コロリ。 嬉しい効果も!?大人の塗り絵《コロリアージュ》がお疲れ女子におすすめ

南方先生の言葉は安倍首相より突き刺さる!? 『JIN

コロリ

開国時期と重なったコレラのまん延 日本では6世紀に天然痘(疱瘡)が大流行し、その後も度々感染が広がり、はしかの流行も発生した。 しかし、ペストや黄熱病などが引き起こしたような感染症のパンデミック(世界的大流行)には、19世紀まで巻き込まれていない。 極東の島国で最初に猛威を振るったのが、江戸時代後期のコレラである。 コレラはガンジス川流域の風土病であったが、英国がインドを植民地支配し、アジアでの貿易を展開していた19世紀前半から全世界に広がっている。 激しい下痢と嘔吐を繰り返し、脱水症状によって死に至るコレラが、日本で最初に流行したのは文政5(1822)年。 中国(清、しん)経由で沖縄、九州に上陸したと考えられている。 本州に渡り、西日本で大きな被害を出した後、東海道沿いを東進したが、江戸には至らなかった。 100万人以上が暮らす世界最多の都市人口だった江戸の町に、コレラの脅威が及んだのは安政5(1858)年。 感染源はペリー艦隊に属していた米国艦船ミシシッピー号で、中国を経由して長崎に入った際、乗員にコレラ患者が出たと伝わる。 この年に、日米修好通商条約を含む5カ国との不平等条約が結ばれ、鎖国政策を続けて来た日本では国民に不安が広がっていた。 外国から伝来した感染症の流行が重なり、大きな恐怖心を生んだことが想像できる。 江戸の死者数は約10万人とも、28万人や30万人に上ったとも記録が残り、本サイトでもおなじみの浮世絵師・も命を落とした。 コレラは当時の物流の中核だった廻船(かいせん)によって、東北などの港町にも運ばれた。 江戸の死者数のピークが安政5年だったために流行年とされるが、翌年の被害の方が甚大だった地域も多い。 3度目の大流行は文久2(1862)年。 江戸時代の流行では最も多くの犠牲者を出したというが、知識人や文化人が多く住む江戸での被害が大きかった安政のコレラの方が史実として有名だ。 火葬し切れないほど山積みの棺おけを描いた『安政箇労痢(ころり)流行記』(国立公文書館所蔵)の口絵「荼毘室(やきば)混雑の図」 江戸時代は「コロリ」と恐れられた「コレラ」 「コレラ」という病名は、安政5年の江戸や文久2年の長崎の史料に記載が残る。 しかし、庶民には浸透しておらず、各地方でいろいろな名前で呼ばれた。 長崎では「トンコロリン」、他の地域には「鉄砲」「見急」「三日コロリ」などがあったが、頓死を意味する「コロリ」という呼称が定着する。 くしくも「コロナ」とは一文字違いである。 漢字の当て字もさまざまだ。 金屯道人(仮名垣魯文)が編さんし、安政5年に刊行したのは『安政箇労痢流行記』。 まるでキツネやタヌキに化かされたように急死するために「狐狼狸」と書いたり、千里を駆ける虎のように瞬く間に伝染していくことから「虎狼痢」という字を当てたりした。 高名な蘭学者・緒方洪庵がまとめたコレラの治療手引書に『虎狼痢治準』(安政5年刊)があり、後に病名が「虎列剌(コレラ)」として浸透したので、「虎」の字は猛威を伝えるのにふさわしかったのだろう。 『虎狼痢治準』(国会図書館所蔵)は、緒方洪庵が3冊の洋医学書から治療法を抜粋したもの 明治19(1886)年の錦絵『虎列刺退治』は、日本国民の恐怖心をよく表現している。 コレラは、虎の頭部に狼の胴体、狸の巨大な睾丸(こうがん)を持つ、奇怪な動物として描かれた。 「狐狼狸」と「虎狼痢」が混ざった、妖怪「虎狼狸(コロリ)」である。 『虎列刺退治』(東京都公文書館所蔵)。 「虎列刺の奇薬」として、梅酢の効果を紹介している 日本に衛生観念を植え付けたコレラ コレラの流行まで、日本国内に医学的な感染症対策はほとんどなかった。 加持祈禱(かじきとう)に頼り、疫病退散のお札を戸口に貼って家に閉じこもったり、病気を追い払おうと太鼓や鐘を打ち鳴らしたりしたという。 緒方洪庵や長崎のオランダ医師ポンペの治療法が一定の効果をみせたこともあり、江戸幕府は文久2年に洋書調所に命じて『疫毒預防説(えきどくよぼうせつ)』を刊行させた。 オランダ医師のフロインコプスが記した『衛生全書』の抄訳本で、「身体と衣服を清潔に保つ」「室内の空気循環をよくする」「適度な運動と節度ある食生活」などを推奨している。 幕臣・宮崎成身が残した雑録『視聴草(続8集の3)』にとじられていた『疫毒預防説』(国立公文書館所蔵)。 杉田玄端(げんたん)や箕作阮甫(みつくり・げんぽ)らが訳著者を務めた 明治期にもコレラ感染が度々発生し、特に明治12(1879)年と19年には死者10万人を超える大流行となった。 その頃には『疫毒預防説』の予防法に加え、コレラは水による感染が多く、夏に活発となることから「井戸水をむやみに飲まない」「換気によって部屋を乾燥させる」「生ものや傷んだものを食べない」といった、より具体的な対策が広まっている。 内務卿・大久保利通が通達した明治10年の「虎列刺病豫防(よぼう)心得書」は、石炭酸(フェノール)による消毒や便所・下水溝の清掃などの予防対策を記載している。 第13条では、「『虎列刺』病者アル家族」で看護に当たる者以外は、他家に避難させて「妄(みだ)リニ往来」することを許さずとある。 「伝染病は公衆衛生の母である」といわれるように、日本ではコレラ流行によって衛生観念が一気に高まった。 現代の新型コロナウイルスとは病気の特性や医療体制、社会環境が大きく違うが、当然ながら予防対策には多くの共通点がある。 幕末・明治前期の人々は風聞に惑わされながらも、身辺を清めて換気をし、外出を控えるなどの努力をして、感染の流行が過ぎ去るまで耐え忍ぶしかなかった。 情報や予防グッズがそろう現代人に求められるのは、正しく恐れ、正しく対策することだろう。 「虎列刺病豫防心得書」(国会図書館所蔵)の第13条が記載してあるページ。 患者が回復か死亡した後、家族は家中を消毒してからも、10日たつまでは学校に入ることを禁じられた バナー写真:『虎列刺退治』(東京都公文書館所蔵、請求番号「お 114」).

次の

コレラ

コロリ

皆さんは、家の中に アリが侵入してきた経験ってありますか? 私は2年前まで東京に暮らしていましたが、何度も経験がありました。 予想もできない隙間から侵入してきて、気付くと テーブルの上に置きっ放しだった食べ物が、アリだらけみたいな…。 すると、遂にうちの中にアリが侵入してきました! 早速、近所のマツキヨで、 アリの巣コロリを買ってきて、アリの隊列の真ん中に置いてやりました。 過去の経験から、すぐに運んでいって、翌日には現れなくなるだろうと思っていたんです。 代表的な例を申しあげると、「巣の引っ越し中」、「ほかにエサがある」、「食べものであっても、エサと認識するまでは、警戒して持ち帰らない」などがあります。 うちに現れたアリは、引っ越し中って感じでもないですし、まだ食べ物を見つけているわけではありませんでした。 もしかすると、警戒してただけなのかもしれませんね。 実は問い合わせの回答と共に、アリの駆除に役立つ資料をいただきました。 アース製薬さんがありがとうございます! それによると、アリは、警戒心が強いので、 普通の食べ物を見つけても、警戒してなかなかエサと認識しないのだそうです。 また、アリは社会性が強く、みんなで目的を共有して、それを忠実に果たす性質があるそうです。 だから、 既にエサが見つかっていて、みんながそのエサを運ぶモードの時には、 行列の脇に、他のエサを置いても、見向きもしないことがあるそうです。 他に食べ物があってもつまみ食いしたりしないくらい、任務に忠実なのがアリという生き物です。 ところが、アリの巣コロリは、他に食べ物を見つけている状態のアリでも、惹きつける凄い殺虫剤なんだそうです。 もの凄く研究された商品なんですね~。 奴らは無神経に家の中を徘徊して回るので、仕事にも家事にも集中できなくて大迷惑だからです。 というわけで、頭を使って対策を考えてみました。 実際に試してみたら、効果抜群だったので、次はそれを紹介しますね! ポイント• 少し汁気があるくらいにする• 通常のアリの巣コロリで十分• 加減が大事なので、細かく解説しますね。 少し汁気があるくらいにする 砂糖水は必要最低限で十分です。 また砂糖水の濃度も舐めてみて、甘いと感じられればOKです。 あまりに濃いと、毒エサの成分が溶けにくくなるので、効果が薄くなります。 また毒エサに垂らす量は、 数滴で十分です。 毒エサにうっすら汁気が出るくらいの、しっとり感があればOKです。 シャバシャバな状態では、効果が薄くなってしまいます。 入れ過ぎてしまうと、取り返しがつかないので、ちょっとずつ垂らして、調整してみてください。 こっちの方は、ゼリー状の毒エサも入っていて、お値段も少し高めです。 そのため、最初は 普通のアリの巣コロリを買えば十分だと思います。 猛烈に集まるので、置く場所に注意 毒エサに砂糖水を垂らした途端に、猛烈にアリが集まるようになります。 もうそれは凄まじい数です…。 翌日にはほぼ全滅するとはいえ、 一時的にでも大量のアリが家の中に集まるのは、かなり気持ち悪いです。 置く場所を家の外にするか、次に紹介する方法で、アリが出てこないようにしっかり封印するようにすると良いです。 砂糖水のかけ方のポイントは、こんな感じです。 それは、 効果が出るまでは、家の中に入ってくるアリに我慢する必要があるということです。 私も家の中を徘徊するアリが、キッチンなどに行かないように、注意して過ごす必要がありました。。 そのおかげで、仕事にも家事にも集中できなくて大変でした。 そこで、次はた効果が出るまでの間も快適に過ごす、アリ封印方法を紹介します。 スポンサーリンク アリの巣コロリを使った封印方法 アリの巣コロリは、一旦はアリを呼び寄せる駆除方法なので、効果が出るまでは場合によっては、もっとアリの数が増えてしまいます。 しかし、アリの巣コロリとアリの封印方法を併用すると、気持ち悪さをほぼ無くすことができます。 やる事は2つなので、順番に解説します。 侵入口を特定する まず、 アリがどこから家の中に入ってきているのかを、知る必要があります。 アリの動きを注意深く観察して、どこから入ってきていて、どこから出ていくのかを調べてください。 ちなみにうちの場合は、部屋の隅のこんな隙間から入ってきていました。 落ち着いて観察していると、意外な所から出入りしているのが、分かるはずです。 侵入口が分かったら、まずはそこにアリの巣コロリを置いてしまいます。 アリの巣コロリの入り口と、アリの侵入口を密着させてしまってOKです。 隙間を塞いでしまう 侵入口とアリの巣コロリを密着させたら、 侵入口とくっ付いてない入り口は、セロハンテープなどで塞いでしまいます。 更に侵入口から入ってきたアリが、もれなくアリの巣コロリに入っていくように、 隙間を全てセロハンテープを貼って塞ぎます。 私の場合は、このような感じで、完封してやりました。 写真だと分かりにくいですが、侵入口から出てきたアリたちは、全てアリの巣コロリに入っています。 そして、砂糖水入り毒エサを持って、再び侵入口から帰っていくだけです。 5mm程度の少しの隙間も残さないことです。 アリは頭が入るくらいの隙間なら通れてしまいます。 封印の仕方が甘いと、すぐ出てきてしまうので、完全に隙間を埋めてください。 また、 使うテープは床や壁を傷めないものにしてください。 やはりセロハンテープが無難です。 ちなみに侵入口が分かってるなら、そこだけテープで塞ぐだけで、良いじゃんって思うかもしれませんね。 でも、これは 一時的な対策でしかありません。 家にはアリが通れるくらいの隙間なんて、無数に存在します。 私の経験上、一ヵ所を塞いでも、アリはまた 別の侵入口を見つけて、入ってきてしまいます。 一度、家に侵入してきたアリは、駆除しない限りは、再び何度でも侵入を繰り返します。 別の侵入口を見つけられる前に、駆除するのが得策です!.

次の

南方先生の言葉は安倍首相より突き刺さる!? 『JIN

コロリ

1.イボとはどんな状態? イボは難しい言葉では疣贅(ゆうぜい)と呼ばれています。 どの年齢層の人にも見られますが、最も多く見られるのは小児で、高齢者ではあまり見られません。 まずはじめに、イボとはどんなものなのか、原因や症状について見ていきましょう。 1-1. <原因> イボは「ヒトパピローマウイルス」によって引き起こされる皮膚の小さな増殖性の病変です。 皮膚にできた小さな傷からヒトパピローマウイルスが入り込み、3〜6ヶ月程度時間をかけてイボが発生します。 1-2. <症状> 手や足の指に最も多くみられ、数mm~1cm程度小さく盛り上がった状態となります。 ほとんどの場合、痛みなどの自覚症状はありませんが、放置すると数が増え、集まるとまとまって大きくなることもあり、早めに対処しなければ治るまで時間がかかってしまいます。 感染力はそれほど強くないため、プールやお風呂などを介して他の人に感染することはほとんどありません。 しかし、イボを触った手で他の部位に触れることでウイルスが感染し、広がってしまうこともあります。 特に荒れていたり傷があるところは要注意です。 イボは顔にも発生し、指状疣贅(しじょうゆうぜい)とよばれる指をすぼめたような、通常のイボとは違う形のイボとなる場合もあります。 また、足の裏などにも発生し、その場合は盛り上がりはあまりなく、固くザラザラした状態となり、押すと痛みを感じる場合もあります。 1-3. <治療方法> 病院では以下の方法があります。 下記の方法なら確実にイボを除去できますが、一度で完治させることは難しく、数回の通院が必要になり、根気よく治療に臨む必要があります。 凍結療法• イボを液体窒素で凍結させて除去する方法です。 最も一般的な方法です。 電気焼灼法• 電気でイボを焼き切る方法です。 効果的ですが痛みを伴い、跡が残る可能性もあります。 市販薬でも治療ができます。 下記の方法なら通院の必要なく手軽にイボの治療が可能ですが、やはり時間がかかるため、根気よく治療に臨む必要があります。 ヨクイニンの内服• ヨクイニンは、ハトムギの皮を除いた種で、古くから肌トラブルに用いられてきた生薬です。 抗炎症効果や肌の水分バランスを整える効果が期待されており、イボの治療効果が認められています。 イボコロリの外用 <うおの目との違い> うおの目はイボとは違い、ウイルスの感染などではなく、合わない靴を履くなどして皮膚の一部が長期間圧迫され、皮膚の表面の角質層が厚く硬くなることで発生します。 足の指や足の裏にできやすく、直径5~7mmくらいの硬いしこりができ、中央に魚の目のような芯を持ち、「魚の目」と呼ばれています。 ウオノメの芯は、皮膚の奥深くに向かってめりこんだ状態となっており、軽く押したり歩いたりするだけで激しい痛みを生じる場合も少なくありません。 *ウオノメもイボコロリの有効成分である「サリチル酸」で治療することができます。 2.イボコロリはどんな薬? 2-1. イボコロリの有効成分 イボコロリの有効成分は「サリチル酸」と呼ばれる成分です。 サリチル酸には角質軟化作用があり、固く病変した皮膚を柔らかくすることで、イボを取り除くことができます。 2-2. イボコロリの効果はどの程度? イボコロリにはどの程度の効果が見込めるのでしょうか? イボコロリの説明書の【上手な使い方】の項目には、「患部が完全に取れるまで繰り返しご使用ください。 」という内容の文言が記載されています。 このことから、イボコロリを使用することで、イボを完全に除去することが可能であると推測できます。 しかし、やはり効果が認められるには、数週間毎日しっかり続けて使用する必要があるとも報告されています。 2-3. 正しい使い方 液体タイプの場合は、1日4回、キャップ付属の棒で、1滴ずつ患部に塗布します。 入浴後に塗布するとより効果的です。 薬液が乾いた後は、そのまま入浴や水仕事をしても問題ありません。 次回塗布する際は、白い被膜をはがしてから塗布します。 無理にはがさず、痛みなどを感じた場合は重ねて塗りましょう。 液体タイプの場合は3~4日間程度塗布を続けると患部が白く変化します。 絆創膏タイプの場合は2〜3日貼り続けることで患部が白く変化します。 この際、先に患部をお湯につけておくと取り除きやすくなります。 イボが取れた後は、皮膚が自然に再生します。 3-3. 使用する上での注意事項 薬剤が健康な皮膚に付着すると、その部分も白く軟化し、痛むことがあるので、患部の周りの健康な皮膚に付着しないように注意しましょう。 一度に広範囲に多量の薬液を使用すると皮膚が荒れてしまうため、イボが複数できている場合は、一度に全ての患部に使用せず、1〜2ヶ所ずつ使用しましょう。 顔面や目の周囲、唇、粘膜などのデリケートな部位には使用しないようにしましょう。 炎症や傷が悪化する可能性がありますので、炎症や傷などのある患部には使用しないようにしましょう。 3.こんなときは早めに病院へ イボにも種類があり、以下に紹介するようなイボは市販薬では対処できないものです。 間違った対処をすると症状が悪化してしまうこともあるため、これらに当てはまると思ったときはすぐに医療機関で受診しましょう。 水イボ 子供によく見られ、1~5ミリ程度の丸くて光沢のあるイボで、ウイルスの感染が原因です。 基本的には自然治癒しますが、治るまで半年以上、長い場合は数年かかることもあります。 細菌に感染して化膿したり、アトピー性皮膚炎やその他の基礎疾患がある場合などには全身に広がる場合もあります。 老人性イボ(黒褐色の扁平なイボ) 30~40代から見られ始め、60代では8割の人に、80代だとほぼすべての人に存在するとも言われている、皮膚の老化により発生するイボです。 老人性イボの中には、出血したり、急激に大きくなったり、リンパ節や内臓に転移したりする「悪性黒色腫」と呼ばれるものもあるため、いつもと様子が違うイボができた場合はすぐに医療機関で受診しましょう。 尖圭コンジローマ(肛門周囲や外陰部にできたイボ) 尖圭(せんけい)コンジローマは、主に性交をすることによって、ヒトパピローウイルスに感染してイボができてしまう病気です。 手足に出現するいぼとは違い、先が尖っているのが特徴です。 一列に並んだイボ、群生したイボ、身体に多発したイボ これらの症状がある場合は、イボとは別の疾患である可能性も考えられます。 自己判断せずに受診することをお勧めします。 4.終わりに 「イボコロリ」に効果がないという噂もありますが、そんなことはありません。 残念ながら、イボの治療には時間がかかり、薬を使えばすぐに治るというものではありません。 「イボコロリ」は十分な効果と根拠が認められ、「医薬品」として販売されています。 効果の現れ方や正しい使用方法を理解し、根気よく使用することで確実に治療効果が期待できます。 信じて継続することが重要なのです。 また、イボにはいくつか種類があり、通常のイボとは異なり、早急に医療機関での治療が必要な場合もあるということを念頭においておきましょう。 *参考文献• イボコロリ公式HP• 徳島県医師会HP• msdmanuals. 大阪府医師会HP• コクランウェブサイト.

次の