アップル usb ケーブル。 Lightning (インターフェイス)

【楽天市場】Apple(アップル) > ケーブル:フォトアシスト 楽天市場店

アップル usb ケーブル

100均で売られているUSB充電ケーブルは、ラインナップが驚くほど充実していて、(怪しいものも含めて)数多くの製品が販売されています。 USB Type-Cケーブルは昨年あたりから登場していますが、ふと気づくとそれだけでなくType-C関連の変換ケーブル・アダプタなども増えていました。 そうなってくるときになるのは中身。 実際どうなっているのか、分解して確認することにしてみました。 実験の目的パッケージに記載されている情報が不足しているケースが多いので、本当のところはどうなのかを確認する。 動機USB Type-Cは、USB 3. 1だけでなくUSB 2. 0でも使われていることや、さらにThunderbolt 3にも採用されていることもあって、ユーザーが混乱しやすい規格です。 また、USB PDという給電規格もあり、この混乱にさらに拍車をかけています。 雑に言うと 「USB Type-C端子はコネクタ形状に過ぎない」わけで、どの通信に対応しているのか、給電能力はどのくらいか、という点とは関係ないのですが、そのあたりを完璧に理解して使っているユーザーはほとんどいません。 では、メーカー側が完璧に理解して商品を提供しているのかといえば...... 実はそうじゃないんですよね。 例えば海外ですが、GoogleのBenson Leung 氏が片っ端からUSB Type-Cケーブルを試し、Amazon. comのレビューでダメ出ししていたことなんかが有名です。 国内でも検証記事は多くあり、スマホ充電ケーブルの挙動では山口 真弘氏の記事が秀逸ですので気になる方はご一読を。 メーカー品から100均で販売されているものまで幅広くチェックされていて、非常にためになります。 合わせて【PC給電編】も読むと、さらに理解が深まると思います。 また、USB Type-CケーブルよりUSB ACに主眼を置いたものであれば、Amazon. jpにある はんぺん氏 のレビューが参考になります。 規格面からしっかりとチェックされているだけに、ケーブルだけでなくACアダプタの購入も考えているのであれば一度は目を通しておきたいところ。。 よかった。 そんなわけで、世にあるUSB Type-C関連は玉石入り混じった状態にあることがわかってもらえたかと思いますが、今回の記事はこういった実用的な検証とはちょっと違います。 普段からガジェットに親しみ、いじっている人たちの発言であれば特に違和感はないのですが、抵抗なんて気にしないどころか存在すら意識しないであろうライト層からもそういった言葉を聞いただけに、興味が沸いてしまったわけです。 スイッチのQ&Aで、「市販のUSBケーブルで接続する場合は「56kレジスタ(抵抗)」の実装されたケーブルをご使用ください」と明記されています 「そういや、抵抗ってどこに入ってるんだろう。 コネクタ内蔵? 基板に実装? Type-A側? Type-C側?」 などと考える程度には気になっていたのですが、そのうち忘れていました。 それを思い出したのが、先日100均ショップ(ダイソー)でUSB Type-C関連商品が微妙に増えていることに気づいたときです。 なんとなくケーブルのパッケージを手に取り裏側を見たところ、抵抗については何も書かれていません。 結構話題になったと思ったのに今でも明記されていないとなると、この製品には本当に抵抗が搭載されていないのではないか、という疑問がフツフツと沸いてきました。 また変換アダプタのパッケージを手に取りよく見ると、端子部が青くなっています。 パッケージに入ったままでは見づらいのですが、どうやら端子数が9つあるような...... これ、明記されてないけどUSB 3. 0なのでしょうか......。 ともあれ、パッケージにはろくな情報がなく、知りたいことは何ひとつ確認できません。 よろしい、それなら物理的に確認してやろうじゃないかと思い、分解することにしたわけです。 これに、後から発見した「Type-C 変換アダプタ」と書かれたmicroUSB変換アダプタの4製品です。 いずれもダイソーで販売されているもの。 スマホなどのケーブルで多く用いられるmicroUSB端子を、USB Type-C端子へと変換するアダプタです 実験方法分解なので実験方法も何もありませんが、それぞれ分解して基板があれば基板を、コネクタだけならコネクタをアップで紹介するという、シンプルなものです。 抵抗が載っているようであれば、その抵抗値も測ります。 使用したのはハサミ、カッター、ニッパー、保護メガネ、リューター、マルチメーターなど。 ご家庭にある(であろう)一般的な工具です。 先に製品の外見から。 10cmではあんまり意味なさそうですが なんだか思っていた以上にまともなケーブルに感じます。 が、それは外見の話。 ということで、分解して確認です。 この抵抗の値は約55. また、樹脂で固めてあるのですが、まずは半透明の樹脂で固めてから周囲のピンクの樹脂で固めてあるという、二重構造になっていました。 メリットはわかりませんが、丁寧な作りであることは確かでしょう。 10cmの短い充電ケーブルが欲しいのであれば、かなり重宝しそうです。 こちらも製品の外見からチェックしてみます。 長さは100cmあるので、カバンの中にモバイルバッテリーを入れたまま充電するのに便利かも メーカーの人がキャッチコピーに困るだろう程度に特徴がない外見が特徴というか、面白味がないケーブルです。 少しバリがあった、くらいしか感想がありません。 最初は50cmかと思ってたのですが、よくよくパッケージを見たら100cmだったのが唯一の意外と感じた点です。 では中身を。 抵抗は付いておらず、コンデンサのみでした バラしてみると、充電ケーブルとはいえ抵抗はナシ。 念のため両端とも削ってみたのですが、どちらもコンデンサのみでした。 両端がUSB Type-Cということは、接続するどちらの側もUSB Type-C対応機器なわけで、わざわざケーブル側でマークをもっていなくても大丈夫ということなのでしょうか。 これが一般的なのかはわかりませんけど。 試しにUSB Type-Cを備えたノートPC(とある理由で名前は出せませんが、第8世代Core i7搭載のBTOパソコンです)とMoto Z2 Playをつないでみたところ、充電可能でした。 画面上の表示も高速充電となる「TurboPowerが接続されました」となっていたので、双方がUSB Type-Cであれば問題なく使える可能性が高そうです。 意外といいかもしれません ケーブル長が100cmあることを考えると、ちょっと電源ラインが細いような気がしますが、信号のラインよりは太くなっていますので、ちゃんと考えられてはいる様子。 とはいえ、パッケージに5V2. 4Aと明記されているので、充電に使うならスマホあたりに限定して、タブレットやノートPCなど消費電力の大きな機器の充電には使わないのが無難でしょう。 なお、通信も可能とのことですが、結線は5本なのでどう頑張ってもUSB 2. 0ですね。 パッケージの説明を見ると充電・通信用のアダプタとありましたが、これって一般的には充電目的で使うものではなく、マウスやキーボード、ストレージなどのUSB機器を接続するためにある、いわゆるOTG(USB On-The-Go、USBホスト機能)のアダプタなのでは......。 それはともかく、充電目的であればUSB3. 0である必要はないので一見USB3. 0っぽいコネクタを採用していますが、実は中の結線は4本だけというオチも十分考えられます。 充電・通信用らしいですが...... 0である雰囲気バッチリ。 端子部をよく見てみると、手前に5ピンぶん追加されているのが確認できます ということで分解して中身を確認しようと思ったわけですが、アルミの外装にはニッパーでは歯が立たないので、リューターを使いました。 0-OTG」って書いてありますね! 確定といっていいでしょう。 コンデンサにR2と書いてあるのが気になります 予想にたがわず中の基板にはしっかりと 「USB3. 0-OTG」の文字があり、これがOTG用のアダプタである可能性が高まりました。 さらに裏面を見てみると、抵抗とコンデンサが実装されています。 (固定抵抗だけに) 動作確認のため、USB Type-CとUSB Type-A(どちらもUSB 3. 1)を備えるノートPCを使い、SATA接続の古いSSDをUSB 3. 0接続へと変換した外付けストレージを繋ぎ、OTGアダプタの有無で速度が変化するか調べてみました。 SSDが古いので遅いですが 結果は見ての通りでほぼ同じ。 テストに向いた高速ストレージがなく、急遽古いSSDを引っ張り出してきたので遅いですが、それでもUSB 2. 0で動いていることは確実です。 ついでにもうひとつ。 OTGってことはスマホでも使えるかなってことでMoto Z2 Playにこのアダプタを接続し、マウスを接続してみたところ、カーソルが出現。 問題なく操作できました。 ちょっと見づらいですが、スマホの画面にマウスカーソルがあるのがわかるかと OTGアダプタだって言って売ればいいのに、なんでわざわざUSB 3. 0であることも隠したうえ、充電・通信アダプタとしているのか理解に苦しみます。 もちろん、充電もできるでしょうけど......。 実験4「Type-C 変換アダプタ」最後は、microUSBからの変換となる「Type-C 変換アダプタ」。 実は、このアダプタは以前見つけて分解もしていたのですが、その後店頭で見かけることがなかったので、てっきり販売終了になったのだとばかり思っていました。 ですが今回、上の3製品の分解が終わった後に偶然発見。 急遽テストに追加しました。 とても小さくシンプルなもの 全長2. 5cmもないほど小さなアダプタで、外見上の特徴は特にありません。 サクッと中身を見てみましょう。 片面にコンデンサと抵抗が載っていました 中身もシンプルで、基板の両端にUSB Type-CとmicroUSBのコネクタがそれぞれ接続されているというもの。 片面にはコンデンサと抵抗が載っており、抵抗値を調べてみると約56. microUSBとUSB Type-Cの両方の機器を持っている人にとっては、なかなか便利なアダプタです。 結論・まとめということで、今回の実験からわかったことをまとめると、• 1.10cmの充電ケーブルは実用性高い• 3.OTGアダプタは買い• 4.microUSBアダプタは抵抗入りでまとも といったところでしょうか。 ただ、なんであんなにパッケージは不親切なんでしょうか。 その点を改善してくれたら、もう少し買いやすくなるのにな、と。 でもまー、そういった商品を望むならちゃんとしたメーカーの製品を買えという話ですけどね。 USB Type-C関連は難しいことが多いので、分かっている人じゃない限り微妙な商品を買うのは控えた方がいいと思います。 裏を返せば、自己責任で何とかできる人であれば、安くて良いものを見つけられるでしょう。 個人的には、10cmケーブルとOTGアダプタが今回のアタリでした。

次の

100均のUSBケーブル10選!ダイソー・セリア別!種類別におすすめ!

アップル usb ケーブル

iPhoneでデータ転送、充電に欠かせないものといえば…そうUSBケーブルですね。 ただiPhoneの世代が変わる毎にUSBケーブルの規格が変わっているので結局どれを使えばいいかわからないなんてことありませんか? iPhoneのケーブルはAndroidのマイクロUSBとは別規格のケーブルを使用しています。 そのためAndroidから乗り換える、初めてiPhoneを使う場合は自身の機器に適したケーブルを使用しなければいけません。 以下で詳しく説明しています。 iPhone4より以前のUSBケーブル iPhone4以前のケーブルはDockコネクタと呼ばれる横幅が広いケーブルを使用しています。 最新型のiPhone7とは互換性はありませんが専用の変換コネクタを使用することによって一応ですが使う事も出来ます。 iPhone5以降のUSBケーブル iPhone5以降からは「Lightningケーブル」と呼ばれるものを使用しています。 LightningケーブルはiPhoneに挿す際に裏表を気にせずに使えるものになっています。 lightningケーブルの種類 Lightningケーブルには様々な種類があります。 といっても基本的な性能面では充電専用のもの(PCとのデータの送受信が出来ない)がある程度でその他にはケーブルの長さが違う、巻取り式やケーブルの耐久性などが違う、「モバイル向きの極短ケーブル」・「断線しにくく丈夫な高耐久ケーブル」・「自宅や自動車での利用に便利な長いロングケーブル」などがあります。 基本的にはApple純正品や後述するMFi認証済み製品を使用していれば問題はありませんが自分が使うシチュエーションによってケーブルを変えていくことも大事です。 純正のUSBケーブルとそれ以外のもの LightningケーブルにはApple純正品の物以外にもMFi認証済み製品と非認証製品があります。 「MFiロゴ」マークの付いた製品は、アップル社によって互換性が保障されているといえます。 「MFiロゴ」マークの付いていないLightningケーブルは、エラーが出たり、将来のOSアップデート時に使用できなくなる可能性があります。 購入時にはご注意下さい。 それ以外の非認証製品については品質はまちまちになるので出来る限りApple純正品ケーブルを使用しましょう。 USBケーブルが認識されないとき USBケーブルが突然認識されない場合、iPhoneの電源がちゃんと入っているかを確認してください。 また、電源が入っている、入っていないに関わらず、1度ケーブルから外したうえで、iPhoneを再起動させてみてください。 iPhoneの接触状況など何らかの理由で認識されていなかった可能性があります。 電源のオン・オフで改善される場合がありますので、状況が改善する可能性があります。 充電できるのに認識されないとき iTunesなどでバックアップをするときやPC側からiPhoneを操作するときなどにUSBケーブルで接続することはあると思います。 しかしながら充電されているのにPC側で認識されないことがあります。 その際の対処法を説明致します。 別のUSBポートに接続する 1度使っているiPhone以外のUSBアクセサリをパソコンから全て外します。 そしてUSBポートを1つずつ試していきます。 USBポートの接触が原因で認識されない場合もあり、USBポートを変えることで改善されることがあります。 また、併せて、USBケーブルも確認します。 古いものだと断線しているものなどもありますので、比較的新しく、Appleの純正のUSBケーブルを使って行います。 別のケーブルで接続する 充電できるケーブルだから問題はないと思われがちですが、ケーブルによっては充電用のものもあります。 100円ショップなどで販売しているケーブルによっては充電専用のものがありデータ転送できないものがあるので要注意です。 充電専用ケーブルは先端の端子数が少ないので確認してみましょう。 純正品ならば問題はないので別のケーブルに差し替えてみましょう。 パソコンとiPhoneそれぞれ再起動する パソコンとiPhoneの両機器を再起動することで改善されることがあります。 再起動する場合は、iPhoneとパソコンの接続を外したうえで行います。 再起動した後に接続することで、iPhoneがパソコンから認識されるようになるケースがあります。 【iPhoneの再起動方法】 1. 『スリープボタン』を長押しする 2. スライダーを右にスワイプする 3. 再度『スリープボタン』を長押しする iTunesを最新のものにアップデート まず、使っているパソコンが対応しているのが最新のバージョンのiTunesかを確認します。 そうでない場合は、最新バージョンのiTunesにバージョンアップすることで、認識されるようになる場合があります。 最新バージョンにアップデートする場合は、MacはiTunesを起動し、メニューバーのiTunesをクリックします。 その次にアップデートを確認をクリックすると、あとは画面の指示にしたがって行うだけです。 Windowsは、iTunesを起動し、メニューバーからヘルプをクリックします。 そして、更新プログラムを確認をクリックし、その後は指示に従ってアップデートを行います。 詳しい手順は以下になります。 【Macの場合】 1. 『iTunes』を起動する 2. 画面上部のメニューバーから『iTunes』をクリック 3. 『アップデートを確認』をクリック 4. 画面の指示に従いアップデートを行なう 【Windowsの場合】 1. 『iTunes』を起動する 2. メニューバーから『ヘルプ』をクリック 3. 『更新プログラムを確認』をクリック 4. 画面の指示に従いアップデートを行なう Apple Mobile Device Supportがインストールされているか WindowsのPCのを使用している場合、iTunesでiPhoneを認識するには「Apple Mobile Device Support」がインストールされている必要があります。 通常は自動でインストールされており不具合などで消えてしまっている場合があります。 再インストール手順はAppleサポートページを参考にしましょう。 端子を掃除する 端子が汚れていると接触不良でデータの送受信ができないことがあります。 綿棒などで端子の汚れを取りましょう。 iPhoneが充電できなくなったとき iPhoneを長期間使っていると画面タップの反応が鈍い、アプリを起動してもすぐに落ちてしまうなどiPhone本体の動作が不安定になります。 バッテリーも同様に負担亭になることがあるのでiPhoneを再起動して動作をリセットしてみましょう。 純正ではないUSBケーブルを使っている 純正、もしくはApple認証済のケーブルでない場合、充電できない可能性があります。 できるだけAppleが認定した商品を購入するべきです。 充電の電源が100Vではない バッテリー残量がほとんどなくなってしまったiPhoneはモバイルバッテリーやPCのUSBポートでの接続の場合、充電できないことがあります。 家庭内のコンセントでの充電は100V電源になるためUSBで充電できなくなってしまった場合はコンセントで充電してみてください。 USBケーブルが断線していないか確認する 充電ケーブルのiPhone側端子の根本部分は非常に弱いので、断線している恐れがあります。 表面的には切れていなくても、内部では断線していることもあるため確認してみてください。 接触不良のときは、除光液をためす 純正のケーブルと充電器、そして100V電源を使っているのにもかかわらず充電できない場合は除光液を試してみてください。 除光液を綿棒に浸けてiPhoneのコネクタを掃除しましょう。 液体なので不安に思う方もいると思いますが、揮発性が高いためすぐに乾くので大丈夫です。 iPhoneでは充電端子にカバーがついていないため相当汚れやすいため定期的にメンテナンスしてあげてください。 綿棒でサッサとふきとるだけでも効果があるので除光液なしでも試してみてください。 除光液を使った端子掃除はあくまでも自己責任でお願い致します。 iPhoneを使う時はケーブルは外すこと 断線の原因で最も多いのは充電しながらiPhoneを使ってしまうことです。 寝転がりながらiPhoneを使いたくなりますがぐっと我慢しましょう。 充電しながら使っていると根元に負担が増すため、やはり充電時の使用は避けた方がいいです。 USBケーブルを断線しにくくするTIPS ケーブルの損傷の多くは「断線」です。 断線は無理な方向にねじってしまったり長時間ケーブルを曲げてしまうと起こりやすい現象です。 断線を防ぐ対策は以下になります。 充電中にケーブルに触らない iPhoneを充電しながらゲームをしたり動画を観たりと、充電中に使用することが断線の一番の原因です。 充電中に使用すると根元にかなりの負荷がかかってしまうため、コードがむき出しになり、やがて接続しにくくなり、最終的に使い物にならなくなってしまいます。 低い位置で充電する コンセント部分(USB部分)よりも高い位置にiPhoneを置いて充電してしまうということは根元部分から垂れ下がる形となり、やはりLightningケーブルの根元に負荷がかかります。 特に寝ている時に充電している時は、何時間ものあいだ負荷がかかっている状態で放置しているということですからかなりのダメージを与えることになります。 「充電中は触ってないから安心」と高を括っているとケーブルを傷める原因になるので注意しましょう。 ケーブルを持ち歩かない 外出時、職場や喫茶店などで充電しようと思いバッグにLightningケーブルを入れて外出するケースがあると思いますがこれもケーブルを断線する大きな原因となりうることです。 バッグの中に無作為にケーブルを入れてしまうと全体に負荷をかけてしまうことになります。 特にケーブルを袋やケースなどに入れずにそのままの状態でバッグに入れることは、傷みやすい果物を保護せずに段ボールに入れて郵送することと同じです。 さらに、歩いたり満員電車の中でもみくちゃにされたりすると少なからずケーブルに衝撃が与えられてしまいます。 バッグの中でLightningケーブルがどういう状況になっているのかが把握できないため、こちらも断線の原因となってしまうことが多いためケーブルはあまり持ち歩かないようにしましょう。 ボールペンのバネを使う 断線を防ぐ方法として自宅にあるボールペンのバネを使うという方法があります。 ノック式のボールペンを分解し、中にあるスプリング部分を取り出します。 そしてケーブルの先にある断線しやすい壊れやすい方にバネを装着します。 装着するのは端から入れるのではなく、バネをケーブルに回転させながらはめれば完璧とまではいかないかもしれませんがたったのこれだけで強度が大分増すため断線を防ぐことが出来ます。 巻き取り式のUSBケーブル 巻き取り式タイプのLightningケーブルは、使わない時にはケーブルをコンパクトに収納して保管できケーブルをねじ曲げてしまう事が少ないため断線を防ぐことが出来ます。 条件が合えば断線したUSBケーブルを無償交換可能 iPhone購入時に付属している純正の充電器(電源アダプタ&充電ケーブル)は、保証期間中であれば無料で交換してもらうことが可能です。 とくにケーブルはすぐに断線してしまうので、無料で交換できるのはありがたいですね。 クレジットカードをお持ちでない方はお近くのAppleStoreで交換してもらいましょう。 また無料で交換するには故障した充電器と引き換えという条件があります。 iPhoneの保証期間は通常購入で1年間、AppleCare+for iPhone』に加入している場合は2年間。 まずはお持ちのiPhoneが保証期間内なのか確認してみましょう。 新しい充電器に変えて充電してもバッテリーの減りが早いと感じる場合は、バッテリーの寿命を疑いましょう。 まとめ iPhoneの充電ケーブルはApple社純正品か認証品を使いましょう。 充電が出来なく、認識されない場合は機器の再起動をして様子を見ます。 それでもだめな場合は除光液を使って端子の汚れを取り除きます。 外出時に充電が必要な場合はスペアのLightningケーブルを用意しましょう。 使う場所や環境に合わせた充電器を何本か持っておくのが重要です。

次の

【楽天市場】ドコモ 純正 アップル認証 USBケーブル C to L 1.0m [ATM59124] [新品 docomo 充電 データ転送] [ポスト投函]:モバイルショップ nn

アップル usb ケーブル

アップル認証品 USB C to L ケーブル USBプラグ(Type-C)とLightning(L)のドコモ純正ケーブルです。 LightningコネクタのiPhone、iPadをPCのUSBポートにつないでデータ転送や充電を行えます。 USB電源アダプタにつなげば、コンセントから充電することもできます。 デスク周りやリビング、持ち運びにも便利なケーブルです。 カラー : ホワイト 長さ : 1. 0m コネクタ形状 : USB Type-C/Lightning 定格 : 最大20. 0V/3. 0A 【ご注意】本製品は全てのUSB Type-Cポート、および充電器での動作を保証するものではありません。 本製品をUSBハブなどを経由せず、直接機器に接続してお使いください。 ご使用後は必ず、全ての接続箇所を取りはずし、安全な場所に保管してください。 この商品はネコポスで発送します!ポストに届きます! この商品はクロネコヤマトでの一番早い発送方法で 送料無料の対象商品です。 対象外の商品と同時に購入された場合はそれも対象となります。 なお、到着までの目安は以下の通りです。 ご返金をご希望の場合は、・ご注文番号・お振込先銀行名、口座番号・ご返金の理由を添えてご返送ください。 その後の保証に関しては、メーカー保証書がある商品はメーカーにお問い合わせください。 保証書のない商品は、1か月以内であれば弊社にお問合せください。 その後の対応は何卒ご容赦ください。 また、下記の場合も返品できない場合があります。 1 お客様により、商品、パッケージが破損してしまった場合。 2 お客様の使用や消費により、商品の価値が著しく下がってしまった場合。 3 時間の経過により再販売が不可能な場合。 納品書・領収書の発行 納品書・領収書の発行をご希望のお客様は、ご注文時に選択ください 商品在庫について 棚卸は随時行っておりますが、実店舗・他モールでの併売をいたしておりますので、一時的な在庫切れはご容赦ください。 その場合、当店都合のキャンセルをさせていただく場合がございますので、ご了承ください。 配送はヤマト運輸で行います。 ご注文(ご入金)確認後、1〜2日以内に発送いたします。 ・ポスト投函ですので、ご不在時でも受け取れます。 ・PM3:00までにご決済いただきましたら、当日発送いたします。 ・お届けまでのお時間は地域や諸条件によって異なりますが、通常2-4日間頂いております。 (お届日・時間指定はいたしかねます。 ) 【ご注意】 送料無料のため、ポスト投函後の紛失・盗難の補償は一切ございませんので、 ご理解の程、お願い申し上げます。 また配送には細心の注意を払っておりますが、外箱の凹みや擦れ傷が生じる場合がございますので、ご了承ください。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 email : nnbayshop gmail. com お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 営業時間 10:00 〜 18:00 連絡先 TEL:0258820151 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

次の