胸の谷間 湿疹 かゆみ。 【医師監修】胸のニキビの原因と皮膚科での治し方

乳房の病気とその症状|総合南東北病院 広報誌健康倶楽部

胸の谷間 湿疹 かゆみ

アトピーで胸が無性に痒くなる。 とりわけ「みぞおち」あたり、女性でしたら乳房(バスト)の谷間の痒みはしつこいですよね。 胸のアトピーには主に• 「脂肪・砂糖の過剰摂取」• 「免疫」 この2つの原因があります。 皮膚は人体最大の排泄機関です。 大便や汗など通常の解毒排毒がうまくいかないと皮膚に毒素が排毒されます。 東洋医学では食べ物を過剰に食べ過ぎると食毒となり、これが皮膚に排泄されて、これが肌荒れやアトピー性皮膚炎となると考えます。 胸のアトピーの場合、どのような食べ物の弊害が考えられるか。 それが 「脂肪分の多い肉類」「お菓子」「スパイス」なのです。 では、どうして、みぞおちが痒くなるのでしょうか? 胸の谷間には「胸腺」という免疫の中心となる機能があります。 胸腺は、みぞおちの真ん中から少し上の鎖骨のあたりにあります。 アトピーは免疫が関与する病気です。 これが「みぞおち」が痒くなる要因です。 そして、胸が色素沈着で黒くなっていませんか? その原因も合わせて解説します。 アトピーの胸の原因とは? 皮膚の症状(色や艶)を診ることで「内臓の様子」や「過剰摂取の弊害」を判断する手法として望診法があります。 では望診法を根拠にして、胸の痒みや炎症に関わる食品を説明します。 下のイラストの解説図を見てください。 イラストの解説図では、どんな食べ物が胸のアトピーに影響をもたらすかを示しています。 過剰に摂取したものは食べ物は食毒とよばれる毒素として皮膚に排毒されます。 では、胸の場合、どのような食べ物の食べ過ぎに注意すべきでしょうか? それがイラストで書いてある通りです。 つまり、 動物性脂肪、甘いお菓子、スパイスといった原因となる食品を食事から減らしていくことが、胸のアトピーを改善する方法としてあるのです。 では、具体的な改善方法を解説していきましょう。 胸のアトピーには動物性脂肪の食べ過ぎに注意 胸にできた皮膚炎とは酸化した動物性脂肪の過剰摂取のあらわれです。 皮膚の新陳代謝に関わる栄養素を含んでいる牛肉・豚肉・鶏肉といった動物性タンパク質を適度に食べてもかまいません。 その際は、 できるだけ脂肪の多い部位ではなくて赤身を食べましょう。 もしくは、赤身の魚を食べるようにしましょう。 脂肪が酸化すると過酸化脂質という活性酸素になります。 活性酸素は万病の元といわれています。 ですから、脂肪の多い食べ物はできるだけ減らしていきましょう。 免疫機能に関与する動物性タンパク質 人体の免疫機能の役割とは「人と異質なタンパク質を攻撃し排除する」ことにあります。 動物性タンパク質の食べ過ぎると免疫は人体と異質なタンパク質とみなして攻撃を開始します。 つまり肉類の食べ過ぎが免疫機構を過剰に働かせます。 胸の谷間の痒みがつらければ、「免疫の中心である胸腺」に関わる肉類・脂肪の多い食事は控えましょう。 お菓子やジュースも減らしましょう お菓子や清涼飲料水がお好きですか? 砂糖を多く含んだお菓子やケーキは減らしましょう。 ケーキやアイスクリームなどは脂肪分をたっぷり含みますので要注意です。 そもそも、胸から上のアトピーは甘い飲み物や果物も原因と考えられます。 果物は健康に良いイメージがあります。 しかし食べ過ぎは良くありません。 果物の果糖に注意してください。 スムージーより自然のままの果物を食べましょう。 その方が食物繊維を一緒に摂取できるからです。 そして、糖分はお米で摂れば問題ありません。 スパイスの食べ過ぎも胸のアトピーの原因となります。 香辛料は口に入れた時は辛くて身体が熱くなりますが、やがて身体を冷やします。 スパイスの刺激がお好きな方も多いですが、刺激になる食べ物は避けた方が良いのがアトピー食事改善の基本です。 アトピーによる色素沈着で胸が黒くなる原因 アトピーを長く患い、 肌を何度も掻いて、炎症が繰り返されると肌が黒くなります。 胸を掻き破ることで炎症が何度も繰り返されて、さらに紫外線が当たると、メラニン色素が皮膚の奥底に沈んでしまいます。 つまり新陳代謝が起きても、なかなかメラニン色素が垢としてはがれ落ちません。 これがアトピーによる色素沈着で胸が黒くなる原因なのです。 ですから上記の対策を行いアトピーを治すことが重要です。 しかしながら、どうしても食事改善は対処療法であり抜本的な解決には至らないのです。 そのためにも根本的な対策を行う必要があります。 そのために必要な知識をこちらの記事、にまとめましたのでお読みください。

次の

胸や背中のブツブツはニキビじゃないかも?その正体とケア方法を紹介!

胸の谷間 湿疹 かゆみ

肥満のある人は、皮下脂肪が多いために体内の熱が放出されにくく、肥満のない人に比べて多く汗をかいて、あせもができやすくなります。 皮下脂肪が多いと、下腹部や脚の付け根、わきの下、首などで皮膚と皮膚が重なってこすれることで、エクリン汗腺が塞がりやすいからです。 また、女性で 胸が大きい人や、 垂れた形をしている人も、乳房と胸の皮膚の間に汗がたまってあせもが生じやすくなります。 高齢者の中には、エアコンを敬遠しがちな人も多いのですが、汗をかいたままにしていると、あせもができる場合があります。 また、病気などで ベッドに寝たまま1日の大半を過ごすような人の場合は、背中などの皮膚がベッドに密着したままになるため、あせもができやすくなります。 軽症の場合、こまめに入浴やシャワーなどで汗を洗い流し、皮膚を清潔に保つことで、あせもは基本的には自然に治ります。 あせもがある部分を洗うときに、ごわごわした硬いタオルやスポンジなどを使うと、あせもを傷つけてしまい、伝染性膿痂疹が起こりやすくなるため、避けてください。 泡のボディソープや、せっけんを泡立てるネットなどを使ってつくった泡をつけた手で優しく洗うようにしましょう。 入浴後は、皮膚をこすらないようにタオルを体に押し当て、水滴をとるようにして拭きます。 かゆみがある場合は、まず保冷剤や冷やしたタオルなどで冷やします。 そのうえで、あせもの市販薬を使ってかゆみを緩和します。 あせもの治療薬は、剤形や配合されている成分など、さまざまな種類のものがあります。 症状や年齢などによって適切な市販薬は異なるので、薬局などで相談してください。 湿疹から浸出液が出ている場合はパウダータイプ、浸出液が出ていない場合はクリームタイプの市販薬を使うとよいでしょう。 あせもに加えて、アトピー性皮膚炎などの皮膚の病気がある場合や、細菌やかびなどの感染が疑われる場合は、市販薬を使うと症状が悪化することがあります。 市販薬で症状が悪化する場合や、眠れないほどかゆみが強い場合などは、早めに皮膚科を受診してください。 あせもの予防には、汗をかきっぱなしにせず、皮膚を清潔に保つことが大切です。 皮膚を清潔に保つには、汗をかいたら、こまめに拭き取ることが大切です。 外出先などでは、タオルやハンカチ、汗拭き用のシートを使うなどして、汗を拭き取るようにしましょう。 また、服装は、汗を吸いやすく、乾きやすいものにするようにしましょう。 ゆったりとしていて、乾きやすい木綿などの生地の服を選ぶとよいです。 スポーツをするときは、汗を吸い取り、すぐ乾く素材のスポーツウェアを着用することがおすすめです。 皮膚が乾燥しやすい人は、入浴後のスキンケアを心がけることが大切です。 入浴後は、保湿剤を塗って皮膚を乾燥から守ることが、あせもの予防につながります。 保湿剤は、べたつかない乳液タイプのものがおすすめです。 ワセリンは脂分が多くベタつき、エクリン汗線の出口を塞いでしまい、かえってあせもができる原因になるので避けましょう。

次の

胸や背中のブツブツはニキビじゃないかも?その正体とケア方法を紹介!

胸の谷間 湿疹 かゆみ

胸の谷間にかく汗の対策 胸の谷間に汗をなるべくかかなくする方法や、不快感をなくす方法をご紹介します。 殺菌効果のある制汗剤を使う 脇と同じように、消臭効果や殺菌効果のある制汗スプレーなどを出かける前に谷間に吹きかけておくと、汗をかきにくくなります。 たくさんのメーカーから香りも様々な制汗剤が販売されていますが、資生堂の「Ag+」が抗菌力が強くて、効果も高いと人気です。 薬局などで購入することができます。 また、スプレーではなく肌に直接塗るロールオンタイプも増えてきており、ロールオンタイプの方が持続性があると感じる方が多いようです。 谷間にかいた汗をこまめに拭きとる 不快な臭いの原因や、かゆみや汗疹にならないためにも、かいた汗はこまめに拭きとることが大切です。 常に小さめのタオルやタオルハンカチを持ち歩き、休み時間やトイレなどでこまめに汗を拭きとります。 摩擦はかえって肌荒れの原因になりますので、軽くおさえる感じで十分です。 もっとスッキリしたい人は、使い捨ての汗拭きシートがオススメです。 「さらさらパウダー入り」などと書いてある商品を選ぶと、拭き取った後の肌がさらさらして気持ち良いです。 ベビーパウダーを使う 谷間がくっつくことの不快感や、汗のべたつきを解消するにはベビーパウダーがオススメです。 薬局や赤ちゃん用品を売っているお店で購入できます。 薄くパタパタとするだけで、ベタつきを抑えてサラっとさせてくれるので、あせもが出来にくくなった、と言う方も多いです。 ベビーパウダーの塗りすぎは、毛穴づまりを起こしてトラブルになることもあるので気を付けつつ、異常がある場合は医師に相談するようにしましょう。 ブラジャーに吸水してくれるガーゼ類を挟む 谷間にかいた汗がブラジャーの中心部分で溜まってしまい、どこにも吸水されないのが臭いやかゆみの原因となります。 ブラジャーの谷間部分に、ガーゼやガーゼハンカチを挟むようにしましょう。 タオルハンカチだとモコモコするので通気性の良い薄手のガーゼタイプがオススメです。 中心部分に挟むだけだと効果が少ないと感じる場合は、ブラジャーとバストの間にガーゼを挟むようにして、ブラジャーとガーゼでバスを全体を覆うようにするのも効果的です。 NGなのが、保湿性の高いコットンを使用することです。 確かに汗は吸い取りますが、そのまま乾かず汗疹が発生する原因になってしまいます。 手軽に手に入りますが、コットンを挟むのは止めておきましょう。 ブラジャーを夏仕様にする ブラジャーは1年中同じタイプのものを使っていませんか? 各メーカーから、通気性の良い夏仕様のブラジャーが発売されています。 具体的には、カップの内側やサイドベルト アンダー にメッシュ素材や速乾性のある素材を使っているものが主です。 販売員さんに違いを聞いてみると良いでしょう。 スポーツブラや、下着専門店以外で自分で探す場合は、内側の肌に直接当たる部分が汗を吸水しやすい綿素材の物を選んでみるようにしてください。 また、いつものブラジャーと同じメーカーやブランドだったとしても、商品が違うとサイズ感がまったく違う可能性がありますので、必ず試着するようにしてくださいね。 使い方はブラジャーの中に差し込むだけです。 こまめに拭き取る手間も省けて便利ですね。 形がハートみたいなのも可愛いなと思いました。 大2個と小1個の組み合わせなので、洗い替えの心配もありませんし、サッと手洗いでも、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗っても、どちらでも問題ないそうです。 胸の谷間のかゆみやあせもはどうする? 谷間にかいた汗をこまめに拭くようにしたり、清潔にするよう気を付けていても、谷間や周辺がかゆくなってしまうことがあります。 症状がひどくなったり、掻いてしまうと発疹や炎症を起こしたりしてしまいます。 まず一番にオススメなのは、皮膚科に行くということです。 少し恥ずかしいかもしれませんが、ブラジャーは少しずらしたりする程度で済みますし、どうしても気になる場合は女性の医師がいる皮膚科を探してみるのも良いかもしれません。 皮膚の表面に発疹などが出ていない状態(かゆみだけ)でも、症状を聞いて、痒み止めや保湿系のクリームなどを処方してくれます。 薬局で購入するよりも、保険が効くので結果的に安くなる可能性も十分にあります。 それでも忙しくて皮膚科に行けない…という場合は、薬剤師に症状を伝え、アドバイスを貰って薬局で軟膏などを購入してみましょう。 お肌は敏感なので、購入した薬や処方された薬が合わないと感じたら使用をやめて、医師に早めに相談するようにしましょう。 皮膚に跡ができてしまうと消えるのには時間がかかってしまいます。 かゆくて仕方ないときの対処法 軟膏を塗っていても痒くて仕方ない…掻きたくないけど…という苦しいときもありますよね。 私も日光湿疹やらあせもで何度も苦しめられました。 もちろん、むやみに掻いてしまうと逆効果ですし、傷や跡が残りやすくなってしまうので我慢しなくてはなりません。 冷えたタオルや保冷剤をタオルに包んだもので、押さえるように冷やしましょう。 ケーキなどを買った時についてきた保冷剤を使うと便利です。 持っていない場合はハンドタオルやおしぼりを濡らして、冷凍庫に入れて凍らしておきます。 ごしごしこすらないように冷やし続け、痒みのある部分の熱が下がっていくとずいぶん楽になると思いますよ。 まとめ 胸の谷間の汗は、場所が場所だけに授業中や人と会っている最中に拭き取るのは難しいものです。 休み時間やトイレに行った時にこまめに汗を拭きとるのが一番なのですが、不快感が気になる場合は汗取りパッドやガーゼハンカチなどを挟んでおくと気持ちが楽かもしれませんね。 お風呂やシャワーの時には、脇下や首回り、胸の下や谷間は汚れが残りやすい場所なので、泡立てたボディタオルなどでしっかり洗うようにして、清潔さを保つように心がけましょう。

次の