西宮 ケーソン 駐 車場。 鉄骨造とRC造・・・基礎の形状も違います!①~「ラーメン構造と独立基礎」

新西宮ヨットハーバー|関西マリーナ施設

西宮 ケーソン 駐 車場

月極定期券を区画数限定で販売しています!!ご検討中の方はお早目にお問合せください。 150円/30分 お問合せ時期によってはご利用頂けない場合もございますので、あらかじめご了承ください。 時間貸料金 7時~24時 150円/30分 当日最大料金 1,200円 夜間料金 ( 24時~7時 ) 700円 ( 一律 ) 定期料金 P&R ( パーク&ライド )平日定期 ( 時間指定 ) 平日 月曜~金曜、7時~20時 8,000円 平日定期 平日 月曜~金曜、7時~24時 10,000円 月極定期 指定区画に駐車 14,000円 全日定期 15,000円 平日とは土曜日・日曜日及び祝日以外の日のことをいいます。 月極定期をご利用の方で、車庫証明についてのお問合わせは、下記までご連絡ください。 電話:050-3786-5035 受付時間 9時~17時(平日のみ) 営業日 年中無休 利用時間 7時 ~ 24時 上記以外の時間帯に、車の出し入れは出来ません。 車の大きさ 長さ 5. 1m、幅 2. 0m、高さ 2. 1m、重量 2. 5tまで 利用台数 587台 領収書 即時発行可能 精算機対応金額 千円札、クレジットカード使えます。 ただし、利用施設数に係わらず駐車券1枚1回限りです。 アクタ西宮駐車サービスとの併用は可能です。 地下2階の駐車エリアをご利用いただきます。 地下2階の駐車エリアをご利用いただきます。 電話:050-3786-5035[受付時間 9時~17時 平日のみ ] ---------------------------------------------------------------- 注意していただきたいこと• よくお問合せされる例を記載しますので、ご利用の際はお間違えのないよう、熟読ください。 下記の例に当てはまらず駐車料金が不明な場合は、駐車場事務所に直接お問合せください。 例1)時間貸駐車利用で、10時に入庫し翌日9時に出庫した場合• 10時 入庫 ~24時の間 30分毎150円の駐車料金がかかり14時間分計算すると4,200円ですが 当日最大料金が適用されるので1,200円• 翌日24時~7時の間は夜間料金700円• 7時~9時 出庫 の間 30分毎150円の駐車料金がかかり2時間分で600円 以上から、合計で駐車料金は2,500円となります。 例2) 3 平日定期券利用で、金曜日21時に入庫し翌日土曜日10時に出庫した場合• 金曜日 21時 入庫 ~24時の間 平日定期利用なので料金はかかりません• 土曜日 24時~7時の間は夜間料金700円• 7時~10時 出庫 の間 30分毎150円の駐車料金がかかり3時間分で900円 以上から、合計で駐車料金は1,600円となります。 例3) 1 P&R平日定期券(時間指定)利用で、金曜日15時に入庫し翌週月曜日9時に出庫した場合• 金曜日 15時 入庫 ~20時の間 平日定期利用なので料金はかかりません• 20時~24時の間 30分毎150円の駐車料金がかかり4時間分で1,200円• 土曜日 24時~7時の間は夜間料金700円• 7時~24時の間 30分毎150円の駐車料金がかかり17時間分計算すると5,100円ですが 当日最大料金が適用されるので1,200円• 日曜日 24時~7時の間は夜間料金700円• 7時~24時の間 30分毎150円の駐車料金がかかり17時間分計算すると5,100円ですが 当日最大料金が適用されるので1,200円• 月曜日 24時~7時の間は夜間料金700円 7時~9時の間 平日定期利用なので料金はかかりません 以上から、合計で駐車料金は5,700円となります。

次の

ケーソンの駐車場解説など

西宮 ケーソン 駐 車場

釣り場 情報 釣り場 情報 私がよく行くのは、須磨から明石の間の釣り公園や防波堤、砂浜などです。 家族連れで行ける釣り場は、足の便、WC、食事など、様々な条件が大切。 あなたがお薦めの、ファミリーフィッシング釣り場があれば、ぜひ教えてください。 甲子園浜 甲子園の南側にある人工島。 駐車場やトイレは浜にあります。 釣り人が多くいるのは、浜の東端の石畳から、南に長くのびる波戸沿い。 底までは約3ヒロちょっとと、浅めです。 対岸には、私が以前タチウオを釣り上げた鳴尾浜西岸が見えます。 ここも、ハネのエビ撒きが人気。 あと、タチウオのシーズンは半夜釣りの家族連れもたくさん訪れます。 サヨリは南端あたりで釣れました。 湾岸線の北側の側道から入る駐車場がありますが、ウインドサーフィンの人でいっぱいになるので、気をつけて。 東側の駐車場から湾岸線の下を廻りこんで、東岸に渡ります。 釣った魚=ハネ スズキ)、アブ新、ハゼ、サヨリ、アジ、キビレチヌ、タチウオ 西宮浜ケーソン 西宮浜の南側に、海側に大きく突き出たケーソンがあります。 基本的に、専用の駐車場などはなく、平日に車で行く人は、横のヨットハーバーの駐車場を利用しているようです。 休日にしか行かない私は、ケーソンに入る前の道路が休日に駐車禁止が解けるため、そのエリアに止めてます。 そこからはキャリーでケーソンまで道具を運んでいます。 ケーソンにはトイレはありません。 基本的にはトイレには行けないと思って、水分は抑えていた方がいいかも。 ここでつれるのは、やはりハネやチヌ。 エビ撒きやフカセをしている釣り人がたくさんいます。 ハネ釣り名人たちもいっぱいいます。 秋には、サヨリ、アジなどが家族連れに人気です。 また、11月には半夜釣りで、タチウオやコウイカが釣れます。 シーズンのサヨリは爆釣できます。 釣った魚=サヨリ、タチウオ、コウイカ、アブ新、ハネ、チヌ 武庫川一文字 武庫川下流の渡し舟、宮本渡船や斉藤渡船で渡る西宮沖の長い一文字。 とにかく広いのだが、トイレはたまに船が乗客を乗せてきたときに船のトイレを借りるしかないので、 子供連れは注意が必要。 子供向けのライフジャケットは無償で貸してもらえるので、借りた方がいいです。 魚種はシーズンによって幅広く釣れるが、のホームページに毎日釣果が載っているので、それをチェックしていった方がいい。 仕掛やエサは渡船乗り場で聞けば、丁寧に教えてくれます。 釣った魚=タコ、サヨリ、ガシラ、アナゴ、キビレ、スルメイカ、アジ、イワシ、タチウオ 南芦屋浜 南芦屋浜は人口の埋立地で、現在開発途中の島です。 わが家からは近いので、時間のあまりない日にはピッタリです。 駐車場は、砂浜よりの南側駐車場を利用しています。 路上駐車もたくさんありますが、そんなに駐車料金も高くないので、きちんと払いましょう。 南側のベランダは手すりがあるので、子供連れでも安心ですが、小学校低学年にはチョット高すぎるようです。 普段はエビ撒きやフカセ釣りの釣り人がハネやチヌを狙っています。 秋のシーズンの土曜、日曜日にはサビキの家族連れがいっぱい。 サヨリも鉛筆サイズながらいっぱい釣れます。 また、西側と東側の石畳や南側突堤では、ふかせ釣りの人が浮きを垂らしています。 ハネ、チヌ、キビレなどが上がっているようです。 11月には、半夜釣りで、太刀魚やコウイカが釣れます。 駐車場横に自販機はありますが、ジュース類だけ。 食べ物はありません。 トイレは駐車場横とベランダ前の歩道にあります。 空撮の黄色の部分がベランダです。 砂浜の北側に駐車場があります。 釣った魚=アジ、イワシ、サッパ、サバ、サヨリ、タチウオ、コウイカ、メバル 須磨海釣り公園 神戸市のみのりの公社が運営する須磨の海釣り公園。 海に大きく突き出しているため、四季を通じて魚種が豊富で、様々な釣りが楽しめます。 ここは、いわゆる須磨浮きによる浮き流し釣りが有名ですが、投げでもサビキでも胴突きでも、ポイントがあえば、お目当ての魚がゲットできる。 ただ、強風時や雨天時は子供連れにはきついので、天候はしっかりチェックしたい。 ホームページ 〒654-0076 神戸市須磨区一の谷町5丁目地先 TEL 078 735-2907 FAX 078 735-2950 第1釣り台は南北に伸びる通路を兼ねています。 ここでは北側テトラ付近でガシラ、カワハギ、アジなどが胴突き、サビキで狙えます。 中央北より付近では、投げでカレイも。 第3釣り台では東端からの投げで、キスやカレイを狙います。 メインの第2釣り台は、北側内側でサビキや胴突き、落とし込みで種々雑多な魚が狙えます。 釣った魚=アジ、イワシ、イサキ、チャリコ、アイナメ、ガシラ、クジメ、ソイ、カレイ、チヌ、アイゴ、ハオコゼ、マルハギ、ベラ、サバ、スズメダイ、カマス、メバル、ネンブツダイ、ハマチ、ツバス他 平磯海釣り公園 ここは波戸から、安心して釣りが楽しめる、家族連れにぴったりの海釣り公園です。 魚種も豊富で、投げ、浮き、胴突き、サビキ・・・、いろんな釣りが楽しめます。 ただ、投げをしたい人はポイント、潮を見誤ると、投げるたびに錘をロストする破目に。 公園で配布している、ポイント、つれる魚マップを参考にした方がいいかも。 ホームページ 〒655-0892 神戸市垂水区平磯1丁目1番66号 TEL 078 753-3973 FAX 078 753-4873 平磯海釣り公園は、釣り台全体に漁礁が散らばっており、随所にポイントがあります。 常連さんもそれぞれマイポイントを持っています。 みなさんも自分の経験から、マイポイントを見つけてみてください。 釣った魚=アジ、イワシ、アイナメ、ガシラ、クジメ、ハオコゼ、マルハギ、サンバソウ、ベラ、ウミタナゴ、タコ、メバル、ハマチ、イシダイ、カレイ、チャリコ、ウマヅラハギ、グレ、スズメダイ他 淡路島(仮屋漁港、佐野新島、志筑) 土曜・日曜・祝日の明石大橋の通行料がETCの割引で1000円になっているので、少しずつ淡路島の釣り場を探索しています。 私が釣行した釣り場を紹介しましょう。 は、東浦ICから車で10分ぐらい。 浜の駐車場に車を止めて突堤で釣りをします。 ここは、早場のカレイがいいらしいです。 左が突堤から外海のテトラ越しに、右は港内に向かって釣り座を構えたところです。 ちなみに港内でもカレイが釣れることで知られているそうです。 釣果=カレイ、ガシラ、チャリコ、アサヒアナハゼ、マルハギ、フグ、アイナメ新子、ガッチョ は、仮屋から20分ぐらい南下したあたり、W杯のイングランドの合宿地だったところ。 島に入って海岸左折、ぐるっと回りこんで堤防沿いの道に出ます。 その北端にあるのがこの突堤。 ここもテトラでは浮き釣り師の姿がちらほら、サビキ釣りの家族連れの姿も見えます。 この突堤から、カレイも狙えるそうです。 私はカレイ狙いで、残念ながら、タコ釣っちゃいました…。 夏の間はキスも釣れます。 右側は佐野新島の南端です。 釣果=タコ、ゴンズイ、フグ、キス は、津名港の一部で、投げ釣りに行ってきました。 港内なので、潮の流れが穏やかなためかウミ毛虫がすごかったですが、キスも上がりました。 カレイも釣れました。 投げにちょうどいい突堤がありますし、足元の石畳では、胴突きで根魚も釣れました。 近くにサティがあり、子ども連れはそこで食事やトイレをこなすことが出来ます。 釣果=キス、ベラ、ガッチョ、カミツキハゼ、アジ、ハオコゼ、タチウオ、カレイ、マルハギ、チャリコ、ウミタナゴ、タコ、アナゴ、メバル、キビレチヌ、グレ 兵庫突堤 神戸の長田区の中央卸売市場の海側の大きな突堤。 大きな倉庫と大きな船の港ですが、土、日曜日は家族連れの釣り客でいっぱい。 車を横付け出来るので、タチウオやサビキのシーズンは場所取りも大変なほどです。 しかし、ここのイワシやタチウオはシーズンは他の釣り場とは桁違いに釣れるのです。 タチウオのシーズンなら、午後からサビキでイワシを釣っておいて、夕方からはそれを餌にタチウオを釣れば、キビナゴとは釣果が全く変わってきますので、ぜひぜひ…。 トイレが数箇所ありますから、家族連れにも安心。 ただ、車の往来が多いので気をつけて…。 柵などはないので、小さいお子さんは怖がるかもしれません。 エサなどはMAXの京橋店で買っておくこと。 コンビには島の入り口にあります。 釣った魚=イワシ、サヨリ、タチウオ、サンマ、サッパ、スルメイカ、コウイカ、ウミタナゴ 東二見人工島 第2神明西明石から南へまっすぐ15分程度で、東二見人工島へ。 島全体が好釣り場で、カレイのメッカ。 秋10月頭の東テトラ白タンク前をはじめ、2km続く南岸テトラ、北水道、など島周辺は砂泥地のため、どこでもカレイが狙える。 ただ、時期によって、それぞれよく釣れるポイントがにあるらしく、常連さんの話や、島入り口の餌屋さんで聞くといいと思います 写真は東テトラ)。 東岸北側から防波堤に入れば、車横付けできるのですが、取り込む際はテトラを伝って下まで降りていかないと、カレイがすっぽ抜けてしまいます。 ですからテトラでの子供連れは無理。 子供連れの際は、東岸北側の灯台波戸がおすすめです。 また、昼時になると、屋台ラーメンのおじちゃんが回ってきます。 ここのラーメン結構いけましたよ。 釣った魚=カレイ、ガシラ、アサヒアナハゼ、アナゴ、キス他 アジュール舞子 平磯海釣り公園から西へ約20分。 明石海峡大橋のたもとの海浜公園。 手すりがあるので、子供連れも安心。 トイレもすぐそばにある。 食事は持っていくべし。 駐車場あり(西駐車場に止めないと、結構歩かないといけなくなるので注意)。 ここからの明石大橋の眺めは絶景。 アジュール周辺は、足場もよく、子供連れで、のんびり糸をたらすにはいいところです。 ただ近隣にはコンビニがないので、食事や飲み物等も持参のこと。 ところどころにシモリがありますので、ご注意を・・・。 ホームページ 〒655-0036 神戸市垂水区海岸通 アジュール舞子 TEL 078-706-2011 釣った魚=カレイ、アイナメ、ゴンズイ、トラハゼ、アジ、タコ、タイ、ガシラ、カワハギ 他 泉佐野食品コンビナート 南大阪地区で、家族連れに人気の釣りスポット。 通称「ドラム缶」と呼ばれる波戸には、季節を通して家族連れの釣り客が並んでいる。 サビキから、エビ撒き、フカセ釣り、投げつりと様々な釣りをする釣り人が竿を並べている。

次の

鉄骨造とRC造・・・基礎の形状も違います!①~「ラーメン構造と独立基礎」

西宮 ケーソン 駐 車場

キャスター付きのクーラーボックスがあると便利 正面入口〜第1カーブまで 西宮ケーソンの正面入口を進むと、写真の位置に出ます。 正面から行くと鎖がはっていて通れなくなっているので、側面を通って進みましょう。 西宮ケーソンの入り口。 自転車・バイクで訪れる人はこちらで駐輪して釣り場へ向かっています。 スペースが広いので大型バイクまで駐輪可能。 自転車の場合は釣り場まで持ち込むことが可能で、海への滑落さえ気をつければ、堤防上を簡単に移動できるので結構おすすめです。 西宮ケーソンの最奥部。 この場所で竿を出している人はいませんが、小魚の回遊はあるのと、クロダイ・キビレ・スズキなどの魚であれば釣り上げられます。 晩秋以降はここまでタチウオが入って小魚を捕食している・・・という噂もあるので、案外穴場なのかも。 正面のポールを抜けると、いよいよ西宮ケーソンの堤防に入ります。 隙間が狭く、荷物が多いと通りにくいので要注意。 一度荷物をバラす必要があるかも。 自転車の場合、無理やり持ち上げて通過することになるんですが、車体の重いママチャリだとキツイので要注意。 西宮ケーソンの港内と第1カーブ。 夏以降になると、アジ・イワシの回遊があるため、ファミリーを中心に賑わいます。 秋以降は良型アジの姿も。 全体的水深が浅く、手前で3mほど。 風が強い日でも港内は穏やかなので、快適に釣りができます。 第1カーブ周辺に設置されているテトラ帯。 周辺で竿を出している人は少ないですが、たまにシーバス狙いのルアーマンや、クロダイ狙いの前打ち師を見かけることも。 冬場にはカサゴ・メバルの穴場になっているため、穴釣りで狙ってみましょう。 タチウオシーズンには人が多すぎて、先端からテトラ周辺まで釣り場が埋まってしまうことも。 第1カーブからケーソン正面入口の様子。 正面の角はチヌ・キビレの好ポイントとなっています。 第1カーブ〜第2カーブまで 第1カーブのテトラ帯から第2カーブまでの様子。 クロダイ・スズキの魚影が濃いほか、秋以降は青物・タチウオの姿も。 入り口から近く移動が楽に済みます。 エビ撒き釣り・フカセ釣り・落とし込み釣りなどエサ釣りから、シーバス・チヌ・タチウオ・青物狙いのルアー釣りまで、なんでもござれのポイントです。 内側は釣り師が少なく周辺に障害物も少ないため、シーバス狙いなら「テクトロ」が最も有効。 第1カーブから第2カーブの途中にかけて沈みテトラがあるため、根魚・チヌ・スズキなどの魚影は濃いものの、夜間タチウオ釣りなどをする場合は要注意。 第2カーブ周辺のテトラから堤防先端まで。 若干海が荒れていますが、西宮ケーソンは周辺に風を遮る障害物が存在しないためで、 正面 南 から風を受けると一気に釣りが難しくなります。 第2カーブのテトラ帯。 エビ撒き釣りにてスズキの実績が高く、春先には地元のエサ釣り師が並びます。 もちろんルアーでも釣れます。 内側に魚が回っているときに実績の高い、第2カーブ内側の角。 青物・タチウオ狙いなら外側のほうが実績がありますが、シーズンが深まると内側でも釣れるようになるため、晩秋以降はチェックしておきたいポイント。 第2カーブから西宮ケーソン先端まで 第2カーブを曲がると、先端まで最後の直線が続きます。 徒歩だと10分ほどかかるので、自転車だと移動が楽です。 先端周辺は潮通しが非常によく、青物・タチウオの好ポイント。 特にシーズン初期は湾内まで入り込んでこないこともあるので、先端周辺で竿を出したいところ。 テトラ帯は、第2カーブを少し進んだ位置まで続いています。 以降、先端までゴロタや海藻などはあるものの大きな障害物はありません。 西宮ケーソン先端の灯台。 すぐ沖で船が多く通過するためドン深になっており、遠投できれば大型青物が釣れる可能性もあります。 毎年80cm以上のブリが数匹釣り上げられているので、晩秋以降はチャンス大です!1m超のドラゴンタチウオも実績もあります。 当然ながら人気ポイントのため、最低でも時合の数時間前に訪れて場所取りをする必要があります。 西宮ケーソンで釣りをする際の注意点として、 堤防先端付近から駐車場まで徒歩で戻ると15分以上かかって大変なので、嫌な方は手前で竿を出しましょう。 「よっしゃ!早めに到着した!」と思っても、徒歩移動中に自転車で追い抜かれることも多々あります。 手前でも全然釣れるので、無理に奥まで移動する必要はありません。 タチウオの釣果が上がっているときは、隣との間隔が1mもないほど混雑することもあるので、早めの場所取りを推奨します。 西宮ケーソン周辺の設備・アクセス紹介 西宮ケーソンの設備紹介:トイレ・スーパー・自販機 写真・中央より少し右にあるのが公衆トイレ 西宮ケーソンの唯一残念なポイントは、周辺にトイレがないこと! ケーソンを出て10分程度歩いた「西宮ヨットハーバー」の公園内まで歩く必要があります。 もし堤防の先端で催した場合、片道だけで30分ほど我慢してトイレまで移動しなければならないため、必ずトイレへ行っておきましょう。 特にハイシーズンだと堤防に1mの間隔もないほど人が並ぶので、同行者がいなければ荷物を置いて長時間離れるか、撤収するかの二択を迫られます。 【西宮ケーソン周辺のトイレ位置】 近くにコンビニはありませんが、コープはあるので事前の買い出しも可能。 ケーソンの入り口周辺には自販機もあるので、トイレ以外は最低限の設備が整っていますね。 アクセス方法・駐車場の有無 西宮ケーソンの周辺に駅は存在しないため、自転車・バイク・車でのアクセスが前提になります。 電車でのアクセスも不可能ではありませんが、最寄り駅の阪神西宮駅まで徒歩1時間以上かかるため、自宅が近ければ自転車でのアクセスが無難です。 入り口が少しわかりづらいんですが、上記のGoogleMapを参照しつつ、写真の入り口から徒歩・自転車・バイクで進入してください。 関係車両以外は進入不可なので注意。 深夜など正面の門が閉められているケースもあるので、その場合は正面左手にあるスロープより出入りが可能です。 特に 夜間狙うことが多いタチウオ釣りをする場合は、事前に出入り口の位置を確認しておくと慌てずに済みます。 上記のスロープを進んで釣り場へと入ります。 車での進入はNGですが、自転車・バイクなら先ほども書いたとおり、釣り場の前まで乗り付けることが可能。 駐車場に関しては、 徒歩3分程度の位置にある「新西宮ヨットハーバー」にて駐車可能です。 24時間営業で、日中 8時〜19時 は最大800円、夜間 19時〜8時 は400円で利用でき、収容台数も十分な量があるので安心して利用できます。 バイクに関しては釣り場の手前に駐車可能なので、あえて駐車場で料金を払う必要はありません。 様々な釣りを経験するのが好きで、ショアジギングを中心にアジング・メバリング・タチウオ・チニング・エサ釣りなどに手を出しています。 活動拠点は 明石・神戸・西宮周辺ですが、ときに海外釣行などにも挑戦。 釣り・キャンプ・旅などアウトドア全般が好きで、自転車日本一周・四国歩き遍路の旅などの実績もあります。 このブログでは、日頃の実践を通して初心者向けの解説コンテンツを配信したり、あらたな釣りを追い求めて旅をした記録を残していきます。 日頃から実体験をもとに記事を執筆できているのも、読者様のおかげです。 今後はさらに有益なコンテンツを配信していきたいため、ご理解いただけますと幸いです。

次の