彦 名前 かっこいい。 男の子の名前は「自然」「古風」が人気? ランキング、名付けポイントは|ウーマンエキサイト(1/2)

男の子名前で「自然を感じさせる」かっこいい名前458個集めてみた

彦 名前 かっこいい

名前は一生使う大事なもので、パパやママから赤ちゃんへのはじめての贈り物といえます。 そこで当記事では、2019年「子供の名前人気ランキング」から、男の子の名前について考えてみました。 まずは、文字数別で見る男の子の漢字の名前一覧や、自然にちなんだ名前、珍しい名前、響きがいい名前を一覧でご紹介します。 また、男の子の名前の決め方や傾向、センスのいい名前の付け方についてもまとめてみました。 人気のある男の子名前を紹介! 子供の名前の流行は?2019年「男の子の名前」ランキング発表 男の子の名前で、2019年に人気だったのはどんな名前なのでしょうか。 妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビーカレンダー」の「2019年生まれの赤ちゃんの名前ランキング・名前のよみランキング・名前の漢字ランキング」より、上位3位までのランキングをご紹介します。 1位:「蓮(れん)」 圧倒的な人気を誇り、2000年あたりからトップ10に必ずランキングされる名前です。 そもそも蓮とは、花の名前です。 仏教の象徴的な花であり、お釈迦様はこの蓮の上に座っています。 そのことから、日本らしさや、清らかで美しいイメージを連想させます。 また、「れん」という読み方は呼びやすく、響きもよいため、人気があるようです。 2位:「湊(そう、みなと)」 2位も漢字一文字の名前がランクイン。 「湊」という漢字には、船が出入りする場所、あつまる、という意味があります。 その意味から、海をイメージさせ、さわやかな印象を与えたり、「いつも人に囲まれるような人気者に」という願いが込められているようです。 3位:「陽翔(はると、ひなと)」 男の子の名付けで人気の文字、「陽」と「翔」の組み合わせです。 「陽」を、「はる」や「ひな」と読ませることで、あたたかく、柔らかいイメージがあります。 また、「翔」の文字は、空を自由に羽ばたく印象を与えつつも、力強さを感じる文字です。 2つの漢字を組み合わせることで、ポジティブな雰囲気になりますね。 3位以降は下記をチェックしてみてくださいね。 文字数別・男の子の漢字の名前一覧 文字数別で、男の子に人気の漢字の名前を、ランキング上位の中からピックアップしました。 一文字の男の子の名前 ・樹(いつき) ・律(りつ) ・蒼(あおい、そう) いずれの文字も、凛々しいイメージの漢字が使われています。 また、「樹」と「蒼」は大自然を連想させ、「律」は、まっすぐで、誠実な印象を受けます。 2文字の男の子の名前 ・悠真(はるま、ゆうま) ・大和(やまと) ・結翔(ゆいと、ゆうと) 二文字の人気の名前のポイントは、「ま」または「と」で終わること。 それを踏まえ、「悠」、「大」、「翔」といった、壮大なイメージの漢字と、「真」、「和」、「結」といった、やわらかい雰囲気の漢字が組み合わさった素敵な名前になっていますね。 三文字の男の子の名前 三文字の男の子の名前は、ランキングの上位10位には入っていませんが、最近人気が出ている名前をご紹介します。 また、「明日磨」や「利久斗」など、音の響きをもとに、漢字を当てはめた名前もよく見られます。 その場合は、読みやすい漢字を使っているのがポイントです。 自然にちなんだ男の子の名前一覧 ここでは、植物や自然、季節に関連した男の子の名前をご紹介します。 自然や季節 自然や季節にちなんだ男の子の名前にはさまざまありますが、自然だと、太陽、海、空、風、陸などに関連する漢字、季節だと、生まれた時期の季節から連想する漢字が使われている傾向にあります。 自然にちなんだ名前 朝陽(あさひ)、伊吹(いぶき)、陸(りく)、凪(なぎ)、岳(がく) 春にちなんだ名前 暖(だん、はる)、春(しゅん、はる)、爽介(そうすけ)、咲弥(さくや)、柚右真(ゆうま) 夏にちなんだ名前 涼真(りょうま)、虹渡(にじと)、南風(なお)、雨汰(うた)、海翔(かいと) 秋にちなんだ名前 椋(りょう)、実央(みひろ)、穂嵩(ほたか)、果偉(かい)、理月(りつき) 冬にちなんだ名前 雪哉(ゆきや)、白澄(きよと)、冬空(とあ)、朔(さく)、新(あらた、しん) 植物や花 植物に関する名前には、樹木や草などに関する漢字が使われます。 また、花に関する名前は女の子によくつけられますが、男の子でも生まれた時期に咲く季節の花が使われることが多いようです。 植物にちなんだ名前 楓(かえで)、樹果(じゅか)、桧生(ひお)、森ノ介(しんのすけ)、林太郎(りんたろう) 花にちなんだ名前 桜祐(おうすけ)、葵(あおい)、桃李(とうり)、日葵(はるき)、柊斗(しゅうと) 男の子の珍しい名前一覧 珍しい名前だと、ほかの人と被らないため、個性が光ります。 ここでは、漢字・読み方が珍しい名前をピックアップしました。 漢字が珍しい 名前にはあまり使われないような漢字を使うと、個性的ですし、すぐに名前を覚えてもらえますね。 周(あまね、いたる、かた、かぬ、かね、ただ、ちか、 ちかし、なり、のり、ひろ、ひろし、まこと、めぐる、しゅう) 名前例:周(あまね、しゅう、いたる、ちかし、まこと、めぐる)、真周(ましゅう)、周成(しゅうせい)など 初(うい、は、はじめ、もと、はつ) 名前例:初(うい、はじめ)、初汰(うた)、初季(うぶき)など 識(しき、さと、さとり、つね、のり) 名前例:識(さとり)、識音(しおん)、識多(しきた)など 倭(やまと、まさ、やす、かず、しず、ふさ、わ) 名前例:倭(やまと)、倭夢(わむ)、斗倭(とわ)など 密(たかし、ひそか、みつ) 名前例:密(ひそか、たかし)、彬密(あきみつ)、密智(みつとも)など 読み方が珍しい 「名のり」と呼ばれる人の名前だけに使える読み方をご存知でしょうか。 たとえば「春男(はるお)」の「男」の漢字の「お」と読ませるのがそれにあたります。 ここでは、名のりを基とした正しい読み方で名前に使われる漢字で、珍しい読み方をご紹介しましょう。 陽(あきら、きよし、みなみ 悠(ちかし、はるか、ひさし) 白(あき、あきら、きよ、きよし) 道(おさむ、おさめ、なおし、わたる) 節(たかし、まこと、みさお) 男の子の響きがいい名前一覧 名前の響きによって、印象が異なります。 「響きがいい」と感じられる名前の特徴を3つ挙げると、 ・は行・ま行・や行が入った名前は、比較的柔らかく、あたたかみのある音の印象を与える ・「ゴ」「ガ」などの濁音が入る名前は、力強い響きがある ・「う」が文字の真ん中や終わりにつく長音や、「い」「と」「ん」で終わるなど、呼びやすい名前は響きがいい などがあります。 しかし、人によって、響きには好みや心地よさが異なります。 フルーネムを口に出してみて、響きのよさを確認してみてくださいね。 響きがいい名前の例 ふうま:颯真、風馬、楓摩など そうた:奏太、颯太、蒼大など ゆいと:結仁、結人、結斗など りゅうせい:琉生、流星、龍聖など たいが:大雅、泰河、大芽など じん:仁、心、任など きょう:響、恭、京など しょう:翔、聖、匠など るい:類、琉依、留一など れい:怜、玲、黎など 男の子の名前の決め方や傾向 男の子の名付けをするときに、決め方や傾向はあるのでしょうか。 姓名判断による画数や外国でも通用する名前、古風な名前といったポイントから見ていきましょう。 男の子の名付けのポイントは? 画数は気にする? 「姓名判断でよい名前をつけてあげたい……」そう思う親御さんは多いことでしょう。 実際に、名付けをするときに、画数を気にされる方は多いようです。 画数を考えながら名前をつけるときには、 ・苗字との吉画数を割り出し、その画数に合った名前を考える ・音の響きやつけたい名前の候補を挙げて、その名前に沿った画数の漢字を当てはめる ・一旦、画数は置いておいて、つけたい名前の候補を漢字で挙げ、それから画数を調べる という方法があります。 ただし、姓名判断にはさまざまな流派があるため、運勢が異なることもあります。 「この画数じゃないとダメ」というふうにこだわらず、画数は、あくまでも参考にする程度で。 それよりも、苗字との兼ね合いや、字面、音の響きなどを優先して名付けしたほうがよいでしょう。 外国でも通用するオシャレな名前がいい? 国際社会がますます進展する現代。 将来のことを考え、海外でも通じる名前をつけるのもいいですね。 その際のポイントは、 ・外国の人にとって発音しやすい、発音の1つ目に、か行、さ行、ま行を使う(かい、しゅう、まさとなど) ・ニックネームのような短い名前にする(例:けん、らん、れいなど) ・英語の単語にある発音に近い名前にする(例:しょう、えいじ、らいとなど) です。 ただし、「ジョン」「オリビア」など、外国人の名前に無理やり漢字をあてはめるのは、読みづらいこともあるため、あまりおすすめできません。 和風で古風なかっこいい名前がいい? かつて「キラキラネーム」が流行しましたが、その反動のように登場したのが「しわしわネーム」といわれています。 このしわしわネームは、古風な名前のことを意味するそう。 「しわしわ」というネーミングがマイナスイメージをあたえますが、古風な名前には、日本らしさや、歴史、伝統、男らしさを感じさせる名前が多いです。 和風で古風な名前をつけるときは、名前の文字数を決めると考えやすくなります。 また、歴史的人物や偉大な著名人などの名前に使われている漢字を使うのもおすすめです。 センスのいい名前の付け方 お子さんには、センスのいい名前をつけたいものですね。 「名付けセンスがいい!」と感じるのは、「名前に素敵な意味が込められている」ことではないでしょうか。 たとえば、外国語で素敵な意味を持つ単語が由来になっていたり、名前の漢字に込められた意味が縁起がよいものだったり、聞き慣れた単語の別名を使うなどすると、ネーミングセンス、言葉のセンスのよさが感じられますよ。 男の子の名前は、ママパパからの心を込めたプレゼント 男の子の名前をつける際のポイントをいくつかご紹介しました。 赤ちゃんの名前は、妊娠中に考えておくのもいいですし、生まれた顔を見てからインスピレーションを得てつけるのもいいと思います。 お子さんの成長を願い、心のこもった名前をつけてあげてくださいね。 文・構成/HugKum編集部.

次の

「彦坂」名前書き方 【草書】 | かっこいい彦坂

彦 名前 かっこいい

響きがかっこいい男の子の名前の1つ目は、今風の響きを持つ名前です。 ここで注意していただきたいのが、独りよがりのキラキラネームにならないことです。 響きがかっこいいだけで字が読みづらかいのは敬遠されます。 読みやすく、呼びやすい名前がいいでしょう。 名付けに際し姓名判断などで画数を確認するのもおすすめです。 呼びやすさに重きを置くなら、さ行やら行の字を使うことをおすすめします。 これらの音は爽やかで呼びやすく、今風の名前にも多用されるものです。 響きが今風の名前• 朔嗣(さくし)• 朔悠(さくはる)• 朔摩(さくま)• 紫音(しおん)• 峻吾(しゅんご)• 素良(そら)• 来駆(らいく)• 利一(りいち)• 凛桜(りおう)• 日本人のDNAを振るわせるような古風な名前、赤ちゃんでも違和感のない渋い名前はいくらでもあります。 古臭い名前、ではなく古風な名前です。 古風な名前を名付けることは、古臭いと眉を顰められるものではなく良き伝統を伝えることといえます。 和歌などからヒントを得るのもいいでしょう。 赤ちゃんから成長した時、自分の名前の由来を聞いて自分から和歌に興味を持ち、歴史や文学に興味を持つことも十分あり得ます。 古風で渋い響きの名前• 一平(いっぺい)• 詠吉(えいきち)• 桜太郎(おうたろう)• 京之介(きょうのすけ)• 大雅(たいが)• 高雪(たかゆき)• 武丸(たけまる)• 光春(みつはる)• 弥一(やいち)• 古風な名前は、時に力強い印象を与えます。 赤ちゃんであっても幼児であっても違和感のない名付けをしてあげてください。 むしろ、赤ちゃんの内に力強い名付けをした方が後々の人生で適度なプレッシャーとして力になるでしょう。 古風で渋い・力強い名前• 篤臣(あつおみ)• 生之助(いくのすけ)• 永嗣(えいじ)• 虎一郎(こいちろう)• 茂篤(しげあつ)• 拓磨(たくま)• 遼河(はるか・りょうが)• 正成(まさしげ・まさなり)• 大和(やまと)• 一文字で意味を表す名前はインパクトがあり、潔さを感じさせます。 意味だけではなく、字面が力強い名前もありますので、漢字一文字の名前を名付けることもご検討ください。 漢字一文字の力強い名前• 周(あまね)• 新(あらた)• 樹(いつき・たつき)• 慶(けい)• 豪(ごう・たけし・つよし)• 毅(ごう・たけし・つよし)• 壮(そう・たけし)• 翼(つばさ)• 誠(まこと)• 漢字の意味がインテリジェンスであり、堅苦しくなく爽やかなイメージの名前が好まれます。 人を人たらしめるもの、それは知性です。 人間の持つ大いなる武器とも言える知性を思わせる名付けをしてあげましょう。 頭の良さもかっこよさの一つなのです。 知的な名前• 叡弘(あきひろ)• 英祐(えいすけ)• 叡人(えいと)• 慧一(けいいち)• 慧悟(けいご)• 慧士(けいし・さとし)• 俊次(しゅんじ)• 俊亮(しゅんすけ)• 知宏(ちひろ・ともひろ)• 爽やかなイメージも一つの魅力でありかっこいいとのイメージがあります。 爽やかな名前には、主に水や青いものを連想させる字を使うといいでしょう。 さ行を使って名付ければ爽やかな印象が増して、赤ちゃんでもお年寄りでも好ましい名前になります。 スマートで涼やかなイメージも男らしさの一つです。 赤ちゃんはかわいらしい存在ですが、将来を見越して涼やかで爽やかな名付けをするのもおすすめといえます。 爽やかな名前• 蒼(あおい)• 青波(あおば・せいは・せいば)• 一澄(いずみ・かずきよ)• 伊澄(いすみ・いずみ)• 澄也(きよなり・すみや)• 涼雅(すずまさ)• 透也(とうや)• 風太(ふうた)• 光風(みつかぜ)• 強さばかりが男らしさではありません。 時に見せる優しさも男らしさです。 優しさとは余裕の表れであると同時に、痛みを知る者の証でもあります。 赤ちゃんや幼い内は大きな傷から守ってあげましょう。 成長に伴い傷は増えますが、大抵は必要なものです。 いずれ大きくなった時に人の痛みが分かるよう祈りと願いを込めて、優しい印象の名前を付けましょう。 名前負けをしないようにと緊張することはありません。 正しく愛情を込めて教育をすれば優しい子になります。 優しい印象の名前名付けとしては、「篤」や「祐」、「慈」などの漢字がおすすめです。 優しい印象の名前• 篤央(あつお)• 篤希(あつき)• 瑛仁(えいじ)• 奏仁(かなと・かなひと)• 貫仁(かんじ・やすひと)• 桂慈(けいじ)• 健慈(けんじ)• 定慈(さだじ・ていじ)• 壮祐(そうすけ)• 日本語には海外の言語にはない独自の赴き、侘びや寂びなどがあります。 和歌などからヒントを得てもいいですし、響きと漢字の美しさからとるのもおすすめです。 赤ちゃんであっても風流な名前は案外似合います。 風流で日本風の名付けをすることで、明日の日本をしょって立つ大和男子として期待を添えるのもいいでしょう。 但し、あまり期待をかけすぎないようにしてください。 期待も願いも適度なものが一番です。 日本語の美しさを感じる名前• 伊織(いおり)• 出雲(いずも)• 右京(うきょう)• 虎徹(こてつ)• 左京(さきょう)• 志門(しもん)• 七織斗(なおと)• 武蔵(むさし)• 八雲(やくも)• 偉人にヒントを得た、通称あやかり系の名前はそのまま使わない方が良いとされます。 縁起の問題ではなくその子にプレッシャーを与えることもあれば、からかいの原因にもなりかねないからです。 しかし偉人に敬意を表したい方におすすめといえます。 偉人からとった名前• 暁盛(あきもり)• 克盛(かつもり)• 宗音(かずね)• 宗也(かずや・しゅうや・そうや)• 宗太郎(しゅうたろう・そうたろう)• 竜也(たつや・りゅうや・りょうや)• 徹信(てっしん・てつのぶ)• 照信(てるのぶ)• 徳ノ信(とくのしん)• 止め字というのは、名前の最後の一文字を言います。 古風で渋い名前の場合は「~丸」「~郎」「~平」「~助」「~介」などがよく使われる止め字です。 令和の時代の赤ちゃんでも十分違和感のない名前になりますので安心してお使いください。 止め字が和風の名前• 明太郎(あきたろう)• 一太朗(いちたろう)• 一之助(いちのすけ)• 生之助(いくのすけ)• 浩太郎(こうたろう)• 光之介(こうのすけ)• 燦之介(さんのすけ)• 龍之介(たつのすけ・りゅうのすけ)• 力丸(りきまる)• 文学的要素とは言ってもそんなに難しく考えることはありません。 和歌などから取るのもおすすめですし、「詩」「詠」「作」「創」といった字を使うのもいいでしょう。 言葉は人に想いを伝えるための原始的にして大事なツールです。 そんな言葉で作られた文学の世界へと赤ちゃんを、子供を導くかのような名付けも多く使われます。 「いずれ本を読んで思索にふけり、多方面で物を考えることができるように」そんな願いも文学的な名前には込めることができます。 文学の要素を持つ名前• 詠也(うたや)• 旺詩(おうた)• 隆詠(おうた)• 吟彦(おとひこ)• 和詩(かずし)• 湖詩(こうた)• 創広(つくひろ)• 成吟(なおと)• 将詩(まさし)• 詠太郎(ようたろう) 芸術的な要素のあるかっこいい男の子の名前の2つ目は、音楽的な要素を持つ名前です。 音楽とは時に疲れた心を癒し、励ましてくれます。 曲一つだけで人の心はどうとでも踊るものです。 そんな音楽のごとく人の心を温かく包み、時に鼓舞する人になってくれるように願いを込めて、音楽的な要素の名前は付けられます。 音楽的要素を持つ名前には「音」、「奏」、「律」、「歌」、「楽」、「琴」といった字がおすすめです。 流れるような響きの名前にするとより音楽的で爽やかな印象になります。 音楽的要素を持つ名前• 歌彦(うたひこ)• 律彦(おとひこ)• 奏明(かなあき)• 奏太(かなた)• 奏寿(かなひさ)• 奏武(かなむ)• 奏史郎(そうしろう)• 律志(のりふみ・りっし)• 律人(りつと)• 絵画、彫刻などの視覚芸術は時に既成概念を大きく覆します。 奇をてらうのではなく、凝り固まった概念をひっくり返すほどの大きな男になってほしい、そんな意味合いを込めた名前が多いです。 スケールこそ壮大ですが、繊細で爽やかな印象のある名前がいいでしょう。 「創」、「作」、「匠」、「巧」などがおすすめの漢字です。 絵画的要素を持つ名前• 巧(いさお・こう)• 絵一輝(えいき)• 絵蓮(えれん)• 巧樹(こうき)• 巧典(こうすけ)• 巧太郎(こうたろう)• 巧也(こうや)• 創一(そういち)• 創紀(そうき)• 好きなアニメのキャラクターやタイトルにあやかった名付けも結構なされています。 一見するとオタクのようだと否定的な取られ方をされそうですが、そのキャラクターや作品の持つ魅力を受け継がせたいとして名付ける人も多いです。 ここで注意していただきたいのが、親の自己満足にならないことです。 どんな名前でも言えることですが、子供にとっては一生使うものなので、からかわれないよう、ちゃんとしたかっこいい名前を付けてあげましょう。 アニメにちなんだ名前• 旭(あさひ)|『ハイキュー』• 健士朗(けんしろう)|『北斗の拳』• 左之助(さのすけ)|『るろうに剣心』• 周助(しゅうすけ)|『テニスの王子様』• 透(とおる)|『名探偵コナン』• 衛(まもる)|『美少女戦士セーラームーン』• 三月(みつき)|『アイドリッシュセブン』• 紅葉(もみじ)|『フルーツバスケット』• 弥彦(やひこ)|『るろうに剣心』• 外国語風、外国人風など、国際化社会の昨今、海外の人にも覚えられやすい名前がいいでしょう。 発音しやすく、よい漢字を当てはめやすい名前もあります。 外国的な名前• 愛々人(ああと)|英語・art(芸術)• 珂音(かいん)|英語・kind(優しい)• 丈(じょう)|英語風人名• 穣司(じょうじ)|英語風人名• 千太(せんた)|英語・center(中央)• 泰武(たいむ)|英語・time(時間)• 安里(あんり)|フランス語風人名• 輝(てる)|フランス語・terre(地球)• 快武(かいむ)|ドイツ語・keim(芽)• 徹(とおる)|ドイツ語・toll(素晴らしい) かっこいい名前と愛情をもらった男の子はかっこいい人生を歩む.

次の

【2016~2017年版】男の子の名前!古風でかっこいい名前115選

彦 名前 かっこいい

日本の伝統芸能たる歌舞伎イメージがあり、何とはなしに美少年的な印象を持ちます。 花をモチーフにしており、耽美的なのになよなよしておらず、ちゃんと男らしささえ感じさせるおすすめの名前です。 また渋いけれど古すぎることもありません。 「菊」の部分で美しい所を、「之輔」の部分で男らしい所を出しています。 響きも柔らかさと逞しさを感じさせるいい名前です。 優雅に、しかし時にたくましく育つことを願ってこの名前を付けるのもいいでしょう。 「彦」の字は古来より男性の敬称でした。 「尊」は尊び敬う文字通りの意味の他、歴史上の人物や神話の神にも使われています。 有名なところでは腐敗した執権政治に終止符を打つために戦い室町幕府を開いた足利尊氏です。 尊氏の「尊」の字も元は鎌倉幕府を滅ぼした時の武勲から時の帝、後醍醐天皇の名前より耐えられたものでした。 他には武勇で知られる日本武尊(やまとたけるのみこと)もいます。 いずれも古風で渋い上、男の子らしい勇猛果敢な由来です。 しかもただ強いだけではなく腐敗政治を滅した武将と武勇の神なので頼もしさは格別です。 この名前は甲斐の虎、または龍と謳われて織田信長にすら恐れられた武田信玄が、若い頃に名乗っていました。 男の子の名前としてはさして奇天烈ではなく読みやすい上に、戦国武将の名前と言うのが何とも頼もしくかっこいい印象を与えます。 古風な名前とは、時に偉人にあやかることもあるのです。 戦国武将が元ともなれば渋い上に何だか力がみなぎって来て名前負けをしないよう努力を重ねます。 この名前の下になった偉人はどんな人だろう。 そんな興味を持たせるので、「人は城、人は生垣」と家臣を大事にした晴信の名はうってつけです。 左京、もしくは右京という名前は京都を思い起こさせ、雅でありながら強さのイメージをはらんでいます。 サ行を使っているのでシャープな印象も持った名前です。 元は都を東西に分けた際の東側を意味します。 東というのは結構重要です。 東側とは、太陽が昇る方角であり、日の出の勢いを暗示します。 左京という名前は古風で渋いだけではなく、勢いのある場所を意味する勢いを持つ名前でした。 西側に位置する右京もまたおすすめです。 飛出東を、西に立って見守り迎え入れる男らしい勇猛さを感じさせます。 都という国の中心地という点も高ポイントです。 希望、志しといった前向きな意味の字が使われている上、呼びやすく、風流ですらあります。 字面でも読み方も侍風ではありますが、時代錯誤な感はなく、むしろ美しい響きと漢字の並びがかっこいい印象すら与える不思議な名前です。 可愛らしい花を咲かせる雛菊は、イメージも字面も響きも、女の子の名前としてピッタリです。 雛菊の開花時期は2月から5月頃なので、その辺りに生まれた女の子につけてあげてください。 雛菊の花言葉は美人、平和、希望、純潔と人名に向いています。 雛菊にはデイジーという英語名があり、海外留学をした時などにも話題の種になるでしょう。 古風にして、国際的な名前でもあるのです。 名前の最後に「子」をつけるのは、かつては上流階級のみでした。 その為か、「子」のつく名前に上品なイメージを抱く人もいます。 薫子という名前はそんな上品な名前の一つです。 「薫」だけでも十分可愛いですが、「子」がつくと何だか古風になります。 「かおるこ」という響きは何だか軽快にして上品で、清楚な印象です。 「薫」で止めずに子をつけることで女性らしさが強調されています。 その上美しい音で呼びやすい名前なので親しみを持って呼ばれることでしょう。 昔話『浦島太郎』で知られた名前で覚えやすいですが「キラキラネーム扱いされないか」と心配する人もいるでしょう。 そんな心配は無用です。 元の心配昔話にちなむなら乙姫は海の底の女神のような存在であり、無限の包容力を思い起こさせます。 爽やかな海のイメージもこの名前にはついてきます。 「おとひめ」という響きも古風で美しいもので、字面もこざっぱりしていて、潔いです。 爽やかな海のイメージに合う名前と言えるでしょう。 女の子の名前に「姫」の字を使うのは珍しくありません。 『浦島太郎』の成立は室町時代です。 物語と同じく長寿を願ってつけましょう。 「寿」と漢字で書くのもいいですが、ひらがなで書くと可愛らしい印象を与えます。 寿とはめでたいことや祝いの言葉です。 祝福されて生まれてきた赤ちゃんにつけるには、うってつけの名前と言えます。 ひらがなであることで漢字とは違った柔らかさがあり、女の子の名前として適しています。 通称として「ことちゃん」などと呼ばれることもあるでしょうし、響きも可愛いです。 しかし、秘めたる意味は大きい祝いの言葉であるなど、女性の持つ内なる強さを象徴してもいます。 聖徳太子の時代より、紫は高貴な色とされていました。 スピリチュアル的にも紫色の持つ力は強いとされます。 高貴、という点以外でもこの名前を付ける意味がありました。 日本でも随一のロングセラー作家、紫式部にあやかるのです。 『源氏物語』は千年以上経っても読み継がれています。 『紫式部日記』ではシビアな観察眼や人物評をこなす「できる女」の印象が強いです。 幼少期、脇で聞いていただけで勉強の内容を覚えたほどの才女にあやかりたい人は多いでしょう。 漢字でもいいのですが、読み間違えもありますしひらがなの方が興味を持ってもらえます。 昨今の名付けでは音やビジュアル等のイメージが多いです。 琉生という名前もそうなのか、と言えばちゃんと意味がありました。 「琉」の王偏は宝石など輝く石、つまり玉が元になっています。 琉璃(るり)という宝石にもこの字は使われていました。 琉球、つまり沖縄のイメージから南国や海を表すこともあります。 夏生まれの男の子におすすめの名前です。 別の季節であっても、宝石のように、人にも自分にも誇れる人生を送ってきたと胸を張れるような男になってほしいとの意味も込められます。 颯爽の「颯」に助けを意味する「佑」の字がついています。 「そうすけ」という名前自体は呼びやすく珍しいものではありません。 字面に期待感が現れています。 漢字そのままに、風が立つように即決即断で物事が成せる男になってほしい、そんな願いです。 「佑」の方は助けるとの意味があります。 颯爽と何でもこなしつつ、困った人を見捨てないようないい男になってほしいとの期待が、この名前には込められているのです。 一見すると古風な名前にも思われますが、漢字面に温もり、男らしさをミックスした今風の柔軟性が垣間見えます。 「陽」は言うまでもなく太陽であり、男の子の名前に使われる人気の字です。 「士」は侍や強者のイメージがあり、男性の美称ともされます。 「朗」は朗らかです。 「陽」は太陽が持つエネルギッシュな面と温かみを持ちます。 漢字面だけでも男性が持つ長所が二つも入ったこの名前はおすすめです。 呼びやすいですし、「朗」の字が「陽」と「士」の持つ猛々しさを柔らかく受け止めています。 柔軟性は、今の時代に重要な要素なのでこの名前は期待できるでしょう。 英語圏のアイリーンに通ずるものがあり、国際的な名前と言えます。 ここではひらがなで表記しましたが、お好きな字を当ててください。 おすすめの漢字は「愛」もしくは「藍」です。 いずれも女の子の名前によく使われます。 「りん」の方は「鈴」や「凛」、「倫」などがいいでしょう。 姓名判断などもありますので、画数やバランスを考えてつけるのが一番です。 ひらがなのままでも愛らしい名前なので、後々個性に合った字を当てはめるのも一つの手と言えます。 「涼」の字があるので、夏に生まれた子におすすめと言えるでしょう。 「結」には何かを束ねる、結び付ける、力を合わせると言った意味があります。 涼やかな顔をして何かを成し遂げるのはかっこいいです。 意味だけなら男の子の名前のようでもあります。 しかし「結」の字に、何とはなしに女性的な印象があるのも事実です。 結束は男の友情などのイメージがありますが、結婚や花束、女性特有の包容力などといったイメージも強くあります。 「涼」だけでも女の子の名前として有効ですが「結」の字をつけるとさらに女性的になり、ボーイッシュな響きに女の子らしさが加わります。 ユズリハとは植物の名前で、正月飾りやカモンなどにも使われます。 そこまで人気なのは、ユズリハという植物が縁起物だからです。 前の年の葉が、若葉に後を譲るように落ちることから縁起物と認識されるようになりました。 古来から家紋として受け継がれてきたと言う意味では古風な名前とも取れますが、女の子の名前として使われるようになったのは昨今のことです。 名付けが自由で柔軟になった時代ゆえの新しい名前と言えるでしょう。 古風な名前のメリット・今風な名前のメリットは? 色、自然、ありとあらゆるものに、古来から受け継がれてきた流麗な響きが眠っています。 そんな響きを使った名前を日本人のDNAと共に継承することで、遠い先祖を意識し、感謝することにも繋がるのです。 ちょっと渋い名前がシワシワネームとして人気であるように、流行は繰り返します。 「古臭い」のではなく、新鮮なのです。 名前こそ古風でも、新しい時代に生きる人間に変わりはありません。 彼らは古風な名前を背負い、新しい世界を作る子たちなのです。 羊頭狗肉、つまり見せかけだけの印象を与えるのではと怖れることはありません。 当て字を使う場合もあれば音重視の名前も存在します。 名前とは赤ちゃんの持つ一つの姿であり、今風の名前は柔軟に人生を生きるためのかっこいい指針なのです。 シワシワネームやキラキラネームなどと言われますが、何だかんだで名前の流行は時代や世相を表します。 20年前には思いもよらなかった日用品などは、世相のシンボルです。 人には可能性があり、今風の名前は流行と可能性を想起させます。 四文字以上の名前と共に無限の可能性を背負って進む 四文字以上の名前は男の子に多いですが、女の子にも結構使われます。 何文字であろうと名前は大事なものです。 子供の可能性を託された名前は、四文字以上ともなると無限の可能性を示唆しているようにも見えるでしょう。 目に見える指針として、四文字以上の名前はそんな可能性のシンボルなのです。 漢字やひらがなで四文字以上の名前にも色々あることがご理解いただけたでしょうか。 意外と取り留めのない名前の付け方には他にも基準が存在します。 下記の記事を参考に、赤ちゃんに最高の名前をプレゼントしてあげてください。

次の