令和納豆パスポート取り上げ。 令和納豆 炎上理由は何?納豆定食べ放題パスポート取り上げ詐欺!|とことこウサギ日記

「令和納豆」の株式会社納豆は詐欺?パスポート取り上げの経緯も

令和納豆パスポート取り上げ

令和納豆「納豆ご飯一生涯無料パスポート」没収経緯 ・納豆ご飯専門店「令和納豆」は2019年4月~6月にクラウドファンディングサイト「FAAVO(ファーボ)」で支援を募り、目標300万円の4倍となる1200万円超が集まりました。 ・支援金の大半は、1万円支援すれば得られる、「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」。 ・順調そうに見えた「令和納豆」ですが、Googleに投稿されたある一件の口コミがきっかけで問題が明るみになります。 その内容とは、1万円を支援し、無料パスを受け取り利用していたのですが、15回利用したところで店員に無料パスを没収されてしまったということ。 ・没収された理由は、「毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実」という2点から、「規約にある『当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合』に該当する」と判断されたとのこと。 ・パスポートを没収された方は店側の対応に対し憤りを感じているとのこと。 ・この投稿がきっかけで、他にも無料パスを取り上げられた人がいたことが発覚。 ネット上で大炎上となりました。 ・令和納豆は6月1日、納豆社の宮下裕任社長により、「当店で当時対応した従業員に事実確認を行いました」と発表し、無料パス剥奪の件を認めた。 しかし謝罪はなく、あくまで利用者側の規約違反があったことを主張。 令和納豆は現在閉店しているのか?実際行ってみた人の感想 5月に令和納豆の無料パスポートの剥奪事件が発覚以来、令和納豆はネット上で大炎上し、世の中の令和納豆に対する不信感が一気に高まりました。 このような状態でまだ営業しているのか気になりますよね? もしかして臨時休業という名の閉店でもしているのかと思えば、実際に行ったという人のTwitter投稿があり、営業はしているようです。 令和納豆に行ってきました(ニカッ) まずみんなが1番興味あるお話。 HYIPとは、「High Yield Investment Program」という詐欺のひとつで、詐欺の勧誘文句としてよく用いられる。 ・HYIPでは他の投資家から預かった資金を配当に充て、隙をみて夜逃げするのが常とう手段となっている。 仮に平均して、無料パスが「7日に1回」利用されるすると、年間の納豆定食の累計は2万6071円相当になります。 そして平均利用年数を「30年」と仮定したときに結果的に「納豆定食無料生涯パスポート」の適正価格は48万6030円となるという話。 むしろ没収ありきでないと成り立たなかったのでは? 令和納豆経営者宮下社長は謝罪なし 今回大炎上した「納豆定食生涯無料パスポート」剥奪に関して、経営者である宮下社長のコメントは、6月1日に「無料パスポートの権利失効に関する一部報道につきまして」と、6月6日に投稿されたJCASTニュースの中でコメントしています。 積み重ねです。 今回の支援を『無料で定食を食べられる権利』としか思っていないような方がいます。 無料対象の食事だけをして、スタッフが話しかけてもコミュニケーションを取っていただけない方がいます。 私たちを飲食店スタッフとしか見ていないのでしょうか。 ネットで『こんな不味い店に価値はない。 返金だ。 ダメなら裁判だ』と書いた方、『詐欺やってるんじゃない』とクレームした方もいました。 そのような方々には、CFの募集ページに書いた我々の思い、初回来店時に説明した『末長くお付き合いをしたい』という思いが伝わっておらず、『支援者』ではないだろうと思いました。 ただ、もちろんコミュニケーションを取りたくない方もいらっしゃいますので、別のやり方はあったかもしれません。 説明不足があれば申し訳ないと思っています」(宮下氏) 「そもそもこのCFは飲食店をオープンするためだけでなく、水戸に納豆ご飯専門店をつくって一緒に地方創生を目指すと募集ページに書きました。 CFは地方創生のプロジェクトに活用できるプラットフォームでもあります。 このように述べており、利用者に対して煽るようなコメントをしています。 SNSでは、令和納豆のTwitterは6月1日からの更新なく、納豆男子のFacebookも7月17日から更新なしの状態。 誰が見ても、無料パスによる経営破綻を避けたいがために、一部の顧客から無料パスを没収したようにしかみえないのですが、宮下社長はあくまで利用者の規約違反という主張で、経営側の失敗を認めてはいないのです。 飲食店を経営するAさんは、「経営の見通しの甘さがこのような結果を生んでるのに、認めてないし、謝ってないのが大炎上を招くことになった。 」 「もともとCFで応援してくれた人たちが出した1万円。 素直に謝ればここまで問題が大きくならなかった。 」と語ります。 「こんなことを言っていては、『お客さんの責任にする経営者』というイメージが今後ついてしまう。 」 お客さんがあっての商売。 「ごめんなさい」という言葉を聞ける日はくるのだろうか? 令和納豆に新たな展開!ついに経営者が謝罪へ 追記です。 令和納豆の無料パスについて、公式Twitterで新たな展開がみられました。 【無料パスポート権利を失効させていただいたお客様への今後の対応について】 — 令和納豆 reiwanatto 2020年6月21日 無料パスポート権利を失効させていただいたお客様への今後の対応について 令和納豆 いつも当店を応援し、ご利用くださりありがとうございます。 「無料パスポートの権利失効に関する一部報道」につきまして、ご迷惑とご心配をおかけしております。 無料パスポートの権利失効に関する当店の一連の対応を振り返り、お客様のご理解と納得を十分に得られないまま、一方的に権利を失効する対応をとってしまったことを深くお詫び申し上げます。 該当するお客様につきましては、ご支援いただいた金額10,000円を全額返金させていただきます。 昨年実施したクラウドファンディングは、水戸で納豆ごはん専門店を開店することが地方創生に繋がるのではないか、という挑戦をするために、日本では類を見ないビジネスモデルを多くの方と一緒に創り上げたいと思い、クラウドファンディングに取り組みました。 これまで、支援者の皆さま全員と真摯に向き合ってきたつもりでした。 しかし、今回の件でそれが出来ていないことがわかりました。 素直に力不足を認め、新たな姿勢で支援者の皆さまとのお付き合いと今後の店舗運営をしてまいりたいと思います。 毎日足繁く通ってくださっている皆さまにご心配とご迷惑をお掛けしたことは、本当に申し訳なく思います。 心からお詫び申し上げます。

次の

【炎上】令和納豆 パス剥奪は罵声や割り込み!?「身に覚えがない」剥奪された人が憤りを露わに…

令和納豆パスポート取り上げ

令和納豆「納豆ご飯一生涯無料パスポート」没収経緯 ・納豆ご飯専門店「令和納豆」は2019年4月~6月にクラウドファンディングサイト「FAAVO(ファーボ)」で支援を募り、目標300万円の4倍となる1200万円超が集まりました。 ・支援金の大半は、1万円支援すれば得られる、「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」。 ・順調そうに見えた「令和納豆」ですが、Googleに投稿されたある一件の口コミがきっかけで問題が明るみになります。 その内容とは、1万円を支援し、無料パスを受け取り利用していたのですが、15回利用したところで店員に無料パスを没収されてしまったということ。 ・没収された理由は、「毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実」という2点から、「規約にある『当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合』に該当する」と判断されたとのこと。 ・パスポートを没収された方は店側の対応に対し憤りを感じているとのこと。 ・この投稿がきっかけで、他にも無料パスを取り上げられた人がいたことが発覚。 ネット上で大炎上となりました。 ・令和納豆は6月1日、納豆社の宮下裕任社長により、「当店で当時対応した従業員に事実確認を行いました」と発表し、無料パス剥奪の件を認めた。 しかし謝罪はなく、あくまで利用者側の規約違反があったことを主張。 令和納豆は現在閉店しているのか?実際行ってみた人の感想 5月に令和納豆の無料パスポートの剥奪事件が発覚以来、令和納豆はネット上で大炎上し、世の中の令和納豆に対する不信感が一気に高まりました。 このような状態でまだ営業しているのか気になりますよね? もしかして臨時休業という名の閉店でもしているのかと思えば、実際に行ったという人のTwitter投稿があり、営業はしているようです。 令和納豆に行ってきました(ニカッ) まずみんなが1番興味あるお話。 HYIPとは、「High Yield Investment Program」という詐欺のひとつで、詐欺の勧誘文句としてよく用いられる。 ・HYIPでは他の投資家から預かった資金を配当に充て、隙をみて夜逃げするのが常とう手段となっている。 仮に平均して、無料パスが「7日に1回」利用されるすると、年間の納豆定食の累計は2万6071円相当になります。 そして平均利用年数を「30年」と仮定したときに結果的に「納豆定食無料生涯パスポート」の適正価格は48万6030円となるという話。 むしろ没収ありきでないと成り立たなかったのでは? 令和納豆経営者宮下社長は謝罪なし 今回大炎上した「納豆定食生涯無料パスポート」剥奪に関して、経営者である宮下社長のコメントは、6月1日に「無料パスポートの権利失効に関する一部報道につきまして」と、6月6日に投稿されたJCASTニュースの中でコメントしています。 積み重ねです。 今回の支援を『無料で定食を食べられる権利』としか思っていないような方がいます。 無料対象の食事だけをして、スタッフが話しかけてもコミュニケーションを取っていただけない方がいます。 私たちを飲食店スタッフとしか見ていないのでしょうか。 ネットで『こんな不味い店に価値はない。 返金だ。 ダメなら裁判だ』と書いた方、『詐欺やってるんじゃない』とクレームした方もいました。 そのような方々には、CFの募集ページに書いた我々の思い、初回来店時に説明した『末長くお付き合いをしたい』という思いが伝わっておらず、『支援者』ではないだろうと思いました。 ただ、もちろんコミュニケーションを取りたくない方もいらっしゃいますので、別のやり方はあったかもしれません。 説明不足があれば申し訳ないと思っています」(宮下氏) 「そもそもこのCFは飲食店をオープンするためだけでなく、水戸に納豆ご飯専門店をつくって一緒に地方創生を目指すと募集ページに書きました。 CFは地方創生のプロジェクトに活用できるプラットフォームでもあります。 このように述べており、利用者に対して煽るようなコメントをしています。 SNSでは、令和納豆のTwitterは6月1日からの更新なく、納豆男子のFacebookも7月17日から更新なしの状態。 誰が見ても、無料パスによる経営破綻を避けたいがために、一部の顧客から無料パスを没収したようにしかみえないのですが、宮下社長はあくまで利用者の規約違反という主張で、経営側の失敗を認めてはいないのです。 飲食店を経営するAさんは、「経営の見通しの甘さがこのような結果を生んでるのに、認めてないし、謝ってないのが大炎上を招くことになった。 」 「もともとCFで応援してくれた人たちが出した1万円。 素直に謝ればここまで問題が大きくならなかった。 」と語ります。 「こんなことを言っていては、『お客さんの責任にする経営者』というイメージが今後ついてしまう。 」 お客さんがあっての商売。 「ごめんなさい」という言葉を聞ける日はくるのだろうか? 令和納豆に新たな展開!ついに経営者が謝罪へ 追記です。 令和納豆の無料パスについて、公式Twitterで新たな展開がみられました。 【無料パスポート権利を失効させていただいたお客様への今後の対応について】 — 令和納豆 reiwanatto 2020年6月21日 無料パスポート権利を失効させていただいたお客様への今後の対応について 令和納豆 いつも当店を応援し、ご利用くださりありがとうございます。 「無料パスポートの権利失効に関する一部報道」につきまして、ご迷惑とご心配をおかけしております。 無料パスポートの権利失効に関する当店の一連の対応を振り返り、お客様のご理解と納得を十分に得られないまま、一方的に権利を失効する対応をとってしまったことを深くお詫び申し上げます。 該当するお客様につきましては、ご支援いただいた金額10,000円を全額返金させていただきます。 昨年実施したクラウドファンディングは、水戸で納豆ごはん専門店を開店することが地方創生に繋がるのではないか、という挑戦をするために、日本では類を見ないビジネスモデルを多くの方と一緒に創り上げたいと思い、クラウドファンディングに取り組みました。 これまで、支援者の皆さま全員と真摯に向き合ってきたつもりでした。 しかし、今回の件でそれが出来ていないことがわかりました。 素直に力不足を認め、新たな姿勢で支援者の皆さまとのお付き合いと今後の店舗運営をしてまいりたいと思います。 毎日足繁く通ってくださっている皆さまにご心配とご迷惑をお掛けしたことは、本当に申し訳なく思います。 心からお詫び申し上げます。

次の

生涯無料パスポートと『令和納豆』の目的|中津 充博|note

令和納豆パスポート取り上げ

クラウドファンディングで一時期注目を浴びていた令和納豆。 いまSNSやニュースで炎上する事態になっています。 その内容は、 理不尽な「生涯無料パスポート」の取り上げ・無効です。 「生涯無料パスポート」はクラウドファンディングの特典で、これがあると令和納豆のメニューである「梅」が1日1回無料になります。 (一生タダです。 ) 素晴らしい特典なのですが、このパスポートを持った人が急に店に没取されたと口コミに書いたことでネットで大炎上。 テレビニュースで取り上げられるまでの問題になりました。 令和納豆からは炎上に関する謝罪文が公式ツイッターに掲載されていますが、 没取された人については何もコメントがありません。 この記事では、パスポート取り上げや無効の内容に至った経緯、過去の事例などご紹介しますので、参考にしていただけると幸いです 目次• 令和納豆の「生涯無料パスポート」を没収されるトラブルが発生 令和納豆が炎上した理由は、「生涯無料パスポート」を急に取り上げられた人がクチコミに書いたことが発端でした。 1万円のクラウドファウンディングで納豆定食が一生涯無料になる永久会員パスポートの所持者でした。 ある日、唐突に店員から「本日からパスポートは使用できない」と、一方的にパスを取り上げられました。 理由は、規約違反とのこと。 ・毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない。 ・メールでのアンケートの回答が不誠実だった 以上の理由で、規約にある「当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合」に該当するとのこと。 確かに規約に書いてありますが、客と店の信頼関係っていったい何、、、、? つまり、店側の判断でパスはいつでも取り上げられるので、パスのせいで赤字になることはないという算段か。 確か今回で16回目のパス使用でした。 「1万円で納豆定食が一生涯無料!」と甘いことを謳って金を集めておきながら、信頼関係がなくなったと一方的にパスを取り合げる。 こんな詐欺まがいの店に怒りを感じています。 パスをお持ちでない方には関係のない話だと思いますが、今後来店される方は「そういう考えの店」ということを理解した上でご来店されたほうがいいと思います。 営業姿勢が最低の店。 1万円で購入した無料パスポート利用客に対して「無料パスポートだけ使用されると店が成り立たないから、他の品目を食べないのであれば今後は利用させない。 」といった営業姿勢。 今後もパスポート利用客に対して利用をさせない方向性で進むでしょう。 詐欺にあった気分です。 一生無料パスポートを持ってる人間をゴミカスのような扱い。 クラウドファンディングで立ち上げ時に協力した気持ちでいたのに・・ 二度と行かない。 無料パスポートを一方的に取り上げられたことに怒りをあらわにする人も多く、応援したい気持ちでパスポートを購入した人もショックを受けています。 クラウドファンディングサービスをしている会社はいくつもあり、 支援方法も「購入型」と「寄付型」とあります。 令和納豆は FAAVO社の「購入型」の支援方法をとっていました。 「購入型」の支援は、特典を買うことで支援するサービスです。 今回の内容で言えば 、「生涯無料パスポート」を1万円で購入することで令和納豆を支援する形になります。 通常はこの特典を提供しないといけないのですが、 令和納豆は生涯無料を謳っているにも関わらず、パスポートを取り上げる(または無効)ことをしています。 以前もCAMPFIRE社でクラウドファンディングをして資金を募る途中で、炎上することがあり、日本でのクラウドファンディングの信頼性が落ちかねません。 令和納豆から無料パスポート取り上げや無効にされた人への対応についてはコメントなし ネットの炎上を受けて、令和納豆から謝罪文が掲載されましたが、パスポート取り上げの事実確認やパスポートを取り上げられた人への対応については 何もコメントがありませんでした。 【応援してくださっている皆さまへ】 — 令和納豆 reiwanatto 今後もいままで通り使えるとのことですが、急に取り上げられたり、無効になる人が出る可能性があるということになりますね。 SNSの反応 今回の炎上でSNS上では大きな反応ありました。 被害者が沢山いるみたいなので改めて。 私も令和納豆の被害者です。 届いた時にウキウキで撮ったパスポート写真ですが店の人に取り上げられてしまったので現物はもう手元にありませぬ。 ご査収ください。 — 半崎 d1a2i1c1h 令和納豆という会社がクラウドファンディング絡みで詐欺まがいの事をしたというニュースを見てツイッターで検索したら久々にほんまもんのヤバイ奴を発見してしまった。 この子ネット外ではどんなんだろう。 文章の感じはまだ子供なのかと思うけど最近の子供はこんなんなの?ロロロのロロ粉 — 物言 nihongashizumu クラファンの返礼を取り上げるとか、令和納豆みたいな「セコい商売」は、いったい誰から学んだんだろうと思うよね。 渋沢栄一とかアダム・スミスは読んでる? こういう「荒らし」みたいな商売人にはご退場願いたいよね。 自分さえ良ければなやり方で、多方面に迷惑かけてる。 — ちびえもん chiibeesnow 良くないことが起こりすぎなとこに令和納豆の件でちょっと嫌悪感が。 全然無関係とはいえなんだか嫌になってきました — 真臼P msirahama 令和納豆の件もそうだけれど、ああいうのは本当に真摯にCFしてる人からしても邪魔だと思うんだけどな。 CFって信用で資金を集うもんだし。 あなたは日本の未来を潰した。 — まるまる rororrrro 実際にパスポートを取り上げられた人もツイートしており、ショックを受けています。 ツイートの中には、 真剣にクラウドファンディングを募集している人への信頼も失ってしまうのでは?と心配する声もあります。 全体的に令和納豆を避難する声が多く見受けられました。 スポンサーリンク 過去にクラウドファンディングで問題になった事例と結果 令和納豆以前にクラウドファンディングで問題になった事例と結果をご紹介します。 「キャンプで使うマットや子供の浮輪を十数秒で膨らませるという、ポケットに入るサイズのアウトドア用小型エアポンプを生産するというので、参加しました。 一般販売価格は4370円ですが、7月9日までに参加すれば特別価格の2800円でリターンが得られると。 しかし、8月上旬の発送とあったにもかかわらず、品物が日本に着いたのは8月末。 9月に入ると台風が来たから、商品が送れないと言い始めたのです」 そしてさらに支援者たちの怒りに火をつける出来事が発覚する。 なんと、Amazonで2228円で販売され始めたのだ。 こちらの事例は支援すれば、新製品が通常より格安で手に入るというものです。 リターンとしてはなかなか良いのですが、配送がかなり遅いこととamazonで更に安い価格で販売されたことで問題になったようです。 この方は運営側に抗議しましたが、支援金の返金もなかったので泣き寝入りをしています。 他には海外の事例ですが、追尾型ドローンやairpodsより高性能なワイヤレスイヤホンなどの制作費用を応募。 リターンとして、それらの製品がもらえるはずでしたが、いずれも故障品や配送すらされないケースがありました。 返金を約束した業者もいますが、一部の支援者のみ返金して行方をくらますなど泣き寝入りになってしまいました。 これらの事例を見る限り、 支援金は高くても数万円であり、裁判を起こすとなると返金額より裁判費用のほうが高く付くケースがあるので、泣き寝入りをしてしまっている可能性があると推測します。 日本でのクラウドファンディングの信頼性は低い? 令和納豆のようなリターンを無視したやり方をすれば、今後日本でのクラウドファンディングは資金集めが難しくなるかもしれません。 素晴らしいアイディアを持っていて、本当に実現したい人はたくさんいるので、その可能性を潰してほしくないですね。 令和納豆のクラウドファンディングのコンセプト自体素晴らしかったので、このような炎上問題が起きてしまったことは非常に残念です。

次の