ドパミン アゴニスト。 GPCRシグナル伝達における細胞膜の姿を明らかにする

先端肥大症でドパミン作動薬を投与したら成長ホルモンがますます...

ドパミン アゴニスト

ドパミンアゴニストとレボドパ ドパミンアゴニストは脳内に移行すると、ドパミン神経終末の機能とは無関係にドパミン受容体に作用する。 少なくとも現在、国内で使用可能なドパミンアゴニストは長時間作用性であり、安定したドパミン受容体の刺激が図れるため、L-ドーパ効果の短縮に伴った症状悪化(ウェアリング・オフ現象)の緩和にも役立つ。 しかし、単独投与の効果はL-ドーパに及ばず、上部消化管症状や循環器症状、幻覚の頻度も高い。 運動合併症が生じやすい年齢の若いパーキンソン病患者で、軽症例ではドパミンアゴニストを用いた治療導入が推奨されるが、症状が重い場合での単独での治療は難しい。 L-ドパとドパミンアゴニストどっちがいい L-ドパ製剤とドパミンアゴニストを比較すると、運動症状の改善度はL-ドパ製剤が勝っているが、ドパミンアゴニストのほうが運動合併症(ウエアリングオフやジスキネジアなど。 数年の使用により発現してくる)の発現を遅らせることができるとされている。 そのため、パーキンソン病の治療はドパミンアゴニストで開始することが推奨されている。 しかし、ドパミンアゴニストのほうが幻覚や日中過眠の副作用の発現率はL-ドパよりも高いとされている。 また、麦角系ドパミンアゴニストでは、心臓弁膜症のリスクが高まること、非麦角系ドパミンアゴニストでは突発性睡眠に特に注意が必要であるといったことから、安全性に特に注意が必要な場合(高齢者、精神症状・認知機能障害のある場合など)や運動症状改善の必要性が高く求められる場合(運動症状が重い場合、転倒のリスクが問題になる場合など)は、L-ドパでの治療開始が勧められている。 ドパミンアゴニスト 現在では、初期軽症で高齢でないパーキンソン病の治療開始時の第1選択薬である。 レボドパよりも効果は弱いが、効果持続時間が長くて安定しており、長期投与による効果不安定や日内変動も出現しない。 中枢神経系において、線条体のドパミン受容体の直接刺激作用により、ドパミンに似た効果を示す。 ブロモクリプチン、タリペキソール、プラミペキソールはD2受容体の両者に作用する。 ロピニロールはD2、D3受容体選択性である。 副作用:嘔気、食欲低下、眠気、突発睡眠発作(プラミペキソール、ロピニロール)、浮腫、胸水、肺線維症、心臓弁膜症誘発による心不全(ペルゴリド、カベルゴリン)など。 拘束型心臓弁膜症:欧米で麦角系アゴニスト(ペルゴリドとカベルゴリン)の重篤な副作用として注目され、米国では2007年に販売中止になった。 麦角アルカロイドが心臓弁膜にあるセロトニン5-HT2B受容体に作用して線維化を起こすためと推定されている。 わが国の検討では、主としてカベルゴリンの高用量投与例に認められた。 日欧では非麦角系アゴニストを第1選択薬として使用し、それで効果が不十分か突発睡眠などで忍容性に問題がある場合に、麦角系アゴニストを心臓弁膜症がないことを確認した上で使用する。 心臓弁膜症がある場合は使用禁忌である。 既に使用中で副作用がない場合は、継続使用可能であるが、定期的にエコーを実施する。 突発睡眠と眠気:非麦角系アゴニスト(プラミペキソールとロピニロール)において頻度が高い。 特に前兆なく突然睡眠に陥る突発睡眠は、交通事故や外傷の原因になるので服用者には車の運転や危険作業への従事はしないように注意する。 現在、わが国のDAではブロモクリプチン(1985年発売)、ペルゴリド(1994年発売)、タリペキソール(1996年発売)、カベルゴリン(1999年発売)、プラミペキソール(2004年発売)、ロピニロール(2006年発売)が利用可能である。 ブロモクリプチン、ペルゴリド、カベルゴリンは麦角系であり、タリペキソール、プラミペキソール、ロピニロールは、非麦角系である。 DAの使い方としては、発症年齢が70歳未満であれば、運動合併症状の抑制効果のためレボドパより先に使用することが治療指針で求められている。 運動合併症状の発現では、DAを使用してからレボドパを併用したほうがその発現は減少することが報告されている。 一方、レボドパより多彩な副作用が出現する。 麦角系では、心臓弁膜症、非麦角系では眠気などの問題が指摘されている。 また下肢の浮腫もDAでその頻度が高いことがいわれている。 DAには運動症状を改善させる作用のほか、気分障害に効果を示すことが報告されている。 特にD3刺激作用のあるDA(プラミペキソール、ロピニロール)には、気分障害の改善のほか、実験レベルであるが神経再生作用が報告されている。 ドーパミン前駆物質とドーパミン受容体作動薬の使い分け ドーパミン受容体作動薬(ドーパミンアゴニスト)とは、分泌が悪くなっている生理的ドーパミンの代わりにドーパミン受容体に結合することで、生理的効果をもたらそうとする薬物のことです。 ドーパミン前駆物質とドーパミン受容体作動薬とはどのように区別し使っていけばよいのでしょう。 どちらが効果的かといえば、直接ドーパミンを増やすドーパミン前駆物質のほうが劇的な効果が目に見えると考えます。 しかしながら、パーキンソン病は進行性の変性疾患であり、薬物療法は長く継続しなければならないと考えると、ドーパミン前駆物質だけを使うわけにはいかないのです。 生体内では必要なときにドーパミンを分泌するように調節していますが、ドーパミン前駆物質によるドーパミン補充は、化学物質の代謝による濃度変化に頼るしかなく、時には必要のないときにもドーパミンが過剰にある状態をつくってしまいます。 そうなると幻覚・妄想といった精神症状を引き起こしてしまうことがあるのです。 また長期に服用すると、ドーパミンの受容体が多すぎる刺激を回避するために、自らの作動性や感受性を落としたり、受容体の数自体を減らすといったダウンレギュレーションを導いてしまいます。 そうした理由から、病初期にはできる限りドーパミン前駆物質ではなく、ドーパミン受容体作動薬を用いたい、ということになります。 また病末期には、今度は効果が期待できないという理由でドーパミン前駆物質が使えなくなります。 パーキンソン病は神経変性疾患ですから、病末期にはドーパミン前駆物質がドーパミンへ変化する場所させなくなってしまうからです。 こうした理由により、パーキンソン病治療においては、まず「病初期」には「ドーパミン受容体作動薬」を、その効果が期待できなくなるまで使います。 次に「病末期」までの間は「ドーパミン前駆物質」を使います。 そして「病末期」に、「ドーパミン前駆物質」の効果がみられなくなったときから再び「ドーパミン受容体作動薬」を用いるようにしています。

次の

認知症の種類:早期パーキンソン病の治療【教えて!認知症予防】

ドパミン アゴニスト

麦角系;ブロモクリプチン(パーロデルなど)、ペルゴリド(ペルマックスなど)、カベルゴリン(カバサールなど) 非麦角系;タリペキソール(ドミン)、プラミペキソール(ビ・シフロール・ミラペックスLAなど)、ロピニロール(レキップ・レキップCR)、ロチゴニン(ニュープロパッチ) 抗パーキンソン薬には、レボドパ製剤、ドパミンアゴニスト製剤、アマンタジン、抗コリン製剤、ドロキシドパ、セレギリン、エンタカボン、ゾニサミドなどがあり、これらの薬剤でみられる副作用で頻度の高いものに、吐気・嘔吐などの消化器症状、起立性低血圧、幻覚・妄想、日中過眠(車の運転に注意)、足背・下腿浮腫などが挙げられます。 副作用モニター情報では、過去に「メシル酸ペルゴリドによる下腿浮腫」(<259>2006年12月)と「パーキンソン治療薬による突発的睡眠の副作用に警告」(<286>2008年4月)を取り上げました。 本稿では、抗パーキンソン薬のなかでもドパミンアゴニスト製剤の「突発的睡眠」と「下腿浮腫」、および「衝動抑制障害」の副作用について取り上げます。 1、突発的睡眠の副作用について ドパミンアゴニスト製剤は、脳内のドパミン受容体に作用してドパミン様の薬理作用を示し、麦角系と非麦角系に分類されます。 麦角系には、ブロモクリプチン(商品名パーロデルなど)、ペルゴリド(商品名ペルマックスなど)、カベルゴリン(商品名カバサールなど)があり、非麦角系には、タリペキソール(商品名ドミン)、プラミペキソール(商品名ビ・シフロール・ミラペックスLAなど)、ロピニロール(商品名レキップ・レキップCR)、ロチゴニン(商品名ニュープロパッチ)があります。 このうち麦角系製剤は長期の使用で心臓弁膜症をきたすことがあり、原則として非麦角系で治療を開始し、その効果が不十分または忍容性に問題がある場合のみ使用されるようになりました。 非麦角系ドパミンアゴニストによる突発的睡眠については、2008年3月の医薬品・医療機器安全性情報No,245で注意喚起が行われ、添付文書の【警告】の項に「突発的睡眠により自動車事故を起こした例が報告されているので、患者に本剤の突発的睡眠及び傾眠等についてよく説明し」という一文が 追加になりました。 2015年7月現在で、改めて直近3年間の全ての抗パーキンソン薬の副作用モニター報告の抽出を行いましたが、この中で突発性睡眠の報告は、プラミペキソールで4件(うちレボドパ製剤併用2件)、ロピニロールで3件ありました。 レボドパ製剤単独での報告も1件ありましたが、非麦角系製剤に多くみられています。 報告の中では、プラミペキソールのメーカー情報として、「2014年8月末までの市販後調査では、ビ・シフロール65件、ミラペックスLA5件で、発生機序は解明されていないが、ドパミン受容体の過剰刺激により起こりうるとされている。 時期については用量を増やす際に比較的多く発生するが、服用中どの時期でも起こる可能性は充分にある。 また一番早く発現した例は投与開始後1週間から10日である一方、投与開始後1年以上経過したのちに発現した例もある。 その中には傾眠や過度の眠気のような前兆を認めなかった」また、「以前は非麦角系製剤で特徴的といわれたが、麦角系やレボドパ単独でも発症しうることがしられている」との記載がありました。 ひき続き注意の必要な副作用です。 2、下腿浮腫の副作用について 2006年のモニター情報<259>では、メシル談ペルゴリドを取り上げましたが、今回(2015年7月)あらためて直近3年間の副作用を抽出したところ、カベルゴリン(商品名カバサールなど)で1件、プラミペキソール(商品名ビ・シフロールなど)で2件、アマンタジン(商品名シンメトレルなど)で1件の浮腫の副作用報告がありました。 【症例】70代男性 1年以上前から、プラミペキソール2. 入院時より下肢の浮腫を認める。 薬剤による副作用を疑い、プラミペキソールからブロモクリプチン10mgへ変更。 変更後浮腫改善、体重も1kg減となった。 報告者の意見では、「発症機序は不明だが、ドパミンアゴニストが循環系に影響を及ぼすことが考えられている。 今回はアゴニストの切り替えで改善したが、切り替えを行っても効果が見られない場合がある。 発現期間は比較的長く1年という傾向である。 対処方法に関しては、減量・変更・中止を考慮する。 なお変更によっても変わらない場合もあり、最終的には中止ということになる。 」との記載がありました。 また、90代男性のプラミペキソールの両足浮腫の症例での報告者の意見では、「プラミペキソールに伴う副作用とした下腿浮腫とその危険因子に関する臨床研究がアメリカで報告されている。 フィラデルフィアの退役軍人病院にて行われた研究で、273名の患者がプラミペキソールを服用していた。 このうち38名(16%)に下腿の浮腫が認められた。 検討した危険因子としては特発性パーキンソン病であること、冠動脈疾患の既往、糖尿病の既往の3つが判明した。 内服量と発生率および重症度については関連がなかった。 治療開始後最初の1年間に出現する危険性は7. 7%で、冠動脈疾患の既往のある患者ではより進行が早かった。 結論として下腿浮腫はプラミペキソール内服中の患者に少なからずみられる副作用であり、冠動脈疾患の既往は危険因子として重要である。 」との記載がありました。 3、衝動抑制障害の副作用について レボドパ製剤やドパミンアゴニスト製剤の副作用として病的賭博の副作用が知られています。 2013年10月の使用上の注意の改正で、「病的賭博、病的性欲亢進」の記載に加え、「強迫的購買、暴飲」が追加となっています。 民医連の直近3年間の副作用抽出症例のなかにも衝動抑制障害の報告が1例報告されていました。 【症例】60代女性 動き悪くロピニロール徐放錠2mg服用開始。 ビ・シフロール1mg継続併用。 買い物で、商品を篭からだしてもまた篭に戻してしまう。 食べたいという欲求を抑えられない。 との訴えがみられた。 開始49日目にロピニロール中止。 中止14日後には食欲がおさまった。 その後異常な買い物衝動はなし。 レボドパ製剤又はドパミンアゴニスト製剤を服用することで、ドパミンによる精神系の過剰刺激や特に視床下核の脳深部刺激によって、脱抑制性の病的精神状態に陥る事があります。 この脱抑制性の病的精神状態とは具体的には、病的賭博(個人的生活の崩壊等の社会的に不利な結果を招くにもかかわらず、持続的にギャンブルをくりかえす状態)、買い物依存、性行動亢進、過食、爆発的攻撃行動など衝動抑制障害と呼ばれる状態、他人から見て何も今する必要のないことに没頭して寝食や服薬、排泄を忘れる反復常同行動、ドパミン作動薬を過剰に求めるドパミン調整異常症候群などをいいます。 薬剤の減量調整や中止(運動症状の悪化を考慮)により回復しますが、これらの副作用は本人には気付きにくいこともあり、家族等にも症状について説明することが重要となります。 頻度は少ないものの注意すべき副作用です。 画像 東京民医連 みさと協立病院薬剤師 **新連載ご案内【薬の副作用から見える医療課題】** 全日本民医連では、加盟する約650の医療機関や350の保険薬局からのデータ提供等を背景に、医薬品の副作用モニターや新薬評価を行い、およそ40年前から「民医連新聞」紙上(毎月2回)などで内外に情報発信を行ってきました(下記、全日本民医連ホームページでご覧になれます)。 今般、【薬の副作用から見える医療課題】として疾患ごと主な副作用・副反応の症状ごとに過去のトピックスを整理・精査し直してまとめ連載していきます。 <【薬の副作用から見える医療課題】当面連載予告> 2.アルツハイマー治療薬の注意すべき副作用 3.味覚異常・聴覚異常に注意すべき薬剤 4.睡眠剤の注意すべき副作用 5.抗けいれん薬の注意すべき副作用 6.非ステロイド鎮痛消炎剤の注意すべき副作用 7.疼痛管理に使用する薬剤の注意点 8.抗けいれん薬の副作用 9.抗精神薬などの注意すべき副作用 10.抗うつ薬の注意すべき副作用 以下、58まで連載予定です。

次の

レボドパ製剤の換算どうしている?

ドパミン アゴニスト

残念ながらパーキンソン病の原因はいまだに詳しくわかっていません。 そのため完治は難しい病気です。 しかし、脳内で不足しているドーパミンを補うことで症状が軽くなることが分かっています。 ドーパミン自体を飲んでも脳内に達しないので、L-ドーパという前駆物質を服薬します。 L-ドーパは脳中でドーパミンに変化します。 現時点では、これがもっとも理にかなった治療だといえます。 しかしL-ドーパ製剤は長期服薬すると効果が減弱し、症状に日内変動(よくなったり、悪くなったり)が見られたり、ジスキネジアといった不随意運動(自分の意志に関わりなく身体が動いてしまう症状)が出現するようになったりします。 このため、高齢者や認知症(痴呆症)の合併者以外は、まずほかの薬(抗パーキンソン薬)で治療をすることが必要です。 早期パーキンソン病の治療ガイドライン 日本神経学会ではパーキンソン病の治療ガイドラインを発表しました。 高齢者(ひとつの目安として70~75歳以上)および認知症(痴呆症)の合併患者以外はドパミンアゴニストから開始する。 ドパミンアゴニストで関心が強い場合や十分な効果が得られない場合はL-ドーパを併用する。 この2種類でも症状の改善が不十分な場合は、抗コリン薬または塩酸アマンタジンを併用する。 ドパミンアゴニストを使用する際はドンペリドンを併用するとスムーズに誘導することができる。 L-ドーパを開始する場合モノアミン酸化酵素B阻害薬を同時に併用してもよい。 治療期間が長くなる若年者の場合、抗コリン薬あるいは塩酸アマンタジンで数年間の治療が可能であれば、L-ドーパ開始を遅らせることができる。 L-ドーパ(DCI合剤)は、L-ドーパが脳に入る前に分解されにくく工夫された薬物。 L-ドーパといえば、通常この合剤のことが多い。 抗パーキンソン薬について ドパミンアゴニスト 脳内でドーパミンを受け取る部分であるドーパミン受容体を直接刺激することで、パーキンソン病の症状を軽減する、ドーパミンもどきの薬といえる。 抗コリン薬 パーキンソン病では、脳(綿条体)の中でドーパミンが少なくなることにより、相対的にアセチルコリンという物質が優位に立つと考えられている。 このアセチルコリンを抑えることで、パーキンソン病の症状を緩和させる。 塩酸アマンタジン A型インフルエンザウイルスの治療薬。 脳細胞を刺激してドーパミンの分泌を活発にする。 モノアミン酸化酵素B阻害薬 ドーパミンの分解を阻害し、作用時間を延長する。 ドロキシドパ 脳内でノルアドレナリンという物質に変わる。 パーキンソン病の進行期にみられるすくみ足に有効な場合がある。 進行期パーキンソン病の問題点.

次の