横山 健 体調。 横山健(ken yokoyama,Hi

ハイスタ 横山健が体調不良でライブ中止。マギーが理由説。振替と今後の払い戻し

横山 健 体調

また、グレッチ・ギターの最上級モデルとして位置づけられているファルコンには、専用デザインのV型ヘッドストックとトラスロッド・カバー、コントロール・ノブの上面にホワイトパールとラインストーンルビーをあしらった"ジュエルノブ"といったものが採用されている。 そして、ヘッド/ネック/ボディ全ての外周に沿って、専用に作られたゴールドスパークル・トリムが巻かれていることも特徴となる、歴代のエレクトリック・アーチトップ・ギターの中でも"50年代のアメリカを象徴するゴージャスさを備えたギター"として知られている。 プライウッド・メイプルから作られたファルコンのボディは、各年代によって様々に変化してきた。 これによりピックアップのパワーに対応する芯の強さとサステインを生み出している。 グレッチ・ギターの中でも、トップ・モデルとなるホワイト・ファルコン等に使われているのが、マザーオブパールを使ったドット・インレイ、赤いラインストーンが取り付けられた"ジュエルノブ"である。 ボディやネック、ヘッドストックからF ホールの外周に至る部分に、ファルコン専用のゴールド・スパークル・パーフリングが巻かれている。 発売当初のモデルにはハンプトップ・インレイ仕様だったが、フィルタートロンが採用された1958年にホワイト・パールを使ったネオクラシック・インレイ(サムネイル)へと変更された。 フィンガーボードのエッジには4層ものバインディングが施されていて、フレット先端部分はバインディング部分を覆う形に加工されている。 適度なパワーとバランスの良さを備えたこのピックアップならではの、歯切れがよく、表情豊かなトーンに加えて、マスター・ボリュームには音量を絞った時にもクリアな高音域を保つための"アンチダル"サーキットが組み込まれている。 そして、各弦の完璧なイントネーションを実現するアジャスト・マティック・ブリッジが選択された。 横山健の激しいプレイ・スタイル、そしてグレッチ・ギターの大きな魅力となるグレッチ・ロゴ入りビグスビー・B6 ビブラートを使用した際などにもブリッジが動かないように、小さなピンがエボニー製のブリッジ・ベースとボディ・トップの間にセットされている。 シャーラー社製のロック・ストラップ・ピンもまた、低くギターを構える横山健のリクエストによるもの。 2つのマウントされたピックアップは、TV ジョーンズによって作られた初期のフィルタートロンのレプリカ"TV クラシック"。 彼はまたブライアン・セッツァーのシグネチャー・ピックアップをデザインしたことでも知られている。 ドライブ・サウンドを好む横山健のオーダーに応じて、やや高めにセッティングされている。 1950年代のグレッチ・ギターにならったコントロールは、低音弦側にある2つのセレクターがピックアップの切り替えと、トーンを0/10/5と切り替えることができるプリセット・コントロール。 高音弦側のボディ下側が各ピックアップのボリューム。 カッタウェイ・ホーンにあるマスター・ボリュームには、横山健のリクエストによって、ボリュームを下げた時のハイ落ちを防ぐためのアンチダル・サーキットが組み込まれている。 コントロール・ノブの上面にあしらわれたホワイトパールとラインストーンルビーをあしらった"ジュエル・ノブ"。 グレッチの最高級モデルとしての特別な仕様だ。 ヘッドストック・フェイスに取り付けられた"THE KENNY FALCON"のネームプレートや、このモデルのために用意されたグリーン色の専用ハードシェル・ケースからも、ケニー・ファルコンの強い存在感が伝わってくる。 ファルコン等の最上級モデルのみに使われているのがV型のヘッドストック。 グレッチの流儀ともいえる法則性に従いケニー・ファルコンではフェイス面がキャデラック・グリーンに着色されている。 このギターの存在感を表す"THE KENNY FALCON"と刻まれたゴールド・ネームプレートがフェイスの中央に取りつけられ、ロゴ・インレイやトラスロッド・カバーにはファルコンならではのスパークルゴールド素材が使われている。 ファルコン・ファミリーの一員として、グローバー社の高級モデルであるインペリアル・チューナーが使われている。 現在のグレッチ・ギターは、グレッチ社が提供するブループリントに沿って、国内の専用ファクトリーで製造されている。 ケニー・ファルコンについても、横山健とファクトリーのクラフツマンが連絡をとりあう形で、開発が進められた。 工場出荷より本人の使用弦と同じErnieBallのRegular Slinky[ 2221]. 010-. 046 が張られている。 ケニー・ファルコン専用となるケースは、デリケートなアーチトップ・ボディを保護するための十分な強度を備えたアーチ加工が施されている。 ギターのカラーに合わせたグリーンのカバーリングとゴールドのグレッチ・ロゴ、ゴールドメッキのハードウェア類が使われており、インナーもゴールド・カラーで統一されている。 また、グレッチ・ギターの最上級モデルとして位置づけられているファルコンには、専用デザインのV型ヘッドストックとトラスロッド・カバー、コントロール・ノブの上面にホワイトパールとラインストーンルビーをあしらった"ジュエルノブ"といったものが採用されている。 そして、ヘッド/ネック/ボディ全ての外周に沿って、専用に作られたゴールドスパークル・トリムが巻かれていることも特徴となる、歴代のエレクトリック・アーチトップ・ギターの中でも"50年代のアメリカを象徴するゴージャスさを備えたギター"として知られている。 プライウッド・メイプルから作られたファルコンのボディは、各年代によって様々に変化してきた。 これによりピックアップのパワーに対応する芯の強さとサステインを生み出している。 発売当初のモデルにはハンプトップ・インレイ仕様だったが、フィルタートロンが採用された1958年にホワイト・パールを使ったネオクラシックインレイ(サムネイル)へと変更された。 フィンガーボードのエッジには4層ものバインディングが施されていて、フレット先端部分はバインディング部分を覆う形に加工されている。 適度なパワーとバランスの良さを備えたこのピックアップならではの、歯切れがよく、表情豊かなトーンに加えて、マスター・ボリュームには音量を絞った時にもクリアな高音域を保つための"アンチダル"サーキットが組み込まれている。 そして、各弦の完璧なイントネーションを実現するアジャスト・マティック・ブリッジが選択された。 横山健の激しいプレイ・スタイル、そしてグレッチ・ギターの大きな魅力となるグレッチ・ロゴ入りビグスビー・B6 ビブラートを使用した際などにもブリッジが動かないように、小さなピンがエボニー製のブリッジ・ベースとボディ・トップの間にセットされている。 シャーラー社製のロック・ストラップ・ピンもまた、低くギターを構える横山健のリクエストによるもの。

次の

横山健、体調不良で出演予定のイベントが中止

横山 健 体調

公演日まで2週間もあるのにキャンセルって… 突然の発表に驚いた人も多かっただろう。 俺もその一人だ。 なにせ、10月14日の公演日まで2週間も残されてる時期での発表だ。 ただの病気にしては公演中止にするのは早い気がするのだ。 横山健と体調不良。 この2つのワードで俺が思い浮かべたのが Hi-STANDARDの最後の頃のことだ。 健さんは PIZZA OF DEATH RECORDSの社長業務、そして ハイスタのギタリストとしての活動の激務がたたって心の病に陥った。 その結果 ハイスタの活動は止まり、2000年に活動休止に至った。 ここらのことは昨年公開された映画でも赤裸々に語られた。 参照: いったい 健さんの身に何が起きてるのだろう。 くしくも10月1日は50歳の誕生日だ。 そう、考えてみると年齢的には何かあってもおかしくない歳ではある。 ちなみに 健さんのライブの予定を確認してみると、公演中止になった10月14日のライブの後は予定は入っていなかった。 参照: 前から何かの病気を患ってて、10月14日の「 PUNKROCKERS BOWL vol. 40」以降は入れていなかったのかもしれない。 でもそれが叶わないくらい病状が悪化したのかもしれない。 くだらねえ。 そんな邪推は無意味なのはわかってる。 でも、なんか胸騒ぎがするのだ。 心の不調、体の不調、色んな憶測をしてしまうシチュエーションではあるが、とにかくゆっくり体を休めて復帰してほしい。 この日のチケットが無効になることはすごく残念だけど、今回は泣きながら払い戻しをしよう。 そしてロックスターの帰りをじっと待とうと思う。 ロックスターの帰りを待つ。 そして振替を待つ。 そして新譜のGieatest Not Hitsを待っててくれたら嬉しいです。 — COUNTRY YARDyuki COUNTRYYARDyuki はー、それにしても残念です。 は初めてだったし、との3バンドの対バンなんて最高の組み合わせだったのに… でも 健さんが復帰したらまたこの3バンドで対バンをやってくれるはず。 その時を楽しみにしてます。

次の

ハイスタ 横山健が体調不良でライブ中止。マギーが理由説。振替と今後の払い戻し

横山 健 体調

がチバユウスケを捕獲!? 2月25日、Hi-STANDARDのメンバーでKen Yokoyama名義でソロ活動も行うミュージシャンの横山健がInstagramを更新。 彼は「チバくんつかまえたずらよー!」と、元THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのメンバーで現在はThe Birthdayで活躍中のミュージシャン、チバユウスケとのツーショット写真を公開した。 写真でチバは黒いジャケットに黒いシャツ、大きなサングラスといったクールなファッションがバッチリと決まっているものの、首には唐草模様の風呂敷がかけられており、笑顔の横山に捕獲されている……。 その姿が何ともシュールでとっても楽しげなショットだ。 横山健 Official instagramさん kenyokoyamaofficial がシェアした投稿 - 2017 2月 24 6:00午前 PST 横山健 Instagram 「神々しい」ふたりに称賛の声のほか、横山への心配コメントも!? ふたりの共演についてファンからは「ライブ、幸せでした ありがとう」「最高な汗をかきました!」といった声が寄せられ、貴重なツーショット写真には「神々しい」「私のインスタ史上最高の1枚です」「レジェンドの2ショット」と称賛のコメントが届いている。 また、写真の横山に対して「健さん痩せた気がする」「健さん、益々カッコいいけど、ゴハンもちゃんと食べてください!」「激ヤセしてませんか?」「痩せてるの心配」とのコメントも多く寄せられており、ファンが横山の体調についても気遣う様子が見受けられる。 横山のInstagramではほかにもクールなライブ写真の数々が投稿されており、その写真からは会場の熱気が伝わってくるようだ! 彼は今後もROTTENGRAFFTYや04 Limited Sazabysなど豪華アーティストと共演予定。 ライブとともに、Instagramで披露される彼のオフショットにも注目してみてはいかが!? [耳マン編集部] 外部サイト.

次の