ゴースト ライター の 殺人 取材。 『ゴーストライターの殺人取材~セレブの罪を代筆する女!』11月14日(土)放送

ゴーストライターの殺人取材

ゴースト ライター の 殺人 取材

鮫島悠里(浅野ゆう子)は、売れない小説家。 25年前に新人文学賞を取ったデビュー作が唯一ヒットしただけで、その後は鳴かず飛ばずの状態が続いていた。 そんなある日、悠里は、雑誌編集者である妹・彩乃 若村麻由美)から、大手ネイルサロン女性社長・吉永チカ 三浦理恵子)の自伝のゴーストライターを頼まれる。 実は先日、18年前に離婚したチカの元夫・鎌田藤一郎(窪寺昭)が殺害される事件が起きたのだが、その鎌田が覚せい剤に溺れていたことが発覚し、彼女は今やワイドショーや週刊誌が一挙手一投足を狙う「時の人」となっていたのだ。 チカは自伝を出版することで騒ぎを鎮火しようとしており、彩乃は「これまで私生活を完全に秘密にしてきたカリスマ社長が初めて人生を公表するんだから、大ヒットは間違いない!」と断言。 ゴーストライターと聞いていったんはやる気を失った悠里だが、「印税が入る」という言葉の誘惑に負け、仕事を引き受ける。 翌日、チカに呼び出された悠里と彩乃。 するとチカは「インタビューは不要」と言い捨て、用意した資料を1週間以内にまとめてくれとファイルを渡す。 チカの秘書・小西潤一(中村倫也)によると、チカは仕事に厳しい能力主義者で、対立する副社長・高梨時雄(升毅)ら敵も多いが、その一方で児童養護施設の支援を続けるなど優しい一面も併せ持つ女性だという。 だが、悠里がファイルを開いてみると、少女時代から高校時代までの資料や、起業にまつわるデータはあるものの、鎌田と出会った大学時代については走り書きしたメモがあるだけ。 そこには「大学4年の春に鎌田と学生結婚し、長女・楓(入来茉里)を身ごもったこと」と、「離婚の原因は鎌田の暴力で、山梨で行われたギターサークルの演奏会で大ゲンカして離婚に至ったこと」の2点だけが短く書いてあった。 悠里は、そもそもチカがなぜ鎌田と結婚したのかがわからないと自伝が書けないと考え、翌日、再び彼女に会いに行くことに。 ところがチカを訪ねたところ、鎌田殺害当日のアリバイ確認にやって来た警察と鉢合わせしてビックリ。 なんと悠里の弟で警視庁捜査一課の一希(鶴見辰吾)が、この事件を担当していたのだ。 さらに悠里は、チカの娘で大学生の楓とも遭遇。 悠里のファンだという楓から「父のことを知りたい」と頼まれ、悠里はチカの大学時代について調べることにする。 だがその矢先、鎌田の内縁の妻で、事件以来行方をくらましていた神山詠美子(橋本マナミ)が何者かに殺害された。 その現場にチカのピンバッジが落ちていた上、詠美子の所持品からチカの指紋が検出されたことで、チカはセレブ社長から一転、殺人事件の容疑者に…しかし悠里が独自にチカの周辺を調べていくと、やがて衝撃の真実にたどり着いた。 【以上、テレビ朝日広報資料より引用】「三浦理恵子扮する女社長のキャラが今一つ、くっきり浮かび上がらなかった。 ゴーストライターという設定の面白さもいかせていない。 死体を遺棄したのに美談のような描き方になっているのも世間の常識からみると違和感を持つ人もいそう。 【この項、文:古崎康成】」ロケ車輌:日本照明。 協力:東京美工、東京衣裳、紀和美建、マービィ、高津装飾美術。 撮影協力:富士の国やまなしフィルムコミッション、三省堂書店有楽町店、ホテルオークラ東京ベイ、ほっとステーション神保町店、プリプラ21、味の素スタジアム、埼玉県立大学、富士通川崎工場、浦和ULOWERS。 【役名(演技者)】鮫島悠里(浅野ゆう子)、鮫島彩乃(若村麻由美)、鮫島一希(鶴見辰吾)、吉永チカ(三浦理恵子)、高梨時雄(升毅)、小西潤一(中村倫也)、吉永楓(入来茉里)、鎌田藤一郎(窪寺昭)、神山詠美子(橋本マナミ)、里中勇作(波岡一喜)。 25年前に新人文学賞を取ったデビュー作が唯一ヒットしただけで、その後は鳴かず飛ばずの状態が続いていた。 そんなある日、悠里は、雑誌編集者である妹・彩乃 若村麻由... 出典:テレビドラマデータベース.

次の

ドラマとファッションの深い関係: <土曜ワイド劇場 「ゴーストライターの殺人取材 ~セレブの罪を代筆する女」 > 浅野ゆう子 若村麻由美 鶴見辰吾 無料 動画 あらすじ 主題歌 ネタバレ ロ ケ地 視聴率 YouTube 西村京太郎 鍋島雅治 山田正紀 森村誠一 笹沢左保 山村 美紗

ゴースト ライター の 殺人 取材

鮫島悠里(浅野ゆう子)は、売れない小説家。 25年前に新人文学賞を取ったデビュー作が唯一ヒットしただけで、その後は鳴かず飛ばずの状態が続いていた。 「もうゴーストライターはやらない」と突っぱねる悠里だが、「これがうまくいけば、小説も発注する」という彩乃の言葉に負け、仕事を引き受ける。 さっそく大滝家の大邸宅へ取材に赴く、悠里と彩乃。 家政婦の木島沙代(左時枝)の案内で応対したのは、一族を束ねる美貌の妻・悦子(多岐川裕美)。 そして悦子は、家族の絆が会社を支えてきたのだと、悠里に強調する。 だが、社長の自伝出版を発注したのは悦子らしく、当の燐太郎はがんを患って寝たきりで、取材を受けられるような状態ではないとわかる。 無理を言って面会した悠里に、燐太郎は「もし家族が反対しても、自伝を書き続けてほしい」と頼んだ上、突然「私は人を殺したことがある」と告白! だがその直後に容態が急変し、そのまま他界してしまう。 衝撃の展開に動揺しつつも燐太郎の葬儀に参列した悠里と彩乃は、弟で警視庁捜査一課管理官の一希(鶴見辰吾)と鉢合わせする。 一希は、フリーライター・河島雪実(大家由祐子)が殺された事件の捜査中で、雪実が殺害される直前に燐太郎と会っていたことをつかんだという。 そんなとき、直樹が会社の金をカジノにつぎ込んでいたことや、千鶴子が天熟ドルチェのヒットを契機に社内人事を一掃するクーデターを画策していたことなどを週刊誌が報じ、大滝家の内紛が一気に明らかになる。 もしや雪実は、大滝家内部のスキャンダルを暴こうとして燐太郎に殺されたのでは…!? そう考えた悠里が、殺害される前の雪実が何を書こうとしていたのかを調べはじめた途端に、また新たな殺人事件が発生した!! 協力:パティスリープラネッツ、東京美工、東京衣裳、コンガス、紀和美建、高津装飾美術。 撮影協力:川越ロケーションサービス、347cafe、オンワード総合研究所、築地 ちとせ、コンスピリート、ホテルプリンセスガーデン、OASIS24、辰巳出版、フジ給食、小野田屋豆腐店、浅田家菓子舗、いすみ市東部漁業組合、(医)光仁会 第一病院、リーガルパーク。 25年前に新人文学賞を取ったデビュー作が唯一ヒットしただけで、その後は鳴かず飛ばずの状態が続いていた。 そんなある日、悠里は、雑誌編集者である妹・彩乃(若村麻由... 出典:テレビドラマデータベース Kuchikomi - クチコミ User Review - ユーザレビュー.

次の

ゴーストライターの殺人取材 セレブの罪を代筆する女 前編: みー太の平和な日々

ゴースト ライター の 殺人 取材

浅野ゆう子さん出演ドラマ『 ゴーストライターの殺人取材2』のあらすじ、ネタバレ、見逃し、作品データまとめです。 テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2015年11月14日に放送されました。 2017年4月26日 水 にテレビ朝日で再放送されます。 本作品は第2弾となる。 土曜ワイド劇場の人気シリーズ化となるか!? 「ゴーストライターの殺人取材」について 土曜ワイド劇場で2012年から放送しているテレビドラマシリーズ。 主演は浅野ゆう子さん。 副題は「セレブの罪を代筆する女」。 鮫島悠里(浅野ゆう子)は、売れない小説家。 25年前に新人文学賞を取ったデビュー作が唯一ヒットしただけで、その後は鳴かず飛ばずの状態が続いていた。 売れない小説家の姉・鮫島悠里(浅野ゆう子)と ゴリ押し編集者の妹・ 鮫島彩乃(若村麻由美)の凸凹姉妹が、事件の真実に迫る新感覚ミステリーサスペンスドラマです。 登場人物(レギュラー出演) 登場人物 キャスト 鮫島悠里 小説家。 デビュー作のヒット以降25年も売れていない。 浅野ゆう子 鮫島彩乃 悠里と一希の妹。 雑誌編集者。 小説家で食えない姉を見かねて、セレブや成功者の自伝のゴーストライターの仕事を悠里に依頼する。 若村麻由美 鮫島一希 悠里の弟。 警視庁捜査一課管理官。 鶴見辰吾 里中勇作 警視庁捜査一課の刑事 波岡一喜 鍋島隆実 警視庁捜査一課の刑事 上杉祥三 『ゴーストライターの殺人取材2』について セレブの自伝を代筆するゴーストライターが真実に迫る!名門和菓子店を営むセレブ美女たちの跡目争いが、一族の乱れた秘密、裏の顔を暴く! 作品データ タイトル ゴーストライターの殺人取材 ~セレブの罪を代筆する女! シリーズ 2 サブタイトル 自伝の依頼人は殺人犯!? 大人気スイーツに隠された華麗な一族の乱れた秘密!! 「もうゴーストライターはやらない」と突っぱねる悠里だが、「これがうまくいけば、小説も発注する」という彩乃の言葉に負け、仕事を引き受ける。 悠里と彩乃は、 さっそく大滝家の大邸宅へ取材に赴く。 家政婦の 木島沙代(左時枝)の案内で応対したのは、 一族を束ねる美貌の妻・ 悦子(多岐川裕美)。 そして悦子は、家族の絆が会社を支えてきたのだと、悠里に強調する。 だが、社長の自伝出版を発注したのは悦子らしく、当の燐太郎はがんを患って寝たきりで、取材を受けられるような状態ではないとわかる。 衝撃の展開に動揺しつつも燐太郎の葬儀に参列した悠里と彩乃は、 弟で警視庁捜査一課管理官の 鮫島一希(鶴見辰吾)と鉢合わせする。 そんなとき、直樹が会社の金をカジノにつぎ込んでいたことや、千鶴子が天熟ドルチェのヒットを契機に社内人事を一掃するクーデターを画策していたことなどを週刊誌が報じ、大滝家の内紛が一気に明らかになる。 注目と見どころ ・売れない小説家の姉・浅野ゆう子とゴリ押し編集者の妹・若村麻由美の凸凹姉妹の魅力 ・名門和菓子・大滝庵の一族の人間関係 ・社長の自伝はどのように書かれるのか?出版されるのか? ・人気スイーツの隠し味の秘密? ・犯人は誰? ・鮫島悠里(浅野ゆう子)はどう事件を解決するのか? スポンサードリンク 登場人物(ゲスト出演) 登場人物 キャスト 大滝燐太郎 和菓子メーカー「大滝庵」創業者 螢雪次朗 大滝悦子 燐太郎の妻 多岐川裕美 大滝千鶴子 燐太郎と悦子の長女 中山忍 木島沙代 大滝家の家政婦 左時枝 大滝やよい 直樹の妻 月船さらら 大滝直樹 燐太郎と悦子の長男・大滝庵副社長 東根作寿英 河島雪実 フリーライター 大家由祐子 徳間繁久 大滝燐太郎の主治医 堀内正美 宇佐美祐貴 大滝庵の顧問弁護士 神尾佑 竹岡芙佐子 「竹岡医院」院長・徳間の元同僚 今本洋子 竹岡修司 芙佐子の夫・元警察官 小林勝也 楠本隆司 彩乃の上司・編集長 松永博史 上地一平 雪実の取材相手・スケートボーダー 古原靖久 重松和世 スタッフ 脚本 池上純哉 監督 橋本一 音楽 吉川清之 プロデューサー 関拓也(テレビ朝日),丸山真哉(東映) 制作 テレビ朝日,東映.

次の