ピクサベイ 著作権。 【無料】Pixabay(ピクサベイ)の使い方と注意すべき点を徹底解説【ワードプレスのプラグイン】

【使い方解説付】ブログで使えるおしゃれなフリー写真素材サイト

ピクサベイ 著作権

Pixabay(ピクサベイ)とは? ドイツに本拠地がある世界中で利用されている著作権フリーのサイトで、写真画像は100万点以上、イラスト(ベクター素材含む)は30万点以上、動画も数千点掲載があり、会員登録もなく自由に使用することができます。 使い方 トップページにgoogleの様な大きな検索のバーがあるので、そこに希望の画像のキーワードを打ち込むだけです。 例えば「打ち合わせ」「レーザー加工」「溶接」などのキーワードです。 そうすると写真にタグ付けされた情報を元に関連する画像が出てきますので、その中から使用したい画像を選び、「無料ダウンロード」をするだけです。 こちらは「溶接」のキーワード検索をしてダウンロードしてきた画像です。 その他にもこの様な画像がありました。 上手い検索の仕方1:キーワードを近しいものに変える 例えば、先ほど出てきた「打ち合わせ」というキーワードですが、実際に検索してみるとほとんど画像ができてません。 何故か白菜の画像が出てきます。 そういう場合は、別の角度からキーワードを設定して検索をしてみる事です。 例えば「会議」「契約」「ビジネス」などです。 上手い検索の仕方2:キーワードを英語に変換する 日本語にも対応していますが、英語で検索してみると結果が良くなることも多いです。 今回の場合で言えば「meeting」といった感じです。 WordPressの場合はプラグインも有り 自社のホームページがWordpressで構築されている場合は、プラグインでpixabayの画像挿入用のプラグインがありますので、わざわざサイトにアクセスして、ダウンロードしてきて、アップロードということをしなくても管理画面から直接画像を挿入することもできます。 プラグインを追加するとメディアを追加の隣に表示されるようになり、管理画面から画像の検索と挿入ができるようになります。 注意点 自由に画像を使用できるサイトですが、いくつか注意点があります。 注意点1:広告が出る 無料で画像を使用できるということもあって、様々なところに広告が出ています。 特に選択した写真の下に4つ関連する魅力的な画像が表示されますが、これは広告の画像で別のサイトの画像で有料素材です。 また、検索結果の上の4枚の画像も同様に別サイトの有料素材の画像です。 とはいえスポンサー画像も1画像につき高くても1,000円程度なので、どうしても欲しいという画像があったら検討の余地はあると思います。 注意点2:ごく稀に注意が必要な画像がある pixabayの運営方法として大量のユーザー登録をした方から、画像をアップロードしてもらいそれを著作権フリーとしてダウンロードしているという状態です。 もちろん運営側の承認のもとで掲載がされているわけですが、ごく稀に注意が必要な画像存在します。 ユーザーからアップロードされた画像が著作権侵害の画像で、それをpixabayが承認してしまい、それを使用したことでgoogleから注意が来たという事例もあるそうです。 参考: ほとんどの画像は問題ないですが、重要なところに使用するのに心配な場合は使用を控え、あくまでもイメージ画像として使用するぐらいに留めておいてください。 やはり自社で撮影した写真には適わない 自由に使えるフリー画像はプロ、もしくはそれに準ずる方々が写真なのでキレイに撮影されているのは確かですが、そればかりを使ってしまうと、なんだか自社のホームページが噓くさい感じになってしまうこともあります。 最終的には自社で撮影したオリジナルの写真に適うものはありませんので、自社のありのままを堂々とアピールできるように、普段から5S活動などにも力を入れましょう。

次の

完全著作権フリー最強素材サイト「Pixbay」の使い方 無料で使える商用利用OK!

ピクサベイ 著作権

こんにちは、ワチイツキです。 ブログの記事に画像を貼ってる人は多いですよね。 内容が伝わりやすくなり、見た目も華やかになりますから。 ただ、イメージ通りの画像を見つけるのは難しい。 加えて、著作権やら所有者の権利やら、いろいろ注意するべきことも多く、毎回それらを意識しながら画像を探してたら時間ばかり食ってしまいます。 そこで便利なのが 『Pixabay ピクサベイ 』という無料で利用できる画像サイト。 ほとんどの画像が、「商用利用OK」且つ「著作権表記ナシ」で使っても大丈夫なので、本当に便利なサイトです。 さらに、画像加工してもいいという太っ腹ぶり。 私はブログに画像を貼りたいときには、まずはこのサイトで探すのがお決まりになってます。 海外サイトではあるんですが、日本語にも対応しているため、私のような英語が大の苦手な人間でも簡単に使えるのが嬉しい。 そこで今回はそんな 『Pixabay ピクサベイ 』の使い方について紹介することにします。 よければこの記事を参考にしながら使ってみてください。 画像枚数は1600万枚以上• ハイクオリティ• 著作権フリー• 商用利用可能/著作権表記不要• 日本語対応 「Pixabay」はパブリックドメインとして、世界中の人と写真・イラスト・ベクトルグラフィックなどの画像を共有できるサイト。 パブリックドメイン(public domain)とは、著作物や発明などの知的創作物について、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことをいう。 日本語訳として公有という語が使われることがある。 (引用:) 世界中のフォトグラファーやクリエイターの投稿によって成り立ってるサイトで、素材は年々増加しています。 利用する場合の注意 著作権フリーで使い安いサイトではあるのですが、絶対安心だと思って使うのは少しだけ危険なこともあります。 Pixabayは創作に意欲的なコミュニティであり、著作権フリーな画像や映像をお使いいただけます。 すべてのコンテンツはPixabayライセンスにおいて公開されています。 営利目的であっても著作者に対する許可やクレジットは不要で安全にお使いいただけます。 これらの画像は、商用、非商用を問わず、コピー、改変、再配布することができます。 利用に関する許諾や使用料の支払いは必要ありません。 しかし、 画像の中には商標やパブリシティ権、プライバシー権などに基づき保護されているものが含まれます。 ほとんどの画像はフリー扱いなんですが、なかにはその範囲に含まれない画像もあるため、何の確認もせずに使用すると問題になる可能性もあります。 『Pixabay』の使い方 使い方は非常に簡単ですが、最初は慣れない部分もあるでしょうから、使い方を紹介しますね。 サイトに登録しなくても利用は可能です。 無料だからといって、ダウンロード枚数に制限もありません。 キーワードを入力して画像を検索 基本は他の画像サイトと同じでキーワード検索です。 海外サイトは英語入力でないとダメなケースが多いのですが、Pixabayは日本語入力で全く問題ありません。 試しに「秋」のキワードで検索してみると、以下のように表示されます。 ここで注意して欲しいのが、画像の青枠で囲んでいる「Shutterstock」と表記されてる画像は、スポンサー画像なので 有料です。 Pixabayとは違うサイト。 ただ、画像のクオリティと種類はPixabayを上回るので、無料では物足りなくなったら使ってみるのもアリかと。 そして、スポンサー画像の下にある赤枠で囲んでる部分がPixabayの画像になります。 こちらは無料で使えますからね。 欲しいイメージを絞り込む キーワードを一つ入力するだけだと、範囲が広すぎて希望の画像を見つけるのに時間が掛かってしまうかもしれません。 そういう場合は、条件を設定することによってかなり範囲を絞ることができます。 例えば、「秋 犬」というように2つの単語を入力すると このようにかなり絞れます。 また、「秋」関連の「人物」画像が欲しい場合、そのまま「秋」の結果から探すとなると、「人物」以外の画像もたくさんあるので非常に大変。 このサイトを使ってみた印象は、特に「自然」の画像が多いんですよね。 なので、お目当ての人物画像がなかなか見つからないこともよくあり、それがちょっとしたストレスにもなってしまうことも。 その場合、検索前でも後でもいいので、カテゴリーを「人々」にしておくと、完全ではないけど人物画像に絞ることができます。 これだけの設定でも ページを更新してみると、 このように「秋の人物」に絞れるので、イメージの画像を発掘しやすくなりますよ。 カテゴリー以外にも、画像、写真の向き、サイズ、色など、条件付けができますからね。 また、それでも見つからない場合は、 上の画像の赤枠で囲んでる位置(無料画像枠の右上)に、入力したキーワードと関連してるキーワードが表示されるようになってます。 もしかしたら関連キーワードの中にお目当ての画像があるかもしれません。 あと、 画像にはそれぞれタグが設定されているので、イメージが近い画像の中にヒントがある可能性もあります。 工夫をすれば画像はかなり絞り込めますし、探す角度を変えてみることで、イメージにマッチする画像が見つかりやすくなりますよ。 ダウンロード方法 もしイメージ通りの画像を見つけられたなら、その画像をクリックしてみてください。 すると、以下のように表示されます。 このように表示されたら、 赤枠の「無料ダウンロード」をクリックしてください。 画像サイズの選択欄が出てくるので、あとは希望のサイズを選んでダウンロードするだけ。 ただ、次に大きい画像を選んだ場合は、 このような確認画面が表示されるので、チェックを付けてからダウンロードボタンをクリックしてください。 この確認画面は、会員登録すれば表示されなくなります。 一番大きい画像をダウンロードする場合には、会員登録が必要になるのでご注意を。 でも、会員登録も無料ですぐに出来るので特に困ることはありません。 画像の利用条件を確認しておく 画像の利用によるトラブルを回避するためにも、利用条件はしっかり確認しておいてください。 先ほど紹介したダウンロード画面のダウンロードボタンの下に、「Pixabay License」と表示されています。 この表記があるなら、商用利用可能、コピーライト不要、画像加工もご自由にという証になります。 この表記がない場合はその枠から外れますけど、いままでこれ以外の表記は見たことないので、ほとんどの画像にこの表記が付いてると思われます。 クリエイターにコーヒーをおごる感覚で寄付もできる 「Pixabay」は基本的に無料で制限なくいくらでも使うことができます。 ですが、素材を投稿してるクリエイターに寄付という形で応援することもできるんです。 ダウンロード画面の「コーヒー」ボタンから寄付ができますよ。 なんでコーヒーなのかと言うと、「コーヒー代をおごる」というコンセプトなんだそうです。 これはとても良い仕組みですね。 もし、応援したい投稿主がいるのなら、感謝の気持ちも込めて寄付してみるのも良いと思いますよ。 『Pixabay ピクサベイ 』の登録方法 Pixabayは特に会員登録しなくても普通に使えます。 ダウンロード枚数が制限されることもありません。 ただ、その場合はダウンロードする度に、ロボットでないことを証明する必要があります。 まあ、逆に言えばその程度のことしかないとも言えますけど。 もし、それが不便に感じるなら、会員登録すれば利便性はより高くなります。 まあ、どうせ無料ですからね。 登録するのにお金も手間も掛からないのでやって損することはありません。 会員登録はサイト右上の「サインアップ」からできます。 ユーザーネームはなんでもいいです。 その後、登録したメールアドレスに確認用のメールが届くので、それを確認すれば登録完了。 それか、Googleアカウントを持ってるなら、アカウントを一つ選択すれば一瞬で登録完了します。 こちらの方が簡単なのでオススメ。 これで画像をダウンロードする度にいちいち認証する必要がなくなります。 まとめ どうでしょう、参考になりましたか? 「Pixabay」はブログを運営してる人にとっては本当に便利な無料画像サイトです。 画像枚数が多く、質も良く、海外サイトなのに日本人でも簡単に使えます。 「Pixabay」はこんなサイト。 画像枚数は1600万枚以上• ハイクオリティ• 著作権フリー• 商用利用可能/著作権表記不要• 日本語対応 有名なサイトなので知ってる人は多いでしょうが、もしまだ使ったことがないのなら是非利用してみてください。 出来ることがいっきに広がりますよ。 おわり!.

次の

【商用利用OK】フリー素材のPixabay(ピクサベイ)の優れたポイント・特徴

ピクサベイ 著作権

Pixabayとは? URL: Pixabayとは、商用利用可能(アフィリエイトサイトもOK)、クレジット表記不要、加工可能な 「クリエイティブコモンズCC0(いかなる権利も所有しない)」という写真・画像を集めたサイトです。 Pixabayとは? Pixabayは著作権のない画像や動画を共有する、活気のあるクリエイティブコミュニティです。 すべてのコンテンツは クリエイティブコモンズCC0の下で公開されています。 これにより、たとえ商業目的であっても、許可を求めたりアーティストに信用を与えることなく安全に使用できます。 写真を使ってもいいですか? これらの画像は、 商用、非商用を問わず、コピー、改変、再配布することができます。 利用に関する許諾や使用料の支払いは必要ありません。 しかし、画像の中には 商標やパブリシティ権、プライバシー権などに基づき保護されているものが含まれます。 詳しくはブログをご覧ください。 出典:Pixabay「」 「商標やパブリシティ権、プライバシー権などに基づき保護されているものが含まれます。 そういう場合は、 「英単語」を入力すると異なる結果になる場合があります(Googleで「和英 **」と検索すれば大体わかります)。 例えば、「星」と 「star」みたいな感じですね。 日本語と英語が1:1で置き換えられるような簡単な名詞はいいのですが、そうでない場合は、変な検索結果が登場することもあります。 私は、まず日本語で、次に英単語を入力して検索してます。 2.関連の写真・関連のキーワード 選んだ写真の下には、「関連の写真」が出てくるので、念のため見ておきましょう。 そして、さらに下には写真にタグ付けされた「キーワード」が出てくるので、ぴったりくる検索語があれば、クリックしてみましょう。 「プラグイン」>「プラグインを追加」で「Pixabay Images」を入れると、出てきます。 インストールして有効化すると、「新規投稿画面」にボタンが出てきます。 これを選ぶと検索できるようになるので、例えば、「星」と入れると次のように画像が選べます。 右下は「ポインセチア」で「クリスマスの星(ベツレヘムの星)」とも。 わざわざパソコンに画像を保存するのが面倒な方はプラグインを使ってもいいかもしれませんが、 検索するときに一覧表示が少なくなってしまうので、私は使っていません。 フリー画像サイトの著作権侵害リスク さて、ここまでススメておいて最後に大事なことを書かないといけないのですが、「Pixabay」を含む「クリエイティブコモンズCC0(いかなる権利も所有しない)」と言っているフリー画像サイトの リスクです。 実は、次のような記事で フリー画像のトラブルが報告されております。 でじねこ. どうやら推測するに、flickrでパクった画像をPixabayにあたかも「ぼくの作品です」と語って投稿したやからがおったんでしょうなあ。 そうとは知らず「この写真画像、ええやん」ってダウンロードして使った我々「善良な第三者」が「著作権侵害者」としてGoogleさんに摘発されたと。 出典:まろろぐ「」 この記事を最初に見たときは、びっくりしました。 Pixabayのほとんどの画像が上記のような問題とは関係がないと思いたいですが、中には運悪く(?)著作権侵害でGoogleさんから警告を受けるリスクもあるので、それを知った上で使うかどうかをご判断いいただければと思います。 終わりに 画像は権利関係がムズカシイです。

次の