コロナ ウイルス hiv 薬。 クロアチアはコロナウイルス感染者にHIVとエボラで使用の薬を投与|クロアチアワインソムリエ海事代理士の令和見聞録 Japanese sommerier introduce Japan to Tokyo2020

新型コロナウイルス、インフルエンザ薬とHIVの薬で〜ってニュー...

コロナ ウイルス hiv 薬

新型コロナ治療薬候補のカレトラ、臨床試験の結果が明らかに 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンや新しい治療薬の開発が進む一方で、既存の薬剤の中からCOVID-19に有効なものを見つけようとする動きも進んでいる。 例えば、抗HIV薬のロピナビル・リトナビル(商品名カレトラ)や抗インフルエンザウイルス薬のファビピラビル(商品名アビガン)が有効であったことが、国内外で報告されている。 しかし、National Clinical Research Center for Respiratory Diseases(中国)のBin Cao氏らが、COVID-19に対するカレトラによる治療は有効性が示されなかったとするオープンラベル・ランダム化比較試験の結果を「New England Journal of Medicine」3月18日オンライン版で報告した。 COVID-19に対する抗ウイルス薬の候補として、現在、アビガンやトシリズマブ(商品名アクテムラ)など、いくつかの薬剤について臨床試験が実施されている。 同じコロナウイルスが原因で発症する重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)に対する有効性が示唆されているカレトラも、そうした候補薬の一つと目されている。 Cao氏らがこの臨床試験で対象としたのは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への感染が確認された武漢金銀潭医院の重症患者199人。 これらの患者のうち、100人を標準治療を14日間受ける群(標準治療群)に、99人を標準治療に加えてカレトラ(ロピナビル400mg・リトナビル100mg)を1日2回、14日間経口投与する群(カレトラ投与群)にランダムに割り付けた。 患者の年齢の中央値は58歳で、そのうち60. 3%は男性だった。 主要評価項目は「臨床的改善に至るまでの日数」で、「臨床的改善」は重症度スケールで2ポイントの改善または退院のいずれかと定義された。 臨床的改善に至るまでの日数は、両群とも中央値で16日であった。 カレトラ投与群から同薬投与後24時間以内に死亡した3人を除いて解析すると、臨床的改善に至るまでの日数は、標準治療群の16日に対してカレトラ投与群では15日と1日だけ短縮した。 28日死亡率については、カレトラ投与群の方が標準治療群よりも低かった(19. 2%対25. 0%、-5. 8%差)が、この差は統計学的に有意ではなかった。 5、10、14、21、28日目にSARS-CoV-2のRNAが検出された患者の割合も両群で同程度であった。 副作用については、カレトラ投与群で標準治療群に比べて、悪心や嘔吐、下痢といった消化器系の有害事象の発生頻度が高かったが、深刻な有害事象の発生頻度は標準治療群の方が高かった。 こうした結果を受けて、Cao氏らは「今回の試験では、重症のCOVID-19成人患者にカレトラを投与しても、標準治療を超えるベネフィットは得られなかった」と結論付けている。 その一方で、症状が現れてから12日以内にカレトラ服用を開始した患者では、標準治療群に比べて、臨床的改善に至るまでの日数が短く(16日対17日)、死亡率も低下していた(19. 0%対27. 1%)。 このことから、同氏らは、カレトラによる治療を早期に始めれば、効果が得られる可能性も考えられ、さらなる研究が求められると述べている。 この研究論文の編集委員を務めたLindsey R. Baden氏らは、今回の試験結果について「主要評価項目については残念な結果だった。 しかし、死亡率については、被験者数が少なかったため慎重に解釈する必要はあるが、カレトラ投与群で若干低かった点は興味深い」と記している。 また、カレトラが有意な効果を示さなかった理由として、対象者が重症な患者集団であったためか、またはそもそもカレトラに抗SARS-CoV-2作用がないかのいずれかが考えられるとしている。 All rights reserved. 構成/DIME編集部.

次の

新型コロナウイルス治療薬候補の抗HIV薬「カレトラ」、中国での臨床試験の結果が明らかに|@DIME アットダイム

コロナ ウイルス hiv 薬

【AFP=時事】新型コロナウイルスの急速な拡散を一刻も早く封じ込めようと医師らが懸命に取り組む中、抗レトロウイルス薬とインフルエンザ薬の混合薬が、治療薬の候補の一つとして浮上してきた。 だが、混合薬が実際に有効かどうかについての科学的な結論は出ておらず、特定の治療法の開発には数年かかる可能性があると、専門家らは指摘している。 重症急性呼吸器症候群(SARS)に似た新型コロナウイルスの治療について、これまでに分かっていることおよび分かっていないことについてまとめた。 だが、仏パリのパスツール研究所(Pasteur Institute)によると、季節性のインフルエンザは「中国の新型コロナウイルスとは全く違う」。 中国の医師らは2週間前、北京で新型コロナウイルスの患者に抗エイズウイルス(HIV)薬を投与していることを認めた。 この措置は、SARSに対し「良好な」反応を示したとする2004年の研究に基づいているという。 抗HIV薬のロピナビルとリトナビルを併用すると、患者の血液中に存在するHIVに感染した細胞数が減少し、HIVの複製能力と免疫システムを攻撃する能力がなくなる。 医師らは、これら2種の抗HIV薬とオセルタミビルと呼ばれる抗インフルエンザ薬の組み合わせが、新型コロナウイルスに有効な可能性があると期待している。 タイでは、この3種混合薬を71歳の中国人患者に投与したところ、48時間以内に陰性の検査結果が得られた。 中国の専門家らは、SARS患者に投与した抗レトロウイルス薬が「著しい臨床的有効性」を示すことは、2004年の研究で明らかになっていると主張している。 だが、1月24日に英医学誌ランセット(The Lancet)に掲載された研究論文は、新型コロナウイルス患者41人を対象とした無作為臨床試験では「複数の限界」がみられたとしている。 シンガポールのチーフ・ヘルス・サイエンティストを務めるタン・チョー・チュアン(Tan Chorh Chuan)氏は、国内の医師らはこの抗レトロウイルス薬治療と同様の措置を講じていると述べている。 だが、治療結果の詳細には触れなかった。 この他にも「有望」とみられる研究結果が複数あり、武漢(Wuhan)で臨床試験が開始されている。 米カリフォルニア州に拠点を置く製薬会社ギリアド・サイエンシズ(Gilead Sciences)は、SARSの治療に使われた薬剤「レムデシビル」の効果を探るための臨床試験を中国当局と共同で進めているという。 新たな治療法の開発も進められている。 米厚生省は米製薬大手リジェネロン・ファーマシューティカルズ(Regeneron Pharmaceuticals)と提携し、新型コロナウイルス治療のためのモノクローナル抗体の開発を行っている。 同社はエボラ出血熱患者の生存率を著しく上昇させることに成功したモノクローナル抗体製剤を手掛けたことで知られている。 一方、中国、オーストラリア、仏パスツール研究所の3チームがこれまでに、新型コロナウイルスを実験室で培養することに成功している。 この成功により、新型コロナウイルスが細胞内でどのように増殖するかを解明する上での「アキレスけん」を突き止められる可能性があると、パスツール研究所は指摘した。

次の

アビガンは世界を救うコロナ治療薬となれるか HIV治療薬「カレトラ」の治療効果は期待薄

コロナ ウイルス hiv 薬

コロナウイルスとHIVの関係について。 コロナウイルスに抗HIV薬が効くと話題になった影響で、ツイッターとかネットでコロナウイルスはHIVの遺伝子があるとかそれが原因で肺炎は免疫力低下による日和見感染 カリニ肺炎 だとか言われていますが、そんなこと普通にありえないと思うのですがどうでしょうか? HIVに感染したとして日和見症候群が出るのって5年から10年 早いケースでも2年はかかりますよね? それがコロナウイルスに感染したら数日から長くて2週間で発症するなんてどう考えてもありえないと思うんですよ。 仮にもコロナウイルスがたった2週間でカリニ肺炎を発症するほど免疫力を低下させる病気だったら肺炎どころか大量の日和見感染によってすでに日本でもバタバタと亡くなる人が出てるはずなんです。 こういう話を信じたり広めてる人ってエイズがなぜ起こるかも知らないと思うんですが、なぜ多くの人がこんなのに騙されるのでしょうか? それとも根拠のある理由でもあるのでしょうか。 プラス一本鎖の「コロナ」には理論上効かない。 その際 にファビピラビルRTPはGTPおよびATPと競合して ウイルスRNA鎖に取り込まれ,mRNAやcRNA,vRNA の不完全な合成を引き起こしていると考えている。 すなわちファビピラビルはRdRp活性を阻害することにより,ウイルスのゲノム複製と蛋白合成を同時阻害する dualinhibitor(ダブル阻害剤)として作用していると考えられる。 SARSの原因であるコロナウイルスはこれに含まれる。 レトロウイルスもここに含まれるが、上記のようにいったんDNAに遺伝情報を移す。? 鎖RNAウイルスゲノムはmRNAと相補的な塩基配列のためそのままではmRNAとして機能できない。 つまり、基本的にファビピラビルは、コロナウイルスには効かないということになるが、ただし未知の要素があります。 ---------------------------- 「カレトラ」=「リトナビル・ロピナビルの複合剤」という抗ウイルス剤=簡単に言えば「プロテアーゼ阻害剤」のことです。 コロナウイルスは「プロテアーゼという酵素」を利用するウイルスです。 まず、コロナウイルス=プラス一本鎖のRNAを遺伝子としてもつウイルスであり、細胞内に侵入すると、mRNAとして動き、自分の複製を作り増殖します。 ただし、複製を作る段階において、まず大きな塊のたんぱく質をつくり、 プロテアーゼという酵素を利用して、その塊を分解して新型コロナウイルスの複製を作り出します。 プラモデルの原理です。 そこで、プロテアーゼという酵素の働きを「邪魔して(阻害)」して新型コロナウイルスの複製を作れなくするのが「プロテアーゼ阻害剤」です。 プラモデル(新型コロナウイルスの複製用)を買ってきて、箱を開けると、その部品が一つにまとまっています。 あなたは「ハサミ」を持ってきて、一つ一つを切り出して、組み立てようとしますが、お母さんに「ハサミ」を取られてしまいます。 プラモデルが作れないので、あなたは「ジタバタ」するだけとなります。 ------------------------------------------ しかし、「カレトラ」についても、残念ながら、あまりいい結果は出ていません。 武漢市で新型コロナウイルス治療薬の臨床試験が始まりますが、その結果はまだ先になります、特効薬らしきものは見つかっていません、ワクチンはまだまだ先の話です。 チャイナデイリーが報じた。 【結論】 カレトラ(ロピナビル・リトナビル配合)は「特効薬」ではない、つまり「無いよりはマシ」といった程度のようです。

次の