ミツカン 酢 さっぱり 煮。 ミツカン社員はカンタン酢™を、きんぴらや煮物やフライパン料理にも使う!|ミツカンの“家計の味方”レシピ|ミツカン

ミツカンカンタン酢CMで杏ちゃんが夏野菜ピクルスや鶏のさっぱり煮をお願いカンタン酢!?

ミツカン 酢 さっぱり 煮

ワタシの体験ではお酢やお醤油は、賞味期限が切れたからといって、 腐ったりするものではないみたいだけれど、風味が変わってしまうよう。 そういう意味で「賞味期限=美味しくいただける期限」を特に感じます。 ということで、前から気になっていた「鶏のさっぱり煮」を作ってみました。 「酢で煮る」ということ以外、何も判っていなかったので、ミツカンのレシピ集を 参考にしました。 「 」は、米酢ではなく穀物酢が オススメされていたけれど、そんなにお酢ばっかり用意していては 元も子もないのです。 レシピにも「穀物酢のほかに米酢、黒酢、リンゴ酢、 熟味酢などお手持ちの酢をお好みでお使い下さい。 」って書いていたしね。 「 」を有効に使いたいということで、「米酢」で決行。 作り方は、ほぼレシピ通り。 変えたところは、お酢の種類を「米酢」にしたこと、にんにくは チューブで代用したこと、圧力鍋を使ったことくらいかな。 あと、顆粒の「ほんだし」と濃縮タイプの「白だし」を少量プラス。 圧力鍋なので、調味料としょうが、にんにく、鶏肉を先に入れて煮ました。 20分ほど圧力をかけたあと、鍋のふたに水をかけて圧力を下げる。 そこで、殻をむいたゆで玉子を入れて、さらに圧力を5分ほどかけました。 あとは、鍋が冷めて勝手に圧が下がり、鍋が開けられるようになるのを待つだけ。 食べる前に再加熱するときは、圧力鍋のふたを開けたままで火を入れます。 こちらが完成した「鶏のさっぱり煮」。 ブロッコリーは、他にサラダを用意したので、割愛しました。 出来上がった「鶏のさっぱり煮」は、本当にさっぱり! もっとお酢がとんでしまうのかなと想像していたけれど、実際はお酢の味が しっかり効いているのね。 でも、レモンとはまた違った感じの酸味。 酸っぱくなくて、酸味ってなんだか不思議でさっぱり食べられました。 そして、何より気に入ったのが、メインの鶏肉よりも煮玉子の方。 もちろん、お肉の旨味が出ていると思うので、玉子だけをお酢で煮ても こんな味にはならないと思うけれど、さっぱり煮の密かなタノシミになりそう。 個人的に一般的なイメージの煮玉子よりも、好みの味でした。 玉子もさっぱり煮の方が、玉子そのものの味とバランスが良いのカモ。 鶏肉も柔らかく、一緒に食べたひとにも好評でした。 お酢もたっぷり使うのでオススメの調理法です。 本来、「米酢」は、米の甘味と旨みが生きているまろやかな味わいのお酢で、 お寿司を作る時に最適なのだとか。 酢の物、合わせ酢、ドレッシング、マリネなど、 どちらかといえば、「生」のまま摂るお酢なのかな?というイメージ。 今まで、ウチでは「お酢」といえば、「米酢」だったのは、 たぶん、そういう摂り方しかしていなかったからだ。 煮物に使ったのははじめてです。 でも、「米酢」で火を入れるお料理をしても美味しいということが判りました。 加熱すると、「お酢の酸っぱいのがニガテ」というひとでも、食べられるカモ。 酸味がツンとせず、まろやかになるようです。 暑くなると、お肉を食べて体力はつけたいけれど、ごってりしたものは気分じゃない ということがあるよね。 そんなとき、「さっぱり煮」はとっても良いメニュー。 お酢には胃液の分泌を促進して消化酵素の働きを活発にすることで 食欲を増進させたり、血液の流れを良くして血圧を下げるたりする効果もあるのだとか。 この夏はお酢でガンガン煮ようと思ったのです。 163• 154• 604• 111• 117• 139• 100• 100• 138• 191• 139• 109• 110• 109• 140• 193• 209• 255• 104• 138•

次の

ミツカン『鶏のさっぱり煮』で余った煮汁の活用方法を教えて...

ミツカン 酢 さっぱり 煮

ワタシの体験ではお酢やお醤油は、賞味期限が切れたからといって、 腐ったりするものではないみたいだけれど、風味が変わってしまうよう。 そういう意味で「賞味期限=美味しくいただける期限」を特に感じます。 ということで、前から気になっていた「鶏のさっぱり煮」を作ってみました。 「酢で煮る」ということ以外、何も判っていなかったので、ミツカンのレシピ集を 参考にしました。 「 」は、米酢ではなく穀物酢が オススメされていたけれど、そんなにお酢ばっかり用意していては 元も子もないのです。 レシピにも「穀物酢のほかに米酢、黒酢、リンゴ酢、 熟味酢などお手持ちの酢をお好みでお使い下さい。 」って書いていたしね。 「 」を有効に使いたいということで、「米酢」で決行。 作り方は、ほぼレシピ通り。 変えたところは、お酢の種類を「米酢」にしたこと、にんにくは チューブで代用したこと、圧力鍋を使ったことくらいかな。 あと、顆粒の「ほんだし」と濃縮タイプの「白だし」を少量プラス。 圧力鍋なので、調味料としょうが、にんにく、鶏肉を先に入れて煮ました。 20分ほど圧力をかけたあと、鍋のふたに水をかけて圧力を下げる。 そこで、殻をむいたゆで玉子を入れて、さらに圧力を5分ほどかけました。 あとは、鍋が冷めて勝手に圧が下がり、鍋が開けられるようになるのを待つだけ。 食べる前に再加熱するときは、圧力鍋のふたを開けたままで火を入れます。 こちらが完成した「鶏のさっぱり煮」。 ブロッコリーは、他にサラダを用意したので、割愛しました。 出来上がった「鶏のさっぱり煮」は、本当にさっぱり! もっとお酢がとんでしまうのかなと想像していたけれど、実際はお酢の味が しっかり効いているのね。 でも、レモンとはまた違った感じの酸味。 酸っぱくなくて、酸味ってなんだか不思議でさっぱり食べられました。 そして、何より気に入ったのが、メインの鶏肉よりも煮玉子の方。 もちろん、お肉の旨味が出ていると思うので、玉子だけをお酢で煮ても こんな味にはならないと思うけれど、さっぱり煮の密かなタノシミになりそう。 個人的に一般的なイメージの煮玉子よりも、好みの味でした。 玉子もさっぱり煮の方が、玉子そのものの味とバランスが良いのカモ。 鶏肉も柔らかく、一緒に食べたひとにも好評でした。 お酢もたっぷり使うのでオススメの調理法です。 本来、「米酢」は、米の甘味と旨みが生きているまろやかな味わいのお酢で、 お寿司を作る時に最適なのだとか。 酢の物、合わせ酢、ドレッシング、マリネなど、 どちらかといえば、「生」のまま摂るお酢なのかな?というイメージ。 今まで、ウチでは「お酢」といえば、「米酢」だったのは、 たぶん、そういう摂り方しかしていなかったからだ。 煮物に使ったのははじめてです。 でも、「米酢」で火を入れるお料理をしても美味しいということが判りました。 加熱すると、「お酢の酸っぱいのがニガテ」というひとでも、食べられるカモ。 酸味がツンとせず、まろやかになるようです。 暑くなると、お肉を食べて体力はつけたいけれど、ごってりしたものは気分じゃない ということがあるよね。 そんなとき、「さっぱり煮」はとっても良いメニュー。 お酢には胃液の分泌を促進して消化酵素の働きを活発にすることで 食欲を増進させたり、血液の流れを良くして血圧を下げるたりする効果もあるのだとか。 この夏はお酢でガンガン煮ようと思ったのです。 163• 154• 604• 111• 117• 139• 100• 100• 138• 191• 139• 109• 110• 109• 140• 193• 209• 255• 104• 138•

次の

平和堂「鶏のさっぱり煮」

ミツカン 酢 さっぱり 煮

そこで では、社内の声を集めてみました。 すると、「使いやすい」「簡単なのに上手に作れちゃう」「適当に作ってもおいしくなる」と、大絶賛。 年代を超えて愛されている「カンタン酢」についての、「生の声」をご紹介します。 「鶏の甘酢照り焼き」や「ぶりの甘酢照り焼き」など、調味酢がフライパン料理に使えることを知ったときには、本当に驚きました。 以来、調味酢の使い方が変わりました。 「カンタン酢」というと、「野菜を漬けるだけの調味料」という印象を持つ人が多いのですが、使い方を知れば、レパートリーがどんどん増えます。 これを使うと、身近な安い食材で、短時間においしく仕上がるので、マンネリ化しがちなお弁当のおかずもレパートリーが増えました(「カンタン酢」は、めんつゆ同様に汎用性が高いと思います。 これは感動でした!)。 お酢料理=酸っぱい料理=作るのが難しい。 だから、子どもやご主人がお酢料理は食べない……という理由で使ったことのなかった方にこそ、試してほしいです。 きんぴら、ひじき煮、筑前煮等の隠し味に使うと、味がまろやかになるし、夏場はお酢を使っていることで安心感がある。

次の