チャイコフスキー 白鳥 の 湖。 白鳥の湖を100倍楽しむ!③・チャイコフスキーの自由すぎる楽想

白鳥の湖を100倍楽しむ!③・チャイコフスキーの自由すぎる楽想

チャイコフスキー 白鳥 の 湖

「」を音楽的に解説! 前回の記事では、 のあらすじを紹介しました。 今回は、音楽的な「」のすばらしさをじっくりと解説していきます! 有名な「白鳥のテーマ」~第1幕のフィナーレ 形を変えて何度も登場してくるこの「白鳥のテーマ」は、 とっても悲劇的で、そのたびに胸がしめつけられるような哀しさで迫ってきます。 一方で、 舞曲では優美で楽しい曲が何曲も流れてきます。 1幕のワルツ、 2幕の「白鳥たちの踊り」、 3幕のハンガリア舞曲、ロシア舞曲、スペイン舞曲など どれもが心が浮き立つような音楽です! 他にも、シーンによって幻想的な雰囲気たっぷりの曲、 ロマンチックな曲、 劇的で激しい曲など、 本当にさまざまな魅力ある曲が次々にあらわれます。 まさに豪華なフルコースの音楽だといえるでしょう! ここだけは聞いておきたい!4幕フィナーレ 「白鳥のテーマ」が緊迫したリズムで奏でられ、 音楽が急にシリアスになる。 王子と悪魔との闘い。 そして、オデット姫の哀しみ。 それらの展開は悲劇へと向かい、 もっとも戦いが激しくなったところで「白鳥のテーマ」が 悲劇的に響き渡るのです。 ついに悪魔ロットバルトに敗れてしまいます。 しかし、次の瞬間、 「白鳥のテーマ」はに転じ、王子と姫の魂が結ばれたことを教えてくれます。 天界にのぼっていき、そこで結ばれる二人の最後を描いた部分は、 この曲のもっとも感動的なシーンでもあります。 この傑作的な盛り上がり方は、 の音楽性の核心をついたものではないでしょうか。 節、炸裂!! この曲では、 これまでのや協奏曲といった形式からいっさい解放されました。 という未発達なジャンルであったがゆえに、 彼は形式を気にすることなく、 やりたいことを存分にやりきることができました。 そのエッセンスは、 の美しい旋律。 ロシア的な雰囲気の曲、 自由に羽目を外した構成などを駆使して、 物語とともに音楽を千変万化させていったところにあります。 「」と36歳の生きざま この傑作をひっさげて、 はどのように生きていたのでしょうか? 当時の状況をみれば、 大作曲家のしられざる苦悩がわかります。 nmusic.

次の

「白鳥の湖」バレエのあらすじやバリエーションなどを解説してみました。

チャイコフスキー 白鳥 の 湖

まずはダイジェストで聴いてみよう! ファゴットが刻むリズムの乗って木管楽器が軽快な旋律を奏でます。 4羽の白鳥が軽やかに舞う第2幕「4羽の白鳥たちの踊り」をダイジェストで聴いてみましょう。 ヴェロ・パーン指揮 パリ・オペラ座管弦楽団 パリ・オペラ座バレエ チャイコフスキー「白鳥の湖」の解説 白鳥の湖 作品20はロシアの作曲家、 ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー 1840-1893 が1876年に作曲したバレエのための作品です。 この前年の1875年、 ピアノ協奏曲第1番で大きな成功を収めたチャイコフスキーは ボリショイ劇場から依頼を受け、初めてのバレエ作品に取り組むことになります。 台本はドイツの童話 「奪われたヴェール」を元に作られ、作曲は1876年に完成しました。 しかし翌1877年に行われた初演の評価は芳しいものではなく、しばらくして劇場のレパートリーからも外されてしまいました。 その後も上演される機会に恵まれず、ようやく日の目を見たのはチャイコフスキー没後2年目にあたる1895年のことでした。 台本や音楽の一部を改訂し、振り付けも一新したこの再演が大成功を収め、以後バレエの傑作としての評価を得るようになりました。 この1895年の改訂で中心的な役割を果たした振付師の マリウス・プティパとその弟子の レフ・イワノフの版以外にも様々な版が存在し、台本の展開や結末もそれぞれ異なっています。 今日でもバレエの主要なレパートリーを成す本作品ですが、演奏会用の組曲として取り上げられる機会も多い作品です。 ただチャイコフスキー自身は演奏会用の組曲としては編纂しておらず、1900年に出版社のユルゲンソンが編纂した版の他、指揮者自身がセレクトした版などが使われています。 チャイコフスキー「白鳥の湖」のあらすじ 第1幕 舞台はある王宮の庭園。 成人を迎える 王子ジークフリートを祝福し、友人たちが楽しそうに踊っています。 そこへ現れたジークフリートの母である 王妃は、翌日に開催される舞踏会で花嫁を選ぶように命じます。 まだ結婚したくない王子は物思いにふけり、友人達と共に白鳥が住む湖へ狩りに向かいます。 第2幕 舞台は月明かりに照らされる静かな湖のほとり。 岸辺に近づいてきた白鳥を射ようとしたジークフリート王子は、その白鳥が若く美しい娘に変わる姿を目にします。 王子に気づいた白鳥は、自分は オデット姫で、 悪魔ロットバルトに白鳥の姿に変えられ、夜だけこうして人間に戻ることができると身の上を話します。 そして、この呪いを解くには、誰にも愛を誓ったことがない青年が彼女に永遠の愛を誓うしかないと告げます。 王子は愛を誓いますが、やがて朝が訪れオデット姫は再び白鳥となって飛び去って行きます。 第3幕 舞台は王宮の舞踏会。 世界各国の踊りが華やかに繰り広げられています。 王妃はその場に集まった各国の王女の中から花嫁を選ぶように王子に命じますが、王子は昨日出会ったオデット姫のことが忘れられません。 そこへ騎士に変装した悪魔ロットバルトが、娘 オディール(黒鳥)を連れて現れます。 オデット姫と瓜二つのオディールを見た王子は、オディールをオデットだと信じ込み、永遠の愛を誓ってしまいます。 第4幕 舞台は再び湖のほとり。 王子に裏切られたことを知ったオデット姫が嘆き悲しんでいる所に、王子がやってきて許しを乞います。 そこに、悪魔ロットバルトが登場し2人を引き裂こうとします。 敢然と悪魔に立ち向かう王子はついに悪魔ロットバルトを打ち倒し、オデット姫の呪いは解けて2人はめでたく結ばれます。 作曲の背景で触れたようにこの作品の台本には演出により複数の筋書きがあり、特にエンディングにおいてはオデット姫も王子も湖に身を投げて来世で結ばれるという悲劇的な結末の演出もあります。 この動画で抜粋されている曲順も決して一般的なものではありません。 CD等の購入に際しては収録曲をご確認の上、購入されることをおすすめします。

次の

白鳥の湖を100倍楽しむ!③・チャイコフスキーの自由すぎる楽想

チャイコフスキー 白鳥 の 湖

まずはダイジェストで聴いてみよう! ファゴットが刻むリズムの乗って木管楽器が軽快な旋律を奏でます。 4羽の白鳥が軽やかに舞う第2幕「4羽の白鳥たちの踊り」をダイジェストで聴いてみましょう。 ヴェロ・パーン指揮 パリ・オペラ座管弦楽団 パリ・オペラ座バレエ チャイコフスキー「白鳥の湖」の解説 白鳥の湖 作品20はロシアの作曲家、 ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー 1840-1893 が1876年に作曲したバレエのための作品です。 この前年の1875年、 ピアノ協奏曲第1番で大きな成功を収めたチャイコフスキーは ボリショイ劇場から依頼を受け、初めてのバレエ作品に取り組むことになります。 台本はドイツの童話 「奪われたヴェール」を元に作られ、作曲は1876年に完成しました。 しかし翌1877年に行われた初演の評価は芳しいものではなく、しばらくして劇場のレパートリーからも外されてしまいました。 その後も上演される機会に恵まれず、ようやく日の目を見たのはチャイコフスキー没後2年目にあたる1895年のことでした。 台本や音楽の一部を改訂し、振り付けも一新したこの再演が大成功を収め、以後バレエの傑作としての評価を得るようになりました。 この1895年の改訂で中心的な役割を果たした振付師の マリウス・プティパとその弟子の レフ・イワノフの版以外にも様々な版が存在し、台本の展開や結末もそれぞれ異なっています。 今日でもバレエの主要なレパートリーを成す本作品ですが、演奏会用の組曲として取り上げられる機会も多い作品です。 ただチャイコフスキー自身は演奏会用の組曲としては編纂しておらず、1900年に出版社のユルゲンソンが編纂した版の他、指揮者自身がセレクトした版などが使われています。 チャイコフスキー「白鳥の湖」のあらすじ 第1幕 舞台はある王宮の庭園。 成人を迎える 王子ジークフリートを祝福し、友人たちが楽しそうに踊っています。 そこへ現れたジークフリートの母である 王妃は、翌日に開催される舞踏会で花嫁を選ぶように命じます。 まだ結婚したくない王子は物思いにふけり、友人達と共に白鳥が住む湖へ狩りに向かいます。 第2幕 舞台は月明かりに照らされる静かな湖のほとり。 岸辺に近づいてきた白鳥を射ようとしたジークフリート王子は、その白鳥が若く美しい娘に変わる姿を目にします。 王子に気づいた白鳥は、自分は オデット姫で、 悪魔ロットバルトに白鳥の姿に変えられ、夜だけこうして人間に戻ることができると身の上を話します。 そして、この呪いを解くには、誰にも愛を誓ったことがない青年が彼女に永遠の愛を誓うしかないと告げます。 王子は愛を誓いますが、やがて朝が訪れオデット姫は再び白鳥となって飛び去って行きます。 第3幕 舞台は王宮の舞踏会。 世界各国の踊りが華やかに繰り広げられています。 王妃はその場に集まった各国の王女の中から花嫁を選ぶように王子に命じますが、王子は昨日出会ったオデット姫のことが忘れられません。 そこへ騎士に変装した悪魔ロットバルトが、娘 オディール(黒鳥)を連れて現れます。 オデット姫と瓜二つのオディールを見た王子は、オディールをオデットだと信じ込み、永遠の愛を誓ってしまいます。 第4幕 舞台は再び湖のほとり。 王子に裏切られたことを知ったオデット姫が嘆き悲しんでいる所に、王子がやってきて許しを乞います。 そこに、悪魔ロットバルトが登場し2人を引き裂こうとします。 敢然と悪魔に立ち向かう王子はついに悪魔ロットバルトを打ち倒し、オデット姫の呪いは解けて2人はめでたく結ばれます。 作曲の背景で触れたようにこの作品の台本には演出により複数の筋書きがあり、特にエンディングにおいてはオデット姫も王子も湖に身を投げて来世で結ばれるという悲劇的な結末の演出もあります。 この動画で抜粋されている曲順も決して一般的なものではありません。 CD等の購入に際しては収録曲をご確認の上、購入されることをおすすめします。

次の