エンゼルス スキャッグス。 【急死】タイラースカッグス投手が死去→死因は?(MLBエンゼルス:大谷翔平の同僚左腕)年俸や成績(経歴や戦績)は?顔写真(画像)と動画も

“スキャッグスを背に”エンゼルスが本拠地で継投ノーヒッター 大谷翔平は…

エンゼルス スキャッグス

スポーツ専門局『』によれば、エンゼルスの球団広報部長エリック・ケイ氏が連邦捜査官に対して、ケイ氏がスキャッグスさんにオキシコドンを提供し、数年に渡って一緒に乱用していたこと、さらに2人のエンゼルス球団幹部がスキャッグスさんの薬物乱用を急死事件のずっと以前から知っていたと供述した。 同報告はさらにケイ氏が米国連邦麻薬取締局(DEA)に対して、他に「オピオイドを乱用していた」と氏が認識している5人のエンゼルス選手の名を明かしたともしている。 ケイ氏はまたスキャッグスさんが亡くなる数日前に面会した際の様子を詳細に語り、その際に氏が違法に取得したオキシコドンのピル3個を手渡したと供述している。 報告書抜粋: 2人の情報筋によれば、ケイ氏はオキシコドンのピル6個を違法に取得し、そのうちの3個をスキャッグスさんがテキサス遠征に向けてカリフォルニアを出発する前日か2日前に手渡したと捜査官に語った。 ケイ氏がDEA捜査官に語った内容によれば、スキャッグスさんは多くの場合ケイ氏が手渡したピルをすぐに服用していたことから、スキャッグスさんが亡くなった当日に摂取したピルはケイ氏が提供したものとは違うものと考えている。 さらにスキャッグスさんはチームがテキサスに向けて出発した当日にケイ氏にテキスト・メッセージを送り、オキシコドンをさらに要求したが、ケイ氏はそれを取得することが出来なかったとも情報筋は伝えている。 ケイ氏はさらにスキャッグスさんの死の数時間前に面会し、スキャッグスさんが「3本の砕いたオピオイド」を鼻から吸い込むところを目撃し、そしてスキャッグスさんはケイ氏にも薬物を勧めたと供述している。 同報告を受けたエンゼルスは球団社長ジョン・カルピーノ氏の声明を発表し、球団は違法薬物に関して厳格な規則で臨んでいることを強調している。 「我々はいかなる球団職員がいかなる選手に対して違法薬物を提供していた、あるいはいかなる選手が違法薬物を要求していたなどという話を一切聞いたことがない。 エンゼルスは選手に対しても職員に対しても、違法薬物に関しては極めて厳格な規則で臨んでいる。 選手たちは1人残らず、MLBが定めた薬物規則に従わなくてはならない。 我々はタイラーの死を悼み続け、また捜査当局に最後まで全面的な協力を惜しまない」 スキャッグスさんは、7月1日にテキサス州サウスレイクのホテルで自身の嘔吐物が喉に詰まったことによる窒息が原因で死亡した。 8月30日に公表された解剖結果によれば、スキャッグスさんの体内からオキシコドン、フェンタニル、そしてアルコールが検出された。 エンゼルスはスキャッグスさんの喪に服するためにその日のテキサス・レンジャーズ戦を延期。 7月12日のシアトル・マリナーズ戦は追悼試合として行われ、スキャッグスさんの妻や父母も参加していた。 (翻訳:角谷剛).

次の

エンゼルスの補強を徹底検証!【2019

エンゼルス スキャッグス

急逝後初の本拠地での試合、全員が背番号「45」 大谷翔平選手が所属するロサンゼルス・エンゼルスが12日(日本時間13日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのシアトル・マリナーズ戦で2投手による継投でのノーヒット・ノーランを達成した。 エンゼルスは、チームメイトのタイラー・スキャッグス投手が1日(同2日)に急逝して以来初めてとなる本拠地での試合。 ナインは全員がスキャッグスさんの背番号「45」と名前が記されたユニフォームを着用し、試合前の追悼セレモニーではスキャッグスさんの母デビーさんが始球式を行った。 エンゼルスは、いきなり初回から猛攻を仕掛ける。 まず2番のマイク・トラウト外野手が第29号2ラン本塁打を放って先制。 「3番・指名打者(DH)」で先発出場した大谷翔平選手も左前安打で続いてチャンスを作り、この後アンドレルトン・シモンズ内野手とダスティン・ガーノウ捕手、そして2巡目となったトラウトの適時打などでこの回一挙7得点を挙げた。 大谷はこの後安打は出ず、この日は4打数1安打1四球。 8試合連続安打として打率を. 302とした。 2回にも2点を追加し9-0としたエンゼルス。 投げては、この日「オープナー」を採用し先発のテイラー・コール投手が2回を無安打無失点。 さらに2番手のフェリックス・ペーニャ投手もマリナーズ打線を寄せ付けない好投を見せた。 また、大差の中でもエンゼルスの打棒の勢いは止まらず。 エンゼルスは5回にトラウトのこの日6打点目となる適時二塁打、11-0とした7回にはジャスティン・アプトン外野手が第4号2ラン本塁打を中堅スタンドに叩き込み13-0とした。 完全に流れはエンゼルス。 守っても投手を中心に堅い守備が見られ、ペーニャは8回まで無安打、許した走者は5回にオマー・ナルバエズ捕手に与えた四球1つのみという好投で快挙まであとアウト3つに迫った。 そして迎えた9回、ペーニャは先頭のマック・ウィリアムソン外野手を中飛、ディー・ゴードン内野手を投ゴロに打ち取り2アウト。 最後は俊足で内野安打が懸念されるマレックス・スミス外野手を二ゴロに抑えて、継投でのノーヒット・ノーランを達成した。 エンゼルスでは球団史上11度目となる快挙だ。 13-0と大勝するとともに、それに快挙で華を添えたエンゼルスナインは試合後、マウンドに集まり背番号「45」のユニフォームを並べ置き、お互いハグをしながら悲しみを分け合った。 しかし、悲しみの中にもスキャッグスさんに捧げる勝利をノーヒット・ノーランという快挙で飾ったことで多くの喜びの表情も見られた。 試合後、グラウンドで行われた地元テレビ局『FOX Sports』のインタビューによれば、ペーニャは「今この場にスキャッグスがここにいないことがとても悲しい。 でも、(ノーヒット・ノーランという)素晴らしい瞬間を迎えることができ、これは彼と家族のための試合だった」とコメント。 さらに先発したコールは「今日はデビーさんによる最高の一球から始まった。 本当に特別なもの。 チーム、ファン、スキャッグス、そして彼の家族にとって。 我々はタイラーと家族のために頑張った」とスキャッグスさんを背に感じながら勝利を飾った一戦を振り返った。 最後に語ったペーニャ。 天国のスキャッグスに多くの笑顔を届けるためにも、エンゼルスはこれからも前を向いて戦っていく。 【写真】天国のスキャッグスさんへの愛。 「45」のユニフォームでマウンドを埋め尽くす エンゼルスの公式ツイッターより A no-no just hours before what would have been Tyler Skaggs' 28th birthday. You can't script this. For Tyler. — MLB MLB 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

スキャッグス死去!死因は?死の直前の動画、画像アリ!レンジャース戦は中止!

エンゼルス スキャッグス

27歳で急死も死因はまだ発表されず、MLBコミッショナーも声明発表 エンゼルスのタイラー・スカッグス投手が1日(日本時間2日)、遠征先のテキサスのホテルで死去した。 27歳だった。 まだ死因は発表されていないが、地元紙は「自殺は疑われていない」と伝えている。 地元警察はこの日、午後2時18分に連絡を受けてエンゼルスの宿舎に駆けつけたが、スカッグスは意識のない状態で発見され、その後、死亡が確認されたという。 地元警察は、現時点で不審な死のように見えないが、さらに調査を続けると発表。 地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「サウスレイク警察のスポークスマンは、自殺は『疑われていない』と話した」と伝えている。 前日の30日(同1日)はいつもと変わらず元気な様子で、試合後の移動はウエスタン・スタイルのドレスコードをチームが設定していたため、同僚とともにカウボーイ姿でテキサスに出発していた。 メジャーリーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーは「本日のテキサスでの突然の悲劇に深い悲しみを覚えています。 メジャーリーグは、タイラーの妻のカーリ、彼らの家族、友達、そして、エンゼルスの同僚やチームメートたちに心からお悔やみを申し上げます。 我々はこの困難な時期にエンゼルス球団をサポートし、タイラーのチームメートやベースボール・ファミリーにあらゆる支援を行います」と声明を発表。 多くの選手が続々と追悼のコメントをツイッターに投稿している。

次の