ガラケー女 本名。 ガラケー女の名前をついに特定!あおり運転から逮捕までのまとめ

【画像】ガラケー女の喜本奈津子の現在がヤバい!?宮崎文夫は??|トレンド口コミ~コーヒーイノベート~

ガラケー女 本名

茨城県の常磐自動車道で今年8月、会社員男性があおり運転を受け殴られた事件をめぐり、加害者の男の車に同乗していた「ガラケー女」とのデマをネット上で流され名誉を傷つけられたとして、 東京の会社経営の女性が愛知県豊田市の原田隆司市議(57)に慰謝料100万円を求める訴訟を東京簡裁に起こした。 提訴は21日付。 訴状によると、原田市議は自らのフェイスブックに、事件とは無関係だったこの女性と男の写真を容疑者として掲載。 「早く逮捕されるよう拡散お願いします」などと書き込んだ。 「公的な立場で積極的な拡散を試みた行為は悪質」と訴えている。 原田市議は取材に対し 「犯人が早く捕まってほしいと思い、『拡散希望』と書かれた投稿をシェアしてしまった。 おとしめるつもりはなかった」と釈明。 知人から女性は無関係と指摘されて数時間後に削除したという。 女性側からの慰謝料を求める通知には謝罪の手紙を送ったが、訴訟については「弁護士を通じて対応する」としている。 出典: 事件の詳細 犯行動機 拡散した動機については次のように釈明しています。

次の

喜本奈津子(ガラケー女)の現在!出身と実家や経歴・卒アル画像・逮捕その後まとめ

ガラケー女 本名

情報が広がるスピードは速く、2時間もあれば数百万人が、自分を犯罪者として叩き始める。 家族まで危険にさらされ、仕事の信用も失う。 そんなこと、自分の身には降りかかるはずがないと思っているのではないだろうか。 しかし、こういったネットでの誹謗中傷事件は10年ほど前から増え続けている。 なぜ、こんなことが起こるのか…。 誹謗中傷書き込みで犯罪者にされた被害者を取材。 彼らもまた、まさか自分にこんなことが…と思っていた。 常磐自動車道で2019年8月10日に発生した「あおり運転殴打事件」では、宮崎文夫被告が、当時24才の男性にあおり運転を仕掛け、その後無理矢理停止させ、「殺すぞ」などと怒鳴りながら殴打した。 その様子を脇でガラケーを使い撮影する「ガラケー女」も注目された。 1件の投稿がツイッターに上がった。 このツイートは瞬く間に広がり、その女性の顔と名は犯罪者として日本中に知れ渡ることとなった。 【2019年8月17日(土) 午前6時】 彼女が事態に気づいたのは午前6時のことだった。 「あの日は、休日だったにもかかわらず、早朝からたくさんのメールが送られてきたんです。 タイトルには『宮崎の女だろう』などと書かれており、わけがわかりませんでした。 電話も執拗に鳴り続けていたのですが、知らない番号だったので無視していると、友人から連絡が。 慌てて出ると、私を犯罪者とする内容の情報がネットに流れており、実名と顔写真も公開されていると教えられました。 何が起こっているのか状況がわかりませんでしたが、自分が犯罪者扱いされている事実に対し、どう対処すべきなのかを考えました」 当時を振り返り、そう話すのは、茨城県で起きたあおり運転殴打事件の容疑者と間違われ、ネットに個人情報を流されてしまった被害女性Aさんだ。 落ち着いた物腰、冷静な語り口調の彼女だが、当時はパニックを起こしたという。 この事件は、8月10日に起こった。 宮崎文夫被告の車に同乗し、その蔵匿・隠避にかかわった、通称「ガラケー女」と、インスタグラムにアップされたAさんの写真の服装やサングラスがたまたま似ていたことと、宮崎被告がAさんのインスタグラムをフォローしていたことから、Aさんが「ガラケー女」だというデマが流されたのだ。 【2019年8月17日(土) 午前7時44分】 苦情の電話が300件以上鳴り、インスタグラムへの誹謗中傷だけでも1000件以上。 知らない人からのいわれのない悪口や脅迫にさらされ、通常なら、恐怖で思考停止になってもおかしくはない状態だ。 にもかかわらず、彼女の行動は早かった。

次の

「ガラケーの女」デマ、法的措置へ 被害女性が会見:朝日新聞デジタル

ガラケー女 本名

令和元年8月18日 インテグラル法律事務所所属 いろコミュ株式会社、笹原えりな代理人弁護士 小沢一仁 当職は、いろコミュ株式会社(以下「当社」といいます。 )及び当社代表者笹原えりな(以下「笹原」といいます。 )の代理人として、近時報道されている、茨城県守谷市の常磐自動車道で発生した、あおり運転暴行事件(以下「本件事件」といいます。 )に関する情報に触れた皆様方に対し、以下のとおり告知します。 さて、本件事件につきましては令和元年8月16日、所轄警察署が、被害者に対しあおり運転ないし暴行をした男性(以下「男性被疑者」といいます。 )に対する逮捕状を請求したとの報道がされました。 また、その後指名手配もされたことから、男性被疑者の氏名も公表されました。 その際、男性被疑者とともに車に同乗していた女性(以下「女性被疑者」といいます。 )については、一部で逮捕状が請求されたとの報道はありましたが、指名手配はされず、氏名の公表もされなかったことから、インターネット上で女性被疑者が誰かにつき大きな関心が持たれました。 すると、翌同月17日の早朝までの間に、匿名掲示板「5ちゃんねる」やSNSサイト「Twitter」などにおいて、同乗していた女性が笹原であるとの情報が公開され、これが直ちにインターネット上で広まりました。 その結果、一時は笹原の氏名がTwitterのトレンドに表示されるなどしました。 しかしながら、当該情報は全く事実無根のものです。 笹原は同月17日午前に、知人から本件事件に関するまとめサイトの存在を知らされるなどして女性被疑者として自身の名前が挙がっていることを知りましたが、心当たりが全くなく、なぜこのような状況に陥っているのか理解できず、現在においても強く困惑しています。 また、同月17日午前から、当該情報に触れたと思われる人物からの電話が当社に殺到しており、業務に必要な電話を取ることができず、無用な電話がかかってくることを防止するために当社ホームページの一部を非公開にせざるを得なくなるなどの業務上の支障が生じています。 そして、当該情報は当社及び笹原の名誉権を著しく侵害するものです。 なお、女性被疑者が笹原であることを積極的に発信する記事を投稿することのみならず、これを引用して広める行為(リツイートを含みます。 )も、当社及び笹原の名誉権を侵害する行為にあたる可能性があるものですから、その旨を付言します。 以上の状況を踏まえ、当社及び笹原は当職と協議の上、虚偽の情報を広めている者に対し法的措置を取ることを検討しています。

次の