雪の華歌詞意味。 雪の華 歌詞 中島美嘉 ※ gma.cellairis.com

「雪の華」が意味するものとは?名曲をモチーフにした映画も公開!

雪の華歌詞意味

「 神様、どうか一度だけ、私に恋をください」 この言葉をテーマに東京-フィンランドを舞台に 描かれる恋の物語です。 幼いころから病気だった美幸。 そのため幸せになるこを 諦めていた矢先、余命を宣告されました。 彼女の唯一の目標は 「約束の地」フィンランドで オーロラを見ることだった。 ある日美幸は、ひったくりにあい 声も出ずその場にへたり込んでしまいます。 そんな彼女の前に現れたのは ガラス工芸家をめざす青年・悠輔だった。 「声出してけよ!声!」まっすぐな彼の言葉は 凍りきっていた彼女の心をじんわりと溶かしていく。 悠輔の働く店が危機になっていると知った美幸は 「私が出します。 100万円。 その代わり1ヶ月間 私の恋人になってください」と期間限定の恋をもちかけます。。。 かけがえのない出会いが、美幸に一生分の勇気をあたえて 悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。 キャスト 綿引悠輔:登坂広臣 平井美幸:中条あやみ 平井礼子:高岡早紀 岩永:浜野謙太 若村:田辺誠一 監督は 「orange オレンジ」を手がけた 橋本光二郎 監督ですね。 恋愛映画のイメージのある監督なので 期待です!! スポンサーリンク とても有名な曲なので知らない人はいないかも しれないですね!(笑) 雪の華は2003年10月1日にリリースされた 中島美嘉さんの楽曲です。 冬の代表曲とも言えるこの曲は 「闇の中の光」というテーマを持った バラードソングになっています。 これはどういった意味なんでしょうか。 「光」とは恋愛における 「愛」であり 「闇」とは恋愛における 「欲望」「依存」「逃げ」 そのことをよく表している歌詞ですね。 自分のための利益を求める甘えとか弱さの気持ちが 欲望・依存・逃げといった「闇」で 利益を求めず「ただ愛してる」「ただ一緒にいたい」 という純粋な気落ちが愛でそれは「光」の感情といった意味でしょうか。 スポンサーリンク 作詞を担当したSatomiさんとはどんな人? 雪の華の作詞を担当したSatomiさんですが 代表曲を上げてみました! 月のしずく:RUI 柴崎コウ) Anniversary:Kinki Kids 紅く燃ゆる太陽:NEWS JUJU:ありがとう 中島美嘉:ひとり 中島美嘉さんの「ひとり」は 雪の華の続編的なうたになっています。 他にも様々なアーティストの作詞を担当しています。 作詞家デビューしてから3年で 「雪の華」が第45回レコード大賞作詩賞を受賞。 この記録はアーティスト以外の作詞家の中で 作詩賞受賞の最短記録だそうです! 個人的にKinki kidsさんが好きなのですが、担当されているアーティストの中で一番多くの曲を担当しています。 私的にはこのタッグでのバラードは最強だと思ってます(笑) 他にもKinki Kidsさんのカップリング曲で 「雪白の月」という楽曲がありますが ファン投票ではBEST3に入る名曲になっているので 間違いないかと! スポンサーリンク.

次の

冷たい冬に宿る暖かさを教えてくれた、中島美嘉「雪の華」 [しゅかしゅんYUNA Urock! 第28回]

雪の華歌詞意味

Urock! 28回目になりました。 前回は自分たちの楽曲「Let you fly」について書きましたが、沢山の好評や言葉をいただき嬉しい限りです。 大切な曲、これからもライブで聴けることを楽しみにして遊びに来てください!! 最近やっと本格的にヒートテックを着始めたわけですけど、飲む飲み物はアイスばかりでタピオカを手に外を歩けるくらいには平気です。 そういや、最近ケータリングにタピオカをいただけるくらい気遣いと優しさの塊みたいなライブ・イベントがあって、とても感動しています。 心斎橋にあるデザートカフェ『雪のはな』というお店さんが差し入れしてくださったんです。 歳を取るごとに感動の対象範囲が広がりつつあるんですけど、これは驚きましたね。 ええ、、、はい。 わざとらしい振りも慣れていただけたでしょうか(笑)? 2月1週目は、『雪』をテーマとして選曲させていただきました。 中島美嘉さんの「雪の華」。 では、さっそく。 私が小さい頃、父と母の携帯から聞こえていた着信音。 どう考えても同じ着信音はややこしいだろうに、2人とも数年間はこの曲だった記憶がある。 うーん。 同じ家に住んでいながらどうして同じ曲にしたのかは、今でもやっぱりわからない。 まあでもそのおかげで季節関係なく1日に何度も聴く曲になり、いつのまにかすっかり溶け込んでいたんですけどね。 まあ人それぞれで雪に触れる頻度が違えば、雪との思い出の有無もあるので雪を恋しく思うかどうかも人それぞれなのかもしれませんが。 雪は冷たいですし、どうしても寒色系のイメージがありますよね。 ただその場所場面によっては暖かく温もりを感じることもあるんじゃないでしょうか。 それをこの曲と中島美嘉さんの声に載せると、こんなにも簡単に冬の寂しさと人への温もりが届いてくるんですよね。 長年愛される理由がよく分かる素敵な曲です。 失った君の行き先がどこかによってとても意味が変わってくる事だと思うんです。 君を追って星になるのか。 星というのは、空にあるものだけを指すのか。 その答えを求めたいというのもあり、今回この曲でコラムを書くにあたって、2019年2月1日に公開された映画『雪の華』を見てみました。 結論から言うと、その答えは見つかりませんでした。 だけど、それが良かったんです。 そこが鮮明に描かれているわけでもなく、映画の終わり方も視聴者に託す色が、ハッピーエンドともバットエンドとも捉えられるこの曲の終わり方とリンクしている部分があって。 それにもとても感動しました。 王道な恋物語だからこそ表現されるこの曲のストーリー。 美しかったです。 今年、まだ最初の雪を感じられていないと言いましたが、来週2泊3日で北海道へ行き、『雪まつり』という大イベントに出演させていただきます。 今年最初の雪を皆さんと一緒に感じられるという事で、とても楽しみにしています。 どうでしたでしょうか。 普段音楽と距離がある方でも一度は聴いたことのある曲だと思います。 雪の降る季節、寂しさも温もりも楽しめる季節に是非改めて聴いてみてください。 ではまた。 You rock!! 【料金】 一般 前売 3,500円 当日 4,000円 (ドリンク代別) 学生 前売 2,000円(ドリンク代別) 2月末に立つ舞台のステージ、ABCホールへ見学に行ってきました。 実際にここで行われている舞台を一度だけ見に来たことがあるのですが、今もう一度会場の雰囲気を味わった今、やっと自分がこのステージに立っているのを想像できました。 ですがその反面、ライブとは違う芝居の空気感がどんなものなのかが、わからなくもなりました。 実際それが楽しみでもあるんですけどね。

次の

冷たい冬に宿る暖かさを教えてくれた、中島美嘉「雪の華」 [しゅかしゅんYUNA Urock! 第28回]

雪の華歌詞意味

手を繋いで一緒に歩く姿は、どこでも見かける恋人の姿です。 しかし、この瞬間が永遠に続けばいいと願うほど、切なさで心は締め付けられるのです。 恋をしている時、人は愛しさや幸福感で満たされる一方、別れの瞬間には胸が締め付けられるほど切なくなるものです。 明日また会えるとしても、少しでも長く、同じ時を過ごしたい。 そう願うからこそ、いつまでも一緒にいられたら涙が零れそうなのです。 ふとした瞬間に冬の気配を感じます。 冬というと別れや命の終わりを暗示することが多いですが、『雪の華』では恋人と近付ける、幸せを予感させる季節として描かれています。 雪が舞う寒い季節は、温め合うという名目で大好きな人に近付くことができる。 2人の距離をいつもよりもそっと縮めてくれる雪に、自分の恋心を重ねているところがロマンチックです。 2人で冬の知らせを眺めている、何気ない時間にこそ、愛する人の存在を強く感じるのでしょう。 一緒にいたいと願う気持ちや、もっと近付きたいと思う気持ちは、決して弱さではありません。 愛している。 たったそれだけのシンプルな気持ちに、改めて気づかされるだけなのです。 互いの大切さを再認識させてくれる「雪の華」は、まさに2人を繋ぐものです。 映画に登場する女性は余命わずか。 本来ならば未来に希望を持てず、辛い思いを抱えていてもおかしくありません。 しかし一生に一度の恋人を見つけ、その人と運命の恋を始めたことで、彼の存在が彼女を強くするのです。 不安な夜も、刻一刻と近付いてくる死への恐怖も、好きな人といれば忘れられる。 一緒に乗り越える勇気をもらえます。 おそらく楽曲に登場する「ボク」も、「キミ」に対して同じ様な思いを抱いているのでしょう。 何となく、不吉な予感をさせる場面です。 思わず目を覚ました彼女を、そっとなだめて、「大丈夫」と言い聞かせる様子が目に浮かびます。 映画で描かれる死の影を抱いた女性と、夜に怯える彼女の姿が重なります。 でも、1人では越えられない夜も、2人なら越えていける。 そのために「ボク」はいるのです。 曲の中では一瞬でも長くいられることを祈るところで終わっていますが、映画では終わりある恋ですから、別れを予感させる歌詞がぴったりはまります。 いつか訪れる、そう遠くない別れの時。 常に心の隅に別れを予感してるからこそ、一瞬一瞬が輝き、涙がでるほど大切な時間になるのです。 悲しいけれど、限りがあるからこそ輝く2人の恋。 誰かを好きになったことのある人なら、涙せずにはいられないでしょう。 いつか消えてしまう「キミ」を想いながら、今を懸命に生きる2人。 2人の距離を縮める「雪の華」は、2人の絆そのものであり、運命の赤い糸のようなもの。 いつまでも降り積もる雪のように、2人の間に流れる温かい想いも、愛も、尽きることはありません。 無償の愛、永遠の愛を見事に「雪の華」に投影した、珠玉のラブソングといえるでしょう。 中島美嘉『雪の華』MV.

次の