有咲 星4。 有咲「私そんなにチョロくない!」[バンドリSS ]|エレファント速報:SSまとめブログ

【バンドリ!ガルパ】星4キャラ(星4カード)一覧

有咲 星4

今回の新ガチャは? バンドリのリリース時に開催されたガチャはこちらになります。 今回は市ヶ谷有咲ちゃんに注目してみますよ~。 では、今回のガチャから登場する、 星4 市ヶ谷有咲[かわいい友達]を評価してみます! 星4 市ヶ谷有咲[かわいい友達]の評価は? 今回のガチャでは、星4 市ヶ谷有咲[かわいい友達]が登場しました。 ありさちゃんは回復スキル持ちですね。 まだまだバンドリに慣れていない人はぜひとも持っておきたいスキルですが、もちろん慣れている人も難しい楽曲に挑戦する時は必須です! ありさちゃんの特訓前後画像は? ありさちゃんの特訓前後の画像も載せてみます! 特訓前 特訓後 特訓前の普段着も良いですが、特訓後の衣装もかなり似合ってます! 紫の衣装って意外と良い感じですよね。 では、最後に特訓素材をまとめておきます。 特訓素材は? 星4 市ヶ谷有咲[かわいい友達]の特訓素材は以下のようになります。 素材名 必要数 クールのかけら 中 500 クールのかけら 大 50 奇跡のクリスタル 10 がんばって特訓しましょう!! まとめ リリース記念ガチャに登場した、星4 市ヶ谷有咲[かわいい友達]に注目してみました! ありさちゃんと言えば、やっぱりツンデレでしょう! 毒舌だけど照れ屋なところが良い感じです 笑 ライブでも回復スキルを持っていて、特大回復なので初心者さんでも安心できます。 通常時に星4を引くための一番のコツは、 ・ガチャ更新時のピックアップメンバーを狙うこと ・星3以上確定枠のある10連ガチャを繰り返し引くこと の2つです。 期間限定では「タイプ別ガチャ」や「星4確定ガチャ」などもあり狙い目となりますが、 ピックアップ期間や特別なガチャの開催は期間限定でこの機会を逃すとお目当ての星4ゲットはかなり厳しく、狙うならその時しかない のです。 そうは言っても、 ガチャに何度も挑戦しないといけないのは知ってる!! でもスターがないんだよ・・・。 そうなっちゃいますよね。 でも、もし無課金で簡単に有償スターを入手できる方法があったら・・・良いと思いませんか? そんな時におすすめの方法が、 スターを無料でもらう方法です。 以下に詳しい説明があるので読んでみてください。

次の

バンドリ課金すべき星4カード一覧!おすすめキャラはこちら!

有咲 星4

「有咲ちゃん!」 初対面の三人に囲まれて困っていた戸山さんは、有咲と呼ばれた少女に話しかけられた瞬間、嬉しそうに彼女の元へと駆け寄っていった。 困り顔から笑顔に変わるまでの切り替えの早さに、その親密さを感じ取ることができる。 花が咲くような、とでもいうべきだろうか。 安心感や信頼、色々な正の感情を内包した表情だった。 「ちょっと目を離した間にめちゃくちゃ人増えてんじゃん。 なに、香澄の知り合い? お前、私以外に友達いたっけ?」 「い、いるよぉ…………さ、沙綾ちゃんとか、りみちゃんとか」 「…………ま、そんなもんか。 それで、そちらの人たちは?」 「えっと、それがね…………」 なんというか、飼い主に尻尾を振る犬みたいだと思う。 紗夜先輩の話をしている時の日菜さんに近いかもしれない。 日菜さんは犬ってよりも猫みたいな人だから、ちょっと違うかもだけど。 有咲と呼ばれた…………いや、普通に有咲さんでいいか。 明らかに苗字じゃなくて名前の方だけど、面と向かって呼ばなければ馴れ馴れしいとも思われないだろうし。 有咲さんは綺麗な金髪をツインテールで結んだ、可憐な雰囲気の少女だ。 ただ、戸山さんと話している様子を見るに、外見に反して言葉遣いは少々荒いらしい。 それでも言動の節々から戸山さんへの優しさを感じるあたり、善人寄りの気質をしているんだと思う。 彼女が時折こちらへと向ける視線には、どことなく警戒心のようなものが含まれているように見える。 私の勘違いじゃなければ。 それは私たちが初対面の相手だから、というよりも。 戸山さんが何かされていないか、という心配の感情が含む割合が大きくて。 ちょっとだけ、申し訳ない気持ちになってくる。 戸山さんを困らせていたのは事実だし、側から見たら集団で絡んでいるように見えただろうから。 有咲さんがこちらへ意識を向けているということは、彼女を見ている私と視線が重なるということで。 ふいに目があった彼女へ挨拶代わりに軽く手を振ってみたけど…………目を逸らされてしまった。 ああ、うん、やっぱり不審者にでも見えているんだろうか。 思わず苦笑いを浮かべてしまう。 戸山さんがうまく誤解を解いてくれることを願うばかりだ。 「日菜さん」 「あ、やっと反応してくれた」 「色々言いたいことはあるんですけど…………とりあえず、背中から離れてもらえませんかね。 あと、頭を擦りつけるのもやめてください。 ちょっと痛いです…………主に、人の目が」 「あんまり人いないよ?」 「目の前に二人いるんですけど」 「見せつけちゃえばよくない?」 「見せつけるような間柄でもないですよね?」 「それもそっか」 粘っていた割には、結構あっさり離れてくれた。 有咲さんが私たちを不審な目で見ている理由の半分くらいは、日菜さんの人目を気にしない突飛な行動が原因だと思う。 戸山さんたち二人から目を離して、後ろへと振り返る。 日菜さんがわざとらしく舌を出してウィンクしてきた。 なんだろう、ちょっとイラっとした。 「美咲、私は少し席を外すよ。 なにやら、込み入った事情があるみたいだからね…………私が此処にいたら、視線を集めてしまって話がしにくいだろう」 「あー、なんていうか、すみません。 気を遣わせてしまって」 「なに、場面に合わせて舞台から身を引くのも、役者の仕事だ。 あちらは美咲に用があるみたいだし、ここは君に任せるとしよう」 腰に手を当てて髪をかきあげる仕草は、悔しいけどよく似合っている。 キザな言動をしても全く滑らないんだから、ちょっとズルいと思う。 ただ、彼女の申し出自体はすごくありがたい。 さっきから気を遣わせてばかりで本当に申し訳ないけど、今回ばかりは人が少ない方が助かる。 席を外してくれるというのなら、その思いやりを拒絶する理由はない。 「うーん、しょうがないなぁ。 美咲ちゃん、また後でね」 「おや、日菜もついてきてくれるのかい?」 あからさまに不満そうな声を出しながらも、日菜さんは薫さんの方へと歩み寄った。 その姿を見て…………正直、かなり驚いた。 だって、ほら。 失礼かもしれないけど、日菜さんってそういう気遣いとか無縁だと思っていたから。 なんだかんだ理由をつけてここに残るんじゃないかと身構えていた身としては、肩透かしを食らったような気分だ。 「…………いいんですか?」 思わず聞き返してしまった私へ彼女は笑顔を向けて一つ頷くと、その小さな口を開いた。 「うん。 だって美咲ちゃん、そっちの方が嬉しいだろうし…………あとで沢山構ってもらえばいいかなーって」 「ふふっ、意外だね。 君はもっと我儘な人間だと思っていたよ」 「えー、そうかな? あたし、結構尽くすタイプの女だよ?」 「いや、それはちょっと意味が違いませんか?」 「んー? 違わないと思うけどな」 いたずらっぽく笑う日菜さんの笑顔は、どこか色気すら放っているようにも見える。 言葉の意味はよく分からない…………というか、深く考えないようにしているけど。 それはそれとして、見ているこっちが恥ずかしくなってくるくらいには、彼女の表情は魅力的だ。 「まぁ、日菜さんがいいんだったら。 お言葉に甘えさせてもらいますけど」 「あたしもあとで美咲ちゃんに甘えさせてもらうから、気にしないでね」 「いや、それはちょっと考えさせてください」 「えー、美咲ちゃん。 相変わらずガードが硬いなぁ」 「なにバカなこと言ってるんですか」 「日菜ちゃんは天才ですー、バカじゃないもーん」 子供か! と。 思わず叫びそうになったところで、この人が本当に天才だということを思い出した。 普通じゃない雰囲気は常に出ているけど、どちらかというと無邪気な子供みたいなイメージが強いから。 どうしても学者という言葉が似合わなく思えてしまう。 両手の指で自分の口を左右に引っ張っている彼女の姿を見ていると、余計にそう感じてしまうけど。 これでも人類で上から数えた方が早いくらいには、頭の出来がいい人間なんだよね。 いや、本当にそうは見えないんだけど。 変な顔を作っている彼女の両手を掴んで、ゆっくりと引き離す。 流石に、なんというか。 美人だからという理由でカバーしきれないくらいには、見ていられなかった。 構ってもらえたのが嬉しいのか、ますます瞳を輝かせている日菜さんの姿を見て…………無意識のうちに、抑えていたため息が出てしまった。 紗夜先輩、いつもこの人の相手をするの大変だろうな。 なんて、ちょっと同情してしまう。 嫌ではないんだけど、疲れるのは間違いないだろうから。 「とりあえず、話が落ち着いたら連絡しますから。 その瞬間だった。 「はぁ!? 奥沢美咲ぃ!?」 「ちょっ、あ、有咲ちゃん、声が大きいって」 建物全体に響くような大きな声で、名前を呼ばれる。 声の発生源へと目を向けると、私へと睨みつけるような視線を注いでいた有咲さんと再び目が合った。 今度は逸らされることもなく、まっすぐと此方を見続けている。 時が止まったように。 彼女の瞳の中に映る感情は、嫌悪や敵意といった負のそれではないけど。 かといって、好意と呼ぶにも程遠くて。 強いていうのなら、その両方をごちゃ混ぜにしたような。 あまりにも複雑すぎて、彼女自身が自分の感情を理解できていない。 そんな内心が見て取れた。 その姿に、どこか親近感を覚える。 だって、その気持ちの名前を私は知っているから。 やや剣呑な雰囲気を察したのか、私の前に出ようとした日菜さんを腕で抑える。 その間も、視線は外さない。 戸山さんの制止を振り切って、有咲さんは私の方へと歩き出した。 その一歩後ろを、戸山さんが追随する。 戸山さんは泣きそうな顔になりながらも、有咲さんの服の袖から手を離さない。 目の前まできた有咲さんは、瞳を閉じて大きく息を吸った。 そのままゆっくりと空気を吐き出して、それから目を開く。 「少し、話に付き合え」 緊張しながらもそう口にした。 どこか有無を言わせぬ態度の彼女へ。 私は、首を縦に振ることで自分の意思を伝えた。 有咲ちゃんは、えっと、勘違いされやすいかもしれないけど、本当は優しくて、こ、こんな私と友達になってくれて、だから、あの」 「いえ、大丈夫です。 なんとなく分かります」 温かいコーヒーを飲みながら。 私の目の前で必死に市ヶ谷さんのフォローをする戸山さんを、彼女の話を肯定することで落ち着かせる。 『こいつから、あんたに話がある。 私はしばらくそこら辺をブラブラしてるから、聞いてやってほしい』 そう言って頭を下げた市ヶ谷さんが悪い人じゃないっていうのは、どんなに鈍い人でも気がつくと思う。 私が市ヶ谷さんに嫌悪感を抱いてないことを理解した戸山さんは。 それはもう、心底安心したというように、大きく息を吐き出した。 その姿が、さっき私に声を掛けた時の市ヶ谷さんにとてもよく似ていて。 仲がいいんだなって。 素直にそう思った。 「ご、ごめんなさい。 有咲ちゃんが無理を言って…………その、お友達と一緒に来ていたのに、邪魔に、なっちゃって」 「元から日菜さんたちには席を外してもらう予定だったんで、気にしないでください。 えっと…………戸山、さん? でいいんですよね。 さっきも聞いたと思うんですけど、念のために確認しておきたいっていうか」 「は、はい! わ、わたし、戸山香澄っていいます」 「知っているらしいですけど、私の名前は奥沢美咲です。 同学年らしいですし、名字でも、呼び捨てでも。 好きなように呼んでください」 「あっ、え、いや、そ…………その、お、恐れ多いというか、なんていうか、あの、じ、じゃあ、お、奥沢さんって、呼ばせてもらいます」 「…………まぁ、それでいいなら。 私も、戸山さんって呼ばせてもらいますね」 そこで一度会話を区切って、戸山さんの様子を確認する。 どこか浮ついているというか、明らかに緊張していた。 正直、市ヶ谷さんまで席を外すとは思わなかった。 まだ彼女のことは何も知らないけど、こんな状態の戸山さんを放っていくような人だとは思わなかったというか。 ぶっちゃけ、もっと過保護なタイプだと思ってた。 実際、戸山さんのためにわざわざ頭を下げてくるくらいには、戸山さんのことを大切に思っているみたいだし。 自分の抱いていた感情を、飲み込んでまで。 そこまでして、戸山さんに会話の機会を与えようとした。 そんな市ヶ谷さんを、どうして嫌いになれるだろうか。 市ヶ谷さんが私に向けた感情の一部を、私はよく理解しているから。 だからこそ、それを顔に出しつつも行動に表さなかった彼女には、尊敬すら感じているくらいだ。 そんなこと言ったら、煽りだと思われかねないけど。 「それで、話ってなんですか?」 カップをソーサーの上に置いて、話を切り出す。 戸山さんはどこか惚けた様子で私のことを見ていたけれど、その言葉に反応して我を取り戻した。 眩しいものを見るように、目を細めている。 私の何が、彼女をそうさせるのだろうか。 言ってしまえば、私の方こそ。 この状況を望んでいた。 日菜さんたちには悪いと思ったけれど、どうしても戸山さんと二人で話をしてみたかった。 だから、市ヶ谷さんの申し出は渡りに船というか。 私にとっても都合が良かった。 戸山さんは、その特徴的な髪型を除けばどこにでもいそうな女の子にしか見えない。 こころのように深い心の持ち主でなければ、日菜さんのように異質な雰囲気を放っているわけではない。 本当に、普通の女の子。 花音さんや紗夜先輩のような芯の強さも、薫さんのような自己に対する自信も持ち合わせていない。 弱くて、すぐに折れてしまいそうな、そんな存在。 彼女の何が、私をこんなにも惹きつけるのだろうか。 私の何が、彼女を惹きつけたのだろうか。 それが気になって、ついつい心を読もうとしてしまう。 そうしないのは、いまの彼女が勇気を振り絞ろうとしているから。 親しい関係でもない私と二人きりになって、正面から話そうとしているから。 その意思を、尊重したい。 「あの、私って、その、見れば分かると思うんですけど、ダメな人間なんです」 彼女の口から語られた言葉に、なんと返せばいいのか分からなかった。 そんなことないよ、と言ってあげられるほど。 私は彼女のことを知らないし。 なにより、彼女の瞳に強い力を感じるから。 私はただ沈黙を保って、続きを促す。 「一人じゃなにも出来なくて、有咲ちゃんと出会ってなかったら、音楽も…………あっ、えっと、私、ギターやってるんですけど。 それも有咲ちゃんが一緒にいてくれたから始められたというか、あの、本当に、大切な友達なんです」 まだ出会って一年も経ってないんですけど、なんて。 照れ臭そうにそう付け加えた彼女の姿は、とても嬉しそうで。 あぁ、なんていうか。 ちょっとだけ似ていると思った。 多分、こころの話をするときの私も…………こんな顔をしているんだと思う。 「それで、有咲ちゃんと一緒に学校に通いたくて、だから、花咲川に行こうって決めたんです。 有咲ちゃんはエスカレーター組で、そのまま高校まで上がるって。 有咲ちゃんのおばあさんに聞いたから、だから、受験頑張ろうって思えたんです。 あの、他の真剣に頑張ってる人に申し訳ないんですけど、私、そんな理由で学校を決めました」 「いや、分かるよ。 私も似たような理由でこの街に引っ越してきたからさ」 「えっ、そ、そうだったんですか?」 「まぁ、それだけじゃないんだけど…………概ね、似たような理由だよ」 まさか、肯定されるとは思っていなかったんだろう。 戸山さんは目を丸くしたあと、少しだけ嬉しそうに微笑んだ。 ほにゃっとした、柔らかい表情。 どことなく、小動物みたいに見える。 共通項を見出して、気持ちが楽になったんだろう。 戸山さんはどんどん口の動きが滑らかになっていって、色々なことを話してくれた。 その殆どが、市ヶ谷さんの事なのは…………なんというか、聞いてるこっちまで照れくさくなってしまう。 本当に似ていると思う。 見た目とか性格とかじゃなくて、境遇が。 好きな友達がいて、その人と一緒にいたくて。 そのためなら頑張れる。 彼女のことを知れば知るほど、共感する気持ちが強くなっていく。 「それで、その、実は…………あの、有咲ちゃんって、学校に通ってなくて」 楽しそうに話していた顔を、曇らせて。 戸山さんは震える声で、そう口にした。 言うべきか言わないべきか、最後まで迷っていたような口ぶりだった。 内容が内容だったため、気がついたら口を挟んでいた。 「え? 花咲川に通ってるからって話じゃなかったの?」 「そ、それはそう…………なん、ですけど。 えっと、授業がつまらないから、最低限しか出席しないって」 「…………それ、学校がよく許したね」 「あの、有咲ちゃん、頭が凄くいいから…………同学年で一番成績が良くて、だから、その、先生も強く言えなかったらしくて」 不安そうな瞳が見つめているのは、私じゃないんだと思う。 私を通して、どこか遠くを見ている。 そんな気配が、彼女から放たれていた。 「それで、説得とかしなかったの?」 思わず口にした一言で、彼女の表情が凍りつく。 視線を下へと向けて、それまでとは違う語り方で。 まるで出会った時のように、断片的に言葉を続けた。 「私が何か言っても、有咲ちゃんが学校に来てくれるとは思わなかったから…………それに、気分を悪くさせて、嫌われたりでもしたらって思うと、ど、どうしても、言い出せなくて」 「い、色々考えちゃったんです。 わ、私、有咲ちゃんのためじゃなくて、自分が一緒にいたいから、だから、学校にきてほしいんじゃないかって。 自分勝手な、我儘なんじゃないか、そう思ったら、怖くなっちゃって。 だから、なにも言えなくて…………そ、そんな自分が、本当に嫌で、サイテーだったから」 「私には、有咲ちゃんしかいなかったから…………だから、絶対に嫌われたくなかった。 だ、だって、私、有咲ちゃんにまで見捨てられたら…………こ、今度こそ、もう、二度と、踏み出せないって思ったから」 ポロポロと、目の端から涙を流しながら語る彼女の姿は、とても痛ましい。 分かるよ、そう言ってあげられたらどれだけ良かっただろうか。 同情でも、慰めでも。 それで彼女の気持ちを晴らすことができれば、どれだけ良かっただろう。 他人事だとは思えなかった。 だってそれは、私がこころに対して感じていたものと同じ感情で…………でも、だからこそ。 安易な言葉で慰めるわけにはいかない。 ハンカチで彼女の涙をぬぐいながら、言葉の続きを待った。 「だから、私、奥沢さんに感謝してるんです」.

次の

奥沢美咲は、超能力者である

有咲 星4

バンドリのガチャは「 10連ガチャを引くことがおすすめ」です。 バンドリの10連ガチャには、1枠分増加して実質11連ガチャになるボーナスなどは無いので、1回で10回分一気に引けるだけのガチャに思えますよね。 では何故、 バンドリのガチャは10連ガチャを引くことが良いのかお伝えしていきます。 ガチャは、単発よりも10連がおすすめの理由は、「 最後の1枠で星3以上のキャラが確定で排出」されるからです。 単発ガチャでは、星3キャラすら出ず星2キャラばかり出ることが良くあるので一人だけでも確定で排出される 10連ガチャの方が引くメリットが大きいです。 しかし、星4キャラの排出確率は変わらず、10連ガチャだからといえ、星4キャラが当たりやすくなるということはありません。 なので、ガチャで星4キャラをゲットするには、を意識して当たりやすい時にガチャを回すことが重要です。 しかし、結局のところガチャは運次第なので星4キャラをゲットするには、単発か10連のどっちを引く以前に「 当たるまでガチャを回す」しかありません。 【バンドリ】ガチャの単発と10連の特徴や違い バンドリのガチャが、単発か10連どっちが良いのか前述しましたが、補足として 単発と10連の詳しい排出確率や、特徴・違いを詳しくお伝えしていきます。 しかし、中にはによって星4キャラが当たりやすくなるように確率が変化しているという噂もありますが、実際に行われているかは微妙です。 では、ガチャの種類の違い、単発・10連の特徴についてざっくり見ていきましょう。 ガチャの種類の違い バンドリのガチャの種類は大きく分けて4つあり、以下の通りです。 タイプガチャ(特定のタイプしか出現しない、期間限定)• イベントガチャ(期間限定メンバーのピックアップ、• 有償スター専用ガチャ(10連のみ、初心者限定ガチャなど…)• チケットガチャ(常設、チケットを消費) タイプガチャは、全部で4つのタイプの内、 特定のタイプのみが排出されるガチャになっており、編成メンバーの中で不足しているタイプを見て引くことがおすすめです。 イベントガチャは、期間限定で開催され、その間 数人のメンバーの排出確率がアップしているピックアップガチャです。 有償スター専用ガチャは、初心者限定ガチャなどの期間限定で開催され、引き方は10連ガチャのみになりますが、 確実に星4キャラを手に入れることができます。 チケットガチャは、ミッシェルシールを交換して手に入るガチャチケットを消費して引くことができるガチャであり、 星3以上のキャラを確定で手に入れることができます。 単発ガチャの特徴 今回のピックアップじゃ無いけど単発1回でリサ姉来てくれた! ありがたやー — ナッツ wara0213 バンドリにおける、単発ガチャは引き方が2通りあり、以下の通りとなります。 1回につきスター250個を消費してガチャを引く方法• 有償スターを60個消費してガチャを引く方法 では、単発よりも10連がおすすめと前述しましたが、単発ガチャを引くメリットは無いのでしょうか? 単発ガチャのメリット 単発ガチャは、1回につき消費するスターの数が少ないので、 少ないスターでガチャを回すことができるというメリットがあります。 本来は、1回につきスター250個でガチャを回す引き方ですが、 有償スター(課金石)を使う場合は1回につきスター60個と更に少ないスターでガチャを引くことができます。 有償スターを消費して単発ガチャを引く場合、スター600個で10回引くことができるので、10連ガチャを1回引くよりも少ないスターでガチャを回すことができます。 ただ、有償スターを使う引き方は1日1回しかできないので、ずっとスター60個で引くことができる訳ではありません。 また、単発ガチャは無課金でプレイしている人にとって、 少ないスターでガチャを楽しむことができるというメリットもあります。 単発ガチャのデメリット 単発ガチャのメリットは「少ないスターでガチャを回せること」ですが、単発ガチャのデメリットはどんなものがあるのでしょうか? バンドリにおいて、単発ガチャを回すデメリットは、 星3以上の排出確率が非常に低いことです。 前述したように、バンドリのガチャの排出確率は星3キャラで8. ガチャはランダムに選ばれるので結果は運次第ですが、単発ガチャで 星4キャラを当てることは非常に困難で、正直当たらないことがほとんどです。 10連ガチャの特徴 バンドリガチャ今回のピックアップキャラが10連で全部来てくれました〜!マジ嬉しい…!😍😭🙏 奇跡すぎてびっくりだけど、ホントにありがとうございます!😍💕 みんな可愛い💕 早く特訓したい! 練習チケット足らない…😭 — Ma. na ANJORUIS 10連ガチャは、 1回につきスター2500個を消費して引くことができ、10回連続でガチャを回すことが出来ます。 しかし、10連ガチャは単発ガチャとは違い、単純に10回連続でガチャを引けるだけではなく、単発には無い特典があります。 ただ、排出確率に関しては、単発と10連で違いは無く、どっちの引き方が星4キャラが当たりやすいといった事はありませんが、期待値が変わります。 では、10連ガチャにはどのようなメリットがあるのか、詳しくお伝えしていきます。 10連ガチャのメリット 1回ガチャを引くのにスターが2500個も必要な10連ガチャを引く最も大きなメリットは「 星3以上のキャラが一人確定」で排出されることです。 ただし、星4キャラの排出確率は変わらずなので、10連ガチャだからといって 必ず星4キャラが当たるわけではないので注意が必要です。 しかし、確定枠以外の9回分のガチャ確率は単発と変わりないので、星2キャラが絶対に排出されないということではありません。 10連ガチャのデメリット 10連ガチャを引くデメリットはやはり、1回につき 必要なスターの数が非常に多いので、なかなか引けないことです。 改めてまとめると、単発よりも10連ガチャを回すことがおすすめで、その理由は「最後の1枠が星3以上が確定で排出されるから」でした。 ただ、星4キャラの排出確率に違いはなく、単発か10連どっちを引けば星4キャラが当たるということはありません。 なので、結局のところ星4キャラをゲットするには、単発か10連のどっちを引く以前に、「当たるまでガチャを回す」しかありません。

次の