鹿児島県知事選挙 情勢。 2016年鹿児島県知事選挙

鹿児島県知事選12日投票 7候補、情勢混沌

鹿児島県知事選挙 情勢

7月12日投開票の鹿児島県知事選を巡り、県内の複数の首長が「三反園訓知事から電話があり、地元が県に要望した事業を挙げながら、三反園氏への票の取りまとめなど選挙協力を依頼された」と南日本新聞の取材に証言した。 公職選挙法は特別職を含む公務員が地位を利用して選挙運動することを禁じている。 三反園知事は20日、取材に対し「電話も依頼もしていない」と事実関係を否定した。 証言した首長の1人によると、6月14日昼すぎ、自身の携帯電話に三反園氏から着信があった。 三反園氏は知事選情勢について「(この首長の自治体では)半数も取れそうにない」「県内で一番悪い」と厳しい口調でまくし立てたという。 その上で「あなたのところは県の事業も採択している。 選挙では結果が数として出るんですよ」と迫り、「(地元の票を)まとめて、今回は協力してください」と求めてきたという。 通話は1分ほどだった。 この首長は20日、取材に「知事の立場を前面に出して票を求めるのはおかしい。 事前運動にも当たり、圧力をかけられたと感じる。 民主主義の根幹が崩れる」と批判。 三反園氏が電話や依頼を否定したことには「着信履歴が残っており、知事の発言を記録したメモもある」と述べた。 別の首長も携帯電話に6月、三反園氏から連絡があったと証言。 「(地元が)要望した事業はちゃんとやるから」と、暗に知事選への協力を求められたという。 この首長は取材に「会話の最後に『(選挙後に)市町村別の得票は分かりますよ』と言われ、驚いた。 半ば脅しだ」と話した。 これとは別に、ある首長は三反園氏が1、2年前、県がいったん不採択とした事業を持ち出して、後援会設立を要請してきたと明かす。 抗議すると、三反園氏は「今回のことはなかったことにして、黙っていてほしい」と釈明したという。 その後、事業は採択された。 公選法に詳しい上脇博之神戸学院大教授(憲法学)は「公共事業をちらつかせた選挙運動が事実なら、公選法(公務員の地位利用による選挙運動禁止)に違反する。 法をゆがめた公金の私物化であり、政治的にも極めて問題だ」と指摘した。

次の

2020年鹿児島県知事選挙(7/12)の候補者webリストまとめ

鹿児島県知事選挙 情勢

鹿児島県の自民、公明にとっては驚愕の数字だろう。 今月13日と14日の両日にハンターが行った知事選に関する情勢調査で、自公の推薦を受けて再選を目指す三反園訓知事(62)への支持が急落し、反現職を掲げる元職や新人陣営の合計を大きく下回る状況になっていることが分かった。 RDD方式でサンプル数は500。 その結果、三反園氏が約28ポイントだったのに対し、反現職を掲げるすべての陣営の合計は約36ポイントに上っている。 今月初旬に実施された全県を対象にした地元メディアの調査結果では、現職が約26ポイントで反現職陣営の合計はおよそ40ポイント。 二つの調査とも、態度未定が35%程度いるものの、ここから現職に流れる票は少ないとみられており、三反園陣営にとっては相当苦しい状況だ。 これまでにハンターが確認した政党などの情勢調査によれば、4月から5月にかけての三反園氏のポイントはいずれも38~40。 そこから1か月余りの間に、20ポイント台にまで急落したことになる。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け政府が緊急事態宣言を発令する中、県境を越える移動の自粛を訴えていた三反園知事本人が、5月9日に行われた自分の事務所開きに東京から自民党県連の森山裕国会対策委員長と野村哲郎参議院議員を招いていたことが発覚し、県民の怒りをかった。 さらに、自民党鹿児島県支部連合会(会長:森山裕国会対策委員長。 以下、県連)が三反園訓氏を支援するよう所属県議に要請した際、茶封筒に入れた現金30万円を渡していたことも判明。 公職選挙法が禁止する「買収」が疑われる事態となっている。 現職の不人気に焦った陣営の暴走が、大きな失点につながった格好だ。 先週後半には、三反園知事が、民間主催で計画されている立候補予定者討論会をすべて不参加にしたことも分かっており、マイナス要因は増える一方。 選挙が近づくにつれ、三反園氏が2016年の知事選で反原発派と結んだ「政策合意」を反故にした話が蒸し返される機会が増えており、現職を推薦した自民・公明が躍起になっても反転攻勢に出るチャンスは来そうにない。 鹿児島県知事選挙には三反園氏の他、前九州経済産業局長の塩田康一氏(54)、前知事の伊藤祐一郎氏(72)、元鹿児島大特任助教の有川博幸氏(61)、岩手大名誉教授の八木一正氏(70)、内科医の横山富美子氏(73)、元民放アナウンサーの青木隆子氏(57)、元高校教諭の武田信弘氏(66)ら7人が出馬表明している。

次の

【2020鹿児島知事選】現職再選に黄信号|情勢調査でポイント急落

鹿児島県知事選挙 情勢

選挙データ [ ] 告示日 [ ]• 2016年(平成28年) 執行日 [ ]• (28年)(と同日選挙)• 当日の投票時間帯:午前7時〜午後8時(一部除く) 立候補者 [ ] 2名、届け出順。 候補者名(読み) 年齢 党派 肩書き (みたぞの さとし) 58 無所属 (、 支援) 元報道記者 (いとう ゆういちろう) 68 (、 支援) 鹿児島県知事(現職)• :〜 選挙のタイムライン [ ]• 2015年12月2日 - 現職知事の伊藤祐一郎が、本会議の代表質問での答弁の形で四選出馬を表明。 2015年12月31日 - 元テレビ朝日報道記者の三反園訓が鹿児島県知事選挙への出馬意思を表明。 2016年2月26日 - 三反園が記者会見にて正式に出馬表明。 2016年6月23日 - 告示。 上記の2候補が立候補を届け出。 2016年7月10日 - 投開票。 選挙結果 [ ] 44. 開票に際して鹿児島県の開票は、本来は7月7日にを締め切り、同村村営船「」の下り便が同日中に回収、折返し8日の鹿児島着上り便で輸送後、開票する予定であったが、7月3日に発生したの影響で十島村北部の、、3島の投票は7日に回収できたが、南部の、、、4島は海上高波のため7日に回収できず、10日に上り便で回収し、鹿児島へ向かったが村営船の到着が11日早朝になり、開票作業が遅れた。 脚注 [ ].

次の