ファミペイ 使える 店。 ファミペイとは?使い方・仕組み・3つのメリット・できない場合の対策をまとめて紹介【Fami Pay】

ファミペイアプリが繋がらない・登録できないエラーの解決策!ログインできない時の対処法も

ファミペイ 使える 店

この記事によって分かること• ファミペイの使い方 ファミペイの使い方は以下の通りです。 スマートフォンにファミペイアプリをダウンロード |• 会員登録• チャージ• スマートフォン画面上に表示したバーコードを店舗レジで読み取ってもらう 以上で支払いが完了します。 ファミペイのここがすごい バーコードを見せるだけ ファミペイでの決済方法はシンプル。 アプリを開くとすぐに表示されるバーコードをレジスタッフに提示するだけ。 バーコード提示方式ですので、QRコードを読み込んだり、自分で金額を入力したりする必要がありません。 スマホひとつでOK ファミペイにチャージをしておけば、クレジットカードや財布を持ち歩かなくてもファミマで支払ができます。 さらにクレジットカードやポイントカードのポイントにあたるFamiPayボーナスが貯まります。 スマートフォンだけを持って近くを散歩している途中、ファミリーマートに立ち寄って買い物をしたいときなどに便利です。 クレジットカードやデビットカードはレジスタッフに手渡して決済する店がまだ多いですが、ファミペイはレジスタッフに手渡す必要がありません。 自分の手からスマホを離さずに決済ができます。 ファミペイは、クレジットカードやデビットカードをできるだけ人前に出したり渡したりしたくない方や、サインや暗証番号の入力が面倒な方にもオススメの決済アプリです。 入会金・手数料無料 ファミペイは入会金も手数料も無料です。 15歳未満は親の同意が必要 15歳未満の方は、親権者の同意が必要です。 使う前に会員登録が必要 新規会員登録時に、携帯電話番号、パスワード、生年月日、性別、郵便番号の入力する必要があります。 また本人確認のために、携帯電話番号を利用したSMS認証が行われます。 SMSにて送信された4桁の認証コード、パスワードを入力して登録が完了します。 SMS受信拒否設定をしている場合、SMSが届きません。 ファミペイへのチャージ ファミペイのチャージは• ファミリーマート店頭での 現金チャージ• ファミマTカード(クレジットカード)での クレジットカードチャージ• ファミマTカード(クレジットカード)での オートチャージ• ファミペイボーナスチャージ• 銀行口座からのチャージ の4種類です。 ファミリーマート店頭で現金をチャージ• ホーム画面バーコード下にある 「FamiPayを使う」ボタンをon• 店頭レジで1,000円から30,000円まで1,000円単位で チャージ額を選び、チャージ 現金でチャージの上限額は10万円です。 ファミマTカード(クレジットカードタイプ)からチャージ 現在のところ クレジットカードからのチャージは、のみ利用できます。 チャージしたいときに その都度チャージもできますし、 オートチャージもできます。 チャージ200円につき1円分のFamiPayボーナスが、翌月中旬頃に加算されます。 同じファミマTカードでも、Visaデビット付きキャッシュカードは利用できません。 クレジットカードのファミマTカードを登録するには、不正利用の防止を兼ねて、事前にクレジットカードの本人認証サービスの登録が必要です。 ファミマTカードからのチャージも、1,000円から30,000円まで1,000円単位でチャージ額を選べます。 ファミマTカードでのチャージ上限額は1日10万円まで、1ヶ月で100万円までです。 クレジットカードでのチャージは、ファミペイアプリのホーム画面バーコード右上のチャージから簡単にチャージできます。 利用できるクレジットカードはファミマTカードに限定されますが、自宅でもどこでもチャージできますので、店頭レジでのチャージよりも便利です。 銀行口座からのチャージ 登録した銀行口座からFamiPayチャージができるようになりました。 対応金融機関は、みずほ銀行、三井住友銀行(2020年3月10日から)、auじぶん銀行、三菱UFJ銀行(2020年5月26日から)です。 チャージ単位は、千円単位 3千円~9千円 、万円単位 1万円~3万円。 「FamiPayを使う」ボタン 使うときだけonに ファミペイで支払をするには、バーコード表示画面のバーコード右下にある「FamiPayを使う」ボタンをオンにしておく必要があります。 このボタンをオフにしておくと、ファミペイへのチャージやファミペイでの支払ができなくなります。 使わないときはoffに 不正利用防止のためにも、ファミペイを利用しない時にはボタンをオフにしておくがオススメです。 ボタンをオンにする際には、自分で設定した4桁の暗証番号が必要です。 残高が3万円以上なら、ボタンがonでの暗証番号の入力が必要 またファミペイ残高が3万円を越えている場合には、ボタンをonにしていても暗証番号の入力が必要です。 暗証番号のリセットは電話で 暗証番号をリセットする場合には、ファミペイサポートセンターまでナビダイヤルにて電話連絡する必要があります。 FamiPayボーナス ファミペイでは、 FamiPayを利用しての支払税込200円ごとに1円分のファミペイボーナスが付与されます。 また Famiポート・収納代行など 対象外あり サービス商材の支払1件につき10円分のファミペイボーナスが付与されます。 ボーナスは、即時付与ではなく、翌々日までの付与です。 貯まった ファミペイボーナスは、1円分からFamiPay残高にチャージできます。 5% チャージ0. 5%+支払い0. 5%+Tカード提示0. 5%=1. 5% ファミマTカードをお持ちの方は、ファミマTカードでの支払いがオトクです。 ただしファミペイを利用するとボーナスポイントがもらえることがあったり、クーポンやポイントも同時に使えるなどのメリットもあります。 公共料金・各種料金の収納代行 ファミペイでの収納代行支払い1件につき、10ファミペイボーナスが貯まります。 公共料金・各種料金の収納代行は、ファミペイで支払えるものとできないものがあります。 支払いが可能かどうかは、ファミペイアプリに番号を入力して確認できます。 支払を目的としたチャージする前に、ファミペイで支払えるかどうか確認をオススメします。 ファミマTカードによる収納代行は0. 5%です。 2,000円未満の収納代行はファミペイで、2,000円以上はファミマTカードで払うのがオトクです。 ポイントが貯まる・選べる 使う・貯めるポイントが「 Tポイント」にくわえ、2019年11月26日 火 から「 楽天ポイント」と「 dポイント」を含む3つの中から選べるようになりました。 ただし、1度の買い物で貯まるポイントは1種類のみで、複数ポイントの付与や利用はできません。 ポイントカードなどの提示でポイントが貯まりますが、ファミペイにカードを登録し、連携することもできます。 複数のポイントカードを登録でき、どのポイントカードを使うか事前に設定できます。 そのためレジでは「FamiPayで」と伝えて、アプリのバーコードを提示するだけです。 クーポン利用、ポイントカード提示、決済が1回のスキャンでできるので、ファミペイアプリは利便性が高いです。 ファミペイが使える機種と接続環境 ファミペイは、基本的にiOS10~12、Android5~9搭載機種で利用できます。 実際に店舗で決済するには、LTEやWi-Fiなどインターネットに接続できる環境が必要です。 ファミペイはネット通販「kaema(カエマ)」でも使える ファミペイは、でも使えます。 ファミペイを利用すれば、通常価格よりも安い割引価格で買い物ができます。 kaemaでは、インテリアや家具や家電などのなど重たい商品、雑貨や日用品、ベビーグッズなどのかさばる商品、ペットグッズ、カー用品からファッションやフード、ドリンクまでさまざまな商品が売られています。 クレジットカードを使わずにネットショッピングをする場合、先払いでも後払いでも、指定口座への入金や支払票による払込の手間と、振込や入金の手数料がかかります。 ファミペイがあれば、クレジットカードやデビットカードを持っていなくても、kaemaで手軽にネットショッピングができます。 クレジットカードやデビットカードを、ネットショッピングで利用するのは不安がある方も、ファミペイがあれば安心ですね。 ファミペイのクーポンやボーナス、回数券 ファミペイアプリには、ほかにもお得なクーポンや、ミニゲームやスタンプなどが用意されています。 無料で商品と交換できるクーポンもありますし、ファミペイアプリをダウンロードして会員登録をしていれば、ファミペイにチャージしていなくても利用できるクーポンもあります。 またファミリーマートで特定商品を購入するごとにスタンプが貯まり、指定数に購入回数が達したところでプレゼントがもらえます。 クーポンがもらえたりスタンプが貯まったり、ファミリーマートをふだんからよく利用する方にとっては便利でオトクな決済アプリです。 また2019年秋から、 FamiPay回数券と呼ばれるオトクなデジタルチケットも、ファミペイ内で購入できます。 電子レシート(利用歴)が確認できる ホーム画面では電子レシートを確認できます。 コンビニエンスストアでレシートをもらわない方も残高が確認できます。 家計簿のために必ずレシートをお財布の中にいれて取っている方、お財布がすぐにパンパンになるのが悩みの方にオススメです。 レシートを取っておかなくても、いついくら使ったのかがわかります。 スマホをなくしたら?盗まれたら? スマートフォンをなくした、盗まれた、あるいはその他の理由で ファミペイの利用を停止したい場合には、に連絡すれば利用停止の手続きができます。 ファミペイサポートセンターは、24時間年中無休で電話対応をしています。 スマホを紛失した時や、盗難あった時のことも考えて、「FamiPayを利用する」ボタンは常時onの状態にしておかないのがオススメです。 ボタンがoffの状態であれば、ファミペイアプリでの支払に暗証番号が必要ですので、不正利用がしにくくなります。 ファミペイでできないこと 支払い方法の併用はできない ファミペイでの支払を利用の際には、ほかのクレジットカードや電子マネーとの併用はできません。 一部のサービスには利用できない 一部の代行収納、電子マネーへのチャージやコピー、FAXなどには利用できません。 Famiポートを利用した、各種代金の支払やFamiパス、海外送金サービスや寄付、貸付金返済などにファミペイは利用できません。 ファミリーマート以外では使えない ファミペイのPayPayや楽天ペイ、メルペイやLINEPayなどとの最大の違いは、 ファミリーマートでしか使えないことです。 ファミペイはファミマのヘビーユーザーにとって便利でオトクなアプリ ファミペイは、バーコード提示方式の決済アプリ。 決済アプリ初心者でも利用しやすいアプリです。 またファミリーマートをよく利用する方、ファミリーマートでクーポンを使いたい方にオススメの決済アプリです。 FamiPay(ファミペイ) — FamiPay(ファミペイ) — 2019年8月22日 作成 2020年5月23日更新.

次の

「ファミペイ」の使い方・使える店|独自スマホ決済はいつから導入?

ファミペイ 使える 店

QRバーコード決済・キャッシュレス 2019. 02 スマホサポートライン編集部 ファミペイとは?使える店と還元率、割引・特典、キャンペーンなど!どんな人におすすめ? 全国のファミリーマートや加盟店で利用することができるバーコード決済サービス「ファミペイ」が2019年7月1日より利用できるようになりました。 このページでは、ファミペイとはどのようなサービスなのか、特徴やキャンペーン、使えるお店などを解説していきます。 スマホ決済サービスは、PayPayやLINE Payなど各社が競って開催する大規模キャンペーンなどの影響で急速に利用者が増えていますが、スマホ決済サービスの種類が多くてどれを使ったらいいのかわからない方も少なくないのでしょうか。 ファミペイとは? ファミペイは、アプリ上に表示させたバーコードを提示して決済できるスマホ決済サービスです。 PayPayや楽天ペイ、d払いなどと同じようにアプリ上に表示させたバーコードをレジでスキャンしてもらいお支払いを行うことができます。 ファミペイの利用は、ファミペイアプリから利用できます。 ファミペイの還元率について ファミペイでの決済額200円につき1円分の「FamiPayボーナス」が付与されます。 還元率で言うと0. PayPayや楽天ペイなどの他社のコード決済サービスと同じです。 例えば、500円の買い物をファミペイで行うと、2円分のファミペイボーナスが付与されるといった具合になります。 ファミマ店頭でのファミペイ支払いで付くボーナスは翌々日までに付与されます。 バーコード決済機能• 新商品やキャンペーンなど最新情報の確認• 買物がお得になる• クーポンが使える• ゲームやスタンプ機能付き• FamiPay回数券の購入 など <バーコード決済機能> ファミペイのメイン機能であるスマホ決済機能です。 お店でバーコードを提示するだけで支払いができます。 ファミペイで支払うと、決済額の0. <買物がお得になる> ファミペイを使うと割引や特典を利用してお得に買い物ができます。 <クーポンが使える> ファミペイアプリ内で発行されるクーポンを使ってお得に買い物をしたり、無料クーポンで対象商品をもらえたりします。 <ゲーム・スタンプ> ゲームをクリアしたり、スタンプを集めるなどの条件をクリアしてクーポンなどの特典を獲得できます。 <FamiPay回数券の購入> FamiPay回数券は複数枚をお得な価格で購入できるデジタル商品券です。 2019年8月上旬に発売する予定のようです。 ファミペイによる支払いやクーポンの利用、スタンプ、ゲームなどの機能は会員登録が必要になります。 ファミペイアプリより簡単に登録できます。 会員登録のやり方は下記の記事で紹介しています。 エラーが発生する場合についても書いていますので、登録が出来ない場合は参考にしてみてください。 ファミペイが使えるお店 ファミペイを使ってお買い物できるのは• クレジットカード(ファミマTカードのみ)• ファミマ店頭でチャージ• ファミペイボーナスでチャージ チャージ方法は、主にファミマ店頭での現金チャージ、もしくはアプリからクレジットカードによるチャージになります。 クレジットカードはファミマTカードのみになっていて、自動でチャージする「オートチャージ」といった機能も用意されています。 他には、貯まったFamiPayボーナスを利用するための「ファミペイボーナスでチャージ」があります。 ファミペイはどんな人におすすめ? 数多くのスマホ決済サービスがリリースしていますが、どのような人に適しているのかと気になる方も多いと思います。 現段階では、使えるお店がファミリーマート、Kaemaが対象になっていることからどちらかで使うことになるのですが、 ファミペイアプリでは、クーポンや割引特典などファミリーマート向けの物が多い状態ですので、ファミリーマートを頻繁に利用する方に特におすすめのサービスと言えそうです。 PayPayなど他社のスマホ決済サービスでもファミリーマートが20%還元などの大型キャンペーンの対象となることもあるので、ファミマをよく使う方はファミペイだけでなく、他のキャンペーンもうまく利用しながら買い物するのが最もお得な方法となります。 ファミペイは7月31日までチャージで最大15%還元のキャンペーンがあります。 還元上限は上限金額チャージ2万円まで。 キャンペーン期間は7月1日から7月31日までとなっています。 例えば、2万円クレカでチャージすると3000円分のFamiPayボーナスが還元されるので、合計23000円相当になります。 今後ファミペイを利用予定の方は、キャンペーンを活用しておくことをおすすめします。 source:.

次の

ファミペイとは?使える店と還元率、割引・特典、キャンペーンなど!どんな人におすすめ?

ファミペイ 使える 店

ファミペイにdポイント、楽天スーパーポイント、Tポイントカードを登録する方法です。 そして2019年11月からファミリーマートで「マルチポイントサービス」が開始されました。 マルチポイントサービスには、dポイント・楽天スーパーポイント・Tポイントの3つが対応しています。 ファミリーマートで支払いする際に3つのポイントカードの内1つを選択してポイントを使う、貯めることができます。 ファミペイアプリ内にポイントカードが登録できるように マルチポイントサービス開始と同時にファミペイアプリがアップデートがされ、アプリ内に各ポイントカードを登録することができるようになっています。 各ポイントカードを登録しておくことでファミリーマートで買い物する時にファミペイアプリを起動して提示することができるようになるので、各ポイントカードを提示しなくてもOKとなります。 登録には各ポイントカードのアカウントが必要です。 この記事では、 ファミペイアプリにdポイント、楽天スーパーポイント、Tポイントカードを登録する方法を紹介しています。 また、dポイントは登録するだけで100dポイント&最大20%還元キャンペーンも開催するのでかなりおトクです。 キャンペーン参加方法なども書いています。 ファミリーマートを利用する人は、是非読んでみてください。 [目次] ・ ・ ・ ・ ・ 【ファミリーマート】ファミペイにポイントカードを登録する方法 dポイントカードの登録方法 ファミペイを起動します。 ホーム画面を開いて、バーコードの下に表示されている「dポイント・楽天ポイント・Tポイントを登録する」をタップします。 dポイントカードの横にある「登録する」をタップします。 ファミペイ内で表示したいdポイントカードが紐づいているdアカウントIDとパスワード、2段階認証コードなどを入力してログインします。 サービス連携の同意を求められます。 「同意する」をタップします。 ファミペイのホーム画面にdポイント数が表示されていることを確認します。 これでファミペイにdポイントカードの登録は完了です。 ファミマ以外でも使えるモバイルdポイントカードを表示することもできる ファミペイのホーム画面上に表示されているdポイントをタップします。 「dポイントカード ファミリーマート以外で使う」をタップします。 警告が表示されます。 「バーコードを表示する」をタップします。 「同意して利用開始」をタップします。 再度、dアカウントのパスワードを入力します。 ファミペイ上でファミリーマート以外でも使えるモバイルdポイントカードが表示されます。 楽天ポイントカードの登録方法 ファミペイを起動します。 ホーム画面を開いて、バーコードの下に表示されている「dポイント・楽天ポイント・Tポイントを登録する」をタップします。 楽天ポイントカードの横にある「登録する」をタップします。 「楽天会員ログイン」をタップします。 楽天IDでログインします。 規約に同意にチェックを入れて「利用を開始する」をタップします。 ファミペイのホーム画面に楽天スーパーポイント数が表示されていることが確認できればOKです。 ファミマ以外でも使える楽天ポイントカードを表示することもできる ファミペイのホーム画面上に表示されている楽天ポイントをタップします。 「楽天ポイントカード ファミリーマート以外で使う」をタップします。 警告が表示されます。 「バーコードを表示する」をタップします。 ファミペイ上でファミリーマート以外でも使えるモバイル楽天ポイントカードが表示されます。 Tポイントカードの登録方法 Tポイントカード番号が必要 ファミペイを起動します。 ホーム画面を開いて、バーコードの下に表示されている「dポイント・楽天ポイント・Tポイントを登録する」をタップします。 Tカードの横にある「登録する」をタップします。 同意するにチェックを付けて「手続きする」をタップします。 Yahoo JAPAN IDまたは電話番号認証でログインします。 今回はYahoo JAPAN IDを使ってログインしました。 Tカード番号と生年月日を求められるので入力します。 ファミペイのホーム画面にTポイント数が表示されていることが確認できればOKです。 ファミマ以外でも使えるモバイルTポイントカードを表示することもできる ファミペイのホーム画面上に表示されているTポイントをタップします。 「Tカード ファミリーマート以外で使う」をタップします。 警告が表示されます。 「バーコードを表示する」をタップします。 ファミペイ上でファミリーマート以外でも使えるモバイルTポイントカードが表示されます。 ファミペイに登録した各ポイントカードを切り替える方法 支払い時に使える、貯まるポイントは1つだけ 自分が一番使っているポイントを設定しておくと便利 ファミペイに複数のポイントカードを登録している場合でも、1つのポイントしか貯める、使うことはできません。 なので自分がメインで使っているポイントを設定しておくことをオススメします。 ポイントの切り替えは、コードの下に表示されているポイントをタップします。 チェックがついているポイントが現在選択されているものです。 他のポイントに切り替える場合はチェックを変更します。 ファミペイのホーム画面に戻ってコードの下に表示されているポイントが切り替わっていればOKです。 かなり便利でラクチンなファミペイのポイントカード連携 最初に設定しておけば後はコードを見せるだけでOK。 ポイントを利用している人は初期設定だけやっておいて こんな感じで簡単に初期設定ができて、便利に使えるファミペイのポイントカード連携機能。 かなり便利&おトクなので特にファミリーマートによく行くという人は、自分の使っているポイントカードだけでも連携させておいてください。 期間は3月17日(火)~3月23日(月)となっています。 この記事で紹介しているファミペイのdポイントカード含め、dポイントカード提示のみでOKと条件も緩く、かなりおトクです。 エントリーしてファミリーマートで支払い時にdポイントカード連携ファミペイ/dポイントカード/dカード GOLD/dカード/dカード プリペイド/モバイルdポイントカードのどれかを提示すれば対象となります。 期間は、1月28日~2月17日となっています。 還元上限は3,000ポイントまでです。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の