おしっこ 茶色。 犬の尿(おしっこ)から分かる病気5選。色が濃い薄いや血が混ざるなどを解説

尿が茶色になる原因と病気の可能性!風邪による影響は?

おしっこ 茶色

尿といえば腎臓? 尿の異常と聞くと、腎臓の疾患だと思いがちですが、 尿の色は肝機能による影響が大きいと言われています。 尿の色が濃いからといって必ずしも肝機能障害があるというわけではありませんが、肝臓は「沈黙の臓器」とも言われており、気づいた時には病気が進行しているというケースも多い臓器ですので注意が必要です。 肝臓の働き 肝臓は、栄養分の代謝・解毒・胆汁の生産などの働きがあります。 人体最大の臓器で個人差がありますが、成人であれば重量にして1kg前後もある大きい臓器です。 再生能力が強く、一部の機能障害も残りの細胞で補うことができる有能な器官です。 しかし、病気が進行してもなかなか自覚症状が現れにくいという特徴もあります。 尿の色が濃くなる原因 尿の色は、肝臓で作られる胆汁に含まれるピリルビンと呼ばれる色素により変わります。 昼間は定期的に水分を摂取しますが、夜寝ている時は水分を摂取できません。 汗をかいて水分が不足している状態にもなります。 朝起きて一番の尿の色が濃いのはこのような理由が多いのです。 運動した後に濃い尿が出るのも同じ理由です。 服用した薬や食品に含まれる着色料により変わり場合もあります。 一過性の色素の高濃度が原因であれば、しっかり水分補給をすれば元にもどります。 それでも通常の色にもどらない場合は 病気のサインと考えられます。 尿の色が濃くなる病気には、急性肝炎・脂肪肝などがあります。 病気が進行し、がんや肝硬変になっている可能性もあります。 肝臓は解毒機能を持つため、アルコールを大量に摂取する生活をしている方は特にサインを見逃さないよう注意しましょう。 尿が濃くなる病気 急性肝炎 肝炎ウイルスの感染が原因で肝機能障害を起こす病気で、A・B・C・D・E型があります。 日本ではA・B・C型がほとんどです。 A・B型は一過性で、きちんと治療を行えば治ります。 C型は慢性化することが多く、インターフェロン療法が必要となります。 インターフェロンとは病原体や異物が体内に侵入してきた時に反応する蛋白質でC型肝炎の治療の特効薬とされていますが、副作用は避けられない治療法です。 脂肪肝 肝臓に中性脂肪が蓄積され、全肝細胞の30%以上を占めた状態を脂肪肝といい、 アルコール性脂肪肝と 非アルコール性脂肪肝に大別されます。 アルコール性脂肪肝は、アルコールの大量摂取などが原因で解毒作用に支障をきたし、肝臓に中性脂肪がたまった状態です。 アルコールを控え、肝臓を休ませてあげることが大切です。 非アルコール性脂肪肝は、肥満や糖尿病の方などでアルコールを多く摂取していない方で肝臓に中性脂肪がたまった状態です。 肝臓の病気というとアルコール摂取が原因というイメージがありますが、 アルコールを摂取しない方でもこのような病気になる可能性は十分あるのです。 しっかり運動をし、不規則な食生活を改善することが大切です。 どちらにしても自覚症状はなく、気づいた時には脂肪性肝炎・肝硬変・肝がんなどに進行している場合もあります。 肝硬変や肝がんへと進行している場合は手遅れで、肝臓は再生できませんが、早期発見できた場合は肝臓の再生能力により十分治せる病気です。 濃い尿が気になる場合は迷わず内科を受診し、生活を見直しましょう。 また、他の尿の異常としては、 血尿が多く問題になります。 いろいろな隠れた病気が原因になっている可能性があります。 「沈黙の臓器」といわれる肝臓は、強い再生能力で体を支えてくれていますが、気づいたら手遅れとなる危険性も持ち合わせています。 定期健診を受けたり、肝臓に無理のない生活をこころがけ、肝臓の小さなサインを見逃さず、早期治療につなげていきたいものです。 また、尿が濃くなることにより茶色になってしまう原因はこちらで詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考:.

次の

腎臓の病気を見逃さない〜尿の異常に早く気づく〜

おしっこ 茶色

茶色尿: 分類 症状のカテゴリーが含まれます:• 茶色尿: 関連症状 類似または関連する症状が含まれます:• その他の症状に関する情報• 尿の色の変化には多くの理由がありますが、無害のものもあればかなり深刻なものもあります。 尿中の血液が見られる場合は「血尿症」と呼ばれ、ピンク色、赤みがかっている、オレンジ色、暗めの色、さらに灰色がかった尿に色が変化することがあります... 赤い尿、赤みがかった尿、ピンク色の尿の重大な原因のひとつは尿中の血液です。 他の原因は暗色の尿か尿の色の変化という名目で載っている可能性があります。 いかなる赤い尿、、赤みがかった尿の場合でも... 尿中に血液が見られる状態は「血尿症」と呼ばれ、かなり重度の問題を示している場合があります。 出血は、腎臓、膀胱、前立腺、尿路の他の部分などの部位の泌尿器系内に生じる可能性があります。 尿中の血液は、真っ赤または黒ずんだ色... 茶色尿 茶色尿: 原因16項目 症状チェッカー ジェンダー: 選択された症状: 茶色尿 症状を追加: 黒ずんだ尿 筋力低下 尿の色が変化 疲労 吐き気 痛み 感覚 熱 嘔吐 脱力感 アレルギー、毒物、化学薬品: 茶色尿 アレルギー、化学薬品、または毒に関連する症状の原因がものがあります:• 誤診: 茶色尿 含める誤診かもしれない原因:• 茶色尿: 危険な病気 危険な原因は次のとおりです。 別の症状を追加 原因のリストが多すぎる場合に、選択してオプションを絞り込んでください。 または次の中から選んでください: 茶色尿 そして• このサイトの内容は情報目的のみで提供されており、助言、診断もしくは治療のために、またはあなたの医療チームの助言の代わりとして使用されるものではありません。 あらゆる医学的ニーズについては、担当医または医療専門家にご相談ください。 このサイトを使用することにより、利用規約に同意していただくものとします。

次の

尿の色であなたの体調がわかる!おしっこの11色別健康診断!

おしっこ 茶色

尿が茶色になる3つの原因 尿は通常、薄い黄色をしています。 なので、茶色の尿になってしまうとかなり不安になってしまうと思います。 ここでは、特定の病気以外が原因で尿が茶色になってしまう原因を3つお伝えしていきます。 体内の水分が少ない場合 尿の成分はほとんどが水分ですが、薄い黄色っぽく色づいているのはビリルビンという代謝産物によるものです。 私たちが口にした飲食物が消化されるとき、ビリルビンという代謝産物がつくられ、ビリルビンからできたウルクロムという物質が尿中に含まれ排泄されていくのです。 つまり、尿中に含まれるウルクロム濃度が高ければ高いほど尿は色づき、茶色っぽくなることもあるのです。 ウルクロム濃度が高くなるときというのは、相対的に尿中の水分が少ないときです。 身体が脱水気味で排泄する水分量が少ないときは、尿から排泄される水分は少なくなります。 その結果、体内(血中)の水分が少ないときは、尿が茶色っぽくなることが多いのです。 例えば、• 水分をあまり摂取していないとき• 運動をして汗をたくさんかいたとき• 朝起きたとき(睡眠中に体の水分は外に出ていく) などの場合、体が脱水気味になり尿が茶色になることがあります。 激しい運動の後 上記では、尿中のウルクロムという物質の濃度が増えることにより、尿が茶色に見えるというメカニズムをお伝えしました。 しかし、激しい運動後に尿が茶色になる原因はこのメカニズムとは少し異なります。 激しいスポーツやランニングをした後などは、筋肉や赤血球が壊されます。 その結果、赤色のヘモグロビンなどが尿中に混ざり、尿のもともとの色(黄色)と混合することで茶色っぽく見えるのです。 このように書くと、「血尿?!」と思われるかもしれませんが、激しい運動後は少量のヘモグロビンが尿中に混じってしまうことは正常なことなので、心配する必要はありません。 また、筋肉などが壊されるだけでなく、膀胱や尿道などが運動により傷つくこともあります。 これにより、同様に赤色と黄色が混ざり、尿が茶色に見えてしまうこともあります。 血尿についてはこちらで男女別にお伝えしていますのでぜひ併せてご覧ください。 参考: 参考: ストレス 過剰なストレスをかかえこむことにより、尿が茶色になることもあります。 私たちの体がストレスを感じると、筋肉が緊張状態になり、その結果水分が足りなくなります。 これにより、尿から排泄される水分が少なくなり尿が茶色に見えるのです。 緊張すると、喉がカラカラになったりすることもあるので分かりやすいと思います。 このような場合はしっかりと水分補給することが大切です。 尿が茶色になる8つの病気 風邪 風邪をひくことにより尿の色が変わることはよくあります。 特に濃い黄色になったり茶色になったりすることが多いです。 これは風邪になると体内の水分が失われてしまうことが影響しています。 特に高熱のときや下痢をしているときは脱水気味になっているので尿の色が濃くなってしまうのです。 膀胱炎 膀胱炎は、膀胱に細菌が感染して炎症を起こしてしまう病気です。 膀胱で炎症を起こすことにより、尿中に血が混じってしまい、その結果、尿が茶色っぽく見えるのです。 膀胱炎は特に20~40代の女性に多い病気です。 尿が茶色になる他、• 排尿の回数が増える• 尿が白く濁る• 排尿時に痛みを感じる などの症状がある場合は膀胱炎を疑うようにしましょう。 特に尿の白濁についてはこちらの記事で詳しくお伝えしていますので併せてチェックしておきましょう。 参考: 妊娠すると尿の色が変わると言われていますが、これはこの膀胱炎になりやすいことと脱水気味になりやすいことが影響しています。 妊娠が直接的に影響しているのではなく、脱水や膀胱炎が影響している場合がほとんどなのです。 溶血性貧血 溶血性貧血とは、血液中の赤血球の寿命が短くなることで発生する貧血です。 この短命になった赤血球が破壊されて、壊れたヘモグロビンからビリルビンが発生します。 そして、ビリルビンが尿中に混合することで、尿が茶色になってしまうのです。 横紋筋融解 横紋筋融解(おうもんきんゆうかい)とはその名のとおり、横紋筋という筋肉の細胞が死滅してしまうことです。 この死滅細胞が血中に入ることで、• 手足のしびれ• 筋肉痛• 体がだるくなる・重く感じる といった症状があらわれます。 そして、このような症状に伴って尿が褐色(茶色)になるのです。 横紋筋融解が起こる原因は、激しい運動や薬の副作用などがあげられます。 ポルフィリン症 私たちの血中にはヘモグロビンというタンパク質が存在し、このヘモグロビンが全身に酸素を送る重要な役割を果たしています。 ヘモグロビンはヘムとグロビンによって構成されていて、このうちのヘムの合成に異常が起こることでポルフィリン症が発症するのです。 この合成異常により、本来合成されないはずのポルフォビリノーゲンが合成され、尿中に含まれます。 この結果、尿が茶色に見えるのです。 腎臓の病気 腎臓病にはさまざまな種類があり、それに伴って原因もいろいろあります。 ただどの腎臓病も尿に異常が表れやすいです。 とくに尿が茶色になるということは、腎臓病の兆候である可能性もあるので注意しましょう。 肝臓の病気 尿の異常といえば腎臓が影響していると思いますが、実は肝臓が悪くなっている可能性もあるのです。 肝臓の病気により尿の色が濃くなり、茶色に見えてしまうということがあるのです。 肝臓の病気と尿の色の関係についてはこちらで詳しく解説していますのでぜひご覧ください。 参考: 腰痛も伴う場合 腰痛がすると尿が茶色になるということはあります。 これは腰痛の原因が尿路結石である場合がほとんどです。 尿路結石は尿路に石ができてしまい、そこでの出血が尿に混じってしまうのです。 特に突然の腰痛と尿の色の変化を伴う場合は尿路結石をひとつの可能性として疑ってみましょう。

次の