小豆 へそ外し。 あんこの作り方!超簡単なガス代が節約できる裏ワザとは?

小豆の煮方は簡単!プロ直伝、おいしいぜんざいや煮小豆を時短で作ろう!

小豆 へそ外し

手作りあんこの良さは、小豆と砂糖だけのシンプルなおいしさを味わえること。 ぜひシンプルなおいしさを味わっていただきたい!だから自家製あんこをオススメしています。 あんこの炊き方は難しくありません。 まずはつぶあんから基本の炊き方を覚えましょう!つぶあんに慣れると、こしあんや他の豆を使ったあんこ作りも難しくありません。 つぶあんの材料(出来上がり量:600グラム)• 小豆:200g• 砂糖:240g(小豆の1. 2倍量をおすすめします)• 水:適量 【Point】 小豆200gが一番作りやすいので、まずは200gで挑戦し、慣れたら、量を変えてみることをおすすめします。 つぶあんにおすすめの小豆は? 小豆には、普通小豆(小粒)と大納言(大粒)があります。 まずは、普通小豆を使って、あんこを炊いてみましょう。 大納言は粒が大きく、やや炊き上りに時間がかかりるため、普通小豆で炊き方に慣れたら、ぜひ大納言をお試しください。 吸水方法が他の豆と異なるため、水に浸けてもきちんと吸水してくれません。 火にかけて吸水させます。 小豆を吸水させる(約1時間) 小豆を軽く洗い、鍋に小豆と水(小豆が十分にかぶる量)を入れて火にかけます。 火加減は中火または強火でOK。 沸騰し3分経過したら、 カップ2(400cc)の冷水を投入します。 続いて、投入した水と 同量のゆで汁を取り出します。 再び沸騰し、3分経過したらカップ1~2の冷水を投入し、先程と同様にゆで汁を取り出します。 この作業をさらに3回繰り返し、合計で5回行います。 (新豆の場合は計3回でOK) ここで重要なのが小豆の状態を観察すること。 ゆで始めにはシワシワですが、次第にシワが伸び、皮が膨れてきます。 表面がつるりとシワの無い状態になれば吸水は終了です。 鍋に落しぶたを置き、さらにふたをして、二重蓋の状態で、 ごく弱火で豆が踊らない状態でゆでていきます。 火が強いと皮が破れ、小豆の中身が出てしますので、ご注意ください。 時々ふたを開けて、小豆がゆで汁から出ていないかを確認します。 出そうになったら、少量のお湯を足してください。 小豆が完全に柔らかくなるまで、弱火で煮ます。 一つ小豆を食べてみて、中が柔らかくても皮に固さを感じたら、もう少し煮ます。 皮まで柔らかくなったら、 火を止めて蓋をしたまま1時間蒸らします。 蒸らすことで皮はさらに柔らかくなります。 砂糖を加えて仕上げる(約20分) ボウルにザルをのせ、小豆をあけます。 小豆は鍋に入れ、ボウルのゆで汁は10分ほどそのまま置いておきます。 10分経ったら、上澄み液を捨てて、底に残った小豆の中身(呉)を鍋に入れます。 鍋に分量の砂糖を加えて火にかけ、弱火でじっくりと煮ていきます。 ゴムベラを使い、なべ底から返すようにして混ぜ、練っていきます。 火が強いと焦げますのでご注意ください。 あんこがとろりとした固さになったら、火を止め、バットに開けて冷やします。 鍋に放置することは厳禁です!余熱で水分が蒸発し、すぐに固くなってしまいます。 粗熱が取れたら、ラップやタッパーなどに小分けにしておくと便利です。 冷凍保存しておくと、いつでも解凍して食べられます。 冷蔵保存の場合は、なるべく早めにお召し上がりください。

次の

【プロフェッショナル】菓子職人、小幡寿康があんこの製法を伝授したお店は南香!通販で食べたい!

小豆 へそ外し

小幡寿康(72)、自分の店を持たず、 店から店へと渡り歩いては極上の あんこ炊きを伝授し、 その技ひとつで30軒以上の 菓子店を再建させてきた。 名だたる老舗や名菓子店が 教えを請うその製法は、 まさに型破り。 300年以上変わらずにきた あんこ炊きに革新をもたらし、 小豆本来の香りを存分に含んだ その味は、極上と称される。 実は小幡は、かつてある店で 皇室御用達の菓子を任される職人だった。 その男が、 いわば流しの生き方を選ぶことになった謎。 小幡の旅に長期密着する中で、 秘められた思いが明かされていく。 これまで裏方に徹し、 決して表に出ることのなかった男が、 旅路の果てに得たものとは…。 半世紀、あんこを炊き続けてきた男の技と心に迫る。 nhk. 47club. jp とされています。 「1日がかり」 という手間暇かけた 一品だというのはそそられますが、 あんこを炊くのは素人が普通に作っても けっこう時間がかかるものです。 これだけでは 「型破り」と言えるほどでもないような 気がしますね。 小幡寿康さんのすごさは ホントは何なのか 番組を観て確かめたいと思います! スポンサードリンク 小幡寿康さんのあんこが食べたい。 通販は? 小幡寿康さんご自身はお店を持っていないので、 小幡寿康さんが製法を伝授したお店の あんこを食べたい! もう欲望の矛先はそれしかないわけです。 前述の『南香』でも、 一部和菓子の通販を行っています。 例のどらやきが断然魅力的です… お値段の例を挙げると、 5個入 800円 10個入 1600円 とかなので、庶民のお財布にも優しいですね。 ホームページから注文書を ダウンロードして FAXで通販する方法を取っておられます。 もしくはこちらの名産品通販サイトに 出店もされています。 こっちならポチっと買えますね。 以上、 わたしが調べた小幡寿康さんが あんこの製法を伝授した お店の情報いろいろでした!.

次の

あんこの炊き方

小豆 へそ外し

05 お豆料理って 手間がかかると思っていませんか? 前の晩から水に浸けて・・・ことこと炊いて・・・ でも小豆は簡単。 一晩水に浸けなくても、いきなり炊いてOKです。 その秘密は 小豆の「へそ」。 ここが水を吸いやすいしくみになっていて乾いた状態でゆではじめても中まで湯がしみ、ふくりと ふくれてきます。 [1]小豆をよく洗い 鍋にたっぷりの水と一緒にいれて 中火にかけます。 [2]沸騰したら 差し水を2回ほどしてください。 [3]小豆ポリフェノールをたっぷり摂りたい方はこのゆで汁で そのまま 茹でてください。 小豆汁の渋みが気になる方はザルにあけて豆を軽く水で 流し洗いして 新しく水をはり再度 茹でてください。 [4]豆が 指で押すとつぶれるくらいの柔らかさになったら 出来上がりです。 煮汁は赤飯にするなら漬け汁に。 ざるにあげて 荒熱がとれたら冷蔵庫で保存。 痛みやすいので小分けして冷凍しておくとよいでしょう。 ・ これがアズキのへそ。 ここからぐんぐん吸水するから いきなり煮てもOK ・ ゆであがりはふっくら。 アズキ特有のかおりが原始の記憶を蘇らせる? いえいえ 美味しそうです。 何にして食べよう?

次の