エクセル ふりがな 表示されない。 » エクセルでふりがなを一括表示!表示されない時は?

エクセル2013基本講座:ふりがなの設定方法

エクセル ふりがな 表示されない

PHONETIC関数の使い方 今回は、下の表に「ふりがな」の列を作ってみたいと思います。 では、列の挿入からいきましょう。 挿入したい場所の 後ろの列番号で右クリック。 出てきたメニューの [挿入]をクリックすると、 新しい列が挿入されます。 項目名に「ふりがな」と入力しておきたいですね。 さて、ふりがなを付ける関数は「PHONETIC」関数という名前です。 PHONETIC関数(フォネティック)・・・文字列から「ふりがな」を抽出する関数 PHONETIC(参照)• 参照・・・「ふりがな」を表示したいセルを指定 単純なのでとても扱いやすい関数です。 下が、関数入力中の画面。 引数も、ふりがなを付けたいセルを選択するだけなので簡単です。 関数をオートフィル機能を使用してコピーすると下のようにふりがなが振れます。 では、ここで大事なポイント PHONETIC関数で表示されたふりがなは、参照セルの入力時の文字情報が表示される このPHONETIC関数で表示される振り仮名は、入力した時のひらがな情報が表示されます。 なので、「谷田」さんという方がいた場合、「ヤダ」と表示されるか「タニタ」と表示されるかは、入力した時の文字によって変わります。 ふりがなの修正に関して 先ほど書いたように、PHONETIC関数で表示されたふりがなを修正するには、 参照している元データのふりがなを修正する必要があります。 一覧から、 [ふりがなの編集]を選択。 すると、下の画像のようにふりがなが表示されるので入力し直します。 「ネコタ」を「ネコダ」にしてみました。 ちゃんとPHONETIC関数を入れたセルに反映されていますね。 修正する時は、 関数を入力したセルではなく、参照したセルを修正するのが大きなポイントです。 その場合も、修正するのは 元の漢字データを修正することになります。 まず、修正したいセル全体を選択しておきます。 出てきたダイアログボックスの[種類]で [ひらがな]を選んで[OK] 元のデータの設定を変更すれば、関数の結果に自動的に反映されます。 関数を使用しても、ふりがなが表示されない場合 PHONETIC関数を使用したのに、ふりがなが表示されない場合があります。 例えば下の画像の「ふりがな」欄にPHONETIC関数で「名前」のセルを参照にしても・・・ 下の画像のように、振り仮名ではなく、コピーされたようにそのまま表示されてしまう・・・。 理由は、 元の参照データにふりがなが存在していないからです。 先ほどの表のデータですが、ふりがなを表示すると、 本来ふりがなが表示される場所が空欄になっています。 下の画像はふりがなが存在している通常のデータです。 データに存在するふりがな情報を使用するのがPHONETIC関数なので、そのふりがなが存在しなければちゃんと機能が働かないのですね。 ふりがなが存在しない理由としては、• 外部から入手したデータ• 他のソフトウェアからのインポート(取り入れた)データ• テキスト形式など、1度エクセル以外の形式に変更したことがあるデータ このようなデータの場合はふりがな情報が存在しないのでPHONETIC関数が使用できません。 まとめ ふりがなを必要とする機会が無い方にとっては、一生使用しない可能性がある関数かもしれません。 しかし、名簿を扱うような仕事をしている人にとってはとても便利な関数です。 こんな関数があるんだなーと頭の隅にいれておくと、いつか役に立つかもしれませんよ。

次の

【エクセル】自動でふりがなを表示させる便利ワザ2選

エクセル ふりがな 表示されない

Evernoteに貼り付け、iPhoneのCheckEverで開けば、iPhone上でチェックができるのです。 ただ、人数が多いと、すばやくチェックできません。 あいうえお順に並べておくと、便利です。 別のセルにフリガナを表示して並べ替えたいときは、関数を使いましょう。 フリガナが正しくふられていないときにも修正ができます。 使うのはPHONETIC関数です。 セルB1に入力して、セルの右下をダブルクリックすれば、 すべてのデータにふりがなが表示されます。 このフリガナを修正して並べ替えるようにすれば確実です。 フリガナを一括してふるには、マクロが必要です。 最もシンプルなのは、このマクロ。 選択した部分にフリガナをふります。 Sub sethurigana Selection. SetPhonetic End Sub Selectionが選択した部分 SetPhoneticがフリガナをふるという意味です。 なんとなく、前述したPHONETIC関数と似ています。 SetPhoneticと入れてEnter で実行できます。 ただ、これらの場合、A列にフリガナをふるだけですので、B列に表示させるには、ExcelでPHONETIC関数を入れなければいけません。 マクロでPHONETIC関数を入れる方法もありますが、よりスムーズにやるなら、こういったプログラムを書きます。 Application. GetPhoneticがフリガナをふるという意味で、B列にA列のフリガナをふるという命令を1行目から11行目まで繰り返すという意味です。 Count. End xlUp. Rowで、データの数を数えて、その分だけ指示を繰り返してくれます。 Count. End xlUp. Value Next End Sub Excelでフリガナをふりたいとき、フリガナがふれないときに活用していただければ。 マクロについては、こちらの記事に使い方をまとめています。 【編集後記】 昨日は木更津トライアスロン(スイム1. 5 バイク40 ラン10㎞)。 去年に続いて2度目の参加です。 両国駅からサイクルトレインという特別列車が出ており、トライアスロンバイクを積んで日帰りで行けます。 スイムは調子よかったのですが、暑さにやられたのか、バイクのラスト5㎞でペースダウン、ランも今一つでした。 (遅くとも20時までに入れるようにしています) 風呂の後は、お互い撃沈。 井ノ上 陽一(いのうえ よういち) 「ひとりしごと」=雇われない雇わない生き方を、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング ひとり社長 ・ひとり税理士 ・アイアンマン スイム3. 8km、バイク180. 2km、ラン42. 日課は1日1新、ブログ。 2007年7月9日以来、日毎日更新中。 1972年12月18日 大阪生まれ。 宮崎育ち東京在住。 娘3歳3ヶ月。

次の

エクセルの関数で表示させた名前に「ふりがな」が付かない

エクセル ふりがな 表示されない

PHONETIC関数の使い方 今回は、下の表に「ふりがな」の列を作ってみたいと思います。 では、列の挿入からいきましょう。 挿入したい場所の 後ろの列番号で右クリック。 出てきたメニューの [挿入]をクリックすると、 新しい列が挿入されます。 項目名に「ふりがな」と入力しておきたいですね。 さて、ふりがなを付ける関数は「PHONETIC」関数という名前です。 PHONETIC関数(フォネティック)・・・文字列から「ふりがな」を抽出する関数 PHONETIC(参照)• 参照・・・「ふりがな」を表示したいセルを指定 単純なのでとても扱いやすい関数です。 下が、関数入力中の画面。 引数も、ふりがなを付けたいセルを選択するだけなので簡単です。 関数をオートフィル機能を使用してコピーすると下のようにふりがなが振れます。 では、ここで大事なポイント PHONETIC関数で表示されたふりがなは、参照セルの入力時の文字情報が表示される このPHONETIC関数で表示される振り仮名は、入力した時のひらがな情報が表示されます。 なので、「谷田」さんという方がいた場合、「ヤダ」と表示されるか「タニタ」と表示されるかは、入力した時の文字によって変わります。 ふりがなの修正に関して 先ほど書いたように、PHONETIC関数で表示されたふりがなを修正するには、 参照している元データのふりがなを修正する必要があります。 一覧から、 [ふりがなの編集]を選択。 すると、下の画像のようにふりがなが表示されるので入力し直します。 「ネコタ」を「ネコダ」にしてみました。 ちゃんとPHONETIC関数を入れたセルに反映されていますね。 修正する時は、 関数を入力したセルではなく、参照したセルを修正するのが大きなポイントです。 その場合も、修正するのは 元の漢字データを修正することになります。 まず、修正したいセル全体を選択しておきます。 出てきたダイアログボックスの[種類]で [ひらがな]を選んで[OK] 元のデータの設定を変更すれば、関数の結果に自動的に反映されます。 関数を使用しても、ふりがなが表示されない場合 PHONETIC関数を使用したのに、ふりがなが表示されない場合があります。 例えば下の画像の「ふりがな」欄にPHONETIC関数で「名前」のセルを参照にしても・・・ 下の画像のように、振り仮名ではなく、コピーされたようにそのまま表示されてしまう・・・。 理由は、 元の参照データにふりがなが存在していないからです。 先ほどの表のデータですが、ふりがなを表示すると、 本来ふりがなが表示される場所が空欄になっています。 下の画像はふりがなが存在している通常のデータです。 データに存在するふりがな情報を使用するのがPHONETIC関数なので、そのふりがなが存在しなければちゃんと機能が働かないのですね。 ふりがなが存在しない理由としては、• 外部から入手したデータ• 他のソフトウェアからのインポート(取り入れた)データ• テキスト形式など、1度エクセル以外の形式に変更したことがあるデータ このようなデータの場合はふりがな情報が存在しないのでPHONETIC関数が使用できません。 まとめ ふりがなを必要とする機会が無い方にとっては、一生使用しない可能性がある関数かもしれません。 しかし、名簿を扱うような仕事をしている人にとってはとても便利な関数です。 こんな関数があるんだなーと頭の隅にいれておくと、いつか役に立つかもしれませんよ。

次の