ポケモンgo フレンド オンライン。 ポケモンGO、レイドバトルにフレンド招待機能を実装 遠いジムのレイドに参戦した

全世界のトレーナーがオンラインで集結!今年の「Pokémon GO Fest」はバーチャルイベントに

ポケモンgo フレンド オンライン

仲良し度 フレンドと特定の行動をとることで仲良し度がアップします。 仲良し度は 「知り合い・友達・仲良し・親友・大親友」の5段階。 各段階に達するには一定の日数が必要。 仲良し度アップでアタックボーナス、レイドボーナス、交換ボーナスが解放。 1 交換ボーナス 交換時のほしのすな必要数が減少 レイドボーナス プレミアボール獲得数ボーナス アタックボーナス バトル時のダメージボーナス 仲良し度アップの方法 それぞれのフレンドと一緒に以下の行動をとることで、1日1回仲良し度がアップします。 レイドバトル• ジムバトル• トレーナーバトル• ギフトの開封• ポケモン交換• EXレイドパスのシェア 大親友時に確実に20万XPを獲得する方法 仲良し度が上がり親友や大親友になった際にXPがもらえますが、これらのXPにもしあわせタマゴの効果が適用されます。 XPは仲良し度が上がったタイミングでもらえるため、それよりも前にしあわせタマゴを使用しておく必要があります。 双方のトレーナーが20万XPを獲得するには以下の方法がおすすめです。 大親友になる際に連絡しあってしあわせタマゴを使ってから、ギフトを開封する• 実際にあってお互いにしあわせタマゴを使ってから、バトルまたはポケモン交換を行う フレンド一覧で確認できる情報 フレンド一覧ではフレンドの以下の情報を確認できます。 仲良し度• 最も最近捕まえたポケモン• そのフレンドとの仲良し度が本日アップ済みかどうか• そのフレンドにギフトを送信済みかどうか 効率よくフレンドを探すには 効率よくフレンドを探すには掲示板または みんなのポケマップのフレンドコード表示機能を利用しましょう。 多くのユーザーが利用しているため、募集条件なども書き込むと良いでしょう。

次の

【ポケモンGO】フレンドオンライン状況がリストに表示される新機能が追加

ポケモンgo フレンド オンライン

キラフレンドとは? キラポケモンを確定で交換できるフレンド キラフレンドとはキラポケモンを確定で交換することができるフレンドのことです。 大親友のフレンドと「ギフト」を交換したり、 一緒にレイドバトルをすると稀にキラフレンドになることができます。 キラポケモンを確定で入手できるため、キラフレンドは何人いても足りないほどです。 強化に必要な「ほしのすな」が半分になる キラポケモンになると確定で高個体値になり、強化に必要な「ほしのすな」を半分に抑えられます。 キラポケモンはメリットしかないので、 伝説ポケモンやお気に入りのポケモンを優先的にキラポケモンにしましょう。 キラフレンドになる確率 明確な確率はわかっていない キラフレンドになる確率はいまのところわかっていません。 ですが、キラポケモンを確定で入手できるコンテンツになっているので 確率はかなり渋く設定されていると言えます。 筆者が1ヶ月の間に20人の大親友と毎日ギフトを交換した結果、 5人とキラフレンドになることができました。 キラフレンドになる条件 フレンドと大親友になる フレンドと「大親友」になることでキラフレンドになることができます。 フレンドとの仲良し度は5段階に分かれており、「大親友」になるには最低でも90日間、「ギフト」などで仲良し度を上昇させる必要があります。 ギフトを開ける• フレンドとレイドバトルをする• ポケモン交換する• フレンドとトレーナーバトルをする キラフレンドを作るには「大親友」にギフトを開けてもらったり、ポケモン交換をしたりなどの交流をする必要があります。 キラフレンドになるための交流は全部で4種類あり、その日に4種類の中からいずれか1回こなせば大丈夫です。 ギフトの開封が最も簡単なのでおすすめと言えます。 3ヶ月近くかかりますが、 大親友になれば10万XPも同時にもらえるため、トレーナーレベルを上げやすくなります。 毎日ギフトの開封を欠かさないようにしましょう。 同じ日に大親友と「ギフトの開封」や「レイドバトル」をした場合、その後の交流でキラフレンドになるチャンスはありますか?それともお互いに最初の交流でしかキラフレンドになるチャンスはありませんか? あなたの大親友とキラフレンドになる可能性は 完全ランダムです。 その日の最初の交流では、 可能性は比較的高くなります。 さらに、それ以降の交流でもキラフレンドになるチャンスがあります。 公式 ポケモンGOの公式が上記のツイートをしており、キラフレンドになるタイミングは大親友と「ギフト交換」や「レイドバトル」をした その日の最初の交流でほぼ決まります。 同じ日に大親友と「トレーナーバトル」や「レイドバトル」を何回してもキラフレンドになる確率は低くなるので、気長に待つのが良さそうです。 1日に複数人の大親友とキラフレンドになれる 大親友と交流していれば稀に複数人とキラフレンドになれることがあります。 かなり稀ですが、「ギフトの開封」などの交流をしていればチャンスがあるため、欠かさずに大親友と交流しましょう。 2回目以降もキラフレンドになる 1度キラフレンドになった大親友でも2回目以降もキラフレンドになることができます。 キラ交換した後も毎日、交流していればまたキラフレンドになれるので、忘れずに交流をしていきましょう。 関連記事 育成系 システム系 お役立ち系 キラフレンドになる確率.

次の

全世界のトレーナーがオンラインで集結!今年の「Pokémon GO Fest」はバーチャルイベントに

ポケモンgo フレンド オンライン

フレンド機能が実装されたが、注意点は?(写真:つむぎ/PIXTA) みなさん、は楽しんでいますでしょうか。 この連載の一覧はこちら アプリマーケティング会社「Sensor Tower」の発表(2018年7月)によると、ポケモンGOはリリースしてから2年間の売り上げは全世界で18億ドル(約2000億円)を突破、また、6月のアップデート以降の売り上げは39%増の1日250万ドル(約2億8000万円)を突破と、好調です。 日本国内でもファミ通App調べで8月第3週のプレイヤー人数3位と、国内外でトップレベルのコンテンツに育ってきています。 そんな中、一部不協和音が聞こえています。 新規実装の「フレンド」機能の穴 フレンド機能とは、フレンドとギフトを贈り合ったりすることで、親密度が高まり、ジムバトルやレイドバトルで優遇されるという機能です。 親密度がランクアップすると、ボーナスで経験値も大量に上がります。 フレンド同士でポケモンを交換することで自分の図鑑にいないポケモンを入手することができたりもします。 一見、メリットしかないように見えるこのフレンド機能ですが、ここに落とし穴があります。 ポケモンGOは位置情報を利用したゲームなので、フレンドに送るギフトには、そのギフトをどこで入手したかの情報が含まれています。 ということは、このギフト機能を使えば、相手に自分がどこに行ったかを伝えることもできますし、相手がどこに行ったかを推測することも可能なのです。 さらに、親密度をアップさせるために「毎日ギフトを送るように」などの指示を上司から受けるパターンや、「セレビィ」を入手するためにフレンドになることを頼まれ、断りきれなかった事例も実際に発生しています。 フレンドには最後に捕まえたポケモン情報が筒抜けだ(写真:ポケモンGOより) 以前とある有名MMO(多人数同時参加型オンラインゲーム)で、ゲーム内のギルド(グループ)に部下を参加させ、レアモンスターへの見張りを休日も行わせていた事例を知っていますが、このギフト指示はそれのライトなバージョンといったところでしょうか。 また、フレンド同士ではお互いが最後に捕まえたポケモンとその日付が共有されますが、いつポケモンGOのプレイをしたかどうかを知られることも、上司や同僚との間では避けたいという意見もあります。 たとえば出張先で、その地域でしか出会えないポケモンを時間の合間を見つけてゲットした場合、フレンド状態の上司へ通知がいってしまうのです。 「フレンド」が必須なゲームデザイン フレンドを作りたい人だけが作ればいい仕組みであれば、上記のような問題点もまだ発生しづらいのですが、レアなポケモン「セレビィ」を入手するためのタスククリア条件に「フレンドを3人作る」があったり、直接会うことができるフレンドがいないと達成できないスペシャルリサーチやメダルなどがゲームの目的として設置され、それらには報酬も設けられています。 友人のトレーナーの30歳女性(大手キャラクター会社勤務)によると「ソーシャルでもゲームでも会社の人とはつながらないようにしてます。 つまらなくなるので」「会社の人とはプライベートではつながらないポリシーなので、と伝えてます」とのこと。 このようにスパッと断ることができればいいのですが、必ずしもみなが断れるわけではないでしょう。 筆者はソーシャル上でフレンド機能が原因のプライバシー侵害も目撃し、ちょっとびっくりしました。 ソーシャル上では夏休みで居場所を公言していない人に対して、「いま関西某所にいるんだね」と、ポケモンGOで知ったその人のリアル現在地をSNSで公表している人がいたのです。 これは、プライバシーの侵害と言われても仕方ないでしょう。 もちろん良好な関係もある 一方で、上司や同僚と良好なフレンド関係を築いている例ももちろんあります。 たとえば、フレンド同士のメリットとして「ポケモン交換」があるのですが、海外でしか捕獲できないポケモンを海外出張の多い上司からもらったというような話はポジティブな文脈でよく聞きますし、上司ではないですが僕も経験があります。 離れた距離のポケモンを交換すると一気にポイントがもらえる(写真:ポケモンGOより) また「パイロット」のメダルは、交換したポケモン同士を捕獲した場所の距離の差がポイントで入るのですが、こちらも海外で捕獲したポケモンとの交換が有利ですので、海外出張の多い上司がフレンドですと非常に効率よく入手することができます。 たとえば、プーケットで上司が捕獲してきたポケモンと東京のポケモンを交換すると、約5000キロメートルのポイントが入ります。 また、抽選制の地域イベントで、レアなポケモンやグッズを部下へのお土産に持って帰った上司の話や、上司と一緒にレイドに出掛けて縁が深まった話もネット上で目にします。 「会社の上司が、私の地元でゲットしたギフトをわざわざ送ってきてくれるのカワイイ」といった話も目にしましたが、これに関してはやる人によってはアウトな事例でしょう。 もちろん、上司に対してフレンドになるのを依頼して断られるパターンもあるようです。 さて、会社の同僚や上司からのフレンド申請を断ることができない人も対策をすることで、プライバシー情報を保護することができます。 ポケハラ、自己防衛と注意点 まず、自己防衛のポイントとしては、自宅の近所で入手したギフトは、利用している駅や家を知られてもいい人にしか渡さないようにすることです。 実はギフトは個別に削除できますし、手元にギフトが10個以下の状態で、ポケストップを回すことで容易に新規入手することができます。 実はギフトは個別に削除できる(写真:ポケモンGOより) 自分の行動範囲のギフトは親しい友人だけに渡し、それ以外の人へは把握されてもいいエリアのポケストップで入手したギフトのみを渡すのがよいでしょう。 何にせよ、自分の家のそばや、把握されたくない行動範囲とひも付いたギフトを面識のないフレンドに送付するのはやめておいたほうが賢明です。 また、ツイッターなどのSNSで不特定多数に対してフレンド募集をするのは、そもそもやめておいたほうがよいと思います。 どうしても身の回りでフレンドが作れない場合は、国外の人や、自分の住んでいるエリアから離れたところのトレーナーとフレンドになれば多少は安心なのではないでしょうか。 どちらにせよ、知られたくない行動範囲とひも付いたギフトの取り扱いには気をつけたほうがよいでしょう。 また、先に述べたフレンド機能による最後に捕まえたポケモンの共有機能は、その気になれば相手がプレイ中かどうかもある程度は把握できてしまいますが、この機能は「設定」から「フレンドと最後に捕まえたポケモンの情報を共有する」のチェックを外すことで非表示にできます。 個人情報にも気をつけて、ポケモンGOライフを満喫しましょう。 外部サイト.

次の