スーパー ウェルター 級。 MMAにおける新体重階級

WBAスーパーウェルター級に新王者?! アンナ・ガブリエル

スーパー ウェルター 級

1月18日 フィラデルフィア リアコーラスセンター WBA、IBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ 挑戦者 ジェイソン・ロサリオ(ドミニカ共和国/24歳/20勝(14KO)1敗1分) 5回1分37秒TKO 王者 ジュリアン・ウィリアムズ(アメリカ/29歳/27勝(16KO)2敗1分) 悲劇の凱旋防衛戦 試合が終わった瞬間、場内は騒然となった。 地元出身の王者ウィリアムズが、圧倒的に有利と目された無名挑戦者相手の凱旋防衛戦でまさかのストップ負け。 5回に連打で効かされ、最後はビッグパンチを浴び続けた上での完敗だった。 昨年5月には無敗のジャレット・ハード(アメリカ)を下したウィリアムズは、技術面でも高く評価されていた選手。 そんな背景から、ショッキングな王座交代劇ではあった。 もっとも、2回に左目をカットして以降、王者は明らかにやりにくそうにしていただけに、もう意外な結末ではなかったのも事実である。 このレベルの戦いで、傷を負った選手がこれほど明白な影響を受けたケースは珍しい。 完全にディフェンス面での集中力を失ったウィリアムズに対し、パワーで上回るロサリオは勢いをつけて攻め込んでいった。 ベンジー・エステベス・レフェリーのストップはすっきりするタイミングではなかったが、王者のダメージを考えれば適切な判断だったのだろう。 あのまま続けていれば、見ているものに恐怖感を感じさせるようなKO劇が生まれた可能性も十分にあった。 プロスペクト時代から期待の大きかったウィリアムズだが、ジャモール・チャーロ(アメリカ)に痛烈なKO負けを喫したのに続いて脆さを露呈した感もある。 アッパーへの弱さ、タフネスの不安はもう拭い去れない。 再戦はニューヨーク開催か 敗れたウィリアムズは再戦条項を持っているとのことで、試合終了直後のリング上ですぐに行使を明言した。 KO負け直後のボクサーの発言を真に受けすぎるべきではないが、前王者側には「カットさえなければ」との思いもあるだろう。 だとすれば、ダイレクトリマッチの可能性は高いのかもしれない。 試合前から自信満々だったロサリオ側のサンプソン・ラコウィッツ・プロモーターも、即座の再戦に意欲満々。 「リマッチはニューヨークでの挙行が適切だ。 多くのドミニカ人の前で開催したい」と述べていた。 実際にニューヨークにはドミニカ共和国からの移民が多く、同国出身の新王者は熱くサポートされるだろう。 ニューヨークはフィラデルフィアの隣町でもあるだけに、ウィリアムズ側にも異存はないのではないか。 様々な意味で、リマッチはPBCの本拠地でもあるバークレイズセンターにぴったりのカード。 そんな周囲の思惑通りに再戦挙行となるかどうか、まずはウィリアムズのダメージ回復と方針決定を待ちたいところだ。 スーパーウェルター級は大混乱 2つのメジャータイトルを保持していたウィリアムズが敗れ、スーパーウェルター級の混乱には拍車がかかった感がある。 過去約1年、同階級の戦いは予想外の結果ばかり。 今ではトップ10ランキングを作るのも難しいような事態になっている。 2018年12月にトニー・ハリソン(アメリカ)に判定負けで一度はWBC王座を失ったジャーメロ・チャーロ(アメリカ)が、昨年12月20日に11回TKO勝ちでリベンジ成功。 一方、WBA、IBF王座は昨年5月以降、ハード、ウィリアムズ、そしてロサリオの手に一戦ごとに渡っている。 ここまで挙げた5人は実力伯仲。 さらに昨年11月にはハイメ・ムンギア(メキシコ)の後継王者を決めるWBO暫定王座決定戦で、パトリック・テシェイラ(ブラジル)が評判の高かったカルロス・アダメス(ドミニカ共和国)に競り勝った。 テシェイラはその後、王座に昇格し、同階級のシンデレラボーイになっている。 その他、コンテンダー勢も豊富で、ベテランのエリスランディ・ララ(キューバ)、無敗のブライアン・カスターニョ(アルゼンチン)、新鋭エリクソン・ルービン(アメリカ)といった役者揃い。 テシェイラ以外のすべての有力選手がPBC傘下という幸運もあり、今後は様々な潰し合いが期待できる。 1年後の今頃には誰が覇者として浮上しているか、スーパーウェルター級は2020年のPBC目玉階級の1つになる可能性を秘めている。 フィラデルフィアの時代? 1月10日~30日までの短期間に、フィラデルフィア出身の強豪ボクサーが次々と重要ファイトに臨んでいる。 まずは10日、フィリーのみならず、アメリカ最大級のプロスペクトと称されるようになったジャロン・エニスが先陣を切ってリング登場。 Showtimeで放送されたバクティアル・ユーボフ(カザフスタン)との10回戦で、期待通りの4回TKO勝利で強烈にアピールした。 18日にはこれまで述べてきた通りにウィリアムズが地元凱旋防衛戦を挙行し、リングサイドにはフィリーの英雄バーナード・ホプキンスの姿もあった。 さらに今週末の25日、ブルックリンでのPBC興行にはベテランのダニー・ガルシア、スーパーバンタム級の新鋭スティーブン・フルトンがそろい踏み。 フィラデルフィアは言わずと知れた映画「ロッキー」の街。 ジョー・フレージャーの出身地でもあり、もともとボクシングがもっと盛んでないのが不思議なくらいの血気盛んな土地柄である。 今後、フィリーはボクシング界にとって重要なマーケットとして確立されるか。 ウィリアムズが手痛い負けを喫した後で、今週末、ガルシアとフルトンが良い流れを保てるかどうかにも注目が集まる。

次の

2020年3月22日K1武尊 安保 不可思 村越 レオナペタス 久保 ピケオー 木村 武居 K

スーパー ウェルター 級

ジュリアン・ウィリアムズをノックアウトしてベルトを奪いました。 右のが最大の武器でウィリアムズ戦ではカウンターや打ち下ろしなど遺憾なく発揮されました。 弱点はディフェンスで、ガードが甘く長期政権は難しそうです。 パワーはありませんが、スピードと技に長けた選手です。 彼は距離を問わずどこでも戦えるのが強みですね。 弱点は決定力。 ワールドクラス相手にするとこの差が如実に現れているように感じます。 得意の肉弾戦をウィリアムズに上手く対処され押しつぶすことができませんでした。 肉を切らせて骨を断つ戦法で被弾が多くダメージが蓄積してきたかもしれません。 しかし誰が相手でもタフな試合にしてきました。 負けの後は力強く立ち上がり。 4勝3KO。 王座まであと一歩という実力のガリモアを終始圧倒するなど相変わらずのハンマーっぷり見せつけています。 ジャメールへ挑戦した時はまだ早いと感じましたが、今はいつ王者になっておかしくないと感じます。 再戦では中近距離での打ち合いを選択。 序盤のダウンを挽回するかに見えましたが失速、力が落ちたところを仕留められてしまいました。 ジャメール戦ではジャブやボディーブローで高い技術力と戦術的な幅を見せてくれました。 スピードもパンチもあります。 優れた選手です。 しかしスタミナがなく打たれ弱い。 ハード戦も疲れたところを捕まってしまいました。 カスターニョやルビンにも捕まってしまうと思います。 このランキングにいれるかも迷いましたが、華もない平凡なスミスがエリートに食らいつくのは毎回熱くなれます。 期待も込めてこの位置。 「なんだ大したことないじゃん」で始まって「なんてしつこいんだこいつ」でやられます。 この階級の誰が相手でも苦しめることができ、KOもされないかもしれませんが少しスキルが足りません。 踏み込んで一気に近づけるでも、この戦法の達人であったウォードの様に誘って接近戦に持ち込めると言うわけでもないので、リスクを減らして相手に近づける様になればこの階級の第一線でも勝てるでしょう。 パンチが大きいのでショーパンチが打てる様になれば、このフィジカルは悪夢。 天才メイゾン、野獣マドリモフなど危険なプロスペクトが王座へ迫っています。

次の

MMAにおける新体重階級

スーパー ウェルター 級

マニー・パッキャオ パッキャオはやはり半端なかった。 そう思わせてくれた、対ルーカス・マティセ戦。 彼との試合に勝利し、パッキャオはWBAウェルター級王座を獲得しました。 記念すべき60戦目ですし、本人にとってもあの試合は大きな節目になったことでしょう。 パッキャオがウェルターで戦ってきた相手は• ミゲール・コット• ブランドン・リオス• メイウェザー• ティモシー・ブラッドリー• ジェシー・バルガス• ジェフ・ホーン• マティセ です。 2連敗となってしまったブラッドリーとファン・マヌエル・マルケスとの試合は、スーパーウェルターでしたので、今のパッキャオに一番合っているのはウェルターだと思います。 マティセ戦では、フレディ・ローチと袂を分かつなど、周囲の環境も変わっており、それ故かファイトスタイルも若干の変化が見られました。 スピードある前後のステップは顕在として、ジャブに合わせるひっかけのショート・フックと、これまで見られなかった左アッパーが精彩を放っていましたね。 マティセもガンガン前に出てこず、中間距離で戦っていたので、パッキャオが自分のボクシングを出来た、ここ数年で一番のパフォーマンスかと思います。 とは言っても、キャリア晩年である事は否めません。 年齢的なものかどうかは分かりませんが、フィジカルボクシングに弱くなっている感があります。 ジェフ・ホーン戦は微妙な判定でしたが、どんどん前に来るホーンに押し切られ、非常に見栄えは悪かったですね。 判定に不服もあるようですが、ホーンのホームであることもかんがみれば、ホーンの勝ちでもまったく不思議はない試合だったと思います。 既に引退はしていましたが、今のパッキャオは、マティセと同じアルゼンチンのマイダナには手を焼きそうですね。 しかし、「負けるかもしれない」という試合にきっちり勝つパッキャオ。 その点だけは、若いころと変わらず我々ファンを楽しませてくれます。 キース・サーマン 大の日本好きで知られるキースサーマンが、現在ウェルター級WBAのスーパーチャンピオンの座についています。 怪我もあり、ダニー・ガルシア戦からしばらく試合をしておらず、元々持っていたWBCのベルトは返上している状態です。 なので今WBCは空位。 最新のダニー・ガルシア戦を見た印象は、やはりバランスが非常にいい。 あとボディにはやっぱり弱い。 テレビの映像を見ても、ガルシアのボディ打ちが決まると、スローで再生をされています。 バランスがいいと言うのは、相変わらずの手数の多さで体勢が崩れるという事がほとんどない。 飛び込みの左フックの後でも、しっかりと右ガードが有効に働いています。 手数が多いのと、それにガードの隙をねらって打ってるのが凄い。 手数が多いのでめちゃくちゃ打ってるように見えますが、丁度空いているところを打っているシーンが多いです。 左フックからの右アッパーも秀逸。 2回綺麗にきまっていました。 しかし、それは2017年3月の話。 右肘と左手を故障し、1年以上リングから遠ざかっています。 それなのにまだスーパー王者にいるという事自体も不思議なものですが、フェリックス・ベルデホのように、怪我上がりでのポカはやめてほしいですね。 早めのリング復帰が望まれます。 「メイウェザーの後継者?」エロール・スペンス・ジュニア メイウェザーとスペンス 偉大なる王者の後には、その後継者の座を誰に渡すのかという事がよく議論に挙げられます。 「ネクスト・パッキャオ」なんかよく聞きますね。 ネクスト・メイウェザーも、もちろんそのはんちゅうであり、エイドリアン・ブローナーなどがそのスタイルも酷似しているので、そういわれていた時期もありました。 しかし、マイダナ戦から上の上のクラスの選手には負け越すようになり、その声も薄れてきたように思えます。 現在その筆頭が彼、 エロール・スペンス・ジュニアです。 現在 24戦24勝21KOのパーフェクトレコードを誇っており、ケル・ブルックからIBF王座を奪取後、初防衛戦をレイモンド・ピーターソンと行いTKO勝ち、続くカルロス・オカンポも速攻で沈めています。 ボディが得意なようで、オカンポ含めキャリアの中で8戦ほどはボディで決めているみたいです。 オカンポ戦では結構ローブロー気味でしたが、オカンポ自身もあまりアピールしていなかったので、ボディで効いていたのでしょう。 オカンポはIBF3位の格下で、世界初挑戦がスペンスというのもかわいそうでしたね。。 レイモンド・ピーターソン戦を見てみると、こちらはフェンシングのようなスペンスのジャブが光っていました。 距離を支配するジャブと、効かせるジャブを有効に使っているという印象を受けます。 ジャブ、ジャブ、左ボディストレートを序盤は多用していました。 中盤から、それに加えスペンスのパワーヒットが増え始めます。 ピーターソンも結構良い右を入れたりするのですが、それが余計にスペンスを燃えさせるのか、さらにスペンスからくらってしまいます。 結局スペンスに終始ボコボコにされ、7ラウンド開始時にギブアップ。 この試合で光ったのは、右ジャブを使用しての距離感の支配。 右ジャブを打って、すぐに返ってくる相手の左ジャブを見切る目もいい。 そして、パワーファイトも出来る。 距離の関係ない接近戦になった際に、少しもらってしまうのが玉に傷ですが、今後防衛を繰り返し、さらに磨かれていってほしいですね。 彼の初めての試練、そしてビッグファイトは、今後予想される対クロフォード戦でしょう。 テレンス・クロフォード 一つ下のスーパーライト級で4団体統一を果たしたテレンス・クロフォード。 ウエルターに上げてからは、対ジェフ・ホーンの1戦のみですが、あまり体重増加により苦しんでいるようには見えません。 ジェフ・ホーンと比べるとどうしても体格的に劣っているように見えてしまいますが、突進を右にステップしてからの右フックでうまくいなせています。 パッキャオもそれが出来ていれば、クロフォード対パッキャオのビッグマッチが実現していたのかもしれないのに、残念ですね。 ホーン戦では、フリッカー気味ですが正統派のサウスポー的に戦うクロフォードですが、スーパーライト級での何試合を見る限り、左右どちらでも戦える スイッチヒッターです。 且つ、どちらでも倒す力を持っている やっかいなファイターです。 ウェルター級最強は誰だ! ウェルター最強は、 スペンスかクロフォードのどちらかでしょう。 現在のパッキャオをウェルター最強に推すファンも少ないでしょうし、試合枯れしているキース・サーマンを最強にするのも現実的ではありません。 であれば、実力者のケルブルックとピーターソンを撃破したスペンスと、スーパーライト4団体王者のクオフォードの2人ですね。 この2人を比較すると、スピードはクロフォード、パワーはスペンス。 型があるのがスペンス、自由自在がクロフォードといった対比が出来ると思います。 気になるのは、クロフォードがウェルターにおいて耐久性を保てるかという問題。 もともとライトで戦っていたクロフォードに、そろそろ体重の壁が立ちはだかるかもしれません。 ホーンはパンチというよりも、フィジカルで相手のスタミナを削るタイプなので、そこまでホーン戦が参考にならないと思うので外します。 クロフォードは、ガンボア戦でも若干ぐらついていましたし、そこまで耐久性があるようには思えません。 そこでウェルターに階級を上げ、実力者であるスペンスの攻撃に耐えうる耐久性があるかというと、それが疑わしいですね。 クロフォードが勝つという予想確率を下げる一因です。 この2人の試合は、やはりフェンシングのようなジャブの差し合いから始まるでしょう。 いきなりごちゃごちゃはなさそうです。 このジャブの差し合いを制し始めるのは、難しい予想ですが スペンスでしょうね。 ジャブジャブの後の左ボディにだんだんクロフォードが押されていき、その後パワーヒットが効き始め、判定勝ち。 といったストーリーになるかと思います。 よって「ウェルター級最強」は、 エロール・スペンス・ジュニアに決定いたします。 エロール・スペンス・ジュニア まだ正式に何も決まっていない試合ですが、この2人の試合が現時点におけるウェルター頂上決戦としていいでしょう。 まとめ 以上、ウェルター級の王者と、その最強に関してまとめさせていただきました。 ウェルターは人気階級ですので、各プロモーター次世代選手の発掘に躍起になっており、新陳代謝も盛んで面白いですね。 早くサーマンが復帰することが望まれますが、今の話題はスペンスとクロフォード。 ナチュラルでウェルターで戦ってきたスペンスが勝ち、つまり最強だと予想させていただきましたが、おそらくどちらに転んでもおかしくありません。 実現すれば、本当に楽しみな1戦です。 これだから「ボクシング」は面白い! おわり.

次の