ハイラックス スポーツ ピックアップ。 ハイラックススポーツピックアップ(トヨタ)の中古車

新型ハイラックス Z“Black Rally Edition” 続々入庫!ARBキャノピー、TRDスポーツバー、LINE

ハイラックス スポーツ ピックアップ

詳細条件• ディーラー車• 登録済未使用車• 左ハンドル ミッション/駆動系/乗車人数• 8名 エンジン種別• ハイブリッド• オプション• フロントカメラ• 全周囲カメラ• 衝突被害軽減システム• フルエアロ• スマートキー• CDナビ• 横滑り防止装置• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• シートヒーター• 盗難防止装置• 3列シート• 電動リアゲート• パークアシスト• アイドリングストップ• サイドエアバッグ ボディタイプ• 価格帯• 5万円以下• 10万円以下• 15万円以下• 20万円以下• 25万円以下• 30万円以下• 35万円以下• 40万円以下• 45万円以下• 50万円以下• 基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の

ハイラックス(トヨタ)の中古車

ハイラックス スポーツ ピックアップ

5代目トヨタ ハイラックスは、2WD(後輪駆動)と4WDでデザインが異なり、2WDはフレアのないすっきりしたフェンダーを持ち、4WDはフレアのあるたくましい印象のオーバーフェンダーを持つ。 このため4WDの全幅は後輪駆動より40mm広い。 エンジンは、2WDに1. 8L ガソリンエンジン(2Y型)と2. 4L ディーゼルエンジン(2L型)、4WD用に2L ガソリンエンジン(3Y型)と2. 8L ディーゼルエンジンの4種類を用意。 また、2WDモデルのAT搭載車を拡大し、4WDのショートボデー車に高級仕様のSSRパッケージを新設定するなど、幅広いニーズに応えたラインナップとなる。 乗り心地の向上とバリエーションの拡大 1991年のマイナーチェンジで、ダブルキャブ4WDモデルのフロントサスペンションがダブルウィッシュボーン/トーションバースプリングの独立式に変更され、乗り心地と安定性が向上。 1994年には、後輪駆動車のエンジンが4WDモデルと同じ2L ガソリンエンジン(3Y型)と2. 8L ディーゼルエンジンに変更。 また、4WD車に2. 4L ターボディーゼルエンジンが追加される。 フォルクスワーゲンにOEM供給 ハイラックスは、日本だけでなく世界各国で販売され、北米仕様では日本には無い3. 0リッターV6エンジンをと際したモデルも存在する。 また、1989年、トヨタとフォルクスワーゲンの提携によって、VWのハノーファー工場で生産され、欧州において「トヨタ ハイラックス」と「VW タロー」の名で販売されていた。

次の

トヨタ・ハイラックス

ハイラックス スポーツ ピックアップ

トヨタが、ピックアップトラック「ハイラックス」のビッグマイナーチェンジ日本発売を予定しています。 改良により魅力をアップする新型ハイラックスのスペックや価格などを最新情報からご紹介します。 トヨタ・ハイラックスは、2017年9月に日本で13年ぶりに復活導入されたピックアップトラックで、世界およそ180か国で販売され、累計販売台数は1800万台以上という大人気モデルになっています。 新型ハイラックスは2020年6月4日に欧州でマイナーチェンジモデルが公開され、大幅改良により新しいデザインを導入するとともに、安全装備や走行システムなどを見直すことで魅力をアップ。 日本発売日は、2020年8月19日が予定されています。 新しいエクステリアデザインを採用• アイドリングストップ機能を追加• 水冷インタークーラーを採用• 後部座席シートベルトリマインダーを採用• 新しいショックアブソーバーやブッシュ、板ばねの設計変更により空荷時の乗り心地を向上• 「X」グレードに、「オプティロンメーター」「TFTマルチインフォメーションディスプレイ」を装備し、ステアリングスイッチを「Z」グレードと共通化• 「Z」グレードに、「前後クリアランスソナー」「LEDリアランプ」「オートLSD」を装備• 新しいボディカラーを設定• 特別仕様車「ブラックラリーエディション」を廃止• 海外仕様に2. 悪路の走破性を向上するリヤデフロックの設定を拡大し、全車標準• 安全システムを改良し、プリクラッシュセーフティの検知機能を向上。 特別仕様車「ハイラックス・ブラックラリーエディション」を追加設定。 ハイラックス X:3,471,000円• ハイラックス Z:3,876,000円 トヨタ新型ハイラックスの価格は、質感や装備を改善することでアップしています。 アップ幅は商用向けグレードとなる「X」で9万円ほど、上位グレードの「Z」で5万円ほどとなり、これまで特別仕様車として設定されていた「ブラックラリーエディション」は廃止されます。 ハイラックス X:338万2500円• ハイラックス Z:382万5800円• フロントはグリルを大型化し、ワイドさを強調するバンパーを採用。 ヘッドライトもハロゲンから「Bi-Beam LED」に変更することで、精悍な表情がつくられています。 商用向けグレードとなる「X」では、フロントフォグランプがLEDとなり、フードモールをブラックからグレーメタリック、テールゲートがメッキからブラックに変更されます。 新型ハイラックスのボディカラーは、新たに「オキサイドブロンズメタリック」「ダークブルーマイカ」の2色が設定され、「クリムゾンスパークレッドメタリック」「ネビュラブルーメタリック」の2色が廃止されます。 商用向けグレードとなる「X」では、アナログメーターからオプティロンメーターに変更され、TFTマルチインフォメーションディスプレイを装備。 また、ステアリングスイッチが上位グレード「Z」に統一されます。 その他、新型ハイラックスでは、後部座席にシートベルトリマインダーが装備されます。 【日本仕様】【改良】 ・エンジン:直列4気筒2. 4Lディーゼルターボ ・最高出力:150ps ・最大トルク:40. 8kgm ・トランスミッション:6速AT ・最大牽引力:3500kg• 【海外仕様】【新設定】 エンジン:直列4気筒2. 0kgm トヨタ新型ハイラックスのエンジンには、低速トルクを太くし走りの評判もいい2. 4Lディーゼルターボエンジンが搭載されます。 改良では、水冷インタークーラーを採用することで高い走行性能を安定して発揮できるように。 アイドリングストップ機能も追加することで、燃費性能が改善します。 また、新型ハイラックスでは足回りも見直され、ロングストロークとしたショックアブソーバーや新しいブッシュ、板ばねの設計変更により、空荷時の乗り心地を向上。 トランスミッションには、海外で6速MTもラインナップされていますが、日本仕様のトランスミッションには6速ATが設定されます。 悪路走破!トヨタ新型ハイラックスの走行システムは? 新型ハイラックスの走行システムには、悪路でのスタックを防ぐアクティブトラクションコントロールが搭載されます。 4WDシステムは、後輪駆動のH2モードと、前後輪の動きをロックして高いトラクション性能を発揮するH4モード(舗装路走行不可)、さらにH4モードからギヤ比を低くすることで急坂も難なくのぼるL4モードを用意するパートタイム4WDシステムを搭載。 それでも走行が難しい路面を走行するユーザーのためには、対角の2輪のグリップ力が低く駆動力が逃げることで発生する「対角線スタック」からもリア左右輪をロックすることで脱出可能とするリヤデフロックが用意され、2019年の改良時に全車標準搭載されています。 4Lディーゼルターボ&6速AT:12. システムには検知機能を向上したプリクラッシュセーフティが搭載され、夜間の歩行者や昼間の自転車運転者にも対応。 レーンディパーチャーアラートには、警報だけでなく逸脱抑制も行うヨーアシスト機能が搭載されます。 さらに、適切な車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)、道路標識をディスプレイに表示し見逃し防止をサポートするロードサインアシスト、前方のクルマの発進を知らせる先行車発進告知機能を採用。 改良では、上位グレードとなる「ハイラックスZ」に前後クリアランスソナーを採用することで、衝突回避支援機能が強化されます。 プリクラッシュセーフティシステム• レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)• レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)• ロードサインアシスト• 先行車発進告知• ホイールベース:3085mm• 最低地上高:215mm• 車重:2060kg• 乗員:5人乗り• しかし全幅は-125mmとなっており、車体後部は荷台とされていることで車重は-370kgと軽く仕上げられ、多くの荷物を積載することができるようになっています。 トヨタ・ハイラックスを試乗動画でチェック! トヨタ・ハイラックスは、注目度の高さから試乗動画が公開されています。 タフなつくりと、走りの楽しさが高評価を受けています。 強固!トヨタ新型ハイラックスのプラットフォームは? 新型ハイラックスのプラットフォームには、現行モデルで新開発されたラダフレームが採用されています。 新開発ラダーフレームは、前モデルと比較してねじり剛性を20%向上。 路面からの強い衝撃もしっかりと受け止め、タフな環境にも応える優れた耐久性のほか、オンロード走行での高い安定感と乗り心地にも貢献しています。 いつ?トヨタ新型ハイラックスの発売日は? ビッグマイナーチェンジを受けるトヨタ新型ハイラックスは、欧州で2020年6月4日に発表され、日本発売は2020年8月19日が予定されています。 トヨタは日本でブランド唯一のピックアップトラックとなっているハイラックスを復活導入から3年にあわせて改良することで、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。 車名の由来は「High」と「Luxury」を合成した造語となっており、乗用車なみの豪華さを持ったピックアップトラックを目指し開発されたことから採用されました。 過去にはハイラックスをベースに製作されたSUVの「ハイラックスサーフ」も販売され、大人気に。 7代目からは世界戦略車「IMVシリーズ」のピックアップトラック車種にハイラックスの車名を引き継ぎ世界的に販売されており、カローラの次に世界で売れているトヨタ車になっています。 日本では2004年まで6代目を販売していましたが、需要が少なくなったことから一旦販売を終了し、海外で2015年から販売されていた8代目が2017年9月に約13年ぶりの日本復活となり話題になりました。 海外では、イギリスBBCが製作する人気自動車番組「トップ・ギア」で過去にハイラックスの耐久実験が行われ、その知名度をアップ。 このテストでは、放送から13年前に生産された4代目ハイラックスの中古車を購入し、階段を下らせたあとに木に衝突、海中に5時間沈めたあとに、建物の解体に使用される鉄球などでさらにダメージを与えました。 しかし、ハイラックスは基本的な工具のみで走行可能にまで復活し、自走してスタジオに到着。 以降スタジオに長期間飾られていました。 トヨタ新型ハイラックスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の