ミスター 金城 宮古島。 3年でホテル31軒 沖縄県内で急速拡大「gma.cellairis.com」

mr kinjoとは何者!?金城ホテルに宿泊してみた!

ミスター 金城 宮古島

お客様がお使いのブラウザは、JavaScriptの設定が無効になっております。 そのため、トラベルコの機能で一部正しく表示されない、動作しないなどの現象が発生しております。 以下の方法でブラウザの設定をご確認のうえ、JavaScriptが無効になっていた場合は有効にしてください。 JavaScriptの設定方法 Internet Explorerの場合• Internet Explorerのメニューバーにある「ツール」から「インターネットオプション」を選択。 「インターネットオプション」画面の「セキュリティ」タブを選択。 「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック。 「セキュリティの設定」画面の「スクリプト」項目の「Javaアプレットのスクリプト」を「有効にする」にチェックをする。 「スクリプト」項目の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックする。 「スクリプト」項目の「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「有効にする」にチェックして「OK」ボタンを押す。 Firefoxの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Chromeの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Safariの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 更新日:2020年6月23日 トラベルコのWebサイト及びアプリは、以下を閲覧推奨環境としております。 閲覧推奨環境以外をご利用の場合には正常な動作を保証いたしかねます。 恐れ入りますが、以下いずれかの環境でサイトをご利用くださいますようお願いいたします。 上記以外のブラウザ(Opera等)は、一部サービスで正常に表示されない場合があります。

次の

【最終回】沖縄への不動産投資を考えてみた⑤

ミスター 金城 宮古島

ポリシー 日本の厚生労働省は、法令に基づき、外国籍の方の宿泊に際し、国籍および旅券番号の確認とパスポートのご提示を義務付けておりますので、どうぞご協力をお願いいたします。 また、いかなる種類の宿泊施設でもお客様のパスポートのコピーと保存が義務付けられています。 現在この施設では、清掃の強化と安全対策が実施されています。 消毒・除菌剤を使用して清掃しています。 お客様がチェックアウトしてから次のお客様が施設を利用するまで 24 時間以上間隔をあけています。• 現地でのお支払いには、クレジットカードと現金のみご利用いただけます。 この宿泊施設は適用法に従って営業許可を取得しています。 物件の登録番号 沖縄県第H30-252• KINJO MIYAKO ISLANDの予約を無料でキャンセルして、全額返金を受けられますか? KINJO MIYAKO ISLANDは、チェックイン日の数日前までにキャンセルした場合に全額返金可能な部屋を提供しており、弊社サイトでご予約いただけます。 宿泊施設のキャンセルポリシーで詳細な利用規約をご覧ください。 このアパートメントにパーキングはありますか? はい、あります。 セルフパーキングを 1 日につき 1000 円で利用できます。 駐車スペースに限りがある場合があります。 このアパートメントはペットを同伴できますか? 申し訳ございませんが、ペットおよび介助動物の同伴はできません。 このアパートメントのチェックインとチェックアウトの時刻を教えてください。 チェックイン可能時間は 18:00 ~ 21:00 です。 チェックアウト時刻は、10:00です。 このアパートメントの施設内か周辺にレストランはありますか? はい、あります。 近くにはNew York 徒歩 2 分 、Jinkuya 徒歩 2 分 、Chuzan 徒歩 2 分 などのレストランがあります。 サイトで表示されていた地図の位置は住宅街に少し入り込んだ場所にありましたが、実際はそこへ入り込む前の交差点にありました。 目の前にファミマがありますので、空港からタクシーで行く場合には「公設市場近くのファミマまで」と伝えれば伝わります。 施設的にはきれいで、ベランダも広く快適でしたが、部屋の照明のスイッチの加減が今一つわかりづらかったです。 あと、今回ひとつ残念だったことは、フロントスタッフの方がマスクはされていました 花粉症の咳とは思えませんでした けど、廊下に響きわたるほど苦しそうに咳き込まれていました。 コロナ感染で社会全体が異常なほどピリピリしている時ですので、従事される前に日々、健康状態の管理を徹底されて、ああいう状態でうけた接客で、この先 2週間ほど、不安を抱えながら暮らすことになりそうです。 さらにもう一点、市内中心部にもう一軒、キンジョウさんが出来上がっていたようなので、ホテルの名称が、この先紛らわしくなるような気がします。 20代の北海道民の一意見として捉えてください。 ホテルというよりウィークリーマンションという感じ。 タオルはバスタオルと普通のが一人一セット 1日1回は無料交換可能 、お風呂上がりの足拭き用タオルは別に一つ。 部屋の清掃、ベッドメイクは基本的になし、ゴミは袋にまとめて朝に部屋の外へ置く。 空港からはタクシーで千円くらい、歩いても1時間30分くらいで着く、勿論バスもある。

次の

ミスター 金城 宮古島

ミスター 金城 宮古島

ここ数ヶ月の間にテレビやラジオのCMで頻繁に見かけるようになったMr. KINJO。 ホテルを運営している会社のようだが、ものすごくゆるい深夜番組や怒涛の勢いで更新されるYouTubeチャンネルもやっている。 いったい何の会社なのか。 謎に迫った。 最近やたらと目にするあのCM 地方色が色濃く現れるテレビコマーシャル。 私は昔からコマーシャルが好きで、沖縄のCMもわりとチェックしているのですが、ここ1年ほどの間にやたらと目にするCMがあるのです。 KINJO」と唄い踊るこのCM。 皆さんもいちどは目にしたことがあるのではないでしょうか。 CMを見る限りではホテルを運営している会社のようですが、あるときは 深夜のテレビ番組で沖縄の埋蔵金を探していたり、またあるときは YouTubeで虫チャーハンを食べる様子をアップしていたりと、調べれば調べるほど正体不明な『Mr. KINJO』という会社。 泊まればいったいなにが分かるというのか。 そしてMr. KINJOとは誰なのか。 謎に迫ってみました。 謎のポンチョ男、現る というわけで8月某日、Mr. KINJOを運営する株式会社MRのアポ取りに成功し那覇市辻にある HOTEL Mr. KINJO inn D-buil を訪れました。 落ち着いた雰囲気のおしゃれなビルです。 指定された時間にロビーを訪ねると、そこには目を疑う光景が。 (これたぶん突っ込んだら負けなやつ。 落ち着け、私。 ) 「・・・すみません、今日取材のお約束をしている者ですが。 」 「どうぞどうぞ、こちらへ。 私が株式会社MR 代表取締役社長の仲本です。 」 なんとCMで踊り狂っているこの怪しげなポンチョ男こそ、Mr. KINJOグループの代表取締役社長、仲本直哉さんでした。 衣装についてなにか触れたほうがいいのでしょうが、策略にハマるのも悔しいので華麗にスルーして話を進めていくことにします。 「今日はよろしくお願いします。 ええと、まずズバリお伺いしたいのですが、Mr. KINJOとは何をしている会社なのでしょう?」 「ズバリひとことで言うと、ホテルですね! リーズナブルかつ、家具家電・キッチン付きでまるで我が家のように快適に過ごしていただけるお部屋をご提供しています。 観光客も勿論ですが県内の方に向けても力を入れていまして、今年7月から、のプランを導入しました。 通常はシーズンによって宿泊料金が変動するところ、 県内在住・離島在住の方に限りシーズンに関わらず1人でも2人でも1泊あたり一律5,000円でご利用いただけます。 」 「へえ〜、それはお得ですね!」 「北部在住の方が南部へ仕事の出張の際に利用されたり、また飲み会があるときにもタクシーで帰るより安くつくし、すぐに寝られるのでラクということでご利用いただいたり。 現在、北は本部から南は糸満まで展開しているので、その逆のパターンもありますね。 お部屋の作りも広めになっているので、長期滞在で利用いただくことも多いです。 また今後、石垣・宮古へと離島展開も予定しているので、本島ー離島間でも相互利用していただけるようになります。 」 「(意外と普通に良い企業っぽい?)」 コラボ企画 沖縄のビジネス、観光、旅行に安心価格のホテル|Mr. KINJO 年間を通して一律5,000円で泊まれるという嬉しい割引プラン! いちど利用した方のほとんどがリピーターになるそうです。 泊まれば分かる、なにが分かる? 「CMで謳われている "泊まれば分かる" というのは何がわかるんでしょうか。 」 「あーあれ、なんでしょうね。 私は泊まったことないから分かりません。 」 「(マジか)」 「逆にこっちが聞きたいぐらいですね。 泊まった人から感想を募集してみようかな。 (男性が通り掛かる)お、いいところに!彼はウチのネット環境整備なんかをやってくれているんです。 たしかモニターで泊まったことあったよね。 なにが分かった?」 「なにが分かったか、ですか?えーと・・・そうですね・・・やっぱり・・・我が家で過ごすような?安心感?というか・・・」 「しどろもどろ過ぎませんか」 コラボ企画 沖縄のビジネス、観光、旅行に安心価格のホテル|Mr. KINJO 泊まれば分かるということは、泊まらないと分からない。 KINJOのお部屋に泊まったことのある方、なにが分かったか教えてください。 いよいよ確信に迫れるか 「御社は Mr. KINJO という屋号でいらっしゃいますが、社長は金城さんじゃなくて仲本さんなんですよね? それでは、Mr. KINJOっていったい誰なんでしょう。 」 「よく聞かれるんですが、Mr. KINJOという人間がいる、というよりは 集合体、概念みたいなものですね。 人ではないです。 金城というのは沖縄で二番目に多い姓なんですが、Mr. KINJOというのは、 そのすべての根源ですね。 」 「今ちょっと吹きましたよね?」 「誰とかじゃないんです!もう少しなんというか、神々しいものです。 それが徐々に上がってきて最終的には満開の金がピカーッと空中で光り輝いているイメージです。 」 「ピカーッと」 コラボ企画 沖縄のビジネス、観光、旅行に安心価格のホテル|Mr. KINJO Mr. KINJOとは人ではなく集合体。 概念、または根源。 しかし私は知っている。 KINJOグループ会長の名前が金城であることを。 深夜番組『ミツマン』について 「それから仲本さんはテレビ番組にも出演されていますよね?」 「はい、沖縄テレビで毎週月曜日の深夜25:30〜放送中の『』に、KINJO5の一員として出演しています。 あれはもともと私がラジオに出たいという夢を会長に語ったことがありまして、そしたらいつの間にか会長がテレビ番組を作っちゃって、KINJO5というグループを結成して出演することが決まっていたんです。 正直、とんでもねえな!と思いましたよ。 あれは言ってよかったのかな、って今でもちょっと悩んでいるぐらいです。 下積み修行という名目で、いつの間にか地域のまつりやショッピングモールでのイベント出演予定なんかも入ってたりして、ますます自分の仕事がなんなのか分からなくなってきました。 スケジュールとかも直前になって知らされますし。 いや、最終的にはがんばりますけど。 」 「なんか社長って大変なんですね。 」 「そういえば少し前に、献血中にぶっとい針を刺されて痛い痛い痛い痛い!って言ってるときに、看護師さんから「いつも見てますよ〜」って言われて。 そしたらもう、痛いとか言えないじゃないですか。 やっぱりリーダーとして会社を背負ってやっているんで、それからは毅然とした態度で血を抜かれてましたね。 マジで痛かったですけど。 」 「なるほど、表に立つ方の悩みですね。 今後も社長業と併行して、会社の広告塔としての活動も続けていかれると。 」 「いや、それはちょっと考えます。 ちなみに好きなタイプは少しぽっちゃりした人ですね。 骨盤がしっかりして、たくさん子ども産んでくれそうな。 」 「べつに聞いてないですね」 コラボ企画 沖縄のビジネス、観光、旅行に安心価格のホテル|Mr. KINJO 『ミツマン』は個性的な社員5名で結成されたグループ、KINJO5が 「沖縄の埋蔵金を探せ」「マンタと一緒に泳ぎたい」などの企画に果敢に挑む番組です 録画専用?視聴率度外視?番組にかける想いとは 「私自身、子どものころに深夜番組を録画して見るの大好きで。 お笑いポーポーとか電波少年とかプロレスとか、何度も繰り返し観て楽しんでいたんですね。 一回よりも二回、二回よりも三回観て面白いと思えるような味のある番組にしていきたいです。 無理して起きて観なくていいですから、一週間がんばって働いて、土曜日の朝にでも楽しみに観てもらえたら嬉しいです。 いわば 録画専用番組ですね。 」 「録画は視聴率データには反映されないけど大丈夫ですか?」 (インタビューに同席していた沖縄テレビの担当者) 「 全然大丈夫じゃないです。 」 「視聴率度外視番組。 テレビ局泣かせだよね、ハハハ! なにぶん素人で力不足なので皆様のお力を借りながらですが、KINJO5を筆頭に会社のメンバーで、 沖縄のディープな笑いを視聴者に届けていけたらと思っています。 これまで沖縄に無かったような番組にしていきたいですね。 」 「ちなみに、というYouTubeチャンネルも配信されていますね。 」 「あれはすべて社内で企画・撮影・編集・配信まで行っていて、リアルにその時その時に突然聞かされてやってます。 デスソースやローションで作ったアイスとか、コオロギとアリで作った虫チャーハンとか、 わりと真剣に嫌でしたね。 でもあのおかげでなんでも食えるようになりました。 」 「じゃあ今後DEEの記事で自分たちで試食したくないやつとか持ってきたら、仲本さんに食べてもらえるんですね!」 「 いや全然無理ですわ」 というわけで、県内でホテル業を営むMr. KINJOの謎に迫るインタビューをお届けしました。 おわりに 泊まればなにが分かるのかもMr. KINJOの正体についても、結局なんだか煙に巻かれたような感じですが、テレビ番組やYouTubeチャンネルも独自で展開するなど、とにかくものすごい勢いを感じる企業でした。 これまで沖縄に無かった笑いを届けたい、と本業そっちのけで全力で打ち込む姿勢、我々DEEokinawaとしてもシンパシーを感じずにはいられません。 そして本業であるホテルに関しては、立地も抜群で部屋も上等。 とても快適に過ごせそうでした。 タオルに添えられた手描きのメッセージカード ちなみに、ホテル内に併設されたリラクゼーションサロンの名称が 『ハンバーグ沖縄』だったのですが、うっかり居眠りしたら挽肉にされて『みすきんTV』で配信されてしまうのでしょうか。 恐ろしくて聞けませんでした。 お前も挽肉にしてやろうか! というわけで本日は県内でホテルを展開しているMr. KINJOのインタビューをお届けしました。 謎に迫るつもりがうっかり謎が深まっただけのような気もしますが、沖縄にディープな笑いを届ける同志としてこれからもMr. KINJOに注目していきたいと思います。

次の