ミニミニ ライフ サポート。 ミニミニの鍵を紛失した時の即対処法

ミニミニの評判や口コミは?仲介手数料や特徴をまとめてみた

ミニミニ ライフ サポート

A ベストアンサー >ネットジャパンっというプロバイダは知っていますか? 知りません。 >インターネットマンションでネット無料の物件は工事なしですぐにネットを使えるのでしょうか? LANケーブルを繋ぐか、WiFiで接続出来るハズ。 >ネットの料金は物件の売りとして賃貸料に入っているんですか? >使いたい放題なんですか? 常識で考えれば家賃に入っているが、不動産屋に確認するのが宜しい。 >もし契約が必要なら開通もしてないから入居してすぐにネットを使いえないですよね? 契約が必要なら、未契約の状態では利用出来ないのが常識です。 しかし、入居者固有のメールアドレスを設定する 訳ではないでしょうから、 無料公衆LANのように接続出来ると思います。 不動産屋に確認すれば、済むことですよ~。 A ベストアンサー インターネット設備のお話 インターネット完備… お部屋まで回線工事が完了しており家賃にプロバイダ料金が含まれている。 引っ越しと同時に利用可能。 インターネット対応… 建物まで回線工事が完了しているが部屋までの引き込み工事が必要。 プロバイダ料金回線料金は、別途支払いが必要。 引っ越しと同時利用開始を希望する場合、 引っ越し前に契約をして引っ越し後すぐに工事をする。 なお回線種別は、「各地のCATV」「電力系光サービス」「マンション向け光サービス」「NTT東西フレッツ回線」「その他」のいずれか方は、複数です。 各社に問い合わせをしましょう。 光インターネット対応… 基本的にインターネット対応と同じです。 こちらも利用可能な回線を確認しましょう。 電話回線が必要なインターネットとは「ADSL」のみです。 CATVでは、テレビアンテナ線経由で 光ファイバでは、光ファイバ経由でそれぞれサービスされます。 但し割引目的の為に電話契約をセット申し込みする方が多いです。 引っ越しと同時に利用可能。 インターネット対応… 建物まで回線工事が完了しているが部屋までの引き込み工事が必要。 プロバイダ料金回線料金は、別途支払いが必要。 引っ越しと同時利用開始を希望する場合、 引っ越し前に契約をして引っ越し後すぐに工事をする。 なお回線種別は、「各地のCATV」「電力系光サービス」「マンション向け光サービス」「NTT東西フレッツ回線」「その他」のい... A ベストアンサー 「光ファイバー対応マンション」というのは一般には、マンションまで光ファイバーが通っていて、各部屋にはLAN廃線等がされているところのことです。 インターネットにつなぐための配線は部屋まで来ているので、契約後、すぐに使えるのが売りなのですね。 ただし、マンションで一括して配線してありますので、光ファイバーのキャリア NTTやKDDIなど は変更できません。 プロバイダーも指定されてしまうことがあります。 また、マンション1棟で1本の光ファイバーですから、どこかの部屋で、とんでもなく重い通信を長時間されてしまうと、他の部屋での通信が遅くなることがありえます。 入居後、すぐに使いたいのでしょうから、まずは不動産屋さんに連絡して、すぐ使いたいと伝えましょう。 Q 今月中にも引越し予定でマンション・アパートを色々探しているのですが、スポーツや映画などを見たいのでケーブルテレビが見れる環境の家を探しています。 そこで『CATV有り』物件とは無しの場合と何が違うのでしょうか? 具体的に知りたいことを書くと『有り』が示していることが サービス提供地域に物件があって自分で契約すれば見ることができるのか、 チューナーが備え付けてあるのか、 マンション単位で既に加入してあり月額料がかからないで使える状態になっているのか、 ケーブルテレビ自体に工事が必要かなど知らないんですが 必要な工事があってそれが済んでいるのか、 上のどれのこと それ以外に示しているものがあれば何かを 知りたいです。 また逆に対応地域内でも『有り』以外の物件では見ることができないのかも知りたいです。 A ベストアンサー CATVありとは・・・ 物件がCATVの引きこみ工事完了すみで、契約すれば受信可能であるということでしょう。 物件のアンテナ端子には、CATVによる再送信と呼ばれる地上波アナログの信号がきているはずです。 これをみるだけなら契約は要りませんし、専用チューナーも不要です。 ようは普通のTVアンテナの役目をしてくれます。 それ以外のチャンネルを見たい場合は、契約の上専用チューナーの貸し出しを受ける必要があります。 以前はTVに有線受信可能(C13~C62)チューナー内蔵というものがありました。 現在はCATVもデジタル化されたところが多く専用チューナーがないと受信できません。 契約すると毎月の基本料(この中に専用チューナー貸出料も含まれる)で局にもよりますが、 40~60チャンネルが見られるようになります。 地上アナログ、地上デジタル、BSデジタル、CSデジタルなど・・・ 映画専門チャンネルは、別料金が多いでしょうか? >対応地域内で・・・ ケーブルテレビと契約しなくても、個人でパラボラアンテナを設置の上スカパーなど衛星放送会社と契約すれば見られます。 ケーブルテレビ局もその放送を受信してケーブルに流しています。 その意味で、『有り』以外の物件で見ることができないものは、ケーブルテレビ局の自社製作チャンネル(番組案内、チャンネル案内など)くらいです。 CATVありとは・・・ 物件がCATVの引きこみ工事完了すみで、契約すれば受信可能であるということでしょう。 物件のアンテナ端子には、CATVによる再送信と呼ばれる地上波アナログの信号がきているはずです。 これをみるだけなら契約は要りませんし、専用チューナーも不要です。 ようは普通のTVアンテナの役目をしてくれます。 それ以外のチャンネルを見たい場合は、契約の上専用チューナーの貸し出しを受ける必要があります。 以前はTVに有線受信可能(C13~C62)チューナー内蔵というものがありました... Q 賃貸マンションを探していて先日miniminiで気に入った物件があり、 内覧もお願いしてそこに決めようかと見積りを出してもらったのですが。 ネットではminiminiさん仲介料は家賃の0. 賃貸マンションを探していて先日miniminiで気に入った物件があり、 内覧もお願いしてそこに決めようかと見積りを出してもらったのですが。 ネットではminiminiさん仲介料は家賃の0. Q こんばんは。 今月の引っ越しに伴い、フレッツ光ネクストマンションタイプ【100M】から フレッツ 光ネクストマンション・スーパーハイスピードタイプ 隼【1G】に変更しました。 BNRスピードテストというサイトで計測した結果以下のとうりになりました。 musen-lan. NTTPC WebARENA 1: 39. 13Mbps 4. NTTPC WebARENA 2: 27. 87Mbps 3. 13Mbps 4. プロバイダは ニフティです。 PCはMacBookPro retina〔2012late〕でLANケーブルはカテゴリー5を 使用しています。 今のままでも特段不便ではないですがもう少し回線速度を上げるにはどこを 見直すのが賢明でしょうか? 素人質問で申し訳ありませんがご教示お願い致します。 こんばんは。 今月の引っ越しに伴い、フレッツ光ネクストマンションタイプ【100M】から フレッツ 光ネクストマンション・スーパーハイスピードタイプ 隼【1G】に変更しました。 BNRスピードテストというサイトで計測した結果以下のとうりになりました。 musen-lan. NTTPC WebARENA 1:... Q 5年程、住んだ賃貸物件を退去することになりました。 ミニテックのスーパー君で契約しており、入居時に敷金礼金の代わりに 内装工事負担金を支払っており、契約書を見るとこう記載されています 「内装工事費負担金を契約締結時に支払うことにより、明け渡し時の原状回復費用負担はないものの、故意・過失による破損、汚損及び、設備の破損がある時は、自己申告のうえ、修繕費をミニテックに支払うものとする・・・」 今更ながら、非常に不透明な契約をしてしまったなぁ・・・という印象を受けるのですが、 結局これは、入居時に支払った、内装工事費負担金は一切返ってこないうえ、故意・過失の破損・汚損箇所の修繕費は別取り、ということなのでしょうか? そもそも、よく考えたら、修繕費用の先取りなんて、ありえない話だと思うのですが? 借手にとっては、非常に不利な契約な気がするのですが なんとかならないものでしょうか? A ベストアンサー そこの不動産屋のシステムは知りませんし、内装工事負担金なんて初めて聞きましたが、 >修繕費用の先取りなんて、ありえない話だと思うのですが? そんなことはありませんよ。 敷金というのはそういう性質のものです。 修理のための費用を多めにとっておいて余ったらお返ししますというものですから、 低金利時代の今はともかく、高金利のころだったら20万円を10年預けておいたらかなりの利子がついたはず。 家主はかなりいい思いをしたでしょう。 関西の方だと、20万、30万くらい保証金を入れて返金ゼロというところも普通のようです。 礼金がないだけでもありがたいです。 礼金は一切返ってこないお金ですから少ないに越したことはないですし ゼロなんてラッキーです。 一般的な賃貸だと、礼金2ヶ月、敷金2ヶ月というのが多いです。 借りるときに家賃の4か月分も用意する必要があるという意味です。 その内装工事負担金の額にもよりますが、sos9999さんは最初の負担が軽くてすんだはずです。 圧倒的に貸借人に有利なシステムです。 私も利用したいくらいです。 この手の問題になると国交省のガイドライン云々と言う方が必ずいらっしゃるんですが まあ原状回復費用というのはどういう契約をしていても必ず必要になるものです。 普通の賃貸だとその額が明記されていないので(どういう状態で退去するか予見できないので当然ですが) それがいくらになるかで敷金の返金の際にもめることが多いんですが ミニテックのその契約だと最初にはっきりさせてある、つまり明朗会計じゃないですか。 それで何の不満があるのか、理解に苦しみます。 デメリットを挙げるとすると、sos9999さんの過失で破損させたところがある場合 退去時に予想以上に修理費を請求され、手持ちがなく借金する羽目になるくらいでしょうか。 敷金制度があれば、すでに一定額は先に納めてあるのでそれを超える分だけの負担で済みます。 でも、これはきちんとお部屋を使っていれば起こり得ない事態ですよね。 自己申告だからといって、ひどい破損をごまかすことはできないと思いますが 良心的な契約だと思いますよ。 そこの不動産屋のシステムは知りませんし、内装工事負担金なんて初めて聞きましたが、 >修繕費用の先取りなんて、ありえない話だと思うのですが? そんなことはありませんよ。 敷金というのはそういう性質のものです。 修理のための費用を多めにとっておいて余ったらお返ししますというものですから、 低金利時代の今はともかく、高金利のころだったら20万円を10年預けておいたらかなりの利子がついたはず。 家主はかなりいい思いをしたでしょう。 関西の方だと、20万、30万くらい保証金を入れて返金... A ベストアンサー 今時、違約金を取るような物件は殆ど有りません。 2年契約というのはあくまでも契約期間なので2年経てば 解約又は更新しなければならない訳で、 2年間絶対に住みますという契約ではありません。 1、契約途中で解約する場合は通常1か月分の家賃を払って直ぐ退去。 2、事前に退去日が決まっていれば1ヶ月前までに解約の通知を出せば 違約金など一切有りません。 突然解約しなければならないような場合は上記の1、に該当しますので 住まないのに1か月分余計に家賃を払うので勿体無い気もしますが これは一般的な契約ですので仕方ないと思ってください。 違約金を別途取る部屋や、解約通知は2ヶ月前とかいうおかしな条件の部屋もありますが非常に稀(全体の10%にも満たないと思います) だと思います。 部屋探しの際に最初から、解約通知は1ヶ月前の物件を紹介してくれ ・・と業者に言えば余計な手間も掛かりませんので お勧めです。

次の

ミニミニ入居安心サービス(中部以外)|お部屋探しはminimini(ミニミニ)で

ミニミニ ライフ サポート

>弁護士さんにも聞いていたのですが,保険会社を選べないのは独金法に抵触する可能性があり,契約者にとって不要な物を,物件を契約する上で「強制」や「義務」とするのも違法だろうとの返事をいただきました. 弁護士に聞けばそう回答するだろうね。 法律ではなく判例の積み重ねとしての回答、そして裁判になれば、それらが争点となり、個別ケースに応じて判例が積み重なるか、和解となるか。 裁判をやればそこには勝敗がつきもので、質問者が負ける場合もあるというリスクも除外できない。 その弁護士の回答の揚げ足を取るなら。 保険等の契約が独禁法に抵触する『可能性』があるだけで、それら契約そのものが禁止されているわけではなく、個別ケースに応じて判定されるべきこと。 本件業者のオプション契約が『違法』と言い切るだけの法的な根拠がなく、相談者に対してそういう回答をすることは弁護士としてアレだ(笑) その弁護士も分かっているから『可能性がある』とか『違法だろう』という逃げ道残しの回答をする。 で、現実的には。 裁判をやってまで本件の業者の独禁法等違反を追及し、その上でこの物件を契約する必要があるかどうか。 (というか現時点では裁判さえ起こせないだろうね) 一般的にはそこまでしてこの物件を借りる必要性はないので、他の業者の物件を借りるのが妥当。 貸主としても、他にも不動産会社があるにも関わらずこの業者に任せているのだから、業者がオプション契約を付加して契約することを追認している。 それにたった1人のゴネた入居希望者の為に、それをひっくり返して契約を指示する貸主は少ない。 (貸主にとっては管理会社を排除してゴネ客を入居させるリスクの方が圧倒的に大きい) (もちろん、本件の業者の対応や説明のまずさはあるけどね。 質問文にあるような受け答えはほぼアウト。 こじれたらオプション契約ナシで契約するのが無難・笑) ・・・とか言ってみるけどね。 今の不動産賃貸業界がちょっとオカしいんだよね。 質問者の感覚や考え方が本来は普通だと思うよ。 (とはいえ、保険代理店である不動産会社の保険を単に「バックマージンがあるから」と拒否する借主もいるのでそれはおかしいけどね。 代理店による保険の販売で利益を受け取るのは一般的な商行為) こういった業界の流れや慣習はいずれ変わっていくんだろうけれど、現時点では上記のような内容が現実。 その業者が違法かどうかをネットでつつき倒すよりも、ほかの物件を探した方が合理的だし精神衛生上もいいと思う。 ぐっどらっくb 1について。 過去にそういう裁判があり、宅建業法や消費者保護法や独禁法などに抵触するという判例もある。 ただし、それは個別ケースによりけりなので、本件が過去の判例と同じかどうかは定かではない。 その定かではないというのを具体的に言えば、入居条件としての各種サービスについては違法ではない、といって合法でもない、いわばグレーゾーン。 2について。 問題ない。 貸主側の契約条件を借主側が拒否すれば契約はできない。 逆に、借主側でもその契約条件を受け入れることができないのだから、借主側にとって契約しないことで不利益はない。 法的には、誰にも損害が生じていないし、取引も成立していないのだから、なんら問題はない。 (問題になるのはこの状態ですでに契約が成立しているとかキャンセルはできないなどとして契約金などを要求すること) 3について。 そういう表現が適切かどうかはさておき。 だましているわけではなければ、オプション契約などの付加は一般的な商業活動で認められている。 本件の場合、名前の挙がっている業者で契約しなければいいだけの話。 その業者の物件を気に入って借りたいのであれば、その会社ではオプション契約の加入が賃貸借契約の条件ということなので、その費用と天秤にかけて借りるかどうか判断すればいい。 要は、毎月の支払額は家賃プラスアルファあるよ、という理解。 それが高いと感じたり、納得できなかったり、信頼できないと感じるなら、そんな業者と契約する必然性はなく、他の物件を借りるだけ。 などとまあこんなところだよ。 心情的には質問者の主張はよくわかるが、法的な話をするなら上記の内容となる。 まあ、そのオプション契約が任意か強制かウンヌンで業者と不毛な争いをするよりも、オプション契約でかかる費用のその分だけ家賃を値下げするように交渉するのはアリだと思うよ。 総額として、毎月の支払額の負担が同じであれば、べつに懐は痛まない。 ぐっどらっく.

次の

ミニミニの評判や口コミは?仲介手数料や特徴をまとめてみた

ミニミニ ライフ サポート

>弁護士さんにも聞いていたのですが,保険会社を選べないのは独金法に抵触する可能性があり,契約者にとって不要な物を,物件を契約する上で「強制」や「義務」とするのも違法だろうとの返事をいただきました. 弁護士に聞けばそう回答するだろうね。 法律ではなく判例の積み重ねとしての回答、そして裁判になれば、それらが争点となり、個別ケースに応じて判例が積み重なるか、和解となるか。 裁判をやればそこには勝敗がつきもので、質問者が負ける場合もあるというリスクも除外できない。 その弁護士の回答の揚げ足を取るなら。 保険等の契約が独禁法に抵触する『可能性』があるだけで、それら契約そのものが禁止されているわけではなく、個別ケースに応じて判定されるべきこと。 本件業者のオプション契約が『違法』と言い切るだけの法的な根拠がなく、相談者に対してそういう回答をすることは弁護士としてアレだ(笑) その弁護士も分かっているから『可能性がある』とか『違法だろう』という逃げ道残しの回答をする。 で、現実的には。 裁判をやってまで本件の業者の独禁法等違反を追及し、その上でこの物件を契約する必要があるかどうか。 (というか現時点では裁判さえ起こせないだろうね) 一般的にはそこまでしてこの物件を借りる必要性はないので、他の業者の物件を借りるのが妥当。 貸主としても、他にも不動産会社があるにも関わらずこの業者に任せているのだから、業者がオプション契約を付加して契約することを追認している。 それにたった1人のゴネた入居希望者の為に、それをひっくり返して契約を指示する貸主は少ない。 (貸主にとっては管理会社を排除してゴネ客を入居させるリスクの方が圧倒的に大きい) (もちろん、本件の業者の対応や説明のまずさはあるけどね。 質問文にあるような受け答えはほぼアウト。 こじれたらオプション契約ナシで契約するのが無難・笑) ・・・とか言ってみるけどね。 今の不動産賃貸業界がちょっとオカしいんだよね。 質問者の感覚や考え方が本来は普通だと思うよ。 (とはいえ、保険代理店である不動産会社の保険を単に「バックマージンがあるから」と拒否する借主もいるのでそれはおかしいけどね。 代理店による保険の販売で利益を受け取るのは一般的な商行為) こういった業界の流れや慣習はいずれ変わっていくんだろうけれど、現時点では上記のような内容が現実。 その業者が違法かどうかをネットでつつき倒すよりも、ほかの物件を探した方が合理的だし精神衛生上もいいと思う。 ぐっどらっくb 1について。 過去にそういう裁判があり、宅建業法や消費者保護法や独禁法などに抵触するという判例もある。 ただし、それは個別ケースによりけりなので、本件が過去の判例と同じかどうかは定かではない。 その定かではないというのを具体的に言えば、入居条件としての各種サービスについては違法ではない、といって合法でもない、いわばグレーゾーン。 2について。 問題ない。 貸主側の契約条件を借主側が拒否すれば契約はできない。 逆に、借主側でもその契約条件を受け入れることができないのだから、借主側にとって契約しないことで不利益はない。 法的には、誰にも損害が生じていないし、取引も成立していないのだから、なんら問題はない。 (問題になるのはこの状態ですでに契約が成立しているとかキャンセルはできないなどとして契約金などを要求すること) 3について。 そういう表現が適切かどうかはさておき。 だましているわけではなければ、オプション契約などの付加は一般的な商業活動で認められている。 本件の場合、名前の挙がっている業者で契約しなければいいだけの話。 その業者の物件を気に入って借りたいのであれば、その会社ではオプション契約の加入が賃貸借契約の条件ということなので、その費用と天秤にかけて借りるかどうか判断すればいい。 要は、毎月の支払額は家賃プラスアルファあるよ、という理解。 それが高いと感じたり、納得できなかったり、信頼できないと感じるなら、そんな業者と契約する必然性はなく、他の物件を借りるだけ。 などとまあこんなところだよ。 心情的には質問者の主張はよくわかるが、法的な話をするなら上記の内容となる。 まあ、そのオプション契約が任意か強制かウンヌンで業者と不毛な争いをするよりも、オプション契約でかかる費用のその分だけ家賃を値下げするように交渉するのはアリだと思うよ。 総額として、毎月の支払額の負担が同じであれば、べつに懐は痛まない。 ぐっどらっく.

次の