リモートプレイ android。 PS4のリモートプレイをスマホとデュアルショック4で遊ぶ!スマホホルダーやWi

「PS4リモートプレイ」のXperia独占が終了。他社Androidスマホでも利用可能に

リモートプレイ android

PlayStation 4のシステムソフトウェア「バージョン7. 00」が10月8日18時以降に配信されます。 注目は、PS4リモートプレイが「Xperia以外のAndroid端末」に対応したこと。 これまでPS4リモートプレイはAndroidではXperia限定の機能でした。 それが今回Android 5. 0以降のスマホ・タブレットなら使えるようになります。 また、最新のAndroid 10を搭載した機器では、PS4コントローラー「DUALSHOCK4」を接続して遊べます。 また、PS4のシステムソフトウェア「バージョン7. 00」では、マルチプレイ機能「パーティー」で、1つのパーティーに参加できる人数がこれまでの最大8人から最大16人に拡大し、より大人数で楽しめるようになります。 なお、PlayStation Vitaのユーザーとパーティーを組むことはできなくなりました。 高速なWi-Fiなどシステム要件はありますが、Androidでも多くの機種でPSリモートプレイを楽しめるようになったのは、プレイヤーにとっては朗報と言えます。 一方で、同じソニーブランドのスマホとして「AndroidでのリモートプレイはXperia独占」という恩恵を享受してきたXperiaにとっては、強みを1つ失ったことになります。

次の

Xperia以外のAndroid端末でプレイステーション4のリモートプレイを楽しむ方法

リモートプレイ android

PS4のパーティーに参加できる最大人数が、8人から16人に増える• Xperia以外のAndroidスマートフォン・タブレットでもリモートプレイが可能に(Android 5. 00」を10月8日 火 より実施します。 本アップデートにより、PS4のパーティーに参加できる最大人数が16人に増え、リモートプレイ機能に対応する機器がさらに拡大します。 これまで AndroidでのPS4リモートプレイは同じソニー製であるXperiaのみに絞られていましたが、 今回のアップデートでAndroid全機種に開放されたとのこと。 さらに、こちらもリリースされたばかりのAndroid 10ではPS4のコントローラーであるDUALSHOCK 4が利用可能。 つまり、 Androidスマートフォンやタブレットで、DUALSHOCK 4を使って遊べる環境が整ったということになりますね。 手持ちのAndroid機種であるPixel 3aを使って、早速試してみました! 目次• PlayStation 4をバージョン7. 00以上にアップデート 事前に、PlayStation 4本体をバージョン7. 00以上にアップデートしておきましょう。 システムソフトウェアが最新でない状態でPS4を起動すると、アップデートを促す以下のような画面になるはず。 バージョン7. 00のファイルがダウンロードされていました。 「詳しい情報をみる」で内容を確認してみると、Androidへのリモートプレイ解禁がちゃんと記載されていますね。 アップデートが終わったら、準備完了。 なお「あとでアップデートする」を選んだ場合は、設定の「システムソフトウェアアップデート」から進めばOKです。 現在のシステムソフトウェアのバージョンがわからない場合は、設定の「システム」から、「システムソフトウェア」の項目を確認しましょう。 Android(Pixel 3a)でPS4をリモートプレイする手順 PS4で遊びたいAndroid機種に、「PS4 Remote Play」アプリをインストール。 アプリを起動すると真ん中に「はじめる」ボタンがあるのでタップ。 すると、PlayStation IDのログイン画面に移ります。 ID・パスワードを入力してサインイン。 これで、PS4が起動した状態でWi-Fiに接続されていれば接続が可能です。 手順は後述 Pixel 3aには無事接続できたんですが、なぜかスクリーンショット撮影禁止になっていたため以降は写真にて説明。 縦持ちの場合の画面。 大きめのタブレットならまだいいですが、スマートフォンだとちょっと画面が小さすぎてプレイしづらい。。。 横持ちだとかなり見やすくなりますが、コントローラーがプレイ画面と重なるため操作がややしにくいのは否めません。 やはりコントローラーがほしいところ。 接続したいDUALSHOCK 4のPSボタンとSHAREボタンを同時に押して、しばらくそのまま長押し。 すると、DUALSHOCK 4の背面のライトが白く点滅を始めます。 この状態になれば接続スタンバイOK。 (写真では青っぽく見えますが白い光です) Android側の使用可能なデバイスに「Wireless Controller」が出てくるはずなので、タップして接続。 DUALSHOCK 4の背面が青く光れば接続成功です。 あとは好きなように遊ぶだけ。 Enjoy! ネットワーク環境にもよりますがわずかにタイムラグがあるため、タイミングがシビアなアクションゲームにはあまり向きません。 逆に、それ以外のゲームなら安定したネット環境下であれば普通に遊べますよ。 PS4がスタンバイ状態でも、リモートで電源をオンにして遊ぶための設定 PS4がスタンバイ状態であってもリモートで電源をオンにして遊ぶこともできますが、そのためには本体側での設定が必要。 PS4メニューで「設定」を開き、 下の方にスクロールし、「省電力設定」を選択。 「スタンバイモード中の機能を設定する」を選びます。 いくつかの項目の中にある「 ネットワーク経由でPS4の電源を入れられる」にチェックを入れれば設定完了。 あとがき Android端末とDUALSHOCK 4だけ出張先に持っていって、ホテルのWi-Fiにつないで自宅にあるPS4を遊ぶ……なんてことがこれで可能になるんですね。 素晴らしい。

次の

【PlayStation4】Androidスマホからリモートプレイする方法

リモートプレイ android

初めてリモートプレイを体験する人は、スマホやタブレット端末でPS4のゲームが遊べることにきっと驚くはず! まずは、リモートプレイの基本となる情報をおさらい。 前述のとおり、リモートプレイはプレイステーション4をインターネット回線を通じて遠隔操作する機能のこと。 オンオフの切り換えはシームレスに行えるのがポイントで、自宅でプレイした続きを外出先で再開するといったことも可能だ。 リモートプレイを始める際、いちいち本体を再起動したり、プレイ中のソフトを終了したりする必要はまったくない。 また、自宅のプレイステーション4がスタンバイ状態でも、リモートプレイからの起動ができるほか、スタンバイ状態への移行や電源オフといった操作も行える。 プレイしていないときは電力の節約ができるというわけだ。 さらなる注目ポイントとして、2019年10月のアップデートで、iOSとAndroid対応デバイスにデュアルショック4を接続可能になった点も見逃せない。 これまで画面に表示される仮想コントローラで操作していたモバイル端末のリモートプレイも、デュアルショック4を使って快適に行えるようになった。 昔からリモートプレイを使っていた筆者からすると、仮想コントローラとデュアルショック4での操作感は雲泥の差。 まさに革命的とも言えるバージョンアップがついに行われたのだ。 インターネット回線を通じて自宅のプレイステーション4を遠隔操作するとなると、気になるのは操作と画面表示のタイムラグ。 リモートプレイは通信を介してゲームの操作と画面表示を相互に送り合うというその仕組み上、どうしても一定のタイムラグ(ボタンを押してから、実際に操作が反映されるまでの時間)が発生してしまう。 そこで検証のため、自宅のプレイステーション4をHDMI接続したモニターの前でスマートフォンのリモートプレイを同時に行い、タイムラグがどれくらい起こるのかをチェックしてみた。 結論として言えば、通信回線によるタイムラグを感じられることはほとんどなかった(回線状況によってはラグを感じることもある)。 これが、フレーム単位の操作が必要な対戦格闘ゲーム、音ゲー、シューティングゲームなど、高度なプレイが求められるものには向かないかもしれないが、RPGやシミュレーションゲームなどは気にする必要もなく、通常のアクションゲームであってもほとんど問題なくプレイできるだろう。 リモートプレイによって『デス・ストランディング』をプレイ。 デュアルショック4ならボタンの同時押しもしやすく、かなり快適にプレイできた。 ちなみに、プレイステーション4を接続したモニターの自動電源機能がオンになっていると、本体の起動に合わせて突然モニターが起動し、誰もいないのにゲームが動き出しているように見える場合がある。 リモートプレイの存在を知らない人から見るとかなりホラーな現象にもなりかねないので、家族がいる人などはリモートプレイのことをあらかじめ説明しておいたほうがいいかもしれない。 リモートプレイを遊ぶ前にしておくPS4の設定 続いてリモートプレイのやりかたを解説。 まずは、プレイステーション4の設定から。 これでプレイステーション4側の設定は完了だ。 なお、リモートプレイはスタンバイ状態ではなく、電源がオフになっているプレイステーション4では接続できないので、リモートプレイを行う場合は、事前に本体の電源の状態を確認しておくことを忘れずに。 iOS・Android端末でリモートプレイ iOS・Android端末でリモートプレイする場合は、まず『 PS4 Remote Play』のアプリをダウンロードしよう。 快適にプレイするには、以下の推奨環境もチェック。 スマートフォンでのリモートプレイの推奨環境• iPhone・iPad:iOS12. 1以降がインストールされた端末(iPhone7、iPad(第6世代)、iPad Pro(第2世代)以降を推奨)• Android:Android 5. 0以降を搭載した端末 デュアルショック4の接続可能環境• iOS端末では、iOS13およびiPadOS13以降がインストールされた端末で使用可能• つぎにアカウントの登録を求められるので、リモートプレイする自宅のプレイステーション4に登録されているサインインIDとパスワードを入力すれば、すぐにリモートプレイが行えるようになる。 非常に簡単だ。 PCでリモートプレイを遊ぶ場合、有線LANに対応している機器の場合は、回線が安定している有線接続でプレイすることもできる。 ただし、筆者の体感ではWi-Fi接続でも回線が安定してさえいれば、とくに問題を感じることなくプレイが行えた。 スマートフォンやタブレットといったモバイル端末で遊ぶ場合、4G回線を利用してのリモートプレイは不可能で、Wi-Fi回線の用意が必須となる。 ただし、スマートフォンやタブレットで使用できるイーサネット(LAN)アダプタを使用すれば、一部のモバイル端末ではLANケーブルを用いて有線接続でプレイすることは可能。 また、Wi-Fiのルーターやスマートフォンのテザリングなどの機能を使い、Wi-Fi回線がなくともリモートプレイすることも可能だが、その場合かなりの通信量が必要になる。 使うのであれば、端末で契約するプランなどを必ず確認しよう。 その他の設定もチェック リモートプレイは、通信環境に応じて画質とフレームレートを設定・変更することも可能。 当然、品質を高くすればするほど快適なプレイ環境になるが、端末の性能や回線速度によっては画質低下やタイムラグが出やすくなるので、実際にプレイしながら自分の最適な環境を決めるといい。

次の