骨董 買取 名古屋。 名古屋市で古美術品・骨董品の出張買取・査定|骨董買取えんや

愛知名古屋の骨董品買取なら永寿堂へ

骨董 買取 名古屋

名古屋で骨董品、茶道具を高価買取できる理由 当店は、約80軒の骨董品・古美術商が軒を連ね、京都市より歴史的保全地区に指定されている京都祇園縄手通りに面しております。 そのような土地柄、四季折々には、1日100名近くのお客様が、日本国内はもとより、世界各国よりご来店頂いております。 また、名古屋をはじめ全国より骨董品買取相談や買取依頼も数多くいただいております。 名古屋でお買取りした古美術骨董品、茶道具は、お店に展示しております。 店には常時、買取した2000点以上の品物に価格表示し、小売販売しております。 お買取りの際、店頭で販売する価格を提示しご納得頂けるようにしています。 その価格と品物を、ホームページ上にも掲載致しております。 、、、、に加盟しております。 当店について詳しくは『をご覧ください。 販売価格を提示して骨董品買取価格を決定 お買取りさせて頂いた品物はこのように価格表示してお店やホームページで掲載(販売)しており、お客様の安心と信頼を得ています。 京都は、千年も続いた都で、祇園祭に代表されるように、古美術骨董の中心地です。 その京都祇園で、昭和56年開業、優れた多くの品を査定、鑑定を繰り返して来ました。 老舗骨董店ならではの、信用と信頼があればこそ、高額な販売や買取が出来るのです。 古美術やかたの店内写真です、ご覧ください、360度ご覧いただけます。 名古屋の骨董品買取について 名古屋のお客様、買取依頼はお気軽にお問い合わせください。 名古屋は日本三大都市の一つで、近年空港も出来、将来発展する余地がまだまだ残されている地域です。 大きなトヨタグループの会社があり、名古屋ならではの自動車関係の会社や商社も多くあり、素晴らしい経済発展をしている都市です。 このような名古屋の地域では経済的にも余裕のあるお宅が多く、美術品や骨董品、また茶道具に興味をお持ちのお宅も多くあり、当然引っ越しや相続の折には、古美術骨董品や茶道具の査定や買取依頼のご相談を受けることが多くあります。 名古屋で買取させて頂いた例は、骨董品では唐物のや、また茶道具の買取では香合や茶杓の買取もさせて頂きました。 名古屋には昔から陶芸の里として知られている瀬戸市があり、は日本でも有名な陶芸作品の産地です。 名古屋の地元陶芸作家では、やまた、日本画の作家ではが有名な作家です。 また、名古屋城があるように、武家屋敷や商家もあり、歴史的にも有名な熱田神宮をはじめ、多くの社寺仏閣もあり、日本の中でも人気のあるがあります。 このような地区には、や仏教美術も多く見られます。 名古屋 出張買取地域• 名古屋市熱田区• 名古屋市北区• 名古屋市昭和区• 名古屋市千種区• 名古屋市天白区• 名古屋市中川区• 名古屋市中区• 名古屋市中村区• 名古屋市西区• 名古屋市東区• 名古屋市瑞穂区• 名古屋市緑区• 名古屋市港区• 名古屋市南区• 名古屋市名東区• 名古屋市守山区 名古屋各地区の古美術骨董品、茶道具の買取一例 名古屋市熱田区 名古屋市の中央部分にあたります。 古くは東海道五十三次の宮宿の宿場町、の鳥居前町として栄えた場所です。 名古屋市の中でも、熱田神宮周辺は典型的な下町で、中区大須地区などと並んで名古屋の風情を色濃く残している地域です。 熱田神宮を始め断夫山古墳や白鳥古墳、また、江戸時代に街道一の賑わいをみせたといわれる宿場の面影を残す七里の渡し船着き場跡の宮の渡し公園内など、歴史的文化遺産が数多く点在しているのが、名古屋市熱田区の特徴です。 このような地域で、歴史的にも文化的にも大切な地区で、古美術骨董品や茶道具が多く眠っている地域です。 名古屋市熱田区からは、宿場町でもあり、社寺仏閣も多く、やも多く見られ、骨董品や茶道具の買取依頼のお問い合わせのお電話もよく頂きます。 骨董品買取では、や、また茶道具買取では煎茶道具のや茶托の査定や買取をさせて頂きました。 また名古屋市熱田区には、名古屋国際会議場があり、デザイン都市名古屋のシンボルともいえるこの施設は、国際交流の場として、国際会議や式典、コンサートなどに広く利用されています。 このような国際地区の名古屋市熱田区で、古美術骨董品の(愛好家)も多くおられ、(唐物)の(中国陶磁器)や素晴らしい(七官青磁)、また(伝統産業)も多くあり、それらの人々には日本画の(掛軸)や(短冊)も買取させて頂きました。 名古屋市北区 北区は名古屋の北の玄関で、名古屋市の中でも北にあたります。 名古屋環状線などの幹線道路が縦横に通じ、名古屋の発展に重要な役割を担っている地域です。 愛知県中心地名古屋で、交通の便も良く、人口も多く茶道具や骨董品に興味を持たれる人々も多くおられ、骨董品や茶道具、また、古美術の査定や買取依頼も多くあります。 茶道具買取では、のののある茶入れの買取をさせて頂きました。 古美術骨董品の買取依頼では、の江戸中期のお皿やの膳所焼の陶磁器を買取させて頂きました。 また、名古屋市北区の庄内川、矢田川をはじめとする大小河川が流れ、名城公園、志賀公園、楠公園など緑豊かな公園にも恵まれており、水と緑のまちとして地元の方々に親しまれています。 志賀公園遺跡からは古い時代の遺物などが発掘され、(神社仏閣)も多く、名古屋らしい歴史と自然が息づく町です。 (神道美術)や(仏教美術)も多く見られ、名古屋の中でも北区のような地区での古美術骨董品や茶道具の買取例では、昔の(絵馬)や(銅鏡)、また(極彩色)の(巻物)の査定や買取もさせて頂き、茶道具の買取では、さすが茶道が盛んな名古屋で、表千家や(裏千家)、また(江戸千家)のそれぞれの(宗匠)の(一行書)の買取もさせて頂きました。 このように名古屋の北区のお客様、古美術骨董品や茶道具の整理や売却の際には、古美術やかたに御用命下さいませ。 名古屋市昭和区 名古屋市の中央部分、中区の隣の区です。 興正寺公園や鶴舞公園など自然環境も多く残っており、四季折々の風情が楽しめ、地元の方々の憩いの場となっています。 また、名古屋大学や名古屋工業大学など学校も多くあり、名古屋市内でも有数の文教地区でもある地域です。 神社仏閣、古墳の多く有し、名古屋の歴史の息遣いが感じられる土地柄です。 この地域は名古屋の中心地で、文化レベルも高くもあり、茶道具や古美術骨董品が多く眠っている地域です。 茶道具買取では、の家元のがついたの買取をさせて頂きました。 古美術骨董品の査定や買取では、の素晴らしいの査定や買取をさせて頂きました。 このように、名古屋市昭和区のお客様、骨董品や古道具の整理や売却の際には古美術やかたにご相談ください。 また、名古屋市昭和区と思わせるような骨董品や(茶道具)に出会える機会も多く、出張買取に伺うのが楽しみな地域です。 昔から茶道が盛んな名古屋では、(煎茶道具)や茶道具が多くあり、流派もいろいろな流派の茶道が盛んで茶道具の買取では、(江戸千家)から(表千家)まで多くの(宗匠)の手作りの(茶杓)や、(一行書)のある茶道具の買取をさせて頂いています。 文教地区ならではで、若い世代の方々も多く住まわれており、西洋骨董品に興味を持たれるお宅も多くあり、面白い買取では、(アール・デコ)や(アール・ヌーボー)の(置物)や(Wedgwood)の(陶磁器)の査定をさせて頂きました。 名古屋市千種区 名古屋大学はじめ予備校や多くの学校が点在する名古屋ならではの文教地区です。 多くの寺社や近代建築物などがあり、歴史的資源の豊かなまちでもあります。 名古屋市千種区ならではのやも見られ、骨董品や古美術品も多く眠っている地域です。 茶道具の買取や査定では、の家元が手作りされたを買取させて頂きました。 骨董品買取では、のやの査定や買取もさせて頂きました。 名古屋市千種区までは、交通の便も良く、出張させて頂く機会も多くあります。 名古屋の中でも、東山動植物園や天満緑道、ユリの名所として知られる千種公園、花アジサイが咲く茶屋ヶ坂公園などがあり、四季折々の彩りも美しく、地元の方々の憩いの場となっています。 さすが、名古屋を代表する文教地区ですね。 おしゃれな商業施設も多く、若い方々も多くお住まいで、華やかな雰囲気のあるまちです。 文化や芸術に興味を持たれる方々も多くお住まいで、古美術骨董品や茶道具に興味を持たれるお客様もおられ、珍しい茶道具の買取では、(煎茶道具)の手作りで作られた(涼炉)や、同じく手作りで作られた(水指し)の楽しい品物を拝見させて頂きました。 面白い西洋骨董をお持ちの方もおられました。 西洋骨董の見積もりや査定のご相談を受けることも多くあり、この地区では、(クロッキー)で描かれた(印象派)の(スケッチ)画や(ポップ・アート)の作品を買取りさせて頂きました。 名古屋市天白区 名古屋市の東部丘陵地帯に位置します。 天白川が流れる地域で、河川敷の天白川緑地は四季を通じて散歩を楽しむ地元の方々の憩いの場所です。 名古屋市農業センターがあり、名古屋コーチンの雛の最大の生産拠点でもあります。 体験教室やベゴニアなどを育てる複数の温室などがあり、地元の方々や近隣の方々に人気があります。 愛知県の中心地名古屋の中でも、比較的落ち着いた地域で、古美術骨董品や茶道具よりも、煎茶道具や古道具が多くみられる地域で、や、また、の買取や査定をさせて頂きました。 骨董品買取では、のの買取をさせて頂きました。 このように、住宅地も多く、ゆっくりとした地域で、平針の森など住民にとって憩いの場所も多くある緑豊かなところですので、人口も多く、お引越しをされて来てお住まいの方や、若い世代の方々も多く住まわれております。 名古屋市天白区のような地区では、古美術骨董品や(茶道具)よりも(煎茶道具)が多く眠っており、(木味)の良い手作りの(煎茶盆)や(茶托)の買取もさせて頂きました。 西洋骨董をお持ちの方もお住まいで、面白い古美術品に出会える地域でもあります。 この地区の買取では、(シルクスクリーン)や(リトグラフ)、また(置物)や簡単な(スケッチ)画ですが、(キャンバス)に(素描)で描かれた(美人画)がとても印象に残り、買取させて頂きました。 名古屋市中川区 名古屋市の西側にある区で、一部は田畑が広がる地域ですが、ナゴヤ球場や工場なども多くあるところです。 中川運河があり、古くは名古屋地域における中心的な水上輸送路として活用され、栄えた地域です。 富田公園は戸田川沿いに広がる大きな公園で、名古屋の中でも緑にあふれた自然豊かなところです。 名古屋の方々の憩いの場所として、多くの地元の方々が訪れておられます。 このような、ゆったりした地区で、高級マンションもあり、骨董品や茶道具のやの方からの査定や買取依頼で出張させて頂くこともあります。 コレクターのお宅では、骨董品の買取や見積もりでやまた、やの陶磁器の査定や買取をさせて頂きました。 茶道の愛好家のお宅では、やの書付のあるの茶道具を査定や買取をさせて頂きました。 このように、昔から交通の要衝として栄えた土地ならでは、古くから産業も盛んな地域で、現在も運送業や新聞社など、名古屋を代表する企業も多くあります。 当然、関連のお仕事や工業などを経営されるご家庭も多く、経済的にもゆとりのある地域で、出張買取に伺うのが楽しみな地域です。 またこの地域には、昔からの農村も残り、(煎茶道具)で面白い(茶入)れや(煎茶盆)や(如意)の買取をさせて頂いたこともあります。 名古屋市中区 名古屋市の中核に位置する区で、栄三丁目周辺には商業施設が集中し、電気街として有名な大須などがあり活気がある地域です。 また、名古屋城三の丸には、国の出先機関、愛知県庁、名古屋市役所などの行政機関が集中しており、名古屋市や愛知県の経済や文化の中枢機能が集積している地域です。 名古屋城があるところとしても知られており、名古屋市を訪れる多くの観光客で賑わうところです。 名古屋の中でも中心街にあたる地区で、古美術品や骨董品、また茶道具が数多く眠っている地域です。 このような都心には西洋骨董の品々も多く眠っております。 名古屋市中区での骨董品買取例では、の茶碗やの、また西洋骨董品ではや等々の査定や買取をさせて頂きました。 また、名古屋は茶道も盛んな地域で、茶道具で表千家の書付のある、永楽やの茶碗の査定や買取をさせて頂いた事もあります。 京都からですと、名古屋までは、新名神も出来ており交通の便も良く伺うのも便利な地域で、度々出張させて頂いております。 面白い買取例では、(七宝焼)が名古屋では有名で、特に(なみ川七宝)が有名で、(置物)や(花入)れ、そして(花台)等々、七宝焼ばかり数多く買取させて頂いたこともあります。 名古屋市中村区 名古屋市の西側にある区で、名古屋駅西口の周辺に位置する地域で、名古屋市の中でも特に戦前から栄えた商工業地域です。 中村公園一帯は戦国の英傑ゆかりの土地として知られており、現在も超高層ビルが立ち並ぶビジネス街です。 名古屋市中村区は、豊臣秀吉ゆかりの常泉寺や加藤清正ゆかりの妙行寺など史跡も多く残されており、名古屋市らしい歴史のロマンあふれる土地柄です。 名古屋市中村区の地域は名古屋駅の東側よりはゆったりしており、社寺仏閣も多くあり、やも多く見られます。 また、ゆったりしているからか、名古屋の中でも高級マンションや高級住宅も多くあり、古美術骨董品や茶道具に興味を持たれるお宅も多くあります。 の査定や買取依頼のご相談も多くあり、出張させて頂き、煎茶道具のやで使われる燭台の買取をさせて頂いた事もあります。 骨董品の買取では、べっ甲の民芸品の買取をさせて頂いた経験があります。 大型商業施設や、終日賑わいを見せるデパートや商店街、地下街などでき、近年、特に活気のある地域です。 当然、古美術骨董品や茶道具に興味を持っておられるお宅も多く、変わった買取例では、(土佐派)から(狩野派)、そして(住吉派)や(四条派)のそれぞれの(掛軸)や(屏風)を持っておられるコレクターの方に見積もりをさせて頂きました。 優れた美術品の安藤の(七宝焼)や高価な品々が眠っている地域で、骨董品や美術品の売却の際には是非当店にご依頼ください。 名古屋市西区 西区は、名古屋市の北西部に位置し、庄内川が流れております。 庄内緑地をはじめとして、さまざまな公園や緑地があり、地元の方々の憩いの場として親しまれています。 名古屋市西区は、四間道、中小田井など町並み保存地区や美濃街道などがあり、名古屋市ならではの歴史の息遣いが感じられる土地柄です。 元やもあり、江戸時代の骨董品や茶道具も多く残っている地域で、名古屋の中でも、昔のの素晴らしい骨董品にお目にかかる地区です。 また、名古屋城に隣接した地域で、比較的ゆっくりした地域で、高級マンションや住宅が多くあるのが、名古屋市西区です。 名古屋市西区には、骨董品や古美術品、また茶道具も多く眠っており、査定や買取に出張させて頂く機会も多くあります。 骨董品や茶道具の買取や査定では、の茶箱やの花入れの買取もさせて頂いた経験があります。 名古屋市の中でも、日本を代表する企業の本社や事業所、記念館などが多くあり、経済的にもゆとりのあるご家庭も多く、素晴らしい古美術品に出会える地域です。 この地区にも昔からの富豪の(愛好家)の方が多くおられ、(六古窯)の(丹波焼)や(信楽焼)、また(瀬戸焼)や(備前焼)の陶芸作品をお持ちで、金継ぎをされた珍品の(お歯黒壺)や(海揚がり)の(青磁)の(香炉)等、面白い作品が多く、買取や査定をさせて頂きました。 骨董品や茶道具を整理や売却される際には、古美術やかたにご相談下さい。 名古屋市東区 名古屋市の東部に位置する地域です。 東区内は名古屋市ならではの尾張徳川家ゆかりの神社、仏閣も多く、やが残っている地区です。 名古屋市東区には、や蓬左文庫には国宝、重要文化財など数々の名品が収蔵展示されています。 このように、文化や歴史に親しまれる人々が多く暮らしておられ文化レベルも非常に高い地域です。 もちろん、名古屋のなかでも、東区は昔からの茶道や煎茶道に親しまれる方々も多くおられ、やの家元のがある茶道具も多く眠っています。 名古屋のなかでも、江戸時代のの面影が今に残る地域でもあり、甲冑や刀装具の見積もりや買取で出張させて頂いた事もあります。 また、ナゴヤドームや愛知芸術文化センターなどがあり、芸術文化の施設も充実しているところです。 このように、名古屋市東区は、名古屋の中でも特に、古くから文化や芸術が育まれた地域です。 このような地区には、元武家屋敷や(商家)もあり、古美術骨董品や(茶道具)の買取依頼もよくあります。 骨董品の買取では、何故か(金工作品)が多く、(甲冑)や(刀装具)で(彫金細工)や(象嵌細工)の素晴らしい(鍔)や(小柄)の買取をさせて頂きました。 江戸期の建造物から、明治・大正期の文化、現代的な観光スポットなど、多くの観光資源に恵まれているのが特徴的で、年間を通して多くの観光客が訪れにぎわいます。 名古屋市瑞穂区 名古屋市の中央部分にある区で、精密工業、近代窯業、金属加工業を中心とした企業の工場や事務所が多いところです。 経営者の方々も多くおられ、経済的にも恵まれ、骨董品や美術品にも興味を持たれているお宅も多くあります。 骨董品の買取例では、のの壺ややの陶磁器の買取をさせて頂きました。 茶道具の買取では古美術工芸品のの買取もさせて頂きました。 名古屋を代表する文教地区ですので、教育や文化や歴史に興味を持たれている方々も多くお住まいの、名古屋の中でも教育レベルや文化レベルが非常に高い地域です。 名古屋市立大学をはじめとする学校施設も多く、博物館などの文化施設も充実しています。 中でも、名古屋市博物館は、尾張徳川家や豊臣家ともゆかりの深い品々を所蔵しており、さすが瑞穂区の地ならではですね。 名古屋市や尾張の歴史、民俗資料の調査、研究と展示の場として、地元の方々に親しまれております。 この地区も、名古屋で茶道に関心のあられる方も多くおられ、(茶道具)の買取依頼や見積もり依頼が良くある地域です。 買取例では、(裏千家)の(宗匠)の(書付)がある(千家十職)の(中川浄益)の茶入れや、(黒田正玄)が作られた(茶杓)の査定や買取をさせて頂きました。 桜の名所として名高い山崎川が流れ、緑豊かな土地柄でもあります。 ブラザーコミュニケーションスペースなども、この地区ならではの展示施設で、楽しいひとときが過ごせる場所です。 名古屋市緑区 名古屋市の南東部に位置する区で、天白川をはじめ扇川や大高川が流れ、大高緑地公園に代表される公園や緑地が多い、名古屋市の中でも自然豊かなところです。 名古屋港からも近くで、食べ物も豊富で新鮮な魚介類をいただける地区です。 近年では、高級な高層マンションもあり、骨董品や古美術品また、茶道具に興味を持たれる方々も多くおられ、名古屋の中でも、緑区では、引っ越しや整理の際には、骨董品や古美術品の査定や売却依頼の相談のお電話をいただくことも良くあります。 茶道具の買取では珍しいのの逸品の買取をさせて頂きました。 古美術骨董品では、や象牙のの買取もさせて頂いた経験があります。 名古屋のなかでも、桶狭間の戦いのあった場所で知られており、東海道の鳴海宿があった地域です。 伝統工芸の有松、鳴海絞りで有名なところで、名古屋市緑区では、江戸時代以降日本国内における絞り染め製品の大半を生産しており、国の伝統工芸品にも指定されております。 呉服に興味をお持ちの呉服の愛好家がおられ、やめの珍しい布の査定や買取をさせて頂きました。 この(愛好家)には、買取は出来ませんでしたが、他にも(古渡り)の(更紗)や(つづれ織)の(上布)、そして(伊勢型紙)や(友禅染)の珍しい作品を拝見させて頂きました。 名古屋市港区 名古屋の南西部に位置する区で、中部圏の海の玄関で、国際貿易港である名古屋港を中心にした工業地域です。 名古屋港水族館、海洋博物館などもあり、名古屋を訪れる観光客で賑わうところでもあります。 このように民家はほとんど無く、ゆったりしている地域で、一部、大きな洋館建てのお宅もあります。 過去に一度、洋館建てのお宅より、骨董品や茶道具の買取や査定依頼があり出張させて頂き、茶道具のの茶碗や骨董品のが表現された素晴らしいのを買取させて頂きました。 この洋館建てのお宅では、(アール・デコ)や(アール・ヌーボー)の調度品や(Wedgwood)や(マジョリカ)の(陶磁器)の作品、そして(ステンドグラス)や(レリーフ)が素晴らしい彫刻等々を拝見させて頂き、一部を買取させて頂きました。 さすが、名古屋市港区は港町で、ガーデンふ頭を中心にウォーターフロントを生かしたまちづくりが着々と進められており、活気がある地域ですね。 レゴランド・ナゴヤ・リゾートや名古屋港シートレインランドなど、家族連れや若い世代の方々に人気の観光スポットも多くあり、楽しい地域です。 日光川公園には国内最大級のプールなどもあり、戸田川縁地にはバーベキューガーデンなどもあります。 観光地として近年活気のある地域ですので、若い世代の方々も多く住まわれて活躍されておられます。 おもしろい西洋骨董をお持ちの方もおられ、ご相談を受けたことがあります。 出張買取に伺うのが楽しみな地域です。 名古屋市南区 名古屋市の南部に位置している区で、旧東海道沿いには、笠寺観音や笠寺一里塚などの史跡が残り、名古屋市南区地方の歴史を今に伝えています。 名古屋城の近くでもあり、武家屋敷や商家の跡もあり、昔の華やかな名残を残されております。 名古屋市南区には、骨董品や茶道具よりもが残っており、や、またの買取や査定をさせて頂きました。 骨董品買取依頼で出張買取をさせて頂いた時には、骨董品よりも古道具やの買取や査定をさせて頂きました。 日本ガイシスポーツプラザがあり、各種スポーツ競技やコンサート、イベントが開催され、多くの人々で賑わいます。 名古屋市らしい歴史と文化が調和した土地柄です。 近年では、鉄鋼や金属、機械、化学工場が立ちならぶ、名古屋の中でも、有数の工場地帯として発展してきました。 このような名古屋市南区には古くからの繁華街などもあり、商業のまちで、町の工場を営むご家庭や、関連の企業の社長さん、何代も続く(商家)のお宅などもあり、おもしろい骨董品に出会える地域でもあり、買取例では、(茶道具)の(裏千家)の(書付)がある(棗)や(茶杓)、また(食籠)や(水指し)の買取もさせて頂き、今後この地区の買取依頼が楽しみです。 名古屋市名東区 名古屋市の東側にある区で、名古屋市内屈指のベッドタウンとして、発展してきた地域です。 名古屋市内で高級住宅地にあたり、古美術骨董品や茶道具の査定や買取依頼の相談を多く受ける地域です。 茶道具買取では、のの手作りの買取をさせて頂きました。 骨董品買取では、の花台で素晴らしいも買取させて頂きました。 名古屋市名東区は、尾張丘陵の南西部に位置し、かつては、畑、稲作の他、養蚕や葉煙草も栽培するのどかな田園地帯でした。 古い時代の遺跡や柴田勝家ゆかりの明徳寺など、名古屋市ならではの史跡や神社仏閣も多く、歴史の息遣いが感じられる土地柄です。 この地区では、武家屋敷も残り、名東区ならではの(刀装具)の(愛好家)がおられ、(小柄)や(鍔)の見積もりに出張させて頂いたこともあります。 名古屋の中でも、地方からの新住民や転勤者家庭、学生なども多くお住まいの地域ですので、この名古屋市名東区の地域には、明るい雰囲気のカフェや、おしゃれなレストランなども多くあります。 西洋骨董の(コレクター)もおられ買取依頼で出張させて頂いた折には、西洋骨董の(パステル)で描かれた(素描)の(スケッチ)画や(シルクスクリーン)や(リトグラフ)、またそして(キャンバス)に描かれた(クロッキー)画の作品の査定や買取をさせて頂きました。 名古屋市守山区 名古屋の中でも瀬戸市に近く、陶芸品のがおられ、やの陶器やの信楽焼の花入等々、査定や買取をさせて頂きました。 名古屋市の東北部に位置し、矢田川や庄内川が流れ、東濃や木曽などの山間部に最も近いため、名古屋市の中でも緑豊かな自然が残る地域です。 白沢渓谷、小幡緑地公園をはじめ東谷山フルーツパークなど、自然豊かなところで、地元の方々の憩いの場所も多いです。 また龍泉寺、名古屋市内最古の古墳である白鳥塚古墳など史跡も多く残り、棒の手、神楽、木遣りといった郷土芸能など名古屋の歴史的遺産にも恵まれた地域で、地元の方々に大切に保存され、親しまれております。 このような土地柄、社寺仏閣も多くを見ることもあります。 出張買取させて頂いた折には、掛軸の(仏画)や(絵馬)等の骨董品を買取させて頂きました。 このような地区では、(古美術工芸品)や(古佛)、また(掛軸)や(屏風)の仏画や(山水画)の買取もさせて頂きました。 緑も多く、名古屋の中でも広い土地がありますので、住宅地も多く、愛知県立大学守山キャンパスや食品を扱う工場も多くありますので、若い世代の方々も多く住まわれており活気があります。 買取した品物のご紹介 2020. 17 販売価格 150,000円 写真31枚掲載、ご覧下さい。 令和2年7月17日 直径約 7. 6cm 高さ約 2cm 地方のお客様で近くには本格的な古美術骨董店が無く、どうしようかと考えておられましたが、偶然当店のホームページをご覧になり、お電話を頂きました。 煎茶道具の売却依頼で、数点の写真を添付して頂き、秋草蒔絵の香合と(急須)の買取りさせて頂きました。 面白い香合なので、先に蒔絵のを紹介させて頂きます。 時代は江戸から明治にかけてのものだと思われますが、も良く、素晴らしいです。 写真をご覧のように、繊細で丁寧な(蒔絵)が描かれており、内側や底にはが施されております。 採光の加減で白く光っておりますが、ご覧のように状態の良い品物です。 古美術やかたでは、買取させて頂いた品物に価格を表示し、店頭販売しております。 買取価格を決定する際には、この小売価格を元に買取価格を表示しております。 その価格は、店頭やホームページに掲載して、遠くのお客様でも、ご納得頂けるようにしております。 フェイクニュースやイメージ写真のホームページが殆どの昨今、当店は、本当に買取から販売までしている、老舗の骨董店ならではの技です。 2020. 令和2年7月16日 印籠 横幅約 6. 7cm 縦約 6. 4cm 厚み最大約 1. 8cm 緒締め 直径約 1. 5cm 根付 横幅約 5. 2cm 縦幅約 3. 3cm 厚み約 0. 8cm 先代が大切にコレクションしていたですが、先代が亡くなったので売却したいとお電話を頂きました。 伺いますと、素晴らしい(蒔絵)の印籠で、山田常嘉の作品でした。 この山田常嘉の印籠は江戸時代の作品で、材質は木製です。 非常にな蒔絵が施され、さすが江戸時代の職人技だと思わせる印籠です。 作者は、写真をご覧のように根付に(著名な作家)の山田常嘉とが入っており、非常に面白い南蛮人とカルタの蒔絵が施されております。 山田常嘉は、江戸中期の蒔絵師で、山田姓の印籠師で、江戸南塗師町に住んだ名工と伝えられている。 代々「常嘉」あるいは「常嘉斎」と号して、『装剣奇賞』にある「常加」銘の作品も知られている。 印籠蒔絵を得意とし、印籠の遺品が多くあり、研出蒔絵をよくしたというが、を駆使した作品も多い。 「御印籠師」として徳川家に仕え、印籠、香箱を制作したとも伝えられる。 江戸時代の古い時代の伝承された蒔絵が素晴らしい作品で、現在の作家ではなかなか作れない上手の名品です。 緒締めはトンボ玉で出来ており、根付は水牛の角です。 根付も昔の職人技が素晴らしく、面白い南蛮人の図柄の珍品です。 採光の加減で白く光っておりますが、非常に状態の良い品物です。 2020. 令和2年7月15日 取手を含む高さ約 17. 3cm 摘みまでの高さ約 12cm 注ぎ口を含む横幅約 16cm 重さ約 643g 観光で来られ、ゆっくりお店をご覧いただき、納得されたご様子で、お帰り頂きました。 後日、「実家に沢山ある古道具や骨董品を買い取って欲しいと」メールを頂き、出張させて頂きました。 この金工作品のは煎茶道具の銀瓶で、材質は純銀製品です。 二代 (秦蔵六)の金工作品で、注ぎ口は鳳凰口です。 取っ手の部分は(早川 尚古斎)が竹で巻いており、非常に美しく作られています。 煎茶道の著名な作家でもある坂田習軒の下絵を秦蔵六がしております。 このような純銀製品のは、アジアのお客様に人気があり、中国茶に使われるようです。 写真をご覧のように坂田習軒の下絵や、裏側には書が彫られており、さすが二代 秦蔵六と思わせる逸品です。 注ぎ口は鳳凰口で、全体的にもがあり彼の作品のなかでも上手の名品です。 昔の品物で、銀の変色が見られますが、簡単に綺麗になります。 競り市やオークションで買い受けた作品ではなく、直接お客様より入荷した作品で、古い時代の現状のまま販売しております。 さすが、業界でうぶ荷と呼ばれる貴重な蔵出しの作品で、滅多に見られない名品です。 古美術やかたでは、買取させて頂く際には、お客様に買取させて頂く品物の小売価格を表示して、買取価格を決定しております。 2020. 14 販売価格 30,000円 写真18枚掲載、ご覧下さい。 令和2年7月14日 全体 縦幅約 140cm 横幅約 30cm 本紙 縦幅約 64cm 横幅約 28cm ふらりと偶然立ち寄られたお客様で、お店をゆっくりご覧になり、お帰り頂きました。 後日、お電話を頂き、骨董品を数点お送り頂きました。 昔の「日本画」で掛軸になっており、表具も面白いので先に紹介します。 この掛軸は本紙は紙本です。 江戸時代の古い時代の日本画ですが、昔のままの表具で、も珍しく、面白い掛物です。 ご覧のように、写真6の部分には、蔵ジミが入っております。 面白い図柄で、の良い昔の掛軸は買取させて頂きます。 作者は皆川 淇園で、(1735年~1807年)京都を代表する江戸時代中期の儒学者。 儒学を学び、易学について研究を深め、独自の言語論により「名」と「物」との関係を解釈する開物論を唱え、「老子」「荘子」「列子」「論語」など多くの経書に対する注釈書を著した。 江村綬の錫杖堂詩社に影響され、柴野栗山や赤松滄洲らと三白社という詩社を起こす。 特には、(四条・円山派)の円山応挙に劣らずという評価も受けている。 古美術やかたでは、買取させて頂く際には、お客様に買取させて頂く品物の小売価格を表示して、買取価格を決定しております。 また、その販売価格は、店頭やホームページに表示して、遠くのお客様でも、ご納得頂けるようにしております。 2020. 13 販売価格 100,000円 写真18枚掲載、ご覧下さい。 令和2年7月13日 全体 縦幅約 205cm 横幅約 53cm 本紙 縦幅約 134cm 横幅約 38cm 地元で当店のホームページをご覧になり、お電話を頂きました。 茶掛けの掛軸と「日本画」の水墨画を買取りました。 日本画の(水墨画)が面白いので、先に紹介させて頂きます。 この掛軸は本紙はで、江戸時代の古い時代の作品ですが、昔のままの表具で、裂も珍しく、面白い掛物です。 ご覧のように、写真5の部分には、蔵ジミが入っております。 熊代熊斐(1712年- 1773年)は、江戸時代中期の長崎で活躍した画家。 江戸時代の南宋画の先駆者。 沈南蘋の彩色の技法を多くの門人に伝え国内に広めた。 この一派は南蘋派として知られ、当時の画壇に大きな影響をもたらした。 号は繍江(しゅうこう)で、のち熊斐と名乗った。 享保17年から1年あまり長崎に滞在中の沈南蘋に直接師事した。 面白いで、状態の良い昔のは買取させて頂きます。 古美術やかたでは、お譲り頂いたお客様に、納得頂くことを第一と考えております。 古美術やかたでは、買取させて頂く際には、お客様に買取させて頂く品物の小売価格を表示して、買取価格を決定しております。 また、その小売販売価格は、店頭やホームページに掲載して、遠くのお客様でも、ご納得頂けるようにしております。 骨董品買取 取り扱い一覧 買取について 小売価格をもとに買取価格を決定 当店は小売販売をしております。 卸売価格やオークション価格ではなく、小売価格をもとに買取価格を決定しておりますので、 高価に買取させていただけると考えております。 販売価格を提示して買取 買取の際には、実際に店頭で販売する価格をお客様に提示しております。 遠方のお客様よりお譲りいただいた品物は、 ホームページ上に価格を掲載いたします。 「遠方から」・「一品から」でもお気軽にご相談ください。 たとえ一品からでも、写真を当店にお送りいただき、 見積りの結果お譲りいただくこともよくあります。 品物の多い少ないに関わらず、お気軽にご相談ください。 まずは現状のままご相談ください。 一対で一組の品物、数点で一組の品物、伝来説明文や共箱等と離れてしまうと 価値が下がる品物も多くあります。 汚れや埃等はそのままで結構ですので、ご自分で整理や廃棄をされる前に、 当店までお気軽にご相談ください。 買取のご相談 当店には骨董品買取担当者がおります。 買取のご相談でご来店いただくお客様は、必ず、事前にお電話でご相談ください。 メールに古美術骨董品の画像を添付してお問い合わせいただく場合は、 までお願いいたします。 見積り、買取、その際の出張費用はすべて無料でいたしております。 ただし、相続・贈与の際の評価価格査定は有料になります。 ご了承ください。 に表示しております様に、 創業以来お客様の個人情報の秘密厳守を第一として長年営業してまいりました。 当店では、お譲りいただいたお客様の信頼を何より大切にしたいと考えております。 名古屋への出張買取について 名古屋は日本の代表でもあるトヨタ自動車の本社があり、 いまでは飛行場も出来、大阪や京都と並ぶ一大観光・工業都市となりました。 名古屋のある愛知県は、戦国時代に多くの武将を輩出し、 絢爛豪華な桃山文化の中心地として栄えました。 古くは織田信長の拠点からはじまり、いくつもの文化を重ね、 「尾張名古屋は城で持つ」と言葉が残る歴史があります。 日本三名城のひとつで「金の鯱」で有名なお城です。 そのような土地柄、 名古屋には多くの骨董品・古美術品が眠っており、 名古屋のお客様からお茶道具や骨董品、古美術品の買取の ご相談をよくお受けしております。 当店には古美術・骨董品・茶道具買取担当者がおります。 古美術・骨董品・茶道具のご処分をお考えの愛知県のお客様は、 必ず、事前に お電話でご相談ください。 メールに骨董品の画像を添付して出張買取のお問い合わせをいただく場合は、 までお願いいたします。 古美術やかた主人 敬白 骨董品高価買取を解説 竹籠高価買取を解説 竹製の茶箱、花籠、盛籠、竹編火鉢、竹編煎茶盆、小物入れ、竹芸茶合、唐物、竹根工芸品、その他竹芸作品などは、高価買取致します。 ご相談ください。 特に大振りで、天然の竹や、太い古竹で編まれた昔の作品や、自然の竹の竹根を生かした荒々しい力強い仕上がりの作品等は高価買取できます。 作家別で言えば、初代田邊竹雲斎、飯塚琅王干斎(ろうかんさい)等が代表格です。 さらに、早川尚古斎、和田和一斎、前田竹房斎などの昔の先代が作った作品にも上記のような特長があり、高価買取対象になります。 また、時代を経てきた唐物(大陸より渡ってきた品物)や、味わいが見られる作品は、無名でも高価買取対象で、中には買取価格が百万円を超える品物もあります。 時代が新しくなるにつれて、古い竹材がなくなり、現代作家もいろいろな創意工夫をしております。 現代作家の作品は、趣きが変わり竹の編み方が面白く、非常に丁寧に細かく編まれた作品や味のある作品で、買取対象で、数万円から数十万円まで様々です。 作家別で言うと飯塚小王干斎(しょうかんさい)、小菅吼月、山本笙園、末村笙文、小菅小竹堂、長倉健一等の現代作家です。 一般の方には分かりにくい作品もあるかと思います。 一度ご相談頂ければと思います。 煎茶道具高価買取を解説 古来、大陸より伝わった煎茶の文化、多種多様に幅広く日本にも残っております。 昔から唐物と言われ、大陸より伝わった品々は一般的に高価買取対象になる品物が多くあります。 焼き物(陶器)も、唐物が高価買取対象になっております。 また、日本の焼き物も、色絵や染付の細密で上品な昔の品物は高価に買取致します。 三浦竹泉や三浦竹軒は、煎茶道具の中でも有名作家です。 銀や錫で作られた作品も、一般的に、上記のように唐物と言われる大陸から渡った品物が高価買取対象になっております。 絵や文字が彫られた作品で、細密上品で味わいのある物は高価買取対象です。 彫金細工師や象嵌細工師が作った作品も同じで、中でも、秦蔵六の先代の作品は人気があります。 品物で言うと、茶合、茶托、茶入、瓶敷、火箸、涼炉、等々、様々な品物があり高価買取対象です。 竹芸作品も同じで、一般的に、上記のように唐物と言われる大陸から渡った品物が高価買取対象になっております。 中でも、古竹に模様の入った斑竹(はんちく)は有名で、高価買取対象です。 最近では日本の竹芸作品が人気で、初代田邊竹雲斎、飯塚琅かん斎の作品は高価買取対象になっております。 また、煎茶道具ではありませんが、昔に作られた味のある筆頭などは、百万円を超える品物もあります。 アジアからお越しのお客様には、昔の竹芸作品は非常に人気があります。 品物で言うと、如意や茶合から火鉢、竹籠まで様々な作品におよびます。 煎茶道具には、様々な道具があり、特に、昔の品物は素人判断せず、あきらめず当店にご相談ください。 根付高価買取を解説 根付には、大きく分けて、象牙の根付、骨製の根付、木彫の根付、中には金属の根付などがあります。 買取依頼で整理する際には、一見黒く、小さくゴミのように思う品物も数多く、ご注意ください。 江戸後期、古い印籠や根付には、蒔絵や象牙等が使用され、日本独自の職人技の冴える逸品や、細かい彫刻・蒔絵が施された素晴らしい作品が多く作られました。 このような古い時代の作品は、特に高価買取させて頂きますが、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。 偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。 銘が入っており、当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。 ちなみに、現在当店で販売している懐玉斎正次の作品は、百万円を超える買取価格です。 また、どなたがご覧になっても細密で上品優雅で昔の希少な作品は、銘等が無くとも、高価買取対象です。 作家別では、明鶏斎法實、光廣、龍珪、寿玉、忠義、一旦、一貫、正直、亮長、豊昌ら幕末に活躍した名工の作品です。 明治になると根付は実用品ではなく美術品として欧米に輸出されるようになり、東谷、如藻、森田藻己、谷斎、石川光明、森川杜園、加納鉄哉らが名品を生み出しました。 骨董品の根付は世界の人々から、コレクションとして大変人気があります。 根付買取の依頼の際には、高価で買取できる作品も多数ありますので、是非一度当店にご相談ください。 印籠・蒔絵高価買取を解説 当初、印籠は旅の必需品で常備薬を持ち歩くための入れ物で、根付の下に帯からぶら提げていたのが、印籠です。 平和な時代が続いた江戸中期頃になると、印籠は粋な小道具となり、蒔絵や象牙、芝山蒔絵、彫金細工物、彫刻が素晴らしい作品が多くありました。 上記のような素晴らしい細密で上品な作家の作品は、日本の古美術、骨董品の代表として特別高価買取致します。 下記の作家が特別に知られており、当店でも数十万円から百万円近くまで買取させて頂いた品物があります。 ホームページをご覧ください。 作家別では、下記の作家が有名で特別高価買取させて頂きますが、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。 当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。 銘が入っており、当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。 尾形光琳(琳派と呼ばれ、光琳蒔絵といわれる蒔絵の代表者、江戸時代の人) 小川破笠(破笠細工と呼ばれ、独特の様式を確立、江戸時代の人) 梶川家(代々徳川幕府のお抱え蒔絵師、江戸時代の人) 幸阿弥家(室町将軍家より代々続く名門蒔絵師) 古満家(代々徳川幕府のお抱え蒔絵師、江戸時代の人) 飯塚桃葉(蜂須賀家お抱えで、号を観松斉、江戸時代の人) 堆朱楊成(足利家より代々続き、徳川将軍御用達まで) 柴田是真(幕末~明治の絵師で漆芸の名人) 骨董品の印籠や蒔絵の品物の買取をお考えの方は是非一度ご相談ください。 刀装具(鍔・小柄)高価買取を解説 刀装具の中でも、布目象嵌や金銀象嵌、片切彫、毛彫り、魚子地(ななこじ 、高彫が素晴らしい作品は高価買取対象です。 材質は殆どが、鉄、銅、金、銀、真鍮等々の金属でできておりますが、 合金細工の朧銀(おぼろぎん)、赤銅(しゃくどう)、銀と銅の合金で四分一(しぶいち)もあり、形も円形や、角形や木瓜(もっこう)、障泥(あおり)などで出来たものもあります。 どなたが見ても丹精で綺麗な彫金細工や金銀象嵌の品物は、高価買取できる品物が多いです。 当店のホームページをご覧になり、参考にしてください。 刀装具の作家は、下記のような作家です。 後藤一乗(江戸~明治 ごとういちじょう)、石黒是美(江戸~明治 いしぐろこれよし)、 加納夏雄(江戸~明治 かのうなつお)、海野勝珉(明治~大正 うんのしょうみん)、 正阿弥勝義(江戸~明治 しょうあみかつよし)、大森英秀(江戸期 おおもりてるひで)、 大森英満(江戸後期 おおもりてるみつ)、石黒光明(江戸後期 いしぐろみつあき)、 石黒政寿(江戸後期 いしぐろまさとし)、橋本一至(江戸~明治 はしもといっし)、 菊岡光保(江戸後期 きくおかみつやす)、浜野直随(江戸後期 はまのなおゆき)、 伊藤正乗(江戸後期 いとうせいじょう)、鈴木美彦(明治~昭和 すずきよしひこ)、 骨董品の刀装具の買取をお考えでしたら是非一度、当店にご相談ください。 上記作家の作品の中でも、江戸末期ごろから明治にかけての有名作家の作品、後藤一乗、石黒是美、加納夏雄、海野勝珉、正阿弥勝義等は、骨董品買取の際に特別に高価買取でき、数百万円を超える品物も多くあります。 ただし、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。 当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。 銘が入っており、当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。 彫金細工・金工細工高価買取を解説 彫金細工、金工細工は、刀や刀装具、鎧兜(よろい、かぶと)から始まります。 しかしながら、明治9年の帯刀禁止令以降、刀装具の制作を生業としていた彫金家は、とても大変な時代を迎え、次々と廃業しました。 そのような危機的状況を救ったのは、万国博覧会でした。 万国博覧会に出品された品々は、欧米にはないカラフルな象嵌で各地で注目を浴びました。 彫金家の工夫と努力で日本古来の彫金細工の技が、明治期に花開いていきました。 彫金細工・金工細工買取例彫金技法は、主として「彫る技法」、「嵌める技法」、「打つ技法」があります。 彫金技法の種類では、毛彫り、打ち込み、鋤彫り、平象嵌、高肉象嵌、片切り彫り、等です。 色金材料では、純金、青金、火銅、赤銅、純銀、朧銀、四分一、黒四分一、白四分一等があります。 様々な技法が昔から伝えられ、他にはまねのできない日本の職人技を築き上げました。 刀装具と同じ分野になり、作家も重なりますが、どなたが見ても丹精で綺麗な彫金細工や金銀象嵌の品物は、高価買取できる品物が多いです。 当店のホームページをご覧になり、参考にしてください。 作家別では、下記の作家です。 後藤一乗(江戸~明治 ごとういちじょう)、石黒是美(江戸~明治 いしぐろこれよし)、 加納夏雄(江戸~明治 かのうなつお)、海野勝珉(明治~大正 うんのしょうみん)、 正阿弥勝義(江戸~明治 しょうあみかつよし)、大森英秀(江戸期 おおもりてるひで)、 大森英満(江戸後期 おおもりてるみつ)、石黒光明(江戸後期 いしぐろみつあき)、 石黒政寿(江戸後期 いしぐろまさとし)、橋本一至(江戸~明治 はしもといっし)、 菊岡光保(江戸後期 きくおかみつやす)、浜野直随(江戸後期 はまのなおゆき)、 伊藤正乗(江戸後期 いとうせいじょう)、鈴木美彦(明治~昭和 すずきよしひこ) 海野美盛 骨董品の彫金細工・金工細工の買取をお考えでしたら、是非一度当店にご相談ください。 上記作家の作品の中でも、江戸末期ごろから明治にかけての有名作家の作品、後藤一乗、石黒是美、加納夏雄、海野勝珉、正阿弥勝義等は、骨董品買取の際に特別に高価買取でき、数百万円を超える品物も多くあります。 ただし、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。 当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。 銘が入っており、当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。 銀瓶高価買取を解説 銀瓶は、銀で出来たやかんのようなもので、鉄瓶と違い湯の味を変えないことから、茶道具として使われてきました。 昨今、アジアの方に非常に人気が高く、高価で買取できる品物が多くあります。 中でも特に、鉄と銀で作られた作品や、本体の部分に彫刻された作品は特別高価買取対象です。 作家別では、秦蔵六、北村静香、紹美栄祐、中川浄益、等は作品にもよりますが、高価買取対象です。 ホームページでは、価格を表示し写真をたくさん掲載しておりますので、参考にしてください。 ただし、大きさやデザイン、また共箱があるなしで価格は変動します。 当店で、買取価格が数十万円から百万円を超える作品も多くあります。 骨董品の銀瓶の処分をお考えでしたら、貴金属の買取に出す前に、是非一度骨董店へご相談ください。 価格については、当店のホームページを参考にしてください。 鉄瓶高価買取を解説 鉄瓶には、大きく分けますと、南部鉄瓶、京都や滋賀県で出来た鉄瓶があります。 南部鉄瓶は、量産され数多く出回っており価格は割安ですが、 一般的に、関西で作られた鉄瓶が高価買取できます。 関西の鉄瓶は、京都の龍文堂が最初で、初代秦蔵六や亀文堂も有名ですが、 両社とも、龍文堂で学び作られた会社です。 摘みが銀細工や彫金・象嵌細工の鉄瓶も高価買取できますし、 鉄瓶の本体に金銀象嵌や浮き出た文様のある鉄瓶、龍口や鉄砲口の鉄瓶も高価買取いたします。 摘みが翡翠の鉄瓶は特別高価買取致しております。 日本では、江戸の後期より鉄瓶を作りはじめました。 その後、何代か続き、明治から昭和時代に数多くの鉄瓶を製造、販売しておりましたが、最近、大陸で作られた偽物が多くなり、お買い求めのお客様が見分けがつきにくいので、3~4年前の価格よりずいぶん安価になりました。 しかし、亀文堂で、作品の蓋裏に「日本亀文」、胴裏に「家拙日本琵琶湖在東」と銘があったり、胴後部に「日本亀文」底面に「家拙日本琵琶湖之東」と在銘の作品で、 本体に金銀象嵌や浮き出た文様のある鉄瓶、龍口や鉄砲口の鉄瓶の中では、買取価格が百万円を超える品物もあります。 鎧兜高価買取を解説 日本独自の文化、鎧兜や刀装具の多くは昔から作られてきました。 その中でも、鎧兜は多くの種類があります。 兜の部品は、大きく分けて兜鉢、前立、脇立等に分けられます。 また、鎧は簡単に分けて、胴、草摺、袖、籠手、手甲等々に分類されます。 どちらも、一般的に時代の古い作品や、手の込んだ細密な作りの作品、また、表面は漆塗や加工が施されており、なじみのない方には分かりにくいかと思いますが、地金が鉄の物が高価買取対象の物が多いです。 作家名では、一番知られているのは、代々続いている明珍の作品で、高価買取対象です。 その他、細工や時代、また面白い形や、彫金細工・象嵌や作りによって価格は数百万円の物まで様々です。 茶道具高価買取を解説 宗匠の書付がある作品は、一般に高価買取できることが多いです。 書付とは、蓋の裏側に、表千家や裏千家などの宗匠の箱書があるもので、高価買取対象です。 一般的には、蓋裏に書付のある品物は、蓋表には何も書かれておりません。 家元の宗匠の書付では、表千家、裏千家の箱書が付いている品物が高価買取対象です。 表千家、裏千家の代々宗匠の書付の中でも、古い時代の宗匠の書付の作品は特別高価買取作品です。 千家十職の作品とは、 飛来一閑、永楽善五郎、黒田正玄、駒沢利斎、大西清右衛門、 奥村吉兵衛、土田友湖、中川浄益、中村宗哲、楽吉左衛門で、 これらの作品は、高価買取対象です。 また、その他にも、昔の焼き物(陶器)で、桃山時代の作品は特別高価買取対象品です。 中でも、井戸茶碗や御本茶碗は特別高価買取作品です。 中国美術高価買取を解説 当店が扱っている品物は、多種多様にわたっておりますが、唐物と言われ、昔に中国から輸入された品物や書画・軸を扱っております。 やはり、日本の骨董品と同じで、昔の時代の手の込んだ細密な作品が高価買取対象です。 中でも、官窯の作品などは非常に高価買取ができる作品です。 また、仏像や仏教美術の古い中国の品々は、特に高価買取対象作品です。 煎茶道具、文房具、珊瑚、香道具類、等々は、時代が古く繊細な作りの物は高価に買取しております。 作家別で言うと、書画・軸の呉昌碩や斉白石から始まり、作家名を挙げるときりがないですが、高価買取対象作品です。 ただし上記の品物は偽物も多く、名前や品物で判断できない場合も多くあります。 当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。 当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。 翡翠・珊瑚高価買取を解説 翡翠は、日本最古の宝石で、とても硬くて比重が高く、中国では、他の宝石よりも価値が高いとされています。 現在アジアの国々では、翡翠の人気が高まり、その中でも青々とした美しい竹を想像し、色の良い透明度の高い品物が特別高価買取商品です。 このように、色が良く、大きく、細工が細密な品物ほど高価買取対象になります。 珊瑚は、最近ニュースでも取り上げられておりますが、アジアの国々で非常に人気があります。 サンゴの赤い色は、ギリシャ神話やキリスト教でもイエス・キリストが流した血の色と考えられ、魔除けとして扱われるようになったのです。 アジアの国々では、血赤と呼ばれる赤サンゴの原木は現在では採取量も少なく希少価値で、最高級品として取り扱われています。 このような血赤珊瑚も特別高価買取対象で、形が大きく、血赤ほど、高価買取商品です。 最近では、偽物も多く出回っており、判定が難しくなっております。 御道具高価買取を解説 これこそ、本当に数多くの種類があります。 簡単に分かりやすく表現しますと、昔、床の間で使われていた品々が骨董品、お道具と呼ばれていたように思われます。 日本の文化も、多くが大陸から伝わり、日本で大切に守られて来た骨董品は、現在アジアから来られるお客様に人気が有り、文化の伝わりが伺えます。 特殊な例ですが、香道具等は(香木を含む)高価買取対象で、その中でも、細密な細工の品物や香木は、特別高価買取でき、数百万円を超える品物も多くあります。 最近では、文房具(昔のお習字で使う品々)も人気で、古い品物で細工の良い、細密な品物は、高価買取対象で買取価格が百万円を超える品物もあります。 彫金細工や金工細工、金銀象嵌の作品、香炉、花入れ、等々は日本の品物でも高価買取でき、明治、大正期の有名作家では百万円を超える特別高価買取商品もあります。 また、品々を大別しますと、日本の鍋島の陶磁器の様に、官窯と民間で焼かれた伊万里焼、民窯に別れます。 アジアの国々で作られた品物も、官窯と民窯があり、官窯は寸分の狂いもなく細密丁寧で優雅な色調や作りで、数百万円を超える高価買取対象作品も多くあります。 陶芸作品だけでは無く、唐物には、あらゆる御道具に官、民、があり特別高価買取作品も数多く見られます。 もちろん一般的な御道具も高価買取させて頂きますので宜しくお願い致します。 日本画高価買取を解説 大きくわけて額装と掛軸がありますが、床の間も少なくなり掛軸は額装より安く評価されることが多いです。 また掛軸は、お茶の世界で使われる品物は比較的高価に買取できます。 絵画は大きさによっても価格が変わりますが、何日もかかって描かれた細密画と、短時間で簡単に描かれた絵では買取価格には大きな差があります。 そのような細密画の例として、日展等展覧会に出品された作品があり、そのような作品が特別高価買取対象です。 余談ながら、当店が位置している京都祇園には、「一見さんお断り」という古い風習があり、芸術の世界でもかなり有名で実力のある者しか遊ぶことができません。 我々骨董商の間でも、老舗と言われるお店の方々の昔からの言い伝えとして、「祇園には偽物は無い」と格言があります。 そんな祇園のなじみの料亭で、ふすまに墨で簡単な絵を大書し、飲み代の代わりにしたという豪傑もいたようで、今でも、そのようなふすまが祗園のお茶屋さんには残っており、当店でも買取したことがあります。 さすが千年も都が続いた京都、祗園ならではのお話ですね。 江戸期より昔の作品は別として、明治以降の作品は作家により買取価格は大きく変動します。 一般的に、下記の作品は高価買取できます。 ただし、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。 当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。 当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。 洋画高価買取を解説 芸術作品には一般的に、若い頃に描かれた作品と、晩年になり独自の手法や技法を手に付けられた作品があり、若描きと晩年作に大別されます。 同じ大きさでも価格は数倍も違うことがあり、晩年作の方が高価買取対象です。 日本画でも書いておりましたが、洋画も同じ事で、 余談ながら、当店が位置している京都祇園には、「一見さんお断り」という古い風習があり、芸術の世界でもかなり有名で実力のある者しか遊ぶことができません。 我々骨董商の間でも、老舗と言われるお店の方々の昔からの言い伝えとして、「祇園には偽物は無い」と格言があります。 そんな祇園のなじみの料亭で、ふすまに墨で簡単な絵を大書し、飲み代の代わりにしたという豪傑もいたようで、今でも、そのようなふすまが祗園のお茶屋さんには残っており、当店でも買取したことがあります。 さすが千年も都が続いた京都、祗園ならではのお話ですね。 骨董業界はこのような難しい世界で、古美術骨董品の買取依頼は専門の古美術骨董商に依頼されるのが無難だと思われます。 美術倶楽部での鑑定証が付いているものや下記の作家の作品は高価買取対象です。 ただし、偽物も多くあり、名前で判断できない品物も多くあります。 当店では、偽物や疑わしい作品の買取はお断りすることもあります。 当店が本物と判断した作品は、高価買取させて頂きます。 営業時間 AM11:00~PM6:00 名古屋の下記の地域は、見積り無料で出張致します。 名古屋市熱田区• 名古屋市北区• 名古屋市昭和区• 名古屋市千種区• 名古屋市天白区• 名古屋市中川区• 名古屋市中区• 名古屋市中村区• 名古屋市西区• 名古屋市東区• 名古屋市瑞穂区• 名古屋市緑区• 名古屋市港区• 名古屋市南区• 名古屋市名東区• 名古屋市守山区 出張買取地域について 買取は、日本全国より行っており、各地のお客様のご連絡をお待ちしております。 今まで当店が出張買取をさせていただいた地域をご紹介いたします。 西日本では、関西地方の、、、、、から、中国四国地方の、、、、、、、、、その他の地域で出張買取いたします。 東日本では、をはじめ関東地方の、主に、、、、東北地方の、、、、、東海地方の主に、、、。 中部北陸地方の、、、、その他の地域で出張買取いたします。 買取 取り扱い一覧 ご参考までに当店がこれまでに販売や買取させて頂いた品物の一部を紹介させて頂きます。 、、、、、、やなどのお品物、、(など)をお買取りさせていただきました。 骨董品買取 取り扱い作家一覧 ご参考までに当店がこれまでに販売や買取させて頂いた作家の一部をご紹介させて頂きます。 千家十職• 彫金・金工• 飯塚琅王干斎(ろうかんさい) その他• 日本画 取り扱い作家一覧• 洋画 取り扱い作家一覧• 墨跡・古筆 取り扱い作家一覧•

次の

名古屋 買取 骨董品茶道具買取|古美術やかた

骨董 買取 名古屋

美術品・骨董 買取品目 他分野の査定経験がある鑑定士が骨董品・古美術品買い取りに伺います。 希少価値、美術的価値のある古美術品・古道具など骨董品全般買い取ります。 有名画家の絵画作品を高価買取中。 コレクションの整理などもご相談ください。 横山大観、竹内栖鳳、上村松園など日本画を高価買取致します。 リトグラフ・シルクスクリーン・銅版画・木版など各種版画を買い取ります。 日本画、古筆、仏画、花鳥画、中国書画など掛軸・巻物全般買い取ります。 人間国宝作家作品、帝室技芸員作家作品、無形文化財作品を高額買取中です。 中国絵画・掛軸・書画・彫刻・陶器など中国骨董美術を幅広く買取致します。 近現代の陶芸作家、人間国宝作家、人気陶芸作家の陶芸作品を買い取ります。 バカラやマイセン・ウェッジウッドなどの洋食器・ブランド食器お売り下さい。 茶碗、鉄瓶、茶杓など表千家・裏千家などの流派を問わず茶道具全般買い取ります。 仏像・仏画・仏具・曼荼羅など仏教美術を鑑定買い取り致します。 クム・イスファハン・タブリーズなどの有名産地のペルシャ絨毯を高価買取。 有名作家の屏風・屏風絵の買い取りに力を入れています。 銀製品や陶磁器、ガラス製品などの西洋アンティーク・西洋美術品。 硯・墨・筆・画仙紙・印材などの書道具を高価買取致します。 お盆・碗などの食器、硯箱・文庫箱、香合などの漆器・蒔絵、漆芸品全般を買い取ります。 沈香・伽羅・白檀など香木を高価買取。 香炉・香合などの香道具も買い取ります。 刀剣・日本刀を鑑定買取致します。 有名な刀匠の日本刀・刀は、高額査定。 有名刀鍛冶作品の脇差高額買取致します。 無銘の刀でも高額査定になることも。 槍の鑑定買い取りお任せ下さい。 名工の槍を高価買取中です。 鑑賞用として人の高い、火縄銃・古式銃砲を買取ります。 根付・印籠買い取り致します。 名工が作った根付・印籠は、高価買取。 大鎧、胴丸、腹巻、当世具足など武具、甲冑・鎧を買い取り致します。 根付、印籠、櫛、簪などの象牙製品・象牙工芸品を買い取り強化中です。 鼈甲(べっ甲)製の眼鏡、簪や櫛、帯留などの和装品買い取ります。 珊瑚(サンゴ)の指輪やネックレス、原木、帯留など高額査定致します。 翡翠(翡翠)の指輪やブローチ、ヒスイの彫刻・置物を買い取ります。 彫刻やブロンズ像、木彫彫刻、レリーフ等のブロンズ製品鑑定致します。 茶釜・急須・置物・仏像などの金製品・金工品を買い取ります。 銀食器、銀杯、銀瓶など銀製品(シルバー製品)を鑑定買い取り致します。 三味線・琴・和太鼓などの和楽器、日本伝統の楽器を買い取ります。 尺八・笛・笙などの和楽器を高額買取中です。 国内外の各種勲章、軍事メダルや軍服、軍装品を買い取ります。 モンブラン・ペリカン・パーカーなど人気ブランドの万年筆を買い取ります。 着物や帯・帯留・簪・バッグなど和装小物を買い取り致します。 ダイヤモンド・エメラルドなどの宝石、ジュエリー、ブランド時計高価買取中。 掲載の無いジャンルの美術品・工芸品なども買い取り致します。 作家名がわからないお品でもお気軽にご相談ください。 選べる買取方法 店頭買取、骨董品の出張買取の2種類の買取方法をご用意• 店頭買取 店頭へお持込み• 出張買取 ご自宅へお伺い 店頭にお持込みいただく店頭買取の流れ• 緑和堂店舗にお気軽にお越しください。 事前予約も不要です。 店頭にて査定・鑑定させていただきます。 査定・鑑定結果をご説明し、買取価格をご提示。 その場で現金にてお支払いいたします。 ご自宅までお伺いする出張買取の流れ• お電話・メールフォームよりお問合せ・お申込みください。 ご依頼内容を確認のうえ、出張買取の訪問日を決定します。 鑑定士がお伺いし、その場で査定させていただきます。 買取金額をご提示。 ご納得いただけましたらお支払いします。 骨董品買取に関するよくある質問 骨董美術専門の鑑定士が幅広いジャンルの古美術品・骨董品を買い取ります。 作家名もわからず、鑑定書もない物でも査定してくれますか? 鑑定いたします。 名古屋市で古美術品買取りの経験豊富な鑑定士が1品1品親身になって鑑定し、相場に基づいて適正な買取額をご提示致します。 当店ではインターネット上に過去の買取品事例を掲載しておりますので、ぜひ参考になさってください。 整理したい品物が沢山あっても全部見てもらえますか? 大量でも全部査定いたしますのでお任せください。 生前整理・遺品整理・引っ越し前など様々な場面での古美術品買取にも対応致しておりますのでご相談ください。 複数車両での出張買取も承ります。 解体業者様の解体前に見つかったお品の鑑定、不動産業者様の物件の残置物の鑑定など、法人様からのご依頼もお受けしております。 他の買取業者との相見積もりをしたいのですが大丈夫ですか? 相見積もりも歓迎です。 当店は海外にも広い販売網を持ち需要をリアルに把握しているがゆえ、他のリサイクルショップや骨董品買取業者には真似できない高価買取額を提示できます。 名古屋市内の駅周辺にも出張致します JR東海道本線・名鉄常滑線・名古屋市営地下鉄名城線・名古屋市営地下鉄上飯田線・名鉄小牧線・名鉄瀬戸線・名古屋市営地下鉄鶴舞線・名古屋市営地下鉄桜通線・JR中央本線・名古屋市営地下鉄東山線・JR関西本線・近鉄名古屋本線・名古屋臨海高速鉄道あおなみ線・名古屋市営地下鉄名港線・東海交通事業城北線・名鉄犬山線・名鉄瀬戸線・名鉄名古屋本線・名鉄築港線・名鉄常滑線・愛知高速交通リニモ• 六番町• 日比野• 神宮西• 伝馬町• 西高蔵• 神宮前• 志賀本通• 平安通• 名城公園• 上飯田• 尼ケ坂• 八事日赤• 御器所• いりなか• 東山公園• 星ケ丘• 覚王山• 茶屋ケ坂• 名古屋大学• 自由ケ丘• 塩釜口• 鳴子北• 尾頭橋• 南荒子• 久屋大通• 矢場町• 上前津• 市役所• 東別院• 丸の内• 大須観音• 名古屋• 中村公園• 中村日赤• 国際センター• 中村区役所• 近鉄名古屋• 近鉄八田• 名鉄名古屋• ささしまライブ• 上小田井• 庄内緑地公園• 浅間町• 庄内通• 小田井• 東枇杷島• 中小田井• 大曽根• 新栄町• ナゴヤドーム前矢田• 砂田橋• 新瑞橋• 瑞穂運動場東• 総合リハビリセンター• 妙音通• 瑞穂区役所• 瑞穂運動場西• 南大高• 相生山• 左京山• 中京競馬場前• 名古屋港• 東海通• 築地口• 港区役所• 東名古屋港• 金城ふ頭• 荒子川公園• 名古屋競馬場前• 桜本町• 本笠寺• 本星崎• 大同町• 豊田本町• 藤が丘• 新守山• 大森・金城学院前• 喜多山• 守山自衛隊前• 瓢箪山.

次の

藤島奨 『フィレンツェ』 [古美術こもれび] 骨董,掛軸,絵画の買取と販売,名古屋

骨董 買取 名古屋

エコリングでは、名古屋市全域で出張買取を行っています。 千種区• 中村区• 昭和区• 瑞穂区• 熱田区• 中川区• 守山区• 名東区• 天白区 名古屋市の駅周辺も出張買い取りにお伺い致します!• JR東海道本線• 名鉄常滑線• 名古屋市営地下鉄名城線• 名古屋市営地下鉄上飯田線• 名鉄小牧線• 名鉄瀬戸線• 名古屋市営地下鉄鶴舞線• 名古屋市営地下鉄桜通線• JR中央本線• 名古屋市営地下鉄東山線• JR関西本線• 近鉄名古屋本線• 名古屋臨海高速鉄道あおなみ線• 名古屋市営地下鉄名港線• 東海交通事業城北線• 名鉄犬山線• 名鉄瀬戸線• 名鉄名古屋本線• 名鉄築港線• 名鉄常滑線• 愛知高速交通リニモ• 六番町• 日比野• 神宮西• 伝馬町• 西高蔵• 神宮前• 志賀本通• 平安通• 名城公園• 上飯田• 尼ケ坂• 八事日赤• 御器所• いりなか• 東山公園• 星ケ丘• 覚王山• 茶屋ケ坂• 名古屋大学• 自由ケ丘• 塩釜口• 鳴子北• 尾頭橋• 南荒子• 久屋大通• 矢場町• 上前津• 市役所• 東別院• 丸の内• 大須観音• 名古屋• 中村公園• 中村日赤• 国際センター• 中村区役所• 近鉄名古屋• 近鉄八田• 名鉄名古屋• ささしまライブ• 上小田井• 庄内緑地公園• 浅間町• 庄内通• 小田井• 東枇杷島• 中小田井• 大曽根• 新栄町• ナゴヤドーム前矢田• 砂田橋• 新瑞橋• 瑞穂運動場東• 総合リハビリセンター• 妙音通• 瑞穂区役所• 瑞穂運動場西• 南大高• 相生山• 左京山• 中京競馬場前• 名古屋港• 東海通• 築地口• 港区役所• 東名古屋港• 金城ふ頭• 荒子川公園• 名古屋競馬場前• 桜本町• 本笠寺• 本星崎• 大同町• 豊田本町• 藤が丘• 新守山• 大森・金城学院前• 喜多山• 守山自衛隊前• 瓢箪山 古美術品・骨董品を高く売るコツ エコリングの鑑定士が、骨董品を高く売る技をお教えします 箱や付属品も揃えておきましょう! 骨董品買取に於いて、骨董品だけではなく、箱(共箱)や鑑定書、保証書も存在していると買取価格も値上がりします。 箱は場所を取るからと思いがちですが、古美術品買取では状況により価格も大きく変動するので捨てずに保管をしましょう。 信頼できる鑑定士に査定を依頼しましょう! 高価買取には、骨董品専門の鑑定士がいるお店にて査定を依頼することが重要です。 鑑定経験が豊かな鑑定士なら目利きができ贋作を買い取るリスクが少ないので査定価格が高くなります。 その査定額に至る経緯を説明してくれるか確かめましょう。 当社では骨董専門の鑑定士が多数在籍しており、明確に査定額の内訳をご説明することができます。 名古屋市での出張買い取りにも専門の鑑定士がお伺いします。 保存状態に気を付けましょう! 汚れやホコリが付いていたら軽く拭く程度でも、査定の際に良い結果となります。 しかし、傷みやすい品は磨いたりはしないで、その状態を保っておきましょう。 破損やひどい汚れの残置物は、できるだけ触れないようにして、出張買取を依頼して鑑定士にその状態にて鑑定してもらうようにしましょう。 骨董品・古美術品買取に関するよくある質問 骨董・古いものを売るときのよくある質問にお答えします 作家名がわからない焼き物があるのですが、査定してもらえますか? まずは分かる範囲の情報を教えて下さい。 写真も送っていただければ、より正確な査定ができます。 写真は品物の全体像、署名や印のアップ、もしあれば付属品(箱・鑑定書など)をお送り下さい。 本物か贋作かわからない骨董があるんだけど鑑定してもらえますか? はい、たとえ他の作者の作品だったとしても買い取り・引き取りは可能です。 もし偽物だということになったら売れなくなってしまうのではないかと懸念する人もいますが、模造した人が本当の作者よりも有名ともなれば希少価値の高い本物の骨董品に一転してしまう可能性すらあります。 古い家具や道具類が多いけれど、買取りはしてもらえますか。 売ることができるか解らなくても、一度当社までご相談下さい。 私達骨董品買取業者が買取する古道具は、一般の方が思われる物とは、違いがあるのがほとんどです。 ネットやSNSなどに掲載されている情報を全て信用せずお気軽にお問い合わせ下さい。 数量が多い時はぜひ当社の出張買取をご利用して下さい。 愛知県内、特に名古屋市には出張買取実績が豊富にあります。

次の