こなせる 意味。 熟す(コナス)とは

こなすの類語・言い換え

こなせる 意味

溌剌の読み方と意味 溌剌は「はつらつ」と読みます。 「溌溂」と書くこともありますが、あまり漢字で使われることはありません。 溌剌の意味は「生き生きとして元気な様子」です。 子供に使われることが多いですが、大人に対しても 「ものごとに取り組む意欲のある様子」というニュアンスになるので、使っても 問題はありません。 溌剌を使った言葉 溌剌を使った言葉には下記のようなものがあげられます。 元気溌剌 元気溌剌は非常に元気な状態を表す四字熟語です。 炭酸栄養ドリンク「オロナミンC」のCMで、キャッチコピーとして使われたことでも有名です。 オロナミンCには糖分やカフェイン、各種ビタミンなどが配合されています。 糖分は体内でブドウ糖に変換されて脳のエネルギー源となり、思考力や集中力を高めます。 カフェインには覚醒作用があり、ブドウ糖とセットで摂ると効果がアップするのです。 また、ビタミンのうちではとくに 役立っているのが、 ビタミンB2とB6です。 それぞれ脂質とタンパク質を代謝することで エネルギーを作り出しているのです。 ビタミンCもレモン11個分含まれており、免疫力を高めて病気にかかりにくくする効果が期待できます。 このような成分の働きによって、飲んだ人を元気にするという効果を一言で説明するのに、溌溂という言葉はうってつけだったといっても過言ではありません。 溌剌颯爽 溌剌颯爽は四字熟語ではありませんが、元気で生き生きとしているのが一つ一つの行動に表れ、きりっとして勇ましく見えることを表現する言葉です。 実業家や思想家として知られている中村天風が考え出したと言われています。 天風は、悩みのない人生はないということを指摘し、多くの人は悩みごとに直面すると苦しむが、「人生に悩みはつきものだ」と理解している人は苦しんだり落ち込んだりせずに克服しようと立ち向かっていくのだと述べています。 そうした姿を表現したのが溌剌颯爽です。 悩みごとに対して向き合い、克服していこうとする 意欲的な 姿勢を表現するのに、溌剌という言葉がふさわしかったのだと考えられます。 溌剌の語源 溌剌の語源は、魚がよく飛び跳ねている様子です。 元気が良い、生き生きとした人間の様子を 魚に 例えて、溌剌という言葉を使うようになりました。 そのきっかけとなったのが夏目漱石の小説『それから』で、作中で溌剌が使われています。 「溌」には「跳ねる」「水などを注ぐ」という意味があります。 注いだ水が跳ねるというイメージの漢字です。 一方、「剌」にも「跳ねる」という意味がありますが、もう一つの意味として「背く」という意味もあります。 こちらは何かに反発して跳ねるイメージといえます。 「今年の甲子園でも、高校球児たちが 溌剌としたプレーを見せている。 」 スポーツなどの好きなことをしている人というのは、プロアマを問わず、生き生きとして見えるものです。 ワンプレーごとに声を出す威勢のいい様子は「溌溂」と形容するのにふさわしいです。 溌剌の類義語 溌剌の類義語には「活きの良い」、「エネルギッシュな」、「意気軒昂」、「明朗快活」などがあげられます。 活きの良い 語源が魚が飛び跳ねる様子ということで、「活きの良い」という言葉も元気のいい人を表現するのに用いられます。 とくに若い人に対して使うことが多いです。 エネルギッシュな エネルギー、すなわち元気や活力に満ち溢れている様子のことをいいます。 ちなみにエネルギーやエネルギッシュは英語ではなくドイツ語の言い方で、英語では「エナジー」と言います。 意気軒昂な 元気があり、意欲に満ち溢れている様子を四字熟語では「意気軒昂」といいます。 「軒昂」はものごとに勢いがある様子を表す言葉です。 意気軒昂の対義語は「意気消沈」です。 明朗快活 こちらも元気な様子を表す四字熟語です。 「明朗」は文字どおりほがらかで明るい様子であることを意味します。 また、「快活」は元気に溢れて活気のある様子のことを言います。 類義語の例文 先述の類義語を使って例文を作ると、以下のようになります。

次の

一概の意味と使い方を知りたい!使いこなせる5つの例文

こなせる 意味

[動サ五(四)]《粉 こ に成す、の意》• 1 食べた物を消化する。 2 かたまっているものを細かく砕く。 3 技術などを習って、それを思うままに使う。 また、身につけた技術でうまく扱う。 自在に扱う。 4 与えられた仕事などをうまく処理する。 5 売りさばく。 6 見下げる。 けなす。 7 動詞の連用形に付いて、自分の思いのままにする意を表す。 うまく…する。 完全に…する。

次の

誤用が多い敬語「させていただく」の正しい使い方・言い換え・英語表現を解説!

こなせる 意味

断固たる理解または知識がある; 上にある の意• 通常、自分の利益のために(他人または自分を)巧みに制御し影響する の意• その任にある、それとして動く、あるいは処理する の意• 取りあつかう• 持て扱う• とり回す• とり捌く• 持てあつかう• 切盛 指示する、または制御する; プロジェクト、ビジネス、等 の意• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の