アフリカマンゴノキ。 アフリカマンゴノキの効果や効能!

アフリカマンゴノキエラグ酸の効果はどこまで信頼できる?副作用や飲み合わせなどの安全性もチェック!

アフリカマンゴノキ

薬事・医療コンサルタント がん経済新聞編集長の持田騎一郎が、 ヘルスケア・ビジネスの情報を お知らせする読者1万人のメルマガです。 薬事法、景表法、機能性表示食品、 医療機器のご相談はお気軽にどうぞ。 info rctjapan. org ***** 【撤回相次ぐ「アフリカマンゴノキ」】 自宅待機中 韓国ドラマ「愛の不時着」にはまり、 「コロナ太り」気味の持田です。 全16話。 私は1巡目終了。 衝撃的に面白いので、 Netflixへの加入をオススメします。 さて、 「コロナ太り」に刺さる キーワードは「ダイエット」 機能性表示食品では、 ダイエット、スリムという ワードはNGですが、 「BMIが高めの人の 体脂肪を減らす 内臓脂肪を減らす 体重を減らす ウエスト周囲径を減らす」 ならOK という不思議なルールがあり、 多くの製品が受理されています。 そのダイエット系機能性表示食品で 人気の関与成分(原料)が、 「アフリカマンゴノキ由来エラグ酸」 です。 「アフリカマンゴノキ由来エラグ酸は 肥満気味の方の体重、体脂肪、中性脂肪、 ウエスト周囲径を減らすことをサポートし、 高めのBMI値の改善に役立つことが 報告されています。 」 という機能性表示が可能でした。 「でした」 と過去形なのは、 この「アフリカマンゴノキ~」 の機能性表示食品の撤回が 相次いでいるからです。 撤回した製品は、 製品名(販売者名)撤回日 1. 各社とも、撤回理由を 「リニューアルのため」 としていますが、 実は、 このアフリカマンゴノキは、 エビデンスに疑義があるとして、 かなり前から消費者庁から 詰められていた成分です。 グルコサミン、HMBに次いで、 届出後の不備指摘による 大規模撤回がまた起きました。 私の経験では、これら3成分は、 「エビデンスに問題あるから、 撤回しなければ、景表法違反にしますよ」 と消費者庁から「圧」をかけられ、 それ故に撤回に至ったと予想します。 そうでなければ、 17製品も時を同じくして、 「リニューアル」しないでしょ。 では、残りの8製品は、 どうするのか? 実は、 この届出撤回の「圧」に勝てる 方法があるのです。 もしかすると、残り8社は、 そのテクニックを使っている のかもしれません。 撤回した ファイテンさん、大正製薬さんは、 それなりの研究者、学術がいるのに、 そのテクニックを知らなっかった のかもしれません。 機能性表示食品をせっかく 受理されても、 販売後に撤回させられたら 販売メーカーも大損 原料メーカーも大損 OEM工場も大損ですが、 何より、 サラリーマンである担当者は、 会社から責任を取らされます。 そうならないためにも、 原料メーカー提供のSRを 100%信用せず、 自らエビデンスチェックができる 目を養っておくべきです。 そんなノウハウを 機能性表示食品検定講座では、 お伝えしています。 すでに、 150名の卒業生を輩出しています。 8期生は、9月開講です。 kinoken. この幹細胞美容治療は、 品川の高輪和合クリニックの 陰山康成先生のところで受けられます。 副作用: 基本的にありません。 万が一体調に異常を感じる場合は 直ちに医師が対応します。 この最新の美容治療の モニターをご希望の方は、 高輪和合クリニック まで電話して、予約してください。 「持田のメルマガで知った」 と言って、 「幹細胞のモニター希望」 と言って電話してください。 TEL:03-6433-3165 ***** 【YouTube WEBプレゼン】 展示会が中止になって、 製品のプロモーションができない 見込み薬が集められない とお困りの企業さまから お問い合わせいただいています。 すでに、製品紹介の動画があれば、 持田との対談を収録するだけ。 動画がなければ、 みなさんは、いつものように、 PCでパワポの製品プレゼン ができればOK。 それをZOOM収録し、 前後に対談動画を付けます。 一番難儀な 音声、動画の編集、YouTubeアップは、 こちらで丸っと請け負います。 YouTube WEBプレゼンは、 典型的な「非対面型ビジネスモデル」 ですので、 コロナ対策持続化補助金 最大100万円の対象になります。 jizokukahojokin. 申請書類もこちらで作成しますので、 お気軽に、お見積りをご相談ください。 info rctjapan. youtube-web. 資料、お見積り、ご請求ください。 info rctjapan. org ***** 【オレンジCBD販売再開】 日本では違法性の高い大麻CBDに代わって、 オレンジCBDの人気が高まっています。 オフホワイト、無味、無臭のため、 大麻CBDと違いさまざまな 健康食品、化粧品、ペット用など アプリケーションに利用可能です。 詳しくは下記から。 rctjapan. kinoken. 届出実績No1のノウハウを詰め込んだ、 「機能性表示食品検定講座」 4ヶ月で、WEBだけで、 機能性表示食品の全てを学ぶことができます。 kinoken. よろしければ、この機会にご利用ください。 7月末までの特別価格となります。 バラ10キット+試薬1本 3万円+税(@3000円) バラ20キット+試薬1本 5万円+税(@2500円) 箱40キット+試薬2本 9万円+税(@2250円) ご注文は、メールで info rctjapan. cancer-news. そこで、 変更届出もご相談ください。 info rctjapan. org ***** アスリート個人向けの 【BSCGアンチドーピング検査】 「うっかりドーピング防止」のため 選手個人向けの食品、化粧品の ドーピング検査を提供しています。 rctjapan. info rctjapan. hm-f. php? rctjapan. hm-f. php? hm-f. php? rctjapan.

次の

アフリカマンゴノキの論文がずさん?効果を鵜呑みにしてはいけない理由とは?|大沼|note

アフリカマンゴノキ

アフリカマンゴノキ 食欲抑制に働くレプチンの効き目を高める 脂肪細胞で脂肪燃焼を促進するアディポネクチンの量を増やす 脂肪細胞で中性脂肪を作り出す酵素の働きを抑制する アサヒフードアンドヘルスケアが行った実験結果その1 アサヒフードアンドヘルスケアが行った実験結果その2 去る7月4日、都内にて、アサヒフードアンドヘルスケア株式会社が『アフリカマンゴノキ』の成分について説明会を開催した。 同社は、生の野菜や果物をミキサーで混ぜ合わせた「グリーンスムージー」をイメージしたダイエットサポート食品『スリムアップスリム ベジフルチャージスムージー』を本年3月から提供。 今回、同社が成分説明を行ったアフリカマンゴノキは、西アフリカやインドなどの湿った地域に自生するニガキ科マンゴノキ属の常緑高木だ。 この木に実る果実はマンゴーに似ており、アフリカ各地で古くから食されているという。 また、西アフリカ地域では、体重や体脂肪のコントロールのために食べられており、主にアフリカマンゴノキの種子、あるいはエキスをスープのとろみ付けや味付け、お菓子、食用油脂などの食品原料として常用されているようだ。 このアフリカマンゴノキには、以下のような特徴があるという。 1:食欲抑制に働くレプチンの効き目を高める。 2:脂肪細胞で脂肪燃焼を促進するアディポネクチンの量を増やす。 3:脂肪細胞で中性脂肪を作り出す酵素の働きを抑制する。 そこで同社は、アフリカマンゴノキの成分試験を実施。 アフリカマンゴノキの種子を粉末にしたものを、19歳から50歳の男女102名に10週間摂取してもらったところ、10週目で体重が約13%、体脂肪率は約18%、ウエストが約16%減少。 さらに、空腹時血糖値やLDLコレステロール、総コレステロール、C-リアクティブプロテイン、アティポネクチンも減少した。 アサヒフードアンドヘルスケア株式会社は、これからもアフリカマンゴノキの研究を行っていくとのこと。 アフリカマンゴノキが新たなダイエット素材になり得るのか、今後の研究結果が気になるところだ。 《ダイエットクラブ編集部》.

次の

アフリカマンゴノキの論文がずさん?効果を鵜呑みにしてはいけない理由とは?|大沼|note

アフリカマンゴノキ

アフリカマンゴノキとは アフリカマンゴノキ属ニガキ科の常緑高木で、主に中央・西アフリカやインドなどの熱帯の湿った地域、低木の集まる森に自生する。 緑~黄色のマンゴーのような果実や種子は昔から常食されている。 アフリカ各地では体重を減少させる薬草として、また、過剰な食欲を抑制する食材として長い食歴がある。 種子やそのエキスはスープのとろみや味付け、菓子、食用油脂などとして常用。 米国では種子から抽出した濃縮エキスを栄養補助食品の原料として利用している。 果実より抽出したアフリカマンゴノキ核脂(バター)は化粧品などの原料として日本でも流通しているが、食品としてのアフリカマンゴノキ種子エキス原料は株式会社龍泉堂が国内で初めて取り扱う。 米国で注目を集めている新ダイエット素材が初上陸 米誌「リーダーズ・ダイジェスト」が発表したダイエットの国際調査(世界16カ国1万6,000人が対象)では、減量に最も苦戦しているのは米国人という結果が出たという。 そんな米国で最近にわかに注目を集めている新規素材が、今回ここで紹介する『アフリカマンゴノキ』(アフリカンマンゴーもしくはアーヴィンシアと呼ばれる植物の種子エキス)である。 それこそ星の数ほどサプリメントが市場に溢れているなかで、同素材をメイン配合したサプリメントはアメリカで年間販売実績がなんと250万個以上にものぼるという。 ではなぜ、そんなにも多くの消費者に受け入れられているのだろうか。 脂肪細胞中のレプチンとアディポネクチンがカギを握る どのような食品を摂取しても最後はグリコーゲン(糖分)と脂肪とに分解され、ヒトが活動する際のエネルギー源として使用されるのだが、いわゆるエネルギー貯蔵庫となるのは主に中性脂肪で構成されている脂肪細胞である。 運動や活動の不足、加齢による代謝能の低下により脂肪がエネルギーとして使われることなく蓄えられると、中性脂肪で肥大した脂肪細胞が増える、すなわち肥満となるわけだ。 その脂肪細胞から分泌されるレプチンとアディポネクチンという生理活性物質が肥満に大きく関わっているといわれている。 レプチンは超善玉ホルモンとも呼ばれ、主に2つの働きを持つ。 もうひとつは脂肪細胞の多くを占める中性脂肪の分解を促し、エネルギー源として使える脂肪酸に変換させる働きだ。 このレプチンが阻害物質の影響により脳に届きにくくなると食欲抑制の指示が出せなくなり(レプチン抵抗性の亢進)、脂肪が分解されずにエネルギー貯蔵庫である脂肪細胞にどんどん溜め込まれていく。 肥大した脂肪細胞からはアディポネクチンが産生されにくくなるとされるが、『アフリカマンゴノキ』はこのアディポネクチンの分泌量を約2. 6倍増加させることがわかっている。 アディポネクチンにはレプチンの働きを活性化する作用があることから、『アフリカマンゴノキ』を摂取すると、食欲が抑制されるというデータが出ている。 アメリカで実施されたヒト臨床試験では、プラセポ群と比べると摂取群の1日のエネルギー摂取量は平均で約400kcal少なかったという。 単純計算をすれば、1カ月で約12,000kcalマイナス、半年で72,000kcalのマイナスとなる。 一般に1kgの脂肪を落とすのに必要なエネルギー量は7,200kcalといわれているので、半年で10kgの減量につながる可能性もあるわけだ。 以下に奇跡のフルーツ『アフリカマンゴノキ』がもたらすとされる効果を4つのポイントに絞って説明する。 本臨床試験では、IGOB131の有効性および安全性を評価することを目的として、肥満者に対して反復投与試験 無作為化比較対照試験 を行った。 IGOB131摂取前および摂取期間中における体重・体脂肪率・ウエストの減少率、およびアディポネクチン産生量の変化はグラフの通り。 プラセボ群では摂取前と比較して、摂取期間中の体重・体脂肪率・ウエストに有意な変化は認められなかった。 また、プラセボ群では摂取前と比較して摂取期間中のレプチン・CRP(C-リアクティブプロテイン)・アディポネクチンに有意な変化は認められなかった。 6倍に増加したことが示された。 本臨床試験期間中における被験者の自覚症状について調査 観察 した結果、プラセボ群およびIGOB131群において、とくに問題となる有害事象は認められなかったことから、安全性についても問題のないことが分かった。 さらにアフリカマンゴノキエキスの摂取は、体重やウエストの減少以外にも様々な代謝パラメーター(体脂肪、総コレステロール、血糖値)に影響を及ぼすことも分かった。 とくに、血中のアディポネクチン濃度を上昇させ、レプチンやCRP濃度を減少させることがわかり、血中のアディポネクチン濃度の上昇とウエイトロスには密接な関係のあることが認められた。 以上のことからアフリカマンゴノキエキスを継続的に摂取することによって、アディポネクチンの血中濃度を増加させて肥満を解消することが期待できると同時に、抗メタボリックシンドロームの要件を満たす新機能性素材であるといえる。 抗糖尿病作用、抗動脈硬化作用、抗炎症作用、抗肥満作用を併せ持つ分子であることが多くの研究者により明らかにされている。 血管平滑筋細胞の増殖抑制作用、血管内皮細胞と単球の接着阻害作用、マクロファージの貪食能の低下作用などにより動脈硬化を抑制 2. 脂肪細胞のインスリン感受性を高めることによる抗2型糖尿病作用 3. 内臓脂肪のサイズを小さくすることによる脂肪燃焼作用 そのほかメタボリックシンドロームの改善、高血圧の予防、抗ガン作用、脳卒中の予防、心筋梗塞の予防、高脂血症の改善、コレステロールの正常化、老化防止、血栓の予防、インフルエンザの予防、生活習慣病の予防などの効能が報告されている。 脂肪細胞が肥大するとアディポネクチンの分泌量が減ることもわかっている。 アフリカマンゴノキエキス インド産のアフリカンマンゴーの種子を乾燥・抽出・粉末化した新規機能性素材。 熱安定性、pH安定性に優れており、食品加工工程において色調、風味、香調が変化しにくい。 保存性、汎用性、加工特性が極めて高く多様な展開が可能。 食経験上安全性に問題はなく、臨床試験等でも副作用の報告はない。 さらに1日の有効摂取量が300mgと非常に少ないため、既存の配合成分にプラスするのも容易である。 また少量摂取は継続モチベーションのハードルを下げ、手軽にかつ継続的にサプリメントなどを摂り続けることができる。 この奇跡のフルーツ『アフリカマンゴノキ』も単一成分を抽出したものではなく、種子エキス末に含まれる様々な成分の複合的な作用によりその有効性が確認されています。 海外で開催される学会やシンポジウムなどで時折、新しい原料やメーカーを紹介してもらうことがあるのですが、『アフリカマンゴノキ』も「今、アメリカですごくヒットしている減量ダイエット素材がある」と取引先から紹介されたもの。 エビデンスや少ない配合量で効果が認められるといった特長を見て、これなら日本でもきっと受け入れられると判断して販売を決めました。 減量ダイエットというと若い女性がターゲットになるケースが多いのですが、中高年の抗メタボリックシンドロームに有用なエビデンスがあることから、幅広い消費者層をターゲットにできる新規素材だと思っています。 人間特有の行動といえる過食がレプチンのシグナルによって抑えられ、カラダの仕組みを本来あるべき姿に戻して肥満や糖尿病、脂質異常(高脂血症)といった生活習慣病に健康寿命を脅かされるリスクが減るのですから、一石三鳥のエコシステム実現に非常に貢献できる機能性素材ではないでしょうか。

次の