シラノール誘導体 妊娠線。 妊娠線を消す方法を知りたい!消したいが叶うあなたの選ぶ選択肢まとめ

【妊娠線クリームの効果】妊娠線予防には専用クリームがおすすめ

シラノール誘導体 妊娠線

妊娠線の予防に効果が高い成分の「シラノール誘導体」とは? 妊娠線ケアの実績が高く、日本だけでなく世界でも注目を浴びている妊娠線予防成分として「シラノール誘導体」があります。 シラノール誘導体という聞き慣れない成分は、そんなに有名な成分ではありませんでした。 しかし、この成分が入った妊娠線の予防クリームを利用した人達により、口コミで広がり話題となっています。 そこでシラノール誘導体について詳しく検証してみます。 ケイ素とは、体に必要不可欠なミネラルの1つで、とても大事な働きをする栄養素です。 肌への保湿作用があるため肌を乾燥から守り保湿することが出来ます。 この成分は骨や血液など体のほとんどの器官に含まれています。 ケイ素が不足することにより体には様々な悪い影響が出やすくなります。 当てはまる項目があれば、ケイ素不足の可能性があります。 ところで、なぜ「ケイ素」ではなく「シラノール誘導体」に変化させて配合するのでしょうか? それはケイ素という成分が単体で存在しづらいことが理由です。 その上ケイ素単体では肌の深部へは入り込みづらいのです。 こういった理由から肌へ浸み込ませる効果的な成分にするために、シラノール誘導体として妊娠線の予防クリームなどで利用されています。 コラーゲンは肌をきれいに保つためには欠かせないと言われています。 肌にとって大事な成分であるコラーゲンですが、紫外線の影響などで加齢とともに減少していきます。 子供の肌がきれいな理由はこのコラーゲンがたっぷりと体内にあり、紫外線も浴びていないため、ハリがあって若々しい素肌を保つことができるからです。 加齢とともに減少してしまったはずのコラーゲンを修復できる作用があるのが、このシラノール誘導体という成分です。 またシラノール誘導体はケイ素として皮膚の中で成分が変化して、コラーゲンの形状保持の働きをしてくれます。 形状保持をすることで、コラーゲン同士の結びつきを強くする効果あります。 それによって皮膚の弾力性やハリを修復して、若々しい肌を取り戻すことができます。 を利用した人達の口コミでも、使用して妊娠線が予防できると喜びの声が多かったのです。 「シラノール誘導体」だから、これだけ効果があると実証されたのでしょう。

次の

【ウソ?本当?】シラノール誘導体とは?妊娠線予防や美容・保湿に効果あるの!?

シラノール誘導体 妊娠線

妊娠線ができるメカニズムと予防に効果的な成分について 妊娠線は真皮にまで亀裂が入ることで生じる まず最初に妊娠線ができるメカニズムについておさらいですが、妊娠線は急激な腹のふくらみに肌の組織が耐え切れず亀裂が生じてできるものとされています。 その亀裂は、肌表面の表皮と呼ばれるところだけでなく、その内側の真皮まで生じます。 で、その真皮が何で構成されているかというと、ほとんどコラーゲン。 あとは、エラスチンとヒアルロン酸が含まれています。 コラーゲンは肌の弾力を保つ働きがあり、エラスチンによって繋ぎとめられています。 そして、ヒアルロン酸は肌の水分を保つ働きをしています。 ということで、真皮の構成に必要なコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸をいっぱい摂ると、肌が柔軟で丈夫になって妊娠線ができにくくなるといえそうだということがわかりました。 普通のケア用品は真皮まで浸透しない ところが、普通の化粧品やケア用品の類は真皮まで浸透しない、というか「真皮まで届く」という表現は薬事法で禁止されているようです。 ほとんどが角質層(表皮)までの浸透、という認識です。 セラミドは細胞のスキマに入り込み、外部からの肌への刺激をシャットアウトする機能で肌を守ります。 そこで、良さそうだとされているのが 「シラノール誘導体」。 シラノール誘導体とは シラノール誘導体とは、簡単に言うと、肌のコラーゲン組織を再構築してくれるもの。 加齢によって失われていくコラーゲンを作り直してくれるスグレモノなんですね。 化粧品やケア用品で表からコラーゲンを塗っても真皮まで届かないのが一般的。 ということは、コラーゲン生成を体内で助けてくれるものを塗ればより効果があるー!というのが考え方です。 なので、シラノール誘導体配合のマタニティ専用クリーム・オイルについて調べてみました。 シラノール誘導体配合のマタニティ専用クリーム シラノール誘導体が配合されているのは調べられた範囲では以下3つくらいのようです。 ベルタマザークリーム• キャリネスボディクリーム・オイル• オーガニックレーベル ママケアクリーム ベルタマザークリーム まずは妊娠線予防クリームと言ったらコレ!なベルタマザークリーム。 ひとつずつ購入するにはお高めだけど、定期便だとだいぶお得に利用できます。 成分はさすが贅沢!シラノール誘導体にコラーゲンやヒアルロン酸も入っていて、お肌に必要なものがたっぷり。 ヒアルロン酸は浸透力が高いスーパーヒアルロン酸が含まれています。 ほかにプラセンタとかコエンザイムとかもサイトではアピールしているのですが、外部からの刺激をバリア&保湿してくれるセラミドとか肌を柔らかくしてくれるビタミンE成分のトコフェロールとかビタミンEをパワーアップさせるビタミンC誘導体とかもしれっと入っているんですよね。 (セラミド、ビタミンE、ビタミンC誘導についてはでどうぞ) 欲しい成分が全部入っているのでこれ一本で済みそうだし何個かを別々に塗る手間とかを考えたら…。 高いと思うか安いと思うかはその人次第と言えそうですね。 ただ、1本だけまず試したいときには高い…。 キャリネスボディクリーム・ボディオイル こちらも妊娠線予防界では有名なやつですね。 こちらは自然派で売り出しているみたいで、ベルタほど広告チックではないのが個人的には印象良いですね 笑 しかし成分もしっかりしていて、シラノール誘導体、コラーゲン、ヒアルロン酸はもちろん、ビタミンE成分のトコフェロールやビタミンC誘導体も入っていて肌を柔らかくしてくれます。 ちなみにオイルにはヒアルロン酸は入ってないようです。 香りを楽しみたい人はオイルなのかな。 公式サイトには当然のように併用がおすすめされてますが。 表皮をバリアしてくれるセラミドはクリームにもオイルにも入っていないみたいなので、他のセラミド入りのケア用品をプラスするのが良いかも。 1個あたりは少しお高め。 ベルタより量が多くてポンプ式で使いやすい、というところが魅力でしょうか。 自然派の人はこちらが好きなのかなぁ。 でも、私が一番最初に試すならこれかなーと思ったのはこのママケアクリームです! ベルタ、キャリネスと同様にシラノール誘導体、コラーゲン、ヒアルロン酸が入っているほか、セラミド、ビタミンC誘導体も入っていてシアバター配合なのでビタミンEもばっちり。 しかも、EGFまで入っているとか! 適当に説明すると、シラノール誘導体がコラーゲンを再構築してくれる成分なら、EGFはまるっと肌細胞を活性化させてくれるもの。 EGFの効果でよりコラーゲン生成も進んで肌も若返りそう。 HGFというのも入っていて、こちらは上皮細胞を増殖させる働きがあるそう。 肌のバリア機能も強化してくれそうですね。 あと、数あるビタミンC誘導体の中でも浸透力が高いAPPSが配合されているのもポイント! 全体的に保湿も長持ちで肌の再生力を高める効果が強そうなので、妊娠線予防はもちろん妊娠線ができてしまってからでも効果がありそう。 妊娠線ができちゃったらノコアにお世話になろうかと思っていたのですが、成分を比較するとママケアクリームで良い気がしています。 1本あたりの価格はベルタやキャリネスよりも1本だけお試ししやすく成分も良いので、まず1本試すならこれ! 定期便はお得になってベルタと同じくらいですね。

次の

シラノール誘導体とはどんな効果があるの?

シラノール誘導体 妊娠線

化粧品成分のケイ素誘導体シラノールとは? ケイ素で構成されている成分でミネラルの一種です。 コラーゲンやヒアルロン酸・エラスチンを束ねる役目を肌で行うための成分です。 ケイ素自体は、私たちが生まれた時から保有しているものですが、体内で生成する事ができない必須のミネラルです。 その為、年齢と共に減っていき、ケイ素が減るとコラーゲンやヒアルロン酸などがほどけて流れ出てしまいます。 その保有率は赤ちゃんの時が100% 30〜40代が50% 50〜60代が30% となっています。 赤ちゃんの肌が水分をたっぷり含んでプルンとしているのは、肌の中にケイ素をたくさん保有してコラーゲンなどを守っているからなのですね。 ケイ素(珪素)は地球上で酸素の次に多い元素 ケイ素は鉱物(ミネラル)の一種ですが、ケイ素は自然界では単体では存在しません。 酸素と結びついてはじめてケイ素として存在しています。 岩石や土壌、粘土を形成する物質です。 その中でもケイ素が一番多く含まれるのが水晶です。 ケイ素(珪素)は生命維持に必要な必須栄養素 ケイ素は、爪や髪、骨や筋肉、細胞壁等人体のあらゆる所に存在しています。 特に皮膚の中に一番多く存在しています。 にもかかわらず、日本ではまだまだ認知されていません。 しかし、ケイ素配合の化粧品は海外ではポピュラーなものなのです。 とくに海外セレブの間で人気があります。 ヨーロッパでは妊娠線をケアするクリームに配合されていて、産後のたるみケアや、できてしまった妊娠線ケアで多くの方に愛されています。 ケイ素誘導体シラノールの期待される働き ケイ素誘導体(シラノール)は老化を予防しお肌のハリや潤いを与える助けをします。 シワやたるみケア シラノールはコラーゲンを守るために必要な栄養素です。 つまり、シラノールはコラーゲンと一心同体なのです。 そしてコラーゲンだけでなく、何層ものコラーゲン繊維やコラーゲンを支えるエラスチンを束ね、ハリや弾力のある肌へといざなってくれます。 保湿効果が高い 肌の保水と保湿を保つヒアルロン酸が満ちていれば乾燥や肌トラブルに悩まされることはありません。 シラノールの保湿力はヒアルロン酸の2倍ともいわれています。 保湿で潤った肌はターンオーバー(肌の新陳代謝)を正常にしシワやシミの改善をし潤った肌はバリヤ機能を高めトラブルから肌を守ります。 妊娠線のケア 妊娠線とは? 急激な肌の膨張に肌の弾力が耐えられなくなり、肌深部の真皮が断裂して出来た跡のことです。 表皮は伸縮性があるので伸びますが、真皮や皮下組織は伸びにくい特徴があり、妊娠線の予防は難しいと言われています。 ケイ素誘導体(シラノ-ル)は肌の深部にあるコラ-ゲン組織を再構築し、肌の潤いを保たせ、ハリを与え妊娠線の予防をします。 配合されている海外有名ブランド イメージ シラノールの効果を一早く注目し、すでに多くの高級ブランドで使用されています。 代表的なブランドは シャネル・イブサンロ-ラン・ランコム・クラランスなどです。 (化粧水や美容液に使われています) みなさんも聞いたことや使用したことのある高級なブランドばかりですね。 日本では、 ポーラ化粧品がシラノ-ル配合の商品を発売しています。 海外では早くから注目され実績もあるシラノ-ルですが、日本での認知度が低い事が残念です。 ポーラ化粧品の広告キャッチコピーでは「世界をリードするポーラ」と書いてあります。 それは一早く良い成分を取り入れる企業姿勢の表れなのかもしれませんね。 この記事を読まれて、すぐにでも「シラノ-ル配合の化粧品」を使用したい! と思われた方は多いと思いますが、現在は海外の高級ブランドの化粧品に多く使用され国内では数が少ないのが現状です。 国内メーカーが数多く採用される日をゆっくり待っていては、私たちの老化は進んでしまいます。 そこで、おススメしたいのが口からの摂取方法です。 ケイ素を多く含む食品を食べる 主に、穀物や野菜、魚介系に多く含まれているので積極的に食べることが理想です。 (例) 大豆 玄米 雑穀 ジャガイモ ホウレンソウ アスパラガス ごぼう ひじき 昆布 海藻 ケイ素の濃縮サプリメントを取り入れる 代表的なサプリメントは濃縮タイプです。 内側から取り入れる方法として経口摂取でケイ素を補う事がお勧めです。 化粧品成分として海外では非常に評価が高いケイ素誘導体シラノール、はやく広く普及されることを願います。

次の