小泉進次郎母 宮本佳代子。 小泉進次郎は母親が違う?複雑な生い立ちに涙

小泉進次郎は母親が違う?複雑な生い立ちに涙

小泉進次郎母 宮本佳代子

妊娠6か月で離婚、「胎教としては最悪な状況」で出産 インタビューが掲載された「いきいき」は、書店では買えない直販制で、日本雑誌協会によると、部数は21万部を誇る。 2016年4月号が3月5日頃に購読者に届き始め、J-CASTニュースも入手した。 佳代子さんの特集は6ページにわたって掲載されている。 佳代子さんは大学4年生だった1977年に純一郎氏とお見合いし、その当日にプロポーズを受けた。 すでに純一郎氏は衆院議員に当選しており、「政治家の世界は何も知らないでいい」と伝えられたという。 78年に結婚してからは2回の選挙を経験。 だが、佳代子さんが27歳だった82年に離婚。 翌83年に「胎教としては最悪な状況の中」で佳長さんを出産した。 佳代子さんは当時を「いちばん辛く悲しい時期で、一生分ぐらいの涙を流した気がします」と振り返っている。 出産から半年足らずで三井不動産のグループ会社に入社し、1か月間の猛勉強で宅地建物取引主任者(現・宅地建物取引士)に一発合格。 不動産業界でキャリアを積み重ねてきた。 当時は離婚した女性への世間からの風当たりは強かったが、佳代子さんは 「父親が有名でも、あなたとは関係ない。 あなたの母はいちサラリーマン。 勘違いしないで生きていきなさい」 と佳長さんに言い聞かせながら子育てに臨んだ、としている。 孝太郎さんが「いちばん母親似」 佳代子さんによると、佳長さんは「目が細くていちばん父親似」で、孝太郎さんは目が大きく「いちばん母親似」。 進次郎さんは「ちょうど中間の顔」だという。 インタビューでは、「生き別れ」になっている孝太郎さんと、進次郎さんの性格やエピソードは語られていないが、2人のメディア露出が増えたことから「今では、毎日会っているような気がします」と話している。 また、離婚からの年月を、佳代子さんは 「いっぱい涙を流したから、人の痛みがわかる人間になれたと思います。 人は生きている限り進化できるのではないでしょうか」 と振り返っている。 宮本さんは2015年、講演で自らの人生を語り始め、女性セブン3月17日号でも内容の一部が紹介されるなど、注目が集まっているが、単独インタビューに応じるのは今回が初めて。 J-CASTが「いきいき」編集部にインタビューが実現した経緯を取材すると、 「編集長が10年以上前に宮本さんと知り合い、インタビューを依頼してきましたが、断られ続けてきました。 今回は60歳になられたことをきっかけに心境の変化がおありだったようで、何とかお引き受けいただいた次第です」 とコメントが返ってきた。 佳代子さんは必ずしもメディアの露出には乗り気ではなかったようだが、「いきいき」の説得に応じてインタビューに応じたようだ。

次の

宮本佳代子は現在何してる?経歴やエスエス製薬との関係を調査!

小泉進次郎母 宮本佳代子

小泉孝太郎の実の母親、宮本佳代子の画像は? 小泉孝太郎さんと言えば、みなさんもご存知の通り、元内閣総理大臣・小泉純一郎氏のご長男ですよね! 小泉孝太郎さんご本人は俳優として活躍されていますが、弟さんは国会議員の小泉進次郎さんです。 おふたりとも、キラキラオーラが半端ない!王子様のよう!お父様もスター性がありましたが、良い所をすべて受け継がれたような、そんな印象です。 そして、お父様の小泉純一郎さんが元内閣総理大臣ということは、息子である小泉孝太郎さんは当然、政治一家にお生まれになったわけですよね。 当然、ご実家は豪邸でしょうし、家柄も良いはず。 お金に困ることはなかったのでしょうが、しかしそこはやはり名門の家…色々ありそうですね。 そこで今、それを物語るキーワードとして、小泉孝太郎・進次郎兄弟の実の母「宮本佳代子」さんについての噂がいろいろと囁かれているようですよ。 キラキラオーラ、華のある、気品漂う感じなんてそっくりです。 政治一家のお嫁さんになる方は、みなさんこのような方ばかりなのでしょうか。 本当に何の欠点もない、完璧な女性という印象ですね。 でもこれは見た目だけ。 有名政治一家に嫁いだ宮本佳代子さんは、一体どんなご家庭のご出身なのでしょうか? 調べてみたところ、実母である宮本佳代子さんも当然、お嬢様のようです。 エスエス製薬の創業者のお孫さんということで、やはりスーパーお嬢様!でも、小泉純一郎さんと宮本佳代子さんはどのような形で出会ったのでしょうか? 政治一家の後継者とお嬢様と言えば、やはりお見合い?これも調べてみたところ、宮本佳代子さんが青山学院大学の4年生の時に、小泉純一郎さんとお見合いしたそうですよ。 やはりお見合いなのですね。 しかも、小泉純一郎さんは、その日のうちにプロポーズをしたそうです!いくらお見合いと言う安心な出会いでも、初めて会って、即決するなんてちょっと驚きました。 でもまぁ、こんなに美しい女性だったら、誰でも即決しちゃうかな 笑 小泉純一郎元内閣総理大臣らしいエピソードでした! スポンサーリンク 小泉孝太郎の実の母親、宮本佳代子との別れ 元内閣総理大臣だった小泉純一郎さんも結婚を即決するほどの関係だったようですが、それから数年後、小泉孝太郎さんの実母・宮本佳代子さんと小泉純一郎さんは離婚してしまうんですね… 結婚を決めた当時は、きっとキラキラした純粋な気持ちで一緒になったであろうに、どうして?と思いますよね。 それも今から30年以上も前のことのようです。 ですから、お二人が結婚してからまだ5年ほどしか経っていなかったようですね。 この時、既に生まれていた小泉孝太郎さん、進次郎さん兄弟の親権は、父親である小泉純一郎氏さんになったのですが、当時、小泉孝太郎さんは4歳、弟の小泉進次郎さんは1歳…まだ幼いですよね。 弟の進次郎さんは1歳だったということですから、恐らくは本当の母親の記憶はなかったであろうと思います。 そのため、進次郎さんは中学2年生になるまでずっと、小泉純一郎さんの姉である道子さんのことを母親だと思っていたんだとか… 父の小泉純一郎さんは普段お忙しいでしょうし、姉の道子さんが母親代わりとして、孝太郎さんと進次郎さんの子育てをサポートしていたのでしょうね。 実際、父の小泉純一郎氏は、道子さんのことを「ママ」と呼ばせていたそうで、進次郎さんも、道子さんが本当の母親であると信じていたようです。 なんだか複雑な気持ちになりますね。 しかし、そもそもの離婚の原因は何だったんでしょうか?調べてみたところ、小泉純一郎氏のお姉さんたちが原因だったのではないかと言われているようです。 え? おとぎ話に出てくるよな継母的な存在だったのでしょうか?確かに、夫に姉がいると厄介…小姑みたい…という話はそこら中で耳にしますが… 笑 由緒正しき政治一家のご家庭にもそんなことがあったのでしょうか? そもそも、当時お嫁さんだった実母・宮本佳代子さんは、お世継ぎでもある男児を2人も出産したわけですよね。 個人的には、万々歳な結果でとても喜ばしいことで、お嫁さんを大切にするんじゃ?と思ってしまいますが…しかし実際はいろいろと難しいご事情があるのでしょうね。 ちなみに小泉純一郎さんにはお姉さんが2人いるそうで、その2人のお姉さんが小泉家の実権を握っていたようなんです。 やはり小姑的な存在だったのでしょうか…知りませんが…でも噂だと、そのお姉さん達と、実母・宮本佳代子さんの関係が上手くいってなかったようなんですね。 どういう所で上手くいかなかったのかは理由については分かりませんでしたが、政治一家を守っていかないとという所で意見の食い違いがあったのでしょうか? ちなみに、2014年2月20日号の女性セブンにはこういう記述があるそうです。 「結婚当時、小泉家の長男の嫁であるB子さんは何もさせてもらえず、小泉さんの二人のお姉さんが家の実験を握り続けました。 そのためB子さんは孤独を感じるようになり、半ば追い出されるようにして家を出たんです。 」 と、小泉家関係者のコメントが掲載されているようです。 でも、夫である小泉純一郎さんはお姉さん達を止めなかったのでしょうか? 小泉純一郎さんにも考えはあったはず。 何かひとつのことでお姉さん達と宮本佳代子さんが揉めていたとして、例え小泉純一郎さんの考えがお姉さん達寄りだったとしても、お嫁さんが離婚するくらいにまで思い詰めていたら、何か対策できなかったのでしょうか? しかし離婚当時、小泉純一郎氏は「君子、去る者は追わず、来る者は拒まず、だな。 」とコメントしていたんだとか。 それも冷静に淡々と… 小泉純一郎さんも多忙な日々を送っていたのでしょうし、気が付いた頃には取り返しのつかないことになっていたのかもしれませんね… これは噂で真実は不明ではありますが、政治の家はいろいろと複雑な事情があるのかな?ということですね。 スポンサーリンク 小泉孝太郎、進次郎兄弟にはもうひとり弟がいた! 実は、小泉純一郎氏と実母・宮本佳代子さんの間には、もう一人お子さんがいらっしゃるという噂をご存知でしょうか?これは本当の話なんですね。 小泉純一郎さんと実母である宮本佳代子さんが離婚する時、既に実母の宮本佳代子さんのお腹の中には新しい命が宿っていたのです。 小泉純一郎さんは、当然、親権を望んだようですね。 しかし、親権は母親である宮本佳代子さんになりました。 宮本佳代子さんは幼い息子さん2人 小泉孝太郎さん、進次郎さん を残してきてしまったので、せめて3人目の子は!と強く思ったのかもしれませんね。 ちなみに3人目のお子さんも男の子で、その三男のお名前は宮本佳長さんというそうです。 三男の宮本佳長さんのエピソードでこんな噂がありました。 宮本佳長さんが、小泉純一郎さんの事務所に電話をしてきたことがあったんだとか。 「二人きりで会いたい」と、それも涙ながらに… あれだけ有名なお父様ですから、メディアでもよく見ていたでしょうし、会いたくなることは1度きりではなかったんじゃないでしょうか… しかし、ここでもうひとつ、お姉さん達にまつわる噂が… その情報を、もう一人の姉である信子さんが聞き、「血は繋がっているけど、親子関係はない。 想像するだけで厳しい状況ですね。 これにより、結局会うことはなかったそうです… 三男の宮本佳長さんが何歳頃のエピソードかは分かりませんが、泣きながら電話する様子から、まだ子どもの頃だったのかな?と思うのですが…姉の信子さんが断った時、何か事情があったのかは分かりませんが、もし幼い頃にそんなことを言われたら、酷ですね。 そんな酷なエピソードを持つ三男の宮本佳長さんですが、どのように育ったのでしょうか? なんと、中学卒業後はアメリカのテネシー州の高校に留学したそうですよ。 帰国後は京都外国語大学の中国語学科に進学したという情報も。 国際感覚が身に付いている方なんでしょうね。 そしてその後は、母親の宮本佳代子さんと同じで、不動産業界に就職したようです。 順風満帆な人生を送られているようですね。 しかしここで気になるのが、三男である佳長さんは、これまでに父親である小泉純一郎さんや二人の兄に会うことは無かったのでしょうか?さきほどのエピソード以降、何もなかったのでしょうか? 調べてみたところ、小泉純一郎さんが次男の進次郎さんに、三男の佳長さんとの関係修復を許可したらしいです。 なんでここで、次男の進次郎さんに?と思いますが、理由は不明です。 でももしかしたら、父の純一郎さんが後継者を次男の進次郎さんにしたことが関係しているのかもしれませんね。 兄の孝太郎さんは芸能活動で家を離れていることも多いでしょうし。 そういった経緯から、次男の進次郎さんが三男の佳長さんに連絡をとり、兄弟3人で食事会をしたんだそうですよ。 複雑な事情があったにせよ、同じ親から産まれた兄弟ですからね。 子に罪はないですし、会いたいという気持ちになって当然ですよね。 そして噂によると、2010年末には、父の純一郎さんも含めた4人でお食事会もしたんだとか。 ちなみに場所は、小泉家御用達のレストランということです。 隠れ家的な場所で、ゆっくり過ごし、そしてお話も弾んだのではないでしょうか。 その後も2013年には三男の佳長さんの結婚式があり、父の純一郎さん、兄の孝太郎さん、進次郎さんも出席したそうですよ。 こういう修復のエピソードを聞くとほっとしますよね。 30年という時は長かったと思いますが、それでも気持ちがあれば修復はできるんですよね。 これからまた時間をかけて、父と子、そして兄弟の時間を取り戻してほしいですね。 スポンサーリンク 小泉孝太郎、進次郎と仲良し兄弟ぶりが話題に! 兄の小泉孝太郎さんと、弟の小泉進次郎さんの仲が良すぎるらしいですね!お二人の仲良しぶりに、ファンが「萌える~」という事態になっているようです。 もはやそれは相思相愛とも言われているようですね 笑 ではどんな所がファンの方々の「萌え~」なポイントなのでしょうか? 調べてみたところ、色々あるようですが… 笑 なんでも、弟の小泉進次郎さんがご自身のブログで紹介していた内容によると、小泉進次郎さんは兄の小泉孝太郎さんのことを「おにい」と呼ぶそうなんですね。 確かにちょっと「萌え~」ってなっちゃうかも 笑 普段、政界でキリリッとしているお姿からは想像できませんね。 ギャップ萌え!という感じなのでしょうか?他にも色々とありますよ~ 兄弟2人で誕生日を祝ったり、お鍋をする様子も公開しているんだとか!成人してからも兄弟で仲良くお誕生日を祝うなんて、仲良しなんですね。 とても素敵なご関係だと思います! そのうち三男の佳長さんも一緒に、という日がくるかもしれませんね。 スポンサーリンク.

次の

小泉進次郎は母親が違う?複雑な生い立ちに涙

小泉進次郎母 宮本佳代子

小泉進次郎育ての母 昨年の8月に、小泉進次郎議員の母代わりともいえた、小泉純一郎氏の姉の小泉道子さんが亡くなりました。 享年84歳、家庭において弟の小泉純一郎氏に、妻のごとくに支えきった人生でした。 小泉純一郎氏をはじめ、小泉兄弟の悲しむ姿は、それだけ道子さんとの関係の深さを物語っています。 当たり前のことですが、母代わりということは、小泉進次郎議員の本当の産みの母は別にいるということです。 実は小泉純一郎氏は、結婚して約4年後の1982年に、妻と離婚しています。 長男の孝太郎4歳、次男の進次郎1歳の時のことです。 当時1歳の進次郎に本当の母の記憶があるはずもなく、子供の時は道子さんが母親だと信じていました。 道子さんが小泉純一郎氏の妻ではなく姉であると聞かされたのは、孝太郎が高校2年生、進次郎が中学2年生の時です。 当然ショックは大きかったでしょうが、それ以降も『育ての親』として今日まで慕ってきた小泉兄弟でした。 実母の名前は? 小泉兄弟の本当の母親の名前は、宮本佳代子さんといいます。 青山学院大学の4年生の時に、小泉純一郎氏とお見合いし、その日にプロポーズされました。 離婚から33年以上経っていますが、その間、小泉純一郎氏の首相就任や孝太郎の俳優デビュー、更には進次郎の衆議院議員初当選など小泉家にとって話題に事欠きませんでした。 その度ごとにマスコミからコメントなどを求められた宮本佳代子さんは、今まですべて断ってきました。 宮本佳代子さんの心境の変化 今までほとんど表に出て来なかった宮本佳代子さんですが、三男の結婚 2014年 ・独立、そして昨年はご自身が還暦を迎えた年ということで、初めて雑誌のインタビューに応えています。 『三男』とはどういうことかというと、小泉純一郎氏と宮本佳代子さんが離婚した時、宮本佳代子さんのお腹の中には3人目の生命が宿っていました。 妊娠中にも関わらず離婚したということは、余程のことがあったと推測できます。 大下英治氏の著書「総理への宿命 小泉進次郎」には、『夫人 宮本佳代子さん が急に、子供を東京の私立の保育園に入れたいと言いだした。 そこから溝ができて離婚に至った』と書かれています。 更に続けて、『選択肢は二つ、東京に移り住み小泉が政治家を辞めるか、夫人が反省し子供を近所の公立に入れるか』と書きます。 ちょっと強引すぎる論法ではないでしょうか? 夫婦間もしくは小泉家に何かあったであろうことは想像できますが、話をあまりにもはしょり過ぎです。 しかも宮本佳代子さんのお腹の中には、三人目の子供が宿っているのです。 子供の進学にこだわり、結果として離婚というにことになって子供達と離れ離れになる、そんな選択をするのでしょか? 他にも色々な憶測記事は世の中に出ていますが、真相はわかりません。 子供達の将来のことを考えて、宮本佳代子さん自身、「真相は墓場まで」と思っている可能性はあります。 その三男が結婚し独立する中で、宮本佳代子さんは、自身の人生の再スタートを切る決意をしました。 「これまで縛られてきたしがらみから自分を解放しよう。 これからは堂々と生きていこう」(「いきいき」2016年4月号) そのように、雑誌のインタビューに応えています。 三男の結婚式には、小泉純一郎・孝太郎・進次郎の三人が参席しました。 宮本佳代子さんにとって、言葉にいい表せない正に、感慨無量のひと時だったと思います。 1歳の時に母と別れた小泉進次郎議員にとって、母は伯母である道子さんという感情の方が、現在も強いのかもしれません。 ただ今後、小泉進次郎議員が結婚・子育てを経験する中で、4歳・1歳の子供と別れざるをえない時の宮本佳代子さんの引き裂かれるような感情を感じ取ることができれば、人間としても政治家としても一回り大きな存在となれるのではないでしょうか。

次の