ビーマニ ジャンケン。 そめむー(@somem0769)

FAMICOMANIA

ビーマニ ジャンケン

(練習モードからやれば結構長く楽しめるので時間つぶしにもいいかと思う。 有野課長もやっていた「押して引くゥ!」を体験したい方はお早めに) ついでに、入口近くにあった「STARWARSバトルポッド」もプレイ。 1階フロアの奥で稼動中の「スターブレード」と似た感じの3Dシューティングだが、ドーム状のスクリーン内で展開されるリアルな戦闘シーン、照準の他にスロットルや視点切り替え操作が加わっていたりと没入感が半端なく、1面だけでかなり手に汗握ってしまうほどだった。 (手軽に遊園地のアトラクション気分を味わえるのはありがたい。 1プレイ200円でも十分安い) なお、前回の記事で紹介した「STARWARS(アタリ版)」も稼動中。 (1プレイ200円。 貴重な台なのでこちらもオススメ) その奥には「スターブレード」もあり、3Dシューティングの進化の歴史を見てるようで面白い。 (プレー中の様子が分かるモニターが付いたのがありがたい) 「WARS」つながり(?)で、 ナムコの戦車ゲーム「トーキョーウォーズ」(TOKYO WARS)もあった。 さらに、ビデオゲームの並ぶシマの端っこの絶妙なスペースには、有野課長がPCエンジン版で挑戦していた「チェイスH. (以前、千葉・八千代台のBTTAでプレイした時以来。 業務用は家庭用より主人公やナンシーがよくしゃべるのが楽しい) レトロゲーセン巡り・千葉「バックトゥザアーケード」 2階へ行こうと階段へ向かうと、階段のそばに「TEHKAN」(テーカン)のロゴ入りのビデオゲーム筐体があった。 (画面左のインストカードには「PLEIADES(プレアデス)」とあったので、今後稼動するか気になるところ) 2階へ行く階段の踊り場にあったのが「燃えろ!!プロ野球 ホームラン競争」と「ダイナミックシュート競争」。 (両方ともジャレコ製) 「燃えろ!!プロ野球」はおなじみの「燃えプロ」でホームラン競争をやるというストイックな内容。 一方、「シュート競争」の方はサッカーでゴールの手前、ペナルティエリア付近から数人でパスを回してシュートを決めるという、こちらもかなり独特。 (2本ともお店でやっているゲーム配信動画(ニコニコ生放送)で知った。 終了後の台詞回しがまたシュール(ある意味ジャレコらしい?)なのでぜひ一度体験してみてはどうか) SFC8 第18戦 ダイナミックシュート競争(高田馬場ゲーセンミカド) 最後に、今まであまり意識していなかったが、入口ドアのそばにある「太鼓の達人」は「6」。 (まさかの一桁バージョン。 稼動は2004年頃と13年も前で相当なレア物) 版権曲が「もらい泣き」「さくらんぼ」などの時点で時代を感じずにはいられない。 (バンナムのサイトに紹介ページが残っていた) アミューズメントマシン|太鼓の達人6 といったところで以上。 体感ゲームからビデオゲーム・音楽ゲームまでバラエティ豊かなラインナップで楽しめるお店なので、今後もちょくちょく通いたいと思う。 (山手線・東京メトロ東西線の高田馬場駅すぐそばなのも嬉しい所) 今回行ったのは都営三田線・板橋区役所前駅近くにある「コマヤ玩具店」。 (関連記事)GCCXロケ地巡り(#150・森下駅「トイパークまさみや」) お店に行ったのは2016年10月の土日の昼下がり。 休日ということもあってか、近所の子供がちらほらと出入りして店内はほどほどの賑わいだった。 (なお、店内は撮影禁止のようだったため、写真は店先のゲーム機だけ。 店内の様子は上の商店街の紹介ページの方が分かりやすい) まず、お店の入口、向かって左側に並ぶのが、たまゲー駄菓子屋の定番と言ってもいいPONYの小型ゲーム筐体。 (1プレイ20円とロケ時と(多分)変わらないお値段も嬉しいところ) ゲームは3台ほど並んでいて、「ウルトラマン倶楽部」や… (画面に「2COIN 1PLAY」とあるが200円じゃなく20円なのがありがたい) たまゲー定番・「メタルスラッグ」などがプレイできた。 そしてPONY筐体から振り返ると、反対側の壁には ・ジャンケンマン ・カーレース ・キャッチボール と、これまたたまゲー定番の10円ゲームが勢揃い。 下の景品取り出し口に「券の持ち帰り禁止です」と貼り紙があるのが気になる所。 (記念に当たり券を持ち帰る大きなお客さんがいるのだろうか…さすがに子供は普通に交換すると思うが) 他には動物を使った10円ゲーム「とんとん」(太陽自動機)が動いていた。 (有野課長が別のお店でプレイしていた「くるくるぴょんぴょん」や大人用のスロットゲームを思わせる画面。 9つのスロットが回転し、ベットした動物が3つ以上出れば当たり、というシステム) ゲームの後に店内を見て回ったが、子供用のおもちゃや箱説の揃った新品(と思われる)ゲームソフトが豊富に揃っていて、昔懐かしいおもちゃ屋の雰囲気が残っていた。 ゲームセンターCXブログ コマヤ玩具店 2009年05月29日 といったところで以上。 昔ながらのおもちゃ屋の雰囲気と駄菓子屋ゲームを楽しみたい方にオススメかと思う。 GCCXロケ地巡り(#63・本蓮沼駅「おもちゃのふくしま」) GCCXロケ地巡り(#83・板橋本町駅「駄菓子屋ゲーム博物館」) GCCXロケ地巡り(#122・埼京線・板橋駅「斎藤商店」) 今回は先日記事にした秋葉原「トライアミューズメントタワー」にその後も何度か通ってた時の話を。 (2017年5,6月頃のもの。 最新情報は公式ツイッター等でご確認ください。 (改装後のフロア案内。 この時点で8Fは改装中) 縮小されたものの一部レトロゲームは7階で稼動中。 入口近くに稼動中のゲームリストが出ていた。 (左端には大山のぶ代さんが得意だった「アルカノイド」も見える) さらに、これまた挑戦タイトルの「ダブルドラゴン」もあった。 20年近く前の思い出を追体験できる場を提供してくれることにひたすら感謝) さらにそのそばに何台か並ぶ「ダンスダンスレボリューション」のうち1つが「DDR 5thMIX」になっていたのでこちらもやっていく。 (プレイ前のキャラ選択とか懐かしい要素も…pop'n musicではおなじみの要素だがDDRでは今作が初めてだった気が) 当時(かれこれ16年前)の版権曲がズラリと。 「おどるポンポコリン」とか「BE TOGETHER」とかこんなラインナップありかーとか当時は思ったもの。 (当時の旬?の「HOT LIMIT」も入ってた気がする。 知らずに選んで2ステージ分消化された記憶が…) 「ロマンスの神様」などJ-POPのユーロミックスが流行ってた頃だった気もする。 (後のパラパラブームへ?) 「踊る大捜査線」「CAT'S EYE」なども入ってた模様。 (「Dancemania」のCDをツタヤで借りてた頃が懐かしい…東芝EMI…) DDRのステージ上から横を見ると、これまた懐かしい「DanceManiax2」、その裏には「パラパラパラダイス2」。 そばの壁には歴代5鍵ビーマニの筐体カバーが並んでるのを見ると「今、何年でしたっけ?」とふと思ったり。 といったところで以上。 縮小されたものの貴重なゲームが稼動中のレトロゲームフロアはもちろん、レトロ音ゲーフロアの方も懐かしい音楽ゲームファンにはたまらないラインナップなので、ぜひ電気街でのお買い物ついでに足を運ばれてはどうか。 (平日午前だと大抵空いてるので、自分のような腕前に自信のない方も安心?) 今回は先日紹介した「花やしき」について、掲載しきれなかった写真をまとめてみた。 (なぜか親子パンダが揃っていたが、料金は一緒(200円)なので大きい方に乗るのがお得?) 別の回の「たまゲー」で井上Dがこの手の乗り物に乗らされ、放置プレイを食らっていたシーンを思い出す。 (「スリラーカー」は1951年からの稼動で御歳65歳(もはや定年の域)。 現在は人形だけが保管されていて、胸にタッチすると鬼が動く様子を見ることができ、子供たちにイジられていた。 乗り場の近くにはミニチュア模型がある。 (ボタンを押すと、本物同様に座席が急上昇して上下運動する様子を見られる) なお、「スペースショット」の下では子供用「スペースショット」という感じのアトラクション「ぴょんぴょん」が稼動中。 (高さは3,4mほどで、座席が上ったり下がったりする。 (オンエア時、この辺り(写真右側、通路脇のスペース)で課長が「JUMP UP」をプレイしていた気がする) その中にガムの玉を転がしてゴールまで運ぶ「ターゲットマシン・ボルケーノ」などがあった。 「青竹渡り(逆立ちな上、足で傘を持ちながら)」「肩芸(三味線を弾きながら肩に竿を乗せる?)」など、すごいんだかどうかよくわからない出し物もあったりと、不思議な雰囲気が漂っていた。 この日は若手のパフォーマーがジャグリング(シガーボックス)やジャンケン大会などをやっていた。 鳥居の先にドアのついたお堂があり、固めのドアを開けると中には花の球根のようなご神体が鎮座している。 (小さな「おさいせん」箱もあり、お参りも可能) 花やしきに宿る幸福の神様で、付けている腰巻は「球(根)の腰(巻)」ということで触ると良縁のご利益があるとのこと。 また、屋上フロアからは園内を一望できるので、遊んだ後の休憩がてらに立ち寄ってみてはどうか。 (岐部先生vsザリガニの対決が見れず残念…。 (写真は(有野課長もお得意の)射的コーナーで銃を構えてドヤ顔のダダ) 今回行ったのは都営新宿線・森下駅近くにある「トイパークまさみや」。 (駅から南東へ歩いて5分ほど、高橋のらくろ~ド(高橋商店街)の中にあるおもちゃ屋さん) 「たまゲー」ロケ中でも触れられてた通り、ここはマンガ「のらくろ」が名物の商店街。 (お店に行く前、有野課長が「のらくろ」デザインの帽子を買っていたりした) 商店街の随所にのらくろの看板や垂れ幕が飾られていて、長いこと地元で頑張っている感じの個人商店が並ぶ昭和な雰囲気とあわせてレトロ感がたまらない。 お店に行ったのは2017年4月の日曜日の夕方頃。 休日ということもあってか、地元の親子連れなどが来て賑わっていた。 (店先にならぶ10円ゲームやガチャガチャの横には「アポロ社のピクチュアパズル」が吊り下がっていたりと、品揃えもいい雰囲気) 並んでる10円ゲーム機は、まず店先に「キャッチボール」と「サーブアタック」の2台。 「キャッチボール」は有野課長が挑戦して失敗した後「アウトです!」と審判風に言っていたシーンが印象的。 一方の「サーブアタック」は、盤面に描かれたバレー選手の儚げな表情が哀愁を誘う。 (「アタックNo. 1」ばりの猛練習のせいで精根尽き果てていたのだろうか…) さらに、店内の奥の方にもこちらの3台の10円ゲーム機が。 左から「たまゲー」常連の「カーレース」、 左右に揺れる船をタイミングよく狙って玉を撃ち、高得点を狙う「バイキング」、 そして「御用だ!御用だ!」と書かれたタイトル不明のゲーム。 「バイキング」は10円で3回玉を撃つチャンスがあり、高得点の狙い目も出現したりして最後までドキドキ感が続いて楽しませてくれる名機。 左右に揺れる船の動きが独特で、タイミングを微妙にズラされる悔しさで何度もやり込んでしまった。 当時)と課長でプレイしていた「メタスラ」はなかった。 ゲーム自体が古く、ロケも約5年前なので入れ替えもやむをえない所だろうか。 また、店内にはおもちゃ(電子ゲームやボードゲームなど懐かしの品が豊富)の他に駄菓子も並んでいるので、10円ゲームをやるための両替がてらに買っていくのもいいだろう。 (ついつい買ってしまうのが「餅太郎」と「ヤマヨのゼリー・ジャンボネオン」。 この界隈は昔ながらのおもちゃ屋・駄菓子屋が(そしてロケ地も)わりと多いので、下町散策ついでにお店をハシゴしてみるのも面白いかと思う。 (都営新宿線なので秋葉原(岩本町駅)から1本で行ける好アクセスなのも嬉しい所。 (一部ゲームは7Fで引き続き稼動予定とのこと) 興味のある方は終了前に行ってみてはどうか。 トラタワ8Fです。 5月7日(日)を持ちまして、レトロゲームフロアの….

次の

#25 テスト3

ビーマニ ジャンケン

,カウントダウン 4,3,2,1 ,変身,別れの言葉 ワ,カ,レ,ノ,コ,ト,バ ,扉閉門 恋のメリーゴーランド 馬,? H, ラ, 大 , 馬, ファインダー,? 俗称濁流地帯 Macuilxochitl Z Z jubeat knit R. sayurina パン,ナイフ,ランプ,カバン さよならトリップ 階段, K, 花 Sandstorm 砂嵐 じょいふる J 小文字 J 大文字 Theory of Eternity T となりのトトロ feat. を意識 LISTEN TO THE STEREO!! 花 ヘッドホン jubeat copious アルストロメリア 如雨露 じょうろ , 花吹雪 百合, I,植木鉢 yellow head joe く,く WAVES; Q;indivi+WISE I,波,X,ハート 歌の翼 M 翼, I,D,ハ 800nm レーザー光線, レーザー光線 electro peaceful M,r,. ピリオド ,T オムライス O,F, 秘密 オリオンをなぞる オリオン座, 流れ星 CARTOON HEROES O, 6 W, S, p, e,F [E] O c, S,O x,L,b,サムズアップ ギタ・ドラ・jubeat大夏祭りのテーマ T T ハ,タ,T,S,d, 花火 逆ナンされたのにドタキャン!! d,米粒, 米粒 d,米粒, 米粒 d,米粒, 米粒,! , 1. ,ハート,C 紅焔 ハート 炎, ハート Go to the top ロボット 虚空と光明のディスクール 光 Cosmic Hurricane ハリケーン,T この青空の下で 太陽 この子の七つのお祝いに 鯉のぼり Concertino in Blue 地吹雪, 降雪 地吹雪, C Confiserie キャラメル! Synergy For Angels T, U,1 灼熱の翼? 終末を追う者 S, C, U Show up! お辞儀,ハート 轟け!恋のビーンボール!!! , ボール,ミット,打撃 DRAGON KILLER 龍, 龍,D Dragontail Butterfly 蝶 Dragon Blade 龍 龍, 剣 剣, 龍,楯 トリカゴノ鳳凰 鳳凰 ほうおう , 鳥籠 とりかご 鳥籠 とりかご 鳳凰 ほうおう Triple Journey -S-C-U EDITION- Triple Journey T, J Triple Journey T, J Triple Journey T,J ,jubeat j,b GITADORA g,d ,DDR d,d,r , アフロ 左上矢印,右上矢印 , ショッチョー S, -,C, -,U , オトベア、いつでも電話しておいでよ! オトベア,電話 ,CD C,D ,Level 573 L,v,5個押し、7個押し、3個押し , ギタドラ挨拶 ギター,ドラム , limited time only l,t,o , 21日 2,1 ,TAGとbabylon T,b , オトベアくん! オトベアくん?! 返事をしてくれ! オトベア,オトベア , 刀 カ,タ,ナ, 刀振り回し ,fin.. f,i,n,. 3〜ちえ!おっしょさんにはかなわないや! 1,2,3,4,5,6,7 パンダヒーロー 注射の針, 金属バット, 呑まれてく びいすと! 上上,下下,左右, BABS,右中,右上, 押せない S, 上上下下左右左右BABS, 右中右中右上右上, 押せない B,T,S, 上上下下左右左右,A, 右中右中右上右上, 押せない FUJIMORI -祭- FESTIVAL F, F 神輿 みこし , F,F,J, M,? ハート, 君へ 矢印 , 天の川 千本桜 環状線 I,C,B,M, 環状線, 東奔西走, 桜,千 闘え! nicamoq 時計,団子 雨空,T,K,S, 団子 ミラクル・スイート・スイーツ・マジック!! 力技, ? 覆いつくす,! 象 象 ゆびベル:グリネシアのエレファント 象 ゆびベル:グリネシアのエレファント Wandering Gravity W, ジェットコースター jubeat festo I'm so Happy [ 2 ] 1,2,I,S,H, P アカリがやってきたぞっ L ガタッ 起立 ,L,Y 失礼します 挨拶 , ゴロゴロ,? , グルグル, にへへへへ,どぼーん, ぶくぶくぶく 溺れる ,やった サムズアップ ,ガタッ 起立 ,L,g, ピコーン 電球 ,! ゲームオーバー 右向きorz? y,1,ゲームオーバー 右向きorz? P,y,w,c,f,s,i,n,バッファロー,荷馬車,雷光,三,? H,F,! ,y,! c,y,!!!

次の

令和2年7月海外製のおすすめインディーズゲーム

ビーマニ ジャンケン

(練習モードからやれば結構長く楽しめるので時間つぶしにもいいかと思う。 有野課長もやっていた「押して引くゥ!」を体験したい方はお早めに) ついでに、入口近くにあった「STARWARSバトルポッド」もプレイ。 1階フロアの奥で稼動中の「スターブレード」と似た感じの3Dシューティングだが、ドーム状のスクリーン内で展開されるリアルな戦闘シーン、照準の他にスロットルや視点切り替え操作が加わっていたりと没入感が半端なく、1面だけでかなり手に汗握ってしまうほどだった。 (手軽に遊園地のアトラクション気分を味わえるのはありがたい。 1プレイ200円でも十分安い) なお、前回の記事で紹介した「STARWARS(アタリ版)」も稼動中。 (1プレイ200円。 貴重な台なのでこちらもオススメ) その奥には「スターブレード」もあり、3Dシューティングの進化の歴史を見てるようで面白い。 (プレー中の様子が分かるモニターが付いたのがありがたい) 「WARS」つながり(?)で、 ナムコの戦車ゲーム「トーキョーウォーズ」(TOKYO WARS)もあった。 さらに、ビデオゲームの並ぶシマの端っこの絶妙なスペースには、有野課長がPCエンジン版で挑戦していた「チェイスH. (以前、千葉・八千代台のBTTAでプレイした時以来。 業務用は家庭用より主人公やナンシーがよくしゃべるのが楽しい) レトロゲーセン巡り・千葉「バックトゥザアーケード」 2階へ行こうと階段へ向かうと、階段のそばに「TEHKAN」(テーカン)のロゴ入りのビデオゲーム筐体があった。 (画面左のインストカードには「PLEIADES(プレアデス)」とあったので、今後稼動するか気になるところ) 2階へ行く階段の踊り場にあったのが「燃えろ!!プロ野球 ホームラン競争」と「ダイナミックシュート競争」。 (両方ともジャレコ製) 「燃えろ!!プロ野球」はおなじみの「燃えプロ」でホームラン競争をやるというストイックな内容。 一方、「シュート競争」の方はサッカーでゴールの手前、ペナルティエリア付近から数人でパスを回してシュートを決めるという、こちらもかなり独特。 (2本ともお店でやっているゲーム配信動画(ニコニコ生放送)で知った。 終了後の台詞回しがまたシュール(ある意味ジャレコらしい?)なのでぜひ一度体験してみてはどうか) SFC8 第18戦 ダイナミックシュート競争(高田馬場ゲーセンミカド) 最後に、今まであまり意識していなかったが、入口ドアのそばにある「太鼓の達人」は「6」。 (まさかの一桁バージョン。 稼動は2004年頃と13年も前で相当なレア物) 版権曲が「もらい泣き」「さくらんぼ」などの時点で時代を感じずにはいられない。 (バンナムのサイトに紹介ページが残っていた) アミューズメントマシン|太鼓の達人6 といったところで以上。 体感ゲームからビデオゲーム・音楽ゲームまでバラエティ豊かなラインナップで楽しめるお店なので、今後もちょくちょく通いたいと思う。 (山手線・東京メトロ東西線の高田馬場駅すぐそばなのも嬉しい所) 今回行ったのは都営三田線・板橋区役所前駅近くにある「コマヤ玩具店」。 (関連記事)GCCXロケ地巡り(#150・森下駅「トイパークまさみや」) お店に行ったのは2016年10月の土日の昼下がり。 休日ということもあってか、近所の子供がちらほらと出入りして店内はほどほどの賑わいだった。 (なお、店内は撮影禁止のようだったため、写真は店先のゲーム機だけ。 店内の様子は上の商店街の紹介ページの方が分かりやすい) まず、お店の入口、向かって左側に並ぶのが、たまゲー駄菓子屋の定番と言ってもいいPONYの小型ゲーム筐体。 (1プレイ20円とロケ時と(多分)変わらないお値段も嬉しいところ) ゲームは3台ほど並んでいて、「ウルトラマン倶楽部」や… (画面に「2COIN 1PLAY」とあるが200円じゃなく20円なのがありがたい) たまゲー定番・「メタルスラッグ」などがプレイできた。 そしてPONY筐体から振り返ると、反対側の壁には ・ジャンケンマン ・カーレース ・キャッチボール と、これまたたまゲー定番の10円ゲームが勢揃い。 下の景品取り出し口に「券の持ち帰り禁止です」と貼り紙があるのが気になる所。 (記念に当たり券を持ち帰る大きなお客さんがいるのだろうか…さすがに子供は普通に交換すると思うが) 他には動物を使った10円ゲーム「とんとん」(太陽自動機)が動いていた。 (有野課長が別のお店でプレイしていた「くるくるぴょんぴょん」や大人用のスロットゲームを思わせる画面。 9つのスロットが回転し、ベットした動物が3つ以上出れば当たり、というシステム) ゲームの後に店内を見て回ったが、子供用のおもちゃや箱説の揃った新品(と思われる)ゲームソフトが豊富に揃っていて、昔懐かしいおもちゃ屋の雰囲気が残っていた。 ゲームセンターCXブログ コマヤ玩具店 2009年05月29日 といったところで以上。 昔ながらのおもちゃ屋の雰囲気と駄菓子屋ゲームを楽しみたい方にオススメかと思う。 GCCXロケ地巡り(#63・本蓮沼駅「おもちゃのふくしま」) GCCXロケ地巡り(#83・板橋本町駅「駄菓子屋ゲーム博物館」) GCCXロケ地巡り(#122・埼京線・板橋駅「斎藤商店」) 今回は先日記事にした秋葉原「トライアミューズメントタワー」にその後も何度か通ってた時の話を。 (2017年5,6月頃のもの。 最新情報は公式ツイッター等でご確認ください。 (改装後のフロア案内。 この時点で8Fは改装中) 縮小されたものの一部レトロゲームは7階で稼動中。 入口近くに稼動中のゲームリストが出ていた。 (左端には大山のぶ代さんが得意だった「アルカノイド」も見える) さらに、これまた挑戦タイトルの「ダブルドラゴン」もあった。 20年近く前の思い出を追体験できる場を提供してくれることにひたすら感謝) さらにそのそばに何台か並ぶ「ダンスダンスレボリューション」のうち1つが「DDR 5thMIX」になっていたのでこちらもやっていく。 (プレイ前のキャラ選択とか懐かしい要素も…pop'n musicではおなじみの要素だがDDRでは今作が初めてだった気が) 当時(かれこれ16年前)の版権曲がズラリと。 「おどるポンポコリン」とか「BE TOGETHER」とかこんなラインナップありかーとか当時は思ったもの。 (当時の旬?の「HOT LIMIT」も入ってた気がする。 知らずに選んで2ステージ分消化された記憶が…) 「ロマンスの神様」などJ-POPのユーロミックスが流行ってた頃だった気もする。 (後のパラパラブームへ?) 「踊る大捜査線」「CAT'S EYE」なども入ってた模様。 (「Dancemania」のCDをツタヤで借りてた頃が懐かしい…東芝EMI…) DDRのステージ上から横を見ると、これまた懐かしい「DanceManiax2」、その裏には「パラパラパラダイス2」。 そばの壁には歴代5鍵ビーマニの筐体カバーが並んでるのを見ると「今、何年でしたっけ?」とふと思ったり。 といったところで以上。 縮小されたものの貴重なゲームが稼動中のレトロゲームフロアはもちろん、レトロ音ゲーフロアの方も懐かしい音楽ゲームファンにはたまらないラインナップなので、ぜひ電気街でのお買い物ついでに足を運ばれてはどうか。 (平日午前だと大抵空いてるので、自分のような腕前に自信のない方も安心?) 今回は先日紹介した「花やしき」について、掲載しきれなかった写真をまとめてみた。 (なぜか親子パンダが揃っていたが、料金は一緒(200円)なので大きい方に乗るのがお得?) 別の回の「たまゲー」で井上Dがこの手の乗り物に乗らされ、放置プレイを食らっていたシーンを思い出す。 (「スリラーカー」は1951年からの稼動で御歳65歳(もはや定年の域)。 現在は人形だけが保管されていて、胸にタッチすると鬼が動く様子を見ることができ、子供たちにイジられていた。 乗り場の近くにはミニチュア模型がある。 (ボタンを押すと、本物同様に座席が急上昇して上下運動する様子を見られる) なお、「スペースショット」の下では子供用「スペースショット」という感じのアトラクション「ぴょんぴょん」が稼動中。 (高さは3,4mほどで、座席が上ったり下がったりする。 (オンエア時、この辺り(写真右側、通路脇のスペース)で課長が「JUMP UP」をプレイしていた気がする) その中にガムの玉を転がしてゴールまで運ぶ「ターゲットマシン・ボルケーノ」などがあった。 「青竹渡り(逆立ちな上、足で傘を持ちながら)」「肩芸(三味線を弾きながら肩に竿を乗せる?)」など、すごいんだかどうかよくわからない出し物もあったりと、不思議な雰囲気が漂っていた。 この日は若手のパフォーマーがジャグリング(シガーボックス)やジャンケン大会などをやっていた。 鳥居の先にドアのついたお堂があり、固めのドアを開けると中には花の球根のようなご神体が鎮座している。 (小さな「おさいせん」箱もあり、お参りも可能) 花やしきに宿る幸福の神様で、付けている腰巻は「球(根)の腰(巻)」ということで触ると良縁のご利益があるとのこと。 また、屋上フロアからは園内を一望できるので、遊んだ後の休憩がてらに立ち寄ってみてはどうか。 (岐部先生vsザリガニの対決が見れず残念…。 (写真は(有野課長もお得意の)射的コーナーで銃を構えてドヤ顔のダダ) 今回行ったのは都営新宿線・森下駅近くにある「トイパークまさみや」。 (駅から南東へ歩いて5分ほど、高橋のらくろ~ド(高橋商店街)の中にあるおもちゃ屋さん) 「たまゲー」ロケ中でも触れられてた通り、ここはマンガ「のらくろ」が名物の商店街。 (お店に行く前、有野課長が「のらくろ」デザインの帽子を買っていたりした) 商店街の随所にのらくろの看板や垂れ幕が飾られていて、長いこと地元で頑張っている感じの個人商店が並ぶ昭和な雰囲気とあわせてレトロ感がたまらない。 お店に行ったのは2017年4月の日曜日の夕方頃。 休日ということもあってか、地元の親子連れなどが来て賑わっていた。 (店先にならぶ10円ゲームやガチャガチャの横には「アポロ社のピクチュアパズル」が吊り下がっていたりと、品揃えもいい雰囲気) 並んでる10円ゲーム機は、まず店先に「キャッチボール」と「サーブアタック」の2台。 「キャッチボール」は有野課長が挑戦して失敗した後「アウトです!」と審判風に言っていたシーンが印象的。 一方の「サーブアタック」は、盤面に描かれたバレー選手の儚げな表情が哀愁を誘う。 (「アタックNo. 1」ばりの猛練習のせいで精根尽き果てていたのだろうか…) さらに、店内の奥の方にもこちらの3台の10円ゲーム機が。 左から「たまゲー」常連の「カーレース」、 左右に揺れる船をタイミングよく狙って玉を撃ち、高得点を狙う「バイキング」、 そして「御用だ!御用だ!」と書かれたタイトル不明のゲーム。 「バイキング」は10円で3回玉を撃つチャンスがあり、高得点の狙い目も出現したりして最後までドキドキ感が続いて楽しませてくれる名機。 左右に揺れる船の動きが独特で、タイミングを微妙にズラされる悔しさで何度もやり込んでしまった。 当時)と課長でプレイしていた「メタスラ」はなかった。 ゲーム自体が古く、ロケも約5年前なので入れ替えもやむをえない所だろうか。 また、店内にはおもちゃ(電子ゲームやボードゲームなど懐かしの品が豊富)の他に駄菓子も並んでいるので、10円ゲームをやるための両替がてらに買っていくのもいいだろう。 (ついつい買ってしまうのが「餅太郎」と「ヤマヨのゼリー・ジャンボネオン」。 この界隈は昔ながらのおもちゃ屋・駄菓子屋が(そしてロケ地も)わりと多いので、下町散策ついでにお店をハシゴしてみるのも面白いかと思う。 (都営新宿線なので秋葉原(岩本町駅)から1本で行ける好アクセスなのも嬉しい所。 (一部ゲームは7Fで引き続き稼動予定とのこと) 興味のある方は終了前に行ってみてはどうか。 トラタワ8Fです。 5月7日(日)を持ちまして、レトロゲームフロアの….

次の