って通信しています。 この動作モード「ハイスピードプラスエリアモード」の場合に、 ネクストモバイルでも上り速度が大きく改善されています。 ネクストモバイルは標準 月額料金内 で「ソフトバンク4G AXGP 」と「ソフトバンク4G LTE」が使い放題です。 ネクストモバイルをホームルーターで使うメリット 安定して電波がつかめる ホームルーターはモバイルルーターのようにバッテリー駆動ではなく、AC電源駆動です。 安定して大容量の電源を使えることで、一般的にホームルーターはモバイルルーターよりもしっかりと電波をつかみ、安定性・高速性が向上します。 有線LAN接続ができる ホームルーターには一般的に有線LANポートがあります。 「Speed Wi-Fi HOME L01s」にも有線LANポートが2ポートあります。 ハブを使えばさらにポートを増やすことができます。 有線LANポートがあれば、スマホなどのWiFi機器以外にもデスクトップパソコンや家電 テレビやDVDレコーダーなど も接続することができます。 モバイルバッテリーの劣化を防ぐ 外出先でも自宅でもネクストモバイルを使いたい、という場合に問題になるのが、モバイルルーターのバッテリー劣化の問題です。 ずっとネクストモバイル使用中であるため、多くの場合は自宅ではずっと充電中の状態になるでしょうが、これはバッテリーにとって大きな負荷となり劣化の最大の原因です。 ネクストモバイルのモバイルルーター「FS030W」は、バッテリーをはずした状態でもUSB給電しながら通信することができますが、これも少し面倒・・・ 自宅ではAC電源で駆動するホームルーターを使いながら、別途モバイルルーターを充電することで、モバイルルーターのバッテリーを保護することができます。 ネクストモバイルにおすすめのホームルーター 標準ルーター「NEC HT100LN」はあまりおすすめできない ネクストモバイルを契約するとモバイルルーター「FS030W」かホームルーター「HT100LN」が選べます。 どちらも無料です。 残念ながらネクストモバイルのホームルーター「HT100LN」はソフトバンク回線との相性があまり良くありません。 「HT100LN」の対応周波数帯は以下のようになります。 WAN側 LTE BAND1 2. 1GHz BAND19 800MHz BAND26 800MHz 3G 非対応 LAN側 無線 IEEE802. これは「Speed Wi-Fi HOME L01s」と同じです。 また「HT100LN」は「ソフトバンク4G AXGP 」には対応しておらず、この点で「Speed Wi-Fi HOME L01s」に劣ります。 このため、ネクストモバイルの標準ホームルーター「HT100LN」はネクストモバイルにとってあまり良い選択肢ではありません。 その他のWiMAX向けホームルーター 今回は「Speed Wi-Fi HOME L01s」がネクストモバイルで十分利用可能な点を検証しました。 「Speed Wi-Fi HOME L01s」以外のホームルーターはどうでしょうか? NEC製ホームルーター「WiMAX HOME01」は使用不可 WiMAX向けホームルーターとして現在NEC製の「WiMAX HOME 01」があります。 私は「WiMAX HOME 01」も所有していますが、残念ながら 「WiMAX HOME 01」ではネクストモバイルを使用することはできませんでした。 「Speed Wi-Fi HOME L01s」を製造・提供しているHUAWEIの製品はSIMフリールーターですが、NECが製造・提供しているルーターはSIMロックが掛かっているからです。 「Speed Wi-Fi HOME L02」は「L01s」をさらに高速化した作りになっており、「L01s」同様にSIMフリールーターです。 よって「Speed Wi-Fi HOME L02」もネクストモバイルで利用可と思われますが、まだ実売価格が高価であるため「Speed Wi-Fi HOME L01s」の方がおすすめと言えます。 Speed Wi-Fi HOME L01 「L01s」の旧型となるのが「Speed Wi-Fi HOME L01」です。 「L01」と「L01s」の違いは「auのVoLTEに対応しているか、対応していないか」という点です。 このため、両機が使用するSIMは異なります。 「L01」は「VoLTE非対応SIM マイクロサイズ 」で「L01s」は「VoLTE対応SIM ナノサイズ 」です。 ただし、これはau系回線の場合の話しであり、ソフトバンク回線を使用するネクストモバイルには関係ありません。 ネクストモバイルから見た「L01」と「L01s」の違いはSIMサイズの違い、「L01」はマイクロサイズで「L01s」はナノサイズ、という点が異なります。 ネクストモバイルの「ソフトバンクマルチUSIM F 」はSIM台紙から「標準」「マイクロ」「ナノ」の好きなサイズでSIMを切り取れるし、SIMスペーサーを使えばSIMサイズはどうにでもなります。 「Speed Wi-Fi HOME L01」も「L01s」同様にSIMフリールーターであるため、十分ネクストモバイルで使用できると思われます。

次の

【徹底比較】NEXT mobile(ネクストモバイル)はオトク?モバイルルータ5社と比較!

ネクスト モバイル

我が家に佐川がやって来た! 申し込み時の連絡 ネクストモバイルへ申し込みしたのが2018年4月26日、申込直後にSMS・メール、そして電話とフルセットで連絡がありました。 まずSMSは「申込受付完了、詳細は電子メールを見てね!」って内容です 笑。 そして電子メールは、というと申し込み時にウェブで入力した内容 住所・氏名・契約プランなど の確認です。 メールの内容はこんな感じ。 ネクストモバイルの 課金開始は「機器の発送日」と規定されています。 ネクストモバイルは利用開始月 初月 の利用料金は「日割り」となりますが、私の場合はほんの1日分だけ日割で割引されることになりますね。 ちなみに、ネクストモバイルの利用開始月は料金は日割り計算ですがデータ容量は全容量が使えます。 私はフラット20GBプランで20GB契約ですが、 料金は日割だけどデータ容量は20GB全部使える、ということになります。 いつもお世話になっているおじ様ではなく、割と若い女の人でした 関係ないけど。 しかし、届いた時点での佐川急便の追跡システムがこんな感じで配送拠点の地域センターへ「輸送中」の表示。 どんだけデータ遅れてるねん!って感じです。 内容は以下の通り。 FS030W本体• FS030W用バッテリーパック• ACアダプター• microUSBケーブル• FS030Wクイックスタートガイド• SIMカード なお、「FS030W取扱説明書」は添付されておらず、メーカーサイトからのダウンロードとなるようです。 20ギガ・30ギガプランも大幅値下げ! 期待のSIMカードは「マルチUSIM F 」 SIMカードは噂通りの「ソフトバンクマルチUSIMカード F 」で、カード台紙に印刷してある型番は「ZTWDK1」でした。 SIMフリースマホをソフトバンクへ持込で契約・機種変更する場合に発行されるSIMカードで、「IMEI制限なし」のSIMカード というウワサ です。 この「マルチUSIMカード F 」は標準・マイクロ・ナノサイズのマルチサイズ対応です。 それぞれのサイズごとに切り込みがあって、好きなサイズで切り抜いて使うタイプのSIMカード台紙です。 ルーター「FS030W」はマイクロサイズなので外側から2番目の切り込みで切り抜いて使います。 台紙はちょっと固めのゴムみたいな材質で、爪をグッと押し込むと切込みから外れる感じで簡単に切り抜けます。 また、一旦マイクロサイズで切り抜いた後にさらに内側のナノサイズでの切り抜きも可能です。 ナノサイズに切り抜いてSIMフリースマホで遊べるかもしれません。 私は一旦マイクロサイズで切り抜き、さらにナノサイズに切り抜きました。 台紙の材質がプラスティックというよりちょっと硬いゴム素材みたいな感じなので、切り抜きも自由だし、ナノサイズに切り抜いたSIMをマイクロサイズの枠に戻してマイクロサイズとして使うこともできそうです。 「ソフトバンクマルチUSIMカード F 」に関する情報は以下を参考にしてください。 20ギガ・30ギガプランも大幅値下げ! SIMフリーポケットWi-Fi「FS030W」 FS030Wの本体を単三乾電池と比較。 大きさは手のひらに包み込めるくらいのサイズですがバッテリーが大容量でちょっと大きい 厚さがある ので、大きさの割にはグッと感じる程度の重さがあります。 本体からバッテリーを外した状態で、マイクロサイズのSIMを装着します。 今風のスマホなんかでよくあるスロット式ではなく、スライドロック式なのでちょっとだけ面倒です。 SIMを装着した本体とバッテリーの様子です。 バッテリーはほぼ本体と同じサイズ、容量がでかいのでちょっと厚みと重量があります。 グッとくる感じ。 そして本体起動中・・・ 20ギガ・30ギガプランも大幅値下げ! とりあえずパソコンから接続 自動認識のAPN情報 FS030Wのウリは「APN自動認識」です。 最初にSIMを刺して電源を入れただけでAPNが自動設定されました。 パソコンからFS030Wの管理画面に接続してAPN情報を見てみると以下のとおり、ソフトバンク公式サイト記載の「マルチUSIM」専用のAPNだと思われます。 「思われます」というのはパスワードが見えないから、パスワード以外は公式サイトのAPN情報と同じものを自動認識しています。 下り28. 57Mbps、快適速度 とりあえず回線速度チェックです。 速度測定システム「Radish Network Speed Testing」サイトでパソコンから速度測定してみると「下り28. 19Mbps」となりました。 ちなみに「3日10GB」を検証したかったのですが、調子よくダウンロードが進んだため「1日で10GB」の検証になりました。 このタイミングでの通信速度を測定してみます。 これは「1日10GB」のデータ通信を行った翌日の速度測定結果です。 ・下り:27. 6Mbps ・上り:27Mbps 十分な高速、速度制限が掛かっているとは言えない速度です。 「1日10GB以上のデータ通信」を行っても、速度制限はされないことを確認できました。 ネクストモバイルでギガを使い切ったらどうなるの? ネクストモバイルでは「3日 1日 で10GB」という短期間で大量のデータ通信をしてみましたが、速度制限を受けることはありませんでした。 では、契約プランのギガを使い切ったらどうなるのでしょうか? つづけてネクストモバイルで巨大ファイルをどんどんダウンロードしてみます。 そして、ついにファイルのダウンロードがエラーになりました。 この時の速度測定アプリの計測結果でも「通信エラー」となっています。 ついに「フラット20GB」プランの上限を超えたための速度制限 128Kbps を受けたようです。 その時の速度は 速度測定アプリも動かないほどの低速となります。 ネクストモバイルの「速度制限なし!」を検証する ネクストモバイルでは「3日で10GB」を使っても一切の速度制限がかかることがない、ということがわかりました。 また、契約プランは「フラット20GB」プランで月間20GBですが、なんと25GBまでつかえてしまいました。 その後もどんどんギガを使っているとついにギガを使い果たして速度制限にかかりましたが、その時の速度は128Kbpsよりももっと遅いと感じました。 今回の検証の詳しい記事はこちらを参考にしてください。 申し込み条件 NEXTmobileサービスとの同時お申込みが条件となります。 オプション単体ではご契約できません。 保証対象• 取り扱い説明書などの注意書きに従った正常な使用状態で機器が故障した場合。 取扱説明書などの注意書きに従った正常な使用状態で機械が故障した場合。 その他故障などによって、特に当社が修理を認めた場合。 保証対象外 以下の場合、修理は有償となります。 お客様の故意による損傷、改造による損害、水漏れ、その他紛失・盗難。 使用による劣化や色落ち等。 「水没や水漏れ」「仕様による劣化」などが保証対象となっていません。 特に、バッテリー劣化による交換も保証対象となっていません。 つまり、 標準で提供される「1年間無料保証」と同じ保証内容が2年目以降も延長されます、という内容の保証サービスです。 端末 モバイルルーター の万が一には市販品で対応可能 ネクストモバイルを契約すると機種代金無料キャンペーンの適用により、モバイルルーター FS030W またはホームルーター HT100LN が無料で提供されます。 これらのルーターは一般的な市販品のSIMフリールーターであり、Amazonなどで新品・中古品の購入が可能です。 ルーター本体は新品で15,000円ほどで購入可能です。 調子に乗って「SIMフリー版iPhone8」でもネクストモバイルを使ってみます。 iPhoneではAPN設定のために「構成プロファイル」が必要ですが、「ソフトバンクマルチUSIM」用のAPN構成プロファイルは有志の方が作成し提供してくれています。 今回はその構成プロファイルを利用させていただきました。 最初「4G」の表記にならず「3G」のままでしたが、数回「機内モード」のオン・オフを繰り返すと無事「4G」の表記となりました。 SIMフリー版ZenFone3でマルチUSIMを使ってみる では、同じSIMフリー版のZenFone3ではどうでしょうか? ZenFone3 SIMフリー版 でも、APN設定をするだけで「LTE」表記となり、ネクストモバイルを利用できるようになりました。 ネクストモバイルの規約 ネクストモバイルの「サービス重要事項説明書」では、以下のような記載があります。 本サービスのアクセスポイント 接続先 は定額対象となる専用のAPNです。 専用のAPNに接続された国内モバイルデータ通信のみ定額対象となります。 専用APN以外に接続されたモバイルデータ通信は定額対象外となりパケット通信が高額となる場合があります。 ご利用時には端末設定情報に注意の上、ご利用ください。 当社より提供するSIMカードを本サービス提供対象端末以外 他端末・SIMロックフリー端末含む に挿入して利用した場合、APN設定が異なるため定額対象外となり、パケット通信が高額となる場合があります。 ネクストモバイル「サービス重要事項説明書」より引用 通信サービスにはお馴染みの記載ですが、まだ契約したばかりなので今月はおとなしくしておこうと思います。 せっかくの「ソフトバンクマルチUSIMカード」なのでSIMフリースマホでいろいろ遊んでみたいですし、正直「FS030W」で使用するよりスマホで使用したいサービスなので、今後いろいろいじってみたいと思いますが、とりあえず今月分の請求書を見てからにします。 後日談:ネクストモバイル請求明細 ネクストモバイルを2018年5月に契約し、ずっとSIMフリースマホやSIMフリールーターへ差し替えて遊んでいます。 その後の請求明細では特に高額請求されることもなく、規定の料金で使用できています。 APN設定さえしっかりと「ソフトバンクアクセスインターネットプラス」を設定していれば、SIMの差し替えについては寛容のようです。 ネクストモバイルを「Speed Wi-Fi HOME L01s」で使うための手順とより効率的に使うための通信設定を検証しています。 データ通信は問題なく利用できますが、Androidスマホと違って iPhoneではテザリングができません。 なぜなんだろう・・・ ネクストモバイルが届いたら最初にやっておきたいこと APNは自動認識、届いたらすぐにデータ通信はできる ネクストモバイルでは契約するとモバイルルーター「FS030W」かホームルーター「HT100LN」のどちらかを選ぶことができます。 どちらも無料で提供されます。 そして、どちらを選んでもAPDは自動認識されているので、ルーターが届いたらSIMをセットして電源投入するだけでデータ通信ができるようになります。 ルーター本体のデータ容量を正しく表示するために まずはルーター本体に表示される「使用データ容量」を正しく表示させるための設定です。 モバイルルーター「FS030W」のディスプレイ表示 ネクストモバイルのルーター「FS030W」のディスプレイには使用したデータ容量が表示されます。 ここで「最大通信量最大値」を設定します。 フラット20GBなら「20GB」、フラット30GBなら「30GB」を設定すると良いでしょう。 また、「自動リセット」を「有効」「毎月」に設定、自動リセット日を「1日」に設定します。 これで使用データ量が 毎月1日に0GBに戻るようになります。 ルーターのスリープ状態を有効にしてバッテリーを節約する モバイルルーター「FS030W」は無通信時間が続くとルーター本体をスリープ状態にしてバッテリーを節約する機能があります。 しかし、初期状態では「オフ」になっています。 モバイルルーターを使っていない状態「無通信状態」が続く場合にはルーターをスリープ状態にしておき、いざ使う場合にはスマホアプリで一発起動できるようにしておくと便利です。

次の

NEXT mobile(ネクストモバイル)の評判|良い口コミはホント?

ネクスト モバイル

このページの目次 CLOSE• 工事が不要で届いたらコンセントに差し込むだけで設置完了 自宅や事務所、お店でwifiを使うときなど便利ですね。 端末代金は0円 決済方法は基本的にクレジットカードとなっていますが 20ギガおよび30ギガは口座振替で申し込むこともできます。 口座振替の場合は端末が届いたときに契約事務手数料の3,000円と 決済手数料を代引きで支払うようになります。 そして、2ヶ月目以降手数料として200円が毎月加算されます。 申し込み時に本人確認種類の提出も必須となっています。 ですので、クレジットカード決済のほうが手間も費用もかからずおすすめですよ。 使い放題プランはクレジットカード決済のみとなっています。 月30GBまで使えて2,700円定額のプランを選ぶこともできます。 あなたが月に必要なデータ容量をよく考えてみて20ギガまたは30ギガ 使い道や料金を比べながらプランを選んでくださいね。 ひとつ気をつけておきたいのは契約後のプラン変更は不可となっていること。 ですから、契約時によく最適なプランを選択することが大事ですよ。 詳細はネクストモバイルホームページでチェックしてください。

次の