九州 電力 本社。 九州地方の電力会社の比較・一覧|新電力ネット

企業概要|九電みらいエナジー株式会社

九州 電力 本社

「企業」を知る。 志望理由でライバルとの差を付けよう! ここでは、九州電力の経営理念や同じ電力業界に属する競合会社との比較、最近のニュースなどを通じて、 「数ある電力会社の中で、なぜ九州電力なのか?」という質問への対策を考えましょう。 九州電力について深く知るために、まずは九州電力の経営理念を確認しましょう。 そこから九州電力が求める人材が見えてくるはずです。 企業が求める人材を知ることで、あなたが何をアピールすべきかが分かります。 九州電力の企業理念は、以下の通り。 『「快適で、そして環境にやさしい」そんな毎日を子どもたちの未来につなげていきたい。 この思いの実現に向けて私たちは次の4つに挑戦しつづけます。 1.地球にやさしいエネルギーをいつまでも、しっかりと2.「なるほど」と実感していただくために3.九州とともに。 そしてアジア、世界へ4.語り合う中から、答えを見出し、行動を』 (企業HP九州電力の思いより引用) ここから分かるポイントは、 「挑戦」「行動」の2点。 九州電力では4つの挑戦を軸に、子供たちの未来につなげていくことのできる企業を目指しています。 ですから、経営理念に共感した上で、みなさんがアピールすべきなのは以下の2点です。 「今までに挑戦したこと」• 「今までに目標を持って行動したこと」 次に、電力業界における九州電力と競合会社と比較してみましょう。 九州電力の競合といえば、四国電力が挙げられます。 九州電力と四国電力はどのように違うのでしょうか。 事業について比べると、九州電力では福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県の九州全域に電力の供給を行っています。 発電では原子力発電、火力発電、再生可能エネルギーに取り組んでいることが特徴です。 九州電力ではその他にも様々な取り組みを行っており、特例子会社での運営として九州字幕放送共同制作センターによる字幕放送の普及を促進しています。 さらに海外事業の取り組みをして、13ヶ国・地域におけるコンサルティングを行っています。 一方で四国電力では、徳島県、高知県、愛媛県、香川県の四国全域に電力の供給を行っています。 主な発電では、水力発電、火力発電、原子力発電、太陽光発電などで電力の供給を行っていることが特徴です。 四国電力では、技術コンサルティング事業と発電事業として海外の電力関係事業に携わる取り組みを行っており、発展途上国を中心に再生可能エネルギーの活用や普及を進めています。 次に財務状況について比べると、九州電力は1兆7,911億円(平成26年)で、四国電力は1兆2,560億円(平成26年)であり、売上高では九州電力が上回る結果となっています。 kyuden. keipro. yonden. html ,2015年10月5日DL..

次の

九州電力エリアの電力会社の電気料金比較【掲載数No.1】

九州 電力 本社

概要 [ ] 当社は、九州地方で、、配電線などを維持・運用し、発電事業者やを相手に送配電サービスを提供する会社である。 の大改正( 電力システム改革)によって、(令和2年)4月、一般送配電事業の中立性の確保のため、一般送配電事業者が発電事業や小売電気事業を兼営することが原則、禁止された( 法的分離)。 このため、九州電力は、自社の一般送配電事業を子会社である当社に移管した。 事業内容 [ ] 当社は、の許可を受け、7県(九州エリア)を 供給区域(供給エリア)としてを営む。 エリアの面積は、42,232 km 2であり、(79,531 km 2)、(78,421 km 2)に次ぎ、日本国内10エリア中、第3位に位置する。 当社の一般送配電事業の内容は、概略、次のとおりである。 送配電網の維持 九州の1万km超の送電線、6百箇所近い変電所、17km超の配電線などを維持する。 発電事業者やから接続申込みがあれば、引込線、、などを設置し、発電設備や需要家の負荷設備を送配電網に接続する。 事故・災害時は、故障箇所を特定し、復旧する。 系統運用 九州エリアの(発電所と送配電網)の(60 Hz)・電圧を維持し、電気の安定供給を確保するため、発電・送電・電力需要の状況を監視し、電力の発生や流通を制御する。 託送供給 託送契約者のために、ある地点(受電地点)で送配電網に電気を受け入れると同時に、別の地点(供給地点)で送配電網から電気を供給し、対価として 託送料金を受け取る。 要すれば、電気の宅配サービスである。 託送契約者は、主に、小売電気事業者であり、小売電気事業者は、発電所で発生した電気を需要家(小売電気事業者の顧客)に届けるために託送供給を利用する。 このほか、九州エリアの下記の離島の需要家には、小売電気事業者を介することなく電気を販売・供給する( 離島供給)。 当社は、離島に発電所を有し、発電事業も営む。 また、九州エリアに発電設備を有する事業者のうち、の認定を受けたものと契約し、一定期間、電気を固定価格で買い取る。 買い取った電気は、自社で使用する分以外は、希望するに卸供給する。 九州エリアの離島供給の対象となる離島 県 市・郡 離島 管轄する配電事業所 福岡西配電事業所 ・・・・・ 対馬配電事業所 ・・・・ 壱岐配電事業所 ・・ 川内配電事業所 ・・・・・・・・・ 鹿児島配電事業所 ・ ・・ 熊毛配電事業所 ・ ・・・・・・・ 奄美配電事業所 事業所 [ ] 福岡市に 本店を置き、供給エリア内各県のとに 支社を置く。 支社の管轄エリア内に 配電事業所を置く。 供給エリア外の拠点として、東京都に 東京事務所を置く。 九州電力送配電の支社・配電事業所 支社名称 支社所在地 支社管轄エリア 支社管轄エリア内の配電事業所 北九州支社 ・ 八幡・小倉・田川・行橋・飯塚 福岡支社 ・ 久留米・八女・大牟田・甘木・福岡南・福岡東・福岡西・福岡・福間 佐賀支社 佐賀・唐津・武雄・鳥栖 長崎支社 五島・佐世保・壱岐・大村・対馬・島原・平戸・長崎 大分支社 三重・中津・佐伯・別府・大分・日田 熊本支社 玉名・大津・熊本西・熊本東・宇城・八代・天草・人吉 宮崎支社 延岡・日向・高鍋・宮崎・都城・日南 鹿児島支社 出水・川内・霧島・鹿児島・加世田・鹿屋・熊毛・奄美 設備 [ ] 16 九州電力送配電 ひむか変電所・九州電力 設備の概要 [ ]• 送電設備 送電線の亘長10,803 km• 変電設備 597箇所• 配電設備 配電線の亘長142,223 km• 離島の 内燃力発電設備 30箇所、31. 1万kW• 離島の 水力発電設備 5箇所、3,723 kW• 離島の 風力発電設備 1箇所、250 kW 当社の電力系統で採用する電圧階級は、500 kV、220 kV、110 kV、66 kV、22 kVである。 110 kVは、220 kV導入前の基幹系統であったが、一部地域を除き段階的に縮小する方向である。 本土の系統 [ ] 500 kV、220 kVの設備で 基幹系統を構成する。 以下、主に基幹系統について述べる。 電力需要の多い福岡県内には、4箇所の500 kV変電所が存在し、この4箇所を500 kV送電線がループ状に結ぶ。 北九州変電所()-豊前北幹線(亘長34. 60 km)-豊前変電所()-豊前西幹線(亘長42. 06 km)-中央変電所()-脊振幹線(亘長30. 77 km)-脊振変電所()-北九州幹線(亘長84. 44 km)-北九州変電所というループである。 、、の3方面からの500 kV送電線が上述のループに電気を供給する。 豊前蓄電池変電所 [ ] 九州電力は、国の補助金を受けて、(福岡県)構内に 豊前蓄電池変電所として、出力200 kWののコンテナ252台、、系統連系用の変圧器などを設置し、2016年(平成28年)に運用を開始した。 同変電所は、揚水発電所と同様の機能を担うもので、太陽光発電の出力が上昇する日中に電池に充電し、日没後の電力需要の大きい時間帯に電池から放電することにより、再生可能エネルギーの有効利用に役立つ。 五島連系設備 [ ] 長崎県の電力系統は、かつては九州本土の系統とつながっていなかった。 九州電力は、安定供給と供給コスト低減のため、260億円を投じて 五島連系設備を整備し、2005年(平成17年)6月、本土から五島に電気が供給できるようになった。 五島連系設備は、松島変電所、松島奈良尾線などからなる。 のにある松島変電所では、基幹系統の220 kVを66 kVに降圧する。 松島奈良尾線は、同変電所からのにある奈良尾変電所に達する66 kV・2回線の送電線であり、松島のニン崎から中通島の丸瀬鼻接続所までは、日本最長53 kmの電力海底ケーブルである。 中国九州間連系線 [ ] のから見下ろした。 橋の手前側に 関門連系線(本文参照)の鉄塔が見える。 九州エリアとは、が所有する で連系する。 関門連系線は、九州電力送配電の北九州変電所()との新山口変電所(山口県)とを結ぶ亘長64. 2 kmの500 kV・2回線の送電線であり、の北東側に平行する架空線でを横断する。 を最初に横断した送電線は、が内に設置した 関門連絡線であり、1945年(昭和20年)6月、三菱鉱業(現・)上山田炭鉱に60 Hzで送電を開始した。 1945年(昭和20年)12月、の110 kV 関門幹線が完成し 、翌年3月、やはり三菱鉱業に60 Hzで電気を供給した。 関門幹線が関門海峡を架空線で跨いだ最初の送電線である。 1959年(昭和34年)、関門幹線は、九州電力の手によって、220 kV 新関門幹線に更新された。 新関門幹線のルートは、1980年(昭和55年)にが運転開始した500 kV関門連系線に引き継がれた。 関門連系線は、近年、空き容量が僅少の状態が継続している。 連系線の空き容量不足のため、九州エリアの再生可能エネルギー発電設備の供給力が過剰な場合に、エリア外に送電できず、九州で再エネ発電設備の出力制御が実施される事態が2018年(平成30年)以来、頻発している。 連系線の空き容量の問題に関しては、2018年(平成30年)3月まで、が連系線の増強(別ルート建設)について検討していた。 しかしながら、の結果、巨額の増強費用に見合う便益が見込めないことから、本格的な検討には進まないことになった。 その代わり、連系線の事故発生時に九州島内の電源を遮断するシステムを導入して、連系線の事故発生時に九州本土の周波数上昇が抑制できるようにすることにより、2019年(平成31年)4月から、連系線でエリア外に送電できる容量を拡大した。 離島の系統 [ ]• (対馬島、、、、、)• 壱岐(、、、、)• (、、)• 奄美大島(、、、)• 九州電力送配電が有する発電所は、次の表のとおりである。 九州電力送配電の発電所 電力系統 名称 種類 出力(kW) 所在地 小呂島 小呂島発電所 内燃力 290 福岡県() 対馬 佐須奈発電所 内燃力 5,100 長崎県(対馬島) 対馬 豊玉発電所 内燃力 42,000 長崎県対馬市(対馬島) 対馬 厳原発電所 内燃力 8,600 長崎県対馬市(対馬島) 壱岐 芦辺発電所 内燃力 16,500 長崎県() 壱岐 新壱岐発電所 内燃力 24,000 長崎県壱岐市(青島) 甑島 風力 250 鹿児島県() 甑島 甑島第一発電所 内燃力 14,250 鹿児島県薩摩川内市(上甑島) 竹島 竹島発電所 内燃力 190 鹿児島県() 硫黄島 硫黄島発電所 内燃力 300 鹿児島県鹿児島郡三島村() 黒島 黒島発電所 内燃力 240 鹿児島県鹿児島郡三島村() 種子島 種子島第一発電所 内燃力 16,500 鹿児島県() 種子島 内燃力 24,000 鹿児島県(種子島) 屋久島 嶽野川発電所 水力 160 鹿児島県熊毛郡() 口永良部島 口永良部島発電所 内燃力 400 鹿児島県熊毛郡() 口之島 口之島発電所 内燃力 150 鹿児島県() 中之島 脇ノ川発電所 水力 53 鹿児島県十島村() 中之島 中之島発電所 内燃力 200 鹿児島県鹿児島郡十島村(中之島) 平島 平島発電所 内燃力 110 鹿児島県鹿児島郡十島村() 諏訪之瀬島 諏訪之瀬島発電所 内燃力 160 鹿児島県鹿児島郡十島村() 悪石島 悪石島発電所 内燃力 110 鹿児島県鹿児島郡十島村() 小宝島 小宝島発電所 内燃力 110 鹿児島県鹿児島郡十島村() 宝島 宝島発電所 内燃力 200 鹿児島県鹿児島郡十島村() 喜界島 新喜界発電所 内燃力 12,800 鹿児島県() 喜界島 喜界発電所 内燃力 2,100 鹿児島県大島郡喜界町(喜界島) 奄美大島 竜郷発電所 内燃力 60,000 鹿児島県大島郡() 奄美大島 名瀬発電所 内燃力 21,000 鹿児島県(奄美大島) 奄美大島 新名音川発電所 水力 370 鹿児島県大島郡(奄美大島) 奄美大島 水力 3,000 鹿児島県奄美市(奄美大島) 奄美大島 古仁屋発電所 内燃力 4,750 鹿児島県大島郡(奄美大島) 徳之島 新徳之島発電所 内燃力 2,100 鹿児島県大島郡() 徳之島 秋利神発電所 水力 140 鹿児島県大島郡天城町(徳之島) 徳之島 亀津発電所 内燃力 7,500 鹿児島県大島郡(徳之島) 沖永良部島 新知名発電所 内燃力 23,600 鹿児島県大島郡() 与論島 新与論発電所 内燃力 6,700 鹿児島県大島郡() 与論島 与論発電所 内燃力 2,210 鹿児島県大島郡与論町(与論島) 壱岐 [ ] 壱岐は、戦前から戦後にかけて日本の電気事業に深く関わった財界人・の出身地である。 松永が福岡市のの経営に携わっていた頃、壱岐の村長・長嶋主税に請われ、壱岐で電灯事業を始めることになった。 松永らの出資で、1914年(大正3年)、 壱岐電灯株式会社が設立された。 これが壱岐における電気事業の発祥である。 壱岐電灯は、1943年(昭和18年)、国策によりに統合された。 壱岐電灯が発電所を設置した地には、 芦辺発電所があり、の東側の内海湾に浮かぶ青島には、 新壱岐発電所がある。 新壱岐発電所では、芦辺発電所と郷ノ浦変電所とを遠隔制御する。 九州電力が2011年(平成23年)3月に公表した計画では、海底ケーブル38 kmを含む壱岐本土連系線66 kV・2回線を整備し、2017年度(平成29年度)からは本土から壱岐に送電できるようにする予定であった。 しかしながら、需給動向の変化、厳しい経営状況を理由に、着工に至っていない。 2013年(平成25年)3月、国の補助金を受けて芦辺発電所の隣( 芦辺変電所)に大容量の(出力4,000 kW、容量1,600 kWh)を設置し、太陽光発電や風力発電の出力変動に伴う系統の周波数変動を二次電池の充放電により抑制する試みを開始した。 屋久島 [ ] 九州電力送配電は、に水力発電所1箇所(出力160 kW)を有するものの、島内の需要を賄うのに十分でないため、島内に水力発電所3箇所(合計出力58,500 kW)を有するから電気を購入し、需要家に供給する。 屋久島電工は、九州電力送配電のほか、島内の三つの組合に電気を卸しており、九州電力送配電が電気を供給するのは島内の一部地区にとどまる。 九州エリアの電力系統 [ ] 九州エリアの は、60 Hzである。 2018年度(平成30年4月~平成31年3月)1年間の九州エリアの 需要電力量は、86,431百万kWhであり、同じ1年間の日本全国の需要電力量(896,473百万kWh)の約9. 九州エリアの需要電力量は、日本国内10エリア中第4位であり、第1位の(289,387百万kWh)の3割弱の規模であった。 2018年度の 最大需要電力は、7月26日(木曜日)午後3時に記録した1,601万kWであった。 一方、2018年度の 最小需要電力は、5月6日(日曜日)午前1時に記録した653万kWであった。 最大需要電力は、最小需要電力の約2. 5倍であった。 2013年度~2017年度(平成25年4月~平成30年3月)の5年間の平均で、九州エリアの低圧電灯需要家1軒当たりの 停電回数は、年間0. 12回であり、1軒当たりの 停電時間は、1年当たり62分間であった。 日本全国では、同じ期間の平均で、低圧電灯需要家1軒当たりの停電回数は、年間0. 20回、1軒当たりの停電時間は、1年当たり20分間であった。 なお、日本で最も停電が少なかったのは、であり(停電回数0. 09回、停電時間7分間)、次に停電が少なかったのは、(停電回数0. 11回、停電時間8分間)であった。 沿革 [ ] 九州電力の成立 [ ] 1951年(昭和26年)5月、電気事業再編成令に基づき、九州地方の発送配電一貫経営の電力会社として、が発足した。 この節のが望まれています。 ( 2020年3月) 再生可能エネルギーの大量導入と出力制御の開始 [ ] 後に成立したにより、2012年(平成24年)7月から、再生可能エネルギー電気のが始まった。 九州エリアでは、この制度を利用して大量の太陽光発電設備が設置され、電力系統に連系された。 太陽光発電の出力は、電力需要とは無関係に、日照のみに応じて増減する。 九州電力は、日中、火力発電所の出力を下げ、揚水発電所を揚水運転することにより、太陽光発電設備から大量の電力が流入しても系統の周波数が維持されるように調整してきた。 しかしながら、太陽光発電設備の出力は、九州電力が保有する調整力では吸収しきれない水準まで増えてきた。 そこで、やむを得ず、再生可能エネルギーの出力制御に踏み切ることになった。 揚水発電所がない離島では、九州本土よりも早く、出力制御が必要になった。 では、2015年(平成27年)5月5日()に、出力制御が初めて実施された。 壱岐では、2016年(平成28年)4月15日(金曜日)に、では同年4月29日()に、初めて実施された。 そしてついに、2018年(平成30年)10月13日(土曜日)、九州本土で初めての再生可能エネルギーの出力制御が実施された。 日本の一般送配電事業者10社のうち、再生可能エネルギーの出力制御を実施したのは、九州電力が初めてであった。 当日の正午から30分間の需給状況を見ると、九州エリアの電力需要828万kWに対し、供給力は1,293万kWもあった。 供給力のうち再生可能エネルギーの出力は595万kWであった。 そこで、九州島内の揚水発電所の揚水運転と豊前蓄電池変電所の二次電池への充電により226万kWを吸収し、関門連系線で九州エリア外に196万kW送電してもなお、再エネ出力が43万kW過剰であった。 そこで、再エネ出力595万kWの7. 九州本土の再エネ出力制御は、その後、電力需要の低下する土曜日・日曜日と年始に実施されていたが、2019年(平成31年)3月5日(火曜日)、初めて平日に実施された。 九州本土の再エネ設備量は3月末時点で904万kW(太陽光853万kW、風力51万kW)に達した。 九州電力からの分離 [ ] (平成25年)4月、は、「電力システムに関する改革方針」を閣議決定した。 内閣は、この方針のもと、2013年(平成25年)から2015年(平成28年)にかけ、の改正案を国会に提出した。 改正は全て成立し、内閣の方針どおり、電力システム改革が断行されることになった。 電力システム改革により、2016年(平成28年)4月、発電事業は届出制、は登録制となり、発電と小売の分野で今まで以上に新規参入と競争を促す制度になった。 一方、競争が実際上、不可能なは、許可制として、九州地方の送配電網は、従来どおり九州電力がほぼ独占した。 自由化された発電と小売の分野で様々な事業者が公平な条件で競争するためには、実質的に地域独占の一般送配電事業者が全ての発電事業者・小売電気事業者に対して中立の立場で公平に送配電サービスを提供することが必要である。 一般送配電事業者が発電事業や小売電気事業を兼営すると、一般送配電事業の中立性の確保が難しくなる。 そこで、電力システム改革では、2020年(令和2年)4月以降、一般送配電事業者が発電事業・小売電気事業を兼営することを禁ずることとなった。 九州電力から九州電力送配電を分離するに当たり、料金計算システムも2社に分割する必要があった。 2020年(令和2年)1月に新システムの運用を開始して間もなく、異常が発覚した。 復旧作業で新たな問題が発生し、対策が大幅に長引いた。 当初、1月13日までの復旧を目指していたが、5月29日になってようやく、対策完了を発表することができた。 対策完了までに発生した料金の誤請求・請求遅延の総数は、約105万件であり 、対策作業中のミスにより個人情報漏洩も発生した。 出典 [ ]• 産経ニュース. 2020年4月1日. 2020年4月5日閲覧。 毎日新聞. 2020年3月23日. 2020年3月29日閲覧。 経済産業省資源エネルギー庁, ed 2018. 2017年版電気事業便覧. 一般財団法人経済産業調査会. 九州電力送配電株式会社. 九州電力送配電株式会社. 2020年4月16日閲覧。 九州電力送配電株式会社. 2020年4月12日閲覧。 九州電力送配電株式会社. 九州電力送配電株式会社. 2020年4月3日閲覧。 九州電力送配電株式会社. 九州電力株式会社 2018. 系統計画策定基準. 九州電力株式会社. 九州電力株式会社 2016年3月3日. 九州電力株式会社. 2019年7月14日閲覧。 九州電力株式会社. 2019年7月13日閲覧。 九州周波数統一協議会 1961. 九州周波数統一史. 九州周波数統一協議会. 846• 九州周波数統一協議会 1961. 九州周波数統一史. 九州周波数統一協議会. 電力広域的運営推進機関. 2019年7月22日閲覧。 九州電力株式会社 2019年4月1日. 九州電力株式会社. 2019年7月22日閲覧。 中之島ふるさとづくり委員会. 中之島ふるさとづくり委員会. 2019年7月25日閲覧。 九州電力の内燃力発電所. 九州電力株式会社. 九州電力株式会社 2011年3月30日. 九州電力株式会社. 2019年7月13日閲覧。 九州電力株式会社 2012年10月19日. 九州電力株式会社. 2019年7月14日閲覧。 九州電力株式会社 2013年3月18日. 九州電力株式会社. 2019年7月14日閲覧。 電力需給及び電力系統に関する概況: 2018年度の実績. 電力広域的運営推進機関. 電力需給及び電力系統に関する概況: 2018年度の実績. 電力広域的運営推進機関. 11-13• 電気の質に関する報告書: 2017年度実績. 電力広域的運営推進機関. 14-17• 九州電力株式会社 2018年3月29日. 九州電力株式会社. 2020年5月29日閲覧。 九州電力送配電株式会社. 2020年5月29日閲覧。 日本経済新聞. 2020年5月29日. 2020年5月29日閲覧。 九州電力株式会社; 九州電力送配電株式会社 2020年5月8日. 九州電力送配電株式会社. 2020年5月29日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - チャンネル.

次の

九州のおすすめ新電力会社は?電気代が安い順に比較ランキング(福岡・佐賀・大分・長崎・熊本・宮崎・鹿児島)

九州 電力 本社

九州電力:電気料金メニュー 主な電気料金 メニュー 概要• 契約件数の多い最もスタンダードなプラン• 基本料金は契約する(10Aから60A)によって変わります。 従量電灯CはkVAごと。 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。 離島地域でも利用できます。 大家族・電気の使用量が多い家庭向き• 「2年契約割引」(年間777円)にご加入する必要があります。 従量電灯Bプランと同様に基本料金は契約する(10Aから60A)によって変わります。 従量電灯Bと比べて、毎月のご使用量が300kWh以上(目安)の利用者の方にメリットがでる可能性があります。 離島地域は対象外です。 商店や事務所向け• 従量電灯Cプランと同様に基本料金は契約するkVAごとによって変わります。 従量電灯Cと比べて、ご使用量が550kWh以上(目安)の利用者の方にメリットがでる可能性があります。 離島地域は対象外です。 オール電化向けプラン• 家庭やエコキュートを利用している人向けのプラン。 昼間時間の料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安な料金となっています。 基本料金となる契約電力が、当月と過去11カ月における最大値を契約電力とする実量制 プランです。 離島地域は対象外です。 3歳未満の子供がいる家庭の電気料金のうち、5月分のみが10%割引になる• 九州電力の一般家庭向けの電気料金プランに加入している必要があります。 九州電力の子育てサポートに登録している必要があります。 子供が0歳時に申し込むと年1回、3年間で最大3回の割引が受けられます。 離島地域は対象外です。 九州外からの移住者向けの期間限定割引プラン• 申し込みから1年間、電気料金が5%割引になります。 転勤や進学などの一時的な転居は対象外です。 電気の使用開始から1年以内に申し込む必要があります。 九州電力の一般家庭向けプランに加入している必要があります。 離島地域は対象外です。 九州で選べる電気料金プラン 九州電力以外にも関東エリアで利用できる電気料金プランがあります。 の電気料金プランは、大手電力会社よりお得になるプランを見つけましょう。 九州電力 - 従量電灯B(円・税込み) 契約アンペア数 基本料金 10A 297. 00円 15A 445. 50円 20A 594. 00円 30A 891. 00円 40A 1188. 00円 50A 1485. 00円 60A 1782. 00円 電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段 0 - 120kWh 17. 46円 120 - 300kWh 23. 06円 300kWh以上 26. 06円 九州電力:従量電灯Cの料金表 主に電気をたくさん使う商店やレストランなどが従量電灯Cを契約しています。 契約kVA数によって基本料金が決まる。 6kVA以上50kVAまで• 電気を使う量によって、1kWhあたりの値段が3段階で累進する。 1kWhあたりの値段は季節や時間帯によって変わることがない。 九州電力 - 従量電灯C(円・税込み) 契約kVA数 基本料金 1kVAあたり 297. 00円 電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段 0 - 120kWh 17. 46円 120 - 300kWh 23. 06円 300kWh以上 26. 06円 九州電力:スマートファミリープラン料金表 スマートファミリープランは、電気の使用量が多い一般家庭を対象にしたプランです。 毎月300kWh()以上電気を使用する場合は従量電灯Bよりも電気料金が安くなる可能性があります。 従量電灯Bプランと同様に基本料金は契約する(10Aから60A)によって変わります。 従量電灯Bと比べて、毎月の電気の使用量が300kWh以上(目安)の利用者の方にメリットがでる可能性があります。 2年契約という条件があります。 九州電力のスマートファミリープラン(円・税込) 契約アンペア数 基本料金 10A 297. 00円 15A 445. 50円 20A 594. 00円 30A 891. 00円 40A 1188. 00円 50A 1485. 00円 60A 1782. 00円 電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段 最初の120kWhまで 17. 46円 120kWh超過300kWhまで 23. 06円 300kWh以上 24. 96 円 九州電力:スマートビジネスプラン料金表 九州電力のスマートビジネス・プランは商店や事務所など電気の使用量の多い契約者を対象にしたプランです。 契約kVA数によって基本料金が決まる。 必要に応じたkVAを選びます。 電力量料金は1段階のみです。 1kWhあたりの値段は季節や時間帯によって変わることはありません。 120kWh以上の電力量料金は従量電灯Cより安くなります。 九州電力:電化でナイトプラン一覧 セレクト21• お得な夜間時間帯は21時~翌7時• 就寝時間が遅い等、夜型の生活の利用者の方におすすめです。 セレクト22• お得な夜間時間帯は22時~翌8時• 従来から設定されている標準的な夜間時間帯の利用者の方におすすめです。 セレクト23• お得な夜間時間帯は23時~翌9時• 朝に家事をされる等、朝型の生活の利用者の方におすすめです。 九州電力:電化でナイト・セレクト21料金表 九州電力の電化でナイト・セレクト21はエコキュート等を利用しているの家庭向けのプランです。 「夜間」の設定時間が21時からの設定になっています。 基本料金が実量制となっており変化します。 夜間の時間帯の料金が割安になっています。 電気を使用する時間帯によって従量料金(1kWhあたりの料金)が異なります。 基本料金 九州電力の電化でナイト・セレクト21の電力量料金 区分 1kWhあたりの値段(税込) 平日昼間 午前7時から午後9時まで 夏冬 26. 84円 春秋 23. 95円 休日昼間 午前7時から午後9時まで 夏冬 21. 22円 春秋 17. 82円 夜間 13. 21円• 「夏」は毎年7月1日から9月30日までの期間をいい、「冬」とは毎年12月1日から翌年2月末日までの期間をいいます。 「春」は毎年3月1日から6月30日までの期間をいい、「秋」とは毎年10月1日から11月30日までの期間をいいます。 「昼間」とは、毎日午前7時から午後9時までの時間をいいます。 「夜間」とは、毎日午後9時~翌7時までの時間をいいます。 九州電力:電化でナイト・セレクト22料金表 九州電力の電化でナイト・セレクト22はエコキュート等を利用しているオール電化の家庭向けのプランです。 「夜間」の設定時間が22時からとなっています。 基本料金が実量制となっており変化します。 夜間の時間帯の料金が割安になっています。 電気を使用する時間帯によって従量料金(1kWhあたりの料金)が異なります。 基本料金 九州電力の電化でナイト・セレクト22の電力量料金(円・税込み) 区分 1kWhあたりの値段 平日昼間 午前8時から午後10時まで 夏冬 26. 84円 春秋 23. 95円 休日昼間 午前8時から午後10時まで 夏冬 21. 22円 春秋 17. 82円 夜間 13. 21円• 「夏」は毎年7月1日から9月30日までの期間をいい、「冬」とは毎年12月1日から翌年2月末日までの期間をいいます。 「春」は毎年3月1日から6月30日までの期間をいい、「秋」とは毎年10月1日から11月30日までの期間をいいます。 「昼間」とは、毎日午前8時から午後10時までの時間をいいます。 「夜間」とは、毎日午後10時~翌8時までの時間をいいます。 九州電力:電化でナイト・セレクト23料金表 九州電力の電化でナイト・セレクト23はエコキュート等を利用しているオール電化の家庭向けのプランです。 「夜間」の設定時間が23時からとなっています。 基本料金が実量制となっており変化します。 夜間の時間帯の料金が割安になっています。 電気を使用する時間帯によって従量料金(1kWhあたりの料金)が異なります。 基本料金 九州電力の電化でナイト・セレクト23の電力量料金(円・税込) 区分 1kWhあたりの値段 平日昼間 午前9時から午後11時まで 夏冬 26. 84円 春秋 23. 95円 休日昼間 午前9時から午後11時まで 夏冬 21. 22円 春秋 17. 82円 夜間 13. 21円• 「夏」は毎年7月1日から9月30日までの期間をいい、「冬」とは毎年12月1日から翌年2月末日までの期間をいいます。 「春」は毎年3月1日から6月30日までの期間をいい、「秋」とは毎年10月1日から11月30日までの期間をいいます。 「昼間」とは、毎日午前9時から午後11時までの時間をいいます。 「夜間」とは、毎日午後11時~翌9時までの時間をいいます。 九州電力:すくすく赤ちゃんプラン 九州電力のすくすく赤ちゃんプランは、3歳未満の赤ちゃんがいる家庭で、九州電力の一般家庭向けプランに追加して申し込めるオプションプランです。 九州すくすく赤ちゃんプラン:対象電気料金プラン一覧 スマートファミリープラン、スマートファミリープラン[ガスセット]、スマートビジネスプラン、スマートビジネスプラン[ガスセット]、電化でナイト・セレクト、季時別電灯、時間帯別電灯、ピークシフト電灯、高負荷率型電灯、高負荷率型電灯プラン 現在九州電力の従量電灯Bを利用中の方は、スマートファミリープラン(2年契約割引を適用)、従量電灯Cの場合はスマートビジネスプランへ切り替えることでプランに申し込むことができます。 また利用するには九州電力の会員サイト:キレイライフプラスに入会し、子育てサポートに登録する必要があります。 0歳時に登録すると、年1回、3年で最大3回の割引を受けることができます。 九州電力:IJUターン応援プラン 九州電力のIJUターン応援プランは、九州外から九州への移住をした人が1年間電気料金の割引を受けられるオプションプランです。 九州電力の一般家庭向けプランに追加して利用することができます。 九州すくすく赤ちゃんプラン:対象電気料金プラン一覧 スマートファミリープラン、スマートファミリープラン[ガスセット]、スマートビジネスプラン、スマートビジネスプラン[ガスセット]、電化でナイト・セレクト、季時別電灯、時間帯別電灯、ピークシフト電灯、高負荷率型電灯、高負荷率型電灯プラン 現在九州電力の従量電灯Bを利用中の方は、スマートファミリープラン(2年契約割引を適用)、従量電灯Cの場合はスマートビジネスプランへ切り替えることでプランに申し込むことができます。 転勤や進学などの一時的な転居は対象外です。 また電気の使用開始から1年以内に申し込む必要があります。 お申し込みには九州外から移住したことを確認できる住民票の写しが必要になります。 九州電力:離島向けの電気料金プラン 九州電力は、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県を対象に電気の販売を行っています。 しかしながら、その料金に関しては、九州本島向けのプランと離島向けで分かれています。 また申し込み可能な電気料金プランにも違いがあります。 九州電力の離島向けの料金が適用される地域 県 島名 福岡県 小呂島 長崎県 対馬島・海栗島・泊島・赤島・沖ノ島・島山島 壱岐島・若宮島・原島・長島・大島 鹿児島県 上甑島・中甑島・下甑島 竹島・硫黄島・黒島・口之島・中之島・平島・諏訪之瀬島・悪石島・小宝島・宝島 種子島・屋久島・口永良部島 奄美大島・喜界島・加計呂麻島・与路島・請島・徳之島・沖永良部島・与論島 離島で利用できない九州電力の家庭向け電気料金プラン スマートファミリープラン、スマートビジネスプラン、電化でナイト 九州電力では、このページで紹介した家庭・店舗・事業所向けの低圧電力サービスの他に、官公庁・オフィスビル・学校・病院・工場向けの高圧・特別高圧の電力販売も行なっております。 電話で簡単。 は営業所によって異なります。 番号を確認して営業時間内にかけましょう。 九州電力カスタマーセンターの受付時間(共通)月曜日〜金曜日(休祝日を除く) 9:00〜17:00 このような要件は九州電力のカスタマーセンターに連絡をします。 電気の使用停止・電気の使用開始の申し込み• アンペア変更の依頼• 名義変更の手続き• 九州電力の電気料金の支払い方法の変更 九州電力の会社概要 九州電力の発電事業内容 総出力 1,926万2,336kW(2015年7月現在) 電源構成比 水力発電所 142箇所、358万2,136kW 火力発電所 42箇所、1,020万3,950kW (関連会社経営の発電所を除く) 原子力発電所 2箇所、525万8,000kW 新エネルギー 8箇所、21万8,250kW (関連会社経営の発電所を除く) 関東で九州電力の電気を申し込む 九州電力では、グループ会社の 九州みらいエナジーを通して、関東(東京電力エリア)にお住まいの方を対象に電気料金の提供をしています。 九州みらいエナジーでは、基本プランに加え、JALのマイルが貯まるプランからWAONのポイントが貯まるプランを用意しています。 これから九州から首都圏にお引っ越しをされる方は、その他関東の電力会社と料金を比べ、申し込みを検討してみると良いでしょう。 電気使用の申し込みは、ホームページのオンラインフォームをはじめ電話でも受付を行っています。 九州みらいエナジー・電気の申し込み 九州みらいエナジー・電話番号 0570-031-031 受付時間 平日9時~17時 九州電力の都市ガス:きゅうでんガス 九州電力では、都市ガスの申し込みも可能です。 きゅうでんガスと九州電力をセットで申し込むとよりも都市ガス料金が安くなります。 ただし、トータルで光熱費の節約・コストカットをしたい場合、使用量のだんぜん多い 電気を中心に考え、電気料金の安い電力会社選ぶ方がお得になる可能性が高いと言えます。 特に夏場は都市ガスの使用量もぐっと減るため、都市ガスの料金よりも電気料金の安さが節約への貢献度が高いことが想像できます。 九州電力のホームサービス:九州親孝行サービス スマートメーターを使用した九州電力の新しいサービス。 離れた家族を見守る。 九州電力では、電気供給サービスに加え、離れた家族や空き家、別宅等の見守りサービスの提供も行っています。 色々なコースがありますが、「みまもりサポート」であれば、遠く離れた家族がいつも通り生活をしているかどうかなど、家族の生活状況がスマートマート(デジタル型の新しい電力メーター)を通して確認することができます。 情報は、契約者のスマートフォン宛に送信されます。 またみまもり対象の家族に異常がないかなど、きちんと訪問をして確認してもらいたい場合は、「かけつけ訪問サービス」などを追加で申し込むことができます。 よくある質問一覧(九州電力) 以下に、九州電力に関するよくある質問をまとめました。 よくある質問一覧(九州電力) 質問1:九州電力にはどんな電気料金プランがあるの? 回答1 九州電力エリアで最も多くの家庭で利用されているのは電気料金プランは従量電灯プランです。 その他にも、月300kWh以上利用すると従量電灯よりお得なスマートファミリープランや、オール電化住宅向けの電化でナイトプランがあります。 また、九州本島と離島地域では利用できるプランや料金が異なるので注意が必要です。 質問2:九州電力では都市ガスも販売しているの? 回答2 九州電力では西部ガスエリアで都市ガスを販売しています。 九州電力の「きゅうでんガス」は、西部ガスの一般料金プランに比べてガス料金が安くなります。 ただし、九州電力の電気料金プランとセットでの利用が条件となります。 質問3:九州電力の電話番号は? 回答3 九州電力では料金プランの申し込みや各種問い合わせなどを、九州電力カスタマーセンターで受け付けています。 電話番号は各地域・用件ごとに異なります。 質問4:九州電力から新しい電力会社に切り替えるには? 回答4 1. 同一住所で九州電力から新しい電力会社に切り替える場合 ご利用になりたい電力会社に新規申し込みをするだけでOK。 新しい電力会社が九州電力への解約手続きを行ないます。 引越しなど別の住所で新しい電力会社に切り替える場合 現在利用している住所における九州電力の電気料金プランは、九州電力に連絡して解約する必要があります。 新しい住所での電気の使用開始手続きは、利用したい電力会社に申し込む必要があります。

次の