お気 を つけ て お過ごし ください。 違和感のある「お体に気をつけて」意味・使い方を解説!

「お体に気をつけて」の敬語は?体調を気遣う年賀状やメールも

お気 を つけ て お過ごし ください

お久しぶりです。 台風が来ているこの状況の中、順番が回ってきたブログに何を書くか、正直なところすごく迷いました。 この状況の中で私のブログは本当に無力なので、このブログを本当に書いていいのかも迷いました。 でもその中で、今の不安な気持ちの中で、 少しでもみなさんに「一人ではない」ということを感じていただけたらいいなと思い、迷いながらではありますが、今書いています。 では今日は、私が十月について思っていることを書きます。 十月というと、私の中では急に秋の訪れを感じます。 というより、自分から気持ちを秋の方へ切り替えにいっています。 (なぜでしょうか?二桁だからかな... ) 九月までは夏の余韻を引きずりに引きずって、センチメンタルな気分に夢みがちなのですが、十月になると私は急に、 今まで大切に抱えていた線香花火や、 1 ミリも聞き逃さないようにしていたセミの鳴き声をぽいっと引き出しにしまって来年の夏まで鍵を閉め、両手を広げて秋風を迎え入れる準備をします。 そろそろみんなが長袖を着るようになってきた、気づいたらあたたかい飲み物ばかり飲むようになっていた、そろそろ冬が恋しくなってきた、気づいたら人に優しくできるようになっていた... そういう意識的無意識的な季節の変わり目を教えてくれる魔法が今の時期はたくさん道端に落ちているような気がします。 誰も取り残されて悲しまないように、みんながそれをちょうど一つずつ拾えたところで季節は移行しているように思います。 だから、みんなが自分にとってしっくり来る秋のタイミングを拾えるまでまだ冬は待ってくれているので、ゆっくり私も探して行けたらいいなと思います。 今こうしてブログを書いている間にも風や雨の音がどんどん大きくなっています。 皆様の安全を願っています。 私もお湯を水筒に溜めたり、懐中電灯を準備したりしました。 読んでくださりありがとうございました。

次の

「くれぐれも」の意味と使い方・例文・目上の人への使い方|ご自愛

お気 を つけ て お過ごし ください

お久しぶりです。 台風が来ているこの状況の中、順番が回ってきたブログに何を書くか、正直なところすごく迷いました。 この状況の中で私のブログは本当に無力なので、このブログを本当に書いていいのかも迷いました。 でもその中で、今の不安な気持ちの中で、 少しでもみなさんに「一人ではない」ということを感じていただけたらいいなと思い、迷いながらではありますが、今書いています。 では今日は、私が十月について思っていることを書きます。 十月というと、私の中では急に秋の訪れを感じます。 というより、自分から気持ちを秋の方へ切り替えにいっています。 (なぜでしょうか?二桁だからかな... ) 九月までは夏の余韻を引きずりに引きずって、センチメンタルな気分に夢みがちなのですが、十月になると私は急に、 今まで大切に抱えていた線香花火や、 1 ミリも聞き逃さないようにしていたセミの鳴き声をぽいっと引き出しにしまって来年の夏まで鍵を閉め、両手を広げて秋風を迎え入れる準備をします。 そろそろみんなが長袖を着るようになってきた、気づいたらあたたかい飲み物ばかり飲むようになっていた、そろそろ冬が恋しくなってきた、気づいたら人に優しくできるようになっていた... そういう意識的無意識的な季節の変わり目を教えてくれる魔法が今の時期はたくさん道端に落ちているような気がします。 誰も取り残されて悲しまないように、みんながそれをちょうど一つずつ拾えたところで季節は移行しているように思います。 だから、みんなが自分にとってしっくり来る秋のタイミングを拾えるまでまだ冬は待ってくれているので、ゆっくり私も探して行けたらいいなと思います。 今こうしてブログを書いている間にも風や雨の音がどんどん大きくなっています。 皆様の安全を願っています。 私もお湯を水筒に溜めたり、懐中電灯を準備したりしました。 読んでくださりありがとうございました。

次の

「お体に気をつけて」の正しい使い方!敬語や類語も例文つきで紹介

お気 を つけ て お過ごし ください

気になる項目をクリック• 1.「お体に気をつけて」の意味と使い方 「お体に気をつけて」は「健康に注意して、健やかにお過ごしください」という意味を込めて、相手の体や健康を気遣うための言葉です。 日本語として正しい表現ですが、念のため「お体に気をつけて」を分解してみますと、 接頭語「お」+名詞「体」+助詞「に」+動詞「気をつける」+助詞の「て」 という構造になっています。 「気をつける」の意味は、注意する、する、用心する、などが挙げられます。 直訳すると「お体に注意して」「お体に用心して」となってしまうため、 日本語として違和感を感じてしまう人もいるようですが、正しい日本語ですのでご安心ください。 1-1.「お体に気をつけて」の使い方 口頭であれば別れ際や送別会などの挨拶として、文章(メール、手紙、年賀状、お見舞い状など)であれば文末の結びの挨拶として使われています。 家族や友人との別れ際に「元気でね」という言葉をかけられる方は多いと思います。 そのビジネス版が、「お体に気をつけて」だと考えていただけるといいでしょう。• 1-2.「お体」と「お身体」どちらを使う? 結論から言いまして、どちらを使っても間違いではありません。 ただし、心身ともに健康でいてほしいという思いから、文章で書くときには「お身体」を使う人が多いようです。 理由は、「体」は頭から足の先までの体のことを表し、「身体」は体に加えて心を表すとされているからです。 特に、改まった場であるビジネスシーンでは「お身体」が使われることが多いです。 1-3. 「お体に気をつけて」と「ご体調に気をつけて」の使い分け 「ご体調に気をつけて」と「お体に気をつけて」は、同じ意味で使うことができます。 「体調」とは、体の調子やコンディションという意味ですので、「お体」と「体調」という言葉に大きな違いはありません。 ただし、「体調」を丁寧に言う場合、「ご体調」となり、「ご体調に気をつけて」は発音しにくいことから、耳にすることは少ないかもしれません。• どの言葉も相手の健康を気遣う言葉です。 ただし、 使う場面によっては言い換え表現の方がより適していることもありますので、覚えておくと良いでしょう。 4-1.「ご自愛ください」 「あなたご自身のこと(心・体・体調すべて)を大切してください」という意味を持ち、相手の健康を気遣う敬語表現です。 「自愛」は、自分を大切にするという意味です。 「ご自愛くださいませ」と 最後に「〜ませ」をつけるとより丁寧な印象になります。 また、手紙やメールなどの最後、結びの言葉としてよく使われます。 あわせて使いこなせるようになりますととても便利です。 4-2.「お体を大切になさってください」 文字の通り、「あなたの体を大切してください」という意味を持ち、相手の健康を気遣う敬語表現です。 4-3.「お大事になさってください」 「病気や怪我が早く治るように、あなたの体を大切してください」「病気や怪我が早く治るように、回復をお祈りしています」という2つの意味を持ち、体調を崩している相手の健康を気遣う敬語表現です。 上記の類似表現と似ていますが、 使う相手が「病気もしくは怪我をされている方」に限られますので注意が必要です。 4-4.「お体に気をつけて」と言われた時の答え方 「ありがとうございます」と答えるのが一般的です。 「お体に気をつけて」は、相手の健康を気遣うための言葉です。 そのため、もし声が出ないなど「なさってください」と言われるような状況であれば会釈だけでも良いとされています。 大切なのは気遣ってくれた相手に対する感謝の気持ちを示すことです。 まとめ 日本語を正しく使うことは難しい、と思われたかもしれません。 しかし、 難しいからこそきちんと使いこなすことで、社内外の方からの信頼を積み重ねることができます。 特に、相手を気遣う言葉がとっさに出てくるということは、一流のビジネスパーソンであればのスキルです。 学びは実践してこそ力になります。 お身体に気をつけて、今日も元気に頑張りましょう!•

次の