グエン バン ヒュー。 「ヤン艦隊には、フィッシャーとグエンバンヒューがいるぞ!」【フジリュー版】#134 ヤン・ウェンリー大将 バーラト星系 降伏勧告

グエン・バン・ヒューとは (グエンバンヒューとは) [単語記事]

グエン バン ヒュー

アラルコン提督の部隊は同盟首都星ハイネセン軌道上を駐留場所とし、バラート星系および周辺宙域の警備を任されていた。 制式艦隊でないとはいえ、栄えある首都圏防衛の仕事は、やり甲斐のある任務だっただろう。 マルドゥークは部隊旗艦用途に開発された標準型戦艦のバリエーションである。 情報機能および指揮機能が向上しており、ハードウェア面では艦首上部のドーム構造や特徴的な艦橋などがその改装に該当すると思われる。 艦首ドーム状の盛り上がりは超光速通信機能を補強するアレイアンテナを格納している。 同盟軍艦でアンテナを内蔵するのは珍しいが、なにしろ設置場所が艦首ということもあり、都合でこうなったと考えられる。 艦橋は通常の戦艦と異なって露出式になっており、安全面を犠牲としているが、情報収集機能が艦橋構造と一体化しており、つまり物理的に直結しているぶん指揮性能は着実に上昇していると考えられる。 ロボットの頭部を連想させる艦橋はレダIIのものと似ている。 艦種の垣根を乗り越えて採用されているこのデザインラインは、開放型艦橋として一定の評価を得ているのだろう。 [4枚目以降はバトルシップコレクションの写真を使用予定] マルドゥークの艦隊制御能力はノーマルな標準型戦艦よりも上で、数千隻に達するようだ。 警備艦隊の編成艦数がおよそ1000隻から2000隻ていどであることを考えれば、これは完全なオーバースペックであるが、おそらくは制式艦隊の分艦隊旗艦としても働くことを想定しての設計だと思われる。 もっともユリシーズのように普通の標準型戦艦であっても、分艦隊連合という形で一個艦隊以上の部隊を操ることもフィッシャーのような名人さえいればいちおうは可能であり、ハードの差は創意工夫で挽回できる面もあった。 本艦には姉妹艦といえる類似艦がけっこう存在しており、おもに警備艦隊や防衛艦隊の旗艦に就役していた。 制式艦隊の分艦隊旗艦にはアイアース級 アキレウス級・パトロクロス級 をできるだけ充てようという動きがあり、マルドゥーク型の戦艦はあくまで小戦隊用の艦だったのである。 アムリッツァの歴史的大敗で同盟軍が疲弊すると、分艦隊旗艦に標準型戦艦を、という声があがった。 しかし従来型のマルドゥークやその仲間から、分艦隊旗艦へ栄転したものはおそらくはほとんど皆無だった。 分艦隊の指揮が可能だといっても、マルドゥーク型には機能面で色々と満足いかない部分があったようである。 なにしろ制式艦隊といえば大規模会戦が仕事の本分である。 日常的な小競り合いなど相手ではない。 求められるものがいろいろと変わってくるはずだ。 こうして新たに分艦隊旗艦級戦艦として開発されたムフウエセやアバイ・ゲセルなど新造戦艦が、マルドゥークらが指を咥えて見送るのを横目に、制式艦隊へ続々と配属されていった。 歴史にこのまま埋もれるかと思われたマルドゥークが活躍する機会はしかし、ふいに訪れた。 ヤン・ウェンリー大将の留守中にイゼルローン要塞へガイエスブルク要塞ごと、帝国軍が来襲したのである。 マルドゥークとその部隊はまるごと、臨時に編成されたヤンの増援艦隊へと編入された。 アラルコン少将の立場を考えると、おそらくは臨時艦隊の基幹部隊になったと思われる。 奇跡のヤンが織りなす用兵の妙技で、帝国軍の撃退にはほとんど損害を出さずに成功する。 しかしここでアラルコンは死神に魅入られた。 さらなる戦果を貪欲に求めた少将は、グエン・バン・ヒュー少将と競ってイゼルローン回廊を帝国側へと突出し、敗走する帝国軍残存艦隊を追撃した。 だが帝国の領域で追いついたのは帝国軍残存部隊ではなく、待ちかまえていた双璧たる、ミッターマイヤーとロイエンタールの両艦隊だったのである。 天才ヤンの手綱から放れた猛犬ごときが、誇り高い獅子と対抗できるはずもなかった。 マルドゥークに戦没以外の未来はなく、その確定した死神の鎌はまもなく下ろされたのである。 マルドゥークはファンタジーやSF系の作品によく登場する名で、バビロニア神話最強の神である。 ティアマトと争い打ち勝って、その体より天地を創造した。

次の

「ヤン艦隊には、フィッシャーとグエンバンヒューがいるぞ!」【フジリュー版】#134 ヤン・ウェンリー大将 バーラト星系 降伏勧告

グエン バン ヒュー

物語としてラインハルト陣営と、ヤン艦隊を引き立てなければなりませんから、その他を一段低く描く方が楽ですから。 艦隊の司令官になるような人はみなそれぞれ優秀なのです。 数百万人の命と莫大な費用がかかった艦隊の責任者ですから。 優秀だから良い結果になる、とは限りませんが。 本来なら精鋭揃いの軍人の中でも群を抜いて結果を出す「英雄」を描きたかったはずなのに、ヤンやラインハルトが戦果をあげられたのは相手が無能だったから、という印象にもなりかねないのは作品としては失敗ですね。 現実として考えるならば、無能や無謀な人材がトップになってしまう事は稀にあることです。 前者は謂わば公務員のように、ただ前例を繰り返すような作業をするだけで良い場合。 長い戦乱の中で戦闘が慢性化して、軍人や軍隊が公務員化した結果なのかもしれません。 後者は声が大きく体力などに自信がある人物が自らアピールを続け、実力以上の権限を持ってしまった場合。 アンドリュー・フォークがこのタイプですが、現実社会では新興企業や中小企業に多い事例でしょう。 両者とも現実の軍隊では司令官にはなり得ない、不適合と判断される人材ですが、そういった不適合者をあてがって穴埋めしなければならない程、長い戦乱の世で人材が枯渇していた結果なのかもしれませんね。

次の

グエン・バン・チュー

グエン バン ヒュー

ヤン一党も増えてきました 正直戦闘があまりにもあっけなさすぎて肩透かしーな気持ちもありますが、ヤン艦隊の「アッテンボロー」以外の面々が紹介されて、それはそれで楽しいからテンション上がりましたわ!フィッシャー少将とグエン・バン・ヒュー准将が出てきたことで、この後の色彩豊かな戦いが楽しみです。 やっぱりちょっと人が多い分、けど紹介を順番にしないと、わけわからなくなりますしね。 キャラクター。 なおかつ小説と違って情報量をマンガは削ぎ落とさずを得ない面もあるので、その点なんかはキャラを出す戦いを先に決めたりしてるのかな?こんな風に見やすい、そして活躍させつつ引き込まれるキャラ出しをする、フジリュー先生の手腕の素晴らしさに脱帽。 ということで、今週はヤン・ウェンリー、ハイネセンまでもう一歩というところですな!!• あらすじ ヤン・ウェンリーはアルテミスの首飾りを破壊するのに、ハイネセンの故事に習ったのか? アルテミスの首飾りをあっという間に破壊したヤン・ウェンリー。 救国軍事会議の面々の動揺は計り知れず、なおかつ市民からは「これはハイネセンの故事に習えということだ」と解釈されます。 ハイネセンの故事は前回の記事でも書きましたけど、「アーレ・ハイネセンの帝国からの脱出」リンクの話です。 氷をくりぬいてエンジンつけて宇宙船にしちゃったっていうアレ。 今回もアルテミスの首飾りは、氷の船で壊しちゃったから、それが同じだと言ったのですね。 ここで救国軍事会議に、心ならずも従っていた軍人は諦めて、銃を下ろしたメンツが多かったと書かれています。 市民は語ります。 「ハイネセンを思い出せと強いメッセージを込めたんだ」 「自由と平等をクーデターで奪われてはならないって俺たちに告げているのさ!」 ここで気になるのは、ヤンって、そういった故事を意識して、今回の作戦をやったのかという点。 初っ端は「市民深読みしすぎワロタ」と思ってましたが、そうでもないのかも。 普通に最短で一番安全な方法を考えただけな気もする。 けど、後々のアッテンボローのセリフを見てると、実はそこも計算のうちか?と思ってしまう。 ヤンに言ったら、頭をポリポリしながら「過大評価しすぎですよ」って言われるのかなぁ? 聞いてみたい。 第11艦隊との戦闘と、それに伴うヤン艦隊の重要人物の紹介 今回の戦闘では、ヤン艦隊の重要な人が何人も登場していますね。 アッテンボローは前々から、しかも結構最初の方から登場していましたが、今回はフィッシャー少将とグエン・バン・ヒュー准将が登場! 戦闘はさっぱりと描かれていましたが、ポイントはヤン艦隊のメンバー紹介。 面白かったのは、各メンバーの「別名」が書いてあったのが良かったなぁ。 個人的には別名一覧とかほしい笑 一番面白かったのはグエンの「ヤン艦隊のビッテンフェルト」ですけど,これって原作でてたっけ? めっちゃ面白かったなぁ笑ただ、本物に比べると2級品って感じがしないでもないってなっちゃうかも。。。 そのへんはヤン艦隊と、ラインハルトの面々を比べるのは無茶というものだろうという感じか。 やはり、有事には権力を一元化し、強力なカリスマによる改革こそが、速度を早め勝利を掴むのだろう。 これは日本の歴史でも、そして中国の歴史でもそう感じさせる。 ということで、各メンバーのあだ名を整理した グエン・バン・ヒュー准将:ヤン艦隊のビッテンフェルト フィッシャー准将:活きた好海路 アッテンボロー:学生革命家 あー、ここを書きながら、フィッシャーのラストをおもしだして切なくなってきた。 漫画版では結構丁寧に描かれるんじゃないかなぁ。 原作版では結構さっぱりで切なかったし。 ということで、アルテミスの首飾りも壊されて、第11艦隊もボコボコにしていくヤン艦隊ですね。 救国軍事会議の面々の結論は? ということで、救国軍事会議の面々はもはやゲームオーバーです。 それに気づいているグリーンヒル大将はもはや諦め気味ですが、エベンス大佐は諦めません。 諦めないっていうか、悪あがきが半端ないですね。 正直もはや戦略上、自分たちが助かる方法ってないんですけど、悪あがきします。 こういった「結果が出てからごちゃごちゃする」ってのしたくないですね。 自分がそうならないようにしないとですが、だめだったときに困ったっちゃうことがないように、先に考えるようにしていきたいなと。 ということで、悪あがき上等のコースになりそうなところで、バグダッシュから連絡が来ました。 「おまえいったい何をしている!?」 「ヤンの暗殺はどうなった!?」 っていうもはや認識ズレズレのセリフ。 後ろではポリポリ頭を描くヤン。 あぁ〜、来週が悲しい! 感想 ということで、今週は「ヤン艦隊」の面々の紹介がメインでしたね! このあとのラインハルトとの戦いに向けて、ワクワクが募る回でした!! グリーンヒル大将とか、こういった、軍の上層部がいなくなっていけば行くほど、ヤンは民主主義の国ではありえないほどの爆速の速度での昇進をしていくのですが、結果論としては手駒もなくなっていくという。 うーん、難しいですね。 来週も期待!!.

次の