セミオトコ ドラマ 動画。 ドラマ『セミオトコ』を見逃し動画無料フル視聴!

【ドラマ動画】セミオトコ(最終回)セミきゅんともらい泣き続出?!最終回のネタバレ注意!!

セミオトコ ドラマ 動画

動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。 お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。 自己責任でご視聴ください。 『うつせみ荘』の面々ともすっかり打ち解けたセミオは、この日の朝も庄野ねじこ(阿川佐和子)&くぎこ(檀ふみ)姉妹、熊田美奈子(今田美桜)らとともに小川邦夫(北村有起哉)が作るメイプルシロップたっぷりのパンケーキを楽しんでいた。 盛り上がりの中、ひとり食が進まない由香。 明らかに様子のおかしい由香に、カマをかけてみる住人たち。 その結果、セミオにチュウをしたことがバレてしまい、由香は大慌て! しかしセミオの反応は、まったく予想もしていなかったもので…? 気まずさと恥ずかしさを抱えながら、由香は食品工場へと出勤。 翔子と子どもたちの様子を、うれしくも切ない気持ちで見守っていた。 そんな由香がふと気づくと、小学生たちに混じってセミオの姿が! 自分の仕事ぶりを見に来てくれたセミオに感激する由香。 セミオも由香の笑顔が見られることに喜びを感じていた。 Say! JUMP) この夏、羽化したセミ(が人間になった姿)。 優しそうな、でもどこか寂しそうな由香のことが気になり、「この人のために何かできないか」「この人を笑顔にしたい」と思うように…。 そして、人間の姿に形を変え(とても美しい)、命が尽きるまでの7日間だけ、うつせみ荘で由香と一緒に暮らすことになる。 セミにとっては、地上世界の全てがまぶしく、憧れの世界。 だから、口癖は「なんて素晴らしい世界なんだ!」。 好物はメイプルシロップ。 セミなので人間界の常識には疎く、けっこうな頻度で浮世離れした言動を繰り出す。 セミオは他の子供達に混じって、とても楽しそうだ。 由香は子供のころ、両親は学校に全く興味がなく、授業参観に来てもらったことがなかった。 しかし、今はセミオが自分のためにお仕事参観に来てくれている。 その幸せを噛みしめていると、同僚に彼氏が来るのが羨ましいと言われてしまった。 今の彼女は素直に自分の感情を表現するようになったので、由香は素直にそのことを自慢していた。 だが、セミオといられるのもあと4日となり、由香は美奈子に自分の不安な気持ちを打ち明けていた。 そんな頃、セミオの方も由香に初めての恋心を抱くようになっていた。

次の

セミオトコの動画が見れる配信とは?無料で見れる?|vodzoo

セミオトコ ドラマ 動画

物語の舞台は、都心からはちょっと離れた郊外にあるアパート『うつせみ荘』。 古いけれど、趣と気品がある英国風の建物には個性豊かな住人たちが暮らしています。 山田演じるセミは、そのアパートにつながる庭の地中で誕生。 長い地中生活を経て、ついにこの夏、羽化のときを迎えました。 「ようやく地上に出られたのに飛べないまま終わるのか…」と死を覚悟した瞬間、女性は鮮やかにセミを避け、ちょっと離れた地面に落下。 セミは九死に一生を得ることとなったのです。 その女性とは、うつせみ荘に住む女性・由香。 食品会社に勤務し、たいしていいこともないまま毎日を過ごすアラサー女子・由香の寂しそうな表情が気になったセミは、命を救ってくれたお礼をするため、人間の姿となって、由香の望みを叶える約束をします! わけも分からぬまま、セミと7日間だけ一緒に暮らすことになった由香。 セミの浮世離れした言動に驚いたり、振り回されたりしながらも、自分を一生懸命幸せにしてくれようとする王子様のようなセミとたった一週間だけの、淡い恋に落ちるのです。 由香は内気で接客が苦手だった。 何とか仕事はこなすが、翔子から辛らつな言葉を浴びせられてしまう。 由香は子どもの時から影が薄く、孤独に生きてきた。 ある日、アパートのベランダの柵が壊れて転落するが、ケガは大したしたことはなかった。 落ちた時にそばにいたセミが傷つかなかったことに安堵する由香。 しかし、部屋に戻ると落ち込んでしまう。 そこに、キレイな顔の若い男が突然現れる。 それは、人間の姿になったセミだったのだ。 驚く由香に、男は「あなたは命の恩人だ」と言う。 その言葉に心当たりのなかった由香だが、彼の不思議な魅力に惹かれる。 その頃、翔子は由香にひどいことを言ったと反省していた。 (女性50代) 【第2話・ネタバレ解説】由香は、夕べやって来た男にセミオと名付け、アパートの皆に紹介する。 そのまま皆と楽しく過ごしているうち、仕事に行くことを忘れてしまう。 今まで、学校や仕事を休んだことのない由香だったが、初めて休むことにする。 しかし、それを自分のせいだと思った翔子から謝りと励ましの電話を受け、急いで仕事に向かう。 苦手な接客も自分なりに頑張る由香。 だが、仕事が終わると、セミオがいないのではと不安になる。 子どものころ、誰にも誕生日を祝ってもらえなかったことなど、幸せを感じるとそれがすぐに消えてしまうと思い込んでいた。 部屋に戻ると、やはりセミオの姿がないと思いきや、後ろから彼の声が。 セミオは優しく由香を抱きしめる。 夕食まで準備してくれたセミオに感激し、幸せに浸る由香であった。 (女性50代) 【第3話・ネタバレ解説】授業参観に親にも来てもらえず、寂しい思い出しかない由香だったが、「おかゆさんに、会いたい。 」と思ってくれ、仕事場にまで駆けつけてくれるセミオを、由香はとても好きになっていく。 仕事場からの帰り道、「手を繋いでくれませんか。 」とかわいいお願いをする由香に、セミオはにっこり笑って繋いでくれる。 由香はセミオがいなくなる日を数えて、もしもセミオがいなくなったら、自分はどうなるんだろう?死んでしまうかも、と気持ちを美奈子に吐露するのだった。 一方でセミオも由香と接するうちに、胸の辺りがチクチク痛むことに気がつき始める。 ずっと由香を幸せにしてあげたい、という想いは変わらない。 しかし微妙に気持ちが変化し始めていた。 セミオは由香に恋していることを知るのだった。 (女性40代) 【第4話・ネタバレ解説】前回おかゆが裁縫していたメープルシロップ入れをセミオにプレゼントする。 プレゼントで喜んでもらった経験がないおかゆは心配したが、セミオは想像以上に喜びすぐ身につけた。 そこでセミオは自分はおかゆに恋をしていると告白する。 翌日の朝、アパートに住んでいるみんなで朝食をとっているときにも改めて告白する。 その後それぞれ会社や学校に出かけるが、セミオはおかゆと離れたくないと職場まで付いていく。 そこではセミオはモテモテでおかゆは人生初めての嫉妬心を抱く。 だが他の女性に見せる笑顔と自分に見せるセミオの笑顔が違っていることに気づく。 その後お茶をしている際に、春さんが倒れたことをセミから教えられセミオは急いでアパートへ戻る。 命は取り止めたもののセミオは死に対する恐怖から泣いてしまい、おかゆが抱きしめる。 (女性30代) 【第5話・ネタバレ解説】うつせみ荘の住民でデリバリーによるピザを食べることになった。 セミオは、配達の店員に丁寧に対応すると、店員は喜んだ。 食後に岩本マサは、過去の話を語り始めた。 子供を亡くしていたのだ。 ねじこ、くぎこたちも語り始めた。 二人は、大家という仕事が合っていると言う。 由香は、週末に住民たちで何かをしようと言う。 バーベキューをやることになった。 由香は桜木翔子とお酒を飲むことになったが、セミオは部屋で苦しんでいた。 バーベキュー当日、住民たちは準備をしていた。 雨が降ってきてしまいセミオは、がっかりする。 その頃、小川邦夫は部屋で「てるてる坊主」を作成していた。 すぐに晴れて、予定通りにバーベキューは行われた。 時間が経ち、セミオは突然立ち上がり「皆さんにお話があります」と言った。 (男性40代) 【第6話・ネタバレ解説】残りの時間を惜しみながらデートするセミオと由香の二人。 ふとゲームセンターのポスターにセミオの目が止まる。 もぐらたたきのポスターだった。 由香に誘われてゲームセンターにセミオは入ると、子供たちがもぐらたたきをしているのを見て、興奮する。 もぐらには仲間たちが食べられて恨みがあるんだ! と話す。 そこで、由香はもぐらたたきをさせてあげようとするのだ。 とても喜ぶセミオ。 しかしゲームが始まっても、全くもぐらを叩こうとしないセミオを由香は不思議に思う。 そうするうちにゲーム時間が終わってしまった。 セミオはもぐらには、仲間を食べられて憎いけど、もぐらにも事情があったんだということが、人間になって分かり、叩くことができないというのだ! (女性40代) 【第7話・ネタバレ解説】セミオとの都会のデートを終えた由香は、うつせみ荘へと帰って行く。 その道中、突然の雨の後に現れた虹の下で、2人は仲良くダンスをする。 その光景を由香に会いに東京に来ていた家族が目撃し、由香の変化に驚く。 うつせみ荘に戻った2人は、デートの報告をする。 セミオは由香の発する言葉に自分が居なくなった後、命を絶とうとしている事に気がつく。 そして自分が人間の姿で由香の前に現れたのは、幸せに生きて欲しかったからだと説得をする。 由香はセミオと別れたく無く、号泣をする。 そんな由香にセミオはキスをして、泣き止ませる。 その後、皆んなでメープルシロップを隠し味にしたカレーを作り、夕食を共にする。 皆んなで食後にお茶をしているとセミオの体が透明になり、死が間近に迫っている事を知らせるのだった。 (女性30代) 【最終回・第8話・ネタバレ解説】みなこちゃんにセミオは最後の言葉を伝えて、みなこちゃんに怒られる。 そしてうつせみ荘を出てセミオはおかゆさんと一緒にお弁当工場で仕事をすることになり、慎重にハンバーグを並べていた。 お弁当を売って働いた分のお金を主任から頂いた分でおかゆさんとしょうこさんにご馳走をした。 セミオは体の異変に気付き始めて、うつせみ荘の前で語り始めた。 この世界に意味のないことはない、出会えよかったと。 それを言いながらセミオが薄れていくのが分かって、おかゆさんは泣きながら別れを嫌がるがもうセミオはうつせみ荘には戻ろうとせずに、おかゆさんにキスをして消えていった。 おかゆさんはセミオの抜け殻を見せて消えちゃったことを伝えた。 6年後の夏が来て、しっかりと生きていたおかゆさんだった。 (女性20代).

次の

セミオトコ動画1話~最終回を無料視聴する方法まとめ!pandoraは違法?

セミオトコ ドラマ 動画

物語の舞台は、都心からはちょっと離れた郊外にあるアパート『うつせみ荘』。 古いけれど、趣と気品がある英国風の建物には個性豊かな住人たちが暮らしています。 山田演じるセミは、そのアパートにつながる庭の地中で誕生。 長い地中生活を経て、ついにこの夏、羽化のときを迎えました。 「ようやく地上に出られたのに飛べないまま終わるのか…」と死を覚悟した瞬間、女性は鮮やかにセミを避け、ちょっと離れた地面に落下。 セミは九死に一生を得ることとなったのです。 その女性とは、うつせみ荘に住む女性・由香。 食品会社に勤務し、たいしていいこともないまま毎日を過ごすアラサー女子・由香の寂しそうな表情が気になったセミは、命を救ってくれたお礼をするため、人間の姿となって、由香の望みを叶える約束をします! わけも分からぬまま、セミと7日間だけ一緒に暮らすことになった由香。 セミの浮世離れした言動に驚いたり、振り回されたりしながらも、自分を一生懸命幸せにしてくれようとする王子様のようなセミとたった一週間だけの、淡い恋に落ちるのです。 由香は内気で接客が苦手だった。 何とか仕事はこなすが、翔子から辛らつな言葉を浴びせられてしまう。 由香は子どもの時から影が薄く、孤独に生きてきた。 ある日、アパートのベランダの柵が壊れて転落するが、ケガは大したしたことはなかった。 落ちた時にそばにいたセミが傷つかなかったことに安堵する由香。 しかし、部屋に戻ると落ち込んでしまう。 そこに、キレイな顔の若い男が突然現れる。 それは、人間の姿になったセミだったのだ。 驚く由香に、男は「あなたは命の恩人だ」と言う。 その言葉に心当たりのなかった由香だが、彼の不思議な魅力に惹かれる。 その頃、翔子は由香にひどいことを言ったと反省していた。 (女性50代) 【第2話・ネタバレ解説】由香は、夕べやって来た男にセミオと名付け、アパートの皆に紹介する。 そのまま皆と楽しく過ごしているうち、仕事に行くことを忘れてしまう。 今まで、学校や仕事を休んだことのない由香だったが、初めて休むことにする。 しかし、それを自分のせいだと思った翔子から謝りと励ましの電話を受け、急いで仕事に向かう。 苦手な接客も自分なりに頑張る由香。 だが、仕事が終わると、セミオがいないのではと不安になる。 子どものころ、誰にも誕生日を祝ってもらえなかったことなど、幸せを感じるとそれがすぐに消えてしまうと思い込んでいた。 部屋に戻ると、やはりセミオの姿がないと思いきや、後ろから彼の声が。 セミオは優しく由香を抱きしめる。 夕食まで準備してくれたセミオに感激し、幸せに浸る由香であった。 (女性50代) 【第3話・ネタバレ解説】授業参観に親にも来てもらえず、寂しい思い出しかない由香だったが、「おかゆさんに、会いたい。 」と思ってくれ、仕事場にまで駆けつけてくれるセミオを、由香はとても好きになっていく。 仕事場からの帰り道、「手を繋いでくれませんか。 」とかわいいお願いをする由香に、セミオはにっこり笑って繋いでくれる。 由香はセミオがいなくなる日を数えて、もしもセミオがいなくなったら、自分はどうなるんだろう?死んでしまうかも、と気持ちを美奈子に吐露するのだった。 一方でセミオも由香と接するうちに、胸の辺りがチクチク痛むことに気がつき始める。 ずっと由香を幸せにしてあげたい、という想いは変わらない。 しかし微妙に気持ちが変化し始めていた。 セミオは由香に恋していることを知るのだった。 (女性40代) 【第4話・ネタバレ解説】前回おかゆが裁縫していたメープルシロップ入れをセミオにプレゼントする。 プレゼントで喜んでもらった経験がないおかゆは心配したが、セミオは想像以上に喜びすぐ身につけた。 そこでセミオは自分はおかゆに恋をしていると告白する。 翌日の朝、アパートに住んでいるみんなで朝食をとっているときにも改めて告白する。 その後それぞれ会社や学校に出かけるが、セミオはおかゆと離れたくないと職場まで付いていく。 そこではセミオはモテモテでおかゆは人生初めての嫉妬心を抱く。 だが他の女性に見せる笑顔と自分に見せるセミオの笑顔が違っていることに気づく。 その後お茶をしている際に、春さんが倒れたことをセミから教えられセミオは急いでアパートへ戻る。 命は取り止めたもののセミオは死に対する恐怖から泣いてしまい、おかゆが抱きしめる。 (女性30代) 【第5話・ネタバレ解説】うつせみ荘の住民でデリバリーによるピザを食べることになった。 セミオは、配達の店員に丁寧に対応すると、店員は喜んだ。 食後に岩本マサは、過去の話を語り始めた。 子供を亡くしていたのだ。 ねじこ、くぎこたちも語り始めた。 二人は、大家という仕事が合っていると言う。 由香は、週末に住民たちで何かをしようと言う。 バーベキューをやることになった。 由香は桜木翔子とお酒を飲むことになったが、セミオは部屋で苦しんでいた。 バーベキュー当日、住民たちは準備をしていた。 雨が降ってきてしまいセミオは、がっかりする。 その頃、小川邦夫は部屋で「てるてる坊主」を作成していた。 すぐに晴れて、予定通りにバーベキューは行われた。 時間が経ち、セミオは突然立ち上がり「皆さんにお話があります」と言った。 (男性40代) 【第6話・ネタバレ解説】残りの時間を惜しみながらデートするセミオと由香の二人。 ふとゲームセンターのポスターにセミオの目が止まる。 もぐらたたきのポスターだった。 由香に誘われてゲームセンターにセミオは入ると、子供たちがもぐらたたきをしているのを見て、興奮する。 もぐらには仲間たちが食べられて恨みがあるんだ! と話す。 そこで、由香はもぐらたたきをさせてあげようとするのだ。 とても喜ぶセミオ。 しかしゲームが始まっても、全くもぐらを叩こうとしないセミオを由香は不思議に思う。 そうするうちにゲーム時間が終わってしまった。 セミオはもぐらには、仲間を食べられて憎いけど、もぐらにも事情があったんだということが、人間になって分かり、叩くことができないというのだ! (女性40代) 【第7話・ネタバレ解説】セミオとの都会のデートを終えた由香は、うつせみ荘へと帰って行く。 その道中、突然の雨の後に現れた虹の下で、2人は仲良くダンスをする。 その光景を由香に会いに東京に来ていた家族が目撃し、由香の変化に驚く。 うつせみ荘に戻った2人は、デートの報告をする。 セミオは由香の発する言葉に自分が居なくなった後、命を絶とうとしている事に気がつく。 そして自分が人間の姿で由香の前に現れたのは、幸せに生きて欲しかったからだと説得をする。 由香はセミオと別れたく無く、号泣をする。 そんな由香にセミオはキスをして、泣き止ませる。 その後、皆んなでメープルシロップを隠し味にしたカレーを作り、夕食を共にする。 皆んなで食後にお茶をしているとセミオの体が透明になり、死が間近に迫っている事を知らせるのだった。 (女性30代) 【最終回・第8話・ネタバレ解説】みなこちゃんにセミオは最後の言葉を伝えて、みなこちゃんに怒られる。 そしてうつせみ荘を出てセミオはおかゆさんと一緒にお弁当工場で仕事をすることになり、慎重にハンバーグを並べていた。 お弁当を売って働いた分のお金を主任から頂いた分でおかゆさんとしょうこさんにご馳走をした。 セミオは体の異変に気付き始めて、うつせみ荘の前で語り始めた。 この世界に意味のないことはない、出会えよかったと。 それを言いながらセミオが薄れていくのが分かって、おかゆさんは泣きながら別れを嫌がるがもうセミオはうつせみ荘には戻ろうとせずに、おかゆさんにキスをして消えていった。 おかゆさんはセミオの抜け殻を見せて消えちゃったことを伝えた。 6年後の夏が来て、しっかりと生きていたおかゆさんだった。 (女性20代).

次の