近鉄 ダイヤ 改正。 近鉄ダイヤ改正案

近畿日本鉄道のダイヤ変更

近鉄 ダイヤ 改正

新型特急「ひのとり」が名阪特急で運行を開始しました。 プレミアムシートを採用するなど、快適性が大幅に向上しています。 運行ダイヤは以下の通りです。 【平日】• 大阪難波発名古屋行き 8:00 発、10:00 発、13:00 発、14:00 発、16:00 発、20:00 発• 名古屋発大阪難波行き 7:00 発、11:00 発、13:00 発、17:00 発、19:00 発、20:00 発• 【土・休日】• 大阪難波発名古屋行き 8:00 発、09:00 発、11:00 発、15:00 発、16:20 発、19:00 発• 名古屋発大阪難波行き 8:20 発、12:00 発、14:00 発、16:25 発、18:00 発、19:00 発• 【平日】 大阪難波発奈良行き 22:20 発、奈良発大阪難波行き 06:30 発• 【土・休日】 大阪難波発奈良行き 20:35 発、奈良発大阪難波行き 08:13 発 大阪難波駅~近鉄名古屋駅の所要時間は約2時間となっており、 同区間の 特急料金はレギュラーシート(普通車)が計2130円・プレミアムシートが計2830円です。 乗車券はICカードなどを利用することも可能です。 なお、 車内販売がない代わりに、プレミアムカーのある両先頭車に飲み物などの自動販売機が設置されています。

次の

1988年からの近畿日本鉄道ダイヤ変更

近鉄 ダイヤ 改正

今日はでしたね。 私は昨日まで4日がかりの旅を行っていたので家でのんびり運用タグを眺めていました。 今回は運用タグなどを見てて感じたことを書き連ねるだけの記事です。 これは、ではそんなに変わらない。 ・朝の 以下の2列車が5200系を連結した運用になります。 上りのですが、平日は全て10両編成となったため、上りで8両のは土休日3722レただ1本だけとなります。 平日ダイヤは時刻表を見た上での予想 ・鳥羽停泊の5200系 こちらも某駅による情報ですが、鳥羽始発の急行が5200系での運用となっており、上本町~鳥羽の長距離列車が5200系化となります。 なお本日は前ダイヤの運用の都合で2610系代走でした。 5200系の他の運用では、昼間の長距離急行で5200系使用の列車が消滅し、青山峠を越えるのは朝夜4往復 土休日は3往復 のみとなりました。 ・4両編成の大幅減 これまで土休日昼間は4両編成による準急運用が3本ありましたが、この改正からは1本のみになっています。 7241~7740高安まで ・夕方の8両編成化 これまで土休日夕方のの一部は10両編成で運転されていましたが、この改正からは平日ダイヤと同じ8両編成での運転に変わりました。 なお、これは所定ではなく現在入場で運用を離脱しているVF41 1620系の6両固定編成 の代走だと思われます。 ・5800系と5820系の運用について のLCカーである5800系と5820系ですが、本日は4編成使用でモードで2編成、モードで2編成運用されていたようです。 モードの編成は早朝に普通で送り込まれたあと、上本町~の急行でひたすら往復する運用についています。 モードの編成はや青山町から上本町へ向かったあとは普通や準急で運用されています。 なお前ダイヤでは1編成の予備がありましたが、現ダイヤではすべての編成を使用する形になります。 も否定できません。 ・まとめ まだまだ運用が確定した訳ではなく、平日ダイヤに至ってはまだ施行すらされていないため、今後も変わった運用が出現する可能性があります。 は代走が結構な頻度で行われるため、今日走った編成が所定とは限りませんし、来週見たら全く違う組成になっている可能性もあります。 恐ろしい! 以上です。 I'm at in , — 黄 檗 keihanujisen75 こいつまた沼津いっとるな。 なお沼津の画像を大学のオタクに送ったら名誉民認定された模様。 沼津住んだことは無し。 ooobaku.

次の

近畿日本鉄道| 時刻表・ダイヤ案内

近鉄 ダイヤ 改正

今年の近鉄のダイヤ改正ですが、大阪線と名古屋線は特急以外はまさしく白紙ダイヤ改正ですが、今までのパターンがかなり変わってしまい驚いています。 まさか急行の特急待避駅ですが、名張駅はともかくとして河内国分駅や榛原駅などに変わり、五位堂駅で区間準急に接続するパターンに変わっています。 急行の所要時間も前よりも長くなりますが、特急もそんなに早くはなく、果たしてダイヤ改正をする必要があるのか不可解な感じがします。 九州もそうですが、今年はどの会社も改善された点はまったくといっていいほどなく、本当に景気が良くなっているのか怪しく、見る限りでは悪化しているようにしか感じませんよね。 最近では駅の案内表示を更新するなど何気に力を入れてますが、もっと利用者にも便利にしてもらいたいものですが、今回のダイヤ改正はどう思いますか? 自分は結構今回の改正はいいと思いました、ただ大阪地区はあまり詳しくないため、名古屋地区及び特急について触れさせてもらいます 特急ですが、京都線、奈良線の特急を毎時2本ずつに戻したのはとてもいいと感じました 京都から特急に乗ると外国人観光客が目立ち、特急を使ってもらういい機会ではないかと また、早いだけが特急ではありません、確実に座って快適に行くというのも特急のコンセプトなのであまり誤解なさらないでください 次に一般列車関係について、 急行の停車駅が増えましたが、これは非常にいい合理化だと自分は思います、 名古屋線の場合、南ヶ丘は近くに免許センターや住宅地が、桃園こそ何もないですが昼間の普通を浮かせられるし、そもそも乗降客数が少ないならあまり影響はないかと思います、 大阪線は勉強不足ゆえ接続などの点はあまり理解していないためここでは触れません、 また、特急誘導が、などとよく言われますが、これは近鉄の立場に立てばすぐわかる話です 急行や快速急行バンバン走らせたところでなんの利益にもなりません、幸いにも近鉄は定期があれば特急券を買うだけで特急に乗れます チケットレスサービスもありますので通勤、通学の特急利用者を増やそうとする方針なのでは? 最後に、近鉄は他の鉄道会社のように無料の優等種別が中心ではありません、あくまで特急なのです 急行の退避が、時間が増えたなどいろいろありますが要は少しでも早く快適に行きたければ特急使えってことです たかが急行に高望みしても正直無駄かと、 利用者は鉄オタだけではないので一般の利用者ならまず特急使うと思いますが、 特に伊勢志摩方面の観光や名阪特急 初めて近鉄を利用する人なんかには近鉄特急の良さをアピールできていいと思いますが。 一度一般の利用者や近鉄の目線になって考えることをお勧めします、 長文失礼しました かって、JR西日本がアーバンネットワークと称して、新快速のスピードアップと本数増加を行い、並行私鉄の乗客を奪うとともに、新規乗客の開拓となり、当時新聞でも「新快速効果」として高い評価を得ました。 「近鉄でもこのようなことを検討すればよい」と思うのですが、大阪線快急はダイヤ変更ごとに減少し、名阪線の急行は停車駅が増え遅くなるばかり。 かって「名阪直通急行を設定せよ。 と近鉄」に申し入れたのですが、名阪特急の売り上げが減少する。 という理由で却下されました。 朝の上り新幹線はゲキ混みで、自由席の空きもなく、名古屋までデッキに立つこともしばしばです。 近鉄大阪線の沿線人口は少なく、沿線乗客や名古屋線のそれとでは名阪直通急行のペイラインにはとても不足でしょうけれど、大阪ー名古屋間の旅客を取り込めば、また名古屋を経由して関東、東京への乗客を大阪ー名古屋で近鉄旅客に誘導できれば、客層によりアーバンライナーも名阪間快急も十分満席にできるキャパです。 関西から東京への移動では、旅客の意識のなかにある、「まず新幹線」との、思い入れを取り去り、 「名古屋まで近鉄、そこから新幹線」との意識を植えつける必要があり、そのような宣伝広告にちからを入れなかった近鉄に責任はあるのですが・・・。 このことを みなさんで近鉄ホームページに投稿してやってください。 近鉄の経営状況や乗客の特徴からして仕方がない。 名古屋線急行の江戸橋〜伊勢中川各停や大阪線急行の停車駅増加はあまり納得いかない人も多いと思うし、毎回のように大阪線も快速急行減便減便ってのも利用者軽視に見えなくもない。 ただ、ここまでしてでも特急の着席サービスを重視したいということだし、それが収入源の近鉄なら当然。 元から都市部から観光地へ直通路線を引いていく会社なので、観光客も多い。 特急優先は理にかなっている。 ここで特急を減らして中途半端なスピードとサービスの快速急行を増発なんてしたら、高速バスに観光客をタダで渡すことになる。 全体的に利用者が減りサービスの質が低下し、様々な路線の運行に支障が出る懸念もある。 特急もそんなに速くないなんて言っているが、近鉄は特急の速さを第一とは考えていない。 表定速度は91kmで、全国的にみても速い方。 ノンストップでなくても表定速度81kmでそこそこ速い。 ビジネスに使われる特急は速度重視で運行している。 特急料金は高いと言う人も多いが、別に通勤で毎日乗るわけじゃないんだしさ。 通勤時間がかかるとかぼやくなら引っ越せばいい。 近鉄はダイヤ変更です。 改正とは銘打っていません。 そして、既に他の方もご回答されていますが、近鉄特急は早さで勝負していません。 着席保証です。 15~20分に1本は特急が走っていて、簡単にチケットレスや駅ですぐ買えて、というのは他に類を見ない大きなアドバンテージです。 沿線の人はそれに慣れています。 JR東の普通車グリーン席みたいに、パッとお金を出して座っていく文化です。 (普通車グリーン席は着席保証がありませんが) 急行停車駅が増えたり快速急行が無くなったりするたびに「特急誘導やめろ!」と声を荒げる方もいますが、特急には大きな需要があるから優遇するのです。 上本町から伊勢志摩までの長距離、座って特急で行きたい方のほうが多いでしょう。 ただでさえ高齢化社会です。 それなのに、自分は乗らないから特急優遇するな!というのは、完全にエゴかと。 (特筆してnikoyaka866様に言う事では無いと存じますが、すみません) そういう意味で、急行退避駅の変更は(所要時間的な意味ではなく)出来れば特急に乗り継げる駅でさせてあげて欲しいと思います。 あと近鉄特急の問題は、同じ料金を払っているのに車両格差が酷すぎることだと思います。 Ace系は良い感じに更新してきていますが、その他はやはり古さが目立ちます。。 #JR九州に文句を言った自治体もそうですが、近鉄でも実際に沿線人口が減っていて、それなのに減便発表した途端「減らすな!」って言うのも酷い話ですよね。。 (文句を言っている自治体の人は、ほぼ車通勤なんでしょうな……).

次の