ダーク ネクロ デッキ。 【遊戯王OCG】本気の「闇バクラ」キャラデッキ紹介

《ダーク・ネクロフィア》高騰!アルティメット(レリーフ)買取・効果・評価・リメイク・相性の良いカード

ダーク ネクロ デッキ

で登場した・の。 に存在する時に1度だけ、5以上のをなしで可能とするを持つ。 5以上の可能なは、この自身と・・の4枚のみ。 この自身は並みのでありする意味は等に使うのでなければほぼ無いので、3種のの補助に使うこととなる。 特に、からの手段に乏しい、にとっては比較的扱いやすいである。 の場合はなどによる展開も可能だが、このは手段が豊富であり、や確実性の観点でこのは優先しやすい。 ・に使ったり、・等でのが基本となる。 でのも可能。 に対応するためさせやすく、などに使いまたの利用を狙える。 このをに指定するは、とが存在する。 現在はやを指定するのにもなれる。 に有る事で有効となるなので、に対してや等に化されない。 後でも一度から離れれば再度を使える。 利用価値が上がった頃には入手しにくくなっており、日本ではにで収録された程度であった。 その後はにて再録された。 の基本設計および、赤を基調とし鎖が巻かれている外見から、と同じく「スポーン」がモデルと思われる。 そのせいか、と言うよりはに近いになっている。 「ネクロ necro 」は「死、死体の〜」を意味する接頭語。 初登場は「十代vs」戦で、によってから捨てられ、の盲点を突いてをなしでした。 「十代vsエド」(2戦目)での登場により、初めてとして使用された。 「十代&エドvs美寿知」戦では、にが使われたことで初めてされた。 「十代vsマルタン()」戦で初めて名が判明したが、この時のへのは化されている。 それ以外のでも度々使用されているが、などのやのなどを利用して直接、やのをサポートしている。 名は「ダーク・スクラッチ」。 アニメではが異なり、はだった。 は「を必要としなくても良い」と、アニメの中でも変わった書き方になっている。 にはそういった記述はないが、「十代vsプロフェッサー・コブラ」戦と「十代vsマルタン()」戦では、十代はこのによるを「」と言っている。 特に後者では同じ中にをしており、ではなどを使わないかぎり再現できないプレイングとなっている。 恐らくは製作スタッフ側のミスだったのだろう。 「十代vsダークネス」戦において、《リレーションシップ》でされたとき、何故かの表示が1000だった。 (次のには戻っているためミスだったようであり、再放送では初めから1800に修正されている)。 「十代vsフランツ」戦にて十代が使用した《ネクロ・イリュージョン》のに描かれている。 のスキャンが可能な他、が採用された隠しが存在するため、これらと絡める事が基本となる。 が採用されたにはも搭載されているが、をスキャンするとそちらの隠しが出現してしまう。 意図的に使いにくくするためにに専用を割り振ったかは不明だが、結果的にやや扱いにくいとなっていた。 後に隠しが2種登場するようになり、この点は解消されている。

次の

【クラロワ】ゴーレムダークネクロ(ゴレダクネク)デッキ解説!使い方と対策【クラッシュロワイヤル】

ダーク ネクロ デッキ

カード名 説明 進化時リアニメイト2を持つため、フォロワーを2体展開することが可能。 後攻4ターン目の動きとして強力なので、キープしておきたい。 デッキの立ち回り 序盤の立ち回り 相手フォロワーを除去しよう 長期戦を得意とするデッキなので、序盤は守りに徹したプレイを心掛けよう。 除去カードを使ったり、積極的にフォロワー同士の交換をするなどして、リーダーがダメージを受けないようにできると良い。 中盤の立ち回り 引き続き除去を行う やを使って、引き続き除去を行おう。 余裕がある場合は、を手札に引き込めるように、などでドローを進めておきたい。 守りを固めよう 7ターン目になればをプレイできる。 そのため、前のターンにを置いて、7ターン目にプレイしたダークアリスに守護が付くようにしておきたい。 終盤の立ち回り ダークアリスをプレイ このデッキのキーカードである、をプレイしよう。 可能ならば、ここで進化権を使用し、プレイした際の隙を減らしたい。 力比べで守る が場にいるのであれば、を設置して相手からの攻撃を防ごう。 相手に消滅カードなどがなければ、突破されない守護フォロワーとなり、非常に強力だ。 氷獄の王・サタンで圧力をかける の効果でライブラリーアウトしそうなときは、をプレイしよう。 はどれも強力で、ダークアリスが処理されてしまっても、十分戦える。

次の

「ダーク・ネクロフィア」を使用した デッキレシピ一覧

ダーク ネクロ デッキ

自分の墓地から悪魔族モンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 1 :モンスターゾーンのこのカードが 相手によって破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに、 相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動する。 墓地のこのカードを装備カード扱いとしてその相手モンスターに装備する。 2 :このカードの効果でこのカードが装備されている場合、 装備モンスターのコントロールを得る。 《ダーク・ネクロフィア》は2001年7月発売「Labyrinth of Nightmare -悪夢の迷宮-」で登場した、闇属性・悪魔族の特殊召喚モンスター。 相手に破壊され、墓地に送られた場合に相手モンスターを対象とする装備カード扱いとなり、コントロール奪取する効果を持ちます。 《ダーク・ネクロフィア》は原作・アニメにおいてバトルシティ編「闇遊戯 vs 闇バクラ」で闇バクラが使用したカードでもあります。 遊戯が一方的に攻め込みバクラのモンスターを3体墓地に送った後、バクラが放ったセリフ「遊戯、貴様に教えてやる。 オカルトデッキの恐怖をな」はバクラの名言として非常に有名です。 《ダーク・ネクロフィア》の効果 《ダーク・ネクロフィア》は除外する墓地コストが3体と、特殊召喚のコストが悪魔族の中で最上級であることが特徴。 とはいえ悪魔族は墓地肥やしに長けており、現環境の遊戯王OCGでは召喚の難易度は「異常に高い」という訳でもありません。 《ダーク・ネクロフィア》の強みはステータスの高さと、コントロール奪取効果。 そして《カース・ネクロフィア》とのシナジー効果。 特に活躍が期待されるのは「ウィジャ盤」デッキ。 位置付けは《ウィジャ盤》《死のメッセージ》で特殊勝利を狙うデッキでの、アタッカー兼サポートカードです。 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :除外されている自分の悪魔族モンスター3体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 2 :モンスターゾーンのこのカードが 相手によって破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動する。 このカードを墓地から特殊召喚する。 その後、自分フィールドの魔法・罠カードのカード名の種類の数まで 相手フィールドのカードを選んで破壊できる。 《カース・ネクロフィア》は「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5」にて収録された《ダーク・ネクロフィア》のリメイクモンスター。 《ダーク・ネクロフィア》の攻守が逆になり、特殊召喚条件も真逆に変更され、両者のシナジー効果が念頭に置かれた新規カードです。 《ダーク・ネクロフィア》との相性も良く、《ダーク・ネクロフィア》を特殊召喚後、除外された悪魔族3体を対象に効果を発動して「カース・ネクロフィア」を特殊召喚できます。 《ダーク・ネクロフィア》《カース・ネクロフィア》はそれぞれ相手によって破壊された場合の効果も持っています。 フィールドに2体を並べられれば、相手は除去も攻撃もしにくい状況となり、簡易的なロック効果が期待できます。 《ダーク・ネクロフィア》のサーチ手段 《ダーク・オカルティズム》 通常魔法 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :手札を1枚捨てて発動できる。 自分のデッキ・墓地から「ウィジャ盤」1枚または悪魔族・レベル8モンスター1体を選んで手札に加える。 2 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 自分の手札・墓地の「ウィジャ盤」及び「死のメッセージ」カードの中から、 任意の数だけ選び(同名カードは1枚まで)、好きな順番でデッキの一番下に戻す。 その後、戻した数だけ自分はデッキからドローする。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない 《ダーク・ネクロフィア》デッキのサンプルレシピ 《ダーク・ネクロフィア》と相性の良いカード 《高等儀式術》 儀式魔法 儀式モンスターの降臨に必要。 1 :レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、 デッキから通常モンスターを墓地へ送り、 手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。 1 :このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。 デッキから悪魔族・レベル8モンスター1体を手札に加える。 基本的には《ウィジャ盤》とサポートカード《ダーク・サンクチュアリ》《死の宣告》を使い、特殊勝利を目指します。 一方で《ウィジャ盤》の特殊勝利を狙う際の弱点はカードを揃え切ることの難易度の高さ。 《ウィジャ盤》が思うように決まらず持久戦に突入することも想定されます。 この場合は《ウィジャ盤》特殊勝利を散らつかせつつ、妨害されたら《死の宣告》を活用してアドを取り、ビートダウンに切り替えて勝利を狙います。 《カース・ネクロフィア》を軸に持久戦を耐えつつ、以下のルートで《闇の支配者ーゾーク》も呼びビートダウンで勝利を目指します。 まずは《高等儀式術》で悪魔族モンスターを複数墓地に送り《闇の支配者-ゾーク》を呼びつつ《ダーク・ネクロフィア》のコストを揃えます。 《カース・ネクロフィア》《ダーク・ネクロフィア》《闇の支配者ーゾーク》を盤面に揃えきればビートダウンの力技での勝利も可能。 デッキの弱点は繰り返しになりますが《ウィジャ盤》の遅さ。 デッキをカスタマイズするのであれば《闇の支配者ーゾーク》軸の展開を消し、ドローソースと《バトル・フェーダー》《速攻のかかし》を投入。 《ウィジャ盤》を何が何でも揃え切るデッキに舵を切るのも良いでしょう。 その場合は《魔封じの芳香》も加え、デュエルの低速化も狙いたいところです。 《ダーク・ネクロフィア》のレアリティ解説。 販売・買取価格が高騰するカードは? 《ダーク・ネクロフィア》のレアリティは主に• パラレルレア• アルティメットレア(レリーフレア) このうち、特にコレクター需要が高まり、買取価格が高騰傾向にあるのはアルティメットレア(レリーフレア)です。 《ダーク・ネクロフィア》パラレルレアの買取・販売価格 twitter相場 《ダーク・ネクロフィア》の買取価格・相場上昇の理由は? 「レジェンドデュエリスト編5 バクラ」でのウィジャ盤強化 「レジェンドデュエリスト編5 バクラ」の登場によりウィジャ盤・オカルトデッキが強化された影響はやはり見逃せません。 《カース・ネクロフィア》の登場により《ダーク・ネクロフィア》が強化され、ウィジャ盤での特殊勝利を狙うデッキとの相乗効果も強化。 特殊勝利の中でももっとも難易度が高いとされてきたウィジャ盤ですが、ここにきて環境入りの機運も少しずつ高まってきています。 hacca. かっこいい 《ダーク・ネクロフィア》はイラストそのものの人気が高く、イラストアドが取れるカードでもあります。 《死の宣告》などウィジャ盤・オカルトデッキ関連のカードのイラストにも登場しており、今後のイラストストーリーも注目です。 hacca.

次の