コカコーラ と パナソニック は。 コカ・コーラ:クローズド懸賞・オープン懸賞がいっぱい!「とらたぬ情報」

ブランドマネージャー60人の戦略と課題【6】日本コカ・コーラ、ハウス食品、パナソニックほか

コカコーラ と パナソニック は

コカ・コーラは、アメリカで生まれた世界初のコーラ飲料で、それを製造するコカ・コーラ社は世界中の清涼飲料水メーカーの中でも飛び抜けた存在感があり、今やアメリカ資本主義の象徴といった感じまで漂ってます。 ちなみに、アメリカの国民は一人あたり1週間で3.5リットルのコーラを消費しているというデータがありますが、これはアメリカ人の全員が毎日欠かさず500ミリリットルのペットボトル入りコーラを飲んでいるという計算になりビックリさせられます。 アメリカ人の人々の間にこれほどまで浸透したコカ・コーラですが、一方でコカ・コーラに関してのいろいろな都市伝説もあったりします。 例えば、「コカ・コーラのコカはコカインのこと。 」など…。 そこで身近な存在ゆえに気になる、コカ・コーラの歴史についていろいろ調べてみました。 日本コカ・コーラ社の公式サイトを見ると、コカ・コーラの成分は以下のように書いてあります。 コカ・コーラの原材料名 : ・糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン ・種類 : 炭酸飲料 ・発売年月 : 1957. 一方で、コカ・コーラに関する都市伝説の中には以下のようなものがあります。 「コカ・コーラ社は香料レシピを公開していないところから、それを知る人物は重役2名だけで1名が突然事故などに遭遇しても存続するために2人が同じ飛行機に搭乗しない。 」 調べると確かに、コカ・コーラのフォーミュラ(製造法)は非公開で、その文書は米国アトランタの銀行の金庫に厳重に保管されていました。 具体的には、コカ・コーラの独特の風味を生み出す「香料7x」と呼ばれる成分は、コカ・コーラ社のトップシークレットで、成分を知っているのは最高幹部だけということが分かりました。 (つまり上の都市伝説は全くのデマではありませんでした。 ) ちなみに、トップシークレットの「7x」は、レモンやオレンジ・ナツメグ・シナモン・ネロリ・コリアンダーと、"脱コカイン処理されたコカの葉"の7種をアルコール抽出されたものとする情報もあります。 いずれにしても、今もコカ・コーラ社のフォーミュラは非公開なので、香料を含む成分は不明な部分が残り、これがいろんな憶測を生んでいる状態です。 そして2011年2月には、米国のラジオ番組のスタッフがトップシークレットの香料「7x」の調合割合を発見したとして公表しています。 そして、これを基に「オープンコーラ」というコーラが試作されましたが、コカ・コーラ独特のテイストを再現できずに終わりました。 ちなみに、この時のレシピは以下の通りです。 5ガロン ・ライムジュース 2パイント(1クォート) ・バニラ 1オンス ・キャラメル ・カラメル 1. 米国薬局方とあるので、さすがにこれには麻薬成分コカインの成分は入ってなさそうです。 以上のことから言えるのは、コカ・コーラにコカの成分が含まれるかどうかは、公開されていなにので分からない。 ということになります。 コカ・コーラの歴史を遡ると、コカ・コーラは1885年代にアメリカのアトランタで発明されました。 発明者は、ジョージア州コロンバスの薬剤師ジョン・ペンバートン(John Stith Pemberton)で、当初は薬用として飲まれていました。 コカ・コーラという名前は、2種類の主要な原料である「コカの葉」と「コーラの実」から命名されたので、この時点ではコカ・コーラは確かにコカの葉を原料として使っていたと言えます。 ちなみに、コカインはモルヒネ中毒に効くとされ、当初コカ・コーラは「モルヒネやアヘンの中毒に使える」と宣伝され薬局などで売られていたこともあります。 (発明者のジョン・ペンバートン自身もモルヒネ中毒でした。 ) というのも、当時はコカインは禁止されておらず、庶民が普通に購入できたのです。 オリジナルのコカ・コーラのレシピでは、8. 46mgの麻薬成分コカインを含んでいたとされています。 この後、コカ・コーラは順調に拡大していきますが、ジョン・ペンバートンは体を壊してしまい、たったの1ドルでコカ・コーラの権利を手放してしまいました。 そして、1903年にアメリカ国内で麻薬成分コカイン販売が禁止されると、コカ・コーラ社は原液の処方からコカインを取り除くことで対処しました。 その後は、麻薬成分コカインの代用としてカフェインが使われています。 コカイン(cocaine)は、南アメリカ原産の樹木であるコカから抽出され、日本では「麻薬及び向精神薬取締法」での麻薬に該当します。 南米の一部の国では高山病対策としてお茶として飲まれるなど伝統的に利用され、またボリビアでは鉱山労働者がコカの葉を噛みながら仕事をする習慣があります。 歴史的にコカ茶は日常的な飲み物で、ティーバッグなども売られています。 一方、先進国の大半では、「コカノキ」や「コカの葉」は麻薬原料植物に指定され栽培や流通が厳しく規制されています。 発売当初のコカインはモルヒネ中毒に有効と考えられており、コカイン自体には依存性は無いとされていました。 なので、一般人でもコカインは入手可能で、イギリスの有名デパート「ハロッズ」ではコカインとモルヒネと注射器がセットのギフトボックスが販売されていました。 今や清涼飲料水の王者とも言えるコカ・コーラには都市伝説的なものがあり、コークロア(Cokelore)という言葉まで生まれています。 (コークロアとは、コカ・コーラにまつわる都市伝説を意味する言葉で、CokeとFolklore(伝承)から造られました。 ) コカ・コーラに関する都市伝説には、次のようなものがあります。 ・コカインの使用:コカイン成分を除去したコカの葉(香料7x)が使われていると噂されています。 ・歯や骨が溶ける:オレンジジュースでも同じ現象は起きます。 ・避妊効果がある:実用性はありません。 ・コカ・コーラの瓶は女性のボディーラインを参考にした:実際はカカオ豆の形を参考にしたもの。 ・コカコーラには辛口と甘口がある:事実ではありません。 ・サンタクロースが赤い服を着ているのはコカコーラのCMが元祖:コカコーラのカレンダーにもそうした記述があります。

次の

リーダーシップの中核は、いつだって人間。

コカコーラ と パナソニック は

世界的なビッグイベントであるオリンピックを支えるのが協賛金や物品などを提供するスポンサー企業です。 今回の平昌オリンピックでは合わせて95社がスポンサーになっています。 このスポンサー企業にはいくつかランクがあり、その最上位にいるのがIOC(国際オリンピック委員会)と契約する「The Olympic Partner」、略して「TOP」と呼ばれるスポンサーです。 トヨタ自動車、コカコーラ、パナソニックなど13社あります。 その協賛金は莫大な額で、契約期間にもよりますが数百億円ともいわれています。 企業に果たしてその額に見合うメリットはあるのでしょうか? オリンピックの舞台裏をスポンサー企業の視点で取材しました。 パナソニック株式会社 2月9日に開かれた平昌オリンピックの開会式。 話題となった演出が地面に派手な映像を映し出したプロジェクションマッピングです。 会場の観客席に上の方を見ると複数の光線が出ていました。 それを出していたのが映像を映し出すプロジェクター。 最新型が80台。 パナソニック製です。 パナソニックはオリンピックの「TOP」スポンサー。 会場のモニターや音響に至るまで全てパナソニックです。 実はTOPスポンサーになれるのは同じ業種では1社のみ。 大会に関連する機材や物品、サービスなどを独占的に納入できるのです。 会場内を見てみると他社製品のロゴにはテープが貼って見えなくなっています。 さらに他社製品のカメラやレンズには黒い布が・・・ スポンサー以外の企業の宣伝にならないようにするためです。 TOPスポンサーが支払う協賛金は非公開ですが、夏冬2大会の4年単位で100億円程度が目安と言われています。 パナソニックは東京も含め、2024年まで契約しています。 果たして採算が合うのか? パナソニックのスポーツ事業推進部の笹木秀一部長は、 世界人口の半分が見るオリンピック。 ショーケースという観点では非常に大きい。 世界にアピールする場。 その効果は絶大です。 開会式でも使われていたプロジェクター、2012年のロンドンオリンピックでもスポンサーだったパナソニックは開会式で最新のプロジェクターを導入。 大会後、引き合いが増え、高輝度プロジェクターの世界シェアは一気に49. 7%と爆発的に伸びました。 日本コカ・コーラ株式会社 そのオリンピックのスポンサーの中で最も古いのがコカ・コーラです。 1928年のアムステルダムオリンピック以降、90年に渡ってスポンサーを務めています。 ソウル市内。 街に現れたのは巨大なコカ・コーラの自動販売機。 中は今回の平昌オリンピックに合わせたイベントブースです。 TOPスポンサーは世界中でオリンピックを利用したプロモーション活動ができるのです。 東京でもこんな仕掛けを・・・ 新宿の地下街に現れたのは日本人のメダリストをモチーフにした氷の像。 メダルを取る度に像が増えていきます。 コカ・コーラによると他社と差別化が難しい飲料はふとした瞬間に思い出してもらうことが最も重要だといいます。 世界で盛り上がるオリンピックはイメージ戦略には絶好の場なのです。 日本コカ・コーラの髙橋オリバーさんは、 心に残るシーンに「コカ・コーラあり」というシチュエーションをつくることで、コカ・コーラのファンを広げていく。 カンヌン アイスアリーナ フィギュアスケートの競技会場。 羽生結弦選手が金メダル連覇、大いに盛り上がりました。 会場ではこの日、ペアのショートプログラムが開かれていました。 観客席の後ろにいたのはパナソニックのスタッフたち。 ある新しいシステムのテストをしていました。 それが現在開発中の マルチ動画配信システム。 観客がタブレットなどで映像のアングルを変えたり、スローモーションをかけたり、自由に操作して視聴できるものです。 担当者は、 巻き戻し機能を使ってジャンプの瞬間をリプレイしたり、見づらかった瞬間もズームアウトできるので有効だった。 パナソニックはこのシステムを2020年の東京大会で本格導入する予定です。 それを前にオリンピック本番の舞台を使ってテストできるのもスポンサーだからこそ。 そこにやって来たのはIOC(国際オリンピック委員会)のスタッフたち。 新しいサービスに興味津々です。 オリンピックはスポンサー企業にとっても熱い戦いの舞台となっていました。 平昌でトライアルを実施したことは東京大会に向けて大きなステップ。 常に新しい技術を投入していきたい。

次の

コカ・コーラ、コロナ禍でも自販機拡大のなぜ

コカコーラ と パナソニック は

コカ・コーラを知る必読の書 今のコカコーラの会社を知るには、必読の書と言ってもいいのではないでしょうか。 2019年5月に投資家向けに公開されたINVESTOR OVERVIEW — THE COCA-COLA COMPANYというタイトルの資料です。 正直いって素晴らしい資料です。 コカ・コーラの周辺には良いブレーンがいるようですね。 こちらの資料では、コカ・コーラが目指す姿と直近数年間の取り組み内容を、図を豊富に使いながらわかりやすく説明しています。 コカ・コーラの動向を把握するための企業分析なら、この1つの資料で十分です。 とてもわかりやすく書かれているので、投資目的でなくても純粋に1つの企業としてコカ・コーラを知りたい人にもオススメの内容になっています。 さて、上の資料を紹介することで本記事の目的の9割は達成できました。 (ここまでで今年一番の意味のある仕事をしたかもしれないと、既に満足しております。 ) しかし、なかなか時間がなくて英語のスライドなど読んでいる暇はない方に向けて、「このスライドの要点」と「重要だと思われる箇所だけでも日本語の解説」を、この記事の後半でしようと思います。 スライドの要点 「コカ・コーラの会社の今の姿」を理解するという目的で、読み進んだ場合には、以下の4点がスライドの要点になります。 【目指す姿】:コカ・コーラは炭酸飲料だけではない総合飲料メーカーを目指している。 【ターゲット市場】:コカ・コーラが対象とするノンアルコール飲料市場は、他の食品市場よりも高い4. 新興国や発展途上国を中心に、今後も長期的に成長が見込める。 【過去の取り組み】:2018年までの10年間に、事業の再編を行った。 製品の製造・販売を行うボトリング事業をローカル企業に譲渡して現地の多様なニーズに対応し、コカ・コーラ社はブランド開発をはじめとする中核事業に集中する高収益な体制に移った。 その3つの成功例としては、メキシコでは非炭酸飲料シェア6位から1位に引き上げることに成功している。 重要スライドのななめ読みと解説 既に要点も紹介したので、本編のスライドからいくつかのページを抜粋して眺めながら、要点を拾っていきます。 目指す姿は、炭酸飲料メーカーではなく総合飲料メーカー まず、コカ・コーラというと炭酸飲料をイメージすると思いますが、近年は買収も行って炭酸飲料以外にも力を入れています。 上の図の一番左側にはコカ・コーラの製品カテゴリーの割合が出ていますが、決して炭酸ばかりではないのが見て取れます。 ジュース、スポーツ飲料、お茶・コーヒーなどがあります。 図の中央をみると、世界での数量シェアが表記されているのですが、炭酸飲料以外も決して脇役ではなく、世界のシェアをきちんと獲得していることがわかります。 炭酸飲料の世界シェア:1位• 果汁ジュース・スムージーシェア:1位• スポーツ飲料・飲料水シェア:1位• エナージードリンクシェア:2位 ちなみに、この高いシェアは現在行っている市場開拓方針とも密接に関係しています。 それは買収についても同じです。 コカ・コーラが大きな市場シェアを取れると思った分野については、既に一部の地域である程度のシェアを獲得している商品を積極的に買収して世界展開することで、世界的に高いシェアを獲得します。 例えば、エナジードリンクのモンスター、英コーヒー大手のコスタ、英スムージーブランドのイノセントなど、既に一定の評価がある製品を買収し、それを世界中に迅速に展開しています。 食品業界の中でも高成長なノンアルコール飲料 さて、そんなコカ・コーラが主戦上にしているのは、上の図の真ん中で赤く塗られた棒グラフが示すNARTDです。 Non-Alcohol-Ready-to-Drinkの略で、「直ぐに飲めるノンアルコール飲料」の意味です。 「逆に、直ぐに飲めないドリンクってなんだ」言われると例に困りますが、薄めて飲むカルピスとか、茶葉やコーヒー豆などが該当します。 上の図の中央のグラフを見る限り、コカ・コーラが対象とする他の食品市場に比べて成長率が高いの特徴です。 しかも、上の図の右のグラフをみると、その市場の規模は1. 5兆ドルにもなる巨大市場だとわかります。 そして次のこの上のスライドは、左の円グラフが先進国の飲料消費割合、右のグラフが新興国・発展途上国の飲料消費割合を表しています。 右の新興国・発展途上国のグラフには、やたらとグレーの無料の飲み物の消費割合が多いことが解ります。 経済発展とともに、右のグラフがだんだんと左の先進国の形に近づくはずなので、新興国・発展途上国ではグレーの無料の消費量がどんどん減り、長期的にはこれからお金を払って飲み物を買うようになるチャンスがあります。 つまり、コカ・コーラのターゲット市場についてまとめるとこうです。 5兆ドルもの巨大市場でありながら、他の食品市場よりも成長率の高い4. 10年にもおよぶ事業再編を終えつつあるコカ・コーラ すでに要旨にも書きましたが、コカ・コーラは2018年までの10年間に、事業の再編をちゃくちゃくと進めてきました。 収益性が低くかった製品の製造と販売を行うボトリング事業をローカル企業に移して現地の多様なニーズに対応できるようにする一方で、コカ・コーラ社はブランド開発をはじめとする中核事業に集中する高収益な体制を取ってきました。 3Bから31. 9Bに減ったものの、ボトリング事業の従業員は10. 4万人から2. 6万人にスリムになりました。 その努力の成果は、上図の左側の営業利益率に現れています。 2015年から2018年にかけて、営業利益率は23. 現時点で進行中の取り組み さて、過去10年で事業再編を行って、利益率の改善を行ったコカ・コーラが次に目指しているのは、市場規模の4. 革新的な製品の投入• 成功事例やヒットした商品の迅速な世界展開• 顧客ニーズにそった積極的な買収 このうち2番目の成功事例の迅速な世界展開については、ただやるだけなので、ここでは詳細は割愛します。 まず1つ目の革新的な商品の投入ですが、革新を始める前にまず収益性の悪い製品をやめることからはじめました。 「よく売れる2割が、全体の8割の売上をカバーしている」8:2の法則が、このコカ・コーラにも当てはまる状況でした。 2018年には、売れていない製品700個以上を製造停止にする決断をしました。 上図、一番左の絵 そして、次に製品を4つのカテゴリーにわけて、製品のチェックを行いました。 カテゴリーの分け方は、自社(コカ・コーラ)の製品として有名かどうか(横軸)、他社で有名な製品があるかどうか(縦軸)です。 (上図、真ん中) 優先順位こそありますが、コカ・コーラはそのどのカテゴリにも製品を投入していきました。 自社も、他社もまだ知名度ない製品:今後市場が大きくなる製品カテゴリ。 (グラフ右上。 赤い四角)• 自社の製品知名度がないが、他社の製品は既に有名:他社の追随をする必要あり(グラフ右下。 緑の四角)• 自社に有名な製品があり、他社にはライバルがいない:トクホのコーラなど。 (グラフ左上。 緑の四角)• 自社も他社にも有名な製品がある:製品リニューアルが必要な製品。 例えば、ペットボトルでコーヒーを売るなど(グラフ左下。 (上の図右グラフ) 上の図の一番左には、こうして生まれた新商品が並べられています。 コーラだけでもこれだけの新商品があります。 トクホのコーラなどの機能性食品• コーヒー味のコーラ• ゼロキロカロリーのコーラ• 小さめサイズのコーラ• 4-6本の小瓶コーラをまとめて買えるパッケージ 特に、先進国と新興国でコーラのサイズを変えたことは大きく売上向上に繋がりました。 一方で、新興国はみんなで集まってコーラを飲むことが多いのですが、1リットルや2リットルのペットボトルでは、次の日に炭酸が抜けてしまいます。 このように1カ国でうまく言ったことを、迅速に世界に展開していくことで、近年のコカ・コーラは売上・利益を伸ばしています。 顧客ニーズにそった積極的な買収 「顧客ニーズにそった積極的な買収」と言いましたが、その方針を理解するにはコカ・コーラの市場開拓方針を理解する必要があります。 まず理想とする製品ポートフォリオを考える。 この時、今の製品群は考慮に入れないで理想形を練る。 買収が有効だと判断すれば、既にある程度シェアを取っている製品の買収も積極的に行います。 この戦略が功を奏したのは、メキシコ市場です。 上図の左の棚の絵のようにメキシコは以前から炭酸飲料は売れていましたが、その他が振るわず非炭酸飲料のシェアは6位でした。 上図の右側のような幅広い製品群を理想として、まずその理想に近い製品カテゴリから改革に着手します。 製品構成にハマるような製品の買収や他の国でヒットした商品の展開を実施し、売上を伸ばした後に次々と他のカテゴリにも見込みがあるものから投資を展開していきました。 その結果、メキシコの非炭酸飲料部門でシェア1位を獲得し、売上は約3倍、利益率は4. さて、長らく見てきたコカ・コーラの取り組みについての解説は以上になります。 ただ、ここで紹介したのは、本編の資料の一部です。 もしより深い内容を知りたい場合には、こちらの本編を参照して下さい。

次の